2018年おすすめのオシャレなカウチソファーまとめ!

カウチソファ

ゆったりとくつろげるソファが欲しいけど、たくさん種類がありすぎて正直どれを選べば良いのか分からない。そんな方にはカウチソファがおすすめです。従来のソファよりも大きめに作られているので、女性はもちろん大柄な男性でも足を伸ばしてゆっくりくつろぐことができます。また、カウチソファによってはベッドのようにして使える物もあるので、1つあればいろいろな用途や環境で使うことができますよ。

今回は、そんな便利なカウチソファをおすすめの物に厳選して20点紹介します。1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたものから、スタイリッシュでおしゃれなものまで、いろいろなカウチソファをピックアップするので、ぜひ最後までチェックしてみて下さいね!

カウチソファとは?

カウチソファとは、ゆっくりとくつろげる大きめのソファのこと。分かりやすく言えば、ホテルのラウンジに置いてあるソファと言えばイメージがしやすいのではないでしょうか。そんなカウチソファの魅力はなんと言ってもその大きさ。普通のソファよりも奥行きや幅があるので、1度にたくさんの人が座れます。また、1人なら寝っ転がることもできるため、ソファとしてだけでなく簡易ベッドとして使うこともできます。ただし、普通のソファと比べるとサイズや重量がそれなりにあるため、狭い部屋で使うのにはあまり向いていません。

カウチソファの使い方

普通のソファと違ってカウチソファには、オットマン(足置き)が付いており、これを移動させることで、足を伸ばしたり、寝っ転がったり、いろいろな使い方ができます。また、急な来客が来た場合には、オットマンを切り離して1人掛けチェアとして使うことも可能。クッションが硬めのオットマンなら、お菓子や飲み物を置くテーブル代わりに使うこともできますよ。また、カウチソファのほとんどはL字ソファになっているので、壁などのコーナー部分を上手く有効活用できるのも魅力的。

カウチソファの種類

ベーシックタイプ

カウチソファの中で最も一般的なのがベーシックタイプです。背もたれよりも座面部分が長いため、横になったり足を伸ばしてリラックスすることができます。L字型になっているので、部屋の真ん中に置くよりは、壁際に設置するのがベスト。ただし、ベーシックタイプの場合、あらかじめ形が決まっているので、引っ越しなどで間取りが変わると、部屋にマッチしなくなる可能性もあります。

セパレートタイプ

セパレートタイプは、使う用途や環境に合わせてソファを分離させることができます。ベーシックタイプと比べても柔軟性が高いため、部屋の間取りやインテリアに合わせて自由にレイアウトすることが可能。1つのソファを2つに分けて使えるので、家族や友人と使うのにもおすすめ。また、セパレートタイプは、その構造上軽く作られているため、女性1人でもらくらく移動させることができますよ。

オットマンタイプ

オットマンタイプの特徴は、なんと言っても柔軟性の高さです。ソファ本体とは別で付いてくるオットマン(足置き)の配置を変えれば、セパレートタイプよりも多彩なレイアウトが楽しめます。また、オットマンは、1人掛けのチェアやソファテーブルとして単体で使うこともできるので、1つあればいろいろな使い方ができますよ。また、製品によってはオットマン内部に収納スペースを兼ね備えた便利な物もあります。

カウチソファの選び方

部屋の広さや使う人数で選ぶ

一口にカウチソファと言っても、サイズの小さいコンパクトソファから、複数人での使用に最適な大きなものまで、いろいろな種類の製品があります。そのため、カウチソファを選ぶ際には、部屋の広さや使う人数がとても重要になってきます。選び方の目安として、一人暮らし向けのソファまたは部屋の広さが10畳以下の方は「2人掛けタイプのカウチソファ」、家族が3人以上または部屋の広さが10畳以上の方は「3人掛けタイプのカウチソファ」がおすすめですよ。

ソファの素材や生地で選ぶ

ソファの大きさが決まったら次は素材・生地選びです。いろいろなサイズのソファがあるように、素材や生地にもいろいろな種類があります。どんなものを選ぶのかによって、そのソファの特徴が大きく異なってくるので、こちらもしっかりとチェックするようにしましょう。選び方の目安として、デザイン性を重視するなら「革張り」、耐久性を重視するなら「ファブリック生地」を採用したカウチソファがおすすめですよ。

機能や装備で選ぶ

同じような価格やデザインで、どのカウチソファにするか迷ったら便利な機能や装備で選ぶのも良いでしょう。例えば、ソファの座面下に収納スペースを備えている物や、首と頭をしっかりと固定できるヘッドレスト付きの物、ソファーの足木にキズ防止クッションが付いている物や、長期保証が付いている物など、さまざまな種類の製品があります。これらのオプションもカウチソファを選ぶ際には重要になってくるので、しっかりとチェックしてみて下さいね。

カウチソファで人気のブランド

IKEA (イケア)

北欧ならではのおしゃれなデザインが魅力

スウェーデン発祥の家具メーカー「IKEA(イケア)」は、北欧ならではのおしゃれなデザインが魅力。完成品を販売するのではなく、購入後は自分で組み立てるセルフ式を採用することで、他のメーカーと比べてもお手頃な価格設定になっています。IKEAは、アフターサービスにも定評があるので、購入後も長く安心して使い続けることができますよ。

ニトリ

手頃な値段で高品質な家具

お値段以上で有名な「ニトリ」は、商品の安さが魅力。おしゃれ家具メーカーIKEAと比べても全体的にかなり安くなっています。低価格ながら、ニトリが販売する製品はすべてクオリティが高いので、耐久性や機能性を重視する方にもおすすめ。日本企業ならではの充実したアフターサービス付きなので、購入後も安心して使えますよ。

MODERN DECO (モダンデコ)

おしゃれなソファーがリーズナブルな値段で購入可能

モダンデコは、広島県に本社を置く家電メーカー。楽天市場やAmazonなどネット販売のみ限定することで、商品が破格の安さになっています。低価格ながら商品のクオリティは高いため、コストパフォーマンスを重視して選びたい方にはピッタリのメーカーです。また、モダンデコはロータイプから一人掛けタイプまで、カウチソファの品揃えが充実しているのも魅力ですよ。

DORIS (ドリス)

DORIS(ドリス)は、福岡県に本社を置く家具メーカーです。モダンデコと同じネット販売限定にすることでこちらも破格の安さになっています。全体的におしゃれな製品が多いので、安さとデザイン重視で選びたい方におすすめ。ソファだけでなく、ベッドやテーブル、ラグマットなど、他の家具が充実しているのも魅力の一つ。

LOWYA (ロウヤ)

LOWYA(ロウヤ)は、楽天市場のベストショップを決める「ショップ・オブ・ザ・イヤー」に6年連続で受賞している人気家具メーカーです。コストパフォーマンスに優れた低価格のカウチソファから、10万円を超える高級カウチソファまで、いろいろな価格帯の製品を扱っています。ソファ以外の家具も充実しているので、ショップページを見ているだけでも楽しめますよ。

おしゃれでおすすめのカウチソファ20選

2人掛けタイプのカウチソファ

LOWYA-カウチソファ 29,990円

このカウチソファは、オットマンの位置を変えればソファーとしてだけでなく、簡易ベッドとして使うことができます。最大座面幅は180cmなので、小柄な女性から背の高い男性まで幅広く使用可能。カラーバリエーションも豊富なため、部屋の雰囲気に合わせて選ぶこともできます。なお、ソファーの足木にはキズ防止クッションが付いているので、床がキズ付きにくいのもポイント。

ニトリ-ボックスヌノ 61,510円

カウチソファは、普通のソファよりもサイズが大きく重量もそれなりにあるため、女性一人だと少し動かすのも一苦労ですよね。その点、ニトリが販売するボックスヌノは、ソファの後脚にキャスターが付いているので、女性でも片手でらくらく移動させることができます。なお、ソファの座面下にはちょっとした小物を入れて置ける「収納スペース」が付いているので、設置スペースに余裕がない部屋でも快適に使えますよ。

インテリアオフィスワン-カウチソファ 39,800円

カウチソファを購入するにあたって、意外と面倒なのが組み立て作業です。特に女性の場合だと一人で大きなソファを1から組み立てるのは結構面倒ですよね。そこでおすすめなのがインテリアオフィスワンが販売するこちらのカウチソファです。ボルトを外して止めるだけで組み立てができるので、誰でも短時間で簡単に組み立てることができます。また、5色のクッションと3色のフレームの中から、自分の好きなカラーをチョイスして選べるため、部屋のインテリアや壁紙と色を合わせることもできますよ。

モダンデコ-Ruhe 33,990円

モダンデコが販売するRuheは、全ての角を丸くとった可愛らしいデザインになっているので、ソファのデザインにこだわりたい女性の方におすすめ。また、専用のオットマン付きなので、お部屋に合わせてソファの配置を自由にアレンジすることもできます。頭部までしっかりとフォローできる「ハイバックソファスタイル」を採用しているので、長時間座っていても肩や腰が痛くなる心配がありません。また、カラーバリエーションは、落ち着いた色から明るい色まで計6色の中から選べるため、部屋の雰囲気に合った色を選ぶこともできますよ。

モダンデコ-PANACEA 31,990円

カウチソファは、設置にある程度のスペースが必要になるため、ワンルームなどの狭い部屋だとソファを置いただけで部屋に余裕がなくなってしまいます。そこでおすすめなのが、モダンデコが販売するPANACEAです。ソファの座面下には、約138Lの収納付きソファなので、衣類や小物などをたくさん収納することが可能。また、付属のスツールにも約115Lの収納スペースが付いているので、このカウチソファがあれば最大で253Lの荷物をまとめて収納することができます。収納性だけでなく、クッションの素材にもこだわって作られているので、座り心地の良いカウチソファが欲しい方にもおすすめです。

3人掛けタイプのカウチソファ

LUMOS-カウチソファ 41,500円

LUMOSが販売するこのカウチソファは、背もたれを好みの位置に固定できる「14段階リクライニング」に対応しているので、自分に合った無理のない姿勢でゆったりとくつろげます。ソファーの素材には、ふわふわの「チップウレタン」を採用しているので、従来のカウチソファとは一味違った座り心地が楽しめるのもポイント。なお、このソファは、2人掛けと1人掛けがそれぞれ別々になっている「セパレートタイプ」なので、使う用途や環境に合わせて設置スタイルをアレンジすることもできますよ。

Team SEMPRE-SO-08 H20 200,880円

スタイリッシュなインテリアで有名なTeam SEMPREが販売するカウチソファ。モダンなデザインにトレンド性を取り込んだシンプルなデザインなので、景観を損なうことなくどんな部屋にもマッチします。座り心地が良くサイズも大きいため、ゲスト用の簡易ベッドとして使うことも可能。ソファーに付いているアームの位置や生地の素材は注文時に細かく選べるため、部屋の雰囲気やインテリアに合わせてオリジナルのソファを発注することもできますよ。

IKEA-KIVIK 158,000円

IKEAが販売するこのKIVIKは、奥行きのある滑らかな座り心地が特徴。体のラインにピッタリとフィットするため、長時間でも体が疲れることなく快適に座れます。シートクッションの上部には「形状記憶フォーム」を採用しているので、購入後時間が経過しても型崩れする心配がありません。また、IKEAのカウチソファには標準で「10年品質保証」が付いているので、購入後も長く安心して使い続けることができますよ。

本棚専門店-Sweetiii 88,800円

本棚専門店が販売するSweetiiiは、8色のカラー、7種類の脚、10種類の張地から自由に組み合わせて、カウチソファをセミオーダーすることができます。これなら部屋の雰囲気やインテリアに合わせて自分好みのオリジナルカウチソファを作ることができますね。また、ソファーの内部は、それぞれのパーツにかかる負担を分散する「多重構造」になっているので、時間が経っても壊れたりすることなく安心して使えますよ。

アルモニア-MIKURI SERIES 139,990円

アルモニアが販売するMIKURI SERIESは、座り心地の良さが魅力的。ソファの素材に高級ウレタンとフェザーを採用することで、長時間座り続けても疲れにくく快適に過ごせます。また、従来のカウチソファに使われている物よりも耐久性に優れた「高密度ウレタン」を採用しているので、時間が経ってソファがへたり込んでしまう心配もありません。また、カラーバリエーションは、全8色と豊富なので、ソファの色にこだわりたい方にもおすすめです。

大人数で座れるカウチソファ

HUAYI-カウチソファ 658,099円

デザイン性と機能性を兼ね備えたカウチソファ。素材に上質な天然木を採用することで、シンプルながら高級感のあるおしゃれな作りに仕上がっています。また、このカウチソファには、収納式のテーブルや大容量の引出し収納が付いているので、部屋のスペースを有効活用することも可能。また、ソファーの横幅は3m弱とかなり大きめに作られているため、背の高い男性でも足を延ばして快適に寝ることができますよ。

アルモニア-Bella curva 145,080円

曲線美が魅力的なカウチソファ。重心を下に置いた独自の構造を採用することで、他のカウチソファとは一味違ったスタイリッシュなデザインに仕上がっています。座面には「高密度ウレタン」、背面には「高品質な綿クッション」を採用することで、長時間座っていても体への負担が少なく快適に過ごせます。また、このソファは厳しい品質管理テストをクリアしているので、耐久性に優れたカウチソファが欲しい方にもおすすめです。

ニトリ-NポケットA3 79,900円

ニトリが販売するカウチソファ「NポケットA3」は、継ぎ目を最小限にとどめており、ゴツゴツとしない滑らかな肌触りに仕上がっています。座面には点で支える「5.5巻き」のポケットコイルを採用しているので、2人で座っても隣の振動が伝わりにくく快適に座れます。なお、背もたれ、座面、クッションカバーなどは、すべて取り外して洗濯ができるので、ソファ全体を常に清潔な状態に保つこともできます。また、このソファにはニトリならではの「品質保証30年」が付いているので、購入後も長い期間使い続けることができますよ。

IKEA-NORSBORG 87,940円

IKEAが販売するこのNORSBORGは、かなり大きめに作られており最大で9人まで座ることができます。ソファのサイドには、便利な小物入れが付いているので、本やリモコンなどを収納しておくことも可能。カラーバリエーションが豊富なため、落ち着いた雰囲気の部屋から、ポップで明るい部屋まで、いろいろな部屋で使えますよ。

ぼん家具-カウチソファ 86,800円

このカウチソファには、頭と首をしっかりと支える便利な「ヘッドレスト」が付いているので、楽な姿勢で長時間座り続けることができます。また、ソファ表面の生地には水に強い「ファブリック生地」を採用しているため、うっかりソファに水をこぼしてしまっても、サッとふき取ることが可能。アームレストや背もたれには、重厚感のある「PVCレザー」を採用しているので、高級感のあるカウチソファが欲しい方にもおすすめ。カラーバリエーションは全5色と豊富なので、部屋のインテリアに合わせてソファの色を選ぶこともできますよ。

コストパフォーマンスに優れたカウチソファ

DORIS-CORON 9,891円

今回紹介するカウチソファの中で最も安いのが、こちらのDORISが販売するCORONです。ソファの素材に座り心地の良い「マイクロファイバ」を採用しているにも関わらず、その価格はわずか1万円以下と驚異的な安さになっています。カラーバリエーションは、明るいアイボリーから、カジュアルなブラウンまで計7色と充実しているため、ソファの色にこだわりたい方にもおすすめ。通気性に優れた「ファブリック生地」を採用することで、1年中を通して使いやすいのも魅力ですよ。

DORIS-カウチソファ 19,990円

生地にこだわったカウチソファ。最高級アーティフィシャルレザーを採用することで、とても2万円以下とは思えない高級感のある作りに仕上がっています。また、アーティフィシャルレザーは耐久性にも優れているので、長く使っていても破れたりすることなく心配して使えます。セットで付いてくる「スツール」は、座面下が収納ボックスになっているので、限られたスペースを有効活用することもできますよ。また、カラーバリエーションは、ポップなホワイトから落ち着いたブラウンまで計3色の中から選べます。

AZUMAYA-カウチソファ 11,040円

普通のソファよりも大きめに作られているカウチソファは、設置にある程度のスペースが必要になってきます。その点、AZUMAYAが販売するこのカウチソファは、設置場所に困らないコンパクトサイズなので、ワンルームなど狭い部屋でも邪魔になることなく快適に使えます。なお、使わない時には小さくまとめてクローゼットなどに保存しておくことも可能。ソファの足を取り外せば、ローソファーとして使うこともできますよ。

不二貿易-カウチソファ  21,000円

不二貿易が販売するこのカウチソファは、レトロ調のデザインが魅力。高級感と大人の雰囲気を醸し出すおしゃれなデザインなので、ソファとしてだけでなくちょっとしたインテリア代わりに使うことも可能。ソファの素材には、「低反発クッション」&「バイキャストPU素材」を採用することで、デザインだけでなく座り心地にも優れています。肘掛け部分と背もたれ部分をリクライニングさせれば、別途簡易ベッドとして使うこともできますよ。

VEGA CORPORATION-カウチソファ 39,990円

3万円以下で買える低価格カウチソファにも関わらず、ポケットコイルやピュアウレタンなど、こだわりの8層構造を採用することで、数十万円する高級ソファに匹敵する快適な座り心地になっています。背面の素材には、厚さ15cmのシリコンフィル&チップウレタンを採用しているため、体をしっかりと包み込んでリラックスすることも可能。オットマンの下には収納スペースを完備しているので、雑誌やブランケットなどちょっとした小物を収納しておくこともできますよ。

まとめ

カウチソファと一口に言っても、使う用途やシチュエーションごとにさまざまな製品があります。特にソファの場合は、1度購入してしまえば数年間は使い続けられるため、選ぶ最初がとても重要になってきます。もし時間に余裕があるなら、ネットで見ているだけでなく1度ショップで実物に触れてみるのが良いでしょう。購入してからイメージが違ったなんてことになっては遅いですからね。

なお、カウチソファを選ぶ際には、デザインや価格、機能性だけでなくアフターサービスもしっかりとチェックしてみて下さい。万が一ソファが壊れてしまった際、アフターサービスがあるのと無いのでは大きく違ってきますからね。また、メーカーによっては数十年間にわたって品質を保証する、長期保証が付いてくるソファなんかもありますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。