Apple Watch(アップルウォッチ)でできることは?機能面から価格までご紹介!

近未来的なモバイル端末の代表的存在になったApple Watch。これまではiphoneと一緒に持つことでハンズフリーの通話・メッセ―ジ、クレジット支払いなどが可能でした。しかし、新モデルのApple Watchでは、iphoneが近くになくても、通話やメッセージの利用が可能になったのです。またApple PayではSuicaも使用可能になり、Apple Watchによるキャッシュレス支払いが適用できる場面がさらに広がりました。人々が想像する近未来の姿により近くなったApple Watch。今回はそんなApple Watchの基礎知識や、シリーズ紹介、主な機能やできることを解説していきます。購入を考えている人は是非参考にしてくださいね。

アップルウォッチとは?

Apple Watchは、簡単に言うと腕時計型の端末です。現在はApple Watch Series 1と3が販売中。Series 2は販売が終了しています。

Apple Watch Series 1はiphoneとのペアリングが必須でしたが、Series3からはLTE通信機能を搭載。iphoneが近くになくても通話やメッセージの送受信が可能になりました。

アップルウォッチの種類

Apple Watch Series 1(アップルウォッチ)

初代のリファインモデルにあたるApple Watch Series 1。シリーズの中でも低価格の部類に入ります。ただしiphoneとセット(ペアリング)になっていないと使えないので注意です。

「より健康な毎日のために。」がコンセプトです。ヘルスケア管理・ジムのフィットネスマシンに対応したワークアウト機能などであなたをサポートしてくれますよ。

Apple Watch Series 3

Apple Watch Nike+(アップルウォッチナイキ)

世界的に有名なスポーツ用品ブランドのNIKEとのコラボシリーズ。NIKEモデル限定のオリジナル文字盤やスポーツループなど、ファンの心を掴む仕様となっています。

このモデルでは、Nike+ Run Clubアプリケーションを文字盤から直接起動できます。ランニング分析やコーチからのアドバイスを受け取ることができ、ランニングに特化したモデルであると言えるでしょう。

Apple Watch Hermès(アップルウォッチエルメス)

レザーストラップやバックルはエルメスらしい洗練されたハイセンスのデザインが施されています。スーツに合わせても浮かない、ビジネスマンにぴったりのアップルウォッチです。

もちろん、エルメスコラボのスポーツバンドもあります。弾けるような明るさが魅力のエルメスオレンジのバンドは、スポーツウェアのファッションポイントとしても使えますね。

Apple Watch Edition Series 3

Apple Watch Edition Series 3では、美しく輝き、耐久性にも優れたセラミックを使用して作られています。この高級感の溢れる仕様が最大の特徴です。

また、Series 3には50メートルの耐水性能があるので、Editionのセラミック仕様による耐久性と合わせて、浸水や傷による故障の心配なく、長期間使用できるアイテムであるといえるでしょう。

Apple Watch Sport

Apple Watch SportはApple Watchに比べて低価格であることが特徴。機能や性能は変わらず、使用される素材が異なっていることが価格の差を生んでいます。

実際に持ってみるとその軽量さが良く分かるかと思います。スポーツをする上で違和感やストレスのない時計は大切ですよね。スポーツサポートという点で購入を考えている方におすすめですよ。

アップルウォッチの種類別比較

シリーズ1と3の違いはGPS・防水・Apple Pay

Apple Watch Series 3はGPS・GLONASS・QZSSが内臓されているため、自分や友達の位置情報を知ったり、マップの利用が可能です。

またSeries3では、防水やApplePayの機能性もSeries 1より大幅に拡大。気圧高度計もプラスされ、ワークアウトに関してより利便性が増しました。

アップルウォッチの主な機能・できること

音楽(bluetoothで接続)

Apple Watch Series1はペアリングしたiphoneや、Bluetoothヘッドフォンを通して音楽を再生して楽しむことができました。

新しいSeries3は、LTE通信が可能になったので、Apple Watch単体で4,000万曲をストリーミングできたり、ラジオステーションを聴くことができたるするのです。

電話

時計に話して通話が可能

Series1では、ペアリングしたiphoneを経由することでApple Watchからの電話の受発信が可能でした。Apple Watchは端末・iphoneはモデムのような役割を果たしていたのです。

Apple Watch Series3は、iphoneが近くになくても電話の受発信が可能です。みなさんが望んでいた、iphoneの小型版のような使いやすさと便利さがとうとう実現しました。

アップルウォッチとairpodsとの連携でさらに便利

AirpodsとはワイヤレスでSriでの音量・デバイス操作が可能になった近代的なイヤホン。Apple Watchを含めたすべてのApple製デバイスと連携が可能です。

Airpodsを使用すれば手首を持ち上げてSiriにハンズフリーで指示をすることも、またはブレイクタイム中なら、ディスプレイを使って操作することもできますよ。

gps(ランニングデータも)

ルートや運動の記録ができる

Apple Watch Series3に内臓されているGPSで、自転車やランニングなどの屋外ワークアウトにおける距離・ルート・速度を記録することができます。

ワークアウトのレポートがあれば、結果を踏まえてルートやペースの調整が簡単にできるようになります。この機能はSeries1にはないため、注意しましょう。

suica(スイカ払い可能)

改札通過はもちろん新幹線の券対応も可能

Apple Watch Series1では、Apple Payで登録したクレジットカードを使うことができました。ディスプレイでの決済により、商品の購入がスムーズになったのです。

Series3ではこのApple Pay機能が更に充実し、Suicaによる交通機関の支払いも可能となりました。ちなみに新幹線はモバイルSuicaの使用で特急券を通常より安く購入することができるんですよ。

防水(水深50mまで対応)

Apple Watch Series 1は、防沫性能とある程度の耐水性能が備わっていますが、水中での使用や浸水は推奨されていません。日常生活においての耐水性があると考えましょう。

Series3は、防水の性能が格段に上がりました。50メートルまでの耐水が可能となったので、プールやサーフィンなど浅水におけるアクティビティをApple Watchと共に楽しむことができますよ。

カメラ(現在はなし)

Apple Watch自体には、カメラ機能はついていません。ワークアウト中の風景撮影などができるようになると良いのですが、それはまだ先の話になりそうです。

しかし、Apple Watchのカメラリモートアプリで、iphoneのカメラをリモート操作することができますよ。集合写真やセルフィ―などに便利な機能です。

アップルウォッチを使ったシーン

ランニング

カロリーや心拍数まで測れる

ランニングにおいて、心拍数を目安とした身体への負荷状態の確認は大切です。Apple Watchは、心拍数アプリを使用することで心拍数を記録してくれます。

また、消費カロリーの計測もApple Watchでは可能です。さらに、コーチング機能と月間チャレンジの設定により、目標・計画性のあるランニングを行うことができますよ。

ゴルフ

ヤード数やスコアも測れる

iphoneでダウンロードしたゴルフナビアプリを、Apple Watchで使うことができます。スコアやマップの確認をiphoneとApple Wacthの両方で使いこなしましょう。

ディスプレイ画面で残りの距離を確認することができ、かなり実用的です。また、アプリ画面ではホールの切替や再計測などができます。Apple Watchは防水機能がついているので、多少の悪天候にも負けません。

水泳

距離やラップが測れる

Apple Watch Series 3は、耐水性能が備わっているため、スイミングやトライアスロンなど水泳に関するワークアウトで記録を行うことができます。

水泳時の距離や目標を設定して、ラップや心拍数の計測を行うことができますよ。また、Apple watchの中に入った水は、音の振動を利用して自動的に排出されるので安心です。

アップルウォッチの値段

新品価格

Apple Watch Series 1は税別27,800円から。ケースのサイズで値段が変わってきます。最低限の機能が必要の方・価格の求めやすさを重視している方におすすめですよ。

Apple Watch Series 3のラインナップはかなり多様なものとなっています。一番低い価格のもので税別36,800円から。Cellularの付属の有無や、ケースの種類・サイズで変わってきます。

中古価格

シリーズ1は定価の8割価格でまだ割高

Apple Watch Series 1の中古品は、基本的に23,000円台という定価の8割程度の価格で販売されているようです。あまり価格の差もないため、あえて中古品を選ぶ必要もないかと思われます。

ちなみに販売を終了したApple Watch Series 2は、約40,800円台で販売されています。もう販売予定がないため、どうしてもこのモデルが良いという人は中古品からの購入になってしまうようですね。

アップルウォッチの口コミ・レビュー

メリット・良い点

suica内臓で財布を出す頻度が減る

キャッシュレスが徐々に広まっている中で、さらにその先をいくApple Watchは、これからのニーズにぴったりのアイテム。ハンズフリーでスマートな買い物をできるのが嬉しいです。

また、モバイルSuicaの使用で新幹線の割引を受けられたり、ポイントが貯まるのでキャッシュ払いよりおトクな面も。私自身、財布を出す頻度がかなり減ってきました。

iphoneの通知を受け取ることができる

私自身、人と会話している時やワークアウトの時など、iphoneを取り出して確認することが難しい場合が多々あります。しかしApple Watchがあれば、ディスプレイをサッと確認するだけで通知やタスクの確認ができてかなり便利です。

iphoneだとタスクの確認ついでにブラウザを開いたり余計なことをしてしまいがち。ですがApple Watchの通知でディスプレイを確認すると、これからのタスク整理やTo Doの把握がしやすく、予定を組み立てやすくなります。

lineに既読がつかない

Apple Watchで既読がつかないというのは、通知されたディスプレイでLINEの冒頭メッセージが表示された場合。「了解」ボタンを押せば既読はつかず、「返信」を押せば既読がつきます。

これはiphoneでも似たことが言えますね。通知でメッセージの冒頭部分を確認することができ、そのまま通知を閉じれば未読、全文を見ようとタップすれば既読になるのと同じです。

充電は丸1日持つ

どのシリーズのApple Watchでも、バッテリーは最大18時間もちます。ほぼ丸1日充電がもつので、仕事に行く時もワークアウトに出かける際もバッテリー切れの心配をしなくて良いのが嬉しいです。

またSeries 3からは従来の磁気充電ケーブルのほか、USBの電源アダプタも付いてきます。個人的には、iphoneとApple Watchの両方が充電できるBelkin Valet Charge Dockが効率が良くおすすめです。

音声入力の精度が高く返信が楽

Apple WatchではSiriが利用者をサポートしてくれます。メッセージの作成やリマインドをSiriに口頭で伝えるだけで良いのがとても便利ですよ。

またSiriの聞き取り精度が非常に高く、優秀なので、自分が言ったことと聞き取り内容が違って困ったり、何度も言い直してイライラすることもなくなりました。

車やバイクでもマップが見やすい

車やバイクに乗って運転している最中は、ナビに気を取られて不注意になる事態を避けたいですよね。Apple Watchなら次の進行方向を簡潔に教えてくれるので、運転に集中することができますよ。

またApple WatchのSiriは話すこともできるので、ディスプレイを確認しなくても経路について教えてくれます。Apple WatchのSiriはなくてはならない、私にとってまさにパートナー的な存在です。

デメリット・悪い点

純正以外のアプリの連携が遅い

非純正のアプリ、いわゆるサードパーティーアプリは起動がやや遅めです。なので軽量版のアプリといっても非純正であるならば、純正のアプリを取り入れたほうがスムーズに使えますよ。

ちなみに純正のアプリでも遅いと感じるようなら、再起動をかけるか、iphoneの方で視差効果を減らす設定を行えば改善されることがありますので、試してみてください。

lineの読み込みに時間がかかる

個人の感想になりますが、Apple Watch Series 2までは、LINEの読み込みに時間がかかってしまい返信ができず結局iphoneで返信した方が早いことがしばしばありました。

しかし、Series 3からはLTE通信機能が搭載されるようになったので、アプリが落ちたり、読み込み時間が長すぎたりすることのない、ある程度の改善が期待できるのではないかと思われます。

リストバンドが汚れやすい

Apple Watchのバンド、とくにスポーツバンドは黒ずみや汗・汚れが付着して落ちにくいです。ですが、Appleの公式サイトでも手入れの方法が乗っているので、こまめに行えば持ちは良くなるはずですよ。

また、バンドは交換ができるうえ、さまざまなデザイン・カラーバリエーションがあるので定期的に替えておしゃれを楽しむのも良いですよ。私はスポーツ用・仕事用の2つを持っています。

まとめ

Apple Wacthはデバイス端末からの解放を促してくれる近代的なアイテムです。ハンズフリーで物事を進めるようになれば、わたしたちのプライベートやビジネスの時間はよりいっそう効率的で、自由なものになるでしょう。また、買い物や交通機関の利用でも財布を持つことがなく、Apple Watchだけがあれば良いというキャッシュレスの時代も遠くないはず。生活を大きくサポートしてくれるApple Watchを是非多くの人に試してもらいたいです。まだデメリットの部分もいくつか見られますが、メリットの方が遥かに多く、利便性を求める方にはかなりおすすめです。Apple Watchで新しい生活を体験してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。