2020おすすめのミキサー人気ランキング!【ジュースやスムージー作りに】

フルーツや野菜の成分が丸ごと入った、栄養満点のスムージーやジュースを作ってみませんか。美容や健康に良いとすでに多くの人が生活に取り入れています。手作りのドリンクは栄養がたっぷりなだけでなく、不要なものが一切入っていないので飲む側も安心。自宅に1台、ミキサーがあれば新鮮な野菜や果物を使って自家製ドリンク作りが叶います。今回はそんなミキサーの種類や選び方、人気商品について詳しく解説していくのでぜひ参考にしてくださいね。

ミキサーで出来ること

フルーツなどの固体をそのまま液体に出来る

ミキサーには通常4枚の刃が搭載されており、その刃を高速で回転させることにより食材を液体に変えることが可能になります。果物や野菜を丸ごと入れてミキサーにかけることで繊維や実の隅々までそのまま摂りいれることが出来るのがミキサーの特徴です。特にバナナなどの粘り気のある食材は、水分と一緒に投入することで混ざりが良くなり、栄養が丸ごと含まれたジュースが出来上がります。果物には豆乳やミルクを入れてスムージーに、野菜にはミルクやクリームと合わせてポタージュ作りなど栄養価の高いメニューにチャレンジするのはいかがでしょうか。

ハイパワーなら硬い氷を砕くことも可能

ミキサーの中には、氷やナッツなど硬いものを粉砕して攪拌するハイパワータイプもあります。これらの刃はチタンコーティングされた強靭な刃を使用しており、耐久性に優れているのが特徴です。硬い氷もしっかり粉砕するので、歯ごたえのある冷たいスムージー作りにも最適。また基本的にミキサーの刃は4本ですが、刃の数が多いほど攪拌した時の仕上がりが細かく滑らかな仕上がりになります。繊維質や舌に若干残る感じが苦手な人はハイパワーのものを選びましょう。

ミキサーの選び方

粉砕する食材に合わせてワット数を選ぶ

300W以上あれば様々な食材をジュース状にできる

粉砕力が高く、食材を細かく滑らかに仕上げるにはワット数の高いものを選ぶのがおすすめです。パッケージには製品のワット数が記載されており、この数値が高ければ高いほど粉砕力が強くなります。滑らかな食感のスープやドリンクを楽しみたいなら300W以上のワット数を選ぶのがおすすめ。一般的な日本製のミキサーは130Wから300Wほど。海外製になると300Wから900Wまで一気にパワーも高くなります。ただワット数が高いと消費電力も高くなるので購入の際には注意して選びましょう。

スムージーのような食感を残しても良いなら100W~200W程度が静かでおすすめ

通常、出来上がりに舌触りが残る程度のミキサーは200W前後。200W程度のミキサーで作ったドリンクは、繊維が少し残っていてドロッとした口当たりです。朝お出かけ前の一杯として、少量のドリンクを作る場合には200W前後のミキサーで充分。サイズも大きくないので1人暮らしの方にも適しています。また静音性も高いので、壁の薄いアパートや集合住宅でも時間を気にせず使いこなせるでしょう。

刃の形に合わせて選ぶ

硬いものの粉砕には波刃カッターを

ミキサーに使用されているカッターには、「平刃カッター」と刃が波状になっている「波刃カッターの」の2種類があります。刃が平らの平刃カッターは、葉野菜や果物を切り刻んで攪拌するのに十分。一方波刃カッターは、平刃カッターよりも粉砕力とパワーに優れており、氷やナッツ、皮が硬い甲殻類までしっかり粉砕します。波刃カッターがあればドリンク作りはもちろん、海老やカニの身を使った魚介スープなど料理の幅はより広がるでしょう。

刃の回転数が2万回/1分以上ならパワーも高くおすすめ

刃の回転数が高速か低速により、野菜や果物の栄養成分に違いが出るといわれています。栄養価をより高く摂取したい場合は低速がおすすめですが、食材の皮や種までも細かく粉砕し、滑らかで栄養のあるドリンクやスープを楽しみたいなら刃の回転数が高いものを選ぶと良いでしょう。中でも海外ブランドは1分間に2万回以上もの回転数で栄養満点なジュースやスムージーを一瞬で作れる製品もあります。朝あまり時間がなく、食材をそのまま入れて一気に作りたい時短重視の人にもおすすめですよ。

容量に合わせて選ぶ

1人暮らしならコンパクトミキサーで充分

ミキサーを選ぶ際には、1度にどのくらいの量のドリンクを必要とするかを考慮して選ぶことも大切です。その点一人暮らしで、ミキサーを使う用途がドリンクのみなのであればコップ1杯分200mlから350mlのコンパクトサイズで充分。手作りのスムージーやジュースは時間が経つにつれどんどん酸化がすすみ、味や風味が極端に落ちてしまいます。作り立てを飲むのが一番美味しく栄養価が高く摂取できるので、飲むたびに作れるサイズにピッタリのコンパクトサイズが良いでしょう。

容量が大きければ汎用性が高く様々な料理にも活用できる

ジュースやスムージーを作る場合は、一人当たりコップ1杯200mlが妥当の量。家族4人分のドリンクを作ろうと思えば最低800ml分の容量が必要になります。ドリンク以外にも、スープ作りやソース作りにミキサーを活用したいという場合には容量が1L程度の大きさがおすすめ。様々な用途に活用できるので使用頻度も高くなるでしょう。

ジャーの素材で選ぶ

スムージーから温かいスープまで多用途に使えるガラス製

ジャーの素材にはガラス製とプラスチック製の2種類があります。特にガラス製は強度が高く、氷や硬いものを勢いよく粉砕してもジャーを傷つけることはありません。またプラスチック製に比べて色移りや匂いが残りにくいので、様々な料理に使うことが出来るメリットがあります。ただガラス製は持った時に重いうえ、落としたら割れてしまうので扱う際には注意が必要です。

安価でコンパクトサイズが多いプラスチック製

比較的安価で購入でき、扱いやすいのがプラスチック製の特長。万が一落としても割れにくいので、ガラス製に比べると使いやすいでしょう。色の濃い野菜や果物を使うとジャーに色が移ってしまうこともあるので注意しましょう。プラスチック製はジャーが別売りで複数買い出来る商品もあります。ジャーを用途によって使い分けるなど工夫するのもおすすめです。

衛生面や安全性も考えて選ぶ

パーツが細かく分解できると洗いやすい

ミキサーを選ぶ際、お手入れのしやすさも事前に確認しておきたいポイントです。パーツが細かく分類でき、刃も取り外せるタイプであれば洗浄中に刃で指をケガする心配もありません。また傷に強いガラス製や、食器洗い機に対応しているプラスチック製のジャーを選べば洗浄しやすいでしょう。頻繁に使うのであればなおさら、洗いやすく組み立てやすい構造のミキサーを選ぶことをおすすめします。

ロック機能や自動停止機能が付いていると安全

超高速の刃が回転する家電なので、安全面では特に注意しておきたいところ。電源が入ると自動で回転が始まるようなタイプは、大変危険です。安全機能の搭載された製品を選んで安全に調理しましょう。ミキサーの中には、容器の蓋や部品が正常な位置にセットされていないと、ロックが解除されず作動しないものがあります。掃除をする際に誤作動が起こらないように安全ロックのついた製品を選ぶなど事前に確認しておきましょう。

ミキサーのおすすめブランド・メーカー

ブルーノ

コンパクトで使いやすいミキサーならブラウン

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

おしゃれなキッチン家電が揃うイデアインターナショナルが手掛けた雑貨ブランドのブルーノ。ブルーノ発のコンパクトブレンダーは、レトロでおしゃれなデザインが豊富。カラー展開も豊富なので、自分のお気に入りのカラーから選べます。本格的なスムージーを楽しめるコンパクトブレンダーは、是非ともキッチンに飾っておきたくなるデザイン。使い方もスイッチを押すだけの簡単操作で初心者でも扱いやすいのが特徴です。

Panasonic(パナソニック)

繊維の粉砕にこだわったハイパフォーマンスミキサーが揃う

日本を代表する大手家電メーカーであるPanasonicは、キッチン家電においても信頼できるブランド力を誇っています。高性能の機能に加えて、見た目にも上品で洗練されたデザインでどんなキッチンでも調和するミキサーが揃います。のこぎり状の大きな刃と、Panasonic独自開発のチタンカッターで氷や繊維をしっかり粉砕し、滑らかなスムージーを作ることが出来ます。

ティファール

毎日使いたくなるようなデザインと簡単設計が魅力

1956年にパリで誕生したティファール社は、今では世界的に定番になったテフロン素材のフライパンを発明。ティファール社が開発したミキサーは、使い方やお手入れ方法がどれも簡単と愛好者も世界150か国に広がります。特にシャープな見た目のミックス&ドリンクミキサーは、一般的なミキサーの半分の軽量化に成功し、グラスに注ぐ時に負担がかからないと女性やお年寄りに人気です。

ブラウン

ユーザーの直感的な使いやすさを追求したモデルが揃う

ブラウンのミキサー商品は、本当に必要なものだけを残したシンプルなデザインが豊富。いつの時代も色あせることのない高い機能性が特徴です。特にパワーブレンドシリーズは、世界が認めたハイパワーを実現。高品質、使いやすさ、デザインを象徴する製品として世界のデザインアワードも受賞しました。対流を均一に促す独自の三角形型ジャーで、滑らかな仕上がりのドリンクが出来上がります。

おすすめ&人気のミキサーランキング

スムージー作りにおすすめのミキサー

BRUNO-コンパクトブレンダー(4,620円)

氷も入れて本格スムージーを楽しめるブレンダー

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

レトロの風合いを感じさせる3色の色合いとスタイリッシュなデザインは、キッチンに飾っておくだけで食卓を華やかでおしゃれな印象に変えてくれるでしょう。横幅154㎜、縦306㎜とコンパクトなのに容量は400mlとたっぷりコップ2杯分が取れます。

ニオイの付きにくいステンレス刃を使用しているので、どんな食材も選ばずお手入れも簡単。250Wのハイパワーで氷や冷凍フルーツも楽々粉砕が可能です。忙しい朝にも簡単素早く、2人分のドリンクを作れますよ。

イワタニ-サイレントミキサー(18,480円)

パワフルなのに音が静かだから時間を気にせず使える

一般的なミキサーの騒音レベルは72㏈。一方サイレントミキサーなら、静かな事務所の音とほぼ同等レベルの約51㏈と低騒音になっています。その秘密は、回転ブレを抑える特殊な刃構造と、カプセル状の蓋で音を封じ込めることで低騒音を実現しました。

サイレントミルサーは、刃の付いていないラウンドエッジカッターで素材を切るのではなく細かく粉砕することで滑らかなスムージー作りを可能に。毎分約2万回という高速回転でしっかり素材を粉砕、スムージーだけじゃなくきめの細かいふりかけや、コーヒー豆作りも叶います。

バイタミックス-ミキサーアスパイヤ(49,800円)

食物が持つ栄養素を丸ごと抽出して丸ごと摂取が可能

混ぜる、潰す、刻む、砕く、加熱、冷却、挽く、攪拌の8つの機能が1つに凝縮された高機能ミキサー。パワフルなブレードを使って攪拌するので、果物の種も粒一つ残らず粉々に粉砕。食物繊維や抗酸化物質など食物の栄養がギュッと丸ごと吸収できます。

通常のミキサーの定格時間は約1分から2分程度ですが、バイタックスは約9分も回し続けられるほどのハイパワーな設計。長時間回すことで食材同士が摩擦により熱を発し、温かなスープ作りまで叶います。料理の下ごしらえにも活用できる万能ミキサーならバイタミックスが断然おすすめ。

ティファール-ミックス&ドリンク(6,270円)

2段階のスピード調節で食材に応じて選べる

300Wのハイパワーで氷や冷凍フルーツも滑らかな仕上がりのドリンク作りが可能です。本体横幅は約10.5cmととってもコンパクトなうえ重量はたった1.1Kgとスッキリボディなのも嬉しい。キッチンに置いても邪魔になることはありません。

食材や作る料理によって選択できる2段階スピード調節はとっても便利。高速回転では食材をしっかり粉砕して滑らかなスムージーを、低速回転なら栄養価を凝縮した濃厚フレッシュジュースと目的に合わせて使い分けられます。

Panasonic-ファイバーミキサー(12,190円)

家族分のスムージーも一度に作ってみんなで楽しめる

パナソニック独自のブラックハードチタンコートファイバーカッターは、刃先がのこぎり状の大型刃なのが特徴。この構造のおかげで、繊維をより細かく切削し、滑らかで口当たりの良いスムージーが出来上がります。氷も滑らかに攪拌するので、ミキサーでかき氷も可能です。

従来品はジャーの蓋を開けると液だれが目立ちましたが、新製品にはアレンジホールが搭載され液だれの心配がありません。食感を残したとろみのあるスムージーを楽しみたい時はアレンジホールから追加投入可能。とろみの少ないサラッとしたスムージーにしたいなら、内蓋で加水の調整が可能とこだわりのアレンジスムージーを楽しめます。

アイリスオーヤマ-ボトルブレンダー(3,610円)

2サイズのマイボトル付きでその日の気分に合わせて選べる

大は600ml、小は330mlと2サイズからボトルを選べるので、用途に合わせて使い分けられます。使い方も至って簡単の3ステップ、好きな材料を入れてボトル本体に取り付けてスイッチを入れるだけ。チタンコーティングされた4枚刃カッターで効率的に素早く食材を攪拌します。

元々ボトルは軽くて持ち運びしやすいポリプロピレンABS樹脂なので持ち運びも楽々。ニオイ移りも少なく食洗器にも対応しています。ボトル専用の蓋を付ければ、保存にも持ち運びにも便利。場所を選ばず好きな場所でフレッシュスムージーを楽しめるでしょう。

ジュース作りにおすすめのミキサー

Vitamix-アセントシリーズミキサー(151,800円)

自動プログラムモード搭載で時間と回転スピードを自動調整

最新のテクノロジーとバイタミックスの品質を掛け合わせた自動探知テクノロジー搭載。ジャーに載せたコンテナの大きさを感知して自動で時間と回転スピードをプログラミングします。用途に応じて使い勝手の良いプログラムで、ドリンク作りからセルフクリーニングまで自動で起動するハイスペック調理家電。

日本独自の安全性を考慮した構造も安心のポイント。ジャーが正確に載っていなかったり、蓋がきちんと閉まっていなければ自動検知と連動してロックがかかる安全機能が付いています。あらゆる修理や点検に対応する10年保証付きなので、この価格でも納得できる機能とアフターサービスが魅力です。

テスコム-ジュースミキサー(5,821円)

コンパクトなので場所を選ばず収納可能

ボトルを逆さにして収納する仕組みなので、片づけた時のフォルムはとてもコンパクト。ボトルを逆さにして蓋を付けるのでホコリの侵入も気になりません。クイックコード付きで、電源コードもしっかり本体内に収納可能なのも嬉しい。

材料を入れすぎてモーターに負荷がかかった時には、自動で電源が切れる安全機能付き。ジャーがしっかりはまってない時や、刃がむき出しの時には電源ボタンを入れても作動しないなど誤作動を防ぐ機能は安全に活用できるので安心です。スタイリッシュなシルバーデザインが魅力の本体は、どんなキッチンでもおしゃれに演出してくれるでしょう。

レコルト-ソロブレンダーソラン(4,400円)

おしゃれなガラスジャーで美味しいフレッシュジュースが完成

おしゃれなガラスジャーは取っ手付きなので、そのまま食卓で飲むことが可能。ガラスジャーとブレンダーがドッキングすることで、これまでなかった美しく機能的なブレンダーになっています。1分間に20,000回転の強力モーターで食材を素早くしっかり攪拌。フレッシュなフルーツジュースやレモネードなど毎日の健康習慣に欠かせないジュース作りが叶います。

家庭用の氷や凍らせたフルーツも攪拌可能なので、フローズンジュースやデザートドリンクも簡単に完成。飲みきりサイズの300mlガラスジャーと、持ち運びに便利な400mlのトライタン製ボトルの2種類が付いています。ガラスジャーの蓋にはストローが差し込めるのでおもてなしにも最適です。

ビタントニオ-ミニボトルブレンダー(3,850円)

本体最小クラスの軽量コンパクト設計

健康を持ち歩くをコンセプトに、手軽に日々の栄養を補えるドリンク作りにピッタリのミキサーです。この製品の特徴は女性の飲みきりサイズにピッタリの280mlのボトルジャー。本体と合わせても直径7.8cm、高さ26cmと最小クラスの大きさになっています。

従来モデルより、のこぎり刃を増やしボトルにくぼみを付けたことで攪拌能力の向上に成功。サイズは小さくても効率よく攪拌させることが可能になりました。より滑らかで口当たりの良い健康ドリンクを味わえるでしょう。鞄にも収納しやすいサイズ感なので保管や移動に重宝すること間違いなしです。

ツインバード-パワフルミキサー(11,980円)

皮まで丸ごと使った素材の栄養の詰まったドリンクを

高速時には800Wのハイパワーと、6枚刃のカッターで食材をしっかりカット。速度は3段階に調節可能、高速モードでは驚くほどキメが細かく滑らかな口当たりを感じられるでしょう。低速モードでは素材の旨味や栄養をギュッと閉じ込めた低速ジュースを味わえます。

ガラス製に比べて軽量で、割れる心配のないコポリエステル製ジャーを使用しており、透明度と強度ともに安心して使用できます。低速モードでは、重曹や洗剤を投入して、洗いにくいカッター周辺の汚れを落とすクリーニング機能も付いているのもお手入れしやすいポイントです。

氷も砕けるおすすめのミキサー

ビタントニオ-マイボトルブレンダー(5,478円)

作ったボトルでそのままお出かけも可能なマイボトル付き

細長いボトルに食材を入れて、セットしたボトルを押すだけで攪拌がスタート。押している間のみ運転するので感覚的に操作できます。専用の蓋を取り付ければそのまま持ち運びも可能。グラスに移し替える手間も不要なうえ、洗い物も少なくて済むのでエコが叶います。

高い透明度を持つ合成樹脂を使ったトライタン製ボトルは、キズが付きにくくニオイ移りがないので安全に使用が可能です。ミルカップはブレンダーでは作れない自家製ふりかけや、ドレッシング作りに最適。ミル用アタッチメント付きなのでそのまま食卓に並べられます。

ブラウン-パワーブレンド3ブレンダー(9,270円)

高いW数と回転スピードで圧倒的なパワーを実現

強力なモーターと回転スピードで素早く食材を攪拌するので、食材の酸化を防いで風味の良いスムージー作りが実現。繊維までしっかり攪拌し、手間をかけずに滑らかで飲みやすい仕上がりになります。熱々のスープからアイスクラッシュまで、食材の風味をそのままに美味しくレシピの幅が広がるでしょう。

またジャーの形状も特徴的。食材の対流を促す三角形のトライアングルジャグは、食材の角が勢いよく対流することで、均一に攪拌が可能に。この構造によってスープやジュースが美味しく出来上がります。注ぐ時も三角形状だから注ぎやすいのも嬉しいですね。

レコルト-ガラスブレンダー リコ(7,150円)

氷も熱湯も大丈夫な万能型ミキサー

250Wのハイパワー出力で、ご家庭で作った氷や冷凍フルーツも簡単に攪拌可能。スムージーはもちろん、冷凍野菜を使った冷製スープ作りも簡単に叶います。フルーツやミルク、アイスを入れるデザートドリンク作りも簡単です。おしゃれでレトロな見た目は是非キッチンに飾っておきたくなる可愛さなのも魅力。

耐熱温度差120度まで対応する耐熱ガラスジャーは、事前に粗熱を取る必要がないので調理の時短にも貢献。蒸気を逃がすセンターキャップは、熱いものを入れて攪拌しても中のものが飛び出す心配がありません。調理途中で調味料や食材を足すときにも便利です。

クイジナート-パワーブレンダー(18,030円)

たっぷり6人分も一度にハイパワーで調理可能

高速モードでは1分間に約15,000回の回転数を実現し、ハイパワーで食材を滑らかに攪拌します。最小量数2人分から最大6人分、1500mlまでの一気に攪拌できるので家族の多いご家庭に特におすすめです。数回に分けて作る手間が不要で調理時間の短縮につながります。

細かい目盛りも付いているので、レシピに従って作るスープやドリンク作りもしやすい仕様なのも嬉しい。軽くて丈夫なトライタン製ジャーなので、持った時に重たくなく片手で注ぐことが出来るのも女性にとってはポイントではないでしょうか。毎日の食事やホームパーティーに大活躍する大容量ミキサーです。

まとめ

使い勝手の良いサイズ感と機能性ミキサーがおすすめ

ミキサーを購入する上でこだわりたい一番のポイントは機能性と程よいサイズ感。使う人数に合わせたミキサーを選ぶことで時短調理や、洗い物の節約に役立ちます。またミキサーは刃が付いているものなので、扱いやすく手入れのしやすいタイプを選ぶことも大切。安全機能が搭載された製品を選ぶことも出来るでしょう。今回は自宅で簡単にスムージーやジュース作りが楽しめるミキサーを、人気のブランドを挙げながら詳しく紹介しました。好みの野菜や果物で健康的な本格ドリンク生活をぜひ始めてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。