おしゃれでおすすめのバンカーズボックス人気ランキング!【収納術も】

ちょっとした小物類や紙資料、写真などをまとめて段ボール箱に収納しているという方も少なくないでしょう。丈夫で処分も楽ですが、デザイン性に欠けるのがデメリット。そこでおすすめなのがバンカーズボックスです。シンプルで統一感があるため、インテリアにも溶け込みやすく大変人気があります。そこで今回はバンカーズボックスの種類や選び方、おすすめの商品について詳しく解説します。小物収納にお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。




バンカーズボックスとは?

銀行で使用する書類入れとして作られた収納ボックス

バンカーズボックスというのは紙製の収納ボックスで、その名の通り元々は銀行で保管箱として用いられていました。特にフェローズ製のバンカーズボックスは有名で、どこかで見かけたことがあるという方も多いでしょう。基本的に折り畳まれた状態で販売されており、使用する際には一度組み立てる必要があります。工具類やボンドなどは一切不要で、慣れれば簡単に組み立てられるようになりますよ。最近はより丈夫でデザイン性が高いバンカーズボックスも増えてきており、家庭内での収納ケースとして使う方も少なくありません。

バンカーズボックスのメリット

通常のダンボールより強度があり耐荷重性能が高い

バンカーズボックスは一般的な段ボール箱と違って底が厚くなっており、たくさん物を詰めても底が抜けにくくなっています。箱自体も丈夫で、横からの圧力にも強く簡単には潰れません。バンカーズボックス自体は非常に軽いのに、耐荷重量が30kgを超えるものも少なくありません。不要な時は折りたたんで収納できるのも嬉しいポイントですね。

蓋付きなのでホコリ対策になる

バンカーズボックスのほとんどは蓋が付いています。ダンボールのような一枚続きのものではなく、本体と蓋は別々に組み立てる必要があります。蓋自体も丈夫なので、2~3個位までならスタッキングも可能。蓋があればホコリの侵入もしっかり防げますよ。蓋をせずにぬいぐるみや衣類などかさばりやすいアイテムを入れて収納するという方法も。蓋を本体の下に敷けば、更に安定感もアップしますよ。

デザインに統一感があるのでおしゃれに収納できて買い足しも可能

バンカーズボックスはカラーボックスや本棚にもスッキリ収まるのも魅力的。無駄な装飾もないので、スペースも無駄にしません。押入れやベッド下といったデッドスペースを有効活用したい方にもおすすめです。シンプルで飽きのこないデザインなので、あえて見せるインテリア収納として使用する方も多いですよね。一つ一つが安価なので、まとめ買いしやすいのも人気の理由の一つと言えるでしょう。

バンカーズボックスのデメリット

ダンボール製なので湿気や虫がつく可能性がある

バンカーズボックスは、紙製である以上湿気に弱いというデメリットがあります。湿度の高い場所に長期間置いていると、本体のみならず中身にもカビが発生してしまうことも。大切な資料や書類が傷んでしまう可能性もあるので、必ず通気性の良い場所に保管するようにしましょう。また、ゴキブリや紙魚(シミ)などがつく危険性もあります。必要に応じて乾燥剤や防虫剤を使用することをおすすめします。

バンカーズボックスの種類

スタンダードサイズ

バンカーズボックスの最もスタンダードなタイプは、本体と蓋がセットになっているA4規格サイズ。コピー用紙やファイルボックスなどもそのまま収納することが出来、汎用性も抜群です。季節外の衣類や寝具、おもちゃの収納ケースとして使うのもおすすめですよ。ほとんどのバンカーズボックスには、サイド部分に持ち手が付いているので、持ち運びも楽ちんです。

蓋と本体が分かれている分、重みによる負荷もしっかり分散され、重ねて収納することも可能です。メーカーによって多少のサイズの違いはありますが、基本的には蓋を閉めた状態で、カラーボックスに一箱すっぽり入るくらいの大きさとなっています。複数個のバンカーズボックスを並べて使用する際は、中身が分かりやすいようにラベリングしておくことをおすすめします。

ハーフサイズ

ハーフサイズには大きく分けて2種類あります。1つ目は、横幅がスタンダードタイプの丁度半分のA5規格タイプ。カラーボックスに横に2つ並べて収納出来るようになっています。写真やメモなどの小さい書類や、小物の分類に最適なサイズと言えるでしょう。一杯になるまで詰めても重くなりにくく、持ち運びしやすいというメリットもありますよ。

2つ目は、縦幅がスタンダードタイプの半分になっているタイプです。A4書類は曲げずに入れたいけれどもそれほど容量は必要ないという方や、種類別に細かく分類したいという方にピッタリです。カラーボックスなら蓋を付けた状態でも縦に2つ並べて収納できますよ。救急箱や裁縫箱、工具箱としても丁度いいサイズと言えるでしょう。

ファイルキューブ

定番の703や743を引き出しのようにして使えるスタッキング用

ファイルキューブは、703や743といった既存のバンカーズボックスを引き出しのように使いたい時に大変便利です。蓋を付けた状態でスッポリ収まるので引き出しもスムーズ。これならいちいち上に重ねているものを降ろすことなく開閉することが出来るので、作業の時間短縮にも繋がりますね。こちらもバンカーズボックス本体と同様、組み立て式です。

ファイルキューブには強化用の金属フレームが入っているため、耐久性にも優れています。ファイルキューブを重ねれば簡易チェストとして使うことも可能。左右に付属のジョイントパーツを取り付けることで、積み重ねても本体がズレることを防いでくれますよ。ファイルキューブは最大で5つまで積み重ねることが出来ます。簡単にバラせるので、場所替えも楽ちんですね。

マガジンファイル

本や書類を立てて収納できる蓋なしのファイルボックス

雑誌や厚みのある書類など、頻繁に出し入れが必要なものの収納にはマガジンラックタイプのバンカーズボックスがおすすめです。スリムで場所を取らないので、デスク上に置いても邪魔になりません。本がバサバサと倒れることもなくなりますし、ジャンルごとに仕分けすることも可能に。もちろん、これもカラーボックスなどの収納棚にも収まるようになっています。

A4用紙より若干大きめに作られていますので、ファイルホルダーを丸ごと収納することも可能です。マガジンラックタイプは、収納方法が選べるのも魅力的。表向きに収納すれば出し入れ簡単なマガジンラックとして使えますし、裏向きに収納すれば中身を隠すことも出来ますよ。背面にフィンガーホールが備わっているタイプなら、裏向き状態からでも棚からスムーズに取り出せて大変便利ですね。

バンカーズボックスのインテリア実例・収納術

横に並べて統一感を出して

同じメーカーのバンカーズボックスで揃えると、非常に統一感のある空間に。バンカーズボックスのサイズに合わせた棚板と棚足を用意すれば、スペースを無駄にすることなく、オリジナリティ溢れる収納棚を作ることも出来ますよ。紙製のバンカーズボックスは、ナチュラルな風合いによく馴染むので、木製の棚とは相性抜群ですね。

軽いので高い所に収納するのも楽ちん

普段あまり頻繁出し入れすることのない荷物は、バンカーズボックスにまとめてクローゼットに収納してしまいましょう。丈夫で軽いバンカーズボックスなら、高い場所に収納するときも荷崩れしにくく、持ち上げも楽ちんです。高所は低所に比べて湿気がこもりにくいとは言え、クローゼットや押入れは湿度が高いので、乾燥剤を入れておくと安心ですね。

色味を統一させてシンプルに

バンカーズボックスとその収納棚、小物類の色味を徹底的に揃えることで、統一感も更にアップ。棚のサイズをバンカーズボックスときっちり合わせることで、無駄のないスタイリッシュな空間に仕上がります。マガジンラックタイプのバンカーズボックスを裏向きに収納する場合は、中身が分かりやすいようにしておくとより便利ですよ。

ファイルキューブでシェルフ代わりに

ファイルキューブは、スタンダードタイプにもハーフサイズタイプにも対応しているので、好きなように組み合わせてオリジナルのシェルフに仕上げられます。高さを揃えてもいいですし、あえて階段状にしてみるのもいいでしょう。季節ごとに分類しておけば、ファイルキューブごと取り替えるだけで衣替えもあっという間に完了しますよ。

バンカーズボックスの選び方

収納する場所によってサイズを決める

本棚やカラーボックスを使用するならスタンダードなA4対応がおすすめ

バンカーズボックスには色々なものがあり、高さや幅もそれぞれ異なります。並べて収納するのか、重ねて収納するのかによっても変わってきます。一般的な本棚やカラーボックスに収納するのであれば、スタンダードなA4対応タイプがベストです。メーカーによって多少サイズが異なりますので、出来るだけピッタリ収めたいのであれば必ず事前にサイズをしっかり確認しておきましょう。

統一感を出すなら同メーカーで揃えるのがベスト

色やデザインも気になりますよね。お部屋のインテリアイメージに合わせて、馴染みやすいデザインのものを選ぶようにしましょう。同じメーカーで揃えればデザイン性はもちろん、サイズにも統一感が出ます。ラベリングをする際も、ラベルシールや、文字のフォントなどを揃えてみましょう。もちろんバンカーズボックスは紙製ですので本体に直接書き込んでもOKです。

整理整頓に向いているか

ラベルを書き入れる部分があるものや、シール付きのものがあると便利

紙製のバンカーズボックスは、中身が透けません。いちいち蓋を開けて中身を確認しなくても済むようにするなら、ラベリングをしておく必要があります。ラベリング用の罫線付きタイプなら、管理も楽ですね。メーカーによってはラベリング用のシールが別途付属してくるものもありますよ。中にはスマホのアプリと連動して中身を管理できるというユニークなタイプも販売されています。

たたみ方は簡単なワンタッチでたたむことが出来るか

組み立てやすさも重要なポイントです。強度を高めるために、バンカーズボックスは組み立て方が複雑になっていることも。蓋付きタイプなら、蓋も別途組み立てる必要があります。最近はワンアクションで簡単に組み立てられるタイプのものも登場してきています。時間短縮にも繋がりますので、一度にたくさんのバンカーズボックスを組み立てる必要がある時には特におすすめですよ。

バンカーズボックスのおすすめブランド・メーカー

フェローズ

およそ100年を誇るバンカーズボックスは日々進化を続けており大人気

フェローズは、シュレッダーやラミネーターなど、オフィスで使用する事務用品を製造しているメーカーです。その中でもバンカーズボックスは1917年に製造以来、世界中で愛用されている代表製品。耐久性と機能性に優れており、製造から100年以上経っても変わらず高い人気を誇っています。

コクヨ

内側に仕切りが付いている者あり小物収納の強い味方

国産の事務用品というと、コクヨを思い浮かべる方も多いでしょう。特にコクヨの紙製品は高品質なことでも知られていますよね。コクヨのバンカーズボックスは、内側に仕切りがついていたりと随所に細やかなアイデアが詰め込まれており、使いやすさの面でも群を抜いています。

キングジム-ニュートラルボックスシリーズ

種類とカラーバランスが豊富でアレンジのし甲斐がある

近年、ユニークで実用的な商品を多く製造しており、文房具好きの方々から高い支持を得ているのがキングジム。オリジナリティがあるだけでなく、その品質の高さからも人気があります。人とは違う個性的なアイテムを使いたい方におすすめです。

NOUVELLE BONHEUR(ヌヴェル・ボヌール)

シンプルでリッチ感のあるおしゃれな生活雑貨ブランド

ヌヴェル・ボヌールは「シンプルリッチな心地よさ」をコンセプトとしている生活雑貨ブランドです。統一感のあるラインナップが魅力的で、快適性も抜群。上品なデザインの雑貨類はどんなインテリアにも合いますよ。ナチュラル感があり、品質の良いアイテムを取り揃えたいという方にピッタリですね。

おすすめ&人気のバンカーズボックスランキング

収納力でおすすめのバンカーズボックス

フェローズ-バンカーズボックスA4サイズ3個セット(2,916円)

リニューアルされてわずか3秒で組み立て可能に

バンカーズボックスの定番であるフェローズの703。A4サイズに対応した大容量タイプです。フロントとバックでデザインが異なるので、好みに応じて使い分けることが出来ますよ。耐重量は30kg。5段まで積み重ねも可能です。フェローズのバンカーズボックスはモジュール設計のため、違うサイズ同士を自由に組み合わせられます。

これまで複雑だった組み立て方も、リニューアルによって格段に簡単になりました。独自の組立方法を採用し、わずか3秒で組み立てられるように。ハンドル部分も強化され、頻繁に持ち上げても千切れにくくなりました。エッジ部分を丸めたことにより、手触りが滑らかになったのも嬉しいですね。

コクヨ-収納ボックスNEOS Lサイズ(807円)

間仕切り付きで中の小分けも可能なタイプ

ブラックとホワイトの2色展開になっており、非常にシンプルなデザインですので、どんなインテリアにもよく合います。耐荷重量は約30kgで、3段まで積み重ねられますよ。こちらもモジュール設計ですので、ハーフサイズのMと並べて効率よく収納出来るようになっています。

最大の魅力は付属の仕切り板。組み合わせ方を変えることで、2分割、4分割に仕切ることが出来ます。もちろん、仕切りなしにして使うことも可能ですよ。一つの箱で分類して収納したいという方におすすめです。持ち上げた時に荷物がズレにくいのも嬉しいポイントですね。

キングジム-ニュートラルボックスXLサイズ(1,264円)

スマホのアプリを使ったラベリングで管理出来るタイプ

他社商品に比べて5cm程高さが抑えられており、ややコンパクトな作りが特徴的。カラーはホワイト、グレー、ベージュの3色から選べます。両サイドを引っ張るだけですぐに組み立てられるので、小さなお子さんでも扱いやすい仕様になっています。

蓋を開けずに中身が確認できるよう、あらかじめ本体に中身のチェックボックス欄が設けられています。非常にユニークなのがスマホアプリと連動しているという点。専用のスマホアプリを使えば、タグ番号管理によって中身の確認がより簡単に出来るようになりますよ。

収納ボックス5+1個(2,180円)

豊富なデザインの中から選べるおしゃれな収納ボックス

デザイン性にもこだわりたいという方におすすめなのがこちらの収納ボックス。デザインとカラーのバリエーションが豊富なので、お部屋の雰囲気にも合わせやすくなっています。ラベリングやメモの欄もしっかり備わっていますので、何が入っているのか直接書き込むことも可能です。

6個セットなので、多用途で使い分けたいという方や、まとめ買いをしたいという方にうってつけ。1箱あたり約360円と非常にリーズナブルなのも魅力的ですね。たっぷり収納できるので、お引越しの準備等にもおすすめですよ。

ハーフ・ミニサイズでおすすめのバンカーズボックス

フェローズ-バンカーズボックス743 A4ハーフサイズ(1,026円)

小さくても15kgの耐荷重量を持つ丈夫さが魅力的

こちらも定番中の定番アイテム。スタンダードな703の半分の高さで、幅と奥行は全く同じサイズになっています。6段まで積み重ねることも可能。小さくても耐荷重量は15kgと十分ですので、重くなりがちな紙製品を入れても大丈夫ですよ。

2017年の製品リニューアルによって組み立て方が簡単になっただけでなく、デザインもよりシンプルになりました。旧デザインのボックスを使用していた方で新たに買い足しを考えていらっしゃる場合、デザインが揃わなくなるので注意が必要です。

ピークボックス M(972円)

覗き穴付きで重ねたままでも中身が見えるおしゃれなデザイン

非常にスタイリッシュでおしゃれなデザインが魅力的なハーフサイズのバンカーズボックス。3色展開ですので、色ごとに使い分けることも可能です。高品質の国産で、耐荷重量も30kgと非常に丈夫。まとめ買いした缶詰などの保管ボックスとしてもおすすめですよ。

最大の特徴は、蓋の正面部分をめくれば小窓から中身が覗けるようになっているという点です。重ねた状態でも中が確認できるので、いちいち上の箱を降ろす必要はありません。持ち手も付いているので、持ち運びも楽ですよ。

フェローズ-バンカーズボックスバインダーパック(2,171円)

留め具付きで縦横両方向に収納することが出来るタイプ

フェローズのバンカーズボックスシリーズで、初めて樹脂製の留め具を採用した収納ボックスです。隙間がないのでホコリや虫の侵入にも強いというメリットがあります。縦横どの向きに置いても蓋が外れないので、柔軟な使い方が出来るようになっています。

バインダーパックは3個セット販売。モジュール設計により、定番の701や703S、743Sにスッポリ3つ並べて収まるようになっています。組み立て方も非常に簡単ですよ。A4ファイルがそのまま収納出来るので、資料類と事務用品をまとめて持ち運びしたい方におすすめです。

引き出し機能でおすすめのバンカーズボックス

引き出しクラフト収納ボックス6個セット(2,784円)

カラーボックスにピッタリのサイズの引き出し収納ボックス

カラーボックスに引き出しを付けたいという方におすすめなのがこちらの引き出し式収納ボックス。一般的なカラーボックスに2個ピッタリ収まるサイズです。6個セットなので、3段カラーボックスをまとめて簡易シェルフにすることも可能。衣類収納や、小物整理にピッタリですよ。

組み立て方も簡単で、折り目に沿って畳んでいくだけです。軽くて丈夫なので、箱ごと位置を変えるのも楽ちんですよ。もちろん、カラーボックスに限らずスチールラックなどに並べて使うのもおすすめ。ベッド下などのデッドスペース活用としても最適ですよ。

ヌヴェル・ボヌール-ストレージボックス 引き出しタイプ(3,888円)

3段まで積み重ねOKの丈夫な引き出し収納ケース

一見蓋付きのバンカーズボックスにも見えますが、実は引き出し式。そのため、上に重ねていても上の荷物を下ろすことなく出し入れすることが出来ます。紙製品でありながら、4重構造になっているので強度も十分。A4サイズ対応で、耐荷重量は約30kg。3段までなら重ねて使用することも出来ます。

強度を高めるために若干組み立て方は複雑になっていますが、本体にしっかり組み立て方説明書が入っていますので、それに沿って組み立てていくだけです。なんと言ってもシンプルかつ洗練されたデザインなので、どんな部屋にもスッキリマッチすることでしょう。

フェローズ-ファイルキューブ3パック(4,212円)

最初からファイルキューブが付属した引き出し用のセット

お部屋のインテリアをフェローズのバンカーズボックスで統一したいという方におすすめなのがファイルキューブ。ファイルキューブ3つがセットになっており、付属の連結パーツをつかえばブレることもなり、5段までなら安定させて固定できます。703は1箱がすっぽり。743なら並べて2つ収まるようになっています。

もちろん、必ずしもファイルキューブの中に収納ボックスを入れる必要はありません。あえてファイルキューブだけを重ねて小物やぬいぐるみなどを見せて収納するという方法もおすすめです。大きなシェルフは必要ないけど、ちょっと収納スペースが欲しいという一人暮らしの方におすすめですよ。

まとめ

収納するものと収納スペースのサイズをしっかり計測して

バンカーズボックスは、どれもこれも全く同じサイズというわけではあありません。蓋の有無や並べる方向によっても異なってきますので、何をどの位置にどれくらい収納したいのかをあらかじめ決めておくようにしましょう。耐久性はメーカーによって大きく変わりますので、重たいものを収納する際は出来るだけ下の方に保管するようにしましょう。内部にクッションシートやフェルトシートを入れておくと安定感も更にアップしますよ。ぜひお気に入りの収納ボックスを見つけてみて下さいね。