おしゃれでおすすめのはたき人気ランキング!【絹やマイクロファイバーも】

みなさんは毎日の掃除にどんな道具を使っていますか。掃除機を使っている人が多いと思いますが、テレビ台や本棚の上などの高さがある場所は掃除機が使いづらいですよね。掃除機が使いづらい場所はつい掃除を怠りがちですが、気がつくとホコリだらけになっていることも多いはずです。そんな時に便利なのが、はたきです。昔ながらの掃除道具としてのイメージが強いはたきですが、はたきは今でも大いに活躍してくれる掃除道具です。掃除機が掃除の主役とするならば、はたきは無くてはならない掃除の名脇役でしょう。自宅に合うはたきを見つければ、いつもの掃除により満足できますよ。今回はそんな便利なはたきの種類と選び方についてお話しします。おすすめの人気はたきも紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。




はたきの必要性

手が届きにくい場所のほこり掃除がしやすい

はたきの一番の魅力は手が届かない場所の掃除ができるところです。本棚の上や天井の照明シェードなどの高い場所や、テレビの裏などの狭い場所はどうしてもホコリが溜まりやすいです。そんな手が届かない場所のホコリを落としてくれるのがはたきです。ホコリを絡め取ってくれるはたきは、手が届かない場所もすっきりきれいに掃除することができますよ。はたきで落としたホコリは掃除機で吸い取れば良いので、掃除機と合わせてはたきを使うのがおすすめですよ。

こまめに使うことでほこりを防止できる

はたきは、ほこりが溜まってしまう前にこまめに使うのがおすすめです。目立つ汚れが無かったとしても、ホコリは毎日溜まっています。はたきを使ってこまめに掃除をすれば、ほこりが溜まってしまうことがありませんよ。テレビの近くや本棚の横など目につく場所にはたきを掛けておけば、こまめにさっと掃除することができますよね。目立つほこりが無くてもはたきを使えばホコリが床に落ちるので、はたきは掃除機をかける前に使うのがおすすめですよ。

はたきの種類

羽根はたき

柔らかく狭い隙間にも入りやすい

羽根はたきは、天然の羽毛を使っているはたきになります。柔らかい使い心地で、狭い隙間に入りやすい特徴があります。棚と壁の隙間などの手が入らない場所のホコリもスルッと絡め取ることができますよ。羽根はたきは柔らかいので優しく掃除することができ、ガラスのランプなど壊れやすい物の掃除にも向いています。

羽根はたきは細かい場所のホコリを絡めとるのが得意なので、テレビの裏などのコードが密集している場所の掃除にもおすすめです。天然素材の羽根はたきは静電気が発生しにくいので、静電気に弱い電化製品でも安心して使えます。また、鳥の羽根を使った羽根はたきは見た目が可愛いので、飾っておくとインテリアにもなりますよ。

ポリはたき

静電気の力でほこりを吸着する

ポリはたきはポリエステルやポリエチレンなどの化学繊維が素材になっています。静電気を発生させてホコリをキャッチする仕組みなので、小さな溝に入ってしまったホコリも除去することができますよ。細かい溝に入ってしまったホコリはなかなか取ることができませんが、ポリはたきはそんなホコリを取るのが得意です。

ポリはたきは静電気を起こしてホコリを吸い寄せるので、床などにホコリが落ちにくい特徴があります。掃除が終わった後はゴミ箱の中などではたきをはたけば、ホコリを落とすことができますよ。ポリはたきは細かい隙間の掃除に向いているので、パソコンのキーボードなどの掃除もしやすいです。ただ、パソコンが静電気の影響を受けることもあるので、パソコンの電源を落としてから掃除するようにしましょう。

和はたき

洗うことができるので清潔に使える

和はたきは何枚もの細長い布でホコリを掃除するはたきです。昔懐かしいはたきといえば、この和はたきですよね。布が重なり合ってはたく形になるので、他の種類のはたきよりも摩擦の力が強く素早くホコリをはたくことができます。和はたきははたくとパタパタと良い音がするので、ストレス解消にもなりますよ。

和はたきの魅力は汚れたら、石鹸を使ってきれいに洗うことができるところです。水洗いすることができるので、清潔に長く使えるところが嬉しいですね。また、和はたきで多く使われている絹は木のツヤを出す効果があるので、障子の木枠や木製の家具の掃除に向いていますよ。

はたきの選び方

用途に合わせてはたきの素材を選ぶ

ほこりが舞うのを防ぎたいならマイクロファイバー

様々な種類のはたきの中から自宅に合うはたきを選ぶ時、まずチェックしたいのは素材です。はたきは素材によって優れている点が異なりますよ。はたきは基本的にホコリを下に落とす掃除用具になります。そのため、照明シェードやエアコンの上などの高い場所を掃除すると顔や体にホコリが付いてしまうことがあります。ホコリが舞い落ちてくるのを防ぎたいなら、マイクロファイバーのはたきを選びましょう。マイクロファイバー素材のはたきは、静電気でホコリを吸い付けるのでホコリが舞いにくいですよ。マイクロファイバー素材のはたきはパタパタとはたくのではなく、滑らせるようにして使ってホコリをキャッチする形になります。

電化製品の掃除なら優しい羊毛がおすすめ

テレビの裏やパソコンの周りなど、電化製品にはホコリが溜まりやすいですよね。ですがはたきで電化製品を掃除する時は注意が必要なこともあります。パソコンなどの最近の電化製品は、ICチップなど敏感な部品を使っているものが多いです。そのため、はたきによって発生する静電気が電化製品にダメージを与えてしまうこともあります。そんな繊細な電化製品の掃除におすすめなのが、羊毛はたきです。羊毛はたきは静電気を発生しにくいので、ふわふわで優しい羊毛は傷つきやすい液晶画面などの掃除にも向いていますよ。30cmくらいの小さいサイズの羊毛はたきなら、パソコン周りの掃除もしやすいですよ。

掃除する場所によって長さを選ぶ

70cm以上なら天井の電灯にも届きやすい

快適にはたきを使うためには掃除をする場所によって、はたきのサイズを変えるのがおすすめです。高い場所を掃除する時は柄が長いはたきを使うようにしましょう。天井の電灯を掃除する時は、柄を含めたはたきの長さが70cm以上のものがおすすめです。天井が高い家やエアコンの上の部分など、かなり高い場所を掃除する時は1メートル以上の長さがあるはたきが便利ですが、収納の邪魔になるのは嫌ですよね。長さのあるはたきを購入する時は、柄が伸縮できるタイプのはたきがおすすめですよ。伸縮可能なはたきなら掃除する場所に合わせて長さを変えられる上に、収納もしやすいです。

こまめに使いたいなら掛けやすい40cm以内

少しでもほこりが溜まるのを防ぎたいなら、はたきをこまめに使うのがポイントです。はたきをこまめに使うためには、サッと取れる場所にはたきを掛けておくのがおすすめです。テレビの近くなど目に付く場所にはたきを掛けておけば、気が付いた時に掃除をすることができるのでホコリが溜まりにくくなりますよ。柄を含めた長さが40cm以内のはたきなら、本棚や収納ラックなどの横に掛けやすいです。40cm以内の小さいサイズのはたきはサッと気軽に取れるので、面倒になることが無くこまめに掃除をすることができますよ。

はたきのおすすめブランド・メーカー

藤栄

ふわふわ羊毛のウールダスターが人気

藤栄のはたきは、ふわふわの見た目が特徴の天然羊毛のはたきです。ふわふわの天然羊毛がホコリを優しく絡めとって掃除してくれますよ。天然羊毛はタッチが優しいので、繊細な家具や装飾品も傷つけることなく掃除ができます。ふわふわの羊毛と天然木の柄のナチュラルな見た目はインテリアにもなりますよ。

日本クリンテック

静電気を除去するマイクロファイバーが使いやすい

日本クリンテックのCLEAN TIMESは、マイクロファイバー素材のはたきですが静電気を除去してくれる効果があります。静電気を除去する導電性繊維をはたきの素材に使用しているので、電化製品にも安心して使うことができますよ。また、日本クリンテックのCLEAN TIMESはその場所にホコリがつきにくくなる効果もあります。

クイックルワイパー

汚れたらヘッドを取り替えられるのが嬉しい

CMでお馴染みのクイックルワイパーのはたきは、クイックルワイパーハンディという名前のポリはたきです。毛足が長い細かい繊維がサッとなでるだけで、花粉やハウスダストなどの細かい汚れも絡めとってくれますよ。クイックルワイパーの魅力はヘッドのみが別売りされているので、汚れたら定期的に取り替えられるところです。面倒なお手入れが必要ないのは嬉しいですね。

REDECKER(レデッカー)

天然素材にこだわったドイツの老舗ブラシメーカー

世界中で愛されているドイツの老舗ブランドであるレデッカーの製品は、熟練した職人により手作業で作られています。天然素材にこだわりがあるレデッカーのはたきは柄の部分には天然木が、ヘッドには山羊の毛やオーストリッチの羽根が使われています。ナチュラルで温かみがある見た目は、見える場所に飾っておきたくなるくらいおしゃれですよ。

おすすめ&人気のはたきランキング

おしゃれでおすすめのはたき

藤栄-ウールダスターLサイズ(1,587円)

ふわふわの天然ウールで優しくお掃除

藤栄のウールダスターは、ふわふわの見た目がまるでぬいぐるみのように可愛いですね。ウールダスターは羊毛と天然木を使った天然素材のはたきになります。ふわふわの羊毛のはたきは優しくホコリを絡めとってくれるので、デリケートな場所の掃除におすすめですよ。羊毛の部分のみが掃除する場所に当たるので、柄の部分で物を傷つけることがありません。

羊毛のウールダスターは静電気を発生することがないので、パソコンやテレビなどの電化製品の掃除にもおすすめですよ。ウールダスターにはSサイズとLサイズとLLサイズがありますが、全長が43cmのLサイズは手に持ちやすく家具や床など様々な場所の掃除がしやすいです。壁や棚にも掛けておきやすいサイズですよ。

REDECKER(レデッカー)-オーストリッチ羽はたき90cm(4,600円)

やわらかい羽根で色々な場所の掃除ができる

ドイツの老舗ブラシメーカーであるレデッカーのはたきは、職人の手によってひとつひとつ丁寧に作られています。熟練した職人の手によって作られたはたきは、長く使い続けることができますよ。オーストリッチ羽はたきは、ダチョウの胸の羽根を使用しているとても柔らかい使い心地のはたきです。

柔らかい使い心地のはたきなので、壊れやすい装飾品の掃除にもおすすめです。長さが90cmあるので、天井の照明の掃除にも使いやすいですよ。シャンデリアなどのデリケートな照明の掃除にも向いています。オーストリッチの立派な羽根は見た目の存在感があるので、インテリアとして掛けておくのもおすすめです。

Mi Woollies(ミーウーリーズ)-羊毛ダスターS(1,296円)

色々な場所で使いたい小型サイズ

ミーウーリーズ社は70年以上、羊毛製品を手掛けているニュージーランドの老舗メーカーです。上質な原料にこだわっている上、見た目も可愛いミーウーリーズ社の羊毛製品は世界中の人に愛されていますよ。ミーウーリーズの羊毛ダスターはモフモフの子猫のような見た目で、抱きしめたくなるほど可愛いはたきですね。

もちろん見た目が可愛いだけではなく、掃除もしっかりしてくれますよ。モフモフの羊毛はホコリをしっかり絡めとってくれます。全長30cmの小型サイズは、デスク周りやピアノのホコリを掃除するのに使いやすいですよ。見た目がとても可愛いので、複数を購入して色々な場所に掛けておくとこまめに掃除ができる上にインテリアにもなります。

藤栄-ウールダスターLLサイズ(1,944円)

高い場所も掃除しやすい羊毛はたき

藤栄のウールダスターのLLサイズは全長が76cmあるので、高い場所や手が入らない隙間などの掃除がしやすいですよ。特に天井の照明シェードやエアコンの上など、高くて見えない場所の掃除におすすめです。掃除するヘッド部分の長さが33cmあるので、見えない場所のホコリもしっかり取ってくれますよ。

本革のストラップが付いているので、タンスや冷蔵庫の横に掛けておくことができます。はたきに付いた汚れは、柄を両手で持ってはたきをくるくる回せば落とすことができます。黒ずみが気になってきたら洗剤で手洗いすることもできるので、きれいに長く使うことができますよ。

PATA(パタ)-オーストリッチはたきミニ(1,447円)

優しい羽根にこだわったオーストリッチはたき

オーストリッチはたきのような羽根はたきは、天然素材であるため同じ製品でも柔らかさが異なることがあります。パタのオーストリッチはたきは柔らかい羽根のみを使っているので、硬くてがっかりすることがありませんよ。優しくホコリを落としてくれるので、壊れやすい物がある場所の掃除も安心です。

しっかりとホコリを落としてくれるので、撫でるだけで水拭きをしたようにホコリを一掃することができます。全長28cmのコンパクトサイズは仏壇など、物が沢山置いてある場所の掃除もしやすいですよ。ひな人形用にパタのオーストリッチはたきミニを購入している人も多いですよ。

REDECKER(レデッカー)-山羊毛の高級はたき(3,724円)

高級インテリアにも似合う山羊毛のはたき

老舗ブラシメーカーであるレデッカーの山羊毛のはたきです。山羊毛はとても柔らかいのが特徴で、化粧用のブラシとして顔にも使うほどデリケートな場所の掃除に向いていますよ。大切な高級装飾品など、特に傷つけたくないものを掃除する時におすすめです。

山羊毛は柔らかいだけではなくコシもあるので、ホコリをしっかり落としてすっきり掃除をすることができますよ。まるでカシミヤのような高級感のある風合いは、高級家具などの横に掛けておいても馴染みやすいです。黒い毛を基調としていますが、白い毛のワンポイントがあるところがおしゃれです。

REDECKER(レデッカー)-デスクブラシ(1,296円)

細かい隙間の掃除に便利な超小型はたき

レデッカーのデスクブラシは、筆のような形をしている超小型サイズのはたきです。超小型サイズのはたきは細かい場所の掃除に便利です。パソコンのキーボードやリモコンの隙間に溜まっているホコリを取るのに最適です。柔らかい豚毛が細かい隙間に入ってしまったホコリをかきだしてくれますよ。

超小型のデスクブラシはキッチンでも役立ちますよ。コーヒーミルのお手入れやトースターのパンくず掃除にとても使いやすいです。フィギュアなどの小さな装飾品の掃除もしやすいので、小さな雑貨をたくさん飾っている人にもおすすめです。サイズが小さいので、ちょっとした場所に掛けておけるところが便利ですね。

マイクロファイバーでおすすめのはたき

日本クリンテック-首振り除電ダスター (1,480円)

静電気を除去してほこりを寄せ付けない

日本クリンテックの首振り除電ダスターの特徴的なところは、静電気を除去するところです。静電気を除去する導電性繊維を使用しているので、静電気を起こさずにホコリを掃除することができますよ。導電性繊維を使用している首振り除電ダスターは静電気を起こさないだけではなく、ホコリを付きにくくする効果もあります。

静電気を除去する除電ダスターは、静電気の影響を受けやすい電化製品の掃除にもおすすめです。柄が長く全長167cmまで伸ばせるので、高い場所の掃除も楽にできますよ。柄からヘッド部分を外してハンディタイプのはたきとしても使うことができるので、様々な用途で使うことができます。

Satto(サット)-リビング払い(273円)

丸い形がどんな角度にも当たりやすい

サットのリビング払いは、丸い形が特徴的なはたきです。ヘッドの部分全体に丸みがあるので、様々な角度にはまりやすく掃除がしやすいです。細い網状の極細繊維と静電気がホコリをしっかりキャッチして汚れた部分をきれいにしてくれますよ。

汚れたら真っ白なヘッド部分が真っ黒になりますが、水洗いすることができるのできれいに使うことができます。別売りのアルミハンドルを付ければ全長が1メートル以上になるので、高い場所の掃除をすることもできますよ。ヘッド部分も柄も白いので、掛けておいてもインテリアの邪魔になることがありません。

クイックルワイパー-クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ(781円)

汚れたらヘッドを取り替えられるのが嬉しい

CMでお馴染みのクイックルワイパーハンディはドラッグストアなど、身近なお店でも買うことができるはたきです。吸着性の高い細い繊維がホコリだけではなく、花粉やハウスダストなどもしっかり絡めとることができます。軽く撫でるように掃除するだけで、ホコリをごっそり取ることができますよ。

クイックルワイパーハンディの魅力的なところは、汚れたらヘッドを取り替えることができるところです。取り替え用のヘッドのみを購入することができるので、はたきが汚れるのを気にすることなく思う存分掃除ができますね。クイックルワイパーハンディの伸び縮みタイプは伸び縮みが可能で最長1メートルになるので、高い場所の掃除もできます。

アズマ工業-モコモハタキFL(1,458円)

ヘッドが自由に曲がって掃除がしやすい

アズマ工業のモコモハタキFLはヘッド部分が自由に曲がるので、高い棚やエアコンの上などの掃除を楽に行うことができます。ヘッドが曲がることで見えない高い場所にも、ヘッドをしっかりフィットさせて掃除することができますよ。全長が156cmに伸びるので、天井が高い家の掃除もしやすいです。

ヘッドのふわふわのマイクロファイバーは、ホコリを絡めやすいように工夫されています。多角形状になっている特殊な繊維は眼鏡拭きなどにも使用されていて、ホコリを落とすだけではなく雑巾のように汚れをきれいにします。汚れたら中性洗剤で洗うこともできる上に、ヘッド部分のスペアが売っているので長くきれいに使うことができますよ。

tidy(ティディ)-コップハンディモップ(2,700円)

可愛いコップにすっぽりしまえる

ティディのコップハンディモップは収納用のコップケースが付いているので、ヘッド部分を収納しておくことができます。はたきのヘッド部分をむき出しにしておきたくない人や、はたきを掛ける場所がない場合におすすめです。コップケースの色はインテリアに合わせてホワイトやワインレッドなどの4色から選ぶことができますよ。

ヘッド部分にはポリエステル100パーセントのコスモトロンという特殊な繊維を使用しています。コスモトロンは業務用のモップにも使用されている繊維なので、ホコリをしっかりキャッチする上に耐久性にも優れています。耐久性に優れているため、汚れたらヘッド部分を洗濯機で洗うことができるのでお手入れが楽ですよ。

アズマ工業-エレキャッチスター60(1,252円)

60cmの大きめサイズのハンディはたき

アズマ工業のエレキャッチスター60は、全長が60cmありハンディタイプのはたきの中では大きいサイズになります。掃除するヘッド部分も大きいので、テレビ台の上など広い面を掃除する時におすすめですよ。吸着面積が広い網状繊維がホコリなどの細かい汚れをしっかりキャッチします。

柄が細いプラスチックで、木製の柄よりもしなやかさがあるので掃除がしやすいです。狭い隙間にもスルッと入りやすいので、家具と家具の間の手が入らない場所のホコリもごっそり取ることができますよ。中性洗剤で洗うことができるので、洗って繰り返し使うことができます。

絹でおすすめのはたき

白木屋傳兵衛商店-羽二重正絹ハタキ(1,620円)

正絹のハタキがしっかりホコリをぬぐう

白木屋傳兵衛商店の羽二重正絹ハタキは、白い絹と竹製の柄の昔懐かしいはたきです。絹のはたきが古くから長く愛されているのには理由があります。絹のはたきは摩擦の力が大きく、ホコリをぬぐう力が強い特徴があります。ホコリをぬぐう力が強いため、短時間で効率よくホコリ掃除ができますよ。

羽二重正絹ハタキは木のツヤを出す効果もあるので、障子の木枠などの掃除をすればツヤを出すことができますよ。絹のはたきの魅力は、汚れたらゴシゴシ水洗いができるところです。繰り返し洗っても布が劣化しにくいので、長く使うことができますよ。

八ツ矢工業-絹のはたき(820円)

軽くてパタパタしやすい絹はたき

八ツ矢工業の絹のはたきは、ピンク色の布が可愛くて掃除をする度に元気をもらえそうですね。手に持ってみると驚くほど軽いので、掃除をしていても手が疲れることがありませんよ。軽いですが、絹の布がホコリをしっかりぬぐってくれるので掃除をするのが楽しくなります。

絹のはたきは静電気を起こさないので、布同士がくっついてしまうことがありません。パタパタはたいてホコリを落とした後は掃除機で吸い取るので、家族で分担して掃除をするのも良いですね。絹のはたきはとても軽いので、子供でも掃除がしやすいですよ。正絹100パーセントで千円以下で購入できるのはリーズナブルで嬉しいですね。

まとめ

用途に合わせてはたきを使い分けるのがおすすめ

はたきを使う時に大切にしたいポイントは、用途別にはたきを使い分けることです。はたきは素材によって特性が異なります。デリケートな場所の掃除には羽根はたきや羊毛はたきが向いていますが、短時間でホコリをしっかり落としたい時は絹はたきがおすすめです。また、いつも清潔なはたきを使いたいなら、ヘッドの取り替えができるマイクロファイバー素材がおすすめです。使うシーンや掃除をする場所に合わせて使いやすいはたきを選ぶことで、はたきの効果をより実感することができますよ。今回は、はたきの種類と選び方についておすすめの人気はたきを紹介しながらお話ししました。普段の掃除をさらに快適にしてくれるはたきをぜひ見つけてくださいね。