おしゃれでおすすめの物干し竿人気ランキング!【屋外・室内も】

物干し竿は、洗濯物に付着するほどさび付きがひどかったり、引っ越し先の竿受けに長さが届かなかったりするなど、問題が起きない限り買い替えようとはしませんよね。今回は今まさにそんな悩みに直面しているかたに、さびにくかったり長さが変えられるなどおすすめの物干し竿を選んでみました。併せて物干し竿の種類や人気メーカーも紹介しているので、新しく購入しようと思っているかたはぜひ参考にしてくださいね。

物干し竿の特徴

外見は似ていても長さや耐荷重など1本1本異なる

物干し竿なんてどれもみな同じと思ったら大間違い。長さ・太さ・素材・耐荷重などが1本1本異なるうえに、伸縮できるものやハンガー掛けが付いたものなど、さまざまな機能の違いも見られます。使い道や目的に合った物干し竿を選ぶと、毎日の洗濯物干しの効率がグンとアップしますよ。

屋外用か室内用かで最適な材質が異なる

洗濯物を外に干すか、家の中に干すかによっても、選ぶべき物干し竿が変わってきます。外に干すなら日差しや雨に強く、さびにくい材質の強度の高い物干し竿を、室内に干すならインテリアとマッチした外観のものを選びましょう。また室内用でも雨続きで洗濯物が増えることを考慮し、耐久性も必要です。

物干し竿の種類

アルミ製

軽くて扱いやすくリサイクルできる

屋外ならさびにくく耐久性の高いものを選びたいですよね。アルミ製の物干し竿はアルミ缶でイメージできるように軽いのが特徴ですが、意外にも強度が高いため屋外用としておすすめです。またさびにくく、アルマイト加工が施されているものが多いため表面の汚れが落ちやすく、お手入れもラクです。

アルミ製はリサイクルできるため処分時も比較的ラクです。また軽量のため簡単に移動させられるなど取り扱いやすいのもメリット。ただし強風でズレたり飛ばされそうになったりすることもあるため、物干し竿受けにしっかりと固定させて置いたほうが安心です。

ステンレス製

さびにくく丈夫

さびない金属の名の通り、ステンレス製はさびにくいのが特徴です。オールステンレスは強い日差しや雨にも強く、重く丈夫で耐久力があるため屋外用におすすめです。大家族でたくさんの重い洗濯物を干す家庭や、布団をかけて干したいかたにおすすめです。

オールステンレスの物干し竿はさびにくく頑丈ですが、ホームセンターなどで売られている海外製のものの中には値段が安くても耐久力やさび付きの点で不安のあるものがあります。高品質なタイプは、ある程度値段も高いと思っていいでしょう。

スチール製

価格が安いのが魅力

スチール製は安いので手軽に買えるのがメリット。最近はスチールのパイプに薄いステンレスを巻き付けたスチールステンレスタイプが主流で、安いうえに表面がさびにくいのが特徴です。ただし、あまりに値段が安いものの中にはステンレスの巻き方が甘く、隙間が生じているものもあるので注意しましょう。

スチールステンレスは、ステンレスが巻かれていない内側がさび付くことがあります。そのためできれば室内用として使うほうがいいでしょう。天候の影響を受けないためさび付きの心配をする必要がなく、安心して使えますよ。

物干し竿の選び方

洗濯物の重さを考慮して耐荷重を確認する

4人家族なら耐荷重10㎏のものを2本が目安

普段どれくらい洗濯物があるかは洗濯機の容量を見ればわかります。しかし洗濯後の衣類は水分を含んでいるため1.5倍は重くなるうえ、雨が続けばさらに量が増えるため、物干し竿の耐荷重は大きい方がおすすめです。平均耐荷重は約10㎏。これは4人家族の洗濯物の重さが10㎏近いことから来ています。したがって4人家族なら物干し竿1本で足りますが、念のため2本持っておくといいでしょう。本数は家族の人数に合わせて増減してください。

布団も干すなら耐荷重20㎏で太さ4cmのものを

敷布団の重さは5㎏以上あります。掛布団も加えて家族の分を干すとなると耐荷重20㎏以上がおすすめ。また物干し竿の直径も太いものを選びましょう。直径は3cmが一般的ですが、普段から物干し竿で布団を干すなら直径4cmのものを選んだほうが無難です。ジーンズやトレーナーなど水分を含むと重くなる衣類を多く干すかたも、耐荷重や直径の大きい物干し竿のほうが安心できますね。

どこに干すかによって長さを選ぶ

マンションのベランダでは物干し竿受けの両端に25〜50cmほどの余裕をもたせて

ベランダに物干し竿受けが設置されている、或いは天井から洗濯物用の吊り下げポールが設置されている場合はまずその間隔を測り、物干し竿の長さをチェックして、短すぎず長すぎないものを選びます。ポイントはジャストサイズより長い竿にすること。物干し竿受けの両端からそれぞれ30cm余裕を持たせた長さがおすすめです。4m以上の物干し竿なら、それぞれ50cmはあったほうがいいでしょう。長い竿ほど長めの余白で安定性とバランスを確保するためです。

物干し台のない一軒家の場合は窓幅をチェックして

一軒家で物干し台が設置されていなければ、庭やベランダ、軒下にあらためて物干し台を設置し、同様に余裕を持たせた長さの物干し竿を用意しましょう。物干しには室内の窓際に突っ張りポールで設置するタイプもあります。カーテンに収まるよう窓枠に合わせた幅に取り付けるため、物干し竿もそれに合わせたほうがいいでしょう。

利便性が高まる機能を選ぶ

伸縮機能があると長さが変えられて便利

最近多いのが伸縮性のあるタイプ。洗濯物の干す量によって長さを変えられるのはもちろん、便利なのは引っ越し時。引っ越し先の物干し台の間隔が今と変わっても対応できるうえ、マンションなら縮めてエレベーターに載せられます。伸縮性のない物干し竿は長すぎてエレベーターに入りませんから、輸送費の面でもお得。ただし最大限まで伸ばすと強度が落ちるため注意が必要です。

ハンガー掛け付きだとシャツが風で飛ばされない

物干し竿の下部にハンガーがそのまま吊るせる波上のハンガー掛けがあると、風が吹いてもハンガーが端までズレたり、飛ばされたりしません。等間隔に並べられるので早く乾くメリットもあります。シャツなどをハンガーでたくさん干すかたにはおすすめです。ただし雨が降った後は水がたまり、そのままハンガーを掛けると水滴が洗濯物に垂れてくることがあるため、最初に水をぬぐってから使うようにしましょう。

物干し竿のおすすめブランド・メーカー

積水樹脂

細部までこだわる高品質のメイドインジャパン

物干しといえばセキスイといわれるほど、機能的で使い勝手の良い製品を作り出しています。シンプルで飽きの来ない、長く使える物干し竿の数々は、さすが日本製といえるでしょう。1本は持っていたい信頼と安心のブランドです。

川口技研

四角い物干し竿ホスクリーンシリーズが人気

物干し竿を四角くすることでハンガー干しを美しく、機能的にした室内用物干し竿が好評です。また竿を縮めた状態でも竿受けから落ちにくくするデザインや、90度回転するだけで伸縮できる使いやすさなど、随所にこだわりを感じさせる製品作りが特徴です。

モリ工業

ステンレス竿の充実はさすがステンレスのトップメーカー

ステンレス管の製造を行うメーカーだけあって、ステンレス製の物干し竿に定評があります。オールステンレスはもちろん、スチールステンレスでもさびつかず、劣化を抑えて屋外で長く使える物干し竿を探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ

こんなのが欲しかったといいたくなるアイデア商品群

シンプルな物干し竿をはじめ、省スペースな室内用物干しスタンドやベランダ用突っ張り物干し台など思わず、こんなものがあるんだと思わせてくれるユニークな商品がズラリ。材質も長さも耐荷重もさまざまで、サイズ展開も豊富。それでいてリーズナブルな値段も魅力です。

おすすめ&人気の物干し竿ランキング

室内におすすめの物干し竿

モリ工業-きらきらポール伸縮物干し竿 (1,280円)

耐荷重17㎏で室内用でもたっぷり干せる

1.4mから2.5mまで伸縮可能な物干し竿。鋼管にステンレスを巻き付けた丈夫な2重構造で耐荷重は17㎏。コンパクトなのにたっぷりと干せます。ジーンズやトレーナーなど水を吸うと重くなる服を干すのに最適です。

本体は0.8㎏と軽く、移動もラク。室内用の物干し竿としておすすめです。両端のエンドキャップにはひも通し用の穴がついており、ひもで固定して使うことも可能。組み立て式なので引っ越し時もマンションのエレベーターに載せられ便利です。

ストローランド-ランドリーグリップポール(1,922円)

洗濯物を干すのが楽しくなるかわいい見た目が魅力

ホワイトを基調にカラフルなストライプが入った物干し竿は、まさに室内用にピッタリ。ストライプ部分はゴム素材なのでタオル類をじかに掛けても滑り落ちにくく、ハンガー類もずれません。洗濯物を干していなくてもインテリアとして楽しめます。

さびにくいスチール加工が施されて入りため、濡れたシーツなどをそのままほしても大丈夫。耐荷重はしっかり10㎏あるため、雨の日続きで洗濯物を外に出せないときにも重宝します。安心のメイド・イン・ジャパンです。

積水樹脂-室内用 細径 伸縮竿ミニ (1,398円)

使わないときはフックにかけて収納できる 

室内干しに便利なコンパクトな伸縮竿。天井吊り下げ物干しの竿として、1.2mから2mの間でサイズに合わせて長さが調整できます。洗濯物がないときは先端のフックを利用して収納可能。部屋の邪魔になりません。

そのまま部屋に放置しておいてもインテリアを損なわないスタイリッシュなフォルムが魅力。樹脂加工部分は清潔なホワイトカラーなので、どんな部屋ともマッチします。洗濯物以外にも、タペストリーやイラストなどお気に入りのものを吊るしてみてもいいのでは。

川口技研-ホスクリーン室内用物干し竿(5,484円)

吊るしたハンガーが安定しやすい四角いカタチが特徴 

物干し竿にハンガーを吊るすと斜めに傾いたりして、ハンガーの向きが変わってしまうことがありますよね。これは物干し竿の形が丸いことから起こる現象です。丸い竿に丸いハンガーを掛けると接点が1か所となるため安定性を欠き、グラグラしてしまうのです。

これを解決したのがホスクリーンの四角いカタチ。接点が2か所となることでしっかりとホールドされ、吊るしたハンガーが安定。グラグラ傾かず、等間隔に向きが揃った状態がキープできるため風通しが良く、見た目も美しく干せるのです。シンプルなホワイトカラーも室内とマッチして素敵です。

ナスタ-ランドリーポール(2,695円)

シンプルでデザイン性の高い見せたくなる物干し竿 

どんなインテリアとも調和しやすいシンプルなホワイトカラーの物干し竿。1.7mから3mまで部屋のスペースに合わせて伸縮できるのも魅力です。握りやすいデザインと軽い750gのアルミ製のため、女性でも簡単に取り扱えます。

耐荷重は10㎏なので家族の洗濯物もたっぷり干せます。洗濯物がないときでもそのままにしておいて違和感のないデザインは、エンドの配色もポイント。部屋になじみやすく、いつまでも飽きの来ない室内向け物干し竿です。

屋外でおすすめの物干し竿

積水樹脂-2本セット ハンガー掛け付き 伸縮竿(4,080円)

信頼のブランドが誇る便利なハンガー掛け付き伸縮竿

2本セットで2本ともハンガー掛け付きの便利な伸縮竿。1本の物干し竿でハンガー20個が掛けられるので2本なら最大40個。傾いたり飛ばされたりせず、7cmの等間隔で干せますから、風のある日でも安心です。

両側伸縮タイプで竿をひねると最大3mまで伸ばせます。光沢のある美しいステンレス製で、高級感のある見た目。最小1.7mに縮むため、引っ越しの多い方でも大丈夫。運搬も簡単で、マンションのエレベーターにも乗れますよ。

アイリスオーヤマ-2本セット SU-300HJ (1,780円)

ハンガー掛け付きとハンガー掛けなしの2本セット

2.1mから3mまで伸びる物干し竿が2本セットでとてもお得。しかも1本は風が吹いてもハンガーにかけた洗濯物がずれたり飛んでいったりしない便利なハンガー掛け付きで、ハンガーが21個も掛けられます。

エンドキャップにはひも通し押し穴が付いているため、ひもで固定すれば竿の落下が防げます。また、耐荷重は16㎏なので家族の洗濯物に大助かり。ステンレスコーティングされているのでさびにくいのもメリットです。

積水樹脂-2本セット セキスイ ステンレス伸縮竿(4,798円)

4mまで伸ばせるシンプルな物干し竿だから長く使える

両端をひねれば2.2mから最大4mまで伸縮自在。しかも2本セットなのでお得。耐荷重は10㎏なので、2本あれば平均的な4人家族の洗濯物に十分対応できます。ハンガー掛けは付いていませんが、その分日々のお手入れがラク。特に雨の後は使いやすさを痛感するでしょう。

スチールステンレスなので表面はさび付きにくいですが、雨ざらしのままですと内部に水がたまりがち。竿を傾けて水を抜いてから使いましょう。軽いさび付きなら台所用クレンザーで落とせます。シンプルで飽きの来ないデザインなので長く生活に寄り添ってくれる物干し竿です。

積水樹脂-2本セット セキスイ アルミ 伸縮竿 (3,480円)

軽くてさびにくいアルミ製の伸縮竿の2本セット

建築で使用される強度の高いアルミ素材でできた物干し竿。0.7㎏と軽量でありながら耐久性も抜群。さび付きにくいのも特徴です。1.4mから2.5mまで竿をひねるだけで簡単に伸縮可能なため、もち運びにも便利。コンパクトサイズなので収納もできます。

アルミは同じ金属でもステンレスとはシルバーカラーが微妙に異なります。よりマットな質感のシルバーなので、おしゃれに見えます。室内用としても違和感のないカラーでしょう。シンプルなデザインなので飽きが来ず、長く使えますよ。

長さ4m以上でおすすめの物干し竿

積水樹脂-ステンレスハンガーポール(2,548円)

最長4mでハンガー掛け付きだから強風でも飛ばない

2.2mから最大4mまで伸ばせるので屋外干しにピッタリ。スチールステンレス製で耐荷重は約10㎏。家族の洗濯物を一度にたくさん干せますよ。しかも便利なハンガー掛け付き。風が強い日に飛んで行ってしまう心配がありません。

傾いたりよれたりせず、等間隔でハンガーが吊るせるため、効率よく干せます。しかも竿の長さが4mあれば、シャツを1度にたくさん吊るせます。制服のワイシャツ干しなどにとても重宝しますよ。1本あると便利な物干し竿です。

豊臣金属-物干し竿4m 組み立て式(5,480円)

強度の高い1本竿はカラフルなキャップカラーも魅力 

組み立て式の1本竿なので、間口の狭い場所でもラクラク搬入できるのがメリット。しかもジョイントを差し込んでネジで固定するシンプルな組み立て方なので継ぎ目の出っ張りもなく、出来上がりは1本竿と同じです。

耐久力があってさびにくいアルミ合金製。耐荷重は20㎏までOK。大量の洗濯物も布団も干せます。また、竿のエンドキャップはパールピンク、パールブルー、アースグリーンなど選べる全12色展開。カラフルなキャップで毎日の洗濯物干しが楽しくなりますね。

アイリスオーヤマ-ステンレス1本竿(5,390円)

1つは欲しい4.3mの丈夫で長持ちな1本竿 

最近は伸縮性の物干し竿が主流ですが、丈夫で長持ちする点においては昔ながらの1本竿にはかないません。汚れが落としやすくさびにくいステンレス製の4.3mの1本竿なので、たくさん洗濯物を干すかたにおすすめです。

エンドキャップにはひも通し穴があるので、物干し竿受けにひもで固定すれば強風でも落ちません。1本は持っておきたい物干し竿ですが、伸縮タイプではないためマンションのエレベーター等には入らない可能性があります。事前によく確認しておきましょう。

アイリスオーヤマ-2本セット SU-400HJ (2,580円)

最大4mまでのハンガー掛け付きと掛けなし2本セット

4mまで伸びる伸縮性物干し竿が2本セット。しかも1本はハンガー28個は掛けられるハンガー掛け付き。それでいてこの値段はとてもお買い得です。ハンガー掛け付きは風が吹いてもハンガーがずれたり飛んでいったりしないため、家族のシャツを安心して干せます。

洗濯物の量に合わせて両端を伸縮するため、長くして使う時はもちろん、短く使う時でもバランスよく収まります。耐荷重は16㎏。重いジーンズやトレーナもたっぷり干せる大家族の洗濯物干しに大活躍する物干し竿セットです。

モリ工業-ステンレス 継ぎ伸縮竿 極太 超ロング(4,580円)

最大5mまで伸ばせるから布団もシーツも干せる

3.5mからなんと最大5mまで伸ばせます。耐荷重は12㎏、太さは3.8cmのため、一度に大量の洗濯物が干せるだけでなく、布団はもちろんシーツのように幅をとるものも、そのままじかに干すことができます。

シンプルなスチールステンレス製。伸縮は継ぎ足して使用するジョイントタイプなので、長さをいったん決めたら固定になるかも。しかし5mは滅多にない長さのため、大家族の屋外用物干し竿として1本あると重宝しますよ。

まとめ

長さが調節できる室内・室外兼用の物干し竿がおすすめ

物干し竿を新しく購入するならできるだけ長く使えるものがおすすめです。竿の長さが調節できる伸縮タイプなら、住まいが変わって物干し竿受けの間隔が変わっても、引き続き使えます。さらに、さびに強く耐久性があり、重いものもたくさん掛けられる竿なら室内はもちろん、屋外に干しても大丈夫。天気に合わせて干す場所を変えられ便利です。今回は物干し竿について具体的なおすすめ商品を挙げながら紹介しました。一生使える物干し竿をぜひ見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。