おすすめの散水ホース人気ランキング!【伸びる散水ホースも】

is_single

庭の水撒きやガーデニングの水やり、家の周りの掃除に洗車など、散水ホースの出番は意外と多いです。広い範囲に水が届くものがいい、コンパクトで収納する時に場所をとらないものがいいなど目的やニーズに合わせて散水ホースを選ぶことが大切です。最近は、長いホースもコンパクトにまとまる「リールタイプ」やホースが劣化しにくい「フルカバータイプ」に加えて「伸びるホース」も登場。また、お庭や玄関先に置いておいてもサマになる、おしゃれなデザインのものも人気があります。今回は、そんなたくさんの種類の散水ホースの中から、自分に合う商品を選ぶ方法を解説。さらに、毎日使うのが楽しくなるようなおすすめの商品をご紹介します。




散水ホースの特徴

長いホースで遠くまでラクラク散水できる

庭の水撒きやたくさんの植物を育てているガーデニングへの毎日の水やりは大変です。家の周りの掃除や洗車もいざ始めると大仕事に。また、蛇口がないベランダで水を使いたい時も困りますよね。そんな時に便利なのが、長いホースで広範囲に使える散水ホースです。比較的短めの10mや15m、広い場所でも活躍する20mや30mなどいろいろな長さのものがあります。

お庭に馴染むおしゃれなホースリールも

外で使う散水ホースは屋内などに収納してしまうと使う時が面倒だから「出しっぱなしになっている」というご家庭も多いです。最近では、きれいに植物を育てているお庭や整頓された玄関に置いておいても自然に馴染む、おしゃれなホースリールが人気。道具が素敵だと、掃除や水撒きがより気持ちよくできそうですね。

散水ホースの種類

リールタイプ

長いホースも持ち運びしやすい

長いホースをぐるぐると巻いて収納するリールタイプは、昔からあるおなじみのデザイン。長いホースはそのままでは絡まりやすく使いにくいですが、リールで巻き取ることで、使いやすく収納もキレイにできるようになっています。また、カバーのないリールタイプなら長くて重いホースを軽々とコンパクトに持ち運ぶことができます。

長いホースを使う時に便利なリールタイプですが、庭や玄関先など屋外に出しっぱなしにしていると、雨風や紫外線などでホースが劣化してしまう可能性があります。散水ホースは頻繁に処分して買い替えるより長く使いたいもの。すぐにダメになってしまわないように、カバーのないタイプはできるだけ屋内や室内に保管するのがおすすめです。

フルカバータイプ

ホースが劣化しにくいのが嬉しい

ホースが劣化してしまうのを防ぐことを目的に登場したのが、フルカバータイプの散水ホースです。最近ではホースを守るという目的以外に、屋外に置いておく時におしゃれに見えるような色やデザインのものがたくさん登場しています。フルカバータイプは大きくて存在感があるので、おしゃれで景観の邪魔にならないのは嬉しいですね。

フルカバータイプは、ホースに加えてカバーの重さが加わります。そのため、リールタイプよりも重量が増えてしまうのがネック。特に、長さの長いものを選ぶ時には重さをチェックすることをお忘れなく。中にはフルカバータイプでも、軽さを意識した商品もあります。

コンパクトタイプ

かさばるホースも省スペースで保管できる

短めの散水ホースが欲しい時や、収納する場所が狭いときには、小さめコンパクトな散水ホースがおすすめです。家の中の蛇口から水を出してベランダで使いたい時、いろんな場所で使うので移動させる機会が多い時などには、持ち歩くのにちょうどいいコンパクトサイズの散水ホースがぴったりです。

コンパクトなタイプは重さも軽め。持ち運びしやすい反面、がっしりと大きめのフルカバータイプに華奢な作りになっています。水を流している時に倒れやすい場合があるので、使う際には安定した場所に設置するようにしましょう。また、ぶつかったり落としたりといった衝撃も破損につながるので要注意です。

伸縮タイプ

使うときだけ長くなる便利なホース

ちょっと水を撒きたい、ささっと掃除をしたい、という時ぴったりな散水ホースといえば、伸縮ホースやコイル状になっているホースです。普段は短く、使う時だけ長くなるので、省スペースで収納することができます。狭い場所でも片付けておけるので、室内はもちろん車のトランクに載せて持ち運ぶ時も便利。

伸縮ホースやコイル状のホースはそのままバサッと置いておけるものの他、スタンド付きのものがあります。スタンドがあれば、よりコンパクトに片付けておけて収納場所がすっきり。また内径が大きすぎない軽めのホースが多いので、力がない人にも使いやすいです。

散水ホースの選び方

ホースの内径と長さで選ぶ

勢いよく散水したいなら内径15mm

洗車や掃除で散水ホースを使うなら、勢いよく水が出て欲しいですよね。そんな時には内径が太めの15mmほどのものがおすすめです。高い水圧に耐えられる丈夫さで思う存分散水できます。ただし、ホース自体が重たいので力が弱い方には扱いにくいかもしれません。それに対して内径が7.5mmくらいの細めのホースは軽いので、扱いやすいのが特徴。広い庭や家の周りで使うのに持ち運びやすいのが便利です。

使いたい距離プラス5m前後がおすすめ

散水ホースの長さは10mから50mほどと種類がたくさんあります。長さを選ぶ際には、蛇口から使いたい1番遠い場所までの距離プラス5mくらいがおすすめです。短すぎてホースを引っ張ってしまったり、長すぎて邪魔になってしまうと使いづらいですよね。使用する環境を考えて、少し余裕のあるちょうどいい長さを選びましょう。

巻き取り方で選ぶ

絡まらずに巻き取りやすいと片付けがノンストレス

長い散水ホースを使うと、片付ける時に巻き取るのが面倒ですよね。ホースがねじれたり、絡まったりすると時間がかかってしまいます。このストレスを減らすためには、リールに巻き取り用のガイドが付いていてスムーズに収納できるタイプや、ねじれにくい構造のホースを選ぶのがおすすめ。出したり片付けたりがスムーズな散水ホースなら、毎朝のガーデニングへの水やりも気軽にできますね。

巻き取り不要のホースは気軽に使えて便利

くるくると巻き取るのが面倒で嫌だという人には、巻き取りの必要がない伸縮タイプやコイル状の散水ホースが便利です。使わない時は小さくまとまっていて、水を通すと倍くらいに長くなる散水ホース。広い範囲を散水するために長めのものを選んでも、収納する時はキュッと小さくなっているので邪魔になりにくいのが助かります。

散水ホースのおすすめブランド・メーカー

タカギ

おなじみ散水ホースの老舗ブランド

園芸用から洗車、掃除、浴室シャワーまで散水に関するあらゆる商品を取り揃えているのがタカギです。巻き取りやすさに定評がある散水ホースは、狭い場所でも手軽に使えるコンパクトなものや大きな庭や複数の車の洗車にも便利な大きめタイプまでラインナップが豊富です。

藤原産業

家庭用からプロユースまで豊富な種類が揃う

プロが使う園芸用分や機器、作業工具などを取り扱う藤原産業の中でも、一般家庭の園芸に便利なアイテムを展開しているのがセフティー3というオリジナルブランド。使い勝手の良いコイル状のホースなど、園芸はもちろんさまざまな散水に使えるホースが揃っています。

アイリスオーヤマ

お手頃価格で使いやすいアイテムが見つかる

生活用品や園芸用品、家具家電など幅広いジャンルの商品を展開しているアイリスオーヤマ。散水ホースも用途に合わせて選べるたくさんの種類があります。サイズやデザイン、そして色展開も豊富なので好みのものが見つかるはずです。

おすすめ&人気の散水ホースランキング

リールタイプでおすすめの散水ホース

アイリスオーヤマ ハイパーリールAタイプ 50m

安定感抜群で水撒きラクラク

広範囲の水撒きや戸建ての家の周りの掃除などには長いホースが便利です。そんな時に欲しいのが50mタイプ。ホースが長いと重さで使用している時に倒れたりしがちですが、こちらは折り畳みできるステップがついているので安定感があります。

手元のレバーは切り替えで6つの水流で水撒きが可能。キリ・ジェット・シャワー・ジョーロ・カクサン・ストップを使い分けることができる「水流調整マルチアクアガン」を採用。さまざまなシーンで活躍してくれます。

タカギ ホースリールR220TBR 20m

ブラウンカラーでおしゃれ感もあり

散水ホースというと、ブルー系やグレー系などが多いですがこちらはシックなブラウン。リールもブラウン系で庭にナチュラルに馴染んでおしゃれ感があります。スパイラル構造のホースなので、ねじれにくく快適に使用できます。

また、中に藻が生えてノズルが詰まってしまうのを防ぐために、散水ホースは防藻使用。ホース同士が張り付きにくいようになっているので、引き出す時もスムーズ。お庭でのプールの水張りや家の前の水撒きなどにも活躍してくれます。

toolbox ブロッサリール DR4-SN20SL 20m

ガレージに置きたいメタリックなホースリール

休みの日には愛車の洗車をする、という車好きな人におすすめしたいのがこちらのホースリールです。ステンレスパネルはまるでタイヤのホイールのようなデザイン。部品の交換ができるので、長く使い続けることができます。

高級感のある見た目のかっこよさだけではなく、使いやすさにもこだわりがあるこちらのホースリール。特殊加工を施したホースで絡まりにくくサラサラとしていて使いやすいのが特徴です。水流パターンは7種類あり、洗車だけではなくお庭の水撒きや掃除にも対応できます。

フルカバータイプでおすすめの散水ホース

タカギ オーロラNANO 30m

コンパクトで場所を取らない

内径9mmの軽いホースを採用したフルカバータイプのホースリールです。コンパクトなデザインなので、外に置いておくだけでなく屋内に保管する時も邪魔にならず便利。取っ手がついているので、持ち運びもラクラクです。

いろんな水流の切り替えができるノズルも便利ですが、簡単操作で使えるタイプは楽に使えます。こちらの散水ホースは、片手でレバーを握って操作できる、シンプルでコンパクトなノズルを採用しています。

アイリスオーヤマ フルカバーホースリールEX 20m

ホースをラクに巻き取れる工夫が嬉しい

ホースの劣化を防ぐフルカバータイプは、ホースが絡んで巻き取りにくくなると厄介です。そんな面倒を防ぐために、ホースの巻き取り口をアーチ状に。そのおかげで、ホースがねじれにくく、ホースが片方に偏ることなくキレイに巻き取ることができます。ホースの汚れが気になる時は、天井部分の穴から水を通せば簡単にキレイにできます。

どっしりと四角いデザインは安定感があり、ホースを出すときに倒れたりズレたりしにくいので便利。また、シンプルな色合いでスタイリッシュなので、庭や玄関にホースリールを置くと生活感が出すぎるのが気になるという人にもおすすめです。

オーロラBOXY ツイスター 20m

着脱できるフルカバーが便利

外にホースリールを出しておくと、ホースが日に焼けて傷んだり、雨風で劣化したりしがちです。でもずっとカバーを付けたままだとホースの汚れがきになりますよね。そこでおすすめなのが、フルカバーを簡単に着脱できるこちらのホースリールです。

ガーデニングや庭の水やりに使う場合は、毎日のことなので扱いやすさはとても重要。ホース同士がくっつきにくく、ねじれにくいスパイラル構造のホースを採用しているので、引き出す時も巻き取る時も快適です。

ホースリール NANO NEXT 15m

すっきりシンプルでコンパクト

ベランダで使いたい、車に乗せて持ち運びたいという時に便利なのが小さくコンパクトなホースリール。ノズル側はもちろん、水道蛇口に接続する側のホースもカバーの中に収納できます。すっきり片付くので、狭い場所に置いても邪魔になりません。

スティックタイプのノズルは親指だけで操作ができます。重さも軽く、片手で手軽に水やりができるので子供もお手伝いができそうです。また、シンプルだけど機能は充実。4種類の水流を切り替えることができるので、さまざまなニーズに対応できます。

おしゃれでおすすめの散水ホース

アイリスオーヤマ フルカバーホースリール スリム20m

お好みで選べる5色のカラー

パッと明るい雰囲気になるような色や落ち着いた雰囲気のものなど、お庭などの雰囲気に合わせて選べるカラーが揃っているホースリース。おしゃれなホースリースで庭仕事や掃除も楽しくなりそうです。

見た目のおしゃれさだけでなく、もちろん使いやすさも抜群。スムーズに巻き取ることができるので、幅広い年代の方が使う事ができます。また、ホースを守るフルカバーには取っ手がついているので、持ち運びがラクラク。軽くてコンパクトなので、いろんな場所で使いたい人にもおすすめです。

アイリスオーヤマ フルカバー ハンディ ホースリール 10m

アンティーク調のカラーがおしゃれ

お庭を素敵に魅せてくれそうなアイボリーとライトブルーの2色展開のホースリール。約1.9kgの軽いハンディタイプなので、ノズル側のホースを伸ばさずに手に持ったまま使うことも可能。広いお庭から狭いベランダまで幅広く活躍します。

コンパクトなフルカバータイプなので、マンションのベランダや戸建てのお家の2階3階などでも使えます。室内で収納する際には、蛇口側に接続するホースをカバーの背面に片付けることができてスッキリ収まります。

toolbox コスモ4A 20m

モダンなデザインが魅力

六角ボルトとメタリックな素材感がかっこよく、おしゃれなホースリールです。重さは重めの約7.5kg。その分安定感が抜群で、ホースを引き出したり巻き取る時にリールが倒れたり揺れたりせず使いやすいです。

色展開は男前な印象のブラックとおしゃれなレッド、そしてクールなシルバーの3色。庭やガレージなどに置いてあるだけで、かっこいい雰囲気が出せそうです。他にはない特別感があるので、贈り物にもおすすめです。

伸縮タイプでおすすめの散水ホース

藤原産業 セフティ3 散水ホース スタンドセット7.5m

グーンと伸びてラクラク散水

使わないときは短く、使うときは伸びるコイル状の散水ホースは、巻き取り不要で気軽に使える便利アイテム。縦型のスタンドがついているので、収納する際もスッキリ。狭い場所に置いても邪魔になりません。

カラー展開が豊富で、玄関先などに置いておきたいほどのおしゃれ感が魅力のこちらのコイルホース。内径8mmのホースを採用していることで軽くて扱いやすい上に節水効果もあるので、毎日の散水に大活躍してくれます。

藤原産業 セフティー3 スパイラルホース 15m

形状記憶のホースで巻き取りいらず

15mまで伸びるコイル状の散水ホースは使い道いろいろ。遠くまで伸ばしてホースを使っても、形状記憶のホースだから戻すのが簡単。専用のスタンドがついているので、片付ける時にはコンパクトにまとまるのも便利です。

手元のレバーで水量の調節ができて、ノズルでは7種類の水流を選ぶことが可能。勢いよく水を出したい掃除や洗車の時や、優しく水やりをしたい庭仕事など、シーンに合わせた使い方で自由に散水ができます。

伸びる伸縮ホース 5〜15m

コンパクトなのに3倍伸びる

5mのホースが水を通すことで水圧で3倍の15mまで伸びます。広い場所の散水や遠い場所で水を使いたいときに便利。長いホースは水を出すとその重さが加わって重たくなりますが、こちらは500gほどと軽いので、水撒きや掃除の負担が軽くなります。

シャワーヘッドが付属していて、選べる水流の種類は7種類。用途に合わせて簡単に切り替えることができます。気軽に持ち運んで庭や玄関、アウトドアなどさまざまなシーンに利用できる、便利な散水ホースです。

まとめ

用途に合わせた散水ホース選びがおすすめ

散水ホースの購入で失敗しないためには、まず長さ。そして使用頻度や保管場所、見た目を重視するかなど用途や目的などに合わせて選ぶことが大切です。一度買ったら、長く使いたい散水ホース。使いやすさや手入れのしやすさ、劣化しにくさなどもチェック。自分にちょうどいい散水ホースを見つけましょう。