2020おすすめの電動草刈り機人気ランキング!【使い方も】

「庭で綺麗なガーデニングを楽しみたいのに、次々と生えてくる雑草の処理が大変!」とお困りではありませんか?ガーデニングに雑草の処理はつきものですが、季節によっては雑草の成長も早く、一度抜いてもまた生えてきて、庭の景観を損なってしまいますよね。そんな時におすすめなのが、電動草刈り機です。電動草刈り機なら、立ったまま広範囲の雑草を綺麗に一掃できるので、これまで手で雑草を抜き、腰を痛めていた方にもおすすめです。今回は、電動草刈り機の特徴、選び方、使い方や、おすすめの電動草刈り機ランキングについて紹介します。短時間で庭の雑草を綺麗に取り除きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

電動草刈り機とエンジン草刈機の違い

パワー重視のエンジン式と扱いやすさの電動式

草刈り機には、「エンジン式」と「電動式」の2種類があります。エンジン式の草刈り機は、ガソリンやエンジンオイルを動力とし、圧倒的なパワーを誇ります。一方、電動式の草刈り機はエンジン式よりはパワーが劣ってしまいます。そのため、電動式草刈り機を購入する際は、18Vのバッテリーが2個搭載されたタイプのものを選びましょう。これくらいの電圧があれば、エンジン式にも引けを取らないほどの強さで草を刈ることができます。また、電動式の草刈り機は、エンジンが搭載されていないため軽く、女性でも扱いやすいのが特徴です。パワーではややエンジン式の草刈り機には劣ってしまうものの、庭でガーデニングを楽しみたいといった程度の用途ならば、操作も簡単なので電動式の草刈り機がおすすめです。

電動式は駆動音が小さく静音性にも優れている

電動草刈り機の最大のメリットは、静穏性です。草刈り機というと、稼働時の騒音が気になって、なかなか家庭では使いづらいという方も多いのではないでしょうか。電動草刈り機は、ガソリン式の草刈り機に比べると稼働時の音が非常におさえられています。早朝の静かな時間にも使えますし、周囲に電話をしている人がいても、音をまったく気にせずに会話が可能なレベルです。草刈り機の騒音に悩まされてきたという方は、ぜひ音の静かな電動草刈り機を使ってみてください。

電動草刈り機の選び方

コード式か充電式かで選ぶ

電源コード式は長時間使う場合におすすめ

電源コード式は、その名の通り電源コードを繋いだまま使用するタイプの草刈り機です。バッテリーが搭載されていないため、充電式よりも軽量化されているのが特徴です。電源コードに繋いだまま使用するため、途中で電池が切れるなどの心配もなく、長時間にわたって使用できます。しかし、電源コードを繋いだままでは行動範囲が狭まってしまうため、広範囲の草を刈れないのが難点といえるでしょう。狭い範囲なら、電源コード式でも十分に草を刈ることができます。

充電式は広範囲の草を刈りたい場合におすすめ

充電式の草刈り機は、電源コードで可動域が狭められてしまうことがないため、広範囲の草刈りに適しています。バッテリーの重みがあるため、電源コード式より重量は増してしまいますが、エンジン式の草刈り機に比べればたいしたことはありません。充電式の草刈り機を使用する前は、必ずバッテリーの充電を行っておきましょう。充電せずに使用すると、途中でバッテリーが切れ、草刈りを中断せざるを得なくなってしまうことがあります。充電式の草刈り機は、使用する前にあらかじめ3個ほどバッテリーを充電しておけば、移動範囲の限られる電源コード式よりもはるかに便利です。

刃の種類で選ぶ

切断力に優れているのは金属製

金属製の刃は、雑草の範囲が広い場合に使用するのがおすすめです。樹脂製と比べると圧倒的な切断力を誇り、力強いパワーで多少硬い雑草でも簡単に刈ってくれます。2枚刃から8枚刃が主流となっており、刃の数が少ないほど、広範囲の雑草を刈るのに向いています。しかし、その分威力が凄まじくなっているため、3枚刃以下はあまり使用が勧められません。金属製の刃を用いる際は、必ず4枚刃より上のものを使いましょう。草刈り機の扱いに慣れていない頃は、金属製より樹脂製の刃を使ったほうが安全といえます。

安全性を重視するなら樹脂製

樹脂製の刃は、金属製の刃よりも切断力が劣りますが、その分安全に使用することができ、初心者向けの草刈り機であるといえます。硬い草を刈るのは苦手ですが、金属製では上手く刈れない柔らかい雑草を刈るのに適しています。刈ることができる雑草の特徴や、安全性の高さから、庭のお手入れ時に最適な草刈り機です。ただし、あまりにも雑草が生い茂りすぎた場合は、樹脂製の刃では上手く刈ることができません。そうした場合は金属製の刃を使いましょう。また、樹脂製の刃は金属製の刃よりも、草の周辺にある小石などを弾きやすいため、使用の際はゴーグルをつけるなどして、十分注意してください。

お家の庭の芝刈りにはコスパの高いナイロンコードもおすすめ

より安全性を重視したい場合は、ナイロンコードの使用も視野に入れてみましょう。ナイロンコードはあらゆる刃の種類の中でも、もっとも家庭用の刃であるといえます。家の庭に生えるような柔らかい雑草を刈るのが得意で、こまめな整備に役立ちます。コードの交換方式として手動と自動の2種類がありますが、コードのちぎれた部分が勝手に補填されるため、自動の方が便利でしょう。ナイロンコードは過度に生い茂った雑草を刈るのには不向きなため、そういった場合は金属製の刃を使ってみてください。

使用する環境に合わせて選ぶ

平地なら両手ハンドルタイプ

平地の草を刈りたい場合は、両手ハンドルタイプの草刈り機がおすすめです。両手ハンドルタイプは、棹にU字型のハンドルがついており、そこを両手で持って操作します。肩掛けストラップで草刈り機を腰の下辺りに提げるか、または固定して使います。肩に草刈り機を提げる形になるため、その分腕を自由に使えることができ、非常に動きやすいのが特徴です。草刈り機を左右に振っての操作がしやすいので、なだらかな平地での使用がおすすめです。ただし、縦方向の動きが苦手、ハンドルが大きい分重量がある、といったデメリットもあります。

傾斜地ならツーグリップハンドル

傾斜地の草を刈りたい場合は、ツーグリップハンドルの草刈り機を使用しましょう。ツーグリップハンドルは、スティック掃除機のように、棹本体を持って使用します。両手ハンドルタイプとは異なり、小回りの利いた細かい動きを得意とします。傾斜地や狭い場所では、ツーグリップハンドルの草刈り機が活躍します。しかし、両手ハンドルタイプとは異なり、ツーグリップハンドルは棹を握った時に、体の向きが斜めを向いてしまいます。姿勢に無理が生じてしまうため、あまり長い時間にわたっての使用には向かないといえるでしょう。ただ、広くて大きい敷地よりも、家でちょっとしたガーデニングを楽しみたいといった場合には、両手ハンドルタイプよりも小ぶりなツーグリップハンドルタイプがおすすめです。

電動草刈り機のおすすめブランド・メーカー

マキタ

充電式草刈り機なら安心のマキタ

マキタは、園芸工具のバッテリー化に注力している企業です。「エンジンから充電へ」をキャッチコピーに、使い勝手のいい充電式の草刈り機を製造しています。通常より3倍長持ちするロングリチウムイオン電池を使用し、より長時間、より広範囲の草刈りが可能となっています。

リョービ

シンプルなデザインと扱いやすさが魅力

リョービは、フラットで扱いやすいデザインの草刈り機を製造している企業です。外観や使い勝手のよさから女性にも評判が高く、「家庭での1号機目」にふさわしい草刈り機となっています。安全性にもしっかりと配慮されているため、小さいお子様がいるご家庭にもおすすめです。

SIS

軽量化された本体で誰でも簡単に使用可能

SISの電動草刈り機は、「草刈健太郎くん」というユニークな名前で販売されています。刃はナイロンコード式で安全性が確保されており、安心して使用できます。本体も軽量化されているため、高齢者や女性でも簡単に操作することが可能です。補助ハンドルもついており、非常に扱いやすい草刈り機です。

アイデック

最新機器で安全に除草

アイデックは、環境と安全に配慮した園芸工具を販売している企業です。草刈り機の形状も従来のものだけでなく、「上下刃逆回転ハサミ刈り方式」で小石の飛散を防いだり、「ハンマーナイフ方式」で雑草を根元から除去したりなど、非常に利便性の高い商品をそろえています。普通の草刈り機だけでは事が足りない家庭におすすめです。

ボッシュ電動工具

軽量化されたコードレスの草刈り機

ボッシュ電動工具は、園芸やDIYに役立つ工具を幅広く取り扱っている企業です。ボッシュ電動工具の草刈り機は、主に充電式です。電源コードに差さずに使えるため、広い可動域での除草を望む方におすすめです。重量も平均して2kg前後なので、女性にも扱いやすいです。

スカイブルー

持ちやすいハンドルで安全に除草

スカイブルーは、ガーデニングに必要な工具を取り扱っている企業です。スカイブルーの草刈り機の魅力は、ハンドルが持ちやすいことと重量が約1kg程度しかないことです。また、ナイロンコードを使用しているため、金属刃よりは安全に使用できます。高齢者や女性に特におすすめです。

おすすめ&人気の電動草刈り機ランキング

コード式でおすすめの電動草刈り機

ミナト電機工業 – 電動草刈り機 GTE-230 (10m延長コード付き/100V)(4,980円)

安心の10m延長コードで広範囲での使用も可能

静音性に優れた電動草刈り機です。操作方法は、電源を入れてトリガースイッチを握るだけなので、女性にも簡単に扱えます。刃は安心のナイロンコードで、安全面もしっかり考慮されています。

電源コードの長さはおよそ10mと、一般的な家庭の庭には十分な長さを備えています。扱いやすく本体も軽いので、初心者さんにもおすすめです。

山善 YAMAZEN – 電気草刈機 YBC-160A(6,699円)

8枚刃でラクラク除草

金属製の8枚刃を備えた電動草刈り機です。頑丈な8枚刃で、生い茂った雑草も一気に刈ることができます。雑草が伸びきっていて処理が大変、というご家庭におすすめです。

10mの延長コードもついているため、家庭の庭を整備するのには十分です。長時間使いたい、切れ味のよい刃で効率的に除草したい、という方はぜひ使ってみてください。

山善 YAMAZEN – 草刈り機 電源コード式 スタンドセット (金属刃/樹脂刃 2WAY) (19,999円)

金属刃と樹脂刃の2WAYであらゆる場所の草を刈ることができる

金属刃と樹脂刃、状況に応じて刃を使い分けられる2WAYタイプの電動草刈り機です。生い茂った雑草を刈りたい時は金属刃、背の小さく柔らかい雑草を刈りたい時は樹脂刃を使用するとよいでしょう。この1台でどちらの刃も使用できるため、非常に便利です。

電圧は100Vと、充電式の草刈り機よりも高く設定されています。電源コードに差したまま使用するため、電池切れの心配はありません。10mの延長コードもついているため、家庭用の庭くらいの広さなら十分に心置きなく使用できます。

藤原産業 – セフティ3電動草刈機SGC-150SR(13,113円)

安心安全の低回転設計

ハサミ式の電動草刈り機です。通常、刃の回転数は平均して1分間に10000回転しますが、この商品の1分間の回転数は1600回転と、非常に低速です。過度な高速回転ではないため、女性でも安心安全に使用することができます。

また、使用中は刃を地面につけてもかまいません。刃の裏面に樹脂製安定板を装着することによって、本体を地面につけたまま草を刈ることが可能です。草刈り機は作業中、ずっと本体を持ち上げていなくてはならないから疲れる、といった方におすすめです。

山善 YAMAZEN – 草刈り機 電源コード式 スタンドセット 刈る刈るボーイ(15,999円)

草刈り機用スタンドまでついたお得なセット

鋸爪刃の草刈り機です。鋸というと、あまり切れ味がよさそうに思えないかもしれませんが、金属刃と同じくらいの切断力があります。刃の回転によって生み出される遠心力のおかげで、硬い雑草も楽に刈れます。

また、鋸爪刃と樹脂刃を使い分けて使用することも可能です。硬い雑草は鋸刃、庭の隅や柔らかな雑草は樹脂刃と、状況に応じてそれぞれの刃を利用してみてください。1台でどんな雑草でも刈れる草刈り機が欲しい、という方におすすめな商品です。

充電式でおすすめの電動草刈り機

マキタ – 電動草刈機 新型リチウムイオン【ロングバッテリー】 スチールコードレス草刈機(11,858円)

安心の長持ちバッテリーで長時間の除草が捗る

ロングバッテリーとして新型リチウムイオン電池が搭載された電動草刈り機です。充電式というとやはりバッテリーの持ちが心配ですが、ロングバッテリーなら約2時間ほど充電しておけば、最大約40分から60分間続けて使用できます。

また、コードレスなので電源コードに縛られず操作することが可能です。コンセントに差したままでないと使えない電源コード式よりも、断然便利な草刈り機です。

GARAGE COLLECTION – 草刈り機 電動 充電式(6,120円)

片手でラクラク操作

両手を使わず、片手のみで操作ができる充電式の電動草刈り機です。家庭用の小さい庭を整備するのにおすすめなコンパクトサイズで、ロックレバーを外して電源ボタンを入れるだけですぐに使えます。また、地面の小石などを弾かないよう飛散防止プロテクターまでついており、安全面にも十分配慮されています。

棹に補助輪のローラーがついているため、持ち上げて使う必要がありません。バッテリー込みでも重さは約1kgと、力のない方にもおすすめな軽量タイプです。付属に顔面を保護するゴーグルまでついているので、別で買う手間も省けます。

シズショッピングサイト – コードレス草刈り機 軽る刈った2 ライトグリーン VS-GE04(6,450円)

伸縮自在な棹が使い勝手バツグン

重さ約1.2kgと、女性でも使用しやすい軽量タイプの電動草刈り機です。棹の部分が約79cmから111cmまで伸縮可能なので、自分の使いやすい長さに調節できます。実際に使用する際に限らず、倉庫などに保管する時も長さを調節できるので便利です。

コードレスなので、場所に縛られずどこにいても使用できる点が魅力です。バッテリーの充電時間は約1時間半で、連続で使用可能な時間は無負荷時で約40分、負荷時で約20分です。使用の前には、きちんと充電を済ませておきましょう。

ダイレクトテレショップ – マジックトリマー(19,800円)

草刈り機だけでなく高枝切りバサミとしても使用可能

高枝切りバサミや植木バリカンとしても使用できる電動草刈り機です。棹の長さが3段階に調整できるため、使用目的に応じた長さで使いましょう。草刈り機として使う場合は、1.7mほどが理想です。1.7mだと低くて使いづらいといった場合には、自分の背丈に合わせてちょうどいい長さに調節してください。

充電時間はおよそ75分程度で、使用時間は約30分です。庭の草を刈るだけでなく、背の高い木を剪定したいといった複数の使用用途を希望する人におすすめな商品です。

セキチュー – 工進 KOSHIN バッテリー式刈払機 草刈機 コードレス トリマー SBC-3625(21,800円)

金属製の刃でパワフルな除草

静音性に優れた電動草刈り機です。静かに使用できるため、早朝や休日にも活躍してくれます。刃は金属製で電圧は36Vと高いため、非常に強力なパワーで生い茂った草を刈ってくれます。リチウムイオンバッテリーが搭載されているため、長時間の使用も可能です。

1回の充電時間は、約90分です。使用時間は、高速回転だと約50分、低速回転だと約150分と、他の電動草刈り機よりも長く使える点が特徴です。その分、重量は4.8kgと割と重めなので、女性や高齢者には扱いづらい機体かもしれません。

ナイロンコードでおすすめの電動草刈り機

TENKOU – ナイロンコード式草刈機 「草刈健太郎くん」(4,980円)

フラットなデザインと持ちやすさでラクラク作業

「草刈健太郎くん」というユニークな名前の電動草刈り機です。重量は約1.2kgと軽いので、家の庭を整備するのにはちょうどいい商品です。回転数は1分間につき14,000回転と、パワフルな動作で雑草を次々に刈ってくれます。

持ち手のグリップの他に補助ハンドルがついているため、非常に扱いやすい機体です。また、セーフティーカバーもついているので安全面も考慮されています。コードの自動送り出しとカット機能も搭載されており、手動で行わずに済むので便利です。

タンタンショップ – 18Vコードレスナイロントリマー STC1820EPC(14,189円)

リチウムイオン電池で長時間の作業も可能

コードレスで使用できるナイロンコードの電動草刈り機です。1時間の充電によって、約20分から30分間、使用が可能です。グリップとハンドルを握るだけで操作できるため、女性でも簡単に扱うことができます。

1分間での回転数は、およそ5500から7200回転です。敷地のキワに生えた雑草まで刈ることができるので、家の庭を隅々まで綺麗にしたい、という家庭におすすめの草刈り機です。

電動草刈り機の使い方

電動草刈り機は「右から左」へ動かすのが基本

電動草刈り機を使用する際は、まず肩掛けベルトをちょうどいい長さに調節しましょう。一般的に、草刈り機の本体が腰の辺りに提がっているくらいが適切な長さとされています。金属製の刃の草刈り機も、樹脂製の刃の草刈り機も、使い方はどちらも同じです。基本的には、草刈り機を右から左へと動かしましょう。これは、草刈り機の刃が基本的に左回転であることが理由です。刃先がすべて左を向いているため、右から左に動かさなくては草が刈れません。左から右に動かしても、刃先が草に当たらず上手く刈れないため、この点は十分心がけておきましょう。

草刈り機を使用する際は、腕だけを動かすのではなく、腕に合わせて体全体を左右に振るようにしてください。この動きをすることによって、より広範囲の草を刈ることができます。進行方向は、まっすぐ前に向かって進みましょう。斜めの方角へ移動したりすると、どこまでの範囲の草を刈ったのかがよく分からなくなってしまいます。また、刃(ブレード)は必ず地面と平行の状態を保ったまま作業してください。刃が斜めに傾くと、地面を削ってしまったり、足元の小石を弾いたりしてしまって大変危険です。作業を続ける中でも、刃の正位置は必ず保つよう心がけましょう。

電動草刈り機を使う際は安全を心がけた服装を

電動草刈り機は、使い方を誤ると怪我をします。間違って足を切ってしまったり、庭で使用していた金属製の支柱に傷をつけてしまったりなどの事故が多いため、使用の際には細心の注意が求められます。電動草刈り機を使用する場合は、軍手に長袖、長ズボン、長靴を履き、肌の露出をできるだけおさえてください。夏場などはこの恰好が暑くてたまりませんが、大きな怪我や事故を起こしてしまっては大変です。必ず推奨の服装を守って草刈り機を使用してください。

また、守るべきは身体だけではありません。特に樹脂製の刃を使って草刈りを行う場合は、地面の小石が弾け飛んで顔に飛んでくることも多々あります。そのような際に顔を守るため、ゴーグルやフェイスガードを着用するとよいでしょう。草刈りの前に、目立つ小石やゴミなどを取り除いておくのもおすすめです。安全第一に行動しましょう。

まとめ

家庭ごとの目的に応じた電動草刈り機を活用しよう

電動草刈り機は、使用する用途によって刃やハンドルの種類を使い分ける必要があります。家庭で庭を整備したい場合は、樹脂刃やナイロンコードを、畑や敷地などの生い茂った雑草を刈りたい場合は、金属刃のものを使用しましょう。雑草を綺麗に刈り取るだけで、庭は見違えるように美しくなります。最近では価格の安い草刈り機も増えてきたので、ぜひこのページを参考に、電動草刈り機の購入を検討してみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。