おすすめの工具箱・ツールボックス人気ランキング!【大型も】

こまごまとしたパーツが多く種類も多い工具類を整理するのは大変ですよね。使いやすいように、種類や大きさで分類して収納したいという方が多いのではないでしょうか。そこでこちらでは、それぞれのシーンに合ったおすすめの工具箱をご紹介していきます。工具だけではなく釣り道具や裁縫道具を整理するのにも使えますから、ぜひ参考にしてみてください。お気に入りの工具箱を手に入れれば、作業が楽しくなるかもしれませんよ。

工具箱の必要性

必要な工具を整理して収納することができる

工具を使った仕事をする方にとって、工具を整理して使いやすくることは仕事の効率アップにもつながる大事なことだと言えるでしょう。それを助けてくれるのが工具箱です。金槌やスパナなどある程度長さのある工具類や、ねじやくぎといった細かいパーツなどを種類別に分類して収納することで、必要な時に必要なものを取り出しやすくなります。

裁縫道具や釣り道具などの収納にも使用できる

工具箱は、工具を入れる以外の用途にも使用することができます。針や糸、指ぬきなど細かいパーツが多い裁縫道具や、釣り針、浮き、ルアーなどの種類がある釣り道具を整理して収納するのにも最適です。使用する場所に合わせた大きさやデザイン、素材を選ぶことでより使いやすくなるでしょう。

工具箱の種類

ボックス型

持ち運びしやすく外出先で使用することもできる

上部に持ち手が付いており、比較的コンパクトで持ち運びがしやすい箱型の工具箱です。山型のものやトランク型のものなどさまざまな形状があり、素材も軽くて扱いやすいプラスチックから耐久性の高いスチールまでバリエーションがあります。

2段、3段になっているもの、中に間仕切りやトレイがついているもの、なにも付いていないシンプルなものなどがあり、収納する工具に合わせて選ぶことができるのも特徴です。ボックス型は裁縫箱や釣り道具の収納用としても使いやすいでしょう。

キャビネット型

大型のものならたくさんのツールを収納できて便利

工場やガレージなどで使用する場合に便利なのが、収納力のあるキャビネット型の工具箱です。たくさんの引き出しが付いており、工具を種類別に整理するのに適しています。作業に使う工具を全て一か所にまとめて収納したい方にもおすすめです。

キャスター付きのものならたくさんの工具を一度に移動することができ、作業の効率をアップすることが可能です。引き出しがベアリングレールになっているものを選べば、引き出しの開け閉めがスムーズでストレスもありません。引き出しにロックをかけられるタイプなら、セキュリティ面も万全です。

バッグ型

身に着けて使用できるものもありツールを取り出しやすい

布製で持ち運びがしやすい工具箱です。ショルダーベルトが付いているタイプやウエストに付けられるタイプも多く、大きさや形状によっては身に着けた状態で作業をすることもできます。使わない時には小さくたたんで収納できる点も特徴です。

バッグの内側や表面にたくさんのポケットが付いてるタイプも多く、工具を立てて収納しやすく取り出しやすいのもポイントです。一見普通のバッグに見えるものも多く、公共交通機関での移動時なども違和感なく持つことができる点も魅力といえます。

工具箱の選び方

素材に注目して選ぶ

軽量で持ち運びしやすいアルミ製

アルミ製の工具箱は、軽量でさびに強いのが特徴です。そのため、日ごろから工具箱を持ち運んで作業をする場合や、野外で使用する必要がある場合、雨で濡れる可能性がある場合などにおすすめ。軽量なため、車載用など大型の工具箱などにもアルミ製のものが多く見られます。ある程度の耐久性があるうえに比較的リーズナブルな点もポイントです。

丈夫さを重視するならスチール製

スチール製の工具箱は、丈夫で耐久性が高いのが特徴です。長く使える工具箱を探している方におすすめの素材だといえます。耐久性が高い分重さがあるため、軽さよりも丈夫さを重視する方向けでしょう。スチール製の工具箱は工具箱ならではのシンプルでおしゃれなデザインのものが多く、部屋に置いてもインテリアになじみ違和感なく使うことができます。

コスパを重視するならプラスチック製

プラスチック製の工具箱は比較的リーズナブルなものが多いため、予算を抑えたい方におすすめです。また、軽量で持ち運びがしやすいため、大きめのものを選んでも持ち運びが苦になりません。なかには椅子として使えるものもあり、利便性も抜群。中にトレイや仕切りが付いているタイプも多いため、工具のみならず、釣り具を入れて使用するのにも向いているでしょう。

工具箱には見えないおしゃれな布製や革製も

工具箱というと硬い素材を思い浮かべる方が多いと思いますが、布製や革製のものもあります。デザインがおしゃれで一見工具箱には見えないため、通勤時などに違和感なく持ち運ぶことができます。布製や革製の工具箱はしなやかな素材なので、混雑した電車など人が多い場所で持っていても周りの迷惑になりにくい点も魅力でしょう。

収納する工具に合わせて選ぶ

ネジなど小さなパーツが多い場合は多段式がおすすめ

ドライバーやスパナ、かなづちなどといったツールと一緒にネジやくぎなどの小さなパーツを収納したい場合には、多段式のものが便利です。工具箱の中が2段式、3段式になっているもの、キャビネット型で多くの引き出しが付いているもの、小分けができるトレイが付いているものなどがあります。収納するパーツに合わせて選ぶと良いでしょう。

ノコギリなど長めの工具があるなら大型の車載用も

長い工具を持ち運びたい場合や車で多くの工具を持ち運ぶ対場合におすすめなのが、大型の車載用工具箱です。軽トラックの荷台の幅に収まりやすいサイズのものなどが揃っています。軽くて錆びにくいアルミ製や耐久性の高いプラスチックでできたものなどが多く、野外での使用も安心。荷台など工具箱を積むスペースをしっかり測ってから購入しましょう。

工具箱のおすすめブランド・メーカー

藤原産業

オリジナルブランドの工具箱を展開

藤原産業は作業工具や大工道具、電動工具などを扱う専門商社で、SK11などをはじめとするオリジナルブランドも展開しています。アルミ製やスチール製の工具箱や、キャビネット型の工具箱などバリエーションも豊富です。

リングスター

工具のみならず釣り具やキャンプ用品の収納にも使える

丈夫で品質の高い、国内生産にこだわった工具箱を展開しています。車のバンパーに使われるしなやかで丈夫な素材を初めて工具箱に採用したメーカーです。工具の収納みならず、アウトドアや釣りなどに幅広く活躍するラインナップも魅力でしょう。

TRUSCO(トラスコ)

スチール製のおしゃれな工具箱が魅力

TRUSCO(トラスコ)はツールを販売する会社で、自社ブランドも展開しています。TRUSCO(トラスコ)オリジナルブランドの工具箱はシンプルでデザイン性の高いスチール製のものや車載用の大型のもの、プラスチック製のものなど種類も豊富です。

アイリスオーヤマ

豊富なサイズとデザイン展開でリーズナブル

プラスチック製の工具箱やアルミ製のトランク型の工具箱など、サイズ、デザインも豊富に展開しています。比較的リーズナブルな価格のものも多いため、あまり予算をかけたくない方にもおすすめのメーカーです。

おすすめ&人気の工具箱ランキング

持ち運びしやすいおすすめの工具箱

藤原産業-SK11ツールチェストSTC-502R(5,570円)

引き出しのついたボックスタイプの工具箱

スチール、樹脂素材を使用した工具箱です。上部に持ち手が付いたボックス型ながら、2段の引き出しが付いている点がポイント。引き出しにはベアリングレールが採用されており、スムーズに開閉ができます。

トップのカバーを閉じると引き出しにロックがかかるようになっているため、うっかり工具が飛び出してしまう心配もありません。インナートレーが付いており、細かいツールの持ち運びがしやすい点も魅力です。

アイリスオーヤマ-工具箱アルミケースAM-37WT(3,780円)

細かいツールを分けて収納できる

耐久性のあるアルミ素材の工具箱です。インナートレー付きの両開きタイプで、細かいツールを収納しやすい点もポイント。内側はウレタン製のスポンジになっているため、傷がつきにくいうえに収納した工具を衝撃から守ってくれます。

ストラップベルトが付いており、持ち運びしやすい仕様です。最大の収納重量が15kgまでで、たっぷり工具を収納することが可能。シンプルでおしゃれなデザインなので、インテリアにもなじむ工具箱を探している方にもおすすめです。

リングスター-ツールボックスドカットD-4500(2,800円)

耐久性の高さと両開きの蓋が魅力

高耐衝撃性コーポリマー素材で耐久性の高い工具箱です。蓋は便利な両開き式になっており、前後どちらからでも開けることができます。中皿が付いており、細かいものを分けて収納することも可能。椅子や踏み台として使える点も便利なポイントでしょう。

内寸は340mm×200mmで、125mmの丸ノコが収納できます。重量が2.1kgと軽量なため、持ち運びしやすい点も魅力。持ち手は大型のハンドル状になっており、蓋を外せばバスケットとしても使用できます。日本製で高品質なので、安心して使用できる工具箱です。

リングスター-ミスターツールバッグMB-360U(3,026円)

スッキリ収納できて取り出しやすさ抜群

内側、外側にたくさんのポケットが付いており、ツールを立てて収納できる工具バッグです。工具をさっと取り出しやすいため、作業効率もアップ。ストラップベルトが付いており、ストレスなく持ち運びができる点も特徴です。

素材は耐光性、耐久性抜群のPVC加工なので、安心して使用することができます。一見工具バッグに見えないトートバッグのようなデザインで、おしゃれに持つことができる点も魅力。布製なので重量が1.25kgと軽量になっています。

アイリスオーヤマ-ツールケース400(1,080円)

軽量でちょうどいいサイズ感が魅力

可動式トレーの付いた工具箱です。トレーを端に寄せることにより、背の高いものも収納できます。バックルは樹脂素材、それ以外の以外の部分はポリプロピレン素材でできており、工具箱自体の重量は0.85kgと軽量なので、持ち運んで使用する方にもおすすめです。

軽量ながら耐荷重が20kgまでとたっぷり工具を収納できます。横幅約38cm、奥行き約22cm、高さが約19cmと、大きすぎず小さすぎないサイズ感。黒い本体に赤のバックルと持ち手が生える、飽きの来ないシンプルなデザインです。

大型・大容量でおすすめの工具箱

アルインコ-万能アルミボックスBXA135(24,157円)

軽トラックの荷台に載せて大きめの工具を運ぶのに便利

約1,350mm×450mm×470mmと大型の工具箱です。内容量は420リットルまでと大容量なので、長い工具や農作業用の道具などを収納するのにも適しています。軽トラックの荷台にもマッチしやすいサイズで車載用の工具箱にぴったりです。

アルミ製なのでさびに強く、丈夫なのも特徴です。雨にも強いため、庭でガーデニング用品などの収納ボックスとして使用するのもおすすめ。シルバーで色も形もシンプルなので、飽きずに長く使えそうな点も魅力だといえるでしょう。

TRUSCO(トラスコ)-中型車載用工具箱中皿付(28,189円)

中皿が付いていて車にマッチしやすい寸法

落ち着いたグリーン系の、スチール製車載用工具箱です。外寸は幅700mm、奥行き420mm、高さ370mmで、車にフィットしやすいサイズになっています。376mm×196mm×99mmの中皿が2つ付いており、工具を分けて収納しておくことが可能です。

スチール製なので、耐久性が高い点も魅力です。別売りで30mmから40mmのシリンダ鍵を取り付けることができるため、セキュリティ面も安心。大きめの工具を車でまとめて運びたいという方におすすめの工具箱です。

リングスター-スーパーボックスグレートSGF-1600SS(46,920円)

1tから2tトラックの荷台に載せたい方に

食塩やオイルなどがかかっても腐食しない高耐衝撃性ポリエチレン素材を使用した、衝撃に強い車載用の工具箱です。こちらのSGF-1600SSは荷台の高さに合ったスリムなタイプで、幅は1tから2tのトラックにマッチするサイズとなっています。

本体の内寸は幅1,515mm、奥行き635mm、高さ380mmで、重量は21.3kgです。大型の工具箱の中では比較的軽量だと言えるでしょう。蝶番とバックルには耐久性の高いステンレスが使用されており、施錠ができる点もポイントです。

ミナトワークス-4段移動型ツールボックスTB-40DX(14,800円)

ブラックとオレンジがあり見た目もかっこいい工具箱

分割しても連結しても使用できる大型の工具箱です。上段、中段、下段の3つに分割でき、それぞれに持ち手が付いています。引き出し部分のレールには高級なベアリングが使用されており開閉もスムーズ。ハンドルとタイヤが付いているため、移動も簡単です。

連結時の大きさは幅520mm、奥行き320mm、高さ720mmになり、最大荷重は75kgまでと大容量です。上段には中皿が付属しているため、頻繁に取り出したい工具を入れるのにも便利。ハンドル部分は、650mmから1,000mmの範囲で調節ができます。

KIKAIYA-ローラーキャビネット7段(39,900円)

必要なものをまとめて収納できて移動もスムーズ

7段式のキャビネット型の工具箱です。工具が飛び出さないように、引き出しを奥まで閉めるとロックがかかる仕様。解除は、取っ手を押し上げるだけなので簡単です。ベアリングレールが採用されており、引き出しの開け閉めをスムーズに行うことができます。

引き出しには取り外し可能なゴムマットが付いており、傷がつきにくい点もポイントです。下段の引き出しは深めになっていて、高さのある物を収納するのにも適しています。ブラックの本体にシルバーの取っ手とレッドのラインが印象的なデザインです。

おしゃれなデザインでおすすめの工具箱

TRUSCO(トラスコ)-トランク型工具箱T-350SV

シンプルなシルバーで部屋にもなじむデザイン

シンプルで洗練されたデザインの工具箱です。スチール素材のプレス一体型で、丈夫で長持ちする点も魅力。四隅に凹凸があり、積み重ねて使用することができます。シリンダ鍵が付けられるため、セキュリティ面も安心です。

サイズは373mm×163mm×102mmで、裁縫箱などとしても使いやすい大きさです。上部に持ち手が付いているため、持ち運びしやすいデザイン。部屋においても違和感のない、おしゃれで長持ちする工具箱を探している方におすすめです。

山善-charmy box(2,990円)

どの色を選ぶか迷ってしまいそうなかわいさ

ツートンカラーが可愛らしい工具箱です。カラーバリエーションは4色。一見工具箱とは思えないカラーなので、ほかとは一味違った工具箱を探している方にもおすすめです。0.86kgと軽量で、持ち運びやすい点も魅力でしょう。

内部にはクッションシートが施されているため、工具を入れても音が立ちにくく傷がつきにくいのも特徴です。工具箱として使用するほか、文房具などの小物を入れたり、コスメを入れたりとさまざまな用途として使用できそうなアイテムです。

FACOM-BS.SMBPBツールバッグ(11,350円)

フランスの工具メーカーのおしゃれなツールバッグ

フランスの有名工具メーカーであるFACOMの工具バッグです。一見工具バッグに見えないデザインなので、おしゃれな工具バッグを探している方におすすめ。ストラップベルトが付いており、持ち運びしやすい点も魅力です。

蓋部分はバックルとマジックテープが付いてぱたんと閉まる作りになっており、工具を取り出しやすくなっています。蓋の裏側には透明ポケットが付いていて、ちょっとしたものを収納しておくのにも便利です。

MERCURY(マーキュリー)-MJツールボックス(4,212円)

インテリアのアクセントにもなるアメリカンな工具箱

アメリカンな雰囲気のロゴプレートがおしゃれな工具箱です。こちらはMERCURY(マーキュリー)と東洋スチールが共同で開発した工具箱。日本製で耐久性の高いスチール素材なので、安心して使用することができます。

工具箱として使用するのはもちろん、おしゃれなデザインなのでインテリアのアクセントとしてディスプレイするのもおすすめです。カラーバリエーションはマットブラックやレッド、カーキなど5色で、サイズは幅35.8cm、奥行き14.5cm、高さ11cmとなっています。

まとめ

道具箱は使う場所に合わせて選ぶのがおすすめ

工具箱は、何を収納するか、どこでどうやって使用するかなどを考慮して選びましょう。そのうえで、軽さや丈夫さ、デザイン性などのうち、ご自分がどの点を重視したいかを考えて選ぶのがおすすめです。長く使えるお気に入りのパートナーと出会えれば、作業が楽しくなりそうですね。