おしゃれでおすすめの三角コーナー人気ランキング!【蓋付きも】

料理中に出る生ゴミをまとめるには三角コーナーが便利ですよね。三角コーナーはキッチンに欠かせないツールの1つですが、臭いや見た目が気になってしまう方もいるのではないでしょうか?とくに夏場では、不衛生な状態のままだとすぐ虫が発生してしまうことも。そこで今回はおすすめの三角コーナーを紹介していきます。蓋付きの三角コーナーを使えば、嫌な臭いをシャットアウトしてくれますよ。生ゴミを直接見ることがなくなるのもうれしいですね。素材も菌が付きにくいステンレス製や、おしゃれなタイプのシリコン、プラスチックなどさまざま用意されています。今回はそんな三角コーナーの種類や選び方、人気商品を詳しく解説しました。キッチンの臭いが気になる方や、シンク周りをおしゃれに変えたい方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

三角コーナーを使うメリット

生ゴミの捨て忘れがなくなる

ゴミの捨て忘れは多くの方が経験しているのではないでしょうか?目に入らない場所にゴミを置いておくと、収集日を過ぎてから気づくことも少なくありません。生ゴミについては、三角コーナーを設置して中に入れておけば、流しを使うたびに捨てることを思い出させてくれるようになりますよ。生ゴミの捨て忘れは臭いの元になるので助かりますね。

生ゴミの水切りができる

野菜の切りくずや魚の内臓など、生ゴミには多くの水分が含まれています。この水分をそのままにしておくと、雑菌がどんどん繁殖して悪臭の原因になってしまいます。そこで三角コーナーを利用すれば、上手に水切りができるようになりますよ。どんな三角コーナーにも必ず穴が空いているからです。また水分を含んだままのゴミは、燃やすにも余計に時間がかかってしまいます。水分を切ることで燃焼時間が減り、二酸化炭素の排出を抑えることにもなるんですね。

三角コーナーを使うデメリット

生ゴミの臭いが気になる

最近では三角コーナーを使わない家庭も見られるようになりました。その理由としてまず挙げられるのが衛生的な問題です。三角コーナーにはその日にできた残飯などが入っているので、キッチンの臭いの元になってしまいます。夜中に起きてみると三角コーナーにゴキブリがいたなんてことも。またおしゃれなキッチンでも、三角コーナーに生ゴミがあれば、見た目が悪くなってしまうのも悩みどころです。このようなデメリットに関しては、蓋付きの三角コーナーを使えば、臭いや見た目が気にならなくなるのでおすすめです。蓋がないタイプの場合でも、生ゴミをその日のうちに処分したり、三角コーナーをしっかり洗浄しておくことでかなり軽減できますよ。ぬめりがひどい場合は塩素系漂白剤を使用したり、重曹をふりかけて洗い流してください。

シンクのスペースが狭くなってしまう

広いシンクスペースがあるキッチンなら問題ないですが、大抵は三角コーナーを置くことでシンクスペースが狭くなってしまいます。料理の最中には気にならなくても、食後の食器洗いになるとやっぱりスペースは少しでも広いほうがいいですよね。ただこのデメリットも、折りたたみができるホルダータイプや吊り下げ式を使えば解消できます。スペースを取らないで必要なときだけ出して使うので、シンクが狭いと感じる方におすすめですよ。

三角コーナーの種類

オーソドックスな据え置きタイプ

水切りネットなしで使えて経済的

シンプルな三角コーナーを探している方は、据え置きタイプがおすすめです。水切りネットを用意する必要がないので、コストパフォーマンスに優れています。生ゴミの量が少ない家庭や一人暮らしの場合は、据え置きタイプで十分でしょう。

据え置きタイプは生ゴミを溜めておくことができますが、あまり溜めすぎると見た目が悪くなったり、悪臭を発生させる原因となってしまいます。こまめに掃除して清潔な状態を保つことが重要です。より衛生的に使うのであれば、抗菌作用があるステンレス製がおすすめ。購入時のコストはシリコンやプラスチック製に比べて高くなりますが、耐久性は高いので長期にわたって使うことができますよ。

折りたたみができるホルダータイプ

スペースを取らず必要なときだけ使える

据え置きタイプに代わって最近主流になりつつあるのが、ホルダータイプの三角コーナーです。生ゴミがでたときにホルダーを開いて、中に水切りネットをセットして使用します。キッチンの収納ドアに引っ掛けて使うタイプもあるので、シンクスペースが狭くても関係なく使えるのがいいですね。

ホルダータイプは必要なときだけ用意して使うので、据え置きタイプとは違って生ゴミを置きっぱなしにせず衛生的。生ゴミが三角コーナーに触れる面積が少ないので、掃除の手間もかかりません。水切りネットが必要なのでランニングコストが発生しますが、メリットが多めで使いやすいですよ。

一度きりの使い捨てタイプ

掃除いらずで衛生的に使える

厳密には三角コーナーではありませんが、同じ機能をもった使い捨て袋タイプも販売されています。素材は水に濡れても破けない特殊な紙袋が使用されています。支えがなくても自立してくれ、生ゴミを入れてそのまま可燃ゴミとして捨てることができますよ。

1回きりの使い捨てなので、掃除をする必要は一切ありません。とにかく手間をかけたくない方におすすめです。注意点としては、ホルダータイプよりもコストがかかりやすい点です。生ゴミの量が少ない一人暮らしの方は、据え置きタイプを選んだほうがよい場合があります。使い捨てタイプは、ゴミを出す頻度によっても合う合わないがあるので、自分のライフスタイルと相談して使うか決めるのがいいでしょう。

三角コーナーの選び方

素材から三角コーナーを選ぶ

耐久性が高く菌がつきにくい金属製

実用性を重視する方は金属製の三角コーナーがおすすめです。純銅製は銅イオン効果による殺菌作用があるので、ぬめりや悪臭を防いでくれますよ。ステンレス製も抗菌作用があり、菌が付きにくい環境を作ってくれます。しかも丈夫で耐久性が高く、長期間使用できるのもメリットです。金属製は据え置きタイプが多いですが、便利なホルダータイプも販売されています。

おしゃれな見た目が多いシリコン製やプラスチック製

三角コーナーも見た目にこだわる方はシリコンやプラスチック製が最適です。金属製とは違ってカラータイプが豊富に用意されているので、キッチンのイメージに合わせて自由に選ぶことができますよ。デザインも凝ったものが多いので、インテリアとしておしゃれを楽しむことも可能。ただし、金属製に比べて汚れが付きやすいので、こまめに掃除してケアしていきましょう。雑菌が気になる方は、抗菌加工が施されたプラスチック製を使うのもおすすめです。

機能性から三角コーナーを選ぶ

生ゴミの臭い対策には蓋付きがおすすめ

三角コーナーに置いた生ゴミの臭いが気になる場合は、蓋付きのものを選ぶといいでしょう。蓋をすれば嫌な臭いをシャットアウトしてくれるので、料理中も気にならなくなりますよ。虫除けになったり、生ゴミが視界に入らなくてすむというメリットもあります。生ゴミを捨てた後は、丁寧に洗浄して中に汚れが溜まっていないか確認しましょう。

吊り下げ式なら設置場所に困らない

シンクのスペースが狭くて三角コーナーの設置が難しい場合は、吊り下げ式のキッチン用ゴミ箱がおすすめです。引き出しに取っ手を引っ掛けるだけで簡単に設置できますよ。また吸盤が付いているタイプは空中設置ができるので、シンクに接することなくぬめり防止に役立ちます。シンクに接していなければ、流しから水を出しても生ゴミに水がかかる心配はありませんね。

三角コーナーのおすすめブランド・メーカー

山崎実業

歴史のあるインテリア雑貨の専門メーカー

山崎実業は奈良県に本社を置くインテリア雑貨メーカーです。毎日の暮らしが便利で快適になるアイテムを揃えています。とくにtowerシリーズは、スタイリッシュな見た目と機能性を追求したキッチン用品が多く、インスタで写真がアップされるほど人気です。

パール金属

金属製台所用品を多く取り扱う

パール金属は新潟県三条市に本社を置くキッチン用品メーカーです。主にフライパンや圧力鍋を扱っていますが、その他のキッチン用品からアウトドア用品まで幅広く手掛けています。品質がよい金属製のアイテムがリーズナブルな価格で手に入りますよ。ユーザーの意見をいち早く製品に取り入れるスピード感も売りです。

レック

使い勝手がよい家庭日用品が多い

レックは東京都中央区に本社を置く家庭用品メーカー。洗剤を使わず水だけで汚れを落とす使い捨てクリーナー「激落ちくん」が有名です。三角コーナーについては、蓋付きの抗菌ステンレス製や自立して使える水切り袋など、機能性に富んだ製品を揃えています。

タケコシ

メイドイン燕三条のブランドで親しまれる

タケコシは各種金属製品を取り扱うメーカーです。モノづくりを得意とする職人が多い新潟県燕市に所在しています。燕三条の金物・ステンレスは世界的にも有名なので、すでに家庭で使用している方も多いのではないでしょうか。金網の加工を得意としており、三角コーナーも細かい網目で水切りがよくできるように作られています。

おすすめ&人気の三角コーナーランキング

蓋付きでおすすめの三角コーナー

パール金属-アクアスプラッシュ(1,411円)

大きめでたくさん入る三角コーナー

パール金属から販売されているステンレス製の三角コーナー。素材が錆びにくく耐久性が高いうえ、抗菌作用があるので汚れが目立ちにくいのがうれしいですね。蓋が引っ掛けられるので、生ゴミの嫌な臭いが気にならなくなります。

サイズはかなり大きめの幅210mmです。大きい分シンクスペースを使いますが、生ゴミがたくさん入るので家族が多い家庭におすすめです。蓋をすれば洗い物をしても水が入る心配がないので、生ゴミに水がかからない点も使いやすいですよ。

山崎実業-蓋付き ポリ袋エコホルダー タワー(1,620円)

調理中に出るゴミをその場で捨てられる

山崎実業の人気シリーズ「tower」の蓋付きポリ袋エコホルダーです。蓋を開けてポリ袋をかぶせるだけであっという間にゴミ箱の完成。幅12cmのコンパクトサイズなので、シンクにすっきり収まって邪魔になりません。

蓋はぴったり閉まってくれるので、生ゴミ特有の嫌な臭いをしっかりガードしてくれます。ポリ袋を外すときは、側面からサッと引き出すことができるので便利です。また蓋は本体から取り外し可能なので、汚れが目立ちはじめたら蓋だけ洗うこともできますよ。

八幡化成-フタ付き水切りポット(1,080円)

吸盤付きで取り付け簡単

大きな蓋付きで衛生的に使える三角コーナーです。吸盤が付いているのが特徴で、置くだけでなく浮かせて設置できるのが便利ですね。シンクの深さに合わせて2段階で吸盤の位置を調整可能。7種類のカラーが用意されているので、色違いでスポンジ入れなどの小物を収納してもいいですよ。

耐荷重は約500gなので、生ゴミの量が多少増えてもしっかり耐えてくれます。素材はプラスチック製ですが、銀イオン「Ag+」を配合しているので、抗菌・消臭効果も優れています。普段から生ゴミの臭いが気になっている方におすすめです。

アスベル-ポゼ フタ付 三角コーナー(698円)

コスパに優れたプラスチック製の三角コーナー

ツヤのあるホワイトが清潔感あふれる三角コーナーです。ステンレス製は高くて手が出せないという方も、こちらのプラスチック製ならリーズナブルな価格で購入できるのでおすすめですよ。開き蓋タイプで狭いシンクには最適サイズです。

水切り用の穴は側面には付いていないので、水分が抜けるまで若干時間がかかることがあります。ただ側面に穴がないということは、生ゴミの臭いが外部に漏れにくいことを意味しています。水切りを優先する場合は、はんだごてを使って穴を開けてもいいでしょう。

山崎実業-浮かせるフタ付き三角コーナー アクア(1,680円)

浮かせて使用するからぬめりにくい

鮮やかなカラーが印象的な山崎実業の三角コーナーです。シンクに直接置くのではなく、浮かせて使用するタイプになっているので、ぬめらず衛生的に使うことができますよ。シンクの角に吸盤を付けるだけというお手軽さ。容器本体に直接吸盤を取り付けることも可能です。

そして蓋がしっかり閉まるので、生ゴミも見えず臭いもシャットアウトすることができます。急な来客にも蓋を閉めるだけですみますね。凸凹があるシンクの場合は吸盤がくっつかないことがあるので、テープを貼れば解決できます。

ステンレス製でおすすめの三角コーナー

KEYUCA(ケユカ)-コーナーポケット(1,944円)

シンプルなデザインで見た目もスッキリ

機能的には三角コーナーと同じですが、円柱のデザインが特徴的な製品です。見た目がモダンでおしゃれなうえ、ステンレス製なので丈夫でお手入れしやすいのがうれしいですね。三角コーナーに汚れが溜まってくると掃除も面倒になりがちですが、汚れが付きにくいと掃除に悩まなくてすむようになります。

シンクにそのまま置いて使用できますが、付属の吸盤を使って浮かせるように取り付けることも可能。高い位置に設置すれば、生ゴミに水がかかりにくくなってさらに衛生的になりますね。吸盤は消耗品なので、こまめに掃除しておくと長持ちできますよ。

タケコシ-ステンレス網 三角コーナー(1,746円)

網目を採用しているので水切れ抜群

ステンレス製の三角コーナーですが、モノづくりの本場として多くの職人を構える新潟県燕市で生産されている代物です。三角コーナーの汚れやカビに悩まされてきた方も、本製品を使えばすべて解決できますよ。ステンレス自体の素材も高品質なので、長期間にわたって使用できます。

また底面にかけて網のデザインになっているのも特徴です。水切り性能が非常に高いので、生ゴミを捨てるときに改めて水分を抜く必要がありません。自分で使うのはもちろん、両親へのプレゼントとしても選ぶのもおすすめですよ。

タケコシ-抗菌ステンレス三角コーナー ミニ(540円)

一人暮らしに最適なサイズで使いやすい

一般家庭用の三角コーナーは大きすぎて不便という方におすすめなのが、一回り小さめの本製品です。幅12cmのミニサイズなので、ワンルームのキッチンでも置く場所に困りません。小さいのでゴミ袋に移す作業も楽に行なえます。

新素材の抗菌ステンレスを使用しており、頑丈で衛生的なのもうれしいですね。また洗いやすい形状になっており、お手入れしやすいので一人暮らしの学生にピッタリ。日本で製造されているのも信頼できるポイントでしょう。

下村企販-キッチンポリ袋用生ごみスタンド(864円)

上下ひっくり返せば大・小2サイズの袋が使える

針金のような見た目ですが、ゴミ袋をかぶせれば生ゴミを入れるスタンドになってくれます。素材はサビに強いステンレス製で、すべて日本で作られた製品です。とてもシンプルなデザインなので、お手入れも簡単。ゴミ袋もスムーズに取り外せます。

そして上下をひっくり返せば、大・小2種類の袋が使えるという特徴があります。別の三角コーナーでは袋のサイズが合わなかったという人も、本製品をひっくり返せばピッタリフィットしてくれるかもしれませんよ。キッチンだけでなく卓上ゴミ箱として使うのもおすすめです。

おしゃれでおすすめの三角コーナー

山崎実業-ポリ袋エコホルダー タワー(972円)

ゴミ袋を掛けるだけで簡易ゴミ箱に早変わり

見た目は三角コーナーに見えませんが、水切り袋をかぶせれば早変わり。生ゴミを入れるほか、ペットボトルを乾かしたり、料理本を立てたりと何役もこなしてくれるスグレモノです。スマートなデザインもおしゃれなので、三角コーナーの印象は全く感じさせませんね。

使用しないときはコンパクトに折りたためるので、収納スペースに困りません。シンク周りが狭くても問題ないので、一人暮らしにも適しています。来客時に生ゴミが入った三角コーナーを見せたくない人は、すぐにたたんでしまえば目立ちませんね。

プレミアム・ミズリード-円錐コーナーポット(2,680円)

円錐のデザインがスタイリッシュ

一見すると三角コーナーには見えない円錐の形状が魅力的なコーナーポット。蓋付きで中の生ゴミが見えないので、シンク周りをスッキリさせることができますよ。側面に持ちやすい取っ手がついているので、溜まったゴミをスマートに片付けられます。

下部には水切り用の穴が複数付いています。円錐の形状により、従来の三角コーナーよりも水切れの効率よくなっている点にも注目です。生ゴミから出る汁がどんどん排出されるので、臭いの元を断ってくれるのがうれしいですね。

MANY(マニー)-ローズ ステンレス製 三角コーナー(3,132円)

ローズの柄が上品な三角コーナー

固定ファンも多い雑貨ブランドのマニー。キッチン用品をマニーで統一している主婦も少なくないほど人気があります。そんなマニーから販売されているローズ柄の三角コーナーです。三角コーナーとしては高額で3,000円を超えていますが、純白のなかに描かれたローズがキュートで高級感を演出してくれますね。

また見た目だけでなく実用性にも優れているのがポイントです。ステンレスの上から特殊塗装が施されているので、錆びにくく長く使用できます。水切り用の穴は底面だけでなく側面にも多めに開けられています。同シリーズのスポンジラックと揃えると、キッチンがいっそう華やかな空間になるのでおすすめですよ。

I’mD-kcud Kitchen Garbage Drainer(972円)

キッチンスペースをモダンでスタイリッシュに

三角コーナーとは思えない斬新なデザインが魅力的な新発想の水切り器。キッチンスペースをスタイリッシュに彩ってくれるアイテムです。生ごみを入れて上部をキュッと絞るだけで、限界まで水分を排出することができますよ。絞った後の生ゴミの量は約10%減少するので、使い続ければゴミ袋の節約に大きく貢献してくれます。

折りたたみ可能なので、使わないときはコンパクトに収納できます。また横にスライドすることで分解できる仕組みになっているので、隅々までお手入れできますね。洗浄するときは、中性洗剤をつけた柔らかいスポンジを使うのがおすすめです。

ヨシカワ-クロネコキッチン 三角コーナー(2,800円)

ねこのシルエットがかわいい

三角コーナーのイメージを覆すおしゃれな雰囲気を持った「クロネコキッチン」。下の方にデザインされたねこのシルエットがアクセントになっています。さり気なく施されたデザインを発見したときは、少し幸せな気分になるでしょう。

本体はスチール素材を使用しているので、耐久性が高く丈夫です。脚にはシリコンゴムが付いているので、安定感に優れています。幅16cm、奥行き13cmは、大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズとなっているので、多くのシンクに使えるのもうれしいですね。

まとめ

衛生的に使える三角コーナーがおすすめ

三角コーナーを購入する上で一番注目したい部分は衛生的に使えるかどうかです。生ゴミを入れる容器である以上、どうしても臭いや虫の発生という問題がつきまといます。そこで蓋付きの三角コーナーを選んだり、抗菌ステンレス素材を使用したタイプを購入すれば、ずっと清潔に使っていくことができるでしょう。日々のお手入れも重要なので、洗いやすいデザインであるかどうかも要チェックです。今回は三角コーナーについて、人気のブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。みなさんも選んでよかったと思える三角コーナーを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。