おすすめのカッターマット人気ランキング!【大判から小さいサイズも】

仕事や自宅で、カッターを使ってカットすることもありますよね。そんな時、下に何も敷かないでいるとカッターの刃が刺さり、テーブルなどを傷つけてしまうことになりかねません。カッターマットを敷くことで、安心してカッターを使えるようになりますよ。ここでは、そんな便利なカッターマットの選び方や種類、人気の商品などを詳しくご紹介します。カッティングに不便を感じている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

カッターマットの特徴

テーブルの傷付きを防止できる

カッターはハサミとは違い、テーブルや壁などにカットするものを固定して切りますよね。そのため、何も敷かないとカッターの刃で土台部分まで切ってしまいます。カッターマットを敷いておくと、下のテーブルや壁を傷つける心配がありません。ためらわずに切れて、仕上がりも綺麗になるメリットもあります。

カッターの刃を保護しながら切れる

カッターで紙類を着る時に硬い台で切ると、力加減によってはカッターの刃に過剰な負担がかかってしまい、欠けたり、折れたりすることも。カッターマットはメーカーや商品により多少変わりますが、適度な硬さで、カッターへの負荷を減らし、スムーズなカットが可能になっています。テーブルなどの傷予防だけでなく、カッターにも優しいメリットが得られるのです。

カッターマットの種類

塩化ビニール樹脂製

カッターで切れても段差が生じにくい

カッターマットで使われている素材の多くは、塩化ビニール樹脂とオレフィン樹脂の2種類が使われています。塩化ビニール樹脂は昔からカッターマットに使われている素材のため、馴染み深い人もいるでしょう。手に入れやすいリーズナブルなものが多く、財布に優しいアイテムに使われることが多いです。

塩化ビニール樹脂は、収縮する性質を持っています。そのためカッターを使って刃跡が付いても、目立たなくする特徴があります。耐熱温度が60~70度と低いため、熱いものには弱いので注意が必要ですが、気温や環境によっては快適に使えます。

オレフィン系樹脂製

温度変化に強く耐久性が高い

もう一つの素材、オレフィン樹脂は、耐熱温度が100~120度と塩化ビニール樹脂と比べると高いのが特徴。さらに寒さにも強く、耐久性にも優れています。環境に左右されずにいつでも快適に使いたいなら、オレフィン樹脂製がおすすめです。

オレフィン樹脂は、廃棄で焼却する際にダイオキシンや塩化水素ガスを、ほぼ発生させない地球にも優しい素材。容易に廃棄できるため、仕事で数多く使う環境にも適しています。値段は高めになりますが、上質で使い勝手の良さから人気を集めています。

カッターマットの選び方

カットに適したサイズで選ぶ

カットするものよりも一回り大きなものが使いやすい

販売されているカッターマットには、さまざまなサイズがあります。小さいサイズは収納しやすく邪魔になりませんが、カットする際は、切りたい素材よりも一回り大きいものを選びましょう。素材よりも小さいと、端をカットする際にテーブルを誤って切ってしまう場合もあります。A4サイズなら縦230mm、横320mm、B5なら縦300mm、横220mmのカッターマットなら、余裕があり使いやすいでしょう。

大きなサイズでも折りたたみ式なら持ち歩きしやすい

A3やB4サイズ以上の、大きなサイズのポスターを切断すると言った作業を行う場合は、大きなカッターマットが必要になります。しかし、大きなカッターマットは収納場所に困りますよね。そんな時に便利なのが折りたたみ式のカッターマットです。大きなサイズでも半分も大きさになるので、収納しやすくなるほか持ち歩く時にも重宝しますよ。

作業や環境に合わせて色で選ぶ

透明タイプならトレースに便利

カッターマットは、商品によってカラーバリエーションも豊富です。作業に合わせて色を選べば機能性が高まります。例えばクリアタイプのカッターマットなら、下にカットしたいサイズの見本を挟んでおくことで、それに沿って正確に裁断できますよ。デスクに常に置いていても目立たず、メモなどを挟んで使うなどアイデア次第で便利に使えますよ。

ほかの人と差を付けたければ好みの色やデザイン性にも注目

仕事でカッターマットを使う機会が多くて、機能性だけでなくデザインにもこだわりたい人もいるでしょう。最近のカッターマットは、作業のしやすさだけでなく、インテリア性の高いアイテムも発売されています。長さを確認する方眼の代わりにドットが使われているなど、機能美にこだわったものなら、使いやすさを損なわずにおしゃれさもプラスできますよ。

便利なデザインで選ぶ

方眼が書かれていると長さが測れて便利

作業のしやすさを重要視する人も多いでしょう。カッターで直線に切断することが多いなら、方眼が書かれているものが便利。定規をカットするものに当てて切断することが多いですが、方眼が書かれていると斜めに切ってしまう失敗もなくなります。方眼は1mm間隔のもの、0.5mm間隔のものが多く、より細かく長さが知りたいなら、0.5mm間隔のメモリのものがおすすめです。

曲線や円形などにカットしやすいデザインなら直線以外も切りやすい

方眼が書かれているものは多いですが、作業によっては、曲線に切る場合がある人もいるでしょう。カッターマットの中には円が書かれていたり、角度が分かる斜め線があったりもします。しかし、使わない人には線が増えて複雑に感じてしまことも。ごちゃごちゃしすぎず作業に必要なメモリが印刷されているカッターマットが、使いやすいカッターとなるでしょう。

カッターマットのおすすめブランド・メーカー

ナカバヤシ

今までにない使いやすさを考えられた文具を扱うメーカー

職場や学校、プライベートなどで生活に密着したステーショナリーを扱うメーカー。使いやすいアイデアが詰まった商品が、世に送り出されています。カッターマットも折りたたみ式や、クリアタイプなど個性的なラインナップ。使う人が便利と思える商品が豊富です。

オルファ

世界初のカッターナイフを生み出したメーカー

カッターナイフのパイオニアであるオルファ。ユーザー目線の道具作りで、世界中のユーザーを獲得。今ではスタンダードなカッターナイフのほか、ロータリータイプや、のこ刃など数多くのカッターナイフと、安全に使うための使いやすいカッターマットなどを販売しています。

コクヨ

世代や性別関係なく多くの人に選ばれる文具メーカー

ステーショナリーやオフィス用の家具などを扱う100年以上続く日本の企業です。職場や学校、自宅での暮らしなど多くの場面で、コクヨの商品を目にできるほど日本人に根付いた製品を開発しています。定番から欲しかったアイテムまで種類が豊富で幅広い世代から支持されています。カッターマットは厚さがあり、丈夫で長く使えるものを多く扱っています。

ライオン事務機

長い歴史で求められるアイテムを提案してきた日本の企業

1792年創業の老舗メーカー。事務用品や文房具、オフィス家具などを扱っています。長い歴史で働き方やニーズが変わるなか、最新の技術を採用して、その時々で必要とされる商品を提案し続けています。オフィス環境の変化に対応して、作業の効率化に役立つアイテムが豊富です。カッターマットは機能性はもちろん、デザインにもこだわったものを扱っています。

おすすめ&人気のカッターマットランキング

小さいおすすめのカッターマット

ライオン事務機‐カラーカッティングマット(703円)

マウスパッドとしても使えるおしゃれなマット

ライオン事務機のカラーカッティングマットは、3色の鮮やかな色と、それに合ったレースなどの模様が描かれた素敵なデザインが特徴的。職場や自宅で人と差を付けたいおしゃれ女子におすすめです。さらさらのオレフィン樹脂が使われているため、マウスパッドとしても重宝します。

表面には、1㎝間隔のドットが描かれているため、長さを測ったり、直線で切ったりする時に便利です。A4サイズが乗る大きさなので、デスクで無理なく使える適度な大きさが使いやすいですよ。作業が楽しく行えそうなアイテムです。

TANOSEE-滑りにくいカッターマット(709円)

機能性をふんだんに盛り込んだ使いやすいアイテム

デスクの上で作業しやすい、A4サイズ片面仕様のカッターマット。表面には方眼が描かれているので、定規で曲がらずにカットするのにも使えます。さらに、はがきや名刺などのサイズに合わせたメモリも搭載されているため、さまざまな用紙サイズにカットすることが多い人におすすめです。

裏面には、すべらないようウレタンゴムの滑り止めが付いています。そのため、使用時の安定感が抜群で、より安全に使えて、綺麗な仕上がりが期待できますよ。多くのものをカットする仕事なら、負担が少なくなり一度使ったら手放せなくなりそうですね。

ミワックス‐カッティングマット(1,100円)

グッドデザイン賞受賞歴のある機能美が特徴的

黒地に白のドットが特徴的なカッターマット。おしゃれなデザインですが、PVC樹脂素材により、カットした部分が収縮することで切り跡が目立ちません。長い間使いやすいカッターマットを探している人にも、おすすめのアイテムです。

幅35.5、奥行きが15.6㎝の長方形が個性的。パソコンを置いているデスクの、ちょっとした空間でもカッティング作業ができますよ。ドットは1㎝間隔なので、デザイン性だけでなく、長さを大まかに確認しながらのカットもできる機能性にも優れています。

プラス‐カッティングマット(523円)

臭いの少ないオレフィン系樹脂製で使い始めも快適

プラスのカッティングマットは、長い作業で目が疲れにくいダークカラーを採用。仕事でカットする時間が多く、目への負担が気になる人にもおすすめです。表面には方眼が印刷され、裏面は無地の両面仕様。作業によって使い分けることで作業がしやすくなりますよ。

方眼は5mm間隔になっているので、長さを細かく確認しながらカットできます。CDジャケットや名刺サイズのガイドメモリも付いているのも特徴的です。リーズナブルな価格でカッティングがしやすくなるので、初めて購入する人にも手に入れやすいアイテムです。

クラウン‐カッティングマット(950円)

豊富なメモリでいざという時に役立つ

収納しやすいA4判サイズのクラウンカッターマット。グリーン、ピンク、ブルーの3色から選べます。好みの色、作業のしやすい色などから選べるため、多くの人に使いやすいカッターマットとなっています。

表面には方眼だけでなく、円形やR曲線も印刷されているため、直線だけでなく曲線にも切りやすいのが特徴です。裏と表で使えるリバーシブルタイプなので、長く愛用できますよ。デスクのファイル収納に立て掛けて置けば場所を取らずに邪魔になりません。

ウチダ‐きりっこカッティングマット(615円)

1枚でシーンを選ばず重宝する便利なアイテム

こちらの商品は、表面はカッターマットや工作板として使用でき、裏面は下敷きとして使える3役の万能マット。こどもの勉強や作業用として1枚あると重宝しそうです。大きさはA4サイズなので、学習机やデスクにも無理なく置けて、使いやすい大きさです。

カッターマットは1mm方眼が書かれ、下敷き面は白無地になっているので、間違える心配がありません。それぞれに機能性が高いデザインになっています。色はピンクやブルーなど4色の豊富なラインナップで好みで選べますよ。

小さいおすすめのカッターマットの比較表

商品画像
ブランドライオン事務機TANOSEEミワックスプラスクラウンウチダ
商品名カラーカッティングマット滑りにくいカッターマットカッティングマットカッティングマットカッティングマットきりっこカッティングマット
価格703円709円1,100円523円950円615円
特徴マウスパッドとしても使えるおしゃれなマット機能性をふんだんに盛り込んだ使いやすいアイテムグッドデザイン賞受賞歴のある機能美が特徴的臭いの少ないオレフィン系樹脂製で使い始めも快適豊富なメモリでいざという時に役立つ1枚でシーンを選ばず重宝する便利なアイテム
サイズ幅30×奥行22×高さ2cm幅32×奥行22.5×高さ0.2cm幅35.5×奥行15.6cm幅32×奥行23cm幅30.6×奥行21.6×高さ0.1cm幅30×奥行21×高さ1.3cm
材質オレフィン樹脂製 PVC・ウレタンゴムPVC再生オレフィン系樹脂PVCPVC

大判でおすすめのカッターマット

コクヨ‐カッティングマット両面仕様(1,596円)

カッターマットのスタンダード

コクヨのカッターマットは、縦30㎝、横45㎝で、A3サイズの用紙が余裕で乗るサイズです。作業台でゆとりあるスペースで作業をしたい人におすすめです。表と裏が使えるリバーシブル使用なので、表が傷跡で使いにくくなっても裏面が使えてお得です。

厚さは3mm と比較的厚めにできているので、デスクへの傷が付く心配が少なく安心です。色はカッティングマットに昔から使われている定番の緑色を採用。カッターマットを使い慣れているベテランにもおすすめです。

オルファ‐カッターマット(992円)

作業や好みで使い分けができる

オルファのこちらのカッターマットは再生ポリ塩化ビニールを使用。硬い土台を柔らかい塩化ビニールでサンドした三層構造になっているので、裏・表どちらでも快適に使えます。色の異なる面により、作業に合わせて適切な面を選べます。

カッターナイフに精通したオルファの知識と技術を盛り込んでおり、カッターの刃当たりがソフトなのが特徴。仕上がりがキレイで、カッターの刃にも優しいので、刃の交換頻度も少なくすみます。1㎝刻みの方眼が印刷されているので、直線を切る作業がしやすいですよ。

セキセイ‐カッティングマット発泡美人(724円)

リーズナブルに大型カッターマットが手に入る

素材に、再生発砲PPが使われた耐久性の高い商品。表面はライトグレー、裏面はホワイトグレーのリバーシブル仕様です。どちらの面にも方眼が印刷されています。部屋の明るさや使いやすさで、好きな面で作業ができますよ。

A3サイズで大きめながら、1,000円未満で購入できる手軽さが嬉しいポイント。ヘビロテで購入頻度が高い人にもおすすめです。厚さが3mmでしっかりとしているので、テーブルを傷つける心配が少なく、作業もはかどりそうですね。

NTカッター‐ジョイントカッティングマット(3,183円)

ジョイント式でマットが動かず安全性が高い

こちらのカッターマットは、1枚で横90㎝縦29㎝の大きさです。同じシリーズでジョイントすることができ、横の長さを好きな長さに継ぎ足すことができるユニークな商品。現場で長いものをカットするのにもおすすめです。

大きな1枚のカッターマットだと、車に積めなかったり、持ち歩きにくかったりしますが、これなら分解して持ち歩けますね。使う時には組み立てて大きくできるため、便利です。裏表で使うことができ、それぞれ5mmと1㎝の方眼が入っているので、使いやすさで選べます。

クロバー‐カッティングマット(1,188円)

布をまっすぐ正確に裁断する時の必需品

裁縫で布を使う際に、ハサミよりもきれいに切るためにロータリーカッターで裁断する場合もあります。その時に下に敷くカッターマットとして、販売されているアイテム。ソーインググッズを専門で扱うクロバーから発売しています。

A3サイズの大きさで、作業がしやすいのが特徴。正確に切らなければならないパッチワーク作りにもおすすめです。下に敷いておけばテーブルの傷付けを防ぐだけでなく、ロータリーカッターの刃こぼれ防止にも役立ちますよ。

カワグチ‐TKカッターボード(1,320円)

難しい布のカットが簡単にでき手芸を楽しめる

ハンドメイドに役立つソーイングアイテムを扱う、カワグチのカッターマットは、ロータリーカッターで布をカットするのに役立つアイテム。5㎝四方が縦横に6マスずつ印刷されています。パッチワークで使う布をカットするのに、重宝するメモリとなっています。

直径の異なる3つの円も描かれています。布を丸くカットしてパッチワークの模様作りなど、さまざまな作品で便利に使えますよ。塩化ビニール製なので、刃の跡が残りにくくカットがしやすいカッターマットです。

ARC-カッターマット(1,402円)

大判でリーズナブルな点も魅力的

ARCのカッターマットは、縦600mm、横450mm、A2サイズの大判タイプです。作業台に広げて素材をカットする作業がはかどります。細かい作業から大きくカットする作業まで、さまざまな仕事におすすめです。

厚さは3mmと比較的厚めにできているので、耐久性があります。グリーンの本体に方眼が白で印刷されています。シンプルなメモリで、目に負担がかかりにくく、長時間の作業でも使いやすいカッターマットです。

大判でおすすめのカッターマットの比較表

商品画像
ブランドコクヨオルファセキセイNTカッタークロバーカワグチARC
商品名カッティングマット両面仕様カッターマットカッティングマット発泡美人ジョイントカッティングマットカッティングマットTKカッターボードカッターマット
価格1,596円992円724円3,183円1,188円1,320円1,402円
特徴カッターマットのスタンダード作業や好みで使い分けができるリーズナブルに大型カッターマットが手に入るジョイント式でマットが動かず安全性が高い布をまっすぐ正確に裁断する時の必需品難しい布のカットが簡単にでき手芸を楽しめる大判でリーズナブルな点も魅力的
サイズ幅45×奥行30×高さ0.3cm幅45×奥行32×高さ0.2cm幅45×奥行32×高さ0.3cm幅90×奥行29×高さ0.3cm幅45×奥行32×高さ1.5cm幅60×奥行45×高さ1.5cm幅60×奥行45×高さ3cm
材質オレフィン系樹脂再生ポリ塩化ビニール再生発泡PPPVC塩化ビニールPVC

折りたたみでおすすめのカッターマット

オルファ‐ふたつ折りカッターマット(1,697円)

バッグに入れて持ち運べる携帯性が便利

オルファの折りたたみ式のカッターマットは、カッターナイフのパイオニアであるオルファの製品。広げるとA3サイズで広めに使えます。折りたたむとA4サイズになり、狭い場所でも使いやすく、持ち運びしやすいのもメリット。さまざまな場所で使う人におすすめです。

広げると裏面には滑り止めが付いているため、作業がしやすく、怪我を防ぐことも期待できます。メモリは方眼以外に、円、はがきやB5サイズなどの大きさのわかる印が付いています。定規でわざわざ図る手間が省けますよ。

ナカバヤシ‐ 折りたたみカッティングマット(1,643円)

波型の折り口で段差が気にならない

ステーショナリーを扱うナカバヤシから発売されている折りたたみ式のカッターマット。素材には再生オレフィン系樹脂を使用しています。そのため耐久性が高く、焼却する際もダイオキシンなどが発生しにくいため、処分も容易にできます。

広げるとA2サイズの大判ですが、半分に折れるので、収納しやすく便利です。コピー印刷のインクが転写しにくいため、長くきれいな状態を保ちやすいメリットも。インクジェットプリントを使ったペーパークラフトにもおすすめです。

折りたたみでおすすめのカッターマットの比較表

商品画像
ブランドオルファナカバヤシ
商品名ふたつ折りカッターマット折りたたみカッティングマット
価格1,697円1,643円
特徴バッグに入れて持ち運べる携帯性が便利波型の折り口で段差が気にならない
サイズ幅45×奥行32×高さ0.2cm幅60×奥行45×高さ2.5cm
材質オレフィン系樹脂再生オレフィン系樹脂

まとめ

作業場に適したサイズのカッターマットがおすすめ

カッターを使って適切なサイズに切る作業は職場や、家庭でも多々ありますよね。そんな時にカッターマットがあると、下の台を気にせずに作業できます。さらに仕上がりが綺麗で効率的に切れるなど多くのメリットを得られます。カッターでの作業にカッターマットを利用してぜひ役立ててください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。