おしゃれでおすすめの吊り下げラック人気ランキング!【吊り下げ収納に】

どんなご家庭でも悩むのが、生活スペースでの収納です。置く場所がないからと物や道具を出しっぱなしにしていませんか。そんなとき吊り下げラックがあると、綺麗に収納出来て生活スペースを有効利用できるようになりますよ。今回は、収納上手な方も実践している、吊り下げラック収納についてご紹介していきます。おすすめの吊り下げラックブランドなども載せていますので、是非最後まで目を通してみてくださいね。




吊り下げラックの特徴

デッドスペースを有効活用できる

形状や大きさの違うものの多く集まる部屋はごちゃごちゃと乱雑になりがちですよね。特にキッチンやクローゼット、洗面所などの収納には苦労します。そんな時は吊り下げラックを活用するととても便利。ただの空間だったスペースが有効に活用でき、取り付ける前よりもぐっと収納力が上がります。動線に合わせて設置すると、作業台なども使い勝手が良くなりますよ。

何段かに分かれていると服やタオルなどを種類別に収納可能

畳んで積み上げて置きたい布製品には、何段かに分かれたタイプの吊り下げラックが最適。ランドリールームでの一時保管や、クローゼットの中をタンスのように使いたい時に活躍します。上段にハンカチ、中段にシャツ類などと種類別に分けることで機能性の高い収納に。引き出しがセットになっているラックでは、小さな衣類も収納が可能になります。布製のタイプとプラスチック製タイプとあり、クローゼットには布製、湿気の多いランドリールームではプラスチック製と使い分けると便利ですね。

簡単に取り付けられるタイプが多い

吊り下げラックの大きな特徴の一つが、釘などを使わなくても気軽に取り付けができることです。吊り棚やツッパリ棒など、掛ける場所があれば取り付けが可能です。気軽にレイアウトを変えることができますよ。なので試しに取り付けてみて、使いにくかったら外すことも出来ます。高い家具を買い替えなくても気軽に収納を増やすことが出来るのはうれしいですよね。

吊り下げラックの種類

キッチン用

各用途に特化したラックがたくさん

キッチンでは吊り棚や戸棚の下にデッドスペースができやすいため、天板に差し込むようにして取り付けるものが多いです。耐久重量は3~5Kg程度のものが主流で、多用途に使えるバスケット型やフック式のものと各用途に限定されているものとあります。例えば、ワイングラスを収納することに特化したものやキッチンペーパーをしまうのに便利な物、レシピ本に特化したラックもあります。錆びにくいステンレス製のものや、錆びに強い加工のされたスチール製のものがあります。

キッチンは調理台が整理されていることで作業の幅が広がったり、多種の料理が一度にできたりします。しかし調理台は散らかりやすいのも実際のところ。スぺースがないからとあきらめて調理台に出しっぱなしにしていた物はないでしょうか。そういったお悩みも、吊り下げラックを活用することで案外簡単に解決することが出来ます。むしろ収納上手な方のほうが、こうしたシンプルな収納法を積極的に活用していたりするので、今まで収納法が分からずに煩雑になりがちと思っていた方には特におすすめです。

クローゼット用

タンスの機能をクローゼットにも

クローゼット用の吊り下げラックは、つっぱり棒や物干し用のパイプなどに下げるタイプのものが主流です。多くはマジックテープが上部についており、パイプに巻き付ける形で取り付けます。通気性の良い麻などの布でできており、湿気やカビを避けたい衣類の保管に適しています。一段一段が四角いスペースになっているタイプのものは、タンスのように畳んだ衣類を積むことが出来ます。また、バッグの収納にピッタリのタイプや女性用下着などの小物の収納に特化したものもあります。

押し入れやクローゼットは大容量でありながら、100%デッドスペースなく活用できているという方はなかなかいなかったりします。そんな人にこそ吊り下げラックはおすすめです。しまいたいものに特化した吊り下げ収納を自分の持ち物に合わせて選ぶことでお部屋がスッキリと片付きますよ。クローゼットとタンスを併用している方は、吊り下げラックを活用することでタンスが要らなくなるかもしれませんね。

吊り下げラックの選び方

使う場所に合わせてサイズを選ぶ

キッチンでは引っ掛ける棚板の厚みをチェック

棚などに差し込んで取り付けるタイプの吊り下げラックの場合、棚板のサイズによっては合わずに取り付けられない場合もあります。選ぶ際は必ず、取り付ける場所の棚板の厚さや奥行、幅をメモしておきましょう。一般的な引っ掛け幅は厚み1.5~3センチくらいがスタンダードです。奥行や幅については商品紹介の見やすい所に明記されています。ご自宅のものを計って比べてみてください。可動式の棚が収納されているタイプの吊り棚では、金属部分が邪魔して取り付けが難しい場合もあります。購入前に必ず確認することが大切ですよ。

クローゼット内はラック下に何を置くかで高さを決める

キャリーバッグやシェルフなどをクローゼットの中に収納しているという方も多いですよね。クローゼット用吊り下げラックを選ぶ前に、その下に収納するものの高さを計っておきましょう。吊り下げラックの高さが長すぎると、ラックの下段がつぶれてしまいますし、短すぎると空間を生かしきることが出来ません。適切なサイズを選ぶことで、クローゼットの空間を100%活用できますよ。

洗面所の洗濯機上は洗濯物を取り出すときの家事動線を考慮して

洗面所では、バスケット式のラックなどを活用することで石鹸や洗顔フォーム等の置き場所を増設することが出来ます。家族が多い場合は用途の違う小物もたくさん増えてしまいがち。そんな時にちょっとしたラックが活躍します。取り付け方はキッチン用とほぼ一緒です。小物用の吊り下げラックは100円均一でもそろえることが出来るので、気軽に収納上手を目指してみてはどうでしょうか。また、洗面所にランドリールームが併設されているご家庭もたくさんありますよね。ランドリーラックの収納力が上がると、洗濯の作業がしやすくなります。染み抜きや乾燥機で乾かした後の一時保管など、一言で洗濯といっても作業内容は様々です。洗濯の動線をスムーズにできるようにしたいという方におすすめです。

収納する物や環境に適した素材を選ぶ

水回りに配置するなら錆びにくいステンレス製がおすすめ

キッチンや洗面所では蒸気や湿気がお部屋に充満します。そうしたお部屋での吊り下げ収納には、錆びにくいステンレス製ものやさび止め加工のなされた吊り下げラックを選びましょう。濡らさないように気を付けていても、いつの間にか錆びてしまって家具や収納していた者を汚してしまう、なんてこともあります。吊り下げラックはある程度の重さに耐えられる金属製のものが多いです。大切な物を補完する場合などは特に、錆びに強いものを選びましょう。

衣類ラックは布製だとクローゼット内でスペースを取らない

衣類の収納には布製のものが便利です。クローゼットの中では衣類を畳んで収納できますし、使わない時はラック自体を潰すとコンパクトになります。衣替えなど仕分けが必要な時にだけ設置して活用するという使い方もできます。常に使う方でも、今は使わないという方でも、クローゼットに1つ置いておくと一段と機能的なクローゼットになりますよ。

吊り下げラックのおすすめブランド・メーカー

tower(タワー)

必要なラックが必ず見つかる

キッチンのみならず、お家の様々な収納についての提案をし続けているブランドです。吊り下げラックのバリエーションも様々で、キッチン向けや洗面所向けの吊り下げラックも評判が良いです。towerブランドの収納ラックは見た目がモノトーンでシンプルなので、様々なインテリアを邪魔せずに馴染みやすいのが魅力です。

tosca(トスカ)

スチールと天然木の組み合わせがおしゃれ

キッチンを温かみのある雰囲気にしたい方におすすめなのがtoscaの吊り下げラックです。金属製で無機質になりがちな吊り下げ収納ですが、toscaのラックはオフホワイトのスチールに天然木を組み合わせているものが多いので、各用途のものを揃えると温かみのあるキッチンへと統一できますよ。

PROFIX(プロフィックス)

揃えることでクローゼットに統一感が出る

シーズンに使わない服や布団しまうための収納ケースなどを扱っているブランドです。布製の段ラックや小物収納用のラック、バッグ用のラックなども揃っています。淡い茶色の不織布の質感が自然で、別売りの引き出しを買い足したりして使いやすくカスタマイズできます。すべての収納をPLOFIXにすると、同色なので統一感がでますよ。

UMU(アッパーミドルウーバー)

樹脂プラスチック製で歪みに強い

プラスチック製の段ラックは、収納するものの重さで歪みが生じたりします。そこを解決してくれるのはUMUです。UMUのシリーズは丈夫な樹脂製のフレームが特徴で、棚シートと組み合わせることでより安定的に収納が出来ます。ワイドタイプの3段、5段タイプと、スリムタイプとあるのでこれらを揃えて統一感を出すのもありですね、

おすすめ&人気の吊り下げラックランキング

キッチンにおすすめの吊り下げラック

tower-ラップホルダー キッチンペーパーホルダー (3,240円)

ラップやキッチンペーパーなどを一か所に収納

カラー展開にはブラックとホワイトがあり、シンプルな見た目がどんなキッチンにも馴染みます。使用頻度の多いものを集約できるので、ものを取るためにウロウロする必要がなくなります。アルミホイルやキッチンペーパーはコンロでも作業台でも使用するものなので、その境目に置くことでどちらの方向からもワンステップで手が届くようになって便利です。

サイドについているフックも便利で、形が独特でしまいずらいカトラリーなどもつるして保管することができます。料理をよくする方は特に、道具を取り出すのに重宝するのではないでしょうか。下段はキッチンペーパーだけではなく筒状のビニール袋や布巾も掛けられるので、シンク回りを綺麗に保ちたい方にもおすすめです。

tower-キッチン収納 レンジフードフック (2,916円)

レンジフード下のデッドスペースを有効に

レンジフードは案外引っ掛ける場所が多かったりします。フライ返しやお玉、料理にしか使わない調味料入れなどをコンロの上に置いておくと大変便利なんです。そこでこのレンジフードフックが活躍しますよ。

特に調理の行程が多い料理の場合、必要なカトラリーが手の届くところにあると大変重宝します。なので、レンジフード周りのスペースも収納に生かさない手はないです。一つの動作で必要な器具や調味料を取ることが出来るので、主婦の動線についてよく考えられている商品です。よく料理する方におすすめですよ。

tosca-戸棚下収納ラック (3,132円)

スチールと天然木の組み合わせがおしゃれ

キッチンが木目調やタイル張りなどのカントリー調で統一されている方など、キッチンの温かみのある雰囲気を壊さずに吊り下げ収納を楽しみたいという方にとてもおすすめなのが、こちらの戸棚下収納ラックです。淡いピンクやブルーを基調としたキッチンにも似合う見た目がとても可愛い商品です。

付属のフックを動かせるので、端に寄せることでふきん掛けにもなります。ラップやアルミホイル、平たい小皿にも使え、用途を選びません。アンティークの雰囲気を生かして、イミテーションの木のツルや造花を飾っても可愛いです。

Sweet Pea-戸棚下収納ラック (2,674円)

とにかくかわいくおしゃれ

かわいらしい別売りのアイアンブランケットとシェルフボードを合わせて買うことを推奨されている商品です。あじわいのある木製のボードや棚に取り付けるのにピッタリのアンティーク感あふれるラックになっています。アイアンブランケットの種類も豊富で、お部屋の雰囲気に合わせたデザインを選べるのも魅力の一つです。

キッチンに設置しても、リビングの壁にシェルフボードを取り付けて設置してもいいですね。お部屋のアクセントが欲しい方におすすめです。ラックの下部に吊り下げ用の穴が空いているので、同じ吊り下げラックをドッキングして段数を増やすことも出来ますよ。

Plate-戸棚下キッチンツールフックフック(1,317円)

カトラリーやカップ掛けにも

単純なフックですが、こうしたシンプルな収納がキッチンでは重宝されます。こちらのように8つほどフックがあれば料理の際必要なカトラリーを一式掛けることができます。幅をとらないので、もっとたくさん掛けたいときは複数個設置してもいいですね。

フックの使い方は自由なので、カトラリーの他にも計量カップや缶切りなどをかけてもスッキリします。統一のカップをいくつも掛けてみてもおしゃれにまとまりそうですね。モノトーンなどキッチンの雰囲気をシンプルに抑えたいという方にもおすすめです。

クローゼットにおすすめの吊り下げラック

PROFIX-衣類・小物整理ラック (1,520円)

押し入れにしまいにくかった物も上手に収納

6つに分かれた段ラックで、フェイスタオルやシャツなどを畳んだときに横幅が丁度よく収まります。お子さんの服を一つに集約したい時も重宝しますし、複数あれば季節ごとの服を分けてしまうことも出来ます。

1段1段が女性用の小さなハンドバッグの収納や帽子収納にもちょうどいいサイズになっているので、おしゃれ用品でクローゼットがいっぱいという方にもとてもおすすめです。サイズの合うかごなどを買い足して小物を収納するのにも使えますし、おしゃれ用品を一か所にまとめたいという方にも重宝な商品です。

PROFIX-バッグ整理ラック(1,280円)

長すぎずクローゼットに収まりやすい

下に物を置くときはこのくらいのバッグ収納が丁度いいです。服とバッグ相性を見て服装を選ぶ方も多いと思いますが、取り出さなくてもサイドが見えるので、コーディネートのファーストイメージをつかむときにもおすすめです。

バッグ収納には最適な商品ですが、バッグ以外の収納に活用している方も多いようです。例えば、タオルやTシャツを筒状に丸めて積むという方もいます。冠婚葬祭用のバッグや数珠、草履などをまとめて置いてもよさそうですね。

PROFIX-小物整理ポケット (1,110円)

両面についたポケットで収納力アップ

専用のシャツ用ポケットや小物用ポケットなど、様々な大きさのポケットが両面についているハンガーです。同ブランドの段ラックと同じ素材同じ色になっているので、揃えると統一感を演出できます。オープンクローゼットにかけてもおしゃれですね。

こちらを活用することで、通常クローゼットにしまうことが出来なかった小物まで収納することができます。物は多くないはずなのになぜか片付かない、スッキリしないという方にとてもおすすめです。

ショップワールド-吊るす収納 深型 ハンガー付 (2,480円)

最下部のバーにハンガーで一時保管

ハンガー用のバーが最下部についている、ありそうでなかったユニークな段ラックです。翌日着るものの準備などに重宝しますし、幼稚園や保育園のカバンや園児服などを入れてもよさそうです。オープンクローゼットとして使ってもモダンなイメージですし、他の段ラックと併用しても便利に使えます。

畳んで保管したいYシャツやハンガーに掛けたいスラックスを、このラックによって一か所にまとめることができます。男性にグレーの生地が男性のお部屋にもマッチするので、仕事着を適切な保管法で置いておきたい男性の方にとてもおすすめです。

くらしのeショップ-吊り下げ収納 幅14 仕切りケース付き (2,990円)

小さな小物収納もワンセットで

バッグ収納や筒状に畳んだタオル、クローゼットにはしまいにくい小物収納もこれ一つで解決します。別売りで販売されることも多い仕切り付きの引き出しがセットになっているので、スカーフや丸めたベルトなども収納できます。クローゼットにしまうなんて想像もできなかったものも仕舞えるようになり、チェストが要らなくなるかもしれません。

カバンに入れて持ち歩くためのものを一か所に置いておくとお出かけの際にバタバタする必要がなくなります。この吊り下げ収納では、ポーチやハンカチ、ティッシュケースなども仕切り付きの引き出しがあることで収納可能になるのでお出かけ前にバタバタとしがちな方にもおすすめ。ハンガーラックにかけて置いてもおしゃれなデザインなので、オープンクローゼットとして一つ持っていてもいいと思います。

洗面所でおすすめの吊り下げラック

tower-ドライヤーラック (2,592円)

髪のスタイリング用品を一か所に

ドライヤーやヘアアイロン、くしなどを一か所にまとめられて便利な吊り下げラックです。筒状のものが入れやすいので、部屋スプレーを保管するのにも最適です。ドライヤーやアイロンの持ち手を外側に出して収納することで、使用する時に取り出しやすくなります。コードフックが付いているため、各ヘアセット家電をコードごとコンパクトにまとめることができます。朝のヘアセットはバタバタとしがちなので、すっきり片付いた洗面台にしておきたいという方にもおすすめです。

また、洗面台のミラー部分が収納になっている洗面台も多いですが、こうしたラックを活用することでミラー裏の収納スペースがフリーになります。洗面所は家族全員が使うスペースなので案外物が溜まりがち。吊り下げラックを使用することで家族全員が気持ちよく顔を洗ったり歯を磨いたりできますよ。

tower-棚下ハンガー収納 (2,592円)

ハンガーや洗濯ネットの保管に

ランドリー回りもモノトーンで落ち着いた雰囲気に統一したいという方にもおすすめなのがこちらのハンガー収納です。ハンガーバーが奥と手前に分かれているので、つるすものを種類別に収納したい時に便利です。使わないハンガーをここに収納しておくと、衣類にハンガーを付ける時にスムーズですよ。

こういった形状のフック用バーが洗濯機回りではとても便利です。染み抜きに使用したブラシもS字フックにかけて乾かすこともできますし、洗濯機のホコリをふくための布巾をかけることも出来ます。ランドリー収納をもう一段便利に変えたいという方におすすめです。

UMU-吊り下げラック レギュラー3段 (1,900円)

樹脂製でたわみにくい

樹脂製でしっかりした作りの段ラックなので、歪んだりたわんだりすることがないです。錆びたりすることもないので、湿気の多いランドリールームにもおすすめです。付属の棚シートを使用することでさらに補強され、タオルなどをたくさん置いても大丈夫です。

見た目がおしゃれなので、オープンクローゼットやリビングルームの見せる収納用にも使えます。大きさの合うバスケットを設置し、来客用のおしぼりなどを置いても可愛らしいですね。カラーが白なのでナチュラル素材との相性も良く、木製の物干しバーなどにも合いますよ。

tosca-棚下ハンガー ランドリー 収納 (2,916円)

ランドリールームにも素朴なおしゃれ感を

toscaのラックの特徴でもある天然木の吊り下げバーは、ランドリールームでも活躍します。奥の白いバーと手前の天然木のバーとで吊り下げるものを区別でき、小型のピンチやハンガーの収納に便利です。洗濯ばさみを入れる小さいかごを下げるにもサイズ感がピッタリなので、洗面所やお風呂場に室内乾燥機を置いている場合も取り出しに便利ですよ。

洗面所とランドリールームが併設されているお家では、来客がトイレに入った時などルームを見られてしまうこともありますよね。ランドリールームとはいえ生活感を出したくないという時は、このラックでルームに統一感を出してみてはどうでしょう。toscaのラックは、そうしたインテリアにこだわりのある方にこそおすすめです。

まとめ

吊り下げラックを選ぶときば用途を想像して

吊り下げラックは用途によって大きさや形、素材も様々です。おうちの中のどの箇所でどう使うか、サイズや環境はどうかを計算して選ぶことで、その部屋にピッタリの吊り下げラックを見つけることが出来ますよ。吊り下げるだけなのでレイアウトを変化させることも出来ますし、100円ショップに売っているもので試してみて後々本格的な物に変えてみてもいいかもしれません。インテリア初級者の方にも上級者の方にもおすすめの、吊り下げラックについてご紹介しました。是非自分のお部屋に合ったものを見つけてみてください。