2019おすすめのインパクトドライバー人気ランキング!【初心者からプロ用まで】

本棚やカラーボックスを組み立てたり、2×4材でDIYを楽しんだりする際、重宝するのが作業がぐんと楽になるインパクトドライバー。先のビットを交換すれば様々な用途に使えるので、一つ持っていると何かと便利ですよね。タイプも実に様々です。そこで今回はインパクトドライバーの種類や選び方、おすすめの商品について詳しく解説していきます。豊富な種類の中からどんなものを選べばいいのか、是非参考にしてみて下さいね。




インパクトドライバーとは?

回転に打撃を加えてネジを締める電動工具

木材を使って簡単なテーブルを作ったり、組み立て式家具を購入したりした時に重宝するのがインパクトドライバー。ネジ締めや穴開けといった作業を効率よく行うための電動工具の一種です。先端部分には、回転に打撃が加わるようになっているので、より強い力で押し付けながらネジを締めることが可能。そのため、ウッドデッキなどの床材や壁材のような厚くて硬い素材のものも、ねじ込みながらしっかり固定させられるようになっています。

インパクトドライバーとドリルドライバーの違い

ドリルドライバーは回転の力だけでネジを締める

電動工具というと電動ドライバーを思い浮かべる方も多いでしょう。インパクトドライバーはそれのワンランク上の工具になります。電動ドライバーは回転によってネジを締める工具ですが、インパクトドライバーは回転に更に打撃(インパクト)が加わることで、より軽い力でパワーを発揮することが出来るようになっているのです。どんなものを組み立てるかによりますが、厚みのあるもの、硬いもの、より頑丈性を出していきたいものはインパクトドライバーがおすすめです。

インパクトドライバーの特徴

ネジを締め付ける能力が高い

インパクトドライバーのパワーのことをトルク値といい、その単位はニュートンメートル(N.m)で表されます。トルク値が大きいほどパワーも大きくなります。インパクトドライバーというのは電動ドライバーの機能に、更にハンマーの打撃で衝撃力をプラスしたものになります。ネジを締める力が電動ドライバーよりも強力で、なおかつ耐久性に優れているというのが特徴です。

先端の工具を取り替えることで様々な用途に使える

インパクトドライバーは先端に取り付けるビットと言われる工具を取り替えることで、用途ごとに使い分けられます。ビットにはネジ締め用、穴あけ用、研磨用など様々なタイプがありますよ。硬い金属やコンクリートに穴を開ける場合、開けたい穴の大きさのビットを取り付けるだけです。木工用やコンクリート用、金属用なども揃っており、電動ドライバーよりも早く作業が進められます。

インパクトドライバーの種類・使い方

バッテリー式

充電タイプでコードが邪魔にならず作業効率もアップ

バッテリー式は、本体にバッテリーを取り付けることでコード不要で持ち運ぶことが出来るタイプです。コンセントのない場所でも使えるため、屋外で作業をすることが多い方におすすめ。ペンタイプのようなコンパクトなものはほとんどがバッテリー式になります。また、慣れない内はコードタイプだとちょっとした時に引っかかって作業に支障をきたすことも少なくありませんが、バッテリー式なら絡まる心配もいりません。

ただし、バッテリー式は長時間使用しているとどうしてもパワーが落ちてくるというネックも。あらかじめ充電しておく必要がありますし、使用中には常にバッテリーの残量を気にしておかなければなりません。中にはバッテリー残量が表示されるタイプもありますよ。また、更に本体にバッテリーを取り付けることになるため、その分重くなるというデメリットもあるので注意が必要です。

コード式

バッテリーの残りを心配する必要が無用

コードタイプのインパクトドライバーは、近くにコンセントがないと使えないという点ではやや不便ではありますが、バッテリー残量を気にせず使えるというのは嬉しいポイントですね。常に電力が供給されるのでパワーが衰えることなく使えるというのも魅力的。ハイパワーのままで使えるので、長時間での使用にもおすすめです。

また、コードタイプは本体にバッテリーを装着する必要がありません。その分重量も軽くなっていますので、力の弱い女性でも扱いやすいというメリットも。機能性が高くドリル部分の回転数も多いので、軽い力で早く作業が進められます。本格的なプロ向けインパクトドライバーは、長時間パワーが持続するコードタイプが多くなっていますよ。

インパクトドライバーの選び方

トルク値の大きさで選ぶ

DIY位であれば25~130N.m(ニュートンメートル)で大丈夫

トルク値は商品には必ずと言ってもいいほど表記されていますので、購入の際はチェックするようにしましょう。おおよその基準として、一般的な40mmビスは100N.mのパワーがあれば簡単に締めることが出来ます。ホームユースであれば25~130N.m程で十分でしょう。また、バッテリー容量も3.0〜4.0Ah位のものを選ぶのがおすすめです。

本格的なプロ向けインパクトドライバーなら160~180N.mを

ウッドデッキの組み立てなど、90mm以上の木材に穴を開けたりビスを締めたりしたい場合もあるでしょう。そうなると130N.mのパワーは欲しいもの。厚みのある木材や硬い芯材も130N.mのパワーがあればそれほど力を入れることなく、まっすぐに打ち込むことが可能です。もちろん、後からビスを取り外して分解したいというときも楽に取り外せますよ。半回転方向に回るようにする操作も簡単。

作業環境に合わせて選ぶ

屋外での使用には防塵性・防滴性に優れたタイプを

屋外で使用する場合、急な雨を想定しておくことも必要です。特にコードタイプの場合、雨で濡れると感電の恐れも。防滴仕様のものであれば多少の雨でも大丈夫です。また、インパクトドライバーは砂埃や木塵などが多い場所で使用することも多いもの。防塵仕様ならば、ホコリやチリがたくさん舞っている場所でも安心して使えますよ。

屋内での細かい作業には軽量なペン型のインパクトドライバーがおすすめ

ペンタイプのインパクトドライバーは軽くて使いやすいのが特徴的です。小さくて持ち運びしやすいので、狭い場所での作業に最適。ペンタイプのインパクトドライバーは価格もリーズナブルです。その代わりパワーは一般的なヘッドのインパクトドライバーよりも弱いというデメリットも。そのため、一台は大きなインパクトドライバーを所有した上で、軽作業用としてペンタイプを別途用意しておくという方も少なくありません

インパクトドライバーのおすすめブランド・メーカー

MAKITA(マキタ)

知名度抜群の工具製造メーカー

1915年に創業したマキタは、圧倒的な知名度とその性能の良さから非常に人気のある工具製造メーカーです。故障した工具を3日で修理するという『修理3日体制』も工具を扱う多くのプロから高い支持を得ています。

HiKOKI(ハイコーキ)

国内トップクラスの人気工具メーカー

HiKOKIは、充電工具を取り扱っている国内トップクラスのメーカーです。元々は日立工機としてもよく知られています。リチウムイオン電池を搭載された、1000種類以上の幅広いラインナップが魅力的ですね。

BOSCH(ボッシュ)

世界中で愛されているドイツの工具メーカー

BOSCHはドイツの工具メーカーです。世界60カ国以上で使われており、450以上の子会社で事業を展開しています。耐久性に優れている反面、日本人の手には少し大きめというデメリットもあるのでサイズには注意が必要です。

リョービ

様々な製品を取り扱っているダイカストトップメーカー

リョービは広島に本社を置いている企業です。釣具やパワーツールなど、様々なアイテムの製造・販売を行っています。海外メーカーとも取引があり、設計から製造まで一貫体制をとっていることでも高い支持を得ていますよ。

おすすめ&人気のインパクトドライバーランキング

初心者向けでおすすめのインパクトドライバー

BLACK&DECKER-コンパクトワークアシスト(5,894円)

LEDライト付きで手元も明るく照らせる

バッテリーを含めてもわずか0.4kgという軽量設計。コンパクトなサイズで持ちやすく、マグネット式スクリューホルダーがビスをしっかり固定してくれるので、片手でも快適に操作できるように工夫されています。6段階のトルク調節機能が付いているので、用途に合わせて使い分けが可能。

最大トルク値は4.8N.mとパワーは弱めです。リチウムイオン電池を搭載しており、継ぎ足し充電も可能ですよ。普段使うことの多いビットも多数付属してくるので、すぐに使用することが出来ます。LEDライトが付いており、狭い場所や暗い場所でも手元をしっかり照らしてくれますよ。

アイリスオーヤマ-充電式インパクトドライバー(7,820円)

ビットが10本付属してくるので初心者にもおすすめ

最大トルク値は80N.mと初心者には十分なパワーを備えているインパクトドライバー。厚みのある材質にもしっかりネジ締めが可能です。握った分だけスピードを変えられるので、使い勝手も抜群です。回転方向も手元のスイッチを押すだけで簡単に切り替えられますよ。

バッテリータイプですので、屋外での仕様にも最適です。また、ドリル部分が回転すると同時にLEDライトが点灯するようになっていますので手元も明るく快適。プラスとマイナスに六角ビットを合わせた10個のビットが付属。チャック式でしっかり固定してくれます。

パナソニック-充電スティックインパクトドライバー

小型で狭い場所でも使いやすいパワフルでコンパクトなタイプ

小型サイズで使いやすいスティックタイプのインパクトドライバー。真っ直ぐな状態でも持ち手部分を折り曲げても使えるので、狭い場所でのネジ締めに大活躍してくれることでしょう。通常のインパクトドライバーとして使えるのはもちろん、手締め機能も付いているので増し締めも可能です。

LEDライトはスポットタイプとワイドタイプの2WAY仕様になっています。そのため、様々な場所で明るい状態で作業することが可能です。カラーバリエーションも5種類から選べるのも魅力的。耐久性に優れているベッセルのビット5本も付属してきますよ。

マキタ-インパクトドライバーMTD0100(10,247円)

軽量で女性でも使いやすいタイプ

わずか1.0kgと軽量で、なおかつ全長184mmと非常にコンパクトなボディですので、女性でも握りやすく、長時間使い続けても手が疲れにくくなっています。最大トルク値は100N.mで、ホームユースとしては十分なパワーが備わっています。

グリップ部分には滑り止め加工が施されており、落としにくくなっています。コードタイプですので、バッテリーの残量も気にすることなく長時間使用することも可能。初めてのインパクトドライバー購入を考えている方におすすめです。

マキタ-予備バッテリ付き充電式ペンインパクトドライバ(13,770円)

アルミケース付きで左利きでも使いやすいペン型

非常にコンパクトなペン型インパクトドライバー。1.5Ahのバッテリーが2個付属してきますので、予備充電も可能。カラーも青、黒、白の3色から選べます。重さはバッテリーを含めても0.55kgとかなりの軽量です。棒状でもペン状でも使用できますよ。

コンパクトですが、機能は十分。右手でも左手でも使えるように左右両側にスイッチが付いているのも嬉しいポイントですね。正逆回転切り替えも簡単ですし、無段変速機能付きですので初心者の方でも感覚的な操作が可能です。

DIY向けでおすすめのインパクトドライバー

EARTHMAN-充電式インパクトドリル(12,015円)

スマートフォンやタブレットへの充電も可能なバッテリーパック付き

インパクトドライバーに、電気ノコギリ機能も備わった万能タイプ。最大トルク値は110N.mとなっています。インパクトドライバーにも、電動ノコギリにも無段変速機能が付いており、もちろん正逆回転切り替えも可能です。充電残量も表示されるので後どれくらい使えるのかも一目瞭然。

バッテリーパックにはUSB出力機能も備わっており、いざという時はスマートフォンやタブレットへの充電も可能。継ぎ足し充電もできるので、仕様時間が長くなりそうなときも安心ですね。本体やバッテリーパック、のこぎりブレードなどをまとめて収納できるバッグも付属してきますよ。

インパクトドライバー TL2180(6,280円)

ビス類もまとめて収納できる専用BOX入れが付属してくるタイプ

1万円を切る価格でありながら、120N.mに18vの電圧が備わっているのでパワーも十分。回転数は1分間で最大2200回となっています。ビットの取り付けもワンタッチ。本体にマグネットが付いているため、ネジやビスなども手元に固定しておけます。

使用頻度の高いドライバービットがあらかじめ6本付属してきます。予備バッテリーも付いてくるため、途中でバッテリーが切れる心配も無用です。これらを全部すっきりまとめて収納できる専用ボックスもついてきます。ハードタイプで持ち手も付いているので、持ち運びしやすいのも魅力的。

マキタ-充電式インパクトドライバー(10,355円)

コンパクトでパワフルな充電式インパクトドライバー

重量はバッテリを含んでも1kg以下ととても軽く、長時間使用しても腕が疲れにくくなっています。本体も小型ですので、狭い場所や手の届きにくいところでも作業しやすいというメリットも。最大トルク値は90N.mとなっています。

カラーはマキタらしい青に加え、スタイリッシュな白も。もちろん、LEDライトも搭載されているので、暗い場所でも手元がしっかり見えますよ。本体のみタイプ、ソフトケース+バッテリ1本付きタイプ、プラスチックケース+バッテリ2本付きタイプからお好みのタイプを選んで購入できます。

パオック-充電インパクトドライバー(16,416円)

継ぎ足し充電が可能で使いたい時にすぐに使える

急速充電器が付属してくるため、たったの30分で充電完了です。長めのネジでも短時間でしっかり閉められますよ。もちろん、両頭ドライバビット2本やバッテリーパックも2つ付いてくるので、バッテリー切れの心配もなく使えます。最大トルク値も120N.mと、一般的な使用には十分なパワーが備わっています。

本体は予備バッテリー、各種ビット類を保管できるケースも付属。本体デザインに合わせたスタイリッシュなデザインになっています。本体は約450gと軽く、この価格帯としてはかなりコストパフォーマンスに優れているインパクトドライバーと言えるでしょう。

リョービ-充電式インパクトドライバ(10,562円)

ネジ締め速度を高速から低速に切り替えられる

こちらのインパクトドライバーはネジを締める速度を高速と低速に切り替えることが可能なタイプです。低速の時は最大トルク値75N.mですが、高速のときには130N.mに。その時の状況や作業環境などに応じて使い分けられるのは大変便利ですよね。

グリップ部分は若干細く設計されていますので、しっかり握り込むことが出来ます。駆動時のブレも軽減しやすくなりますよ。高輝度LEDライトが付いていますので、暗所でも手元が明るく照らされます。プラスドライバビットに電池パックが2個、充電器にキャリングケースもついて1万円前後で買えるのも魅力的ですね。

プロ向けでおすすめのインパクトドライバー

HiKOKI-コードレスインパクトドライバ(13,800円)

140N.mのパワーでネジ締めも楽に行えるのが魅力的

コードレスタイプのインパクトドライバーで、最大トルク値は140N.mとパワフル。厚みのある材木や硬い金属への穴開けやビス付けも可能です。それでいて重さは1.3kgと比較的軽量。小型でグリップも安定しているのでグラつきにくい形状になっています。

電池は1.3〜5.0Ahまで選べるリチウムイオン電池。日立の14.4Vリチウムイオン電池なら、大容量タイプでも使用可能です。本体には便利なビットホルダーが付いています。予備のビットを収納しておけるので、作業効率も更にアップしますよ。

パナソニック-充電インパクトドライバー(45,230円)

14.4Vと18Vが両用できるコンパクトタイプ

軽量でコンパクトなヘッドで、狭い場所での作業もスムーズに。小さくても耐久性はそのままでで、モーター部分やスイッチ部分など負荷がかかりやすい場所も高い強度が保持されています。高級感のあるカーボン調パターンで、見た目もおしゃれでスタイリッシュなインパクトドライバーです。

14.4Vと18V両用ですので、用途に合わせて使い分けることも可能です。バネのチューニングと挙動の最適化によって、打撃時における衝撃も抑制してくれます。振動も少なく、まっすぐに打ち込むことが出来ますよ。カラーバリエーションが5色と豊富なのも嬉しいですね。

マキタ-充電式インパクトドライバー TP141DRFX(47,844円)

テクス用ネジ専用モードも付いた軽量でパワフルなタイプ

インパクトドライバーでは頭が潰れてしまいがちなテクスねじですが、こちらはテクスねじ専用のモードも搭載されているので安心。ドリル部分は9段クラッチで、スピードも2種類から選べます。インパクトモードはもちろん、打撃を必要としない電動ドリルモードや回転のみのドリルモードも搭載されているので、用途に合わせた使い分けが出来ますよ。

バッテリーの残量も分かりやすく表示されますし、ライトも任意にオン・オフの切り替えが可能。トルク値は最大150N.mですが、電池残量により設定したトルク値と20%以上差が生じた場合、LEDが点滅して知らせてくれます。わずか22分で充電が完了するので、すぐに作業に取りかかれます。

HiKOKI-インパクトドライバー(16,540円)

業界初のトリプルハンマ機能が付いたパワフルでスピーディなタイプ

高用量の6.0Ahを搭載しているので、一度の充電で作業時間が長いのが特徴的。急速充電器により、約30分で充電が完了します。業界初の新打撃機構、トリプルハンマが備わっており打撃のエネルギーが非常に強くなっています。トルク値も最大177N.mとパワフルですので、ネジ締めもスピーディに。

防塵・防水機能も備わっており、粉塵が侵入しにくいよう工夫されています。重心がハンドル握り部分の中央に来るように設計されているため、バランスもよく、作業時の腕の負担も軽減されますよ。冷却効率もアップして、本体に熱を帯びにくくなっているのも嬉しいですね。スタイリッシュな大容量ケースも付属します。

マキタ-インパクトドライバー(35,640円)

ビット揺れを大幅に軽減し最大トルク値180N.mのパワーを保持

軸受部分にダブル・ボールベアリングが採用されたことにより、長いビットを使用している時の揺れも大幅に軽減されます。長さ116mmというコンパクトサイズでありながら、トルク値は最大180N.mと非常にパワフル。打撃モードもグリップを握ったまま手元のボタンで最速・強・中・弱の4段階に切り替えられます。

モードメモリー機能が備わっていますので、よく使うモードを登録しておくことも可能。4つのモードから選べ、テクス(薄板)モードの場合、ビス貫入後打撃を検知して自動停止してくれます。左右にLEDが付いていますので視認性も高く、手元に影が出来にくいようになっています。プラスチックケースは大容量でハンドルも付いているので持ち運びも簡単ですよ。

まとめ

ある程度使用目的を絞って選ぶのがポイント

インパクトドライバーは、一度使い始めるとその便利さに驚くことでしょう。どのような用途で、どれくらいの頻度で使用するのかある程度絞った上で選ぶと、失敗も少なくなりますよ。使い方次第では危険な電動工具ですので、使用時には必ず安全を確保し、使用方法を守って使用するようにしましょう。今回はインパクトドライバーについて人気メーカーの商品を挙げながら紹介しました。是非、作業が楽しくなるようなインパクトドライバーを見つけて下さいね。