2019おすすめの眉毛カッター・眉毛シェーバー人気ランキング!【男女別】

顔は第一印象を決めますが、その中でも眉毛は顔の印象を決める大切なパーツになります。最近は眉毛専用のサロンも多く見かけますよね。ですが全ての人がサロンに通えるわけではないし、サロンに通っている人も眉毛は毎日伸びるので自分で整える必要があります。そんな時に便利なアイテムが眉毛カッターです。眉毛カッターがあれば、好きな時に自分で眉毛を整えることができますよ。今は様々なメーカーから眉毛カッターが発売されていて、商品によってその特徴も違います。眉毛カッターを快適に使うためには、自分に合う眉毛カッターを選ぶ必要がありますよ。そこで今回は眉毛カッターの選び方について、おすすめの人気眉毛カッターを紹介しながらお話ししていきます。女性だけではなく男性におすすめの眉毛カッターも紹介しますので、女性も男性もぜひチェックしてくださいね。




眉毛カッターの特徴

はさみを使うよりも長さを均一にカットできる

眉毛カッターができることは眉毛の長さを整えることと、眉まわりのムダ毛と産毛の処理です。眉毛の長さを整えるアイテムとして、眉毛カッターの他に眉はさみがありますよね。眉毛カッターが眉はさみよりも優れているところは、眉の長さを簡単に均一にカットできるところです。眉はさみを使って眉毛を整えるのには技術が必要です。慣れていない場合は、はさみだと眉毛をどの位カットして良いのか分からずに切り過ぎてしまうことも多いです。眉毛カッターの場合、多くの商品に専用のコームが付属されていてそのコームを付ければ初心者でも簡単に眉の長さを均一にカットすることができますよ。はさみのように眉毛を切り過ぎてしまうこともないので、失敗が少ないのが嬉しいです。

毛抜きで処理するよりも肌に優しい

眉まわりのムダ毛と産毛の処理ができるアイテムは眉毛カッターの他に毛抜きがあります。毛抜きは毛をしっかり抜くことができますが、眉まわりの太い毛の処理以外は顔に毛抜きを使うのはおすすめできません。口周りや頬の産毛を毛抜きで処理すると、肌にダメージを与えてしまいます。肌が弱い人の場合は、眉まわりも毛抜きを使うと肌が赤くなってしまうことがあります。眉毛カッターは毛を抜くのではなく、剃る形になるので毛抜きよりも肌にダメージを与えにくいですよ。あらかじめクリームをつけて使えば、肌が弱い人でも肌に負担をかけずに毛を処理することができます。

眉毛カッターの種類・使い方

電動タイプ

素早く眉毛を処理することができる

眉毛カッターの種類は大きく分けて電動タイプと手動タイプがありますが、それぞれに利点がありますよ。電動タイプの魅力は、眉まわりのムダ毛と産毛の処理が素早くできるところです。電動は手をゆっくり動かすだけで刃が当たっている部分の毛を剃ることができるので、忙しい朝でも素早い処理を行うことができますよ。

電動タイプの眉毛カッターのもう一つの魅力は安全に使えるところです。手動タイプの眉毛カッターの刃はカミソリになっているので、気を付けて使わないとケガをしてしまいます。電動タイプの眉毛カッターは刃がとても細かくなっているので、肌を切ってしまうようなことがありません。眉毛カッターを使い慣れていない初心者には安全に使える電動タイプがおすすめですよ。また、電動タイプはコームをセットすることができるので、眉毛の長さを調節することができるのは電動タイプになります。

手動タイプ

切れ味が良いのでしっかり剃れる

手動タイプの眉毛カッターの魅力はしっかりと毛を剃ることができるところです。手動タイプの眉毛カッターは刃に紙も切ることができるようなカミソリを使用しているので、毛を根元からしっかり剃ることができますよ。眉まわりの太い毛は電動の眉毛カッターで処理をすると根元が黒く残ってしまうことが多いですが、手動タイプは根元からきれに剃ることができます。

手動タイプの眉毛カッターはカミソリを使用しているため慎重に使う必要がありますが、毛をしっかり剃ることができるので仕上がりがとてもきれいです。産毛処理の仕上がりの美しさを求める人には手動タイプがおすすめです。手動タイプは慎重に扱う必要があるため、時間に余裕がある時に使うのが良いでしょう。手動タイプと電動タイプをその日によって使い分けるのも良いですね。手動タイプは眉毛の長さを調節には不向きなので、長さ調節には電動タイプを使いましょう。

眉毛カッターの選び方

刃の大きさや形状で選ぶ

細かい部分の処理には小さめの刃だと扱いやすい

眉毛カッターを電動にするか手動にするか決めたら、次は刃のタイプを選ぶのが大切ですよ。眉毛カッターは使う顔の部位によって刃の大きさを変えるのがおすすめです。眉毛周りの細かい部分の処理には長さが1cmくらいの小さい刃のものを選びましょう。大きい刃を使うと、使いづらい上に誤ってまつ毛まで切ってしまうことがあります。眉まわりには1cmくらい、口周りなどの部分には3cmくらいの刃が使いやすいですよ。顔の色々な部位に使いたいなら、刃を取り替えることができる電動タイプがおすすめです。手動タイプは電動よりも安いので、部位によって違うサイズの眉毛カッターを使い分けるのが良いですね。

顔のうぶ毛処理にも使うなら二枚刃がおすすめ

同じ顔でも眉まわりとそれ以外の部位では毛の太さが違います。眉まわりの毛は太いですが、口まわりや頬などの産毛は細いです。毛が細い産毛は電動タイプの眉毛カッターではちゃんと剃れないという声も聞きます。細い産毛を電動眉毛カッターでしっかり処理したいなら、二枚刃のものを選ぶようにしましょう。二枚刃タイプは固定刃と可動刃の2枚の刃で毛を挟んでカットするため、産毛のような細い毛もしっかり処理することができますよ。毛をしっかり剃ることができる二枚刃の眉毛カッターは処理が短時間で済むので、肌への負担も少ないです。

肌に優しいタイプを選ぶ

肌に優しいのは刃に丸みがある電動シェーバー

眉毛カッターは頻繁に使うものなので、肌への優しさにこだわることも大切です。特に敏感肌の人はちょっとした刺激ですぐに赤くなってしまうので、肌に優しいものを選ぶようにしましょう。肌への優しさを求めるなら、刃が丸くなっている電動タイプの眉毛カッターがおすすめですよ。刃が丸くなっているものと丸くなっていないもので、肌への当たり方が全く違います。丸い刃の眉毛カッターを普段使っている人が丸くなっていないものを使うと痛いと感じるほどです。

水洗いできるものなら清潔に使うことができる

直接肌に触れる眉毛カッターは清潔に使うことも大切になります。頻繁に取り替える手動タイプの眉毛カッターに比べて電動タイプは長く使うため、お手入れのしやすさも選ぶ時のポイントになりますよ。電動タイプには、水洗いできるものと水洗いできないものがあります。水洗いできないタイプはブラシや乾いた布を使ってお手入れする形になります。より清潔に使いたい人は水洗いできるタイプを選ぶようにしましょう。

使い勝手の良い機能で選ぶ

コーム付きなら眉毛の長さを正確に揃えることができる

眉毛カッターは眉まわりの毛の処理だけではなく、伸びた眉毛をカットすることができます。眉毛の形をきれいに整えるために大切なのは、眉毛を均一にカットすることです。眉毛の長さを揃えて均一にカットするためにはコームが必要になります。専用コーム付きの電動眉毛カッターは眉毛の長さを均一にカットすることができますよ。その中でもおすすめなのが、眉毛の長さを調節できるコームが付いているものです。好みに合わせて眉毛の長さを変えることができますよ。

多彩なアタッチメント付きなら鼻毛などの処理も同時に可能

眉毛カッターを幅広く使いたい人におすすめなのが、様々な種類のアタッチメントが付いている電動眉毛カッターです。眉毛用のアタッチメントの他に鼻毛トリマーや髭やもみあげの処理ができるアタッチメントが付いているので、特に男性用に多いタイプになります。最近は女性用でもアタッチメントの種類が多い眉毛カッターもありますよ。腕や脚の他に、ビキニラインやワキ用のアタッチメントも付いているので全身の毛の処理をすることができますよ。

眉毛カッターのおすすめブランド・メーカー

Panasonic(パナソニック)

肌に優しくしっかりカットできる電動シェーバー

パナソニックの眉毛カッターであるフェリエは、肌に優しい上にしっかり毛の処理ができます。丸い刃先の二枚刃で肌に負担をかけずに産毛をしっかりカットすることができますよ。刃は産毛の処理がしやすいように大きめになっていますが、付属のマユカバーを付けると眉毛の処理がしやすいように刃を小さくすることができます。パナソニックでは男性用の電動眉毛カッターも発売されていますよ。

コイズミ

水洗いできる電動シェーバーが使いやすい

コイズミの眉毛カッターは水洗い構造になっているのが特徴です。水洗いすることができるので、処理の時に使ったクリームやジェルをきれいに洗い流すことができますよ。女性用の眉毛カッターにはアタッチメントが3つ付いていて、眉毛用と産毛用の他にボディ用があります。顔だけではなく、体のムダ毛の処理ができるのは嬉しいですね。

貝印

安全で剃り味の良い手動シェーバー

カミソリで有名な貝印の眉毛カッターは切れ味の良さを求めている人におすすめです。貝印には切れ味の良いカミソリを使用した手動の眉毛カッターが揃っていますよ。切れ味の良いカミソリを使っていますが、安全ガードが上に付いていて横滑りしても肌を傷つけにくいタイプもあります。

Schick(シック)

敏感肌用の手動シェーバー

男性用のシェーバーの種類が豊富なシックには女性用の眉毛カッターもありますよ。手動タイプになりますが、おすすめなのが敏感肌用の眉毛カッターになります。カミソリの上に通常のタイプよりも細かい安全ガードが付いているので、肌へのダメージを最小限に抑えることができますよ。

おすすめ&人気の眉毛カッターランキング

女性におすすめの眉毛カッター

Panasonic(パナソニック)-フェイスシェーバー フェリエES-WF41(2,052円)

刃先が丸いので肌に優しく処理ができる

パナソニックのフェリエシリーズは、電動眉毛カッターの中でも最も人気があるブランドです。刃先が丸くなっているので、肌に負担をかけずに眉まわりのムダ毛や産毛を優しく剃ることができますよ。固定刃と可動刃の2枚刃になっているので、細かい産毛もしっかりカットしてくれます。刃がデリケートなのでクリームやジェルを使えませんが、乾いた肌でも優しく処理をすることができますよ。

眉毛用に刃を小さくできるマユカバーと眉毛を均一にカットできるマユコームが付属品として付いていますよ。マユコームは眉毛を2mmから6mmの間で3段階に長さを調節することができます。長さが14cmのコンパクトサイズで化粧ポーチの中にも入るので、持ち運びにも便利ですよ。水洗いをすることができないので、乾いた布でお手入れする形になります。

Panasonic(パナソニック)-フェイスシェーバー フェリエES-WF61(3,132円)

スイングするヘッドが肌に密着しやすい

パナソニックのフェリエシリーズでも、ヘッド部分の刃が動くタイプになります。ヘッド部分が左右に10度ずつ動くので、肌の凹凸に密着して産毛の処理をすることができますよ。凹凸のある口元や頬の部分の産毛処理がしやすいので、産毛処理がメインの人におすすめです。こちらもクリームやジェルを使わずに、乾いた肌に使う形になりますよ。

ボディがカーブのある作りになっているのが特徴的で、真っ直ぐのタイプよりも指にフィットして持ちやすいですよ。長さが15.6cmと少し長めで化粧ポーチには入れづらいので、家で使うのにおすすめです。こちらにも刃を小さくできるマユカバーと眉毛の長さの調節ができるマユコームが付いているので、眉カットも簡単にできますよ。水洗いができないので、乾いた布でお手入れする形になります。

TESCOM(テスコム)-フェイスシェーバー(1,602円)

細かい長さ調節ができるコームが便利

眉毛の形にこだわりたい人におすすめの商品です。眉毛カッターは眉はさみに比べると眉の形の微調整が苦手ですが、テスコムの眉毛カッターは微調整がしやすいですよ。眉用アタッチメントの刃がとても小さいので、目と眉の間の狭い場所の毛の処理がしやすいです。

眉用のコームは1mmから6mmまで1mm単位で長さの調節をすることができるので、眉の部位に合わせて細かい長さ調節ができますよ。コームにはブラシが付いていて毛流れを整えながら眉毛カットができるので、きれいな形の眉を作りやすいです。アタッチメントは水洗いができるので、清潔に使うことができます。

貝印-長柄カミソリ ビューティーM(366円)

切れ味の良さにこだわる人におすすめ

しっかり剃りたい人におすすめの眉毛カッターです。安全ガードが付いていないストレート刃のシンプルな形のカミソリになります。昔ながらのタイプですがこの眉毛カッターしか使えないというファンも多い、長く愛されている商品ですよ。

魅力は何と言っても切れ味がとても良いところです。安全ガードが付いていない分、毛を根元からしっかりと剃ることができますよ。この眉毛カッターを使うと化粧ノリが良くなるとの声も多いです。安全ガードがなく慎重に使う必要があるので、初めて使う場合は腕などの広い場所から始めてみるのが良いでしょう。

コイズミ-フェイスボディシェーバー (1,980円)

顔だけではなく体のムダ毛の処理もできる

コイズミの眉毛カッターの特徴は顔用だけではなく、ボディ用のアタッチメントが付いているところです。眉用と産毛用の2つのアタッチメントの他にボディ用のT字型のアタッチメントが付いているので、ワキや脚のムダ毛処理にも使えますよ。ひとつで顔とボディの両方のケアをしたい人におすすめですね。

防水構造になっていて45度以下のお湯に対応しているので、お風呂で眉毛カッターを使いたい人にもおすすめですよ。お湯で洗うことができるのでクリームと一緒に使っても、油分をすっきり洗い流すことができます。長さが14.5cmのコンパクトサイズなので、持ち運びにも便利です。

Schick(シック)-プレミア敏感肌用 Lディスポ 眉そり用(320円)

肌へのダメージを最小限におさえた敏感肌用

敏感肌の人におすすめの眉毛カッターです。敏感肌の場合は少しの刺激で肌に炎症を起こしてしまうため、眉毛カッター選びには注意が必要です。シックの敏感肌用の眉毛カッターは、従来のタイプよりも2倍細かい安全ガードが付いているのが特徴的ですよ。

従来の安全ガードよりも2倍細かいマイクロガードが付いていることにより、肌へのダメージを最小限に抑えることができますよ。産毛におすすめの刃が大きいタイプと眉に使いやすい刃が小さいタイプがあるので、2つ揃えておくのもおすすめです。色がパステルカラーで可愛いので、ポーチに入れても良いですね。

貝印-プチアイブローレザーL/T(220円)

小型のカミソリが眉に使いやすい

切れ味の良さは欲しいけれど、シンプルなカミソリは使うのが怖いという人におすすめの眉毛カッターです。カミソリの上に安全ガードが付いているので、横滑りしてしまっても肌を傷つけにくい作りになっていますよ。眉用にカミソリが小さくなっているので、眉まわりの狭い場所にも使いやすいです。

ペンのようにラインを描く感覚で使えるT字型カミソリと視界を遮らずに使えるL字型カミソリがひとつずつ入っていますよ。柄が細長いので、ペンを持つような感覚で使うことができます。小さなカミソリは顔の凹凸にフィットしやすく、眉まわりの毛をしっかり剃ってくれますよ。

SONAX PRO-無駄毛の大脱走(2,100円)

1台5役の多機能シェーバー

1台で全身のケアをすることができる眉毛カッターです。眉用アタッチメントの他にボディシェーバーや鼻毛トリマーなどの5つのアタッチメントが付いているので、様々な場所のムダ毛の処理をすることができますよ。体はワキや脚だけではなく、ビキニラインの処理もできるのが嬉しいです。

振動しながら刃が円運動して肌に直接触れることがないため、肌に優しい作りになっています。様々な形のシェーバーのアタッチメントが付いているので、部位に合わせて使いやすいものを選ぶことができますよ。USBケーブルで充電する形なので、電池の交換が要らないのも便利ですね。

オムニ-シェーバーミニノヘア ライトプラス(4,298円)

ライト付きなので暗い場所でも使える

LEDライトが付いている眉毛カッターなので、剃る場所を照らしながら使うことができます。ライトで明るく照らすことで、見えにくい場所の毛もしっかり処理をすることができますよ。眉毛カッターの他にムダ毛カッターと鼻毛カッターの2つのアタッチメントが付いているので、幅広く使うことができます。

眉毛カッターの刃はかなり小さい8mmなので、眉まわりの毛をきめ細かく処理をすることができますよ。防水式になっているので、お風呂の中で石鹸と一緒に使うことができます。ムダ毛カッターのアタッチメントの肌に触れる部分は24金メッキになっていて、肌に優しいのが魅力的です。

Bamoer-電動眉毛シェーバー(2,692円)

丸い刃先が肌に優しくタッチ

安全に眉毛カッターを使いたい人におすすめの商品です。従来の眉毛カッターと異なり、刃先が小さな丸い形をしているのが特徴的です。小さな丸いシェーバーはすっと肌を撫でるだけで毛を剃ることができ、デリケートな肌を傷めずに使うことができますよ。

LEDライトが付いている眉毛カッターなので、外出先の明るくない場所でも使いやすいです。ピンクとゴールドの可愛いデザインは、ポーチの中に入れて持ち運びたくなりますね。USB充電式なので、パソコンを使っている時に充電することができますよ。

男性におすすめの眉毛カッター

Panasonic(パナソニック)-マユ&フェイスシェーバー(3,880円)

4段階の長さ調節が可能

4段階の長さ調節が可能である男性用の眉毛カッターです。長さが違うコームが2つ付属されていて、2mmから8mmまで2mm単位で長さを選ぶことができますよ。コームの色が白と黒で違うので、コームを使い間違える心配も要りません。

眉毛カッターの刃の溝が広くなっているので、男性の太い眉毛もしっかり処理することができますよ。眉用アタッチメントの他に産毛用のアタッチメントも付いています。刃先が丸くなっているので、肌当たりが優しく負担がかかりにくいです。

PHILIPS(フィリップス)-鼻毛耳毛眉毛トリマー(2,980円)

シャープな刃でしっかり剃れる

眉毛だけではなく、鼻毛と耳毛のカットもできる1台3役の眉毛カッターです。髭剃りでお馴染みのフィリップならではのシャープな刃は男性の太い毛もしっかりカットしてくれます。フィリップ独自の自動研磨システムによりオイルを差さなくても、刃のシャープさが落ちることがありませんよ。

シャープな切れ味の刃ですが、先端が丸みを帯びた超薄刃なので肌を傷めずに優しくカットができます。眉用のコームが3mm用と5mm用の2つ付いているので、長さに合わせて使い分けることができますよ。専用のポーチが付属されているので、収納にも便利ですね。

テスコム-フェイスシェーバー(1,480円)

好みの形に合わせてコームを選べる

2種類のコームが付いていて、好みに合わせて眉の形を整えやすい眉毛カッターです。まゆコームAは1mmから3mmまでの長さで、短く眉毛をカットすることができるので形をしっかり整えたい人におすすめです。まゆコームBは4mmから8mmの3段階で長めにカットができるので、眉の形を自然に整えることができますよ。

産毛用のアタッチメントも付いているので、眉毛だけではなく産毛のケアもできます。刃の部分は45度以下のお湯で洗うことができるので、皮脂汚れをしっかり落とすことができますよ。アタッチメント用のケースが付いているので、使わないアタッチメントとコームをなくしてしまう心配もありません。

貝印-Groom!マルチトリマー(1,800円)

ヒゲも整えられる眉毛カッター

眉用のコームだけではなく、ヒゲとモミアゲ用のコームが付属されているのが特徴的な眉毛カッターです。5mmと10mmの長さ調節ができるので、ヒゲとモミアゲの長さを自然に整えることができますよ。眉用コームは2mmと4mmの長さにカットすることができます。

アタッチメントは眉用と産毛用の2つ付いています。眉用アタッチメントの刃は5mmとかなり小さいので、細かい部分も整えやすいですよ。通常の電動ヒゲ剃りよりもコンパクトなので、携帯用のヒゲ剃りとして使うのも良いですね。

貝印-Groom!アイブローレザー3WAY(284円)

男性におすすめの手動眉毛カッター

より丁寧に眉毛を整えたい男性には、手動の眉毛カッターがおすすめです。貝印からは男性用の手動眉毛カッターが発売されていますよ。貝印の切れ味の良いカミソリの上には安全カバーが付いているので、横滑りしてしまっても安心です。

商品名にもあるように3WAYの眉毛カッターになります。付属のカバーを付けるとコームとブラシとしても使えるので、眉の形をきれいに整えることができますよ。握りやすい細形形状の柄で、鏡を見ながらの眉のお手入れがとてもしやすいです。

まとめ

失敗しにくいコーム付き眉毛カッターが使いやすい

眉毛カッターを選ぶ時に気を付けたいポイントは肌への優しさです。刃の肌当たりが優しい眉毛カッターなら、頻繁に使っても肌へのダメージを最小限に抑えることができますよ。また、眉の形をきれいに整えるためには眉毛の長さを均等に揃える必要があります。長さ調節のコームが付属されている電動眉毛カッターなら、眉毛をカットする時に失敗しにくいので初心者にもおすすめですよ。今回はおすすめの眉毛カッターを紹介しながら、眉毛カッターの種類と選び方についてお話ししました。ぜひ使いやすい眉毛カッターを見つけて、理想の眉を手に入れましょう。