おしゃれでおすすめのバタフライテーブル人気ランキング!【IKEAも】

バタフライテーブルはとても利便性の高い家具として歴史の深いテーブルの一つです。近年はDIYの人気とも相まって、家具やお部屋をカスタマイズして楽しむ方も増えました。バタフライテーブルは、お部屋の模様替えやカスタマイズしたい方にとってもぴったりなテーブルですよ。IKEAなどをはじめ、バタフライテーブルの魅力はまた再発掘されており、各メーカーからの商品の種類も増えてきています。今回は、そんなバタフライテーブルの魅力について見ていきたいと思います。




バタフライテーブルとは?

普段はコンパクトでも必要な時に天板を拡張できるテーブル

バタフライテーブルといえば、必要に応じてテーブルの天板の面積を増やすことのできるテーブルのことですよね。イギリスが発症で、利便性が高いため北米など方々に広まったテーブルです。バタフライテーブルの由来は、蝶つがいによって天板を開いたり閉じたりする姿から、蝶(バタフライ)から来ています。必要な時にだけテーブルスペースを増設できる利便性は、お部屋を広く保ちたい、けど機能的なテーブルが欲しいという方にピッタリです。

バタフライテーブルの仕組み

蝶つがいや仕掛けによって普段不要な天板を収納している

必要に応じて折り畳むことのできるバタフライテーブルの天板ですが、蝶つがいやそれを支える脚を動かすことで出したり収納したりできる簡単な構造になっています。片側のみ天板を稼働できるタイプや、両側に可動式天板がついている、テーブルスペースが約3倍にまでできるタイプのものもあり種類は様々です。

バタフライテーブルの種類

ダイニング用バタフライテーブル

食卓専用か作業用と兼用かは生活スタイルに合わせて

ダイニング用バタフライテーブルはその中でも2種類のものがあります。スタンダードな食卓専用のものと、収納力が高い機能的な作業台にもなるカウンタータイプのものです。食卓用のものは、普段の食卓と特別な食事の時とで人数違うなど、その食卓に着く人数によってテーブル板を増やすことが出来て便利です。記念日の特別な人との食事の際にお皿を多く置く場合でも、天板の増設によってより華やかなテーブルセッティングが出来ますよ。

カウンター式のタイプは、特に料理工程の多いメニューを料理する時、作業台を増やしたい場合に特に便利です。引き出し備え付けのタイプは更に、作業道具を収納できるので、作業の段取りが付きやすくなりますよ。特にパン作りやお菓子作りには広い作業スペースが必要かつ、道具も多数必要です。料理の可能性を増やしたい、パン作りお菓子作りに挑戦したいという方にもおすすめです。

アウトドア用バタフライテーブル

コンパクトに車に積めるのに機能性抜群

アウトドア用のバタフライテーブルは、車に積めるコンパクトなものにも関わらず、広げると多機能で使いやすい作業台へと変身するタイプのものが多数販売されています。台が一つあるだけで、食材の下ごしらえや調理が快適にできるようになります。キャンプで調理できるものの可能性は無限大。バタフライテーブルはその可能性を広げてくれます。

調理用としても食卓用としても便利なバタフライテーブル。キャンプは工夫次第でとても快適で楽しくなるものですが、バタフライテーブルがその楽しさをサポートしてくれます。大人数で食卓が足りない場合や食材が乗りきらない場合でも、テーブル部分を増やすことで対応ができます。

バタフライテーブルのインテリア事例

壁付けして北欧インテリア風に

テーブルを壁付けして使うと床が広くなるため、実践している方も多くいるかと思います。壁付けすることで壁側に写真なども立てかけられるようになりますし、まさに北欧のインテリア風にレイアウトできます。背もたれがない椅子でも壁付けのテーブルとセットにすることで、壁にもたれて座ることも出来ますよ。

古びた風合いのテーブルでお部屋にアンティーク感をプラス

長く使って古びたような風合いをプラスしたバタフライテーブルは、使わない時の飾り棚としてもとても可愛い家具です。室内ガーデニングのちょっとした植物を置くことで、不思議の国のアリスのような、イギリス風のアンティーク感あふれるお部屋を演出できます。ダメージのあるようなペインティングは、木製のバタフライテーブルであれば自分でも加工することが出来ます。気に入った形のバタフライテーブルを、思い思いの風合いにペインティングやアレンジを加えることもおすすめです。

機能的なバタフライテーブルで「まるで家?」な調理環境を

アウトドア用のバタフライテーブルは、コンロを設置可能な物が人気です。キャンプ用のボンベなどと組み合わせることによって、お湯を沸かしたりフライパン調理なども可能になります。自然環境を満喫することも大切ですが、便利なコンロだけでもあると一味違ったキャンプができおすすめです。ちょっとお湯を沸かしてキャンプ場で飲むインスタントコーヒーやコーンポタージュなどは、とってもおいしいですよ。

バタフライテーブルの選び方

家族構成や使う人数によってサイズを選ぶ

来客や親戚が集まる家庭では最大幅が約140cmで6人掛けに

大人数での食事には、140cm以上の天板があるとテーブルが広々として良いです。普段は少人数だけどたまに来客が来る、親戚が集まるという方に特におすすめしたいバタフライテーブル。140cmだと6人掛けで余裕の広さです。もっと大人数が集まる可能性がある場合は更に、テーブル角が鋭くない丸みのある天板のほうがおすすめです。丸みのあるテーブルによって面を意識しにくくなり、角に座ってもスペースが取れるためです。その場合、テーブル板の幅に加えて奥行も75cm以上の広いものにすると良いでしょう。

一人暮らしや夫婦世帯には最小幅が80cmでも食卓に便利

普段一人での食事が多い、夫婦二人だけだからテーブルで部屋を狭くしたくないという方には、最小幅80cmほどのバタフライテーブルでも十分機能します。普段の食事はワンプレートが多いというご家庭では特に、プレートを十分に置けますし、奥行が75cm以上あれば向かい合っての食事も可能です。料理を多く置きたい時はテーブルを増設できますし、普段1人か2人掛けにする場合は壁付けやコーナー付けにしても、スペースを取らず便利に使えますよ。普段は飾り棚、来客時にはテーブル、と場面によってテーブルスペースを変えたいという方にもおすすめですよ。

台の用途や間取りによって多機能な物を選ぶ

作業台として使う場合は収納が多いものが最適

調理台や作業台として選ぶ場合は、テーブルサイドやテーブル下に扉や引き出しのある、収納力の高い物がおすすめです。収納付きのものにすることで、作業効率や料理の段取りのしやすさが上がりますよ。カウンターの真下が丸ごと収納スペースなので、チェストとしての役割とカウンターテーブルとしての役割の2つを果たしてもらえます。

普段間取りをフラットにしておきたい場合はキャスター付きの可動式のものを

ダイニング用のバタフライテーブルはキャスター付きのものもおすすめです。テーブルを一気に移動できるので、普段床をフラットに使うことが出来ます。普段は壁付けにしておきたい、隅に置いておきたいという時も便利。台の使い道を限定したくないという場合も、部屋から部屋への移動が可能です。カウンターテーブルは特に、ダイニングテーブルと兼用したいという方も多いので、キャスターで簡単に稼働できることはポイントが高いです。

バタフライテーブルのおすすめブランド・メーカー

IKEA(イケア)

世界的に有名な家具メーカー

言わずと知れた北欧の家具ブランドです。お部屋の使い方を提案するスペシャリスト、アーティストが集まっているので、バタフライテーブルもおすすめしたいブランドです。低い価格、使い勝手の良い物、スペースに合わせた物など条件に合ったバタフライテーブルがそれぞれあるので、生活環境や予算によっても選ぶことが出来ます。デザイン性がありシンプルな物多いので、お部屋に合ったバタフライテーブルが必ず見つかります。

Chane(シャーネ)

アイディアや機能性がすごい

キャスター付きキッチンワゴンを提案しているブランドです。幅ではなく奥行を増やすという発想で、バタフライテーブルのカウンター機能という新たな可能性を生み出し提案しました。チェストのような役割があるにもかかわらず、とてもお求めやすいというところも魅力です。後述で詳しくご紹介します。

Polero(ポレロ)

色展開が多いカウンターテーブルが魅力

Chaneと同様にカウンターテーブルを提案しているブランドです。一般的なテーブルの高さ72cmに合わせて設計されているので、お持ちのテーブルとつなげて大きなテーブルとしても使えますよ。後にご紹介しますのでお楽しみに。

South Orenge(サウスオレンジ)

モダンでシンプルな家具が見つかる

モダンでデザイン性のある家具を多く提案しているのが、South Orengeです。2色展開の広々としたバタフライテーブルも提案しています。洋間に合うデザインでもあり、和室に置いても和モダンを演出できるような家具が集まっています。

Snow Pwak(スノーピーク)

キャンプ用品を選ぶならここ

Snow Pwakは、アウトドア用品専門のブランドです。こうしたメーカーの用品をそろえることで、キャンプは格段に楽しい物になります。ソファーやテントなども扱っており、アウトドアでありながら、まるで家にいるような快適なレジャーに変わりますよ。

おすすめ&人気のバタフライテーブルランキング

ダイニングにおすすめのバタフライテーブル

IKEA(イケア)- ガムレビー ゲートレッグテーブル(52,904円)

普段のテーブルが3倍に

ダイニングにはちょっと良いテーブルを置きたいという方も多いですが、バタフライテーブルもどっしりとした雰囲気が欲しいですよね。こちらはそういった方にとてもおすすめのテーブルで、天然素材のパイン無垢材の風合いで落ち着いた空間を演出してくれます。

何と言ってもこのテーブルは、羽テーブルをすべて伸ばした時に普段のテーブル幅の3倍に長くなるところが良いです.。最長幅が201 cmなので4人6人と食卓を囲むことが出来ますよ。中央部に引き出しが付いているので、ランチョンマットやカトラリーをしまうにも便利です。

South Orenge(サウスオレンジ)- 伸長式 ダイニングテーブル(17,500円)

アイアンと木のシンプルデザイン

畳んだ状態は1~2人用のコンパクトなテーブル。これを引き伸ばすことで6人掛けの幅140cmのテーブルになります。デザインもとってもシンプルで、天板の木の風合いが心地いいダイニングテーブルです。

嬉しいのは統一デザインの椅子のセットも選べるところです。このテーブルセットを起点にお部屋をレイアウトしてみるのも素敵ですよ。ウォールナットとブラウンパインの2色展開なので、お部屋に合わせてカラーを選べます。

Chane(シャーネ)- バタフライタイプのキッチンワゴン(8,520円)

ホワイトの収納スペースが大容量

カウンターテーブルにも、サイドテーブルにも、ダイニングテーブルとしても使える利便性の高いバタフライ式キッチンワゴンです。戸棚部分とフリーの棚の部分とで分かれており、流行りの見せる収納にも活用できます。

収納部分はホワイト、天板部分はウッド調の風合いです。ツートンカラーが好きな方にもおすすめです。キャスター付きでお部屋間での移動もらくらく。用途によってキッチン内を自由自在に移動できるので便利ですよ。

Polero(ポレロ)- キッチンワゴン(6,980円)

4色のカラー展開でキッチンカウンター部門で1位をとった人気商品

こちらもキャスター付きのキッチンワゴンです。メラミン加工がされているので、傷つきにくく耐久性が良いワゴンです。キッチン台としても利便性高いですし、敷き布などをしてアイロンをかける時も良い高さです。

なんといっても魅力的なのは4色のカラー展開があるところです。ウォルナット色と、ホワイトを絡めた3つカラーの計4色があり、どれもナチュラルな感じがお部屋に馴染みます。楽天でもとても人気の商品なので、きっとお気に入りになりますよ。

家具のTOROFU(トロフ) - ダイニングテーブル(27,990円)

単なるチェストから4人用テーブルへ

テーブル幅34cm×80cmの単なる細長いチェストのようなサイズから、両脇に広がるテーブルによって最大124cm×80cmの4人用テーブルにも変身します。片側だけを広げるだけでも1~2人用テーブルとしても使え、汎用性抜群のダイニングテーブルです。

天板にエナメルのような光沢があるので、白や黒を基調としたお部屋に合うデザインです。ポップで若々しいイメージなので、パーティーシーンにも似合うテーブルとなっています。完成品で届くので、組み立てずにすぐに使うことが出来ますよ。

アウトドアにおすすめのバタフライテーブル

snow peak(スノーピーク)- エントリーIGT+フラットバーナー オリジナルセット(30,672円)

バーナー付きテーブルで快適なキャンプ

アウトドアブランドのsnow peakのローテーブルです。バーナーコンロが設置可能で、ちょっとした調理やケトルでの湯沸かしにも便利なテーブルです。同シリーズのテーブルともドッキング可能なので、バタフライテーブルとしての要素も兼ねています。

脚の部分は一体型で折り畳んで収納できるので、車にも積み荷しやすい設計です。本来バーナー付きは高価な商品ですが、40cmという低さから低価格を実現しています。テーブルフレームにテーブル板やコンロを設置して使うタイプなので、コンロを囲んでの団らんにも使えますよ。

GAREAGE COLLECTION(ガレージコレクション)- アルミレジャーテーブル (4,280円)

高さ調整可能なレジャーテーブル

4,280円という安さながら、丈夫で高さも変えられるアウトドアテーブルです。収納するときは3つ折りのコンパクトなサイズになり、取っ手付きで持ち運びも楽々です。天板は防水加工がなされ、飲み物をこぼしてもサッと拭き取ることが出来ます。

キャンプやバーベキューでの活躍はもちろん、庭先での会食やワークショップ用の作業台にもなります。ホワイト、ブラウンなどの4色展開なので、アウトドアテーブルにも、自分の好みのカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

QUICKCAMP(クイックキャンプ)- アウトドア ハーフスチール 焚き火テーブル(4,280円)

耐熱スチール部分にフライパンやケトルも置ける

鍋敷きがなくてもアツアツのフライパンやケトルを置きたい時、このメッシュ部分が役に立ちます。テーブルの半分をこのメッシュにすることで、中心に近い位置まで熱いものを置くことが出来ます。アルミなどでの調理も多くなるキャンプではこういったテーブルは重宝です。

このテーブルは高さ調整が2段階でできます。27cm」のローテーブルスタイルと、同ブランドのローチェアと相性のいい高さの34.5cmのスタイルをお好みで調整可能です。折り畳むと30×40のコンパクトサイズにすることが出来、女性でも持ち運びがしやすいですよ。

YAMAZEN(ヤマゼン)くらしのeショップ - BBQホリデイテーブル(7,499円)

バーベキューコンロを置く溝が絶妙

単なるホリデイテーブルとは違い、中央に近い部分にバーベキューコンロや七輪を置くと丁度いい溝が設置されています。テーブルと火の相性が心配という方もいるかと思いますが、テーブルの耐熱温度は150度なので安心して使えます。

畳んだ時の大きさは81cm×62.5cm。持ち運びに便利なキャリーバッグもセットなので、持ち運びも楽々です。雨天に見舞われても、錆びに強いアルミフレームなので丈夫です。どの方にも馴染みやすいホワイトのデザインも良いですね。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)- ピクニック アウトドアテーブル(5,400円)

ラウンジチェアとの相性が良いテーブル

ラウンジチェアって屋外に持ち運べて、非常に座り心地も良い椅子ですよね。お持ちの方も多いと思いますが、そんなラウンジチェアの高さとの相性のよいアウトドアテーブルがこちらです。ジョイントパイプを取り外すことでローテーブルとしても使えるので、レジャーのカタチによって使い勝手の良いテーブルです。

幅120cm×奥行60cmのテーブルなので4人用のテーブルとして広々と使えます。畳んだ状態だと幅60×70cmというサイズになり、取っ手が付いているので持ち運びにも便利です。レジャーに最適なテーブルなので、車に常に積んでおいても場所を取りませんよ。

アンティーク調でおすすめのバタフライテーブル

FLEX antiques(フレックスアンティークス)- ゲートレッグテーブル(54,432円)

宮殿風で花瓶の似合うテーブル

イギリスから輸入のアンティークテーブルです。脚や足を支える横木にも彫刻がなされ、下から眺めても面白さがあります。艶のないオーク材の感じは年代を感じさせ、お部屋の中でも存在感を放つ一台です。

最小の時の幅は33.5cm×61.5cmで、使わない時にクロスをかけて花瓶などを置く飾り台としても可愛いです。最大幅は90cmと倍になりますので、特別な時のディナーテーブルとしてもとってもおすすめですよ。

Swift(スイフト)- エクステンション ダイニングテーブル(16,800円)

カントリー調の趣のあるデザイン

天然木の風合いがカントリー調でナチュラル感あふれるバタフライテーブルです。可動部分の脚はキャスターが付いているので、羽テーブルを楽に伸ばすことが出来ます。組み立て式ですが、組み立て工具も付属なので自宅に工具が無くても安心です。

最小幅は70cmで一人用としても使えますし、向かい合って2人で使う時は最長の100cmまで羽テーブルを伸ばして広々と使えます。くすんだ木の風合いが好きな人にもおすすめですし、長く使用してさらに木の趣が深まっていくテーブルでもあります。

インテリアトレジャーランド - ダイニングテーブル(16,416円)

20cmずつテーブル幅を増やせるシンプルなバタフライテーブル

ウォールナットとオークの素材の2色展開で、とてもシンプルなバタフライテーブルです。最小時は60cm×60cmの正方形、そこから両脇に20cmの羽テーブルが付いているので、80cm、100cmとお好みの幅に増設できます。

天板下のストッパーをスライドさせることで羽テーブルを固定できるので、余分な脚が気になる方にはこちらがおすすめですよ。素朴な色合いでアンティーク感もあり、飾りテーブルとしても、食卓用にしてもおしゃれな一台です。

Luminous CLUB(ルミナスクラブ)- 伸縮 折りたたみ テーブル(13,824円)

ハーフサイズで壁付けしても伸ばして4人で囲んでも良し

1点を軸に脚も天板も羽のように稼働するバタフライテーブルです。全体がナチュラルな木調の風合いで、アトリエに似合いそうな雰囲気を感じさせます。すべてを広げると4人が囲んでも十分の丸テーブルが完成し、使い勝手が良いです。

片側の天板だけを畳んだ状態にすると、壁付けテーブルとしてもおしゃれです。丸テーブルの直径は90cm。デザイン性もよくおしゃれで求めやすい価格なので、丸テーブルに憧れているという方にもおすすめのバタフライテーブルです。

まとめ

変化するシチュエーションを想像して最適なバタフライテーブルを

バタフライテーブルについてご紹介してきましたがいかがでしょうか。テーブルスペースを自在に縮めたり広げたりできるバタフライテーブルは、普段置き場所を広く確保することもないので、賃貸などにお住いの方にもおすすめです。バタフライテーブルは家の中のみならずレジャーの場面でも大活躍。折り畳んでコンパクトになりますし、車に積みっぱなしでもスペースを取らくて良いですよ。バタフライテーブルは使う人数を選ばないということがとても魅力です。必要に応じてテーブルスペースを設置できるので、長い歴史の中で残ってきた文化だということも納得です。IKEAをはじめ、バタフライテーブルの魅力は更に再発掘されているので、是非チェックしてみてくださいね。使うシチュエーションをいくつか想像してみて、最適なバタフライテーブルを選んでみてくださいね。