2019おすすめの車載スマホホルダー人気ランキング!【固定方法も】

近年、ナビやポータブル音楽プレーヤーの代わりにスマホを使用する方も増えてきました。車の運転中もハンズフリーで通話をしたり、音声アシスタントで調べ物をすることが可能です。そんな時、車載スマホホルダーがあると非常に便利ですよね。スマホの種類が増えるのに伴い、車載スマホホルダーの種類もどんどん充実してきています。そこで今回は車載スマホホルダーの種類や選び方について詳しく解説していきます。どれがいいのか迷っている方は、是非この記事を参考にしてみて下さいね。

車載スマホホルダーとは?

車にスマートフォンを固定するための設置器具

車載スマホホルダーというのは、車にスマートフォンを固定するためのカーアクセサリーです。ダッシュボードやエアコン吹出口に本体を取り付け、スマホを設置することで、運転しながらスマホ画面が確認できるようになるため、ナビアプリやドライブレコーダーアプリの使用には欠かせません。車のスピーカーとBluetoothで繋げば、ハンズフリー通話も可能。音声アシスタントでメモを取ったり調べ物をする際にも、ハンドルから手を離さずに使えるので、ながら運転による事故のリスクも軽減出来ます。

車種によっては取り付けができない場合も

車載スマホホルダーは、車種によっては取り付けられない場合があるので注意が必要です。例えば、ダッシュボード部分が極端に狭かったり、大きく斜めになっている車種では、本体がしっかり固定されません。シボ感の強いレザー素材や、エアコン吹出口の形状によっても取り付けられないケースがあります。使用するスマホのサイズに合わせて選ぶのはもちろんですが、対象車種かどうかもしっかり確認しておきましょう。

車載スマホホルダーの種類・取り付け位置

吸盤タイプ

吸盤が張り付く場所であればどこにでも設置でき、取り外し跡も残らない

取り付け部分が吸盤になっているタイプで、取り付けも取り外しも簡単です。凹凸の少ないフラットな場所なら、基本的にどこにでも取り付けられるというメリットが。フロントガラスに取り付けることも可能です。何と言っても吸盤タイプの車載スマホホルダーは取り外し後に跡が残らないので、車を汚したくないという方にぴったりですよ。

殆どの場合、吸盤の吸着力を高めるために真空ロックが付いています。レバーを使って吸盤の内側に残る空気を押し出すことで、運転で揺れても簡単に外れないように工夫されています。真空ロックも、解除すればスムーズに取り外し可能。ホコリや熱で吸着力が弱まった吸盤は、水洗いすることによって再利用出来るようになっていますよ。

クリップ・差し込みタイプ

エアコン吹き出し口やサンバイザーに固定できる

本体にクリップが付いていて、エアコン吹出口やサンバイザー部分に差し込んで固定するタイプです。ガッチリ挟み込むため、他のタイプに比べて安定感が高いのが魅力的。サイズも比較的コンパクトなものが多く、運転時の視界を遮りにくいというメリットもあります。アームも短めですので、ハンドル操作の邪魔にもなりません。

クリップタイプのデメリットは、固定力が強いため、一度取り付けるとなかなか簡単には取り外せなくなるという点です。特にツメによってロックが掛かるタイプは取り外しが困難です。取り外す機会が多いのであれば、クリップ分が太くて幅広タイプがおすすめですよ。また、エアコン吹出口につけるタイプだと、エアコンの風向きが調節しにくくなるというデメリットも念頭に置いておきましょう。

粘着シールタイプ

凸凹のある面にも装着しやすい

粘着シールで取り付けるタイプのもは、強力な両面テープで貼り付けるため多少凸凹のあるシボレザー部分などにも取り付けられます。ダッシュボードなど、平面で使用するのであれば、安定感も抜群です。ただし、スマホのサイズによっては強度が足りず、本体がズレたり外れたりすることも。耐荷重はしっかり守って使用するようにしましょう。

やはり気になるのは耐久性ですよね。シールタイプは熱や水気に弱く、猛暑時にはベタついてしまうこともあります。取り外せないこともありませんが、ある程度シールの跡が残ってしまうのは覚悟が必要です。車を出来るだけ汚したくないという方は、シールタイプは控えた方がいいでしょう。

車載スマホホルダーの選び方

スマホの固定方式で選ぶ

片手で設置できるので手間がかからないオートホールド式

本体価格は少し高めのものが多いですが、オートホールド式のスマホホルダーは非常に人気があります。スマホをホルダー本体に近づけるだけで自動的にサイド部分が開閉して固定してくれるので、片手で簡単に操作できます。スマホを頻繁に設置したり取り外したりする方は、このワンタッチ操作で随分手間が軽減されることでしょう。

手帳型ケースを使用している人は取り付け幅を調整できるバネ式

スマホにカバーを装着しているという方も多いでしょう。特に画面の保護力が高い手帳型ケースは人気ですよね。手帳型ケースは他のケースよりも厚みが出るのが特徴です。そのため、手帳型ケースを使用している方は、スマホの幅はもちろん、ホールド部分の奥行きまで調節できるバネ式のホルダーがおすすめです。こちらも取り外しは簡単です。家族で一台の車を共有しているという場合も、バネ式ならそれぞれのスマホに合わせて使い分けられるというメリットがありますよ。

着脱が簡単で端末を挟む必要のないマグネット式

最もスムーズに、手軽に取り付けられるのがマグネットタイプです。本体の表面に強力なマグネットがついており、スマホ本体、もしくはスマホカバーに対になるマグネットを貼り付けて使用することになります。パッと近づけるだけで面倒なバネの調節をすることなくくっつかせられます。ただ、スマホに強力磁石をとりつけるというのに抵抗があるという方や、スマホにマグネットシートをつけるのが嫌だという方にはおすすめしません。

滑り止め加工が施されたマットに置くだけのシリコンマット式

シリコンゴム製のマットタイプは、摩擦力によって固定させるタイプです。面が広ければ広いほど安定性は増します。家の鍵やスマートキーなどと一緒にスマホをまとめて一箇所に置いておけるようになっているタイプや、スマホホルダー機能がついたマットも登場してきています。安価なものも多く、100均などで変えることも。ただし高熱には弱いので、猛暑の中での使用には注意が必要です。

機能性を考えて選ぶ

可動式のアームならスマホ画面を見やすい角度に調節できる

車載スマホホルダーの中には、アームが付いているものもあります。関節式のものもあれば、フレキシブルのものもありますし、ボール状になって回転するタイプなど様々です。アームが短いものは視界を遮りにくいというメリットがありますが、スマホの可動域が制限されるので、ナビやドライブレコーダーとして使用する際にはやや不便なことも。逆にアームが長いものは視界が遮られやすいので、上手く調整して上げる必要はあります。

ワイヤレス充電対応ならバッテリーの減りが気にならない

音楽プレーヤーとして使ったり、ナビなどのアプリを使い続けていると気になるのがスマホのバッテリーですよね。車載用スマホホルダーの中にはワイヤレス充電に対応しているものもあり、充電しながら使用することが可能です。普段はシガーソケットから充電しているという方もいらっしゃるでしょう。もちろん、シガーソケット用のUSB充電ケーブルを付けたままで装着できるタイプのスマホホルダーもありますよ。

車載スマホホルダーのおすすめブランド・メーカー

カシムラ

カー用品・モバイル用品の専門メーカー

カシムラは旅行用家電や、携帯電話関連、カー・バイク関連の様々な製品を取り扱っている会社です。特に車内小物用品は非常に充実しており、「こういうものが欲しかった」と思えるような便利アイテムも多数販売しています。

サンワダイレクト

オフィス用品からスマホ・タブレット用品まで幅広く揃う有名メーカー

サンワダイレクトは、オフィス用品、パソコン周辺機器を始め、スマホ・タブレット関連の様々な製品を取り扱っており、その豊富な商品バリエーションとリーズナブルさから人気があります。カー用品も充実しており、車内で音楽やBluetoothなど、様々な機能を活用したい方におすすめです。

Philips(フィリップス)

美容家電からモバイル用品まで揃う電機メーカー

フィリップスと言うとシェーバーや電動歯ブラシといった美容家電のメーカーとして印象深い方も多いでしょう。実はモバイル用品も多く製造しており、カー用品も充実しています。人が生活する中で必要なものに多く関わっている、世界のブランド100選にも選ばれる優秀なメーカーです。

Smart Tap(スマートタップ)

充電機器に強く細部までこだわりのある電機メーカー

Smart Tapは2012年創立の新しいメーカーですが、高品質な製品を製造販売していることから高い支持を得ています。特にポータブル充電器が有名です。スマホホルダーも充電機能付きタイプを取り扱っており、いずれも高い人気を誇っています。

おすすめ&人気の車載スマホホルダーランキング

吸盤タイプでおすすめの車載スマホホルダー

Baseus 吸盤式車載スマホホルダー (1,958円)

360度角度調整可能でスタイリッシュなデザインが魅力的

304ステンレス鋼とバナジウム鋼を使った堅牢な作りで、見た目もスタイリッシュ。光沢のある表面は高級感も漂っています。三角点でしっかり固定してくれるので、強い揺れでもスマホが落ちる心配無用。アームは短めで、ネジ等もなくスッキリとしたデザインですので、視界も遮りません。

ベースとアームのジョイント部分は球体になっているので、360度好きな角度に調整することが可能。幅63〜88mm、厚さ10mm以内のスマホに対応しています。ホームボタン用のスペースも確保されていますし、充電ケーブルを通す部分も備わっていますので、ホルダーに装着したままでも充電することが出来ますよ。

一台二役車載ホルダー (4,580円)

ワイヤレス急速充電機能も備わった高機能タイプ

スマホ取り付け部分はマグネット式になっており、片手で置くだけですぐに固定されます。スマホカバーを取り付けた状態でも問題ありません。マグネット式ですが電波信号に干渉しないので通話やナビも通常通りに使用できますよ。

縦横どちらにも対応しており、好きな角度に調整することも可能。内蔵された専用チップにより、約0.1秒という反応時間で充電がスタートします。ワイヤレス充電の充電状態が、ひと目で確認できるようになっているのも嬉しいですね。もちろん充電中にホルダーが熱くなることもありません。

Philips-車載ホルダー (2,016円)

伸縮アーム付きで奥行きまでも自在に調整できる

クリップと吸盤、どちらでも好きなように固定できる2Way仕様。吸盤は強力吸着でしっかり固定できます。シリコンが施されており、スマホを固定し傷つけません。背面にもパットが付いているのでぶつかったときの衝撃も和らげてくれますよ。

アームの長さは無段階調節。スマホの装着部分は360度好きなように調節可能です。奥行きの伸縮も変えられます。吸盤部分は真空レバーでより強固に固定出来るように。シボ加工の面にも取り付けることが出来ます。吸盤部分は水洗いすることで何度でも復活しますよ。

Smart Tap-車載ホルダー (3,980円)

ザラザラした面にも吸着するQi充電機能付きホルダー

オートホールドにも対応しており、着脱も簡単。スマホの取り付けも片手でワンタッチです。奥行きも無段階調節式ですので、ダッシュボードが狭い車種などでも見やすい位置に調節することが出来ます。特殊粘着ゲルを使用しているので強力に吸着。湾曲面でもしっかり固定されます。

耐荷重は1kgと抜群。好きな角度に回転させられますし、4つのツメと滑り止めシリコンにより見やすい位置にしっかりとグリップしてくれるので、スマホがお辞儀することはありません。開口部は最大8.4cmですので、大型スマホにも対応しています。

ipow-車載ホルダー (1,980円)

小型タブレットまで対応しているフロントガラスにも付けられるタイプ

本体取り付け部分は強力吸盤タイプで、スマホはマグネットで装着するようになっています。そのため、取り付けたいスマホには固定用の金属プレートを取り付ける必要があります。スマホ本体に貼るのはもちろん、本体とカバーの間に貼って使うことも可能です。マグネットは強力で、小型のタブレットまで取り付けられますよ。

アームは上下270度まで回転可能。マグネット部分はボール式ジョイントで、360度回転出来るようになっており、適切な位置に調節することが可能です。サイドボタンやホームボタンも邪魔しません。装着したまま充電コードを取り付けて使用することも出来ますよ。

クリップ・差し込みタイプでおすすめの車載スマホホルダー

ipow-車載ホルダー (1,990円)

CDスロット部分に差し込んで取り付けるタイプ

本体をCDスロット部分に差し込んで使用するタイプの車載ホルダーです。スロット部分ならではの幅広さにより、安定感も抜群です。もちろん、CDを出し入れする際には取り外す必要がありますが、普通にCDプレーヤーを使用しながら装着することも出来るので安心ですね。

スマホ取り付け部分はマグネット式です。磁力によるナビやインターネット通信への干渉はありません。強力マグネットで、小型のタブレットも装着可能です。そのため、装着させたいスマホやタブレット本体に金属プレートを貼り付けるか、付属の粘着テープで本体とケースの間に貼り付ける必要があります。

hanano-スタイリッシュ車載ホルダー (2,580円)

おしゃれで高級感があるエアコン吹き出し口取り付けタイプ

曲線が美しく、非常にスタイリッシュなデザインの車載ホルダー。カラーバリエーションも4色展開で、好みや車のデザインに合わせて選べます。エアコンの吹出口に取り付けるタイプで、つまみを調節することでスマホのサイズにピッタリ合わせられるようになっています。

とてもコンパクトな作りになっており、視界を遮りません。設置もクリップ式で取り付けもワンタッチ。もちろん、工具なども不要です。6インチサイズまでのスマホに対応しています。また、おまけとして極薄のスマホスタンドクリップも付いてきますよ。邪魔になりにくく、スマホの落下も防いでくれます。

サンワダイレクト-車載ホルダー (1,310円)

挟む強度を強弱2段階で選択できるタイプ

対応サイズは幅40〜90mmと広く、ガラケーから大型スマホまで装着することが可能です。エアコンの吹出口に挟む強度は強弱の2段階で選択でき、レバーを倒すことで固定されます。そのため、本体の取り外しもスムーズ。吹出口の形状も問いません。

背面の調節リングを緩めることで、縦横の切り替えはもちろん、上下左右の角度調節も可能。見やすい位置にしっかり固定されます。スマホを挟み込むアームはワンプッシュで開閉するため、取り外しも簡単ですよ。充電コードを付けても邪魔にならないようになっているので、充電しながら使用することも出来ます。

車載スマホスタンド (2,180円)

ケーブルも収納できる便利な車載ホルダー

エアコン吹出口にクリップで取り付けるタイプで、6.5インチ未満のスマホに対応しています。強力マグネットでスマホをしっかり固定してくれますよ。ホルダータイプと違い、取り付け・取り外しの手間がかからないのもマグネットならでは。設置面はシリコン素材ですのでスマホも傷つけません。

メタルプレートとシリコンプレートの2パターンの取り付け方法から選べます。カラーバリエーションもレッド・シルバー・ブラック・ゴールドの4色展開。サイドにはケーブル用のホルダーが搭載されていますので、運転時に邪魔になりがちなケーブルもスッキリ収納できます。

カシムラ-手帳対応スマホホルダー (1,046円)

エアコン吹き出し口とダッシュボードへ取り付けられるタイプ

スマホケースに手帳型ケースを使用している方も多いですよね。厚みのある手帳型ケースは、ホルダーに収まりきれないことも少なくありませんが、こちらのホルダーは厚み2cmまで対応しているので、手帳型ケース付きでもしっかりホールド可能。左右も70〜164mmまで調節出来るので、大型スマホも問題なく設置できます。

あらかじめ両面テープが貼られているので、ダッシュボードに接着することになります。もしくは、エアコンアタッチメントが付属してきますので、そちらを使ってエアコン吹出口に取り付ける方法も。充電ケーブル装着状態でもホールド出来、なおかつ左右の首振り調節も可能です。

粘着シールタイプでおすすめの車載スマホホルダー

車載ホルダー (2,178円)

タブレットまでしっかり支えられるパワフルなタイプ

本体は非常にコンパクトでスタイリッシュ。それでいてタブレット端末もしっかりホールドできるパワフルさが魅力的なスマホホルダーです。取り付けも簡単で、保護シートを剥がして取り付けたい所に貼り付けるだけ。マグネット式ですので、端末の方にもメタルプレートを取り付けておく必要があります。スマホ用とタブレット用の2種類のメタルプレートがそれぞれ2枚ずつ付属するため、家族で併用したり機種変更をした際も安心ですね。

独自開発の磁力を使用しているので、マグネットが端末に影響を及ぼす心配も無用です。ホルダーディスク部分は360度方向に動かせるフレキシブル仕様です。スマホを取り付けた状態で角度を調節したり回転させたりすることも可能ですよ。

カシムラ-スマホ・タブレットスタンド (820円)

バネ付きアームで手帳型カバーを付けていても大丈夫

1000円以下の非常にリーズナブルな車載スマホホルダーで、取り付け方法は強力両面テープで取り付けたい場所に貼り付けるだけです。バネ付きアームタイプで、ガッチリと掴んでホールドしてくれますよ。58〜135mmまで対応。横置きであれば、7.9インチ以下のタブレット端末も大丈夫です。

厚みは17mmまでと広めですので、手帳型ケースを付けたままで装着出来ます。もちろん、角度調整機能もついており、斜面のあるダッシュボードに設置した場合でも、液晶を見やすい位置に変えられますよ。ただし、アーム部分は可動しませんので注意が必要です。

スマホ車載ホルダー (1,980円)

激しい揺れでも落ちにくい強力マグネット搭載タイプ

エレガントで高級感のあるデザインが魅力的な、コンパクトタイプの車載スマホホルダーです。シールタイプですので、装着場所も問いません。小さいけれど、マグネットが強力ですのでタブレット端末を装着することも可能です。

マウントホルダー部分は上下左右、360度好きな角度に自由に調整することが出来ます。装着部分はマグネット式のため、あらかじめ端末の方にマグネットプレートを貼り付けておく必要があります。中サイズが2枚、大サイズ1枚のマグネットプレートが付属してきますので、スマホの2台持ちや機種変更時にも対応できますよ。

Baseus−マグネット式車載ホルダー

車の振動にも強い360度回転式スマホホルダー

使いやすいプリズム型の車載スマホホルダーで、見た目もスタイリッシュ。アルミニウム合金素材ですので艶があり、高級感のあるデザインになっています。本体はダッシュボードなどの滑らかな面に貼り付ける仕様。マグネット式ですので、端末側にもマグネットを貼り付けておきましょう。

ホルダーのヘッド部分は360度回転式で、好みの角度に調節できます。設置面が広めですので安定感も高く、車の強い揺れにもしっかり耐えてくれますよ。カラーはブラック・シルバー・レッドの3色から選べるようになっています。

まとめ

どの端末をどう使いたいのかで選ぶのがポイント

普段、ナビやドライブレコーダーとしてスマホを使用する機会が多いのであれば、ダッシュボードに設置するタイプがおすすめです。画面も見やすく、運転操作の邪魔になりません。音楽プレーヤーや、ハンズフリー通話用として使用するなら、視界を遮らないコンパクトタイプがいいでしょう。このように、どのような用途で使用するのかを加味して選ぶと間違いありません。後々、車の買い替えやスマホの機種変更をすることも考えておくと更におすすめですよ。今回は車載スマホホルダーについて詳しく紹介していきました。是非、目的に合ったスマホホルダーで安全運転を楽しんで下さいね。