おしゃれでおすすめのガーデンシンク人気ランキング!【ステンレス製も】

お庭のお手入れをする際に便利なのがガーデンシンク。水やりはもちろん、汚れた道具を洗うのもその場ででき、室内に持ち込む必要がなくなりますよ。お庭造りにこだわりたい方にとてもおすすめなガーデンシンクですが、選び方が難しいと感じる方もいるのではないでしょうか。今回はガーデンシンクの特徴や詳しい選び方、おすすめ商品をご紹介します。ガーデンシンクの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ガーデンシンクの特徴

水やりなどお庭のお手入れの効率がよくなる

お庭の草木に水やりをするときに便利なのがガーデンシンク。水栓柱でももちろん可能ですが、シンクになっていることで体をかがめずに準備をすることが可能。体への負担もありませんよ。また、汚れたガーデン道具を立ったまま洗うことも可能になりますよ。

外で料理の準備ができるので庭でのバーベキューでも活躍

お庭でバーベキューをするときに、室内で準備して外に運ぶという作業をしなければなりませんよね。何度も出入りするのは大変と感じませんか。ガーデンシンクがあると運ぶ作業をする必要がなくなりますよ。作業台付きのガーデンシンクなら外で食材を切ることも可能。洗い物もその場でできるので汚れた食器などを室内に持ち込む必要もありませんよ。

ガーデンシンクの種類

ステンレスタイプ

雨風にさらされても錆びにくい

ガーデンシンクは屋外に設置するなので、当然、雨風にあたっても錆びにくい素材であることが大切です。ステンレスは金属ですが錆びにくいという特徴を持っているので、屋外に設置しても大丈夫。たまに磨いてあげることで、きれいな状態を維持できますよ。

シンプルなデザインが多いのもステンレス製ガーデンシンクの特徴です。無機質なイメージがありますが、シンクの部分のみステンレスで外側は他の素材を使用しているものも。ガーデンに合わせて選ぶことも可能ですよ。お手入れのしやすいガーデンシンクを選びたい方におすすめです。

コンクリートタイプ

時間が経つごとに風合いが増してくる

コンクリート製のガーデンシンクは使用するごとに変わる風合いが魅力。油汚れはコンクリートに染み込んでしまうため落しにくかったり、衝撃で欠けてしまうというデメリットもありますが、それも風合いとして楽しめます。コンクリート独特の味わいを楽しみたい方におすすめです。

コンクリート製はマットな仕上がりで、一見ガーデンに合わないと感じるかもしれませんが、このマットな仕上がりもまた魅力の1つ。目立たず控えめな印象になり、お庭を引き立たせてくれますよ。アクセントとしてガーデンシンクを置きたい方には向きませんが、お庭にマッチするシンプルなものが欲しいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

タイル貼りタイプ

お庭のアクセントとなるおしゃれなデザインが豊富

デザインが豊富で、お庭のアクセントになるのがタイル製のガーデンシンク。色とりどりのタイルから自分の好みやお庭に合わせて選ぶことが可能。選ぶタイルやデザインによって可愛い印象にもクールな印象にもでき、アクセントの1つとして設置することができますよ。

サイズのバリエーションが豊富なのもタイル製の魅力の1つ。小さいサイズはもちろん、大きいサイズも種類が豊富なので、お庭のサイズに合わせて選ぶこともできますよ。錆びることもないのでお手入れも簡単。和洋どちらのお庭にもあわせることができるので、お庭のデザインにこだわりたい方におすすめです。

ガーデンシンクの選び方

使用目的に合わせてサイズを選ぶ

魚をさばくなど調理に使用するならシンクのくぼみ部分が広いタイプを

魚をさばくとき、室内だと臭いが気になることありませんか。ガーデンシンクがあれば外で魚をさばくことが可能になりますよ。シンクのくぼみ部分が広いタイプのガーデンシンクなら、大きな魚もさばくことができますよ。目安として横幅が700mmほどあるものが調理用にも使いやすいです。

腰をかがめず使用できる高さだと作業がラク

ガーデンシンクが持つ、他のガーデン用水栓にはない特徴の1つとして挙げられるのが高さがあること。高さがあることで腰をかがめずに作業ができますが、自分の腰の高さに合わせて選ぶことが大切ですよ。高さが低いガーデンシンクだと結局腰をかがめることになり、体に負担がかかります。また、高すぎても作業がしにくくなってしまい、使い勝手が悪くなってしまうことも。自分に合った高さのガーデンシンクを探してみてくださいね。

便利な機能性で選ぶ

収納スペースがあるとガーデングッズがしまえて便利

お庭のお手入れに使用する道具をガーデンシンクの近くにしまえたら便利だと思いませんか。ガーデンシンクには収納スペースがあるものもありますよ。シンクの下部分が収納になっており、大きいサイズを選べばその分スペースも広くなります。扉付きのものも多く、しっかりとしまえるのでとても便利。ぜひ収納付きのガーデンシンクもチェックしてみてくださいね。

シンク内のホコリが気になるなら蓋付きがおすすめ

ガーデンシンクは外に設置するものなので、ホコリが気になりますよね。特にシンク内は洗い物をすることもあるため、清潔を保ちたいと考える方も多いのではないでしょうか。そういった方におすすめなのが、蓋付きのガーデンシンク。土ホコリがシンク内に入るのをしっかり防ぐことが可能です。

ガーデンシンクのおすすめブランド・メーカー

作善堂

おしゃれなタイル張りのシンクが豊富

作善堂はタイルを使用したシンクやを製造、販売するメーカーです。岐阜県にある会社で、受注製作もしてくれますよ。ガーデンシンクは5種類のサイズがあり、ニーズに合わせてサイズを選ぶことが可能。レトロな雰囲気が好みの方におすすめのタイル貼りガーデンシンクが豊富です。

タカショー

国内トップのガーデニング用品メーカー

タカショーはガーデニング関連製品の取り扱いは国内トップクラスを誇るメーカーです。ガーデニング関連製品の他にエクステリア関連の製品も多数取り扱っています。ガーデンシンクはくぼみ部分がステンレス製のものと大理石製のものがあり、好みによって選ぶことが可能ですよ。

ニッコーエクステリア

おしゃれで本格的なガーデン製品が人気

ニッコーエクステリアはガーデン関連製品とエクステリア製品を取り扱うメーカーです。ガーデン関連の製品は種類が豊富で、好みに合ったデザインを選ぶことが可能。ガーデンシンクは施工が必要になりますが、その分頑丈なので安心して使用することができますよ。

ディノス

インテリア用品からファッションアイテムまで幅広く扱う

ディノスはインテリア用品からファッションアイテムまで、幅広いアイテムを豊富に取り扱っているメーカーです。オリジナル商品も多数揃えていますよ。ガーデンシンクは作業台の付いた物と付いていない物の2種類あり、必要に応じて選ぶことができます。

おすすめ&人気のガーデンシンクランキング

ステンレスタイプでおすすめのガーデンシンク

タカショー-エバーアートウッド ガーデンシンク(86,832円)

木目調の棚が優しい雰囲気を演出してくれる

タカショーのガーデンシンクはくぼみ部分がステンレスになっています。大きい洗い場ではありませんが、自宅のお庭で使用するようなガーデングッズは洗うことが可能なサイズですよ。作業台も付いているので、どの用途にも使用することができます。

洗い場の下部分は収納スペースになっており、お庭のお手入れに使用する道具を収納することが可能です。扉も付いているので中のものが落ちるといったこともありませんよ。木目調の部分はアルミ材に耐候性の木目調のシートを貼り付けており、耐久性にも優れていますよ。

ベルメゾン-ステンレス製屋外用流し台(21,384円)

嬉しい付属品が豊富

こちらのガーデンシンクはステンレス製の蛇口ではなく、市販のホースを繋ぎ、引っ掛けて使用するタイプ。ホースで水を引っ張る形になるので、場所を問わず設置することが可能です。水場にガーデンシンクを設置することが難しいという方におすすめですよ。

あると嬉しい付属品も多数付いているのが、こちらのガーデンシンク。水切りやスポンジホルダーが付いているので新たに購入する必要がありません。サイドのフックには小物を掛けることも可能です。組み立てタイプですが女性1人でも簡単に組み立てられるようですよ。

dinos(ディノス)-人工木ガーデンシンク(21,780円)

劣化に強い人工木とステンレスを使用

ディノスのガーデンシンクは劣化に強い人工木を柱や棚に使用しています。流し台と作業台はステンレス製なので、丈夫で長く使用することが可能です。蛇口部分のみスチール製なので、使用前に錆び止めを塗ることをおすすめします。

広い作業台付きで、全体の幅は96cm。流し台と作業台の両方ともに、しっかりとスペースが欲しいという方におすすめです。ナチュラルなデザインのガーデンシンクなので、お庭のデザインを問わずマッチしてくれますよ。下には肥料やガーデングッズを置くスペースもあり、使い勝手のいいガーデンシンクと言えるでしょう。

アオヤギコーポレーション-ステンレス流し台(11,700円)

コストパフォーマンスのいいガーデンシンク

アオヤギコーポレーションのガーデンシンクはとてもシンプルなステンレス製。全てステンレス製で特別な飾りや付属品はありませんが、シンクとしての機能は十分に果たしてくれますよ。600mmと広いシンクなので、様々な用途に使用可能です。蛇口はプラスチック製ですが、しっかりと役割を果たしてくれます。

重さも5000gと軽量。軽いと強風のときに心配ですが、場所を移動させるのは容易にできます。決まった定位置でのみ使用するだけでなく、必要に応じて異動させることができですよ。組み立て式ですがドライバー1本で組み立て可能。価格も高すぎず、コストパフォーマンスに優れたガーデンシンクと言えます。

オンリーワンクラブ-ガーデンシンク(106,200円)

円錐型のシンクがおしゃれ

オンリーワンクラブのガーデンシンクは、シンク部分が円錐型になっていてとてもおしゃれ。ガーデン用品を洗うのに四角くて広い商品が多い中、こちらは小さめのシンクになっています。大きめのものを洗うには少し不便を感じるかもしれませんが、シンプルながらもおしゃれな雰囲気を与えてくれますよ。

ご紹介しているガーデンシンクは作業台が付いていないものですが、作業台付きのものもありますよ。下の棚には物を置くことも可能です。天板には人工大理石を使用。強い紫外線を浴びると劣化してしまう場合もあるようですが、この人工大理石もおしゃれさをプラスしてくれます。

コンクリートタイプでおすすめのガーデンシンク

ニッコーエクステリア-シャルム(82,620円)

アンティーク調のおしゃれなガーデンシンク

ニッコーエクステリアのシャルムはアンティーク調のガーデンシンク。棚や作業台はなく、シンクのみのシンプルな形状です。蛇口は別途購入する必要がありますが、クラシカルな雰囲気が好みの方におすすめですよ。蛇口周辺には小物を置くスペースがあり、洗剤や石鹸などはその場に置いておくことが可能です。

ホースで繋ぐタイプではないので水道工事が必要になりますが、今後長く使用する方には水回りに関して不具合が出にくく、おすすめと言えるでしょう。カラーはホワイトとアイボリーの2種類から選べます。どちらも目立つ色合いではないので、お庭のデザインの邪魔をすることはありませんよ。

セキスイデザインワークス-コーンシンク(134,136円)

ロングアームなのでバケツへの水汲みも簡単

セキスイデザインワークスのガーデンシンクは水を受ける部分はレンガ調、下部はコテ引き模様になっています。全体の形状も丸く可愛らしく、レンガ調なのでナチュラルな雰囲気がありますよ。ナチュラルなデザインが好きな方におすすめのガーデンシンクです。

水受け部分は浅く作られているので、水が撥ねにくいです。バケツへの水汲みがしにくいのではと思うかもしれませんが、蛇口がロングアームになっているので、その側にくるっと回せば簡単に水を汲むことができますよ。また、地面付近に補助蛇口が付いているので、ホースを取り付けるのも簡単。作業台や収納スペースはありませんが、お庭のお手入れをするにはとても便利です。

エクステリア関東-屋外シンク(50,939円)

収納部分にプラスチックを使用し天候による劣化が少ない

エクステリア関東のガーデンシンクは水受け部分にコンクリートを使用し、収納部分にはプラスチックを使用しています。天候による錆びや腐食が起こりにくいですよ。蛇口が縦に長いタイプなので、バケツに水を汲むのも簡単。使い勝手のいいガーデンシンクと言えるでしょう。

収納スペースが広く、市販の20m巻きのホースリールを収納することも可能です。また、ホースと一緒に8リットルのバケツをしまうこともできますよ。棚の中にはタオル掛けもあり、お庭のお手入れに必要なものはガーデンシンクの中に収納することができ、とても便利です。

ニッコーエクステリア-ガーデンシンク レトロブリック(127,980円)

レンガ調のモダンなデザイン

ニッコーエクステリアのレトロブリックは、レンガ調のモダンなデザインのガーデンシンク。粗めに詰めたホワイト目地がレトロ感を強調し、お庭のアクセントになりますよ。カラーはベージュとグレーの2種類。選ぶカラーによって雰囲気が変わるので、お庭のデザインに合わせて選ぶのがおすすめです。

横幅が670mmとコンパクトですが棚も2段あり、小さい道具はしまうこともでき、使い勝手もいいです。コンパクトながらも使い手のことをしっかり考えられていますよ。こちらは水栓蛇口を別途購入する必要があるため、注意が必要です。重さがあり、安定感があるので洗い物をするときもガタつくことなく使用できます。

UNISON(ユニソン)-ガーデンシンクキット(58,200円)

壁付けタイプのシンプルなガーデンシンク

ユニソンのガーデンシンクは壁付けタイプ。60kgの重さに耐えられる壁である必要がありますが、シンクと蛇口、給排水管のみのとてもシンプルなデザインなので、壁があれば狭い場所でも取り付けられます。大きなガーデンシンクを置くスペースを確保するのが難しい方は、壁付けタイプも検討してみてはいかがでしょうか。

こちらはコンクリート素地とアイボリーに着色した2種類があります。コンクリート素地のものなら、コンクリートの風合いも楽しむことが可能ですよ。コンクリートならではの重量感があり、お庭のアクセントにも。他とは違う個性的なデザインにしたい方におすすめです。

タイル貼りタイプでおすすめのガーデンシンク

作善堂-タイル流し オールホワイト(40,050円)

真っ白なタイルがお庭のアクセントに

作善堂のオールホワイトガーデンシンクは名前の通り真っ白なガーデンシンク。他の色は入っていないため一見シンプルに見えますがますが、逆にお庭のアクセントになりますよ。和洋どちらのお庭にもマッチしてくれる美しいガーデンシンクです。

作善堂のガーデンシンクは5種類のサイズから選べますが、こちらはLサイズ。Lサイズは横幅が80mmあるので大きなサイズの道具を洗うのははもちろん、魚をさばいたり、ペットを洗うのにも十分。様々な用途に使用することが可能です。広いシンクを必要とする方にとてもおすすめです。

タイルショップたまがわ-昭和レトロなタイル流し(44,000円)

昭和の時代を感じさせるレトロなガーデンシンク

タイルショップたまがわのガーデンシンクはレトロな雰囲気があり、和風のお庭にぴったり。外側は優しい色合いを組み合わせたモザイクタイルになっており、お庭のデザインを邪魔しません。シンク内部にもデザインが施されていて、どことなく昭和レトロを感じさせます。

職人によって1つ1つ手作りされており、特別感も感じさせてくれますよ。手作りのためサイズに数ミリの違いがあるそうですが、それも手作りならではの味わいと言えますね。横幅は745mmあり、大きなサイズのガーデングッズを洗うことも可能です。背面にはタイルを貼っていないので、壁に付けて設置する場合も設置しやすいでしょう。

メタルテック-タイル貼り流し台(46,500円)

鮮やかなカラーがアクセントになる

オンリーワンクラブのタイル貼りタイプのガーデンシンクは小さい丸形。スタンドが必要になりますが、直径40cmと小さいサイズなので狭い場所にも簡単に設置できます。場所を問わずガーデンシンクを置きたい方におすすめと言えるでしょう。

カラーはブルー、オレンジ、レッドの3種類あり、どれも鮮やかなカラーなのでお庭のアクセントになりますよ。シンク内中央にさりげなくハートや葉っぱ型のタイルが施されており、可愛さをプラスしてくれています。キュートなデザインが好きな方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

テック堂-ガーデンシンク(219,565円)

重厚感のあるデザインがおしゃれ

テック堂のタイル貼りガーデンシンクは優しい色合いのモザイクタイル仕上げ。天板がタイル貼りになっており、シンク部分はステンレス製です。錆びや腐食を気にせず使用できますよ。側面ボードはプラスチックに塗装を施してあり、こちらも腐食の心配がありません。

シンク部分は小さいですが作業台が付いているので、使い勝手はいいと言えるでしょう。重厚感のある見た目が高級感を感じさせてくれ、お庭のアクセントになりますよ。派手な色使いではないので目立ちすぎることもなく、どんなお庭にもマッチしてくれますよ。

作善堂-金魚のシンク(43,175円)

シンク内部さりげなく金魚のデザインを施したガーデンシンク

作善堂の金魚のシンクは、名前にある通り金魚のデザインを施したガーデンシンクです。シンク内部はメインカラーを白とし、3匹の金魚が泳いでいるデザインに仕上げてあります。受注製作のため少し時間がかかりますが、こだわりのガーデンシンクに仕上がるでしょう。

外側はくすんだ青のタイルが張られており、にじみのあるタイルなので、それもまた味として楽しむことができますよ。また、ぽってりとした形のガーデンシンクで、レトロな雰囲気も味わうことができます。サイズは横幅が550mmと大きすぎず小さすぎないサイズなので、用途を問わず使用可能です。

まとめ

お庭のサイズやデザインに合わせて選ぶのがおすすめ

ガーデンシンクにも様々な形やデザインがあり、選ぶ際に迷ってしまいがちですが、まずはお庭のサイズやデザインに合わせて選ぶことがおすすめです。お庭にマッチしたデザインを選ぶことで、よりおしゃれなお庭に変身させることができますよ。また、使用用途によって収納スペースや作業台が付いたものを選ぶのも大切です。ご自身に合ったガーデンシンクを選んで、ガーデンライフを楽しんでくださいね。