おすすめの雲台人気ランキング!【自由雲台やギア雲台も】

カメラを固定して写真を撮りたいときに活躍するのが、三脚です。中でも、雲台は三脚そのものの性能を左右する部品といっても過言ではありません。どんな雲台にするかで、撮れる写真の幅も変わってきます。また、今持っている三脚の雲台を変えることで、撮れる写真の幅が広がることもあります。そこで今回は、雲台の種類や選び方、人気のものについてご紹介します。どのような雲台を買うべきか悩んでいるという方は是非、参考にしてみてくださいね。

雲台とは?

カメラを三脚に固定するときに使う可動式の台座

一眼レフカメラやビデオカメラを三脚に取り付ける際に使う用具を、雲台と言います。三脚とセットで使うことが多いので、雲台としての認知度はあまり高くないかもしれません。しかし、三脚の上の部分と言えば容易に想像できるのではないでしょうか。雲台には様々な種類があり、それぞれの特徴を生かすことによって、撮れる写真のランクが一つも二つも上がることでしょう。

雲台の種類

自由雲台

自由な構図で撮れる

その名前の通り、自由な調整が可能であることが大きな特徴で、ボールヘッド式と呼ばれることもあります。カメラと接続するポールが全方向に動くので、縦と横以外の向きの写真も無理なく撮ることができますよ。また、素早く構図を決められるので、シャッターチャンスを逃しにくいとも言えるでしょう。

ただ、ポールの動く範囲が大きい分、ポールを固定するねじを緩めた際の取り扱いには注意する必要があります。大きめのカメラやレンズを取り付けている場合は、三脚全体のバランスが崩れて倒れてしまうことも考えられます。そのため、慎重に操作することが肝要です。

3WAY雲台

細かい調節も可能

雲台の一般的なイメージとしてあるのが、この3WAY雲台でしょう。カメラの向きを三本のレバーやねじで調節します。縦と横、そして回転方向の三つの要素を独立に動かすことができます。そのため、縦と横の具合は保ちつつ、向きだけ変えるというような使い方もできますよ。

構図を自分の納得がいくまで調整できるのが3WAY雲台の大きなポイントです。一度しか出会えないような風景はもちろんのこと、集合写真などの人物写真を撮る方にもおすすめですよ。初心者からプロまで、持っていて損はないと言える雲台です。

ギア雲台

水平が簡単に決められる

3WAY雲台と同じように、前後と左右、そして回転方向を別々に動かすことができます。その調節はノブを回して行います。そのため、3WAY雲台よりも細かな構図の調整が可能であるという特徴があります。また、耐荷重の大きなモデルが多いので、重い望遠レンズを使う際でも安心ですよ。

また、風景を撮影する際に特に重要な、水平を決めるという作業が非常に楽という特徴もあります。ノブで少しずつ調節していくので、失敗することなく行えるでしょう。ただ、素早い動きはあまり得意としていないので、早い動きをする被写体の撮影には適していないかもしれません。

ビデオ雲台

スムーズな動きが特徴

ビデオカメラでの使用はもちろんのこと、野鳥の撮影などでも用いられることが多いのが、ビデオ雲台です。内部に油圧機構が採用されていたり、特殊なグリスが用いられていたりするので、スムーズな動きが実現されています。そのため、運動会などで走るお子さんに合わせてビデオカメラの向きを変えても、違和感のない映像が撮れるのです。

こうした特徴は、静止画を撮影する際にも生かせます。一度決めた構図を少しだけ修正したいとき、動かしているときだけフレームが動き、止めたらフレームも止まるという心地よさもポイントです。数ミリ動かしただけで構図が大きく変わってしまう、超望遠レンズを使う際などは、このビデオ雲台の使用を視野に入れてもよいかもしれません。

雲台の選び方

カメラの取り付け方で選ぶ

着脱を簡単にしたいならクイックシュータイプ

カメラ本体と、雲台との取り付けや取り外しが素早く行えるのが、クイックシュータイプです。あらかじめカメラ本体の三脚穴に取り付けておくプレートと雲台側のプレートの二つでクイックシューは構成されています。また、カメラ本体に付けるプレートはさほど大きくはないので、カメラの機動性が大きく損なわれるということはないでしょう。

安定感を求めるなら直付けタイプ

雲台に直接カメラやレンズを取り付けることで、まるで雲台もカメラの一部であるかのような安定感を得られるのが、直付けタイプの特徴です。取り付けに少々手間がかかるというのが事実ではありますが、それを差し引いても十分に満足できることでしょう。そのため、安定感に関して妥協はしたくないという方に特におすすめですよ。

本体重量と耐荷重のバランスで選ぶ

アルミなどを使用して耐久性を保ったまま軽量化されたモデルがおすすめ

様々な撮影場所で使うことを考えると、軽量な雲台を選択肢に入れても良いでしょう。ただ軽いだけでは、雲台や三脚が安定せず、期待されるほどの役割が果たされないという事態につながりかねません。そこで、軽量さと耐久性の双方に優れている素材のアルミやマグネシウムなどを採用しているものであれば、安心して撮影に臨めることでしょう。

重い望遠レンズを使用するなら耐荷重の大きいものがおすすめ

遠くのものを大きく撮ることができる望遠レンズは、どうしても大きくて重くなりがちです。そうした仕様にも耐えられるよう、耐荷重の大きな雲台を選ぶと安心です。耐荷重とは、その名の通り、雲台が耐えられる最大の重量のことです。使うカメラやレンズの重量を合計してみて、その結果に合う耐荷重の雲台を選ぶと良いでしょう。

雲台のおすすめブランド・メーカー

マンフロット

ナショジオも愛用

ナショジオと称される、あのナショナルジオグラフィックのカメラマンも使用していると言われているのが、マンフロットの雲台です。マンフロットはカメラ用品を幅広く扱っており、世界的な知名度も高いです。また、デザインが凝っているというのもポイントです。

スリック

幅広い選択肢を提供

ファミリー向けからプロ向けまで、幅広いニーズに対応した製品を展開しています。そのため、ご自身の用途に合った雲台がきっと見つかることでしょう。また、比較的お手頃な価格であるというのも大きな特徴です。

ハクバ

カメラ用品のパイオニア

雲台や三脚はもちろんのこと、レンズフィルターや防湿庫など、カメラに関連する商品を複数ラインナップしています。コスパが良いと評判のメーカーでもあります。シンプルな商品が多く、初心者の方であっても迷うことなく使えるので安心ですよ。

ジッツォ

マンフロットと人気を二分

2017年に創業100周年を迎えた、フランスの老舗カメラ用品メーカーです。世界で初めて、雲台にマグネシウム合金を採用したという歴史があり、耐久性には折り紙つきです。そのため、タフな使い方をするユーザーからの支持を集めています。

ベルボン

三脚や雲台に特化したメーカー

デジタルカメラからスマートフォンまで、様々なタイプのカメラに対応した三脚や雲台を販売しているメーカーです。カジュアルな用途から本格的な用途まで、幅広くカバーしていると言えます。また、クイックシューに対応した雲台が非常に多いというのも特徴です。

おすすめ&人気の雲台ランキング

クイックシュー対応でおすすめの雲台

SIRUI(シルイ)-K-10X(11,480円)

フリクションメモリーで快適な構図調整

カメラを素早く取り付けることが可能な、クイックシューに対応している自由雲台です。アルミニウム製で軽量ながらも、耐荷重20キログラムを誇ります。そのため、山奥で望遠レンズなどの重いレンズを多用する野鳥の撮影などでも安心ですよ。

また、操作性にも優れています。センターポールを固定するツマミにはフリクションメモリーがついており、カメラを取り付けた三脚や雲台のバランスを崩さずに、構図を微調整することができますよ。水準器も2か所についているので、構図にこだわって撮影したいという方におすすめと言えます。

マンフロット-MHXPRO-2W(14,796円)

一眼レフでも使えるビデオ雲台

ビデオ雲台なので、滑らかな動きが特徴です。この滑らかさは2段階で調整することができるので、お好みのセッティングで撮影に挑めますよ。雲台本体は700グラムと軽量なので、装備が重くなりがちな宿泊を伴う撮影旅行にもおすすめの雲台です。

この雲台が活躍するシーンは、写真やビデオの撮影に限りません。バードウォッチングに使うスコープも取り付けることが可能なので、快適な野鳥観察ができます。そのため、一家に一台あっても、損しない雲台と言えるのではないでしょうか。

ベルボン- FHD-43M(2,980円)

滑らかな動きでビデオ撮影に最適

動画の撮影の際に特に重要な、一定のスピードでの滑らかな動きが特徴の雲台です。これは、粘性のある特殊なグリスを使用していることで実現されています。また、片手だけで水平方向と上下方向の調整ができるので、手が空かないような状況でも安心ですね。

もちろん、クイックシューに対応しているので、急にやってくるシャッターチャンスを逃しません。普段使うカメラのほか、ビデオカメラにもクイックシューを付けておけば、切り替えもスムーズに行えることでしょう。お手頃価格なのも嬉しいですね。

NEEWER(ニューワー)-フリュードビデオ雲台(3,218円)

安全かつ充実した撮影を

ロック機構がダブルで付いており、安全性に関して、他の追随を許さない仕様になっていると言えます。安全性に拘りつつも、軽量に設計されているので、持ち運びの際にも安心です。このため、機動性と安全性の両方を求めている方におすすめですよ。

特殊なグリスの採用により、なめらかな動きが実現されています。ビデオ撮影中のパン竿うさも快適にできることでしょう。クイックシュー付きで、お求めやすい価格でもあることから、カメラ初心者の方の初めての一台としても活躍できそうです。

マセス-DB-2(18,674円)

フリクションコントロール付きで不意の傾きを抑えられる

精巧な削り出し加工が施されているこの雲台は、デザインという観点からも優れています。この雲台に搭載されているフリクションコントロールにより、ポールストッパーが急に動いてしまう可能性を低くすることができます。そのため、自由雲台を使った経験がなく、不安という方に特におすすめですよ。

水準器もついているため、水平が重要な風景写真などでも活躍が期待されます。また、耐久性の高さも評価されており、タフな使い方にも十分対応していると言えるでしょう。総合的な機能を考えると、かなりお買い得な雲台と言えるのではないでしょうか。

3WAY式でおすすめの雲台

ベルボン-PHD-65Q II(13,988円)

マグネシウム製で強度抜群

強度に定評があるマグネシウムを使用し、なおかつ軽量であるという、本来は相反するような性能が実現されている一台です。固定力も十分で、一度決めた構図が簡単にずれてしまうといったことはないでしょう。また、便利なクイックシューにも対応していますよ。

左右や上下の方向を動かす際に使うハンドルは、握りやすいよう丸みを帯びています。そのため、しっかりと操作でき、スムーズな撮影の実現に貢献することでしょう。強さと使いやすさを兼ね備えた、欲張りな一台をお探しの方におすすめです。

スリック- SH-909(25,311円)

安定感重視のプロ仕様

バッテリーグリップ付きの一眼レフカメラや、超望遠レンズといった大型の機材に対応している雲台です。大型の機材に対応しながらも、一つ一つの動きは非常に繊細であり、思う存分構図の調整が可能です。そのため、普段から大きめのカメラやレンズを使うことが多いという方におすすめですよ。

雲台単体でおよそ1.7キログラムと重い部類に入る雲台ではありますが、軽量さよりも安定感を重視した雲台と言えます。大切な機材をこの雲台に取り付けても安心ですね。また、日本製ということもあり、製品の品質については申し分ありません。

マンフロット- MHXPRO-3W(13,150円)

微調整も得意

レバー部分を収納できるので、従来の3WAY式雲台と比べて非常にコンパクトであるという特徴があります。そのため、収納する際に一つずつレバーを外していくといった操作が必要ありません。重量も1キロと軽いので、頻繁に持ち運ぶ方におすすめの雲台と言えますね。

本体に3つの水準器を内蔵しているほか、フリクションコントロールにも対応しているため、微細なアングル調整もお手の物です。こうした操作性の良さに加え、洗練されたデザインも魅力の一つです。使っていて楽しくなりそうな雲台ですね。

スリック-エイブル300 DX N(5,770円)

雲台としては珍しい丸みを帯びたフォルム

角ばったデザインの雲台が多い中、この丸みを帯びたデザインはかなり特徴的と言えるでしょう。向きを調整するハンドルが二本でクイックシュー対応と、機能面でも申し分ありません。非常にシンプルなので、初めて雲台を買ってみるという方に特におすすめですよ。

耐荷重は5キロと、高倍率のズームレンズをつけた一眼レフカメラでも満足のいく写真が撮れることでしょう。ミラーレスカメラなどのような、コンパクトなカメラとの相性も良さそうです。サブの雲台として購入するのも良いかもしれませんね。

自由雲台でおすすめの雲台

ベルボン-QHD-53(6,560円)

安心の固定力

ボディをあえて肉厚にすることにより、圧倒的な固定力が実現されている雲台です。ポールの可動域は広めになっており、使いやすさの面ではトップクラスに値すると言えるでしょう。そのため、万人におすすめすることができる雲台と言えますね。

カメラ台が独立して回転するダイヤルを回して、カメラ本体を雲台に取り付けます。スピードと確実さを同時に満たす設計になっており、頼りになりそうですよ。ポールの位置を止めるストッパーが、握りやすいよう大型なのも嬉しいポイントです。

ハクバ-BH-1(1,300円)

お手頃価格のスタンダードモデル

とてもシンプルで、自由雲台としての基本的な機能に特化したモデルと言えます。カメラの取り付けや角度の調整などの操作も簡単です。そのため、自由雲台が気にはなるが、どれを買って良いかわからないという方におすすめですよ。コスパの良い雲台としても評価が高いです。

雲台の中では華奢な部類に入るので、望遠レンズを付けた一眼レフカメラよりも、コンパクトデジタルカメラなどのお手軽なカメラでの使用に適していると言えます。エントリーモデルの一眼レフカメラは軽量なものが多いので、そういったカメラでの使用も期待されます。日本製であるのも嬉しい点ですね。

マンフロット- MH492LCD-BH(9,900円)

耐荷重4kgで望遠レンズもOK

軽さと耐久性を兼ね備えた、アルミニウムがボディの素材として使われています。これにより、携帯性を確保しつつも実用性抜群な、耐荷重4キロが実現されています。通常のカメラのほか、ビデオカメラでの使用にもおすすめの自由雲台ですよ。

付属のコールドシューを使用すれば、カメラ上部のアクセサリーシューの部分に取り付けることも可能です。この雲台にモニターを取り付ければ、活躍の幅も広がりそうですね。一味違った使い方をしてみたいという方におすすめの雲台ですよ。

ジッツオ-GH1382QD(70,938円)

圧倒的な操作性

スムーズな動きと、ロックの正確さにフォーカスを当てた商品です。ポールのコーティングに二硫化タングステンを使用することにより、滑らかな動きが実現されています。最小限の力でしっかりとロックが可能になるような機構も取り入れられていますよ。

水平方向を独立にロックできるようになっているので、パノラマ写真の撮影はもちろん、構図の微調整も簡単です。また、クイックシューにも対応しているので、カメラの取り付けも素早くできます。操作性にこだわりたい方に特におすすめの雲台ですよ。

ベルボン-QHD-33M(4,340円)

携帯性に優れた自由雲台

クイックシューに対応している自由雲台です。クイックシュープレートのカメラへの取り付けは備え付けのネジをまわすだけで完了し、とても簡単です。147グラムと非常に軽量なので、携帯性を重視したい方に特におすすめの雲台と言えますね。

視野性の良い水準器も装備しているので、水平を一目で確認することができます。向きを固定するストッパーは、このコンパクトなボディサイズにしては大きめになっています。そのため、確実にロックし、安心して撮影に挑むことができますよ。

まとめ

クイックシュー付きだと機動性が良好でおすすめ

クイックシュー付きの雲台だと、カメラを素早く取り付けることができます。そして、結果として被写体への対応速度が上がることになります。写真や動画には幅広いジャンルがありますが、どのような写真を撮られる方であっても、クイックシュー付きだと機動性が良いというのは大きなメリットになります。今回は、雲台に関して様々な情報を交えてご紹介しました。各雲台の特徴を捉え、納得のいく雲台を見つけてみてくださいね。