おすすめの集魚灯人気ランキング!【色の効果や使い方も】

夜釣りでは、魚は常夜灯の下に集まるといいます。しかし沖合はもちろん、岸壁でも常夜灯のないところはたくさんありますよね。そんな暗い夜釣りで役立つのが、海を明るく照らす集魚灯です。さまざまな色のLEDライトで魚をおびき寄せて釣りあげる夜釣りに欠かせない釣具アイテムで、特にイカ、太刀魚、メバルなどに効果が大きく、中にはバッテリーを用いて自作する人もいます。今回は市販の集魚灯の特徴や種類、選び方などを詳しく解説。併せておすすめの商品を紹介します。購入時の参考にしてくださいね。

集魚灯の特徴

夜釣りの必携アイテム 

集魚灯とは文字通り、魚を集める灯り。暗い夜の海が明かりで照らされるとプランクトンや小魚が集まり、それを餌にしようと大きな魚が集まってくるといいます。その魚を釣り上げようというわけです。暗い夜の海を明るく照らすことで、自ら集魚ポイントを作り出すアイテムなのです。

ルールとマナーを守った使い方を 

夜釣りでは、明るく照らすと逃げてしまう魚種を狙っている人がいます。また、自分の足元にだけ魚を集めてしまう集魚灯の使用を快く思わない人も多くいます。マナー違反と受け取られる可能性があるため、先行者がいる場合、集魚灯の使用は控えましょう。また場所によって集魚灯禁止のところもあるため事前に水産庁のHPで確認しておきましょう。

集魚灯の種類・使い方

仕掛けにつけて水中に沈めるタイプ 

最も簡易で手軽な集魚方法 

仕掛けに直接取りつける親指大の大きさの小さな水中LEDライトです。本体にボタン電池やリチウム電池を入れて使います。取り付け方は、本体上下の穴にラインを通してストッパーでとめたり、ラインの途中に結んで使ったりします。小型で防水仕様されており、手軽に使えるのがメリットです。

小型のわりにLEDが結構発光するため集魚効果があります。カラーバリエーションも豊富で比較的値段も安いため、魚種に合わせて何色か揃えて購入するのがいいでしょう。また電池を取り替えれば継続使用できるコスパの良いタイプもあり、おすすめです。

直接水中に沈めて照らすタイプ

爆釣も期待できる本格水中ライト

ロープや配線コードにつないだ20~30cm程度のLED照明を直接水中に沈め、海中から明るく照らして集魚する水中ライトです。足元に魚を集めるのが基本で、本体に乾電池を入れるタイプと、車や船のバッテリーからワニ口クリップコードなどを接続して電源をとるタイプとがあります。防水仕様されており、機材が少なくて済むのがメリットです。

乾電池タイプは地上に置いて、防災時やアウトドアでのランタン(照明器具)として使用可能。夜釣りのセッティングの際の照明として使えて便利です。ワニ口クリップコードなどからバッテリーをとるタイプには、潮の早いとき本体に鉛を装着できる仕様のものもあります。いずれもかなり明るいため小魚が集まり、爆釣の可能性もありますが、他に釣り人がいるとトラブルの元となるので使用は慎重に。また使用の度にメンテナンスしないと劣化するためご注意ください。

陸上から照らす投光器タイプ

常夜灯がない場所では照明代わりになる 

LED照明を陸上から、あるいは船上から水面に当てて集魚する投光器タイプ。岸壁からの夜釣りや船上釣りで使用します。自家発電機や車、船のバッテリからコードを使って電源をとるタイプとコードレスな充電式タイプとがあり、本体スイッチやリモコンで操作して使用します。投光器タイプは海面を強力に照らすため、マナーを守って使うようにしましょう。

投光器タイプは集魚灯というよりも、もともと夜間照明としての利用がメインです。雨や霧など悪天候の中でも強い光を放つため、夜間の野外作業にはもちろん、舞台照明として使うことも可能です。また防災用として、自然災害で停電になったときにも役立ちます。

集魚灯の選び方

LEDライトの色で選ぶ   

色による波長に合わせた使い分けを

集魚灯のポイントの一つにLEDライトの色の効果があります。色によって波長が変わるため光の届く距離が変わり、狙う魚種の生息域に届く色を選べば爆釣が期待できます。光は、赤・緑・青の順に届く距離が伸びるため、赤は狭く浅い場所に、青は広く深くまで届くというわけです。

赤は沿岸部での釣りにおすすめです。魚にとって赤は見えにくい色であり、15m以上離れると赤を赤と認識できないとされ警戒心なく寄ってくるといいます。緑は中層のプランクトンの多いところ、水温の高いところ、緑の藻の多いところで有効です。深いところ、広範囲から魚を集めたいときには青がおすすめ。沖合での釣りにいいでしょう。

狙う魚種によってアピールの仕方を変える 

ほかにも単に魚を照らすための照明や、プランクトンを寄せ集めるためだけなら白をおすすめします。暗い場所や悪天候、深海にも白は有効です。また、様々な魚種とその環境に対応できることから、単色ではないレインボーカラーがよく釣れることがあります。何色にするか迷ったときは、レインボーカラーを選ぶのも一つの手です。

一般的に光が点滅するタイプのほうが点灯型よりアピール力があるため集魚効果が高くなります。しかし魚種によってはアピール力の低いほうが効果的な場合もあるため、試しながら釣るのが良いでしょう。そのため、点灯・点滅などのパターンや色の切替が、スイッチ一つでできる商品がおすすめです。

動作電源によって選ぶ 

初心者は乾電池内蔵タイプがおすすめ

本体に単3電池やリチウム電池、ボタン電池を内蔵するか、充電して使うタイプは機材が少ないため持ち運びがラクです。本体は防水仕様で安全に使え、手軽なため初心者におすすめ。容量に限りがあるため、高い輝度の明かりを長時間連続使用はできませんが、集魚のためにはそれほどのパワーも必要ありません。電池を取り替えらえるタイプ、または使用の度充電すれば継続使用も可能なので、コスパも良いといえます。  

長時間のパワフル照明には車や発電機からのバッテリーが有効

車や船のバッテリー、もしくは家庭用発電機につないで電源を確保する方法で、電池型とは比べ物にならないくらいの大容量でパワフルな照明の長時間連続使用が可能です。しかし車からバッテリーをとる場合は車が入れる場所からでしか釣れないことになり、船のエンジンならなおのこと、船を持っていなければ使えません。自家用発電機は重くかさばるうえ、音がするので魚に警戒される可能性があります。すでに自家発電機や船を有している方、釣りは車でしか行かない方にはおすすめです。

集魚灯のおすすめブランド・メーカー

ハピソン(Hapyson) 

前身はパナソニックの釣具部門だったブランド

パナソニックの釣具部門を引き継いだ山田電器工業が2011年4月から始めた釣具ブランドです。パナソニック時代から人気だった乾電池式水中集魚灯をはじめ、電気ウキ、乾電池式エアーポンプなどを販売。新規商品も開発されています。

ルミカ 

夜釣り用ケミホタルでお馴染みのケミカルライトの会社

コンサートやお祭りで見かける光るスティック、ケミカルライトの製造販売会社。釣具では夜釣りをアシストするLED水中集魚ライトや、仕掛けにつけるケミホタル、ルミコなど多数アイテムを展開しています。

オルルド釣具

セット販売が得意な激安ルアーの王様

フィッシングジャンパンという会社が運営しているオルルド釣具は、ネットで多く見かけるルアーのブランド。激安でレアなフィッシングアイテムを数多く取り扱うだけでなく、アウトドアやモバイルグッズも取り扱っています。

グッド・グッズ(GOODGOODS)

LED照明の開発・製造・販売会社

釣具ブランドの会社ではなく、LED照明の会社です。夜釣り用としても使えるLED投光器はコンパクトなものから大きなもの、充電式、乾電池式など多数アイテムを展開しています。ただし水中に沈めて集魚するタイプのものは取り扱っていません。

おすすめ&人気の集魚灯ランキング

仕掛けに取り付けるタイプでおすすめの集魚灯

Dejavu-集魚ライト3個セット(1,480円)

単3電池が使える便利で経済的な3個セット

使うのは家に常備していることの多い、汎用性の高い単3電池1本だけなので便利で経済的です。更に本体にセットすれば即自動点滅を開始し、そのまま連続48時間点灯し続けるため、スイッチ切替の手間をとらせず、釣りに集中することができます。

3個セットでお得なうえに、便利なフックキーパーが1個付いています。移動や休憩の時にライトやルアーをフックキーパーにかけておけば、他の釣り人の持ち物に引っかかってトラブルになることが防げるうえに、自分の釣具も守れます。

よろづや-点灯・点滅切り替え 水中集魚灯 (2,035円)

点灯、点滅が切り替えられる4色4個セット 

集魚効果の高い12cmサイズで赤・白・青・緑のお得な4色4個セット。狙う魚種とその生息域により、その場で色が替えられて便利です。加えて電源スイッチ1つで点灯・点滅の切り替えができ、点滅にすればより集魚効果が高まります。

水深300mまで対応可能な完全防水仕様です。しかし浸水を防ぐためにも正確に締め付けをしてから使いましょう。使用中はネジが緩むことがあるため定期的に確認し、緩みを修正しながら使うようにしてください。

オルルド釣具-魚眼型集魚灯5色セット(1,209円)

自動で点灯消灯するため手間が省けてラク

魚の目玉のようなデザインの魚眼型集魚灯「フィッシュアイライト」。サイズは約1.5cm、重さ2gと本物の魚の目玉のよう。白・赤・青・緑・マルチカラーのお得な5色セットなので、狙う魚種の環境に合わせて替えられ便利です。

電池内蔵型で水に浸けると自動で点灯し、乾くと自動で消灯します。いちいちスイッチを入れたり消したりする手間が省けるのでとてもラクなうえ、自動で消えてくれるのは嬉しい省エネタイプといえるでしょう。

ルミカ-寄って来い光略カスタムシンカー30号(627円)

光と音で魚を集める船用オモリ

本体の表面と裏面に付いたスリットに、それぞれ別売のケミホタル(光)またはルミコ(光)と、ラトルスティック(音)を装着。光と音で魚をおびき寄せるアイデアが秀逸なオモリです。オモリに直接発光体を付けるため、集魚灯を別に用意する必要がなく、経済的です。

両面にケミホタルとルミコを装着して光×光にしたり、ラトルスティックだけ装着して音×音にすることも可能。自由自在にカスタマイズできるのがメリットです。釣り場の状況や狙う魚種に合わせ、光と音の組み合わせをその場で替えられるのが楽しい商品です。

ルミカ-水中集魚ライト ハイビット-2灯 UV(685円)

蓄光&UV色LEDの発光で魚をおびき寄せる

ボディに蓄光材を採用し、内部には最も波長が長いといわれるUV色のLEDを搭載。蓄光材とLEDのダブルの発光により、深いところにいる魚にも猛アピールします。耐水圧も500mと十分。深海魚も狙えます。

水中通電式なので、本体を水に入れるだけで発光する集魚灯です。連続発光時間は30時間。電池内蔵密封構造のため、電池の交換はできません。30時間以上たったら発光しなくなり、そのまま終了となりますのでご注意ください。

仕掛けに付けない水中ライト型でおすすめの集魚灯

オルルド釣具-水中集魚ライト(3,650円)

水中からのアピール力の強い光で魚を集める

防水LEDチップが360度全面に108個も貼り付けられた、とても明るい集魚用水中ライト。配線コードの先に付いたワニ口クリップを直接車や船のバッテリに挟んで電源をとるため、明るくパワフルな光が持続します。

5mの配線コードが付いた本体を直接水中に沈めたら、防水仕様の手元スイッチでオン・オフの切り替えが可能。狙う魚種や環境に合わせた白・青・緑・温白色の中から選んだ色で、水の中から強烈に魚にアピールします。

Ks-garage-水中集魚灯 LED 集魚灯 (14,800円)

乾電池式にはない圧倒的なパワーで魚を狙おう

長さ約60cmの細長い本体の全面にLEDチップを384個と高密度に配置したため、従来モデルよりも約10%輝度がアップしています。海中から放たれる圧倒的な光のパワーで魚をおびき寄せ、集魚効果を狙います。

本体には完全防水加工された約7mの配線コードがついており、付属のワニ口クリップまたはシガーソケットを付けます。そのまま車か船のバッテリに接続すれば、乾電池式とは比べ物にならないパワフル電源のため強い明るさが持続。長時間の夜釣りもたっぷりも楽しめます。

ハピソン-水中集魚灯 YF-500(8,097円)

乾電池式でランタンにもなる便利な夜釣りの友

家電にも使える汎用性の高い単1乾電池を4本使用(別売)し、付属品のロープに結んで直接水中に沈める集魚灯です。乾電池式なので配線コードやバッテリを必要とせず、手軽で携行しやすく音もしません。使いやすくカジュアルでありながら集魚効果のあるものをのぞむ方におすすめです。

電池の寿命は全点灯時で連続10時間、オートモードにすると連続40時間です。電池を取り替えれば継続使用できるのでコスパはいいといえるでしょう。集魚灯のほかにランタンとしても使えるため、夜釣りでの夜間照明となって便利です。  

ルミカ-VOLTボルト ブルー C20270(1,722円)

24灯のLEDが設置され大光量で魚を集める

長さ約22cmとコンパクトでありながら、24灯のLEDを搭載した大光量の集魚ライト。高輝度でも電源はわずかに単3電池3本(別売)だけ。連続で11時間も発光し、一晩中夜釣りが楽しめます。

付属のロープにつけて直接水中に沈めて使いますが、電池を入れる部分は浸水防止パッキンがあるため水に濡れず安心です。また集魚灯として使うほかにも陸上においてランタン(照明)として使えます。夜釣りのセッティングの際、手元を照らしてくれて便利です。

投光器タイプでおすすめの集魚灯

FUTURE-LED投光器(8,637円)

コンパクトなのにとても明るい充電式LED投光器

縦横80個ものLEDチップを配列した、160Wのとても明るいコードレス充電式投光器です。さらに16wのフラッシュライトが付いており明かりが点滅。魚たちに強烈にアピールすることで集魚効果を狙います。

軽量コンパクトで持ち運びに便利な取っ手付き。さらに防水、防塵加工でハードな環境でも安心して使えます。スタンド部は360度回転できるので照射方向は自由自在。また操作性にも優れ、一切金具を使わず全て手で簡単に調整できるのも魅力です。

CREE-サーチライト(11,160円)

リモコンによる遠隔操作で遠くからの調整や切替え可能

コード先端部のシガーソケットをそのまま車や船のバッテリに接続するだけの簡単仕様で、持ち運びに便利な取っ手付きです。本体は左右に360度、上下に120度回転するのでどんな方向にも照射でき、集魚灯として使うだけでなく夜間照明用としても使えます。

スライドするだけで本体を台座から取り外せます。本体底部には強力なマグネットがついているため、車のボンネットや室内天井などあらゆる場所に設置可能。また、50m以上も離れたところからリモコンで操作ができ、オンオフ切替だけでなく、向きや角度も一発調節できるためとても便利です。

HIKARI-LED超薄型投光器壁掛け照明(5,072円)

スッキリ超薄型タイプなので場所を取らずに設置できる 

50wの長方形LED照明が2個並列した100wのLED投光器。放熱性に優れた構造で実際の明るさは1000Wに相当します。更に2個の長方形の照明が各々手で簡単に角度を変えられるために、光を集めたり離したりといった調整が可能です。

薄型で防水、防塵加工されているため、どんな環境でも設置できます。コードの先端部には漏電対策としてアースの付いたプラグを採用しているため、集魚灯や夜間照明をはじめとしたアウトドアでの使用でも安全に使えます。

グッド・グッズ-LEDポータブル作業等YC-9T(6,468円)

4段階に発光調節できる防災にもおすすめ投光器

コードレスで取っ手付き、加えて重量約750gと軽量なため持ち運びに便利です。また本体のボタンにタッチするだけで、点灯・消灯の他にハイモード・ローモード・SOSモード・フラッシュモードの4段階に切替可能。アピール力が高まります。

充電式で充電時間3~5時間で6~30時間点灯しますから、夜間照明や防災照明としてもおすすめです。本体奥にはUSB出力充電対応口が付いているため、災害時のモバイルバッテリとしての使用もできます。

K&M-LED投光器RGB16色リモコン付き(5,500円)

16色のカラーバリエーションと4段階の発光が可能

赤、黄、緑、青、オレンジなど16色ものカラーバリエーションに、リモコン操作で簡単に切り替えられます。自動で16色切替を行ったり、赤青緑の3色のみの切り替えを繰り返したり白だけで高速点滅するなど4種類の発光バリエーションがあり、切替ボタンで好みのパターンに替えられます。

50Wの薄型デザインで壁にも天井にも車にも、あらゆるところに設置可能。集魚灯としてはもちろん、カラーを活かしてクリスマスのイルミネーションや舞台照明などさまざまな用途で使えるマルチな1台です。

まとめ

釣りたい魚に合わせてライトの色や点灯パターンを選ぶ

ライトの色によって光の届く距離が変わるので、釣りたい魚の隠れ家やポイントをきちんと把握しておくことが大切です。また光の当て方、アピールの仕方によっても集まりやすい魚の種類が異なるので、点灯パターンを考慮して集魚灯を選びましょう。どこで夜釣りをするかによっても変わってきますが、一般的な堤防や岸壁から楽しむのなら大がかりな照明を当てるより、直接水中から照らすのがおすすめです。