2020おすすめの耕運機人気ランキング!【家庭用】

ミニプランターから始まって本格的な家庭菜園を楽しんでいる方は多いですね。しかし畑の規模が大きくなってくると、くわを使って人力で耕すのはかなりの重労働です。時間もかかるので気がついたら丸1日過ぎていたなんてことも。そんな悩みを解決してくれるのが耕運機です。耕運機を使えば、硬い土もすばやく柔らかくしてくれますよ。均等な高さの畝を作ったり、雑草刈りにも使えるので幅広い用途が期待できます。今回はそんな耕運機の選び方や人気商品について解説していきます。家庭菜園をより効率よく続けていきたい方は是非この記事を参考にしてくださいね。

耕運機とは?

田んぼや畑を耕すために使われる農業機械

手作業で田んぼや畑を耕すのは大変な重労働ですが、それを一気に楽にしてくれる農業用機械が耕運機です。耕運機と聞くと農家の方が使うものというイメージがありますが、一般家庭でも家庭菜園やガーデニング用として活用されています。最近は高性能で小型の耕運機も販売されているので、お年寄りや女性も簡単に扱えますよ。小型化に伴って価格は10万円以内になり、安いタイプは2万円前後で購入できるのも魅力です。

小型の耕運機は「管理機」という呼び名も

ホームセンターに行くと、管理機という名称で耕運機と似た農機を見かけることがあります。どちらも似ているので混乱してしまいますよね。両者の違いを簡単に説明すると、耕運機が土を耕すための機械で、管理機は耕運機で耕した土を管理・維持するための機械です。ただ最近の耕運機は、ほとんどが管理機の機能を併せ持っているので、明確に区別する必要性はなくなっています。メーカーによっても、耕運機と呼んだり管理機と名付けられていたり統一されていません。傾向としては、小規模な畑や家庭菜園用の小型機を管理機と呼ぶ場合が多いですね。

耕運機の種類・使い方

車軸式ロータリー

扱いやすい初心者向け

車軸式ロータリーはミニ耕運機とも呼ばれ、車軸に直接回転刃を取り付けているタイプです。最大の特徴は小型で軽量なこと。重量は10~20kg程度なので、家庭菜園を始めたばかりの女性や初心者におすすめです。

ハンドルを畳めば、軽自動車の荷台にすっぽり収まるサイズになりますよ。移動させるのが楽なので、自宅から離れた場所に畑がある人にもおすすめです。2~4万円というリーズナブルな価格で手に入るので、家庭菜園の入門機として助かりますね。

フロントロータリー

巻き込まれの心配も少なく安全に作業ができる

フロントロータリーは名前の通りロータリー(回転刃)が前方部分に取り付けられている耕運機です。足元にロータリーがないので、作業中に誤って足を巻き込んでしまうリスクが少ないのが特徴。価格は車軸式ロータリーより数万円高いタイプが多いですが、安全性を重視したい方におすすめです。

またロータリーが前面にあるため、狭い畑や複雑な地形の畑でも隅々まで耕せます。重いエンジン部分が後ろにあることで、耕運機の向きを変えたいときも軽い力で持ち上げることが可能。ロータリーを回したまま旋回も楽にできますよ。

リアロータリー

深く耕せる熟練向け

リアロータリーは後ろにロータリーが付けられているタイプです。エンジンの重みがかかりやすくハイパワーなため、硬い土も細かく粉砕してどんどん耕していけますよ。価格は10万円を超えるタイプも多いですが、本格的な菜園づくりを目指している方におすすめです。

リアロータリーは一番効率よく畑を耕せますが、ロータリーが足元から近いので、巻き込み事故を起こしてケガをする人が多いというデメリットがあります。足元に注意さえしていれば大丈夫ですが、耕運機にはじめて触る方は控えておいたほうがいいでしょう。男性や耕運機の扱いに慣れている方に適しています。

耕運機の選び方

動力で選ぶ

住宅街での使用におすすめの電動式

住宅街にある家庭菜園では、周囲の環境に配慮しながら土を管理していきたいですよね。そこでおすすめなのが電動式の耕運機です。パワーはガソリン式に比べて控えめですが、コンセントにつなぐだけで使用できるので、バッテリーを気にしなくてかまいません。電気なのでもちろん燃料やオイル交換も不要です。コンセントまでの距離が長くて心配な方は充電式も便利ですよ。コードレスで音が静かなため騒音対策も万全です。充電式は連続使用時間が30分程度なので、計画を立てて使用してくださいね。

家庭菜園用ならガス式が便利

小規模な家庭菜園の場合はガス式が便利です。ガソリンエンジンを積んでいないので騒音や排気ガスの心配がなく、メンテナンスも非常に簡単。ガスと聞くと扱いに不安を感じる方もいますが、カセットコンロで使われているガスと全く一緒です。パワーが切れたら、ガス交換するだけですぐに使用できるお手軽さが魅力ですね。連続使用時間はカセットボンベ1本あたり約1時間となっています。

本格的に畑を耕すならパワフルなガソリン式

広い畑や硬い土壌の畑を所有している方は、パワーがあるガソリン式を選ぶといいでしょう。電動式やガス式ではパワー不足を感じることがありますが、ガソリン式なら硬い土も気にせずに耕せます。作業音が大きめで排気ガスも発生しますが、住宅街から離れた広大な畑で使用する分には問題ありません。また燃料コストやオイル交換の手間があるため、農家の方の助言を仰いで使用するのがいいですね。連続使用時間はガソリン満タン時で1~2時間となっています。

馬力で選ぶ

30坪以下の一般的な家庭菜園では3馬力未満で十分

耕運機の馬力は大きいほうがよりパワーが出て効率が上がりますが、ただ大きければよいというものではありません。30坪(約100平方メートル)までの一般的な家庭菜園の場合、3馬力未満のほうが軽快に作業可能です。3馬力を超える耕運機ではコストバランスが悪くなってしまいます。購入前に使用する家庭菜園の広さをしっかり測っておいてくださいね。

馬力が上がると本体重量も増えるので注意が必要

一方で200坪を超えるような広い畑で使用する場合、5馬力以上のパワフルな耕運機なら作業が捗りますよ。ただし馬力が上がるに連れ、本体の重さもかなりのものになります。5馬力の耕運機なら50kg以上するので、女性1人では扱うのが大変。馬力の大きい耕運機を使用する場合は、力のある男性に任せたほうが安心ですね。

耕幅で選ぶ

小規模の畑には35~45cm程度が使いやすい

耕幅とは耕運機で土を耕せる幅のことです。60cmを超える耕幅が大きいタイプであれば、100坪を超える広い畑でも効率よく作業できます。ただ家庭菜園などの小規模な畑で使う場合は、耕幅は小さい方が小回りがきいて便利ですよ。目安としては35~45cm程度の女性が扱いやすいミニ耕運機がおすすめです。

外爪を着脱して耕幅を変えられる機種も

小規模の家庭菜園から広めの畑まで所有している方は、耕幅の調整が可能なタイプがおすすめです。例えば外爪装着時の耕幅が50cmでも、外爪を取り外して内爪のみにすれば30cm程度まで小さくなります。これで中耕・培土作業の効率が一気に捗りますね。選ぶ際は爪の脱着しやすさに配慮したロックピンなら、取付方向を気にしなくてすみますよ。

ハンドル部分の操作性で選ぶ

腕力が弱い女性にはループハンドルが扱いやすくておすすめ

軽量で不安定な車軸式ロータリーの場合、自転車のようなY字型ハンドルが扱いやすいですよ。ただ腕力が弱い女性や高齢者には、Y字型ハンドルだと操作しづらい場合もあります。そこでおすすめなのがループハンドル。ループハンドルは輪っかのようなハンドルが特徴で、耕運機の振動をコントロールしやすく、腰への負担も軽減してくれます。

ハンドル部分が折り畳めるタイプだと自宅で保管がしやすい

家庭菜園で耕運機を使用する場合、農家の方とは違って毎日耕すことは少ないので、保管にも気をつけておくといいですよ。本体がコンパクトなサイズだと収納しやすいですが、ハンドル部分が折り畳めるタイプならさらに保管が楽になります。倉庫のスペースが狭いという場合にぴったりですね。また車に乗せて運搬しやすいので一石二鳥です。

耕運機のおすすめブランド・メーカー

ホンダ

2輪車のシェアが世界トップクラス

みなさんもご存知のホンダは、東京都港区に本社を置く機械工業メーカーです。正式な会社名は本田技研工業といいます。自動車の販売台数が世界10位以内ですが、とくに2輪車は販売台数、売上規模ともに世界首位となっています。耕運機は外爪を外して耕幅を調整できる「ピアンタ」など、畑の規模に応じて対応可能なモデルが販売されています。

クボタ

国内首位の農機メーカー

クボタは大阪市浪速区に本社を置く産業機械メーカー。農機メーカーとしては国内首位、世界でも3位に入る大企業です。トラクターや田植え機といえば真っ先にクボタを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。これから家庭菜園を始める方にぴったりなミニ耕運機のラインナップが豊富です。

リョービ

得意分野の鋳造法を活かした製品を取り扱う

リョービは広島県府中市に本社を置く世界的な鋳造メーカーです。建築用品や印刷機器が主力ですが、家庭菜園用のミニ耕運機も取り扱っています。5万円以下の比較的リーズナブルな耕運機が揃っているため、入門用としてもおすすめです。

マキタ

国内最大手の電動工具メーカー

マキタは愛知県安城市に本拠を置く国内最大手の電動工具メーカーとして知られています。充電式なのにパワーが出るリチウムイオンバッテリーを搭載した「Li-ionシリーズ」がとくに人気。硬い土壌でもくい込み推進力が高く、深くまでしっかり耕せますよ。

ヤンマー

ヤン坊とマー坊でおなじみの大手農機メーカー

ヤンマーは大阪市北区に本社を置く農機、建機メーカーです。マスコットキャラクターのヤン坊とマー坊による天気予報をご覧になっていた方も多いでしょう。大手企業ですが競合するクボタとは異なり上場はしていません。家庭菜園用には車軸タイプの「QTシリーズ」が軽量で使いやすくおすすめです。

おすすめ&人気の耕運機ランキング

電動でおすすめの耕運機

ナカトミ-電気耕運機(14,299円)

リーズナブルな価格のエントリーモデル

AC電源タイプでバッテリー切れの心配がない電気耕運機です。質量約7.3kgなので女性が片手で運べてしまう使い勝手の良さが魅力的。耕幅は30cm、軽さを活かして小規模の家庭菜園や細かい整地作業におすすめです。

10mの延長コード付属なのでコンセントから離れた場所でも大丈夫。作業中はコードの巻き込みに注意する必要がありますが、慣れてくれば気になりません。価格が2万円以内とリーズナブルなため、定年を迎えた両親へのプレゼントにも丁度いいですね。

リョービ(RYOBI)-電気カルチベータ(耕うん機)(41,695円)

方向転換に便利な2段変速機能付き

リョービから販売されている電動式耕運機です。電動式はパワー不足が気になる方も多いですが、こちらは50mlのエンジン式に相当する高いトルク(回転力)を発生させる高性能モーターを搭載。硬い土でもスムーズな耕運が可能ですよ。

操作法もいたってシンプル。トリガを使うだけで簡単に起動させたり停止させることができます。そしてハンドル部には低速トリガを装備しており、引くと刃の回転数が下がるので方向転換しやすく便利です。延長コードの巻き込みが気になる方は、付属の巻き込み防止ガイドを使えば大丈夫です。

マキタ-充電式耕うん機(75,284円)

充電式でコードが邪魔にならない

こちらも電気で動くタイプですが、充電式なので作業中にコードが邪魔になる心配がありません。バッテリーが1.8kgと軽量で持ち運びの負担が少ないですよ。エンジン式と同じナタ爪を採用しており、土壌深くまでしっかり食い込んで効率よく耕せます。

移動は跳ね上げ式の車輪を使えばラクラク。作業中はワンタッチで収納可能で足元を妨げません。ハンドルは折りたたみ式になっており、高さが60cmまで小さくなるので軽自動車にもすっぽり収まります。またチャイルドキー付きで誤作動を防止してくれるため、お子さんと一緒に家庭菜園を楽しみたい方にもおすすめです。

アルミス(Alumis)-家庭用耕運機 耕す造(20,170円)

電気代約13円/30分で経済的

アルミスという会社から販売されている家庭用耕運機です。耕しやすいナタ刃を採用し、1分間に300回転するパワーで効率よくふかふかに仕上がります。耕幅は30cmなので、小規模の家庭菜園に丁度いいサイズですね。

電動式は電気代も気になりますが、こちらは約13円/30分ととっても経済的。ガス式や燃料が必要なガソリン式と比べて、維持費が安上がりなのはうれしいですね。本体価格も2万円ほどとお手頃なので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

クボタ-電動バッテリー式耕運機(107,000円)

静かで低振動なので疲れにくい

大手農機メーカーであるクボタの充電式耕運機です。「菜(さい)レント」というおしゃれな名前がついている通り非常に静かに作動します。住宅地の中心部でも近隣の迷惑になりません。手元の振動が少ないので、長時間耕しても疲れにくいという特徴もあります。

フル充電時の連続運転時間は約45分。他のモデルは30分が多いので、15分も長く耕運できますね。商品到着時にはほぼ組み立てられた状態で、あとは抵抗棒と、畝田てマット、バッテリーをセットするだけ。完成まで写真付きで解説されているので、機械が苦手な方も迷うことはないと思います。

小型でおすすめの耕運機

ホンダ-カセットボンベ式ガス耕うん機 ピアンタ(116,600円)

快適に耕せるスロットルレバー

こちらのホンダのミニ耕運機はカセットボンベで動く手軽さが魅力。電動式のようなコードがなく、またガソリン式のように燃料を抜き取る手間がかかりません。排気ガスの臭いもなくエンジン音が静かなため、住宅地の菜園におすすめですよ。

操作性がシンプルな点にも注目です。遠心クラッチを採用しているので走行がスムーズ。そしてスロットルレバーを握るとローターが動き、放すと止まります。これなら複雑な操作ができない高齢者も安心して耕運できますね。

ホンダ-エンジン式 耕運機 プチな(68,750円)

ホンダ耕運機最軽量の18kg

ミニ耕運機でパワーも求めたい方は、こちらのガソリン式耕運機「プチな」がおすすめです。ガソリン式はエンジンが重いため本体も30kg以上になりがちですが、「プチな」は18kgしかありません。持ち上げやすく車載もラクラク。自宅から離れた畑にも使いやすいですね。ガソリン満タン時には約1時間連続で稼働してくれます。

また畑の広さに応じて耕幅を変更できる機能も備わっています。外爪装着時の耕幅は45cm、そして内爪時は25cmまで小さくなるので、小規模な家庭菜園で取り回しがききます。ガソリン式はメンテナンスが大変だと思いますが、工具を使わずガソリン抜きができ、ホースも装備されているので手間は最小限にとどまっています。

YARD FORCE-ハイパワー充電式耕運機(19,800円)

わずか4.1kgの最軽量耕運機

耕運機は10kg程度でも相当軽いほうですが、こちらは4.1kgしかありません。これなら重い耕運機を持ち運べない女性や高齢者でも扱えますね。動力は充電式で、3~5時間の充電時間で約30分使用できます。小さな畑や家庭菜園なら十分働いてくれますよ。

持ち手はループハンドルを採用しており、姿勢を変えながらの作業が可能。またWスイッチでボタンを押さないと作動しない仕様となっています。家庭菜園で万が一お子さんが耕運機に触れても、誤って作動する恐れがない安全設計です。

ISEKIアグリ-耕運機(73,700円)

ミニ4サイクルエンジン搭載で軽量化

小型農業機械メーカーISEKIアグリのコンパクトな耕運機です。始動性抜群の軽量ミニ4サイクルガソリンエンジンを搭載。重量は20kgとガソリン式では比較的軽量な部類に入ります。連続使用時間は60分なので、小規模な家庭菜園なら一度で耕せますね。

また別売りのアタッチメントを取り付ければ畝立ても可能です。畝立ての際は車体重量が軽すぎるため、爪をスパイク車輪に交換して作業を進めていきます。製品到着時には組み立てが必要ですが、ハンドルを固定する程度の作業なので心配はいりませんよ。

大型でおすすめの耕運機

クボタ-耕うん機 TRS700(241,400円)

作業速度2段で効率アップ

クボタの耕運機「陽菜smile」は、耕幅55cm、最大6.3馬力エンジンを搭載しています。作業速度は2段階調整でき、200坪以上の広い畑もスピーディーに耕すことが可能です。大径タイヤで安定感も抜群。ミニ耕運機では不安定に感じていた方も、こちらなら心配ありませんね。

起動はスタータロープをゆっくり引くだけでエンジンが掛けられるので、肩や腕に負担がかかりません。力の弱い女性でも問題なく扱えますよ。緊急停止や駐車ブレーキ、旋回時のロータリー停止など、安全にもしっかり配慮された設計です。

ヤンマー-耕うん機 ロータリー標準タイプ(212,900円)

手を汚さずにワンタッチ操作

こちらも耕幅55cmと広めなので、大規模な畑を耕したい方におすすめです。燃料はレギュラーガソリンを使用しており、電気式やガス式よりも強力なパワーを発揮してくれます。尾輪を降ろせば3輪になり、長い坂道でも移動が楽になりますよ。

畝立てをしたいときは、尾輪アームを回すだけで簡易畝立てのできあがり。手作業では丸1日がかりする内容でも、耕運機を利用すれば数十分で終わりますね。冊子の取扱説明書に加え、使い方を映像で見られるDVDが付属しています。耕運機にはじめて触れる方でも心配ないでしょう。

ホンダ-ラッキーボーイ FU400-J(153,600円)

土だまりをつくらず美しい仕上がりに

耕幅46cm、100坪までの広さに適しているリアロータリー式耕運機です。ロータリーは後ろの部分にありますが、間にリアシールドを装着することで足が巻き込まれる心配はありません。リアシールドは耕運した土を平らに整地する役割も果たしています。

ハンドルを握ったままクラッチレバーの操作が可能なループハンドルを採用。女性にも操作しやすいのでおすすめです。燃料は自動車用無鉛ガソリンを使用していますが、専用ホース付きで燃料抜きがスムーズに行えます。またホンダには「賠償任意保険」も用意されています。万が一のトラブルに備えて加入しておくと万全ですよ。

まとめ

畑の広さに応じた耕幅の耕運機がおすすめ

耕運機を選ぶうえで大切なのが耕幅です。小規模な家庭菜園では小回りがきく耕幅30cm前後のタイプを、100坪を超える畑で使う場合は耕幅50cm以上のタイプが使いやすいですよ。耕幅が大きい耕運機を購入しても、狭い畑では隅々まで耕せないので注意してくださいね。複数の畑を所有している方は、爪の取り外しで耕幅を調整できるタイプが便利でおすすめです。今回は家庭用耕運機について、人気のブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。みなさんも家庭菜園がさらに楽しくなる使いやすい耕運機を見つけてくださいね。