2021おすすめのポータブルスピーカー人気ランキング!【Bluetooth対応】

定額制の音楽配信サービスの普及により、生活の中に音楽が溶け込むようになりました。音楽は自分の気分はもちろん、場の雰囲気をも変える力を持っています。そうした音楽を部屋にいるときはもちろん、外出先で誰かと共有したいというときに最適なのが、ポータブルスピーカーです。スマートフォンやパソコンと接続することで、大音量かつ高音質で音楽を楽しむことができるようになりますよ。今回はポータブルスピーカーの種類や選び方、人気の商品についてご紹介します。どれを買うべきか悩んでいる方は、是非参考にしてみてくださいね。

ポータブルスピーカーの特徴

手軽に大音量の音楽を持ち運べる

大人数が集うパーティーやキャンプで、音楽を流すと雰囲気が出ますよね。だからといってスピーカーを持ち歩くのは大変だと感じる方も多いかもしれません。しかし、ポータブルスピーカーはコンパクトなものが多いので、携帯性に優れています。そのため、荷物が多くなりがちな宿泊を伴う際も安心ですよ。

様々な使用状況に対応できるモデルも

防水防塵機能を備えたポータブルスピーカーも多数存在します。そうした商品は、屋外での使用はもちろんのこと、キッチンやお風呂などでも安心して使用することができます。音楽を流すことにより、いつもの空間を一味違ったものに変えられることでしょう。

ポータブルスピーカーの種類

無線タイプ

Bluetooth対応ですっきり接続

スマートフォンやパソコンなどの機器と、無線で接続することができる規格です。前もってペアリングしておいた機器と瞬時に接続され、ストレスを感じさせません。また、Bluetoothを採用した商品で確認しておきたいのが、接続可能距離です。接続可能距離はClassという規格で分類されていています。ポータブルスピーカーを含め、Bluetooth機器の多くが採用しているのがClass2という規格です。これは最大通信可能距離が10mとなっており、実用上問題ないと言えるでしょう。

有線タイプ

安定した接続状況を保てる

イヤホンジャックやUSB端子と、ポータブルスピーカー本体を直接接続して再生するタイプです。アナログ接続と表記することもあります。直接接続している限り、音が途切れるというようなことは起こりません。また、最近は有線とBluetoothの両方に対応しているというポータブルスピーカーも多く、新たな機器を素早く接続したいというニーズにも応えられますよ。

ポータブルスピーカーの選び方

音質を考慮した対応コーデックで選ぶ

音声データはファイルサイズが大きく、圧縮しないと転送に時間がかかってしまうことが多いです。そのため、Bluetoothで音声データを転送する際は、データを圧縮して転送します。一般に、この圧縮の方法のことをコーデックと呼びます。コーデックの種類は様々ありますが、どれを採用しているかによって遅延の程度や音質、そして対応している機器が変わりますよ。

Androidスマホなどで使うならapt-X

この規格は主に、AndroidスマートフォンやWindowsパソコンで採用されています。apt-Xは圧縮率が低いので、高音質を保ったまま音声データを転送することが可能です。また、転送する際のタイムラグがほぼ無いという特徴がありますよ。そのため、映画やゲームの音声をポータブルスピーカーから出力する場合、画面と音声が合わないという事態に見舞われることはないでしょう。

iPhoneやMacで使うならAAC

これはApple社が推奨している規格であり、主にiPhoneやMacなどに採用されています。また、Android 8.0以降を搭載したAndroidスマートフォンにも採用されていますよ。AACの圧縮率は先に述べたapt-Xほどは低くありませんが、高音域の再現力が高いと言われています。この再現力により、高音質を実現しているのです。Apple社の推奨している規格ということもあり、Apple社の製品との相性が良いと言われていますよ。

使うシーンに合わせて音量をチェック

車内などの狭い空間では10W程度あれば十分

10Wという数字から、あまり音量は期待できないのではないかと考える方もいるかもしれませんが、据え置きとして使っても問題ない程度の音量を得られます。具体的には、6から10畳程度の部屋であれば、かなり満足できることでしょう。音が壁で跳ね返るので、想像以上に満足できるサウンドを得られます。また、出力が10W程度のポータブルスピーカーは比較的コンパクトなので、頻繁に持ち歩くことを想定している方におすすめですよ。

広いリビングやアウトドアでは20W以上の大音量タイプ

音が跳ね返るものが近くになかったり、屋外で使用したりする場合は20W以上の出力の大きいポータブルスピーカーをおすすめします。ホームパーティーやキャンプのような、大人数が一度同に会するイベントでも活躍することでしょう。壁などからの音の跳ね返りがなくても、迫力のあるサウンドを感じることができます。また、本格的なステレオサウンドを楽しむことができる商品もありますよ。

環境に合わせて防水・防塵性を確認

ポータブルスピーカーを含め、防水防塵性を謳う製品を購入する際に注目したいのがIPコードです。IPコードは2003年に国際的に定められた規格で、防水防塵性などの保護等級を表しています。IPの後ろにある一つ目の数字が防塵等級を、二つ目の数字が防水等級を表しています。どちらか一方だけに対応している商品の場合、対応していない方の数字はアルファベットのX(エックス)で置き換えられていますよ。しかし、いくら等級が高くても定められた使用条件を守っていなければ、本来の防水防塵性能は期待できません。蓋の閉まり具合などを確認したうえで使うことが重要と言えます。

キッチンの水しぶき程度であれば「IPX5」以上が目安

IPX5は、あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない、という仕様です。まさに、キッチンのような水を扱うことの多い場所での使用に最適な等級と言えますね。また、IPX5以上はいわゆる完全防水に対応したカテゴリーです。そのため、さらに安心して使っていきたいという方にはそれ以上の防水性能を有する商品をおすすめします。

お風呂での水没を考慮するなら「IPX7」以上が安心

IPX7は、一時的に一定吸水圧の条件に水没しても内部に浸水することはない、という仕様になっています。簡単に言えば、一時的に水没しても内部に浸水することはない、という性能を表すことになります。お風呂やプールサイドなどでの使用を考えている方に特におすすめですよ。また、小さなお子さんと一緒に使うといったシーンでも安心ですね。

持ち運びに適した機能性で選ぶ

連続再生時間は8時間以上がおすすめ

ポータブルスピーカーを選ぶ上で重要なポイントが、バッテリーの持ちです。せっかく音楽を楽しんでいるのに、途中でバッテリーが切れてしまっては興ざめですよね。アウトドアなどの近くに電源のない場所での使用を考えている方には、8時間以上の連続再生ができる商品をおすすめします。8時間以上再生できるものであれば、一日を通して音楽を楽しむことができるでしょう。

USBタイプなら充電しやすい

充電する際に接続する端子のタイプを確認しておくことも肝要です。ポータブルスピーカーの充電にUSBやマイクロUSBが対応しているのであれば、非常に便利です。特にAndroidスマートフォンをお使いの方は、お手持ちのマイクロUSBケーブルをそのまま流用することができます。また、旅行等にポータブルスピーカーを持っていく際、持ち物が減るというメリットもありますね。

ポータブルスピーカーのおすすめブランド・メーカー

Bose(ボーズ)

重低音にこだわるならここ

アメリカに本社を置く、音響機器専門のメーカーです。社名はマサチューセッツ工科大学の教授の名前に由来するもので、音響に関する独自理論に基づいた製品が特長です。小型のものから大型のものまで、幅広いラインナップを展開しています。

Anker(アンカー)

スマホ用品を多数揃えるメーカー

Google社出身のエンジニアが創業したメーカーです。スマートフォン関連の商品を中心に取り扱っています。ポータブルスピーカーを含むオーディオ分野への参入は2018年4月と比較的最近であり、勢いのあるメーカーと言えます。

ソニー

知名度抜群の日本のメーカー

東京都に本社を置くメーカーです。カセットプレーヤーの時代から培ってきたノウハウを生かし、様々なニーズに合ったオーディオ関連の商品を展開しています。カラーバリエーションが豊富という特徴もあります。

JBL(ジェイビーエル)

音質のみならずデザインも良いメーカー

アメリカに本社を置く、音響機器メーカーです。一般向けのスピーカーやイヤホンのほか、映画館などの音響機器まで手掛けています。音質はもちろんのこと、デザインも優れている商品を多数取り揃えています。

おすすめ&人気のポータブルスピーカーランキング

高音質でおすすめのポータブルスピーカー

Plus Entry Store(プラスエントリーストア)-Bluetoothスピーカー(2,180円)

迫力満点の重低音がコンパクトなボディに

蝉が鳴く際の原理を生かした設計により、重低音もクリアに表現できるスピーカーです。振動幕のノイズリダクション処理をも相まって、透明感のあるサウンドを実現しています。臨場感を味わえるのにもかかわらず、コンパクトな手のひらサイズに収まっています。出先でも音質には妥協せずに音楽を楽しみたいという方におすすめですよ。

アルミ合金を使用した、一見するとスピーカーには見えないようなデザインも秀逸です。本体の金型を作るにあたっては10の工程を経ており、こだわりを感じます。本体の色は4色の中から選ぶことができるので、プレゼントにも良いかもしれませんね。また、本体にライトが内蔵されており、場の雰囲気を盛り上げるという目的にも活躍が期待できます。

DENON(デノン)- Envaya Pocket Bluetoothスピーカー(10,584円)

対応コーデック多数で接続機器を選ばない

高音質かつ低遅延のコーデックとして代表的な、apt-XおよびAACの両方に対応しています。そのため、接続する機器の種類にかかわらず、納得のいくサウンドを得られることでしょう。音量に合わせて音響特性を最適化する機能も搭載されており、室内でもアウトドアでも場所を選ばず活躍できるスピーカーと言えます。

防水防塵性能を表すIPコードはIP67であるため、水辺や砂ぼこりの舞うような場面であっても気にすることなく使うことができます。また、初めてスピーカー本体の電源を入れたときには自動的にペアリングモードに入るので、接続したい機器とのペアリングが非常に簡単になっています。そのため、機械を使うのがあまり得意でないという方にもおすすめの商品ですよ。

Bose(ボーズ)- SoundLink Revolve+(37,800円)

360度サウンドに感動

本体の周りをぐるりと取り囲むようにスピーカーグリルが配置されています。このレイアウトにより、スピーカーの周囲にいる誰もが、迫力のあるサウンドを体感することができます。また、本体の置く場所を変えるとサウンドの雰囲気が変わるというのも大きな特徴です。例えば壁際に置くと、反射によりライブ会場のような音響に包まれることでしょう。

Apple社のSiriやGoogleアシスタントへの音声入力にも対応しています。そのため、スマートフォンが手元になくても、本体のボタンを押して話しかけるだけで天気予報やニュースの確認などが可能ですよ。そのほか、持ち運びに便利なハンドルや最大16時間の連続再生が可能なバッテリーも搭載しています。他とは一味違ったポータブルスピーカーを求めているという方におすすめの商品と言えます。

ソニー-SRS-HG10(25,274円)

非ハイレゾ音源を高音質化

幅広い音域を鳴らすことができるスピーカーユニットを搭載した、高音質に特化したポータブルスピーカーです。音質にはこだわりたいという方に特におすすめです。Spotifyをはじめとする定額制音楽配信サービスの音源は圧縮率が高く、あまり音質が良いとは言われていません。しかし、このスピーカーではそうした高圧縮の音源の音質をCD以上の音質に変換してくれるのです。これにより、ハイレゾ相当の透明感のあるサウンドを楽しむことができますよ。

低音域を強化するボタンも備えており、まるで音楽フェスの会場にいるかのような、臨場感溢れるサウンドを楽しむことが可能です。Bluetoothのみならず、アナログ端子による優先接続にも対応しています。こうした音質面での機能が充実している上に、本体のカラーを上品な5色の中から選ぶことができるというのも嬉しいポイントですね。

Owltech(オウルテック)-Wireless Mobile Speaker(2,980円)

デザインも音質も妥協なし

スタイリッシュなデザインが特徴的なポータブルスピーカーです。マットな仕上げの側面と、鏡面仕上げが施してあるエッジのバランスが美しいですね。音質についても、デザインに引けを取らないほどの性能を備えています。自分の目の前で歌っているように感じられるよう、ボーカル域を重視したチューニングがなされています。そのため、歌詞を一つ一つ大切に聞きたいというかたにおすすめの商品ですよ。

高音質のマイクも内蔵しているので、快適なハンズフリー通話をすることができます。また、本体の充電時間が約2時間と非常に短いのにもかかわらず、連続で12時間の再生が可能というのも特筆すべき点でしょう。充電にはマイクロUSBケーブルが使用でき、利便性の高さもうかがえます。家事や仕事の合間に充電しておくという使い方も良さそうですね。

大音量でおすすめのポータブルスピーカー

3E(スリーイー)-NOBLE(9,480円)

パワフルな響きをもたらす

10Wのスピーカーを2基搭載しているため、最大20Wの出力が可能です。室内はもちろんのこと、アウトドアでも十分に活躍できる音量と言えるでしょう。また、デザインも注目すべき点です。全体的に傾斜がついており、シンプルながらも印象的なポータブルスピーカーに仕上がっています。一目見ただけで、大人のスピーカーという雰囲気が伝わってきますよね。

音質にも強いこだわりが感じられます。低音域を強調するサブウーファーを左右に2基搭載しており、表現力も抜群です。3Dサウンドモードを使用すれば、音を立体的に再生することができます。AACコーデックにも対応しているため、iPhoneやiPad、MacなどのApple社の製品との相性もお墨付きと言えますね。音量やデザイン、そして音質のすべてにおいて完璧を求めるという方におすすめの商品です。

FORTIES(フォーティーズ)-IPX7防水対応 Bluetooth高音質ワイヤレススピーカー(4,880円)

ジャンルを選ばない頼れる一台

8Wのステレオスピーカーを二つ内蔵しており、16Wの出力が可能です。大音量を売りとするモデルながら、音質にも抜かりはありません。独自にチューニングにより、様々なジャンルの音楽に合うようなイコライザーを12種類も搭載しています。つまり、再生する音楽の種類を選ばないポータブルスピーカーと言えますね。マイクロSDカードに入っている音楽を再生できるという点も大きな特徴です。

また、IPX7対応なので防水性能には信頼がおけます。加えて本体が強化プラスチックで作られているため、衝撃吸収性も抜群です。最大24時間の連続再生が可能であることも併せて考えると、アウトドアはもちろん、庭の掃除や家事などの最中にも活躍できそうですね。おしゃれなデザインなので、室内でも違和感なく使えます。そのため、万人におすすめできるポータブルスピーカーと言えます。

iina-style(イイナスタイル)-SoundCylinder L(6,384円)

驚きの24W対応

そのスリムな見た目からは想像が難しいかもしれませんが、最大で24Wの大音量の出力が可能な商品です。このスピーカーは大音量だけでなく、音量の調節も得意としています。スピーカー本体側と接続機器側の音量を独立に調節することが可能です。そのため、通常の2倍の細かさで音量を調節できますよ。ただ大きな音を再生することができるというだけではなく、繊細さも兼ね備えていると言えますね。

操作性について、他に類を見ないほど利便性の高いものとなっています。本体上部に搭載されているタッチパネルやダイヤル、側面のボタンで直感的な操作が可能です。老若男女問わず、簡単に操作ができるというのはとてもうれしいポイントですね。大音量のポータブルスピーカーが欲しいが、操作性を犠牲にしたくないという方におすすめですよ。

防水機能付きでおすすめのポータブルスピーカー

Anker(アンカー)-Soundcore Icon Mini(3,198円)

コンパクトながらタフな一台

一般的なスマートフォンと同程度の重さでコンパクトなサイズである上に、防水防塵性に優れています。IP67に対応しており、水に沈めた状態であっても音声の再生が可能です。水辺でのアウトドアで使用を考えている方におすすめですよ。

バッテリーの持ちも驚きに値します。たった3時間程度の充電で最大8時間の連続再生が可能です。近くに電源がない場合や、急いで充電したいという場合に重宝しそうですね。また、音質の良さも特筆すべき点と言えるでしょう。

ソニー-SRS-XB41BC(18,222円)

前面のライトが印象的なオールラウンダー

IPX7相当の防水性能に加えて、IP6X相当の防塵性能を有しています。さらに、防錆性能にも優れています。そのため、アクティブな方におすすめのポータブルスピーカーと言えます。また、本体前面にライトが複数内蔵されており、曲に合わせて光ります。場の雰囲気を何倍にも盛り上げてくれそうですね。本体を叩くと効果音が出るという機能もあり、エンターテインメント性の高さが光っています。

音質についても申し分ありません。前面と背面に搭載された装置により、低音域の表現力が増強されています。ソニーが長年培ってきたノウハウを生かし、音量を下げたときでもはっきりとしたサウンドを楽しむことができるようになっています。高音質かつ低遅延コーデックの一つである、AACに対応しているというのも嬉しいですね。

Anker(アンカー)- Soundcore 2(5,299円)

IPX7対応で水辺でも安心

独自の技術により味わいのある低音が実現されていて、いつもの音楽が迫力溢れるものになります。お気に入りの音楽を普段とは違った感じで楽しめるのは嬉しいですよね。また、IPX7対応なので水辺でも安心です。アウトドアはもちろん、デザインが非常にシンプルなので、室内のインテリアにも違和感なく溶け込むことでしょう。

また、コンパクトながらも最大24時間の連続再生が可能です。これはモバイルバッテリー分野でも活躍するAnker社だからこそ、実現できたことだと言えるのではないでしょうか。こうした様々な特徴があるのにもかかわらず、お手頃な価格に収まっています。そのため、初めてモバイルスピーカーを購入するという方に特におすすめです。

JBL(ジェイビーエル)-FLIP4 (8,227円)

7色から選べるスリムなスピーカー

水辺でのレジャーでも安心なIPX7に対応しているほか、耐久性に優れた素材で作られています。そのため、お風呂で使うというのも良いかもしれません。響きのある低音とクリアな高音の両方を楽しむことができ、音質面からも信頼のおける一台です。

モバイルスピーカーとしては珍しい、迷彩色も選ぶことができます。この色をラインナップに加えているところからも、メーカーのアウトドアでの使用への自信を感じ取ることができますね。頼れる一台をお探しの方におすすめの商品と言えます。

幸福shop-ワイヤレススピーカー(2,850円)

様々な場で活躍できる

その見た目からもタフさを感じることができるモバイルスピーカーです。IP65に対応しているので、防水性能に加えて防塵性能についても一級品です。本体上部に付属のフックを取り付けて、ハイキングのお供として使うのも良さそうですね。どこへも連れていける、相棒のような一台をお探しの方におすすめですよ。

背面に吸盤を取り付けることもできるので、鏡や窓に設置することもできます。活躍の場を挙げたらきりがなさそうです。無限の可能性を秘めた商品とも言えますね。マイクも内蔵しているので、ハンズフリー通話に対応しているということも特筆すべき点でしょう。

サンワサプライ-Bluetoothスピーカー 防水&防塵(3,280円)

丸洗い可能で安心

IP55に対応しているので、汚れた場合は丸洗いすることが可能です。そのため、身の回りをきれいに保っておきたい方に特におすすめのポータブルスピーカーです。室内でも屋外でも、用途が広がりそうですよね。音質も注目すべき点で、このコンパクトさからは想像もつかないような低音域を楽しむことができますよ。

Bluetoothのほか、有線での接続にも対応しています。また、マイクロSDカードにも対応しているので、あらゆる機器と接続することができます。カラビナが付属しているので、持ち運びや取り付けが便利な点も嬉しいですね。

まとめ

アウトドアでの使用には防水性能に優れたタイプがおすすめ

ポータブルスピーカーを選ぶ際、防水性能は大きな判断材料となります。防水性能に優れていれば、水辺でのアウトドアはもちろん、キッチンやお風呂などでも使うことができます。活用できる場が多いと、音楽に囲まれた楽しい生活が実現できそうですね。今回はポータブルスピーカーについて、様々な観点からご紹介しました。納得のいく一台を是非、見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。