おしゃれでおすすめのビーチタオル人気ランキング!【円形や長方形など】

ビーチで寝転がったり、身体を拭くのに役立つビーチタオル。ビーチタオルの便利さは、今やビーチだけでなくアウトドアや、インテリアとして活用している人も多い便利なアイテムです。ビーチタオルといっても以前はバスタオル型が主流でしたが、海外製のラウンド型や個性的な形をしたものも増えています。ビーチタオルは、砂浜や芝生の上に広げると、インスタ映えするおしゃれで機能的なアイテム。今回はそんなビーチタオルの種類やおすすめの選び方、人気商品について詳しく解説します。リゾートや旅行に持っていきたいビーチタオルをお探しの方は是非、この記事を参考にしてくださいね。




ビーチタオルとは?

砂浜の上に敷いてくつろげるおしゃれなタオル

ビーチや芝生の上で使うおしゃれなアイテムの1つであるビーチタオル。砂浜で直に座ると砂の熱が熱くて火傷することも。厚手に作られたビーチタオルを敷いてその上に寝転がれば、暑い砂浜でも快適に過ごすことが出来ます。数年前から海外でビーチタオルブームが起こり、日本でもファッション性の高い派手なデザインのビーチタオルが流行るようになりました。気持ちまでハッピーになるようなカラフルで派手なデザインが多いので、SNS写真用に映えるアイテムとして人気です。

ビーチタオルとバスタオルの違い

ビーチタオルの方が一回り大きく形状も様々

ビーチタオルはバスタオルよりサイズが大きく作られており、身体を拭くのはもちろんビーチラグ代わりとしても活用できるアイテムです。バスタオルより厚手に作られているので、直射日光の下でビーチタオルを羽織れば日よけ効果もあります。また熱い砂浜で敷物として使えば、砂の熱さをしのげることも出来るでしょう。夏のビーチに合うように、ファッション性に優れたものや形状も様々ラインナップ。バスタオルよりもバリエーションが豊かなので、自分の好みに合ったお気に入りのデザインを見つけやすいのが特徴です。

ビーチタオルの種類

長方形タイプ

一般的で家庭でも使いやすい

使い勝手が良く、ビーチで使うほかに家庭でもバスタオル代わりとして使いやすい長方形。身体を拭いたり、暑いビーチで身体に掛けて直射日光に当たらないようにしやすいのも長方形の特長です。またビーチやプールサイドに置いてあるビーチベッドの上にも置きやすいのもポイント。

ただ、ビーチタオルは厚手に作られているので一般的なバスタオルよりも乾くのに時間がかかります。家庭で使おうと長方形のビーチタオルを普段使いすると、梅雨の時期はなかなか乾かなくて困ることも。いくつかバスタオルを用意しておいて、サブ用としてビーチタオルを使うなど工夫しましょう。

円形タイプ

おしゃれなデザインが多くデザインに凝ったものが多い

数年前からアメリカでブームになり、日本に渡ってきた円形タイプのビーチタオルも魅力的。今までシンプルなデザインが多かったビーチタオルを、可愛くておしゃれなアイテムに変えてきました。ラウンド型のその特性から、ビーチラグとして使ったときに多くの人数が座りやすい点にあります。

またビーチだけでなく、部屋のラグ代わりとして使えるインテリア性も魅力。フローリングに敷いたり、ソファに掛けたりと幅広い使い方が出来るでしょう。テイストやデザインも様々で、バリエーションも豊富なのでおしゃれなビーチタオルをお探しの方には外せないアイテムです。

モチーフタイプ

個性あふれるインパクトあるものが多い

カップケーキやハンバーガーなど、食べ物をモチーフにした個性あふれるデザインがあるのもビーチタオルの魅力。特にユーモアあふれる形に型どったビーチタオルは、砂浜や芝生の上に広げるだけでインパクトがあります。特にアメリカ製のものは、カラーバリエーションも豊富でリアリティーに溢れるものばかり。

派手で個性を発揮できるデザインのものばかりなので、目立つこと間違いなし。ビーチやピクニックはもちろん、野外フェスやコンサートにも持っていくのもおすすめです。生地はポリエステル製で作られているものが多いので、身体を拭くよりはラグやインテリアとして使いやすい素材といえます。

ビーチタオルの選び方

使い方に合わせてサイズを選ぶ

80×150cm以上の大判サイズなら余裕をもって寝ころべる

汎用性の高いビーチタオルだからこそ、大きいサイズを選べば様々な用途に活用できます。特に直径150cmの大判サイズは、女性の体全体をすっぽり隠すほどの大きさ。暑い砂浜や芝生の上に敷いても余裕で大人が寝転べる広さです。また自宅で少し昼寝をしたい時でも、タオルケット代わりとして活用することも出来るでしょう。

ラウンド型は直径150cmあれば体を覆うことができ大人2人でも横になれる

海辺でラウンド型ビーチタオルを広げると、おしゃれで素敵。カップルや友達とのお出かけに、1つビーチタオルがあれば重宝します。その際には、直径150cmの大きさを選ぶと良いでしょう。このサイズなら大人2人が余裕で横になれるほどの余裕があります。2人並んでビーチタオルの上でリラックスするのもいいですね。

素材や生地の厚みで選ぶ

砂浜用には薄手タイプのものを

特に砂浜で使いたいビーチタオルの場合、乾きが早い薄手のタイプは便利。海から上がった時に身体を拭くのにも、ビーチラグ代わりとしても使えるので、荷物が減るメリットがあります。最近では、砂の付きにくい特殊加工の施されたビーチタオルも人気。広げて振るだけで砂が綺麗に落とせるので、身体を拭く時も快適に使えますよ。

吸収力や速乾性に優れたものが良いならマイクロファイバー生地

優れた吸水速乾を誇るマイクロファイバーのビーチタオルもおすすめ。肌触りが心地よく、肌に柔らかい素材なので人気があります。マイクロファイバーは人間の髪の毛よりも細い極細の繊維で作られており、繊維の断面もギザギザな構造をしています。この特殊な繊維により、軽く絞って干しておくだけですぐに乾くので特にビーチタオルにはおすすめ。砂も付きにくい素材なので、身体を拭くこともビーチラグとしても活用することが出来るでしょう。

デザインやテイストで選ぶ

ファッション性が高くおしゃれなネイティブ柄

ラウンド型ビーチタオルの定番デザインにもなっているネイティブ柄は、アメリカの先住民が使うような民族風のデザイン。歴史の深いネイティブアメリカンをイメージした幾何学模様が特徴です。暖色を使ったビーチタオルはインテリアに映えますが、夏のビーチでは暑苦しく見えがち。爽やかなイメージのホワイトとブルーを基調にしたデザインが特に人気です。

夏のレジャー感を演出するリゾートテイスト

南国のハイビスカスやヤシの木をイメージした、開放的なデザインも夏のリゾートにピッタリ。濃いめに着色したリゾートテイストは、気分を盛り上げてくれるだけでなく、砂浜の色に美しく映えることでしょう。自然や植物をイメージしたボタニカルデザインは、ホワイトやグリーンを基調にしているので爽やかな印象を与えます。夏のインテリアに使うのにもおすすめです。

ビーチタオルのおすすめブランド・メーカー

ロキシー

ボタニカル風の大人リゾート柄ビーチタオルが人気

大胆なブランドロゴのフィットネスウェアや、小物が人気のROXY。ビーチタオルは長方形のスクエア型の取り使いですが、定番のブランドロゴタオルを始め、夏のリゾートをシックに決めるボタニカル風デザインが豊富。カラーも落ち着いたカラーなので、大人なリゾート感を演出するのにおすすめです。

Lagu(ラグ)

美しい景観を損なわないように開発されたフィリピンブランド

毎年数百万人が利用する美しいフィリピンの海で、気づかず砂を持ち帰ることにより美しい海岸線が少なくなっている事実。それはビーチタオルについた砂をそのまま持ち帰ることが原因でした。この社会問題を払拭しようと、砂のつかないビーチ用ブランケットを開発。大判で全9色の美しいカラーのタオルはビーチに美しく寄り添い、環境を守ります。

the beach people(ザ・ビーチ・ピープル)

ラウンド型ビーチタオルの元祖といえばこのブランド

2013年オーストラリアで誕生し、ラウンド型ビーチタオルを世に広めたパイオニアブランド。洗練された爽やかで美しいデザインがビーチによく似あうデザインになっています。生地はコットン100%で肌にも優しく、寝転がると気持ちの良い肌触り。エレガントさと機能性を兼ね備えた大人気タオルが豊富です。

おすすめ&人気のビーチタオルランキング

長方形でおすすめのビーチタオル

PENDLETON(ペンデルトン)-ジャガードタオル(3,780円)

鮮やかな発色が魅力的な厚手の大判ビーチタオル

創立100年以上のファッション雑貨ブランド「ペンデルトン」。アメリカ伝統の良質素材を使った大判タオルは、心地よさがずっと続きます。紡績から製品造りまで伝統工法で一貫して作っている安心な信頼ブランドです。落ち着いた色合いとシックな柄が魅力的、使い勝手が良く1度使うと手放せない品質で愛用者が絶えません。

溢れるネイティブアメリカンの熱意と魂を感じられる印象的なデザインで、お部屋のインテリアとしても使用可能。全5種類の個性的なデザインから選択できます。全長約147cm、良質なコットンでパイル地仕様になっているので、ビーチはもちろん毎日使うバスタオルとしても活用できます。

VICTORIA'S SECRET(ヴィクトリアシークレット)-ビーチタオル(4,644円)

羽織ると一気にセレブっぽさがアップ

女性の憧れのファッションブランドの「ヴィクトリアシークレット」。日本には店舗がほとんどないうえ、なかなかビーチタオルを入手することはできません。ピンクとブラックのロゴデザインは、ブランド個性を存分に表現しています。羽織るだけで大人セクシーな印象に。

なかなか手に入りにくい海外ブランドのタオルは注目を浴びること間違いなし。全長152cmで大判なので、しっかり身体を覆うことも可能です。ブランケットとして自宅で使用したり、インテリアに取り入れるのもおすすめです。

TESALATE(テサレイト)-サンドフリービーチタオル(13,500円)

小さくコンパクトにまとめられて持ち運びに便利

オーストラリア生まれの砂がくっつかないビーチタオル。砂が付かないビーチタオルの中でも、個性的でおしゃれな柄が欲しい人にはテサライトのビーチタオルがおすすめです。ホワイトとブルーを基調にした爽やかなカラーが夏のアウトドアにピッタリ。気分を涼やかにしてくれます。

またサテライトのビーチタオルは、サンドフリーなだけでなく吸水、速乾性に優れているのもポイント。普通のタオルの半分の長さで乾くので、少し乾かすだけで持ち帰りのタオルの重たさも軽減。小さくまとめてコンパクトに持ち運べます。便利なフック付きでシャワールームで掛けられるのもおすすめのポイントです。

TOMMY BAHAMA--ビーチタオル(2,690円)

ビーチタオルといえばコレという目を引くデザインが魅力

夏のビーチタオルにふさわしい、リゾートデザインの大判ビーチタオル。日々を長い週末のように楽しく過ごすことをコンセプトに、アイランドスタイルを提案しています。どこにいても蒼い海と絶え間ない潮風を感じさせるスタイルで、気持ちを爽やかにさせてくれるでしょう。

綿100%で肌にも触り心地が良く、タオルで全身を包みたい優しい素材になっています。全長177cm、横幅101cmとビーチタオル中でもビッグサイズになのもポイント。どのデザインもTOMMY BAHAMAのブランドロゴがプリントされ、常夏のリゾート感を存分に感じられるデザインです。

円形でおすすめのビーチタオル

リビングディ-ラウンドタオルケットMAHANA(2,180円)

悪目立ちしない上品でシンプルな大人デザイン

シンプルな中にも高級感を感じられるジャガード織。ビーチタオルというよりは、タオルケットと呼ぶのにふさわしい上品で華やかな仕上がりです。刺繍のように立体感のある織り方をするジャガード織は単色でもとてもおしゃれ。

ラウンド端には糸の房を束ねたフリンジ加工を施しているので、上品なリゾート感もあります。海辺で使うビーチタオルとしてはもちろん、タオルケットとしてベッドやソファに掛けるのも素敵。ジャガード織ですが、洗濯機で洗濯可能なのも手入れがしやすいので嬉しいですね。

TEDDYShop-ラウンドビーチタオル大判(1,980円)

トレンド感満載でSNS映えもばっちりなキュート柄

直径166cmの大判タイプなので、女性1人寝転がっても余裕の広さ。羽織れば全身を優しく包みこみます。ラウンド端にはフリンジも付いているので、風が強くてもめくれにくいのが嬉しいですね。リゾート感たっぷりなキュートな柄が全10種類。

ボヘミアン風ネイティブ柄からポップで愛らしいフラミンゴ柄まで、ビーチでもインテリアにも活躍するおしゃれなデザインがいっぱい。生地もサラッと軽い丁度いい厚さ、重たくないので持ち運びも簡単です。

ザ・ビーチ・ピープル-ラウンドビーチタオル(11,016円)

世界中のラウンド型ビーチタオルの火付け役

本物のラウンド型ビーチが欲しいならこのブランドで決まり。世界中におしゃれなビーチタオルブームを作った大本命のブランドです。オーストラリア発のフォトジェニックなデザインは、世界中のおしゃれ女子の憧れ。高級感のあるスタイリッシュなデザインが特徴的です。

生地には上質なプレミアムコットンを100%使用。ラグジュアリーあふれる優しい質感を感じられます。ブランドデザイナーがモロッコのマジョレル庭園をイメージして手掛けた「MAJORELLE」は、美しい世界観と爽やかさが印象的。どこに置いても絵になる美しい仕上がりのラウンド型ビーチタオルです。

RiRiコレクション-ラウンドビーチタオル(1,814円)

色鮮やかなエスニック柄がおしゃれ

神秘的で美しいビーチの景色をイメージしたフォトジェニック満載のおしゃれなビーチタオル。直径160cmのラウンド型なので、カップルや友達と過ごしても余裕の広さ。発色が鮮やかなデザインは白いビーチに美しく映えます。

レッド系の温かいデザインの色をふんだんに使っており、色のコントラストも印象的。注目を集めること間違いなしでしょう。タオルに使われているナイロン素材は、ポリエステルよりもソフトな手触りで軽くて丈夫。速乾でカビにくいのも特長です。サラサラした生地なので砂も付きにくくなっています。

CHUCHKA(チャチュカ)-ラウンドタオル(7,462円)

個性的なデザインと細部までこだわった品質が魅力

コットン100%の上質で柔らかい触り心地のオーストラリア発ビーチタオル。海やプールから上がった後に優しく身体を包み込んでくれるでしょう。他のラウンドタオルブランドに比べてリーズナブルな価格でありながら、品質にはこだわった美しい仕上がりがAU女子に愛されています。

全5種類の細部まで精巧にデザインを施した美しい柄で、ビーチやプールサイドを華やかな印象に。専用バッグが付いているのも持ち運びしやすく便利。別売りで本革性ビーチタオルベルトも販売されており、ネイティブ柄と革の質感が良く合います。

速乾でおすすめのビーチタオル

RiRiコレクション-ラウンドビーチタオル(2,138円)

注目度最高の海外セレブも愛用者が多いアイテム

インスタ映えすること間違いなしの4種類のおしゃれビーチタオル。ハンバーガー、ドーナッツ、ピザ、スイカ柄とどれをとっても周りにインパクトを与える個性的なデザイン。ビーチで注目を集めること間違いなしのデザインです。

生地には綿とポリエステルを使っており、薄いタイプのタオル。軽くて持ち運びしやすく、速乾性があるのも特長です。薄い生地なので砂を払いやすいのもポイント。綿も素材に入っているので、身体に巻き付けた時に優しい質感を感じられます。

グリンファクトリー-ラウンドビーチラグ(1,980円)

全10種類の豊富なデザインでインスタ映え間違いなし

素材にはマイクロファイバーポリエステルを使用し、肌への気持ちの良い触り心地が特徴。また極細繊維を使っているので、カラー発色もよく色のコントラストにも凝ったつくりになっています。マイクロファイバーの生地の柔らかさと、ポリエステルの速乾性を併せ持っているのもポイント。

コットン生地よりも軽くふわっとしているので、身体に巻くとその柔らかさに感動することでしょう。また砂や汚れも付きにくい素材なので、洗濯しやすいのも特長です。品質と出来栄えにもとことんこだわり、1つ1つ丁寧に検品済み。

Lagu-砂が付かないビーチタオル(3,780円)

美しい砂浜を守る特殊なリネン素材で作られたビーチタオル

Lagu開発のポリエステルが織り込まれた特殊な加工で、砂が付かないビーチタオルが出来上がりました。ビーチの砂が付かないので、小さく折りたたんでバッグに入れても、バッグが砂で汚れません。素材にはリネンが使われているので、肌触りが優しいのもポイント。

このタオルはタオルが濡れた状態でも砂が付きにくいところが素晴らしい。濡れたタオルを砂浜に置いても、快適に使用し続けられます。洗濯前に砂を落とす必要もなく、洗濯後の乾きも早いのも嬉しいですね。砂浜を美しく彩る全8色の中から、お好みのカラーを選択できます。

ACTEON-ビーチタオル(3,290円)

荷物をコンパクトにしたいアイデアから生まれた高機能タオル

サーファーとしてあらゆるビーチに出かけるカルフォルニア育ちの姉妹によって開発。旅行の荷物で場所をとるビーチタオルをもっとコンパクトにできないかと考えて生まれました。人の毛髪の10分の1の細さで作られることにより、優れた吸水力と速乾性を実現。249gのタオルで約3倍ほどの水分を吸収します。

ACTEONのビーチタオルは、銀イオン処理を施し菌やニオイの発生を抑えるのも魅力。乾くスピードも綿タオルの約3分の1の速さでスピーディーに乾かします。性別を問わず使いやすい幾何学模様のデザインで、自分の個性を存分に表現できるでしょう。丸くコンパクトに折りたためる便利なガイドステッチ付き。

DOCK&BAY-CABANA LARGE(3,564円)

極上さとなめらかさを併せ持った新感覚のビーチタオル

明るくカラフルなデザインを提案するイギリス発ライフスタイルブランドです。使い心地と肌心地を追求したマイクロファイバーで、綿タオルの約3倍の速乾性を誇ります。たっぷり吸水性に優れているのに、薄くて軽いのもポイント。コンパクトに畳めて持ち運びも楽々、専用ポーチ付きで携帯性も抜群。

羽毛のない滑らかな生地表面は、砂や細かなゴミが付いてもパッと払えば素早く綺麗に。滑らかな生地の質感は、摩擦が少なく肌や髪に優しい質感。デリケートな子どもの肌にも優しく、ほおずりしたくなるほど柔らかいのが特徴です。サイズは縦160cm、横80cmで身体を拭いたり、巻いたりするにも使いやすい。

まとめ

品質とデザイン性の高いビーチタオルを選ぶのがおすすめ

ビーチタオルを選ぶうえでこだわりたいポイントは、アウトドアやビーチに合うデザインを選ぶこと。またビーチで使うのがメインなら、砂の付きにくい素材のものを選ぶのがおすすめです。そうすれば、ビーチラグとしても身体を拭くタオルとしても活用できるので荷物が少なくて済みます。品質やブランドによって、値段にも大きな違いが。価格で選ぶよりも品質をしっかりチェックして選ぶようにしましょう。今回はビーチタオルについて、人気のブランドを挙げながら詳しく紹介しました。ビーチだけでなく、おしゃれなインテリアアイテムとしても人気のビーチタオルをぜひ取り入れてくださいね。