2019おすすめの単機能電子レンジ人気ランキング!【一人暮らしにも】

キッチン家電で使用頻度の高い電子レンジ。オーブン機能やスチーム機能などさまざまな製品が販売されていて、どれを選んだらいいか迷っていませんか。一人暮らしやあまり電子レンジ料理をしない方は、色々なメニューは不要な場合も多いですよね。そんな方におすすめなのが温め機能だけが付いた単機能電子レンジです。コンパクトサイズが多く狭いキッチンでも場所を取らず、シンプルな操作で簡単に料理を温めることが可能。設置場所によって扉も選べ、内部も掃除しやすいものが沢山ありますよ。今回は単機能電子レンジの選び方と人気商品を中心に解説します。自分の目的にあった電子レンジを探している方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

単機能電子レンジとは?

食材を温める機能だけが付いたレンジ

さまざまな機能が付いた電子レンジが数多く販売されています。しかし、一人暮らしでトーストなどはオーブントースターを使うなら、オーブンやグリル機能は必ずしも必要ではありません。シンプルな構造でらボタン一つの操作でマイクロ波で食材を加熱できるので簡単です。

オーブンレンジよりも小型で低価格

スチームオーブンレンジなど、多機能の電子レンジは3万円前後から高いものでは10万円台の価格です。オーブンレンジは1万円台からありますが、ヒーターを搭載しているのでサイズが単機能電子レンジより大きく場所を取ります。「マグネトロン」という電磁波を発生させる部品が付いた単機能電子レンジは1万円以下のものもあり、幅も40cm台とコンパクト。

単機能電子レンジの選び方

庫内容量と本体サイズで選ぶ

一人暮らしなら容量20L以下がおすすめ

17Lから25L以上のものまである単機能電子レンジを選ぶ時には、家族の人数や温めたいものに合わせて選ぶとよいでしょう。一人ならできるだけ小さいレンジでもいいように感じますが、コンビニ弁当が入らなかったりする場合も。2人家族の場合は20から25L、3人や4人家族の場合は26から29Lの大きさが適しています。

本体の天面・背面・側面に対し放熱スペースが確保できるサイズ感で

電子レンジは運転中に熱が発生するので、設置する場合機種によって差がありますが10cmから15cmくらい空間を開ける必要があります。また庫内の換気をするため、排気口の位置を確認しておくことも大切。キッチンの限られたスペースに合わないと使用が危険な場合もあります。置きたい場所の寸法をよく確認して、熱を持っても安全に使用できるようなサイズを選びましょう。

扉の開閉タイプで選ぶ

左右の障害物や壁との距離が近い場合は縦開きタイプがおすすめ

十分なスペースがないキッチンの場合は、壁際や収納部分などに設置する場合も多い電子レンジ。扉を全開にできないと、出し入れしにくくとても使い勝手が悪くなります。また、加熱後に取り出す際に半開きの扉にぶつかり落としたりして火傷の危険も。縦に開くタイプなら、手前のスペースさえ確保できれば安心して使えます。左利きなど利き腕に関係ないのもメリット。

高いところに設置する場合は横開きタイプがおすすめ

一人暮らしなどでキッチンスペースに余裕がない場合、家電の置き場所は困るものです。床に置くこともできず、家具の上など高い場所に乗せることも。顔より高い場所の場合は縦開きタイプを使うとレンジの中が見えずとても使いにくくなります。安全に使用する為には、設置したレンジの高さが目線からどのくらい上になるかもよく確認しましょう。

庫内形状で選ぶ

予算を抑えたいならターンテーブルがおすすめ

電子レンジは温め機能しか使わないので、できるだけリーズナブルなものを探している方は価格だけでなく、構造をチェックしましょう。価格を抑えたものが多いターンテーブルなら、電子レンジの機能性は高価格帯に近い機種もあります。円形のテーブルが回転する時に、大きめのコンビニ弁当などは角が当たると加熱ムラが出るので、用途をよく考えることが必要です。

フラットテーブルなら広々と使えて手入れも簡単

電子レンジを毎日使っていると、飛び散った食材や油などの汚れがとても気になるものです。リーズナブルなターンテーブルタイプは溝がある為、掃除する際面倒に感じることもあります。マイクロ波が均一に当たるように設計されているフラットタイプなら、隅々まで加熱ムラも少なく温められる上、庫内の構造に段差がなく汚れもサッと拭けておすすめ。

機能で選ぶ

自動温め機能付きなら食材に合った適温で温められる

600Wと500Wの切り替えなど出力を選んで、時間を設定するだけで温められる手軽さは電子レンジの魅力。それでも頻繁に使っていると手間に感じて来たり、時間が合わないと温め不足や加熱し過ぎになることもあります。ご飯や牛乳などメニューが書いてあり、そのボタンを押すだけの便利な機能があれば、冷凍庫から出したものでもボタン一つで大丈夫。自分の食生活に合わせて使い分けができますね。

温まり具合を判断するセンサーの種類もチェック

電子レンジのセンサーには、赤外線・重量・湿度の種類があります。多くの機種に搭載されている赤外線センサーは、食品の表面の温度を測り加熱時間を調整しています。重量センサーは食品の重さで判断し調整する便利なものですが、食器の重さなども含むので加熱し過ぎることも。自動温め機能付きに使われる湿度センサーは、加熱時に食品から出る水蒸気を測り調整する優れた機能ですが価格は高めになります。また、ラップをかけて自動温めにすると水蒸気が検知されなかったりして温め過ぎることも。自分の使い方に合ったセンサーのレンジを選ぶことも大切です。

周波数を確認する

東日本と西日本では対応する周波数が異なる

電子レンジの製品スペックを見ると、周波数が書かれています。東日本用は50Hz、西日本用なら60Hz。このように分けられているのは、対応周波数を地域に合わせて固定し、それに合った部品を使うことで製造コストを抑える為です。周波数が合わないと使用できないので、購入前には対応周波数を忘れずに確認するようにしましょう。

ヘルツフリーなら日本全国で使用できる

製品スペックを細かいところまで確認して家電製品を選ぶのは面倒という方もいるでしょう。また、引っ越しや転勤などで対応周波数が変わる場合があるかも考えたいものです。全国対応の周波数の機種を選べば、ネットで購入する際などもヘルツフリーと書かれている機種を選ぶだけで簡単ですし、転居してからも買い替えをする必要なく使えておすすめです。

単機能電子レンジのおすすめブランド・メーカー

パナソニック(Panasonic)

高品質で安心のラインナップ

白物家電などのエレクトロニクス分野から住宅設備まで広く手掛ける日本を代表する電機メーカー、パナソニック。シンプルでありながら、必要な機能を無駄なく搭載した単機能電子レンジが魅力です。自動で出力変更機能などが特徴で、ごはんなら700Wで6分加熱した後、150Wに自動切換えで18分加熱することが可能。

日立(HITACHI)

ハイパワーで簡単操作が魅力

白物家電からインフラシステム、ヘルスケアなど社会イノベーション事業に注力する世界有数の総合電機メーカー、日立。単機能電子レンジでは、庫内のサイズが横約30cmと広く、使い勝手のよいフラットタイプが人気です。インバータ制御の800Wの高出力、選べる3つの自動温め機能など、シンプルながら高性能でおすすめ。

シャープ(SHARP)

シンプルで使いやすいラインナップ

幅広い家電を手掛ける大阪の大手家電メーカー、シャープ。単機能電子レンジはターンテーブルが多く、リーズナブルで実用的なのが特徴。庫内容量も一人暮らしや少人数向けの機種が揃っています。シンプルな操作で手軽に使えるものが多いので年代を問いません。

東芝(TOSHIBA)

薄型でコンパクトな大容量も人気

大手家電メーカー、東芝は高い技術力を生かしたさまざまな製品を製造販売しています。石窯ドームなどの高品位機種の電子レンジも人気ですが、単機能電子レンジは17Lの製品が多くなっています。コンパクトながら900Wの大出力や庫内フラットなど高性能で魅力。

アイリスオーヤマ

豊富なラインナップで選びやすい

宮城県仙台市が本社で、生活用品の企画、製造、販売会社アイリスオーヤマは2000年代から家電に力を入れて来ました。電子レンジも豊富に揃っており、単機能電子レンジはリーズナブルでシンプルな機能からデザイン性の高いものまであります。20L以下のものが多く、自動メニューや庫内で焼き料理ができる機種もあり好みや用途に合わせて選べるのも魅力。

おすすめ&人気の単機能電子レンジランキング

一人暮らしにおすすめの単機能電子レンジ

日立 – 単機能レンジ HMR-FS182(17,150円)

ハイパワーで使い勝手も良いシンプル機種

オーブントースターがあれば、電子レンジに求める機能は温めや解凍という方も多いでしょう。17Lの容量と場所を取らないコンパクトサイズ、掃除が楽なフラット庫内で扉は横開きです。インバーター制御で素早く温まるハイパワーの800Wの他、解凍200Wとその他500W/600Wと4段階切替です。

湿度センサーを搭載し、あたため、 解凍あたため、 飲み物/牛乳がボタンで選べる自動温めメニューも便利。仕上がり具合も3段階で調節可能、ヘルツフリーで全国で使えます。作動音が静かな点もおすすめで深夜でも気兼ねなく使用でき8.8kgと軽量なので移動も楽です。

日立 – 単機能電子レンジ 17L HMR-FR181 W(17,600円)

コンパクトなのに広々した庫内

普段の食事の中で電子レンジで温めることの多い多いお弁当。大きなものだと幅が電子レンジに入らない場合もあります。フラット庫内の幅は29.5cmあるので大き目のお弁当も楽に入ります。湿度センサーを搭載し、あたためスタートボタンを押すだけで自動で温めが可能。掃除もしやすくておすすめです。

あたため、解凍、飲み物・牛乳の自動温めメニューを選ぶだけの簡単操作で簡単です。手動操作の場合、100W/200Wと500W/600Wに切り替えられ、仕上がり具合や時間を選ぶことが可能。ヘルツフリーで全国対応、見やすい液晶パネルなど使い勝手の良い機種です。

アイリスオーヤマ – 小型 単機能電子レンジ RICOPA(9,878円)

かわいくて機能も充実

キッチンのインテリアをかわいいイメージにしたい方におすすめの、まるで雑貨のような電子レンジ。グレーがかったアッシュピンク、清潔感のあるアイボリーと爽やかさのあるアッシュブルーの3色展開で、置いてあるだけでキュートで気分が上がりそうです。北欧風や白を基調にしたキッチンにぴったり。

200W解凍、400Wでじっくり温めや煮込み料理、ごはんや牛乳には500W(東日本)か600W(西日本)の3段階出力。ヘルツフリーですが、インバーター式なので高い出力で省エネになっています。かわいいデザインに合うコンパクトサイズですが、庫内は幅・奥行き約30cmあり大き目のお弁当やMサイズのピザも楽に入ります。直径は25.5cmのターンテーブル式。

ツインバード – 電子レンジ DR-D419W5/DR-D419W6(9,167円)

シンプルさと使いやすさを追求

できるだけ簡単に使える電子レンジを探している方におすすめ。二つの大型つまみのうち、タイマー部は使用頻度の高い5分までを幅広く取る工夫がされています。出力はハイパワーの700Wと600W/500Wで温め、弱で解凍/煮込みとシンプル。

お弁当はもちろん、オーバル型のパスタ皿なども入る30.5cmの庫内幅はとても便利。容量は17Lで一人暮らしには十分です。ごはん/1分、冷凍ごはん/2分30秒、牛乳/1分30秒など使用頻度の高い食品の目安が書いてあります。50Hzと60Hzから選ぶことができます。

S-cubism – 単機能ミラー扉電子レンジ WDR-17HF-B(13,037円)

おしゃれでスタイリッシュなブラックが魅力

真っ白い家電よりシャープさのあるものが好きな方におすすめのブラック。オーディオが置いてあるようなおしゃれな雰囲気です。デザインだけでなく、ヘルツフリー、出力3段階切替えやメモリー機能、チャイルドロック機能など機能性の高さもあります。

コンパクトサイズに多い17Lの容量で、45.cmほどの幅で場所も取らず使いやすい。ターンテーブル式の庫内は汚れが目立ちにくいダークグレー、メニューを選んでつまみを回すシンプル操作で使いやすさも優れています。パネルがレッドのものもありインテリアのアクセントになりそうです。

縦開きでおすすめの単機能電子レンジ

シャープ – 電子レンジ 18L RE-TF1-W(14,970円)

ダイヤルを回して押すだけの簡単操作

容量は18Lで少し余裕があり、本体の幅は52.4cmです。ヘルツフリー設計で、出力は2段階に調節可能、東日本は最大500W、西日本は最大650Wの高出力で、ごはんや牛乳など毎日温めるものなどワンタッチ操作で簡単。庫内はフラットなので大き目のお弁当も楽にはいります。

自動温めのメニューはごはん、牛乳、お弁当ととてもシンプル。冷凍ごはんの場合は二度押しするだけです。同程度出力の機種はターンテーブルが多いので、ひろびろ使えて掃除も楽なフラット庫内はとても便利。500Wでの連続運転時間は最大15分です。

東芝 – 電子レンジ ER-SS17A-W(15,192円)

使い勝手がいいパワフルな機種

縦開きで素早く温められる電子レンジを探している方におすすめのハイパワー機種。インバーター搭載ですばやく加熱できる900W、絶対湿度センサーも付いています。コンパクトな17Lで45cmの幅は、一人暮らしのキッチンで場所を取らずレイアウトも楽。大きいお弁当も楽に温められる幅です。

フラットの庫内、ヘルツフリー、ワンタッチ簡単温めと使いやすく、天井もほぼフラットで掃除しやすくなっています。200W解凍、500W・600Wボタンもあり、温めるものによってシンプル操作で選べます。冷凍ごはん・冷凍おかず、飲み物、お弁当の4つの自動あたためメニューも便利。

アイリスオーヤマ – 電子レンジ IMB-1802(10,780円)

リーズナブルな縦型扉タイプ

縦型の扉で安い電子レンジを探している方におすすめ。ヘルツフリーでフラットな庫内は掃除しやすく、シンプル操作で使いやすさもあり、約1万円とコスパのいい機種です。やや大き目の18Lの容量、庫内の幅も29.5cmと広くお弁当や細長い皿も楽に入ります。

タッチパネル操作のパネルには、飲み物・ごはん・お弁当の自動温めメニューがありあたためスタートを押すだけのシンプル操作。ぬるめから熱めのあたため調節も可能で好みの仕上がりが選べます。最大出力は650W、タイマーは最大15分で、10分/1分/10秒をタッチパネルで設定します。

アイリスオーヤマ – 電子レンジ IMB-FM18-5/IMB-FM18-6(18,435円)

スタイリッシュなキッチンを演出

最近は家電のカラー展開も豊富になり、インテリアに合わせて選ぶことができます。モノトーンを基調にしたインテリアにぴったりのミラーガラスのようなスタイリッシュさが魅力。高い反射率と明るい庫内灯で調理がよく見える実用性も備えています。

容量18Lで庫内はゆとりある31.5cm幅で掃除しやすいフラットタイプ。大き目のお弁当や長さのある皿なども楽に入り、120Wで解凍、出力は500W/600Wの切替えができます。タッチパネル操作で3通りの自動温めメニューや、10秒から15分のタイマーをセットするだけのシンプル操作。

低価格でおすすめの単機能電子レンジ

アイリスオーヤマ – 電子レンジ 17L IMB-T176-5(6,281円)

購入者満足度の高いシンプル機種

オーブントースターのようなシンプルなつまみで誰でも使える簡単操作、コンパクトサイズなのに広い庫内で使い勝手も良くおすすめ。本体の幅は44cmと置き場所を選ばず、庫内幅も30.6cmあります。ターンテーブルの直径は25.5cmなのでカレー皿も入ります。

IMB-T176-5は東日本対応ですが、西日本対応のIMB-T176-6もあります。200Wで解凍、温めは弱の500Wと強の700Wの切替えが可能。タイマーつまみ部には、解凍する場合の加熱時間の重量の目安が書かれていて使いやすいです。

山善 – 電子レンジ 17L(5,799円)

簡単操作のお手軽電子レンジ

実用的でリーズナブルな家電が揃う山善のシンプルな電子レンジ。コンパクトサイズですが庫内は幅30.7、奥行29.1cmありMサイズのピザも入ります。電子レンジは食品温めたり解凍する時くらいしか使わないという方にもおすすめです。

清潔感のあるホワイトとスタイリッシュなブラックがあり、キッチンに合わせて選ぶことができます。ターンテーブル式ですが、テーブルの下の回転台も外せるのでフラットタイプと同じように掃除可能。解凍200Wと温め500W、700Wの3段階切替、15分までのタイマーつまみを回すだけの操作です。東日本、西日本対応が選べます。

ユアサ (YUASA) - 電子レンジ PRE-650HFT(6,580円)

ミラーガラスのヘルツフリー対応機種

低価格の電子レンジは、東日本・西日本と別れているものも多いですが、ヘルツフリーで6千円台とリーズナブル。一人暮らしに適したサイズに多い17Lの容量で幅も置き場所に困らない44cmの幅。コンパクトですが、庫内は幅が30.6cm、奥行きも30.7cmあるのでピザや大皿も入ります。

200W解凍と400W/500W切替の3段階出力でつまみを回すだけの簡単操作。光るタイマーは15分まで設定でき、下におにぎり・ごはんなど日常でよく温める食品の目安も書かれています。解凍と温めしか電子レンジは使わないという人にもおすすめのシンプルな機種です。

エスケイジャパン – 電子レンジ SKJ-GZ17DA (7,109円)

温めから煮込み料理まで簡単にできる

140Wの解凍と、370Wから700Wまで4段階切替出力のシンプルな機種。解凍は140Wと290Wの段階切替ができ便利です。置き場所に困らない45.6cmの幅、Mサイズのピザも入り便利です。17Lの容量は一人暮らしや少量の温めにぴったり。スタイリッシュでシンプルな電子レンジを探している方におすすめ。

実用的な機能があれば十分という人におすすめのつまみを回すだけの操作。ヘルツフリーでないので、購入する時には50Hzと60Hzのどちらかを選びます。送料無料やキャッシュレス5%還元など、価格だけでなくお得感のある電子レンジです。

ツインバード – 着せ替え電子レンジ DR-D458W5 50Hz専用(6,644円)

好みに合わせてパネルが変えられる

パネルを着せ替えるというユニークな発想の機種。見やすい大型表示の白いベースパネルと、スタイリッシュなキッチンに合うブラックにレッドのシルキーパネル、カジュアルモダンなグレーのチェックパネルがあります。インテリアや好みに合わせてマグネットで付けられます。

コンパクトさだけでなく、キッチンに合うおしゃれな色合いの電子レンジを探している方におすすめ。コンパクトサイズですが庫内は余裕の幅30.5cm 。出力は強700W / 600W ・ 中500Wの温めと弱の解凍や煮込みと選びやすくなっています。 あたためや解凍時間の目安も書いてあるのでとても使いやすいです。

まとめ

用途に合ったサイズや機能を選んで快適に使いこなそう

単機能電子レンジを購入する上でこだわりたい一番のポイントは使いやすさ。扉の開閉やお手入れなどが楽ならストレスもなく、簡単な操作で毎日使うことができます。全国で使えるヘルツフリー機種や、飲み物やお弁当を自動で温めてくれるオート機能付きならより便利です。今回は単機能電子レンジについて、特徴別に人気の商品を挙げながら説明しました。是非自分にぴったりの単機能電子レンジを見つけてくださいね。