2019おすすめのヒートガン人気ランキング!【使い方も】

DIYやはんだ付けなどで使われるヒートガン。作業で必要になったけど見た目は全部同じようだし、どれを買えば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回はあると便利なヒートガンの用途と使い方、あなたにぴったりのヒートガンの選び方などをご紹介。コスパや機能、メーカーから厳選したおすすめのヒートガンもお伝えしていきます。ラインナップも豊富なので、ドライヤーなどで代用している人もぜひチェックしてみて下さいね。




ヒートガンとは?

DIYする時にあると便利な超高温のドライヤー

ヒートガンは高温の熱風が出るドライヤーのような工具。塩ビパイプの加工やはんだ付け、ステッカー剥がしなど色々な場面で使えるので、DIYをするときにあると便利なアイテムです。価格はリーズナブルなもので2,000円くらいから、高性能で耐久性の高いプロ向けのものだと20,000円以上のものもあります。

ヒートガンとヘアドライヤーの違い

最大吐出温度に差がありドライヤーでは代用が難しい作業も

家庭で使われるヘアドライヤーとヒートガンの大きな違いは熱風の温度です。ドライヤーはあまり高い温度だと火傷の危険が高くなるため、高くても風口から3cm以内で140℃以下。それに対してヒートガンの最大吐出温度は300~600℃程度です。ドライヤーでは代用できない高温の作業もありますし、ドライヤーよりヒートガンの方が効率が良い作業もあります。例えばはんだ付けやカーフィルムの熱処理、といった高い温度が必要な作業はドライヤーでは代用できません。また100℃くらいで収縮を開始する低温の熱収縮チューブならドライヤーでも加工が可能ですが、ヒートガンなら短時間で作業を終わらせることができます。

ヒートガンの使い方

シュリンク包装

シュリンク包装はCDやコミック、化粧品などによく使われる、透明のビニールでピチっとくるむ包装。お店のようなパッケージが自宅でできるので、フリマやネットオークションに出品する方に人気です。熱収縮フィルムでできた専用の袋に入れてシーラーで口を閉じ、PVCの場合なら140~150℃程度で成形します。先端が平たくなったシュリンクフィルム用のノズルを付け、温度調節があれば低温でなければ少し離れた位置から温風を当てると良いでしょう。

カーフィルムの施工

UV対策やプライバシー対策として欠かせないカーフィルム。施工してもらうと軽自動車でもリア3面で30,000円程しますが、DIYならフィルムが2,000円程度からととてもリーズナブル。ヒートガンを使った、リアウィンドウの1枚張りに挑戦したいという方も多いのではないでしょうか。ヒートガンでガラスのカーブに合うように熱成形していきます。熱成形が終わったら窓ガラスの外周より5mm程大きくカット。サイドやクォーターガラスは熱成形の必要がないのでカットだけです。貼りつけは窓の内側に洗剤水を霧吹きでかけてフィルムを載せ、プラヘラで中央から外側に向かって水を抜いていくと貼りつきます。先に上部1~2か所の水を抜いて仮止めしておくと作業がしやすいですよ。

レジンやプラバンなどのハンドクラフト

UV硬化させてアクセサリーなどを作るレジン。気泡が入ると残念な仕上がりになりますが、温めると気泡が消えやすくなります。またオーブントースターなどで加工することの多い、プラバンは温風を当てながら熱処理することでブレスレットや指輪など自由に成形が可能です。プラバンなら160℃くらいで加工できるので、ハンドメイド専用なら低温でコンパクトなものが使いやすいですよ。

半田付け

ヒートガンがあるとはんだごてではやりづらい基板からの部品外しや、チップのリフローができます。はんだ付けの際には先が細い筒状になった、局所加熱用のノズルを使いましょう。温度は低温はんだなら140℃前後、共晶はんだは250~300℃程度が目安。はんだは種類によって溶ける温度が違うので、最高温度が高く温度調整がついているヒートガンを使うと便利です。部品外しの際にははんだが付いている部分をあたためながら、ピンセットなどで剥がします。チップのリフローならフラックスを下に流し込んで、上からヒートガンであぶります。周囲の部品が高温になると壊れる恐れがあるので加熱は必要最低限にし、アルミホイルなどで保護しておくと安心です。

塩ビパイプやアクリル板の加工

アクリル板を熱加工すれば欲しいサイズぴったりのケースを自作することも可能。低価格な塩ビパイプを使ったインダストリアル調のカッコいい棚や、作り付けの収納も自分好みにDIYできます。加工温度は塩ビパイプの曲げは80℃くらい、溶接なら280℃くらい。アクリル板も160℃くらいの温度であぶると曲げることができます。曲げ加工ならリーズナブルな低温のヒートガンでも加工できるので、DIYファンの方は挑戦してみてはいかがでしょう。

熱収縮チューブ

熱収縮チューブとは電線やハーネスなどの絶縁や結束、防水、耐熱などに使うチューブです。加工は簡単で導線にチューブを通して、ヒートガンであぶるだけ。収縮チューブ用のかぎ状のノズルを使うと均一に収縮させやすいです。熱収縮チューブにも種類がいくつかあり、低温タイプのチューブなら70℃くらいで収縮します。ドライヤーや半田ごてで温めて使う方も多いと思いますが、ヒートガンを使うと作業時間も短くなり格段に楽です。

ヒートガンの選び方

用途に合わせた機能で選ぶ

温度や風量の調整機能があると多用途に使える

ヒートガンの吐出温度は高すぎると曲げようとした塩ビパイプを溶かしてしまったり、半田付けをしたいのに周りの部品を壊してしまったりもします。風量も作業によってちょうど良い強さが違い、細かい作業をするときに風が強いと周囲のものを飛ばしてしまったりして不便です。吐き出し口からの距離である程度調整はできますが、多用途に使いたい場合には温度調整や風量が調整できるものを選ぶと良いでしょう。温度調整は高低の2段階から無段階に変えられるものまで、温度がデジタル表示で確認できると安心感があります。

長時間の作業には定格使用時間の長い物を

ヒートガンには使用時間は最長でもここまでにしてという、定格使用時間が決められています。一般的には20分とされているものが多く、それ以上の時間になる場合には一度ヒートガンを冷ましてから再度仕様を開始することになります。その間作業が中断してしまうので塗装剥がしやはんだ付けなど時間のかかる作業を予定している場合には、定格使用時間が長いものを選んでおくと作業がしやすいです。最高温度が500℃以上になる高温のヒートガンなら長くても30分程度ですが、300℃程度の低温のヒートガンなら2時間以上連続で使えるものもありますよ。

使いやすい形で選ぶ

ハンドメイドには持ちやすいストレート形状がおすすめ

ストレート形状のヒートガンは一般的に300℃など低温のものが多く、コンパクトかつ軽量になっています。握った時の安定感があって細かい作業がしやすく、見た目にもあまりごつくないものが多いのでハンドメイド好きの女子にもおすすめ。収納にもスペースをとらず、引き出しの隅に入れて置けるので便利です。簡易なスタンドが付いているとテーブルの上に置いて使えるので、両手が使えて作業がしやすくなります。

自立する形だと置いたまま使うこともできて便利

ヒートガンはドライヤーのように持って使うイメージですが、両手に塩ビパイプを持って熱をかけながら曲げる、熱収縮チューブを水平に持ちながらあぶるなど両手が使えると便利な場面も多いです。そんなとき自立する形状のヒートガンなら、置いた状態で対象物を吹き出し口に持って行けば加工ができます。片手で持って作業中するときでも、ちょっと置く時に便利ですよ。

持ち運びしやすいタイプで選ぶ

小型のミニタイプなら軽量で扱いやすい

一般的なヒートガンは700g~1kg程度。それほど重いツールではありませんが、作業範囲が広い場合や携帯性を重視する場合には軽量なタイプもおすすめです。少し小型のものは600g前後と軽量で、ご家庭のドライヤーと同じくらいの重さ。さらにハンドクラフト向けのミニタイプでは200g程度、缶コーヒー1本分くらいのものが多くなっています。ガス式のヒートガンなら70~80g程度のものもありますよ。

充電式のコードレスタイプなら近くに電源がなくても使える

ヒートガンには充電式のタイプもあり、カーフィルムを貼るときなど屋外での作業に便利です。またDIYは庭やガレージでという人も多いでしょう。ペンキを塗っても臭いがこもらないし、ヒートガンを使うときにも周囲に物が無くて安全ですが電源が取りづらいのが難点。充電式ならどんな場所でも使えて、移動するときにもコードを挿し直す必要がないので便利ですよ。

あると嬉しい付属品で選ぶ

ケースが付いているものが収納しやすい

使わないときのヒートガンは棚に収納しているという方がほとんどだと思います。収納することを考えると、専用のケースが付属しているものを選ぶのがおすすめです。ノズルやスクレーパーなどの細かい部品も多いので、ケースに入っていると収納や持ち運びに便利。うっかり部品を失くしてしまったり、ちょっとした衝撃でガンが破損することも防げます。

目的に合ったノズルが付属しているとすぐに使える

ヒートガンを使う際にはそれぞれの用途にあったノズルを取り付けます。基本的には本体とノズルは別売りで、価格は種類によって300円から2,000円程度まで様々。本体とノズルをセットで販売している商品もあります。必要なノズルが付属していると到着後すぐに使えるのでセット商品もおすすめ。いろいろなノズルが付属していると、多目的に使えて便利ですよ。

ヒートガンのおすすめブランド・メーカー

アストロプロダクツ

日本全国に150の実店舗を展開する工具メーカー

工具やDIY用品、ガレージ用品の専門店で、北海道から沖縄まで150店舗を展開する他タイにも6店舗を出店。一般的な工具やカー用品をはじめ、本格的な電動工具まで幅広く販売しています。国内ブランドで比較的低価格のヒートガンは人気が高く、充電できるタイプも話題です。

白光(はっこう)

世界的に有名な半田付けツールのブランド

1952年に創立したはんだごてのメーカー。その技術力は世界中で認められ、中国、アメリカ、シンガポールなど海外にも拠点を置いています。取り扱い製品ははんだ付け用の工具やフラックス、自動はんだ付け装置など。信頼性の高いヒートガンは業務用からホビーまで人気が高く、見た目もクールな883Bやはんだ付けにもおすすめのFV-310が売れ筋商品です。

マキタ

DIYファンにも人気が高い電動工具の国内最大手メーカー

1915年にモーターの販売修理を行う会社として創業した老舗で、現在では電動のドリルや釘打ち、のこぎりなどを販売する電動工具の大手メーカーに成長しています。知名度も高いので、DIYファンなら一度くらい名前聞いたことがある人も多いでしょう。ヒートガンは9段階の温度調節機能がついて、ケースもカッコいいHG3061VKが人気の商品です。

石崎電機製作所

半田付けツールの老舗で品揃えが豊富

90年前から電機はんだごてを作り続ける老舗メーカー。SUREというブランドロゴも、創立当初から変わっていません。業務用製品ではヒートガンや真空包装機、家庭用製品ではIH調理機やスチームアイロンなどを販売しています。特にヒートガンではメタリックな形のプラジェットハンディタイプ、小型で扱いやすいプラジェットミニが人気。交換部品アタッチメントも多く、長く使い続けられるのも魅力です。

おすすめ&人気のヒートガンランキング

リーズナブルでおすすめのヒートガン

WEIMALL-ヒートガン (1,680円)

高性能低価格でネット通販でも人気の商品

1,680円と非常にリーズナブルなヒートガンです。海外製品ですが日本語の説明書が付いているので安心。平面ノズルや丸ノズルなど4種類のノズルとスクレーパーも付いているので、初めてヒートガンを購入して色々使ってみたいという方にもおすすめです。

最大吐出温度は600℃で、手元のスイッチで2段階に切り替えが可能です。HIGHにすると温度は600℃で風速500m/min、LOWにすると温度は500℃で風速250m/min。定格使用時間は20分です。フックを使うと自立する形状で、上向きに立てて置くことができます。

TOOLSISLAND-ヒーティングガン6点セット(3,500円)

温度調節付きでノズル4点とスクレーパーもセット

最大吐出温度は500℃あり、温度調節ダイヤルで3段階に切り替えが可能なヒートガンは3,500円と機能の割にリーズナブル。艶消しのスチールカラーで見栄えも良く、ノズルが4種類とスクレーパーも付いているので便利です。海外製で説明書は英語版の他、日本語の簡易説明書が付属します。

HIGHなら温度が500℃で風量は500L/min、LOWだと温度が40℃で風量300L/min、その中間だと温度が350° で風量が350L/min。TOOLSISLANDは通信のみで商品を販売する、車とバイクの工具専門店。手頃な価格で見た目にもおしゃれなオリジナルブランドの製品も人気です。

アストロプロダクツヒートガン(3,132円)

自立するので作業中のちょっと置きにも便利

全国150店舗を展開するアストロプロダクツの製品。日本の工具専門メーカーなので、品質も高くしっかりとした説明書も付属しています。消費電力は1200W。パワーが足りない気がしますが、家庭のコンセントは1か所で1,500Wまでというのが一般的なのでちょうど良い容量です。

グリップの下に付いているスタンドフックを使うと、吊り下げたり自立させたりできるので他の作業をする間にちょっと置いて置けるのも便利です。温度と風量は手元のスイッチで2段階に切り替えが可能で、HIGHにすると温度は500℃で500L/min、LOWでは300℃で300L/min。定格使用時間は20分です。

小型でおすすめのヒートガン

石崎電機製作所-プラジェット (8,800円)

550gと軽量なので長時間の作業でも疲れない

ヒートガンは幅25cm、高さが20cmで厚さ8cm程度のものが一般的ですが、こちらのプラジェットは幅が21cmで高さが18cm、厚さが7cmと少しコンパクト。重さはなんと550gと非常に軽量で、コンパクトなヘアドライヤーといったサイズ感です。持ち歩きにも便利で、長時間の作業でも疲れないのが嬉しいですね。

メタリックなボディとコイルを撒巻いたたような先端がクールで人気の高い商品です。温度は450℃、風速は400m/minで調節機能はなし。石崎製作所のホームページを見ると、使い方から消耗部品の変え方まで動画で説明されているので分かりやすいです。

ASHOP-ガス式はんだごて ヒートガン(825円)

小型でコードの要らないガス式だから外出先で使うのに便利

825円と低価格なヒートガンで、ガス式だから電源が無くても使えるのがメリット。先端を付け替えることではんだごて、ヒートガン、ガスバーナーとして使用できます。大きさはこてを付けた状態で長さ18cm、太さ1.8cmと、油性マジックのような太めのペンくらい。重さも80gと電気のヒートガンとは比べ物にならない軽さで、ちょっとした修理などに持っていると便利な1台です。

最大吐出温度ははんだごてで400℃、BBQなどに携帯すると便利なガスバーナーは1300℃まで上がります。ただしはんだごてとして使うには、ガスの調節など少しコツが必要です。ガスはガスライターなどのボンベから注入します。本体に付いているつまみでガスの量を調整し、ライターで火をつけると数秒で温まります。1回のガス充填で30分ほど使用可能です。

アストロプロダクツ-充電式 ヒートガン(9,180円)

屋外作業に便利な充電式で本体は意外に軽量

話題の充電式ヒートガンは屋外などの電源がないところで使える他、コードが邪魔にならないし移動も楽な優れものです。こちらの充電式ヒートガンは本体サイズが幅17cmで高さが21cm、重さが600gと比較的コンパクト。充電池も2.0Ahなら390gほどなので合わせて1.0kg程です。

こちらの商品は本体とのみで、充電池の価格の目安は2.0Ahで5,000円、4.0Ahで10,000円程。気になる使用時間は2.0Ahバッテリー満充電なら約8分、4.0Ahバッテリーでは約16分です。吐出温度は500℃と高温で、風量は200L/minと少し優しい風。ノズル3種類が付属します。特に屋外作業が多い方などにおすすめですよ。

温度調節できるおすすめのヒートガン

アストロプロダクツ-デジタル ヒートガン (8,100円)

温度がデジタル表示で確認できるから初心者さんにもおすすめ

温度をデジタル表示で設定できるのが大きな特徴。ダイヤル式の温度設定は何℃に設定したのか分かりづらいし、慣れるまでなんとなく不安です。デジタル表示なら簡単なので、ヒートガンを初めて使うという方でも安心感がありますよ。

吐出温度は50~650℃、風量は250~500L/minで、無段階に調節可能なので多用途に使えます。定格使用時間は約20分。ノズルが4種類とスクレーパー、専用のケースも付属するので到着後すぐに使用できますよ。

EARTHMAN-温度調節機能付ヒートガン(5,736円)

温度と風量の調節機能付きでリーズナブル

多機能で収納ケースまで付いて5,736円という、コスパの良いヒートガンです。温度は70~550℃まで調節可能で分かりやすいデジタル表示になっています。風量は350~650L/minまで3段階の切り替え付き。定格使用時間は20分です。

こちらの商品は5種類のノズルとスクレーパーが付いているので、多用途に使うことができるのも嬉しいですね。EARTHMANは150年の歴史を持つ建築用工具のメーカー、高儀の電動工具ブランド。細部にまでこだわった、機能性デザイン性の高い製品をプロデュースしています。

マキタ-ヒートエアガン(7,485円)

温度が9段階に調節できるマキタの人気商品

電動工具やDIY用品で人気の高い、マキタの商品。鮮やかな緑色のボディにmakitaのロゴがクールです。温度は50~550℃まで9段階に調節が可能。風量は200L/minと400L/minの2段階の切り替えがついています。50℃の温風を吐出することで、高温になったノズルや本体を冷やすこともできますよ。

上向きに立てて置けるので両手を使った作業もしやすく、作業途中に置くときにも便利です。ノズルなどの細かいパーツも収納できる、しっかりとした収納ケースがついているので収納しやすくなっています。ノズルは4種類、スクレーパー2種類も付属します。

ストレート形状でおすすめのヒートガン

石崎電機製作所-プラジェットミニ (5,605円)

軽量コンパクトで消耗品の交換ができるから長く使える

直径5cmで長さ24cm、重さ220gと軽量なヒートガンです。風速は480m/min。温度は350℃固定ですが、定格使用時間が2時間と長いのでシール剥がしや塗装の乾燥などで長時間使いたいときにも便利です。

標準で付属している六角スタンドは、はめ込むだけでどの向きにも置いて使うことができるので便利。ストレート形状で、スタンドもコンパクトなので収納スペースもとりません。他にも持ち運びに便利なセミハードケースや万力で固定するスタンドなど、様々なサプライ品が販売されているので使用する環境に合わせて揃えることができます。

マッドマックス-ヒートツール(2,680円)

ハンドクラフトにおすすめのリーズナブルなヒートガン

ストレート形状で2,680とリーズナブルなヒートガン。最高温度は低めですがシュリンク包装やプラバン、レジンの泡を消すなどの用途では低温で作業したいのでぴったり。軽量でコンパクトな上、グリップ部分はスリムで滑り止め加工がされているので持ちやすいです。

本体に付いているスタンドは、手で持って使うときには収納できて邪魔にならず安定感も抜群。海外製品のためプラグの挿しこみ口の片側が少し大きいです。ご家庭のコンセントも実はよく見ると片側が幅広なものが多いのですが、仕様によって合わない場合もあります。そんな時は延長コードを使えば普通に挿しこめますよ。

はんだ付けにおすすめのヒートガン

TSECO ヒートガン(12,528円)

グリップが細いので細かい作業がしやすい

全長は30cmで重さが600gで比較的軽量。ストレート形状でグリップが細いので、細かい作業がしやすいです。基盤にダメージを与える静電気を防止する設計になっているので、はんだ付けにぴったりです。風量もダイヤルで無段階に変えることができるので、作業に合わせて調節が可能。細かなパーツを吹き飛ばしてしまうこともありません。

温度は100~480℃まで無段階に調節が可能、デジタル表示付きで手元の窓に表示されるので分かりやすいです。PID制御によって正確にそして安定した温度にすることができるので、適切な温度ではんだ付けができますよ。こちらの商品にはブラケットとノズル3種類が付属します。

白光-工業用ドライヤー温度風量可変タイプ(8,802円)

はんだ付けツールの老舗白光のハイスペックモデル

吐出温度は50~530℃、風量は150~250L/minの間で、それぞれ無段階に調節ができます。別々に設定できるのではんだなどの作業には嬉しい温度は高く、風量は弱くといった微妙な調整も可能。ケースが付属しているので収納にも便利。また別売りにはなりますが、スタンドやノズルといったオプションも多数揃っています。

蓄熱性や熱効率に優れたセラミック硝子を使った表寿命なヒーターを採用していて、ファンやヒーターは交換ができるので長く使うことができます。ヒーターはカートリッジ式なので、自分でも簡単に交換ができますよ。上向きに自立する形状で、背面にラバーが付いているので安定感も抜群です。

まとめ

初めての購入なら格安のヒートガンもおすすめ

ヒートガンの使い方からおすすめのヒートガンまで、見てきましたがいかがでしたか。比較的低価格なものもあり使い方も簡単なので、欲しくなってきた方もいるのではないでしょうか。もし初めてヒートガンを購入するなら、ノズルがついて2,000~3,000円など格安のものもおすすめ。色々な用途にたくさん使って使い勝手などを試したり、自分に必要な機能を探したりするのにピッタリです。ヒートガンは多用途に使えて1台あると便利なツール。ネット通販などでもたくさんラインナップされているので、ぜひチェックしてみて下さいね。