おしゃれでおすすめのソープディスペンサー人気ランキング!【泡タイプの自動式も】

市販の液体ソープを買ってそのまま置くよりも、ソースディスペンサーに詰め替えて置く人が増えています。インテリア性が高く、生活感を感じないおしゃれな見た目になるのでおすすめです。ソースディスペンサーには、手をかざすだけで自動で出てくるタイプと、手でプッシュして液体ソープを出す手動式の2種類あります。デザインもシャープでスタイリッシュなものから、見た目にも可愛いおしゃれなものまで豊富。今回は、そんなソースディスペンサーの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。水回りのインテリアを良くしたいと検討中の方は是非、この記事を参考にしてくださいね。

ソープディスペンサーの特徴

生活感をなくして水回りをおしゃれに演出

市販の液体ソープのパッケージには、成分表が表示されていたり子どもっぽいパッケージでインテリアにはそぐわないこともありますよね。生活感を感じられとてもおしゃれとはいえません。そこでおすすめなのが、液体ソープをソースディスペンサーに詰め替える方法。ソースディスペンサーは、デザインやカラーも豊富にあるので、キッチンなどの水回りのインテリアに合わせて選ぶと一気に統一感が生まれます。

手をかざすと液体石鹸がでるセンサー付きは衛生的に使える

手をかざすセンサーによって、液体ソープが出てくる自動タイプはおすすめ。固形せっけんは、泥だらけの手で触ることで石鹸自体に菌が付着することもありおすすめできません。プッシュ式のボトルも、汚い手で触ることでボトルに雑菌が付着することも。一方、センサー付き自動ディスペンサーなら、ボトルを直接触らなくて済むので衛生的に使い続けられます。

ソープディスペンサーの種類

自動式

自動センサー付きでボトルに触れずに手を洗える

ソースディスペンサーを選ぶ際には、使う人のタイプや衛生面を考慮して選ぶことはおすすめです。自動式と手動式の2種類がありますが、それぞれメリットやデメリットがあります。たとえば、ソースディスペンサーに手を触れなくても、液体ソープが出てくる自動式は衛生的に使い続けられます。お子さんが泥だらけの手で触ったり、濡れた手で触って水垢が付くこともありません。

ただ、自動式は手動式に比べサイズが大きいため設置場所を選ぶのが難点。泡タイプや液体の種類によっては、メーカーの適応洗剤に準じた液体ソープを選ぶ必要があるので確認も必要です。また電池式や充電式の稼働タイプがあり、キッチン周りに電源を繋ぐことへの危険性や充電方式も環境や安全性を考慮しながら選ぶ必要があります。

手動式

コンパクトで種類が豊富

価格も安く、コンパクトで扱いやすい手動式はどこでも出に入りやすいので人気。100均からインテリアショップの高級なものまで豊富なバリエーションの中から選択できます。素材も樹脂製やガラス製、陶器など質感の違う様々な素材が販売されているのでインテリアに合わせて選べるでしょう。

手動式のデメリットは、自分でプッシュして液体ソープを出すところ。小さなお子さんは、自力でプッシュすることが出来ず手助けが必要なこともあります。自動式と違って丸洗いが可能ですが、手のひらや指で触ることで雑菌が発生しやすく、定期的な洗浄が必要になります。

ソープディスペンサーの選び方

石鹸のタイプで選ぶ

小さなお子さんでも手が洗いやすい泡タイプ

石鹸があらかじめ泡になった状態で出てくる泡タイプはおすすめ。小さなお子さんなど、自分で泡を作り出して洗うことが出来ない場合も簡単に手洗いが可能です。お子さんに手を洗う習慣を付けさせるのにも泡タイプはおすすめ。手間がかからない分、手洗いがしやすくなりこまめに手洗いする習慣が身につくでしょう。

洗浄力の高さで選ぶなら液体タイプを

液体タイプは、泡タイプよりも洗剤濃度が高く手の雑菌をしっかり洗浄できます。魚や肉などを調理した後に、手を洗いたい時には洗浄能力の高い液体タイプが特に安心です。日ごろからしっかり手の汚れを落としたい、衛生面重視の人には洗浄濃度の高い液体タイプがおすすめです。

使われている素材で選ぶ

耐久性が高くスタイリッシュなデザインのステンレス製

シルバーの無機質なカラーとシャープなスタイルが特徴のステンレス製。スタイリッシュなデザインなので、モダンテイストの洗面所やモノトーンのインテリアにピッタリ。生活感を感じさせないシャープな空間が出来上がります。またステンレス製のソースディスペンサーは、手入れがしやすい防水タイプも豊富。水滴や泡がかかりやすいお風呂場やキッチンでも手入れがしやすくなっています。

タイル面にもよく馴染む陶器製

他の素材より重量があるので、陶磁器は置いたときに安定感があります。ホテルのようなスタイリッシュなソースディスペンサーからアンティークのようなエレガントな見た目まで多くの種類やカラーがあるのが特徴です。モノトーンカラーならクールな印象に、華やかなカラーやデザインならポップで明るい印象へと部屋のインテリアに合わせた選択が可能です。

透明なプラスチックやアクリル製なら残量が確認できる

軽くて落としても簡単に割れないプラスチックのソースディスペンサーもおすすめ。透明でいかにもプラスチックとわかる商品もありますが、一見ガラスと見間違うような質の高いプラスチック型ソースディスペンサーもあります。小さなお子さんがいるおうちや、割れないソースディスペンサーが欲しい人にはプラスチック製がおすすめです。

場所を取らない設置方法で選ぶ

重量のあるタイプは専用のベースをネジで壁面にしっかり固定

洗面台に物をゴチャゴチャ置いておくと生活感を感じやすくなる原因に。またディスペンサーの底が液だれでヌルヌルになることで不衛生な印象を与えることもあります。そんなイライラにおすすめなのが、壁に専用のベースを固定してセットするタイプ。その点、シンプルヒューマンのソースディスペンサーは優秀です。ベース部分はネジやシリコンで取り付けるので場所を選ばず設置でき、見た目にもとてもおしゃれになります。

マグネット式や吸盤タイプなら簡単に壁付けできる

磁石のくっつく壁に、ピタッと貼って使うことのできるマグネット式もおすすめ。壁面に浮かせて使うことが出来るので、水滴や液だれが溜まりにくく清潔に使用できます。マグネットの面が広ければ広いほどより強力で落ちにくくなるので事前にチェックしておきましょう。また吸盤式も場所を選ばず使用できるのでおすすめ。本体に触る必要のない自動式や、壁方向に押し込んでソープを出すタイプは壁から落ちにくいので吸盤式でも安心して使えます。

ソープディスペンサーのおすすめブランド・メーカー

ミューズ

長く日本の家庭に愛され続ける日本を代表する石鹸ブランド

1953年以降、大人も子どもも毎日使用できる安心の石鹸を長く販売しています。液体と泡タイプから選択できるほか、パッケージもブランド独自の赤いトレードマークが特徴のメーカーです。泡が自動で出てくる「ノータッチ泡ハンドソープ」は、ホワイトとピンクの可愛らしいデザイン。どんな環境でも柔軟に設置できるように、電池カバー部分が防水タイプになっています。水に強く、コンパクトで場所を取りません。

シンプルヒューマン

価格は高くても手に入れたい人続出の高品質ブランド

シンプルヒューマンのソースディスペンサーは、どれも価格が1万円以上。それでも愛用者が多く、1度使うと他のものでは満足できないという口コミも多い高品質を誇っています。特に「センサーポンプディスペンサー」は、手をかざす位置で洗剤の量を調節できるのに加え、完全防水で丸洗いが可能など使いやすい機能が充実しています。

山崎実業

大人気Towerシリーズでスタイリッシュな水回りが完成

ブラックとホワイトを基調にしたモノトーンアイテムや、トレンド感あふれるシャープな印象のデザインが多いTowerシリーズ。壁に磁石でくっつけて設置するソースディスペンサーは、ポンプ部分がプッシュしやすいように斜めになっているのが特徴。プッシュしやすく、使いやすいソースディスペンサーになっています。

Umbra

機能とデザイン性に優れたアイテムを揃えたいならこのブランド

1979年、カナダのトロントで生まれたブランドAmbra。毎日使うものこそ、デザインの美しいものを選びたいという顧客のニーズに応えたスタイリッシュなデザインが人気です。キッチンや洗面台に置いても、周りのインテリアを邪魔せずおしゃれに演出してくれます。

おすすめ&人気のソープディスペンサーランキング

自動でおすすめのソープディスペンサー

シンプルヒューマン-センサーポンプディスペンサー(10,260円)

水まわりでスタイリッシュに使える美しいセンサー付きリキッドポンプ

センサーと手の距離に合わせて、流れるソープの量を調節できる画期的なアイテム。液体石鹸や洗剤のつまりを防止するチューブポンプ付きなので、いつでも正確で一貫性のあるソープの吐出しを体感できます。液だれもせず、いつでも清潔に使えるのもポイント。

防水IP67により、充電プラグ部分もノズル部分も気にせず丸洗い可能。ボトル内外を洗浄できるのでいつでも清潔に使用可能です。また充電式ですが、1度の充電で最大3か月使用可能。面倒な充電が頻繁に必要なく、好きな場所に持ち込んで使えます。

Umbra-オットーセンサーポンプ(2,999円)

5色のカラーバリエーションと機能的なフォルムが魅力

シャープで曲線的なフォルムが特徴のソースディスペンサーはスリムなので場所を取りません。アボガドとレッドのポップなカラーもありますが、フォルムが特徴的なので、子どもっぽくならずおしゃれにインテリアに馴染むでしょう。

1回の吐出し量は約2mlとなっており、吐出し量の微調整をすることはできません。また液体洗剤への対応になっています。防水機能はありませんが、電池をセットする場所にはしっかりパッキンで保護済み。背も高い仕様になっていますので、水がかかりにくい仕様になっています。

TOKUTOKU-自動ソープディスペンサー(1,280円)

残量が一目でわかる透明のタンクで使いやすい

手を近づけると液体ソープが出てくる自動式のソースディスペンサー。吐出し量も1から5段階で細かく調節して放出できます。タンク部分は500mlとたっぷり投入できるうえ、見た目の残量も一目で確認しやすいのもポイント。

タンク注入口も注ぎ口が広く、詰め替えや洗浄も楽々可能です。単三電池4本の電池式なので、電池をセットしておけば、キッチンやトイレ、洗面所と場所を選ばずどこでも持ち運びが可能。どんなインテリアも邪魔しないホワイトとシルバーのスタイリッシュなデザインなのも魅力です。

サラヤ‐エレフォームポット(2,538円)

専用のハンドソープほか台所洗剤も使用可能

泡の吐出し量は2ml、3mlの2種類から選択が可能です。泡の吐出し量をお好みに合わせて変えられるのも便利で使いやすいですね。タンクの中身はハンドソープと食器用洗剤のどちらにも対応。手洗い用は2ml、食器洗いには3mlが適量と推奨されています。

食器洗剤液をセットすれば、食器洗浄中のスポンジへの洗剤のつぎ足しも簡単。食器を片手に持ちながら、片手で楽々洗剤をつぎ足せます。価格も2千円台と低価格なので、自動のソースディスペンサーを始めて買う人におすすめです。

手動でおすすめのソープディスペンサー

Tower-マグネット2WEYディスペンサー(5,508円)

マグネットで浴室壁にくっつけられるおしゃれな実用的ディスペンサー

背面には、一面に大きな強力マグネットを搭載しているので浴室の壁面にしっかり貼りついて剥がれません。マグネットの上下にはシリコンゴムが付いているので、ポンプを押したときもズレにくく使い心地も快適。横回転で回しながら動かすと簡単に外れます。

ボトルの蓋部分を開ければ、詰め替えパックをそのまま装着して使用することも可能。もちろん液体を注ぎ入れることも可能なので、状況に応じて2通りの詰め替え方から選べます。ブラックとホワイトの2色展開でスタイリッシュな浴室が完成するでしょう。

ART OF BLACK-ソープディスペンサーウッド柄(2,160円)

陶器と木目の組み合わせでぬくもりのある雰囲気に

陶器に木目のプリントがデザインされているので、陶器の上品さと木目のナチュラルを同時に味わえます。正方形、長方形、ラウンド型、オーバル型とそれぞれ遊び心のある凹凸のデザイン。パターンそれぞれに、見る角度によって様々な表情を楽しむことが出来ます。

1つ1つ木目調のデザインも違うので、個性豊かな木目の曲線に心奪われることでしょう。ホワイトが基調の北欧風インテリアにも、ブラックで生活感を感じさせないモダンなインテリアにも合わせやすい汎用性が魅力的です。

moz-ソープディスペンサー(2,700円)

ガラスのように清潔感が漂う有名ブランドのアクリルディスペンサー

リュックサックブランドでも有名な北欧スウェーデンを代表するインテリアメーカーのmozが清潔感と可愛さあふれるディスペンサーになりました。mozブランドのカモシカキャラクター「エルク」がデザインされており、スタイリッシュな中にも可愛らしさを感じるディスペンサーになっています。

直線的なデザインで水滴が溜まりにくく、底面には凹凸がないので汚れにくく洗いやすいつくりなのも嬉しい。中身の量が一目でわかるクリアボトルなのでストックの購入タイミングもすぐに確認できます。カラーもクリアとブラックの2種類で詰める洗剤に合わせて使い分けられます。

monocco-ソープディスペンサー(4,212円)

華やかなゴールドのディスペンサーは見るたびに気分が上がる

おしゃれでゴージャスな印象のソープディスペンサーは、1つ置いておくだけで周りが一気に華やぎます。煌びやかな色合いと、凹凸の施された美しいデザインは見ているだけで優美な印象にしてくれることでしょう。

ホワイトを基調にしたインテリアでは特に、ゴールドが一層美しく輝き上品で高級な雰囲気を演出。大人っぽくも上品で華やかな雰囲気が好きな人におすすめです。普段使いはもちろん、ゲスト用にもおすすめです。

泡タイプでおすすめのソープディスペンサー

ミューズ-ノータッチ泡ハンドソープ(1,460円)

幅広いばい菌から家族を守る安心ブランドがかっこよくリニューアル

ミューズのパッケージといえば、白地に赤のミューズのマークが鉄板でした。同じミューズの品質を場所を選ばず使えるよう、キッチンのデザインによく合うシルバータイプを発売。一回分1mlの仕様で約250回使用できます。

専用の詰め替えボトルを本体にはめ込んで使用するため、詰め替える際に手が汚れる心配もありません。使用中でもボトルを外して付け替えることも出来るので、その日の気分に合わせて香りを変えられるのもおすすめのポイントです。

Dretec-オートディスペンサー(2,808円)

安心ブランドながらお手頃価格なので汎用性が高くおすすめ

手洗いが楽しくなるふんわり泡が1.5ml毎回出てきます。たくさん泡立てる必要がない丁度いい量なので、経済的に使うことが出来るでしょう。本体の後ろ側には電源ボタンがあり、使用しない時には電源をオフにしておくことも可能です。

本体からタンク部分を外せば、直径130㎜の大型タンク口に。大きな詰め替え口で詰め替えがしやすいポイントです。ボトル部分は透明になっているので、残量を確認しやすいのも嬉しいですね。350mlのタンク残量がすぐにわかります。

サラヤ-ノータッチ式ディスペンサーELEFOAM2.0(2,400円)

グッドデザイン賞も受賞した近未来的なおしゃれなデザイン

他のセンサー付きソープディスペンサーとは一線を画す、スタイリッシュなデザインで見た目にも機能的にも高性能な製品です。ノズル先端には、LEDランプが付いており、使用中は緑で感知を知らせてくれます。電池残量が少なくなると赤色の点滅でお知らせ。

吐出部は、使いやすさに配慮してせり出したオーバーハングデザイン。泡が取り出しやすいうえ、手の平を差し出しても水滴や泡が本体に付着しにくくなっています。本体サイドには、確認窓付きで液体の残量が一目で確認しやすいのもポイントです。

壁付けでおすすめのソープディスペンサー

シンプルヒューマン-ディスペンサートリプル(19,800円)

押し加減でソープの量の調節が可能

特にシャンプー、コンディショナー、ボディソープなど浴室に使うものはサイズやカラーで見分けをつけることが大切。同じシリーズのディスペンサーに詰め替えて置くだけでも、浴室がスタイリッシュで統一感のある空間になります。

こちらの3連壁ディスペンサーは、壁に穴を空けずにシリコン接着剤で壁に取り付けることができるのもポイント。見た目もホテルのようなスタイリッシュな空間が完成し、バスルームを広く清潔に使うことが出来ます。

ZACK-ステンレスソースディスペンサー(13,824円)

スマートなデザインのソープディスペンサー

錆びに強いステンレス製で水回りでも安心して使用できます。艶感を感じるミラーボリッシュ仕上げなので、ホテルのようなシャープで美しいインテリアに仕上げたい人におすすめです。同シリーズでのマットタイプのステンレスもあり、お好みに応じて選択できます。

サイズは縦12.6cm、重さはたった423gとミニサイズなのも魅力。1人暮らしやミニマリストなど、小さいサイズのソープディスペンサーを探している人に特におすすめです。ポンプや金属製ノズルヘッドなどスペアパーツも別売りで販売しています。

Alife-ソープディスペンサー3個セット(4,980円)

吸盤タイプのソープボトルで壁にキズを付けずに設置が可能

本体正面のプッシュ部分を壁に向かって押すだけで、上部から液体ソープが出てきます。片手がふさがっていても、簡単に押せるので便利に使いこなせるでしょう。背面には大型吸盤を使っており、しっかり壁面に密着。吸盤と本体が一体型なので隙間がなく衛生的に使用が可能です。

製品には、本体のほかに中のソープを識別しやすいタグも付いています。文字入り付属タグをセットすれば、タンク内のソープの種類を見分けることが出来るので便利。単体売りよりもセットでの購入は1000円ほど安くなるので、家じゅうのソープディスペンサーを変えたい人にはおすすめですよ。

まとめ

設置場所や使う人に合わせたディスペンサータイプを選ぶ

ご家庭の用途に合わせたソープディスペンサーを選ぶ際には、使い手が使いやすい種類を選ぶこと。まだ自分で手を洗うのが難しいお子さんがいる場合は、出来上がった泡が吐き出される泡タイプもおすすめです。水回りの衛生に気を使う人や、水回りの生活感をなくしてシャープな印象にしたい人はオートセンサー付きディスペンサーを選びましょう。今回は、水回りのインテリアを格上げするおすすめのソープディスペンサーについておすすめのブランドを挙げながら解説しました。ぜひ皆さんも、素敵なソープディスペンサーを選んでくださいね。