2019おすすめのテンキー人気ランキング!【ワイヤレスも】

ノートパソコンやモバイルパソコンなど、デスクトップパソコンに比べてコンパクトにまとまっているパソコンはテンキー部分が付いていない場合も多いですよね。しかし、帳簿や会計処理などを行うに当たり、テンキーがないと数字の打ち込みがしにくくて不便に感じることはありませんか?そんな時は、オプションとしてテンキーを購入することをおすすめします。今回はそんなテンキーの種類や選び方、人気商品について詳しく解説していきます。普段は持ち運ぶモバイルパソコンなどを使用するけれど、数字の打ち込みなどをする機会が多い方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。




テンキーとは?

0から9までの数字が並んだキー群

パソコンのキーボードには、右側に電卓のように数字が配置されたキーがあるタイプがありますが、省スペース設計のタイプではこの部分がありません。この数字が配置された部分を、後付け用としてオプション販売しているものがテンキーです。テンキーは、数字の入力を素早く行えたり必要な時だけ接続して使える、などのメリットがあります。

テンキーの種類

パンタグラフ

軽いタッチで入力できる

キーを押すためのスプリングがパンタグラフ形のタイプです。軽いタッチで入力することができ、ノートパソコンのキーにも使用されています。平らなキーであること、軽く押しても確実に反応するスプリングが特徴です。また接点に均等に圧力がかかる構造で、キーの中心からずれても入力が可能な他、タイピング音も静かです。

パンタグラフは、もともとノートパソコン向けに作られたキーのタイプなので、ノートパソコンを使う人に向いています。ただキー同士の間隔が狭い点は、近くて打ちやすいという人と、近すぎて打ちにくい人とで個人差が分かれるところです。しかしキーの中心を打たなくても打ち損じをしにくいので、多少ずれても構わなければ、現在主流のタイプで使い勝手は良いですよ。

メンブレン

深めのキーで手ごたえがある

メンブレンは、キーが圧力パッドのように平坦なタイプです。デスクトップパソコンの多くはこのタイプです。キーを押下することにより、キーボード内の導体とその下にある回路とが電気的に接することで動作する点が特徴。パンタグラフのように、軽く押下しても認識されてしまうことによりタイプミスする恐れを気にする人向きです。

確実にキーを押すことで認識ができるメンブレン。しかし逆にとらえれば、他のタイプに比べ、しっかり押さないとキーを認識できず多く入力するには向かないというデメリットもあります。気軽にメンブレンを使いたいという人には、タッチが軽くなった薄型のメンブレンがおすすめです。

メカニカル

キーを押した時に打鍵音がする

メカニカルは、一つ一つのキーが独立した構造を持ったタイプ。多くのメカニカルタイプが、独特のキー音がして軽快にタイピングできます。またスイッチがボタンの戻ろうとする力を吸収してくれるため、長時間タイピング作業をする人に向いています。

このタイプは複数のキーを同時に入力することができるため、ゲーム用に使われることも多いです。メカニカルタイプのデメリットは、各々のキーが独立しているためコストがかかり、他のタイプと比べて高価な点。ただ、もしトラブルが起きても、問題が起きたスイッチだけを交換すれば良いので、長く使うことができます。

テンキーの選び方

接続方法で選ぶ

安定した動作で使うなら有線タイプ

有線タイプはUSBケーブルでパソコンにつないで使用するタイプなので、ケーブルが邪魔に感じるかもしれません。しかし、無線タイプに比べて動作が安定しており、オフィスなどでデスクトップパソコンのように据え置いて使用するならこのタイプがおすすめです。また、充電や電池交換の必要がなく、つなぎっ放しでずっと使用できる点も魅力ですよ。

持ち運ぶこともあるなら無線タイプ

無線タイプは、有線タイプのようにケーブルでつながなくても使用できます。そのため、持ち運びにも便利で外出先でも使える点が魅力です。デスクの省スペースも可能なので、頻繁にテンキーを使うことがなければ、検討してみても良いでしょう。ただ、有線タイプと比べて価格がやや高めで、また電池交換も必要になるため、その点も考慮に入れての選択となります。

キーピッチで選ぶ

快適に入力するなら19mmのタイプがおすすめ

キーの中心から隣のキーの中心までの間隔をキーピッチと呼びます。パソコンでは一般的に、キーピッチは間隔が広めの19mmのタイプが多いです。テンキーでもまた、この間隔のタイプを選べば、快適に入力できるでしょう。ただ、スペースは多めにとることになるので、デスクがスペース的に余裕がある場合でないと多少窮屈になるかもしれません。

スペースを取りたくなければ16mm以下のタイプを

モバイルノートパソコンのようにコンパクトさを追求するタイプでは、キーピッチは16mm以下になります。テンキーでも、省スペースにするならキーピッチが16mm以下のタイプをおすすめします。特にモバイルノートパソコンのように持ち運びする場合は、合わせて持ち運べる方が良いですよね。ただし場所を取らない代わりにキー同士の間隔が狭くなるので、タイピングのしやすさは19mmに比べるとやや落ちるかもしれません。

搭載機能で選ぶ

USBポートを消費したくないならUSBハブ付テンキー

テンキーをつなげると、当然ながらUSBポートを1つ使うことになります。有線だけでなく、無線タイプでもレシーバー用に必要となるのです。USBポートが多くないパソコンであるなど、なるべくUSBポートを使いたくないなら、USBハブ付きのテンキーが良いですよ。テンキー本体にUSBポートが付いているので、そこにマウスなどのUSB機器を接続することが可能です。機種によってはUSBポートが2つ付いており、テンキーをつないだ方がUSB機器を使用できる数が増えるものもあります。

非連動NumLock機能があると本体キーボートと連動してしまう不具合を回避できる

テンキーをUSB接続して数字を入力する場合、テンキーのNumLockをONにする必要があります。しかしほとんどのノートパソコンにおいて、テンキーのNumLockをONにすると、パソコン側のキーボードの一部が連動して数字キーとなってしまいます。そのため、テンキーを購入する際は、このような問題を解消した非連動NumLock機能が付いたタイプを選んだ方が良いでしょう。

Tabキーや00キーが搭載されたテンキーだと便利

Excelなどを使用して表計算する際、テンキーは便利です。しかしこれにさらに、セルの移動が楽なTabキーや、高額入力に便利な00キーがあるともっと便利になるでしょう。会計処理などで表計算ソフトを頻繁に使う場合、少しでも効率化するなら、キー入力する回数が減った方が良いですよね。また、さらに会計上の数字を入力するに当たって便利なコンマキーなども付いているタイプもあります。

テンキーのおすすめブランド・メーカー

エレコム

パソコンや周辺機器を中心に取り扱う

エレコムは、パソコン関連機器を中心にテレビやスマートフォンなどの周辺機器及び用品などを取り扱う会社です。テンキーの取り扱いは、最大で1,000万回の打鍵に耐えられるとても丈夫なキーやExcelなどをボタン一つで起動できるホットキー付きなど、種類は多彩。業界でのシェアも高いです。

バッファロー(BUFFALO)

パソコン周辺機器や電源機器などを取り扱う

バッファローは、USBメモリやハードディスクなどのパソコン関連機器の他、ACアダプターなどの電源機器なども取り扱います。テンキーでは、使い勝手の良い工夫された製品を多種製造。持ち運びに便利な薄型タイプや滑りにくい設計のタイプなどさまざまあります。

サンワサプライ

主にコンピュータサプライ商品の企画や製造を行う

サンワサプライは、デスクなどのオフィス家具やマウスなどのパソコン周辺機器を中心に製造する会社です。テンキーでもさまざまな製品を製造。印字が消えにくいキーや軽快に入力できる薄型のメンブレン式の他、USBハブ装備により他のUSB機器を接続できるタイプなど、多種あります。

ミヨシ

ケーブル機器やパソコン関連商品などを取り扱う

ミヨシは、LANケーブルやUSBケーブルなどのケーブル類やトラベルグッズなども取り扱う会社です。テンキーでは、その製造技術を生かし、独自のタイプを製造。独立型のパンタグラフキーやスライド式スイッチ、電卓の起動ボタンも付いているタイプなど、他とは異なる視点での製品を造り出します。

おすすめ&人気のテンキーランキング

有線でおすすめのテンキー

バッファロー-BSTKH08BK(1,130円)

独立キーでタイプミスを軽減

Excelのセル移動がしやすいTabキーを搭載しています。さらに高額入力に便利な00キーも搭載しており、表計算がやりやすくなっています。そして薄さ7mmでスペースを取らず、胸ポケットに入れて持ち運ぶこともできますよ。

独立キーを採用していることによりタイプミスを軽減できます。そのため、指が太い方や爪の長い女性にも使いやすい設計になっています。さらに、デスクトップ用のキーボードと同じ19mmのキーピッチを採用しており、間隔が広めで使いやすい設計になっていますよ。

YouShowShop-MLD-268(795円)

キーの角が丸く馴染みやすい

本製品のキーは角が丸くなっており、指に馴染みやすい設計になっています。そのためキー操作もスムーズで快適にできます。またバックスペースキーも付いているため、打ち間違えても、すぐに戻すこともできますよ。

薄型で軽量なタイプのため、モバイルパソコンなどと共に持ち運びたい方に向いています。使用するに当たっては、パソコンのUSBポートに接続するだけ。専用ドライバなどのインストール作業は不要で、すぐに使えますよ。

エレコム-TK-TCM011BK(603円)

ノートパソコンに最適

キーには入力作業に便利なTabキーや、数字の入力にも便利な00キーを搭載しています。これにより、表計算の入力にも便利な設計となっています。またNumLodkのオンとオフの状態がひと目で把握できるLEDランプを搭載しており、使い勝手も良くなっています。

最大で1,000万回の打鍵に耐えられるとても丈夫なキーです。そのため、表計算など、数字キーを多数回打鍵する必要がある方に向いています。またキーピッチはデスクトップパソコン並みに広めなので打鍵もしやすいですよ。

バッファロー-BSTK100WH(608円)

滑りにくい設計

パソコンのUSBポートに挿し込めばすぐに使用でき、ドライバーによるインストールは不要です。本体裏面のラバーフットを幅広くしており、滑りにくい設計になっています。これにより、安定したタイピングが可能ですよ。

セル移動が楽に出来るTabキー、そして金額入力に欠かせない00キーを搭載しています。そのため、計算作業をよく行う方に向いています。またキー同士の間隔もほどほどに空いており、使い勝手が良いですよ。

エレコム-TK-TCM015BK(2,541円)

ホットキー搭載

キーの間隔はノートパソコンよりやや広めで、打ち間違いは少なくなるでしょう。キータイプはメンブレンで深めのキーなので、押した時に手ごたえがあります。また2ポートのUSB2.0ハブが付いているので、マウスなどの接続にも便利ですよ。

Excelなどをボタン一つで起動できるホットキー付きです。そのため、Excelなどのホットキーに割り当てられたソフトをよく使用する方に向いています。ホットキーの他にも、バックスペースキーや加減キー、エンターキーなど便利なキーが合計27あり、使い勝手が良いですよ。

無線でおすすめのテンキー

ミヨシ-TEN24G01/BK(2,830円)

表計算ソフトに最適

キーにはノートパソコンなどで使われる独立型のパンタグラフキーを採用し、軽いタッチで入力することができます。そしてキーピッチ19mm比較的広めなので、タイプミスを軽減させることができます。その他、NumLockのONとOFFの状態を確認できるLEDランプや、背面に電源の状態が確認できるスライド式のスイッチがありますよ。

金額の入力に便利な00キーや,キーなどを搭載しています。そのため、経理業務などをよく行う方に向いています。またワンタッチで電卓を起動できるボタンも搭載し、加減乗除などの簡単な計算も楽に出来ますよ。

ペリックス-PERIPAD-602(1,699円)

見やすい大文字印刷

テンキーの他にTabキーや金額の入力によく使う00キーも搭載しています。無線のレシーバーは超小型なナノレシーバーで、収納も可能なため、テンキーとともに持ち運びも便利です。ONとOFFを切り替えられる電源スイッチも付いていますよ。

数字キーなどの表示が大きくて見やすく、キーピッチもデスクトップパソコンに使われる19mmの広めなサイズです。そのため、画面を見ながら横目でキーを入力したい方などに向いています。キーは確実に入力するメンブレン式のため、誤入力も防げますよ。

エレコム-TK-TDP019BK(3,270円)

スマートな薄型

本製品には電源スイッチが搭載されており、切り忘れによる電池の消耗を防ぎます。またレシーバーは超小型のため、薄型なテンキーとともに持ち運びも楽ですよ。そしてバックスペースキーも搭載しているため、入力ミスしてもすぐに戻せます。

セル移動が楽なTabキーや金額の入力に欠かせない00キーも搭載しています。そのため、表計算ソフトを頻繁に使用する方に向いています。ノートパソコンによく使われる、軽いタッチで入力できるパンタグラフ式のキーのため、素早い入力にも対応できますよ。

BOA PLANTS-MU10KEY(1,204円)

疲れにくい高感度キー

使用するにあたって、専用ドライバなどのインストール作業は不要で、パソコンのUSBポートに接続するだけですぐに使用できます。また持ち運びに便利な薄型設計で、レシーバーも超小型のため、一緒に持ち運んでもかさばらずに便利です。テンキーの裏面には滑り止めが2カ所付いており、快適に入力作業ができますよ。

本製品は人間工学に基づき設計されており、長時間の入力でも疲れにくい15°の角度になっています。そのため、入力作業を頻繁に行う方に向いています。そして高感度キーは、軽いタッチでも簡単に素早く入力でき、長時間の入力作業を助けてくれますよ。

ツナキー-e1130-12a(1,080円)

LEDディスプレイライト搭載

パソコンにつないですぐ使うことができ、また軽量で超薄型なため、持ち運びにも便利です。レシーバーも超小型なので、一緒に持ち運んでもかさばりません。また本体にはLEDディスプレイライトが搭載されており、電源の状態を確認できます。

テンキーは、疲れにくいよう絶妙な角度に設計されており、またキーは打鍵しやすいラウンド型のため、快適に使用できます。そのため、入力作業が多い方におすすめです。キーはお互い離れて独立したタイプのため、タイプミスもしにくいですよ。

USBハブ付きでおすすめのテンキー

エレコム-TK-TCM014BK(998円)

省スペースなコンパクトサイズ

コンパクトなサイズのため、机上で使用する際も省スペースでできます。キーピッチは16mmと、ノートパソコン向きの小さめサイズです。また本体には2ポートのUSB2.0ハブが付いているため、マウスやUSBメモリなどを接続できて便利ですよ。

表計算する際にあると便利なTabキーや00キーが搭載されており、集計などの計算業務を行う方に向いています。NumLockボタンも付いており、数字キーを使用する際は押してランプを点灯させます。数字キーを使用せずHomeやDeleteなどの機能キーを使う時は、もう一度押して消灯させることにより使い分けられますよ。

サンワサプライ-NT‐17UPKN(1,350円)

キーの印字が消えにくい

キーはレーザー印刷されており、印字が消えにくく、また文字も大きいので使い勝手が良いです。キーには数字入力に便利な00キーも搭載されており、経理担当などでよく計算を行う場合にも便利です。またNumLock表示用のLEDランプで、オンかオフの状態を確認できますよ。

キーピッチは、間隔がやや広めの19mmです。加えて、タイプミスを防ぐしっかりと確実に入力するメンブレン式のキーを採用しています。そのためデスクトップパソコン用に向いており、またタイプミスが気になる方におすすめですよ。

サンワサプライ-NT-16UH2BKN(2,040円)

角度変更スタンド付き

USB2.0ハブの付いたテンキーのため、マウスなどを接続して使えます。キーは、軽快に入力できる薄型のメンブレンタイプです。また、本体には角度を変更できるスタンドが付いており、タイピングしやすい角度にできますよ。

キーにはセルの移動に便利なTabキーや、金額入力の際にあると便利な00キーも搭載されています。そのため、Excelを使う方や主に金額入力を行う機会が多い方に向いています。またNumLock表示用のLEDランプで、オンかオフの状態を確認できますよ。

エレコム-TK-TCM012BK(1,462円)

1,000万回の高耐久

本体に2ポートのUSB2.0ハブを搭載しており、マウスなどのUSB機器を2台まで接続できて便利です。キーは大きいうえ、キーピッチが19mmと広めの間隔なので、タイプミスを軽減できます。またNumLockのオン/オフの状態がひと目でわかるLEDランプを装備していて分かりやすいですよ。

最大1,000万回のタイピングに耐えられるとても丈夫なキーを採用しています。加えて、Excelでの作業に便利なTabキーや数字の入力に便利な00キーも搭載しています。そのため、会計処理などを多くこなす方に向いていますよ。

まとめ

USBハブ付きでTabキーなど搭載したテンキーがおすすめ

テンキーで付いていた方が良い機能は、USBハブ付きでTabキーや00キー搭載のものです。テンキーはどうしてもUSBポートを1つ犠牲にしてしまうので、テンキー自体にUSB機器をつなげられるポートが付いていると便利です。またTabキーや00キーを搭載していれば、表計算などの作業も効率的にできますよ。今回は、テンキーについておすすめのランキングなどを紹介しながら詳しく解説してきました。ぜひあなたに合ったお気に入りのテンキーを見つけてみてくださいね。