2019おすすめの卓上型食洗機人気ランキング!【小型でコンパクト】

時間を取られる家事は、忙しい毎日を送る方にとって負担に感じることも多いものです。特に仕事で疲れて帰宅してからの時間帯は、料理や洗濯などしなければならない家事が続き、ゆっくり休む時間も中々取れない方も多いでしょう。食後くらいゆっくり過ごしたいと思っている方におすすめなのが食洗機です。食器と洗剤を入れるだけで自動で洗浄してくれとても便利。人数やスペースに合わせたサイズを選べて水道代も節約できます。今回はそんな食洗機から卓上型について、選び方や人気の商品を詳しく解説します。食後の洗い物から解放されたいと思っている方は是非この記事を参考にしてみて下さいね。

卓上型食洗機の特徴

手軽に設置できてリーズナブル

洗い物にかかる時間をゆとりに変えてくれる食洗機は、ビルトインタイプなら設置場所や工事日程の調整などが必要。部品代がかさむこともありますが、卓上型なら分岐水栓を取り付けるだけで設置に要する時間やコストを減らせます。原状復帰の必要がある賃貸でも設置可能で引越しや買い替えの時も便利で、タンク式なら置き場所の選択肢も広がります。

手洗いに比べて水道代を節約できる

食洗機で使う水圧は水道水で手洗いする時に比べてとても高く、少ない水量できれいに洗い上げることができます。水温も高いので汚れ落ちも良く、節水機能の高い機種では7分の1の水量に抑えることが可能。乾燥機能も使って食洗機で洗った場合と、ガスを使用してお湯での手洗いを比較したパナソニックの実験によると、電気代はかかるものの節水効果が高いとのデータが。2~3人家族の場合、手洗い29.1円に対し食洗機は21.5円となっています。

卓上型食洗機の選び方

容量で選ぶ

置き場所が限られる場合は24点まで入るコンパクトサイズ

卓上型食洗機はラインナップがシンプルで選びやすくなっています。ビルトインタイプに比べシンク周りの場所を取るので、スペースに余裕がない場合は扉を開けた場合の寸法なども考慮する必要があります。外寸は大き目でも、庫内は思ったより狭く感じるので使用環境をしっかりと確認しましょう。広いスペースが確保できない場合は一人暮らしや少人数向けのものがおすすめです。

洗い物が多い場合は40~45点入る大型サイズも

共働きで一日分の食器を夜まとめて洗いたい場合や、食器の他に調理器具なども入れたい場合は大き目のものを選ぶのがおすすめ。たっぷり入る5〜6人用でも、高さがあって奥行きは少人数タイプとの差が10cm以内の機種もあります。余裕のあるサイズが設置可能なら、食器を詰め込み過ぎることも減らせ、洗い残しが出ることも避けられますよ。

扉の開き方で選ぶ

上に物を置きたいなら前開き式

キッチンという限られたスペースで意外に場所を取る食洗機を選ぶ場合、使用状況をよく考えることも大切です。元々キッチンが広くなく、他の家電や収納や調理スペースなどで手狭になりがちな場合、食洗機の上を棚として使うこともできます。コンパクトサイズなら扉の寸法も圧迫感が少なく、上部がフリースペースになるので便利ですよ。

スペースに余裕があるなら前開き式上下2枚タイプ

卓上型食洗機で現在流通している製品の多くがパナソニック製です。シンプルで機能的なデザインが多く、ファミリーサイズの場合、開閉は扉が2枚になっている構造が使いやすくおすすめ。前面と上部に扉が開くので、扉前と扉上のスペースが確保できるか確認しましょう。カゴが上下2段になっているので食器も分類しやすく、取り出す際も楽です。

大きな食器や鍋を洗いたいなら上部スライド式

大きな食器や鍋などは間口が広くないと食洗機に入らず洗うことができません。下部の扉を引いて開け、上部は天板へスライドして収められる上部スライド式なら、最も広く前面が開きます。中央のロック解除ボタンを押すと、上下2枚が重なりながら自重で開く機構になっています。ボタン全体に力を均一に加えて開けるようにすると、使い続けても左右で差が出るのを防げますよ。

衛生面を重視して選ぶ

小さな子どもがいる家庭におすすめの除菌機能

食洗機に期待することは時短や家事の軽減などが主に挙げられますが、食器を入れる家電なので衛生面もとても気になるものです。暑い季節、うっかりスイッチを入れ忘れて放置したりすると異臭を放つこともあります。衛生的に洗う機能としては、約50度の洗剤液を噴射してしつこい汚れをはがし、除菌するバイオパワー除菌付きなどがおすすめ。

 

乾燥機能が付いていれば殺菌効果に加え拭く手間が省ける

食器洗いは、洗うだけでなく収納する前にふきんを使って水分を拭き取る作業が必要。一連の作業で30分程度の時間は取られるものです。乾燥機能付き洗濯機のように、スイッチ一つで拭き上げ工程まで行える機種ならとても便利。洗いに加え乾燥の時間もかかりますが、手洗いにはない熱風乾燥で食器を殺菌できます。また、乾燥コースのみの使用もでき便利。

省エネで選ぶ

「使用水量」を確認する

食洗機を導入するか迷っている人の多くが気になるのはコストです。手洗いより水を多く使うイメージを持っている人も多いもの。実は節水効果の高い食洗機ですが、中でも汚れの程度や種類、食器量室温を検知して自動で節水する機能の付いた機種なら省エネ効果も更にアップします。スペックには必ず標準使用水量が記載されているので、何リットルか確認するのにも役立ちます。

深夜電力を活用できるタイマー搭載がおすすめ

節水効果の高い食洗機ですが、手洗いでは使わない電気代がかかる点も気になるもの。総合的に判断して手洗いより食洗機の方が低コストであるというデータもあります。それでも光熱費で電気代が高くなるのは気になるという方におすすめなのが、深夜電力を利用すること。タイマー機能付きの機種なら数時間後に運転をスタートすることができ、寝ている間に低コストで洗ってくれます。

卓上型食洗機のおすすめブランド・メーカー

Panasonic(パナソニック)

小人数向けから大家族向けまで揃う豊富なラインナップ

大阪に拠点を置く世界的電機メーカー、パナソニック。卓上型の食洗機だけでも15種類以上あり、3人暮らしまでを想定したサイズから、5人分くらいのファミリーサイズまで豊富に揃っています。外観はホワイトを基調にしたシンプルデザイン、コンパクトなプチ食洗や除菌効果など機能性の高い食洗機が選べます。

AQUA(アクア)

衛生的に使え洗浄力も高い食洗機が特徴

中国のハイアール・グループ傘下の家電メーカー、アクア。使い心地にこだわった製品を製造・販売しています。暮らしをもっと心地よくをコンセプトにした食洗機は高圧水流での洗浄や、庫内を清潔に保つ機能性を備えており、衛生面が気になる人も安心です。

SK japan(エスケイジャパン)

コンパクトでシンプルな機能性の高い食洗機

福岡県筑紫野市に本社を置く生活家庭電化製品メーカー、エスケイジャパン。水切りカゴのように手軽に使える卓上型食洗機は、コンパクトサイズで使いやすい正方形タイプ。価格も4万円前後とリーズナブルなので、一人暮らしで食洗機を使ってみたい人におすすめです。

siroca(シロカ)

時間のゆとりと満足のいく使用感を実現

全自動コーヒーメーカーやノンフライオーブンで有名な、東京に本社のある気鋭のメーカー、シロカ。2WAYの食洗機は、従来の水道栓からの給水の他にタンクからの給水もできます。賃貸住まいで工事ができない場合や、購入してすぐ使用したい場合など利用環境によって使い分けられ便利です。

おすすめ&人気の卓上型食洗機ランキング

コンパクトでおすすめの卓上型食洗機

エスケイジャパン – コンパクト食洗機 jaime (ジェイム)SDW-J5L(43,780円)

工事不要で使用後の移動もできる

卓上型食洗機は幅や奥行きがあるので、キッチンスペースが狭いと場所を取られてしまうのがデメリット。従来はほとんどが水栓にホースを繋ぐタイプでした。しかし、業界初のタンク給水式で、着脱可能なタンクに6Lの水を入れるだけで手洗いより約17L節水可能。シンクから離れた場所に設置することができて便利です。幅41.2、奥行き37.8(扉を開けた時64)で高さ42.2cmとコンパクトな正方形。タンク式はスペースがあればキッチンカウンターに置くことも可能。給水が面倒な場合は泡沫蛇口用ニップルを蛇口に付けホースを繋いだり、2Lキャップ付のオイルジョッキで代用することもできますよ。

定格電源はAC100Vで50/60Hz対応、消費電力は950Wで運転音もやや大き目です。電源コードは約2m。食器12点と小物12点が入るので、茶碗や20cmの皿、コップと小物4人分程度の量を洗うことができます。フロントオープンで使いやすく、高温・高水圧洗浄機能でしっかり洗います。ソフトから強力まで選べ乾燥だけの使用も可能。排水ホースをシンクにテープで固定すると排水の安定性が増し安心です。ソフト洗浄以外のコースを選ぶと自動で乾燥までするので、不要な場合はスイッチオフするのがおすすめ。

パナソニック – 食器洗い機 「プチ食洗」 NP-TCB4-W(25,206円)

洗浄のみのお手軽な機種

食洗機には乾燥機能は必要ないという方におすすめのシンプル機能の機種。幅47、奥行30(開けた時59.8)で高さ46cmとコンパクトで、水切りカゴを置くスペースがあれば設置可能。消費電力は約560Wh、運転時間の目安は洗浄30分くらいで3回のすすぎ42分でトータル約1時間。洗浄ノズルは2つで左右のブーメラン式です。

運転音は約42dB/約44dB(50Hz/60Hz)と静音設計、電源コード長さは1.9m、庫内容積は24Lです。標準サイズの食器なら18点洗浄可能で、ドアは使いやすい前開き式。専用洗剤,、吸盤、 排水ホースと 給水ホース、 調整脚が付いています。標準使用水量は約9Lで、3人分くらいの食器が洗えるリーズナブルな食洗機を探している方におすすめです。

パナソニック – 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4(33,130円)

時短できる洗浄コース付き

できるだけ短い時間で洗い物を済ませたい時に便利な約29分のスピーディコースを搭載し、標準コースに比べ約35~40分の短縮が可能。幅47、奥行30(開けた時59.8)高さ46cmとコンパクトで、洗浄ノズルは2つで左右のブーメラン式。消費電力量は約600Wh、標準運転時間は約99分、乾燥だけなら60分です。

1.9mの電源コード、庫内容量は24Lで、「プチ食洗」 NP-TCB4-Wに乾燥機能が付いた機種です。スピーディコースはサラダやパンなど軽い食事を食べた後に適しています。運転音は約42dB/約44dB(50Hz/60Hz)で、標準サイズの食器なら18点洗浄可能な点も乾燥機能無しと同じになっています。

パナソニック – 食器洗い乾燥機 NPTR9T ブラウン(34,000円)

木目のインテリアにも馴染むおしゃれなカラー

奥行34.7で高さ56.4cmと薄型なので幅55cmのスペースを確保できれば設置可能。34.5/36.5db(50Hz/60Hz)の運転音はとても静かで深夜の使用も安心です。洗浄ノズルはトリプルブーメランノズル・ダブルアームノズル式。標準使用水量は約11L(標準コース) です。

ガンコな油汚れをすっきり洗浄パワフルコース、酵素の力を引き出し、汚れを分解するバイオパワー除菌できれいに洗えます。専用洗剤と吸盤・排水ホース・ホースバンドや給水ホース、調整脚が付属しています。食洗機には珍しいブラウンのパネルがインテリアにマッチ。

パレット – 水道工事がいらない食器洗浄乾燥機 PLDW174WH(42,000円)

手軽に使えてコスパの良い機種

水栓工事不要でコンパクトに設置でき、価格もリーズナブルな食洗機を探している方におすすめ。 幅37.8、奥行41.2で高42.2cmと幅が40cm以下で210cm幅の小さなシステムキッチンにも設置可能。6Lタンクに水を入れるだけで70度の高温で洗えます。

掃除機と比べると運転音は静かで気にならないレベル。55分、130分と160分コースと3つのコースがあり汚れに応じて選べます。標準サイズの食器4人分くらいまでの容量ですが、詰め込み過ぎは汚れが残りやすくなるので分けて洗うようにしましょう。

大型でおすすめの卓上型食洗機

パナソニック – 食器洗い乾燥機 NP-TA2-W(60,980円)

シンプル機能のスタンダードモデル

忙しい平日の一日分の食器が洗える、5人分約40点が入る食洗機。幅55、奥行34(開けた時56.5)で、高さ59.8cm、重さは19kgです。奥行きがコンパクトサイズと30cm台、上カゴと下カゴに食器40点をたっぷり収納できる50Lの庫内容積、大皿やフライパンも一度に洗うことができます。小物を入れたりお弁当箱を抑えられる「ちょこっとホルダー」も便利。

消費電力量は約770Wh、標準使用水量は約11Lです。パネルの左側高さの中央のボタンを押すとドアが前面に開きます。洗浄ノズルは4つ、上下に各1つで背面に1つ、小物入れ・まな板置き場・包丁置き場がある上下のカゴはナイロンコーティングワイヤーと樹脂。大きいサイズですが運転音は40~50dB、電源コードは約1.9m、アース線は約2mとなっています。

パナソニック – 食器洗い乾燥機 NP-TH2-N(66,000円)

高温除菌でしっかり洗い上げる

幅55、奥行34.4(開けた時56.5)で高さ59.8cmのスリムなサイズで庫内容積50L、1日分の食器を一度に洗うことができます。日本食品分析センターのデータで99%の除菌率、酵素活性化洗浄機能で衛生的。標準使用水量は約11Lと5人分なら約6分の1の水で洗え、最大消費電力は1165W/1185W(50/60Hz)、ガス・水道を使用して1日2回洗い物をした場合、汚れレベル3で比較すると約半分のコスト。

エコの秘密は汚れレベル2~ 4の時、給水温度と室温に働くセンサーでエコナビ運転ON/OFFになる自動節電機能。あらかじめ前処理したり洗剤を適量にする他、入れすぎや重ね置きを避けまとめ洗いをし、週に一回は残さいフィルターを掃除すると更に省エネになります。電源コードは約1.9m、アース線は約2mで運転音は約37dB/約39dB(50/60Hz)ととても静かなレベル。

パナソニック – 食器洗い乾燥機 NP-TZ100-S(78,420円)

高温とナノイーXで更に衛生的

パナソニック(株)プロダクト解析センターの実験データと日本食品分析センターの実験データで、庫内の高い消臭力や99%以上の除菌率の機種。「ナノイーX」送風運転は、ナノイー Xキーをタッチすると12時間ナノイー Xを送風する仕組みです。その際の電気代は1回あたり約1.0円とエコ。

酵素活性化洗浄機能、幅55、奥行き59.8で高さ34.4cmのスリム型で、食器40点・小物20点と5人分の収納力があります。噴水のように循環させて洗浄し、手洗いの約6分の1/約11Lの水量で洗うことが可能。ガスや水道での手洗いと比較して約半分のコスト、エコナビ機能で更に省エネ。運転音も約36dBと静音、洗った食器を衛生的に収納することができます。

パナソニック – 食器洗い乾燥機 NP-TA3-W(66,799円)

リバーシブルエリアで鍋も入れやすい

特徴は新開発のリバーシブルエリア。右上カゴを反転させ、フルフラット仕様にすることで高さ12cmまでの鍋が入れやすくなりました。TA2と比較して幅55、奥行34.4で高さ59.8cmのスリム型は変わらず、付属のプレートホルダー使用で今までは入らなかった約34cmの長皿も5枚(上段に4枚、下段に1枚)セットできます。

洗剤を素早く溶かし洗剤中の酵素を活性化、食器に直接噴射する酵素活性化洗浄機能。3段階の汚れレベルから選べる洗浄機能、TA2の「ちょこっとホルダー」もあります。40点洗える50Lの庫内容積・電源コードやホースの長さなども同じです。最大消費電力は1165W/1185W(50/60Hz)で、運転音は38dB/40dB(50/60Hz)と静かです。

東芝 – 食器洗い乾燥機 DWS-600D(24,800円)

業界最多の庫内レイアウト

食洗機を使う時に頭を悩ませるのが、どう並べたら沢山入り、かつきれいに洗浄できるかということ。大きさの割に食器があまり入らなければ無駄にスペースを取ることになります。入れやすい東芝独自の3つの自在棚が特徴で、ピンの間隔が選べる「クルピタピン」、ピンが折りたためる「折りたたみピン」と組み合わせれば84通りものレイアウトが可能になり6人分52点収納できます。例えば、スライドピンを奥にスライドすれば中鉢が入り、手前ならグラスが並べられ、棚の高さを変えれば直径19cm以内のラーメンの丼も楽に入ります。

除菌スチーム洗浄機能で汚れや菌を一気に浮かし、高濃度洗剤液で溶かして、全面ワイドノズル&ターボツインノズルから噴射される強力な水流で洗い飛ばす仕組み。洗浄コースは「標準」「低音」「1~3人用」の3つで、運転音は約36dB、「おやすみ」モードなら35dBという静音設計。コストを考えて中古の購入を検討している方におすすめです。

乾燥機能付きでおすすめの卓上型食洗機

パナソニック – 食器洗い乾燥機NP-TCR4-W 「プチ食洗」(40,537円)

高い機能性とコンパクトなサイズが便利

幅47、奥行き30で高さが46cmとコンパクトで水切りカゴを置く場所があれば設置可能。約3人分18点、小物12点が洗え、プラスチックなどに適した低温ソフトや、スピーディコースなど洗うものに合わせて選べるほか、酵素パワーで除菌するバイオパワー除菌機能もあります。

庫内容積は24 L、標準総使用水量は9 Lで手洗いと比べ約4分の1の水で洗えます。エコナビ機能で水温・室温が高いときは最大約7%節電可能。最大消費電力は665 Wで運転音は41dBと静音設計、前開きドアを採用してドアを開けても高さが変わらないので、低い吊り棚の下にも置けます。

siroca (シロカ) – 食器洗い乾燥機 SS-M151 (54,769円)

工事不要でお急ぎコースなら最短39分で洗い上がる

給水2WAY対応なので分岐水栓でもタンク式でも使えるのが特徴。すぐ使いたい場合タンクを利用して、後で水道と繋いだりとフレキシブルに使えます。幅42、奥行43.5(開けた時75)で高さ43.5cmとコンパクト。5Lの給水で3人分16点の食器が洗えます。電源コードとアース線の長さは2m、背面は6cmスペースを開けて設置する必要があります。

タンク式で使う場合は水道からホースで給水もでき手間を省くこともでき、シンクでなくてもバケツに排水することも可能なので離れた場所にも設置可能。洗濯機が近い場合、洗濯機用の分岐水栓を使うこともできます。標準・念入り・ソフトとおいそぎのコースがあります。シロカ独自の360°キレイウォッシュ、好きな時間に自動洗浄できるタイマーも便利。

アクア – 食器洗い乾燥機 ADW-GM1(69,800円)

中が見えるガラストップで安心

幅48.5×奥行き39で高さ47.5cmの水切りカゴサイズ、フロント部分は曲線状になっていて圧迫感を感じません。使用水量は約9L、標準24点の食器が洗えます。最大消費電力は615W、洗浄は回転ノズル噴射式と固定ノズル噴射式で、標準・おいそぎ・念入りと低温の4つの洗浄コースがあります。

最終すすぎの温度が約72℃になる高温すすぎモード搭載、脂汚れがしっかり落とせる上除菌できるので衛生的。おそうじモードもあります。汚れがつきにくいステンレスの庫内やクワトロシャワー洗浄で庫内を清潔に保てます。2時間か4時間後に運転を開始する予約コース機能を使えば、深夜電力が活用可能。 

パナソニック – 食器洗い乾燥機 NP-TZ200-W(92,929円)

ナノイー X送風とリバーシブルエリアが特徴

幅55、奥行き59.8(開けた時56.5)で高さ34.4cm、最大消費電力は1165 Wで庫内容積は50L。まとめ洗いに便利なナノイーX洗浄は、ナノイー Xを含んだ風を送り庫内の臭いを抑制・除菌する機能で、運転中食器の出し入れもできます。カレー鍋・グリル・ボウルなどの頑固な汚れを素早く分解する「酵素活性化洗浄」できれいに洗い上げます。

運転コースは5段階に分けた汚れレベル、ナノイーX・低温ソフト・お手入れや高温除菌の洗浄と乾燥だけも可能。5人分40点が洗え、リバーシブルエリア装備で反転させるとフルフラットになり高さ12cmまでの鍋も入れられます。運転音も36dBと静音設計、選択した運転内容を4時間後にスタートできるタイマー機能、自動ドアオープンなど便利な機能が付いています。

卓上型食洗機の上手な使い方

予備洗いをする

家事の手間が減って便利な食洗機ですが、より効率的に使いこなせるようにするにはポイントがあります。使い慣れないうちに最も気になるのは洗い残し。しつこい油汚れやこびりついた食材汚れを落としきれないのが原因です。食洗機の能力を引き出しきれいに洗い上げるには予洗いが効果的。予洗いコースが付いていれば汚れ具合によって使用するといいでしょう。

食器の入れる向きを工夫する

きれいに洗い上げる為には食器の並べ方も大切。日常で使う食器の形は家族が少なくてもさまざま。覚えておきたいのは、食洗機のお湯が出て来る場所が底面にあることです。どこからお湯が噴射されるか確認すれば、食器をどのように入れたら効率的かが分かりますよね。例えば平たい皿なら使った面が斜め下を向くように、コップなら内側が下を向くように、そして重なりでデッドスペースを作らないように入れ過ぎにも注意が必要。また、必ず食洗機専用洗剤を使用するようにしましょう。普通の台所用洗剤は泡立ちが良すぎたり、故障の原因になってしまいます。

使用後のメンテナンスを習慣にする

家電のメンテナンスは面倒に感じるものですが、食洗機の場合は残さいフィルターに残った食べかすなどは毎日取り除くことが必要。面倒だからと掃除せずに使っているとニオイが発生したり、水詰まりの原因になってしまいます。回転ノズルは月に1回程度でいいので、取り外して口の部分を洗うようにすると水圧が弱くなって洗浄能力の低下を防げるのでおすすめ。また庫内が白っぽくなっている場合水垢が原因の場合もあるので、クエン酸を洗剤を入れる所から入れて運転するときれいになります。使い続けるうちにニオイが気になってくる場合もありますが、食器を入れないで洗浄することでリフレッシュできますよ。

まとめ

用途に合ったサイズや機能の卓上型食洗機を使いこなそう

卓上型食洗機を購入する上でこだわりたい一番のポイントは用途に合った容量であること。毎日使っている食器を無駄なく入れられるということは、時間を取られる食器洗いを食洗機に任せられ精神的なゆとりも生まれます。さらに除菌効果のあるものなら食器を清潔に保つことができ、食中毒予防など手洗いに比べ衛生面でもとても安心。今回は卓上型食洗機について、人気のブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんもぴったりの卓上型食洗機を見つけて下さいね。