2020おすすめのサイコン人気ランキング!【GPS機能も】

ロードレース視聴の一般化や、人気漫画、アニメの影響もあり、自転車は健康的かつ知的なスポーツとしても知られています。通勤通学だけでなく、趣味やフィットネス、トレーニングに自転車を用いることは、国内でも常識的になりました。実力を高めて、もっと速く走りたい。効率よく体を鍛えたい。色々な場所に自転車で行きたいなど、明確な目標を持って自転車に乗る方もいるでしょう。そんな思いをバックアップするアイテムが、実は自転車の周辺機器にあます。サイコンは、サイクリストを強力にサポートする便利な道具です。今回は全てのライダーにおすすめの相棒、サイコンを掘り下げます。是非とも選び方の参考にして下さい。

サイコンとは?

自転車に取り付ける速度計

サイクルコンピューターの略称がサイコンです。サイコンには様々な測定機能が付いています。センサーを介してデータを測定することで、走行時に情報を得ているのが特徴です。サイクリストが必要とする情報を、リアルタイムで表示できます。スピードや時間のデータ収集は、サイコンにとってスタンダードな機能です。グレードが上がるに連れて、測定できる情報は格段に増えます。自転車やライダーの現状データはもちろん、過去の走行データを閲覧できるサイコンも一般的です。

テクニックステージに合わせて様々な機能を選べる

サイコンは上級サイクリスト向け、というイメージがあります。そういう意味では初心者サイクリストが、手を出しにくいデジタル機器の1つかもしれません。しかし、初心者にこそライディングデータは必要です。自分のペースを作って実力を上げるとき、視覚的なデータは非常に役立ちます。中級者や上級者になると、身体管理の他にも実力を上げるための様々なデータが必要です。また、データの取捨選択もできるようにもなり、サイクリストのテクニックやトレーニング方法に合ったサイコンが必要になります。

サイコンの種類

スタンダード型

距離とスピードを計測し時間を測る基本モデル

サイコンの基本機能は、時間と距離、スピードの測定にあります。これら基本測定のみを行えるのが、スタンダード型サイコンです。センサーの後付けなどができないため、搭載されている機能のみでデータを得ます。情報量は他の種類より少ないですが、扱い方は非常に簡単です。また、機能が厳選されている分、圧倒的にコストパフォーマンスは良くなります。

初めてサイコンに触れる場合や初心者のサイクリストは、リアルな走行データを目にする機会が少ないでしょう。多くのデータを利用しきれず、身体状況を汲み取れないかもしれません。そのため、スピードや時間、距離データの蓄積から、トレーニングをスタートするのも良い方法でしょう。こういった場合、使い方がシンプルなスタンダード型がおすすめです。また、経験やライドスタイルからデータを取捨選択できるサイクリストは、最低限の出費で必要なデータのみを得られます。使いどころによってスタンダード型は、全てのテクニックステージに有効です。

拡張型

複数のセンサーで機能を拡張できる

スタンダードな測定機能にプラスして、得られるデータをどんどん増やせるのが拡張型のサイコンです。サイコンには色々なセンサーに対応したモデルがあります。ANT+対応やBluetooth対応と表記されており、付属センサーや後付けセンサーで、機能を拡張するのが特徴です。通常、センサーは別途で用意しますが、セットで販売されていることもあります。

センターを拡張すると、一気に取得できる情報が増えます。ペダルの回転数や瞬間的なパワー、体の状態をデータで見ることも可能です。得られる情報はスタンダード型よりも遥かに大きく、サイコンに連動した周辺機器も複数を利用できます。また、データ保管のために、アプリやWEBサイトと連動する拡張型は少なくありません。リアルタイムなデータはトレーニングなどに役立ち、体に合わせたプラン変更もできます。レベルアップを図りたい初心者サイクリストや、フィットネスなどにも有効な種類でしょう。

拡張解析型

スマホやPCを使い様々なデータを掘り起こせる

拡張解析型のサイコンは、拡張したセンターでパフォーマンス解析などができる種類です。また、データをアウトプットする機能も、拡張型より幅広くなっています。アウトプットの方法には色々あり、PCやアプリとの連動ほか、有名なWEBサイトにデータを上げることも可能です。走行後にライディングデータを確認することで、トレーニング効果や実力を自己分析できます。また、SNSなどでチームとデータを共有し、互いに分析していくことも可能です。

拡張解析型は拡張型で測れるデータのほかに、気象やコース、勾配のデータを確認できる機種もあります。コースプロファイルも含めて、走行中と走行後にライディングデータを分析できるのが特徴です。また、カメラが付属するモデルもあり、映像込みでデータを確認できます。多彩なデータを元にしたグラフ化などもサイコン側で行っており、分析派の本格派サイクリストにはおすすめでしょう。他スポーツのトレーニングに自転車を使用する場合も、拡張解析型はおすすめです。

サイコンの選び方

対応センサーの違いで選ぶ

心拍センサーはフィットネスに有効

心拍センサーを利用できるサイコンがあると、運動の効果や強さを目で確認できます。有酸素運動のペース配分を行えるので、やり過ぎに注意したいフィットネスシーンなどに最適なセンサーです。また、サイクリストはマラソンのようなペース配分を、しばしば走りに求められます。心拍センサーを使えば一定のスピードで長い時間、自転車を走らせることが可能です。有酸素運動にも有効ですが、これらの特徴は長距離を走るツーリングにも向いています。

パワーセンターは実力を上げるトレーニングに

自転車に乗る目的がトレーニングなら、パワーセンサー対応が便利です。パワーセンサーはペダルやクランク、リアハブなどに取り付け、W(ワット)で自転車の推進力(セルパワー)を表示します。現状の推進力を客観的に確認できると、ある程度の実力が把握できて便利です。トレーニングしてワットを大きくすることで、筋力アップを図れます。明確な数字があればトレーニング目標ができて、自転車を使うモチベーションも保てるでしょう。他競技のトレーニングでもリアルな数字があると、効果分析やプラン立案に役立ちます。

ゲイデンスセンターはギア管理や他との併用に

サイコンのゲイデンスセンターは、ペダルの回転数を測定できます。例えばゲイデンス80なら、「1分に80回ペダルを回した」ということです。このセンサーを取り入れると、様々な地形と天候で、自分が走りやすい回転数を知ることができます。ゲイデンスは自分に合ったペース配分の他にも、ギアチェンジタイミングの指標になる数字です。コーナリングなどの技術向上には欠かせないセンサーでしょう。変速機能がある場合は取り入れたいところです。また、他センサーと併用することで、筋力面の分析にも役立ちます。

付属する機能で選ぶ

GPS機能はサイコンの汎用性を大いに高める

GPSは無駄な付属品を削ぐのに役立つ機能です。GPSを持つサイコンは、衛星などから常に自分の位置を読み取っています。スピードと距離の測定に位置情報を使うため、センサーが必要ありません。2つのセンサーが省ける分だけ身軽で、他センサーとの混線も防止できます。また、マップが利用できるのもメリットです。メーカーによっては詳細な地図のフィードバックがあり、傾斜度なども表示できます。仲間との距離を測るタイプも便利で、GPSはツーリングや街乗りにも有効な機能です。GPS機能があると、サイコンの汎用性は大いに広がります。

防水機能があると天候が変化しても安心

サイコンのブラケットは基本的に、取り外しが簡単です。雨に見舞われた場合は、ビニールなどに本体を保管しておけば壊れません。一方、取り外せばデータを見ることができないし、記録も残らないことがあります。また、自転車は走行中に飲食ができるスポーツであり、雨以外にも濡れるケースは考えられるでしょう。IPXかIP適合品は雨に強く、防水対策として非常におすすめです。IPなら防塵と防沫ができる54以上。IPXなら防沫形の4以上を選ぶといいでしょう。

バックライト付きは夜間も使える

デジタル表示のサイコンは、シンプルで数字が解りやすく、データの把握に便利です。反面、夜間は見づらいという弱点があります。そのため、バックライトがあると便利です。データを確認しやすくなり、夜間でもサイコンを使って走行できます。ミドルモデル以上のハイスペックなサイコンは、ほとんどがバックライト搭載です。一方でローコスト帯には、搭載されていないサイコンもあります。デジタル表示のスタンダード型を選ぶ場合は、特に気を付けるといいでしょう。

取り付け方で選ぶ

有線は接続が速くセンサー設置の距離に融通が利く

有線式は本体とセンサーをコードで繋ぐ方式です。受信範囲を気にする必要がなく、センサーのマウント位置に少し自由度があります。また、通信速度が速くなるのもメリットでしょう。一方でコードの整理などが大変です。コードが増えれば、バイクの見た目やハンドル回りも整理しにくいでしょう。加えて有線を採用したサイコンは数が少なく、限定された中から選ぶことになります。

無線式は主流で自転車のデザインを壊さない

無線式のサイコンとセンサーには、一定の受信距離があります。範囲指定があるサイコンもあり、センサーの設置場所はメーカーや機種の指定に従うのが通例です。また、複数のセンサーを同時に使うと混線する場合があります。一方で配線の必要はなく、自転車のデザインを壊しません。それどこかスタイルアップさえ可能でしょう。加えてサイコンの主流方式でもあり、選択肢は有線式より遥かに豊富です。

サイコンのおすすめブランド・メーカー

GARMIN(ガーミン)

プロレーサーをもバックアップする優秀なスペックが魅力

ガーミンはそもそも、軍事システムや航空電子機器に精通したメーカーです。優れたスペックを持つサイコンは、トップカテゴリーのプロレーサーをレースでバックアップしています。レースなどへの提供から得た多くデータがあり、GPSのフィードバックも非常に豊富です。

CATEYE(キャットアイ)

ステージに応じて選べるラインナップが魅力

キャットアイは大阪に本社を置くメーカーです。サイコン市場は国外メーカーが目立ち、国産の安心感を得られるのはメリットでしょう。また、キャットアイのサイコンは、ラインナップが非常に豊富です。価格帯も様々で、スタンダード型から拡張解析型まで、サイクリストのステージに応じて機種を選べます。

Bryton(ブライトン)

高いパフォーマンスはツアーチームも評価している

UCIのワールドツアーチームや、下位カテゴリーのチームにも機材を提供しているメーカーです。サイコンの高いパフォーマンスはツアーチームも評価するところで、見やすいだけでなく、優れた互換性とシステムを持っています。また、価格帯に定評があるのも特徴でしょう。ワンランク上の機能をローコストで体感できます。

Xplova(エクスプローバ)

連動性に注力しデータ解析に長けている

エクスプローバのサイコンは連動性が魅力です。スマートフォンとのペアリングや衛星リンクが秀逸で、使用するサイクリストは精度の高いデータを得られます。また、カメラが付属するサイコンもあり、WEBとの連動性も見事です。動画などに走行中のデータを載せ、動画サイトなどに投稿できます。

おすすめ&人気のサイコンランキング

スタンダード型でおすすめのサイコン

キャットアイ-CC-VL820 VELO9 (2,498円)

シンプルな計測のみに徹した入門用サイコン

スタンダード型サイコンの中でも、かなりシンプルなデジタル画面を持ちます。キャットアイが入門用と定めているように、操作と取り付けも至って簡単です。ナイロン帯でステムやハンドルバーに固定して、計測はオートスタートするようになっています。なお、キャットアイのライト用ブラケットとも互換性があります。持っている場合は、日中にライトと乗せ換えるのもいいでしょう。

計測機能に関しても、初心者に分かりやすい項目を選んでいます。基本的な測定に加えて、消費カロリーとCO2削減量の表示が可能です。また、ペースアローを搭載することにより、アバウトではありますがペース管理も行えます。非常に軽い28gでローコストになるため、余計な計測機能が要らないサイクリストにもおすすめでしょう。なお、ローモデルにつきバックライトはありません。夜間限定で自転車に乗る場合は注意して下さい。

キャットアイ-CC-RS100W QUICK (4,785円)

シンプルな機能で非常に使いやすい

センサー式を採用した、非常にコンパクトなサイコンです。フォルムデザイン、機能は共にスマートで、日中に見やすい反転液晶を採用しています。ブラケットとは分離しますが、見た目は一体化する設計です。これらの優れたデザインが高く評価されており、iFデザインアワード、GOOD DESIGN賞を受賞しています。

本体とセンターの距離に指定があるサイコンで、受信範囲は20㎝から70㎝になっています。計測機能はスタンダードな速度と時間のみの構成です。また、ペースアローがあり、現状のスピードと平均速度を比べられます。シンプルで操作性は初心者向けと言えますが、かなり限定された測定機能です。加えてデザイン重視ということもあり、自分に必要な機能を絞れる、中級者以上向けとも言えるでしょう。

ブライトン-ライダー15E (8,800円)

拡張性はないがデータの閲覧はできる

スタンダード型としては非常に多機能で、GPSを搭載したサイコンです。ANT+に対応しておらず拡張性は低いですが、センサーの取り付けも一切不要です。一方でBluetoothセンサーに関しては、スピード、ゲイデンス、心拍計に対応しています。拡張を狙う場合はBluetoothセンサーを別途で用意するといいでしょう。

ブライトンの特徴である大きな液晶ディスプレイを搭載しており、各種情報やマップが非常に見やすくなっています。入門用モデルでありながら、機能のラインナップはかなり豪華です。Bluetoothによるスマートフォンとのペアリングが可能で、気圧計測まで行えます。また、STRAVAと自動同期しており、WEBを使った自己解析が可能です。最初で最後の1台になる可能性を秘めた、どのステージにもおすすめのサイコンです。

ビゴ-高機能サイクルコンピューター (2,250円)

スタンダード型の中でも豊富な計測機能がある

無線式のサイコンで、計測に使えるセンサーは付属センサーのみです。スキャン機能を搭載しているタイプで、センサーとのペアリングは簡単に行えるでしょう。基礎的な計測に加えて燃焼カロリーも計測しています。

時間に対して充実した機能があり、ストップウォッチとカウントダウンを使えます。また、チェーンなどのメンテナンス時期を知らせる機能があり、スタンダード型の中でも総合力は高いと言えるでしょう。バックライトと生活防水も備えており、フィットネス目的で自転車に乗るならおすすめです。

拡張型でおすすめのサイコン

ガーミン-Edge25J (17,556円)

拡張を行えば解析作業も十分にこなせる

腕時計サイズのサイコンです。縦4㎝で横4.2㎝、高さ1.7㎝とコンパクトで、重さは25gしかありません。どこにマウントしても邪魔にならい魅力があります。小型とは言え、機能面は充実の内容です。グロナス対応のGPSに加えて、ANT+アクセサリーにも対応。後付けでパワー以外のセンサーが使えて、スマートフォンとの連携も可能にしています。

無償データ管理サービスを使えるサイコンで、データはガーミンコネクトで管理できます。拡張さえすれば解析作業も十分に可能です。一方でセンサー類は別売りになっており、Edge25J単体で考えると、解析用のデータとしては弱いでしょう。センサーを取捨選択できる中級者の方なら、コストを抑えながら全ての乗り方に対応できます。IPX7で雨に強く、自転車の種類や天候に対しても汎用的です。

ブライトン-Rider310 (12,980円)

仲間とのトレーニングに最適なバランスモデル

人気シリーズであるRiderの、ミドルクラスに位置するモデルです。ハイエンドモデルであるRider530のようにナビ機能はありませんが、計測機能だけで言うと見劣りはしません。BluetoothとANT+対応で、センサーは豊富な中から選べます。トレーニングやフィットネスに限定すれば、むしろ上位モデルより便利です。

GPSが非常に優秀で、みちびきとグロナスに対応しています。峠などを使ったトレーニングでも、問題なくデータを表示できるでしょう。パワーセンサーに対応していることも、本格的なトレーニングに向いています。なお、IPX7かつ、ライダーシリーズでは最長の36時間運転ができます。ペース管理なども簡単なため、ロングツーリングにも使いやすいサイコンです。

iGPスポーツ-GPSサイコン (15,480円)

目的に合わせたモードを柔軟に選べる

iGPスポーツは、UCIプロコンチネンタルチームのスポンサーを務めるメーカーです。東欧のプロレーサーが実戦でセンサーを使用するなど、ヨーロッパでの評価を経て日本に上陸しました。データ蓄積に長けたサイコンで、走行後にスコア算出ができる機能やラダーチャート機能は注目です。

カラー画面搭載のサイコンで、グロナスに対応した高感度のGPSを内蔵しています。ANT+のセンサーに対応しており、各種が利用可能です。また、データはSTRAVAへのアップロードや、クラウドシステムの利用で管理できます。サイクリストのステージが上がれば、トレーニング効果などを解析することも可能でしょう。コストパフォーマンスと総合力の高さから、初めて買うサイコンとしてもおすすめです。

ポラール-V650 OH1セット (26,950円)

ヘルスケアに強いサイコンで心拍センサーが秀逸

ポラールはワイヤレス心拍数モニターの生みの親で、トレーニング用コンピュータの開発を手掛けるメーカーです。このサイコンにはもちろん、ポラールの心拍センサーが付属しており、Bluetoothパワーセンサーでも機能を拡張できます。

GPS内蔵で詳細な地形データや気圧が解り、バックライト搭載でIPX7適合になります。サイコンとしての性能は、拡張解析型に勝るとも劣らない優秀さです。一方で対応センサーが少なく、STRAVAのようなメジャーサイトとの関連性も薄くなっています。データ解析用よりも、リアルタイムなデータ取得が得意と言えるでしょう。トレーニング中、フィットネス中での運用がおすすめでしょう。

拡張解析型でおすすめのサイコン

ガーミン-Edge830セット (59,129円)

データのフィードバックが豊富でシステムは最強クラス

フルスペックナビゲーションを行えるサイコンです。4つの衛星から位置情報を取得できるGPSを搭載し、ありきたりなカーナビよりもワンランク上の性能と言えます。フルカラーディスプレイにしてはバッテリー持ちがよく、最大20時間の運用が可能です。

ツーリングへの適用はもちろんですが、トレーニング用のパフォーマンス解析機能がハイレベルです。付属センサーにパワーセンサーはありませんが、ワットや酸素負荷などはグラフで閲覧できます。過去から現在のパワーグラフを、すぐに確認できるのもメリットです。勾配や環境に関してもデータ化に成功しており、その場でも走行後でも的確な分析作業が行えるでしょう。

エクスプローバ-X5-EVO (54,780円)

カメラ付きで動画と走行データがリンクする

X5-EVO最大の特徴は、小型カメラを搭載しているところです。自動録画することができて、走行中のリアルな動画を残すことができます。サイトなどに動画をアップする場合は、非常におすすめでしょう。また、サイコンとしては珍しく、タイムラプス録画のドライブレコーダーを兼ねています。そのため、事故対策としても非常に心強いサイコンです。

マップ分析を画面上で行えるのも特徴でしょう。ターンや登り、休憩地点などを確認できます。また、マップをカスタムして、ツーリングルートを作成することも可能です。それら機能に加えて、動画に走行中の測定データとグラフを載せることもできます。後から走行を振り返る際も、走行中に近い形でデータを確認できるでしょう。

パイオニア-SGX-CA600 (40,480円)

チームメートや端末との連携を重視したサイコン

BluetoothとANT+に、Wi-Fi機能が付いたGPSサイコンです。QVGAの画面を利用して、サイコンから15種類のグラフを確認できます。クライムをサポートする勾配グラフ、ペダリング効果のメーター、パワーグラフなどは、ツーリングにもトレーニングにも役立つでしょう。

センサー類はもちろんですが、同機種とのペアリング効果も非常に秀逸です。2つあると相互にデータを交換できて、双方がリアルタイムなデータを共有できます。トレーニングパートナーと、常に効果的な走行分析ができるでしょう。また、複数の衛星から位置情報を取得しています。みちびきにも対応しており、山間部でも使いやすいサイコンです。

フワー-ELEMNT BOLT (47,850円)

ライダーを強力にサポートするフォルムとシステムが魅力

フワーは多くのスター選手が揃った名門中の名門、チームスカイに機材を提供しているメーカーです。ワールドツアーチームであるカチューシャ・アルペシン、ボーラ・ハンスグローエにも機材を提供しています。そのため、サイコンのフォルムは軽量かつ空気抵抗に強く、非常にレーシーです。ハイスペックながら62gしかなく、どこにマウントしても違和感がありません。また、機能的に使える配慮がなされた、ボタン位置なども秀逸です。

ANT+とBluetooth対応で、拡張には困らないでしょう。センサーを取り付ければ、スピードやパワーを走行中に解析できます。また、LEDインジケーターを通じた、リアルタイムのデータ表示が可能です。5つの衛星に対応したGPSを持ち、ナビゲーション機能も搭載。マップ分析に関してもハイレベルです。また、STRAVAやアプリに走行データを保存できます。どのシーンでも最適に使えるサイコンです。心拍、ゲイデンス、スピードのセンサーは付属します。初心者でも目的が明確なら、選びやすいサイコンでしょう。

レザイン-MEGA XL GPS (26,400円)

ロングツーリングに適した高度な総合力を持つ

2.7インチ画面のGPSサイコンで、ナビゲーションシステムも搭載しています。視認性が高く文字が見やすいため、デジタルですが道案内に関しても問題ありません。また、48時間の連続運用が可能で、ロングツーリングに適した性能になっています。

サイコン単体での分析力は、値段相応と言ったところです。一方で連動性を上手く利用し、アプリやWEBを使って性能を底上げしています。ナビ機能も含めたほとんどがスマートフォン管理です。GPSデータの共有なども無料のアプリが行い、ルート作成、分析もアプリやSTRAVAとの連動で行います。トラッキング機能も備えており、素晴らしい連動性で高度な機能を再現。価格を抑えることに成功したモデルです。拡張解析型の中では最もコストパフォーマンスに優れた、ハイスペックなサイコンと言えるでしょう。

まとめ

乗り方に合う型と機能のサイコンがおすすめ

サイコンは型と機能に注目し、この2つを乗り方に合わせるのが肝要です。ツーリングに行くならGPS付きの拡張型。トレーニングなどに使うなら、複数のセンサーに対応した拡張解析型。というように、自転車に乗る目的に合わせてサイコンやセンサーを選んで下さい。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。