おしゃれでおすすめのスツール人気ランキング!収納付き・北欧風も!

このエントリーをはてなブックマークに追加

背もたれのない一人がけの椅子、スツール。空間に圧迫感なく置けて、本格的な椅子を用意するまでもない場合やちょっと腰掛けたい時にとても重宝します。カウンターやドレッサーなどに合わせて定位置で使うことはもちろん、時には高い場所のものを取る時のステップ代わりに、またインテリアのアクセントにとフレキシブルに使えるところも人気の理由です。アンティークの一点物や憧れのデザイナーズも、スツールなら比較的手に入りやすい価格なのでちょっと奮発してインテリアの見せ場作りもできそうですよね。実用性を重視するなら、スツール自体がボックス状の収納になっているものや、コンパクトな折りたたみタイプ、キャスター付きなどがおすすめ。スタッキングできるタイプを揃えておけば、人が集まる時に大活躍。収納にも場所を取りません。



スツールとは?

背もたれのない椅子 

背もたれがない分、省スペースで圧迫感もなし。立つ・座るの動作もスムーズなので、キッチンでの作業や玄関で靴を履く時の「チョイがけ」にもぴったりです。

色々な家具との組み合わせが可能

コンパクトなサイズだから、空間でのレイアウトも自由自在。ドレッサーなどのパーソナルな場所にはもちろん、ダイニングテーブルにチェアとスツールをミックスして合わせるのもカフェ風でおしゃれ!

スツールの種類

ロースツール

座った時、床に足がつく低めのスツールです。ロースツールのジャンル内でもその高さは微妙に異なります。範囲としてはひざ下くらいのごく低いロースツールから、ダイニングテーブルに合わせられる高さのものまで。座面の位置が低いので、椅子としての機能性を求めるというよりかはインテリアとして配置を考えている方におすすめです。

カウンタースツール

バーでは「止まり木」とも呼ばれ、これひとつでお部屋がぐっと洗練されます。キッチンカウンターに設置すれば、忙しい朝も動線の良い朝食スペースに。高さ調節できるタイプのものもありますが、基本的には座面が高く固定されているので、他の用途での使用はあまり見込めません。ですのでキッチンにカウンターを設けている方におすすめですね。

収納型スツール

ボックス型で座面が開閉し、内部が大容量の収納になっているタイプです。例えばドレッサースツールとして使うなら、ドライヤーや化粧品のストック類もすっきり。子供のおもちゃなどの目隠しにも重宝します。お洒落な形状のものが多いため、インテリアとしての側面も損なわずに収納スペースを増やしたい方には最適なスツールではないでしょうか。

スツールの選び方

使う場所に合わせた高さで選ぶ

玄関に置くならロースツール

玄関では靴を履く際にしゃがんで体勢が低くなることが多いため、ロースツールを配置しておくと利便性が高まるかもしれません。
玄関でのちょいがけや荷物の一時置きに使うならロースツールがぴったり。
ミニサイズの観葉植物を置いてあげることでインテリアとしても活用できます。

キッチンカウンターに合わせるならハイスツール

反対に立って作業することの多いキッチンにはハイスツールが良いでしょう。
カウンターの高さに合わせて配置することで食事をする方だけでなく、料理をする方の休憩場所にもなります。
一度腰深く掛けてしまうと再度立ち上がるのが億劫ですからね。

付随機能で選ぶ

収納型のスツール

スツールの種類の中でも特におしゃれなのが収納付きスツールです。
大抵はボックス型でモダンなお部屋にフィットします。
一見コンパクトに見えますが、底が意外と深く、本来の持ち味である収納力も高いです。
円形の収納型スツールもあるので好みに合わせて選んでみて下さいね。

広いお部屋にはキャスター付きがおすすめ

デスク間を移動するのに便利なキャスター付きのスツール。
お部屋に十分な広さがあれば、移動式のスツールが活躍します。
ただデスクの高さは区々だと思いますので、更に高さを調節できる機能を兼ね備えたものを選ぶとより使い勝手が良いかもしれません。

スツールの人気ブランド

ニトリ

CMでも有名な低価格な暮らしのアイテムメーカー

時代のニーズに合わせてリーズナブルで使い勝手の良い製品を次々に提案し、インテリアブロガーからも熱い支持を集めているニトリ。スツールのラインナップはとても豊富で、価格は1,000円以下から。

IKEA

リーズナブルでモダンな北欧デザインの宝庫

スウェーデン発のインテリアブランドです。スツールひとつをとってみても、どれが自分の好みかが一目で決められるような、個性のあるデザインラインナップはさすが。軽くてスタッキングできるスツールが人気。

UNICO

品質デザイン共にハイセンスな空間作りにお役立ち

空間にぬくもりと上質感を添えてくれるUNICOの家具。スツールはUNICOらしいウッドやファブリックを使ったものが中心で、それひとつでインテリアのポイントになってくれるデザイン性の高さも魅力です。

ハーマンミラー

ミッドセンチュリーモダンの精神を受け継ぐブランド

ミッドセンチュリーモダンを中心に、時代を超えて愛される名品を扱う憧れのブランドです。厳選されたスツールのラインナップはいずれも新旧の精鋭デザイナーによるもの。一生の宝物を探してみては。

フランフラン

旬のインテリアやおしゃれな雑貨が女性に人気

フェミニンかつ洗練されたアイテムが世代を超えて女性に支持されるセレクトショップです。スツールも明るめの色合いや丸みを帯びたデザインのものが豊富で、空間を華やかに演出してくれそう。

デザインでおすすめのスツール

ハーマンミラー・イームズウォールナットスツール(147,960円)

一生付き合いたい名品を探すなら、ミッドセンチュリーの代表的なデザイナー、チャールズ・イームズがデザインした芸術的なスツールはいかがでしょうか。チェスの駒のような造形美にあふれたシルエットはまるでアートです。

スツール、サイドテーブル、植物やフラワーベースをのせるスタンドなど、どのように使っても使いやすさと美しさを発揮してくれる名品です。大切な記念や自分へのご褒美にもぴったりですね。

無印良品・オーク材スツール・丸脚(29,000円)

オーク材の風合いをそのまま生かして日本の職人が高い技術で加工した美しいスツールです。シンプルモダンなテイストが好きな方は一目惚れしてしまいそう。空間に上品に溶け込みます。

ダイニングテーブルやドレッサーに合わせるだけでなく、植物やお気に入りの雑貨を飾ってディスプレイボードにしても絵になります。またベッドやソファサイドのミニテーブルとして使うなど用途は無限です。

UNICO-ボルタツール(16,200円)

高さ調節ができる椅子はルックスも機能的な雰囲気のものが多いなか、こちらは飴色に塗装したラバーウッドの脚がおしゃれです。座面を回転させることでテーブルの高さに合わせて使えます。

座面のクッション部分を取り外すと、フラットな木の天板のミニテーブルとしても使えるのも大きな特長です。サイドテーブルとしてはもちろん、観葉植物などを飾っても映えそうです。

ライフファニチャー-FR IRON STOOL(13,824円)

インダストリアルな空間作りにひと役買ってくれるのはこんなスツール。個性的な形のアイアンのフレームに、硬質なマンゴーの無垢材を使った天板の組み合わせでクールな印象です。

回転昇降式で、高さ45~60cmまで調節できるから使う人の体型や合わせるテーブルによって丁度いい高さに設定できます。座っている際に脚が邪魔にならない形状なのも快適ですね。

エアリゾームインテリア-ヴィンテージデザインスツール Lewis(5,280円)

シャビーや西海岸風のインテリアにマッチするデザイン。マットな塗装を施した脚に、パイン材の天板を組み合わせたおしゃれなスツールです。リビングに、玄関に、子供部屋にと使う場所を選びません。

カラー展開も豊富で、色のチョイスによってシックにもポップにもお部屋のイメージが変えられます。スタッキングできて来客用にストックもできるという、機能性も魅力ですね。

価格でおすすめのスツール

ニトリ-木製スツール(セロ)(1,389円)

低予算で家族の人数分揃えることができ、ダイニングテーブルに合わせてもおかしくないシンプルなスツールです。すっきりとスタッキングできる点もポイント高いですよね。座面はホワイトまたはブラックから選べます。

飽きのこないプレーンなでデザインだから長く使えそう。ホームーパーティや家族の帰省時のために用意しておいても、普段はコンパクトに重ねておけるから便利です。

IKEA-マリウス(499円)

プラスチック製の座面とスチールの脚を組み合わせた、軽くてシンプルなスツールです。カラーはIKEAらしいポップで鮮やかな3色から選べます。ワンコインというプライスに驚き!

プチプラかつ水や汚れに強い素材でできているので、子供部屋やベランダでも気兼ねなく使えそう。スタッキング可能で1脚分のスペースで何脚も収納できます。

フランフラン-プラードスツールLOW(8,424円)

丸い座面にレリーフの入った脚が可愛い、フレンチカントリーテイストのスツールがこの価格はお得。インテリアに合わせやすいナチュラルカラーに加え、明るいパステルカラーの全4色展開です。

ロマンティックなテイストなのでドレッサースツールにぴったり。もちろんリビングや寝室のアクセントにも。甘すぎないので空間のさり気ないポイントになってくれそうです。

アイリスオーヤマ-イームズ スツール チェア(2,630円)

モダンなルックスと座りやすさに定評のあるアイリスのイームズシリーズにはスツールタイプもあります。届いて自分で組み立てる手間はかかるものの、この可愛さでプチプラはうれしいですよね。

カラー展開も豊富かつおしゃれで、ナチュラルで明るい空間を作りたい人にはぴったり。座面がゆるやかに湾曲しているので座りが良いと評判です。軽くて持ち運びやすいところもポイント。

カインズホーム-籐スツール(2,480円)

価格にそぐわない高級感がうれしいラタンのスツールは、落ち着いた温かみのある空間を演出してくれます。洋室にも和室にもマッチするし、リゾート風のインテリアにも引き立ちそう。

ラタンで編まれた座面は、座り心地がソフトで長時間座っていても疲れにくいのがうれしいところです。座面も脚も丸いデザインなので、場所を取らずに置けて空間を広く使えます。

機能でおすすめのスツール

IKEA-ストゥッファ(1,449円)

収納ボックスとスツールを兼ねた商品で、身の回りのものをたっぷり収納してすっきり目隠しできると人気のアイテムです。生地張りなので収納品をいためにくいのもポイント。

シーズンオフのファブリック類や、子供のおもちゃもたっぷり入る大容量が嬉しいですよね。フットレストにもなります。両サイドには持ち手が付いていて、持ち運びにも便利です。

ニトリ-折りたたみスツール ソレイユ(571円)

買いやすいプチプラに加え、約1.4kgと軽量なのもありがたい折りたたみスツールです。ホワイトの脚にダークブラウンの座面がアクセントになったシンプルシックなルックスも、インテリアの邪魔をしません。

座面もやや小さめなので、たたんだ時のスリムさは秀逸です。例えばキッチンに出しておいて使う時だけ広げるなど、クローゼットでも場所を取りません。

ナカバヤシ-ラウンドOAチェア(6,469円)

自宅でのデスクワークやPC作業に大活躍なのが、座ったままスムーズに動かせる5つのキャスター付きOAチェアです。座面はやや広めで安定感があり、水拭きできるPVCレザー張りなのでお手入れも簡単です。

さらにレバーで高さ調節もできるので、姿勢が気になるデスクワークも自分にぴったりの高さで快適に行えます。カラーはブラック系とホワイト系から選べます。

石巻工房×PLAYWOOD-プレイウッド スツール(20,520円)

座面の下部が棚になっていて、スツールとしてもラックとしても使えます。またおしゃれなアウトドアチェアとしてもおすすめされていて、使ううちにできるキズや汚れも味わいのひとつになりそうです。

東日本大震災の復興支援から生まれたブランドである石巻工房と、イタリア製のDIYコネクター「PLAYWOOD」がコラボしたこだわりの品です。無垢の木の角にプロダクト感満載のコネクターが効いています。

ユニークさでおすすめのスツール

匠工芸-アニマルスツール (31,000円〜)

インパクト満点なお部屋のアクセントになってくれること間違いなし。しっぽが生えたふわふわのおしりは思わず撫でたくなります。動物の種類や大きさが選べるところも、ペットのように愛着が湧いてしまいそう。

北海道に拠点を構える匠工芸は職人の手仕事を大切にしている木製家具の専門メーカー。使い心地の良さにも定評があります。アニマルスツールもふわふわのフェイクファーがやみつきになりそうな座り心地です。

H.L.D-Eames Elephant(158,760円)

空間に飾るアートピースのような感覚でスツールを取り入れるのも素敵です。モダンデザインの巨匠、イームズならではの直線と曲線を巧みに生かしたゾウの姿はまるでオブジェのような存在感ですね。

エントランスのインテリアを兼ねて、靴を履く時の腰かけとして使ったり、子供部屋にもぴったり。愛嬌たっぷりのスツールは大人から子供までハッピーな気分にさせてくれます。

セカイカグ-ジェリーフィッシュチェア (13,824円)

不安定な球体に座ることで体幹トレーニングになるバランスボールの理論と、スツールがひとつになった画期的なチェアです。ジェリーフィッシュの名の通り空気の反発でふわふわ弾むような座り心地が楽しい!

IKEAで活躍したスウェーデンデザイナーが設計したもので、ユニークなフォルムにも癒されます。デスクワークしながらエクササイズもできてしまうスツールは、運動不足や姿勢が気になるという方にもおすすめです。

まとめ

今回は椅子の中でもサブ的に扱われがちなスツールにスポットを当てました。空間の脇役かと思いきや、実は使い勝手が良くて、インテリア性も抜群。通常の椅子に比べて空間を広く感じられたり、テーブルやディスプレイボードとしても使えるフレキシブルさも魅力ですよね。数を揃えたい時や、一時的に座るものが必要な時もきっと役に立ってくれるはずです。転居や模様替えなどで椅子を新調する際には、スツールという選択肢も考えみてはいかがでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加