おしゃれでおすすめのマザーズバッグ人気ランキング!【トートも】

子どもと一緒にお出かけするとき、荷物の多さに困っていませんか。バッグの中で荷物がごちゃごちゃしてしまい、必要なときにすぐ取り出せないのはストレスですよね。そんなとき、子育て中に嬉しい機能が付いたマザーズバッグがあれば、大荷物でも無理なく持ち運べますよ。今回はそんなマザーズバッグについて、人気のブランド名を挙げながら紹介していきます。荷物が多くて外出が大変だと感じているママさんやプレママさん、そしてパパさんもこの記事を参考にしてみて下さいね。

マザーズバッグの特徴

育児に必要なものがまとめて持ち運べる

子育て中の方の荷物はものすごく多くなってしまいます。自分の財布やスマートフォンなどの貴重品に加えて、子どものオムツや哺乳瓶、離乳食セット、着替え、除菌シートなど、多くの荷物を持ち出すことになります。マザーズバッグは、育児中のママさんが使用することを前提に設計されているので、大容量で軽量のものが多いです。その為、育児に必要なものをまとめて持ち運べるという特徴があります。

多くの荷物を収納できる機能性を備えている

マザーズバッグのもう一つの特徴として、たくさんの荷物を無理なく収納できるという点が挙げられます。どういうことかと言うと、ポケットや仕切りが多く、バッグの中で荷物がごちゃごちゃになりにくいよう工夫されているのです。そして普通のバッグとは異なり、防水加工が施されていたり、保温保冷などの機能付きのバッグも数多くあります。

マザーズバッグの種類

トート型

必要なものがさっと取り出せる

トートバッグは開口部が大きく開くので、きちんと整理されていれば一目で何がどこに入っているのか分かりやすい形状です。その為、必要なときにサッと荷物を取り出すことができて便利です。子どもは体調が変わりやすかったり、予期せぬ行動を取ることがあります。バッグを開けて荷物を探す時間が短縮できるのは嬉しいですよね。

外出先で荷物を下ろす場合などを考慮して、バッグは自立できるタイプがおすすめです。また、重い荷物でもしっかり持ちやすい丈夫なハンドルのバッグが使いやすいでしょう。普段からトートバッグを使い慣れている方や、荷物をバッグの中で探すのが煩わしいと感じる方におすすめです。

リュック型

重い荷物でも持ちやすく両手が空いて便利

リュックの最も優れている点は、ママの身体への負担が軽減されるというところです。ショルダー部分がしっかりしているリュックであれば、全身でバランス良く荷物を持つことができます。身体への負荷が分散されるので、他の種類のバッグより長時間でも疲れにくいですよ。

リュックは普段から使い慣れている場合は特に問題ありませんが、慣れていない方は注意が必要です。荷物を取り出すとき、一度リュックを背中から降ろさなければならないので、少々手間に感じてしまうかもしれません。財布など頻繁に使うものは、リュックを降ろさなくても取り出せるポケットに入れておくと便利なので、そういった機能が付いたものがおすすめですよ。使いにくいと感じる方も多いリュックですが、身体への負担は少ないので、長時間荷物を持たなければならないときなどにおすすめです。

ショルダー型

最小限の荷物だけで済む短時間の外出におすすめ

ショルダー型のマザーズバッグは、肩掛けや斜めがけにできるので、手が空いて便利です。ただし荷物が重い場合、ショルダー紐1本で荷物を持つのは身体への負担が大きくなってしまいます。ハンドル付きのもので、ショルダー紐は取り外しが可能な2wayのものを選ぶと使い勝手が良いですよ。

財布やスマートフォンなどの貴重品をショルダーバッグに入れて、子どもの大荷物は別のバッグに入れておくという使い方もできます。お買い物などにとても便利なショルダーバッグ。近所への短時間のお出掛けなど、荷物が少なくて済む場合におすすめです。

マザーズバッグの選び方

子どもの月齢に応じたバッグの中身を考慮して選ぶ

荷物が多い低月齢期(〜4ヶ月頃)は大容量のバッグを

生まれてから4ヶ月頃までの小さな赤ちゃんの場合、外出先でもミルクが作れるよう、哺乳瓶やお湯を持ち歩くママさんも多いですよね。また、低月齢期の場合は何がどれぐらいの量が必要なのか判断が難しい時期でもあります。オムツや着替えも多めに準備しておくと安心ですよね。低月齢期に適したマザーズバッグは、容量10ℓ程度を目安にすると良いでしょう。容量の記載がない場合は、オムツが1パック分入るなど、具体的な商品説明を参考にするのがおすすめですよ。

荷物が重い離乳食期(5ヶ月〜1歳頃)はリュック型を

低月齢期よりも荷物が増えるのが離乳食期です。離乳食に完全に移行した訳ではない時期は、哺乳瓶や授乳ケープなど、低月齢期と同じ荷物も持つ必要があります。それに加えて、離乳食やスプーン、エプロンや除菌シートなど、衛生面を考慮した荷物もどんどん増えます。どうしても荷物が重くなってしまうので、ママの身体の負担を減らす為にリュックタイプのマザーズバッグがおすすめです。バッグが肩に食い込まないよう、幅が広くてクッション性のあるものを推奨します。

離乳食完了期(1歳頃)からはママ一人でも使えるものを

離乳食が完了して、大人と同じものが食べられるようになると、荷物は格段に少なく済みます。子どもの歩行が安定するようになったら、オムツなどの軽い荷物は自分で持ってもらうのも一つの方法です。この時期になると、普段のお出掛けに大荷物は必要なくなってきます。ママ一人でも使えるデザインや大きさのバッグを選びましょう。子どもを抱っこしたり手を繋いで歩く事も増えるので、ショルダータイプのバッグなどがおすすめです。

ママの負担が少ないバッグを選ぶ

トート型なら500g以下の軽量タイプを

マザーズバッグは普通のバッグよりも軽量タイプのラインナップが多くなっています。普通のバッグだと、800g以下が軽量の目安とされていますが、マザーズバッグで800gはむしろ重い方の部類に入ります。トートバッグは特にナイロン素材を用いたものが多く、軽量化されているものがほとんど。目安として500g以下のバッグを選ぶようにするのがおすすめです。

リュック型なら700g以下でストラップが太いものを

リュック型のマザーズバッグは、トートバッグよりも重い傾向にあります。両肩で背負うものなので、トートバッグと同じ重さでも体感的にはリュックの方が軽く感じる場合が多いようです。リュックの場合は、700g以下でストラップの幅が広いものがおすすめ。ストラップの幅が狭いと、肩に食い込んで痛くなってしまうことがあります。そのため、クッション性のあるストラップなら負担が少なくおすすめですよ。

マザーズバッグのおすすめブランド・メーカー

MARC JACOBS(マークジェイコブス)

ファッショナブルなママにおすすめしたい海外ブランド

世界中のおしゃれに敏感女性に支持されているブランドです。サングラスや時計、香水などのファッショナブルな印象が強いブランドですが、マザーズバッグはオムツ替えシートなどの嬉しい工夫が施されています。デザインだけでなく機能性も優れたブランドです。

agnes b.ENFANT(アニエス・ベー アンファン)

高い知名度を誇る世界的に人気のブランド

ハイブランド商品と比較するとリーズナブルですが、世界的に有名なフランスのブランドです。シンプルでシックなデザインはどんなファッションにも合わせやすく人気があります。マザーズバッグはトートバッグとしてもショルダーバッグとしても使える2wayタイプとなっています。

D‘colle(ディーコレ)

ママの声から生まれたマザーズバッグ専門ブランド

現役ママさんの貴重な声を参考にバッグを作成している、マザーズバッグ専門の日本のブランドです。デザインと機能性を両立させたラインナップが豊富なのが特徴。特にトートバッグタイプはバッグの底にオムツ替えシートを内蔵するなど、他にはないアイディアが光ります。

DORACO(ドラコ)

機能性とデザイン性を兼ね備えた安心の日本製ブランド

バッグ以外にも、授乳ケープやスリングなど、育児に役立つグッズを展開している日本のブランドです。DORACO(ドラコ)のマザーズバッグ は、上品な光沢のある日本製のナイロン生地を使用しています。見た目の美しさだけではなく、大荷物でもへたらない丈夫な生地なので安心して持つことができますよ。

おすすめ&人気のマザーズバッグランキング

おしゃれでおすすめのマザーズバッグ

agnes b.ENFANT(アニエス・ベー アンファン)-トートバッグ2wayマザーバッグ(26,500円)

シンプルでシックなデザインが魅力

トートバッグが人気のブランドagnes b.ENFANT(アニエス・ベー アンファン)。おしゃれで機能性も高いマザーズバッグが販売されています。トートバッグとしてもショルダーバッグとしても使える仕様となっています。

王道のフレンチカジュアルファッションが好きなママさんにぴったり。どんなファッションにも馴染むデザインなのでプレゼントとしても人気です。普段着に合うおしゃれなマザーズバッグが欲しい方におすすめです。

MARC JACOBS(マークジェイコブス)-キルテッドナイロンベイビーバッグ(32,890円)

ファッショナブルで実用的なマザーバッグ

黒のキルティングにゴールドが映える、ファッショナブルなマザーズバッグです。ナイロン素材で軽量化を実現し、オムツ替えシートも付属。ポケットはバッグの外側に1つと内側に2つのシンプルな設計となっています。

ポケットが少ない分、荷物は自由に入れることができます。仕切りやポケットはあまり使わないという方におすすめ。モード系のファッショナブルなママさんに是非チェックしてもらいたいマザーズバッグです。

Bruck-ベビーとお出かけを楽しむマザーバッグ(3,180円)

ベビーカーに掛けることも可能な優秀バッグ

リュックタイプのマザーズバッグです。ベビーカーを使用する際は、付属のフックでリュックをベビーカーに掛けることも可能。ショルダー部分は太めでクッション性のある素材なので、長時間背負っても疲れにくい設計です。

赤ちゃんとの外出は不安なこともたくさん。できるだけ両手は空けておきたいですよね。万が一に備えてスマートフォンの充電もしやすい点も嬉しいポイント。長時間のお出掛けや、2人以上のお子さんとのお出掛けが多いママさんにおすすめのバッグです。

DORACO(ドラコ)-マザーバッグ エアリートート(17,930円)

現役ママの声から生まれたマザーバッグ

機能性とデザイン性を両方兼ね備えたマザーズバッグ。取り外し可能なショルダー紐も付属しているので、状況に応じて使いやすい方を選択することができます。日本製の丈夫なナイロン生地を使用しており、荷物が多くなっても安心です。

ショルダータイプのマザーズバッグをお探しの方におすすめの一品です。すっきりとした見た目にも関わらず、内側は仕切りやポケットが充実しているため大容量。使う人の目線で作られた頼もしいマザーズバッグです。

Kate spade(ケイトスペード)-ワトソンレーンスティーブベビーバッグ(63,800円)

丈夫な素材で荷物をたくさん収納できる

大人気ブランドKate spade(ケイトスペード)もマザーズバッグを展開しています。バッグの生地はナイロンを使用し軽量化を実現。持ち手の部分は牛革を使用しているため、荷物が重くてもしっかりと持ちやすい作りになっています。

一見するとマザーズバッグには見えませんが、オムツ替えシートも付いているので外出先でも安心。汚れてもサッと拭き取れる素材です。シンプルなデザインでオフィスでも違和感なく使用できるおしゃれなバッグです。

トート型でおすすめのマザーズバッグ

qbag Paris(キューバッグパリス) -nest no1 メッシュバッグ(12,199円)

小さく折りたためて活用法無限大

軽量で折りたためるメッシュ素材のマザーズバッグです。メッシュ素材というと中身が透けてしまいそうですが、こちらは程良い透け感。外側から何が入っているかは見えません。ショルダー紐はステッチが入っており、肩からバッグがずり落ちるのを防いでくれます。

小さく折りたたむことができるので、サブバッグとしても活躍してくれます。マザーズバッグとしてだけでなく、ジムバッグとしても使えるデザインですね。メッシュ素材のバッグはトレンド感もあるので、おしゃれに敏感なママさんにおすすめです。

&mom(アンドマム)-マザーズバッグ(4,054円)

ユニセックスなデザインだからパパも持ちやすい

機能性を重視したデザインで、女性でも男性でも持ちやすいバッグです。バッグの外側にポケットが多く付いているので、よく取り出すアイテムを入れておけばバッグの中で探さずに済みます。また、病院などでもらうパンフレットなどを入れるのに便利なファイルポケットも付いています。

持つ人を選ばないシンプルで機能的なバッグなので、パートナーの方がバッグを持つ機会が多い方におすすめ。使い勝手の良いバッグは様々なシーンで活躍してくれますよ。妊娠中から産後まで使える便利なバッグです。

DELFONICS(デルフォニックス)-インナーキャリングバッグ(4,400円)

ポケットたっぷりで自立するトートバッグ

キャンバス生地のトートバッグです。キャンバス生地は重いイメージがあるかもしれませんが、こちらのバッグはコットンキャンバスを使用している為、比較的軽量なバッグとなっています。ハリのある生地感でしっかり自立するのも嬉しいポイント。

カジュアルな印象で、散歩などにぴったりです。丈夫なキャンバス素材なので、荷物が重くなってしまう場合でも安心。別売りのインナーバッグと組み合わせて使えば、細かな小物類もきちんと整理できて便利ですよ。

dadicco(ダディッコ)-大容量トートバッグ(15,400円)

パパが持ちたいと言ってくれるトートバッグ

一見するとビジネスバッグのようなデザインのため、男性が持ちやすいバッグとして人気です。肩掛けでもずり落ちにくい設計に加え、斜めがけにすることも可能。別売りのフックを使えばベビーカーに掛けることもできて便利です。

バッグの内部両側にはウレタンが入っているので、電子機器を持ち運ぶときも安心です。宿泊を伴う出張や旅行の際にも活躍してくれるバッグ。お子さんが産まれる男性へのプレゼントにも良いですね。パートナーにも育児に積極的に参加してもらいたい方におすすめです。

D’colle(ディーコレ)-マザーズバッグ(15,180円)

オムツ替えシート内蔵のトートバッグ

他にはないアイデアが光るこちらのマザーズバッグ。オムツ替えシートがバッグの底に付属しているという、便利な工夫が施されています。オムツ替えシートは取り外しも可能で、子どものオムツが取れたらレジャーシートとしても活用できますよ。

大容量のトートバッグなので、荷物が増える旅行や帰省にも大活躍。持ち手部分は負担軽減のためのカバーが付属しています。赤ちゃんと一緒に長期離移動の予定がある方へおすすめしたいマザーズバッグです。

軽量でおすすめのマザーズバッグ

SEII SHOP(セイショップ)-大容量マザーズバッグ(3,180円)

リュックタイプの多機能マザーズバッグ

ママに嬉しいたくさんの機能が付いたこちらのリュック。大容量でしっかりとした作りですが、重さは700gの軽量バッグです。保温保冷ポケット付きで哺乳瓶や離乳食も安心して持ち運ぶことが可能。更に防水ポケットも付いているので、外出先で汚れてしまった衣類などを持ち帰るのに便利です。

ショルダー部分も幅が広めの設計で、長時間背負っても疲れにくい設計となっています。小さいお子様が2人以上いても、大容量のバッグがあると安心です。両手が空くので、子どもと手を繋いで歩いたり、外出先で荷物が増える場合に重宝しますよ。

andot(アンドット)-軽量マザーズバッグ(6,926円)

A4サイズのファイルも入る軽量バッグ

カジュアルなファッションに馴染む、シンプルなデザインのリュックタイプのマザーズバッグ。コンパクトなサイズ感ですが、A4サイズの雑誌やファイルも入る優れもの。重さは500gとかなり軽量設計となっています。

歩き回る時間が長くなりそうなシチュエーションでおすすめのマザーズバッグです。シンプルなデザインなので、普段使いにもおすすめ。また、病院や保育園、お稽古教室などでプリント類を配布される機会が多いという方にも使って欲しい一品です。

D’colle(ディーコレ)-マザーズリュック(12,980円)

シンプルで高級感のあるデザイン

リュックでは珍しい、2層式の仕様になっているこちらのマザーズバッグ。荷物が多いと、バッグの中身は散らかりやすいですよね。2層式にすることで中身を整理しやすく、荷物を取り出しやすくする工夫がされています。

外見はキルティングで落ち着いた色合いのカラーバリエーションとなっています。自然な光沢が高級感を演出します。重さは670gで、リュックとしては軽量タイプ。大人っぽいシックなファッションにも馴染むので、幅広い年齢層の方におすすめです。

THEA THEA(ティアティア)-マザーズバッグインディゴベビー(16,170円)

デニム風デザインでコーディネートしやすい

見た目はデニム素材のこちらのトートバッグ。実は高級ポリエステルを使用しています。一般的なデニムはどうしても重くなってしまいますが、ポリエステルを使用することでわずか480gの軽量バッグに仕上がっています。

リボンクリップが付属しており、バッグの好きな場所に付け替えることができます。カジュアルなコーディネートはもちろん、ガーリーなコーディネートのアクセントとしても使いやすいバッグですよ。デニム好きの方にもおすすめです。

BAG HOLIC(バッグホリック)-ダウン2wayボックスショルダーバッグ(1,980円)

ふわふわ素材で軽いバッグ

320gの軽さが魅力のバッグ。ふわふわの柔らかな素材で、ストレスを感じることなく持てるバッグです。ショルダーで斜めがけにすると両手も空いて便利ですね。他のマザーズバッグと比較すると容量は少ないですが、貴重品入れとして重宝しますよ。

近所への短時間のお散歩など、出来るだけ荷物を少なくしたい場合にも便利です。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいですよね。オムツや哺乳瓶など、大量の荷物を携帯する必要がなくなってきたママさんにおすすめのバッグです。

まとめ

大荷物でも身体に負担が少ないバッグがおすすめ

マザーズバッグを選ぶ上で大切なのはママの負担を軽減してくれるかどうか。大荷物になってしまうことが多いマザーズバッグは、身体への負担が重くなりにくいリュックタイプか、持ち手がしっかりしたトートバッグがおすすめです。今回はマザーズバッグについて人気のブランドを挙げながら紹介しました。大変な子育てを少しでも助けてくれるようなマザーズバッグに出会えると良いですね。