2019おすすめの海外対応ドライヤー人気ランキング!【海外旅行に】

海外旅行に行ったとき、ドライヤーが壁付けタイプだったり風量が弱くて使いにくいと感じたことはありませんか。備え付けのものだと使い勝手が悪く、自宅から持っていきたいと思うこともあるかもしれません。そんな方におすすめなのが海外対応ドライヤーです。海外対応ドライヤーは海外の電圧にも対応しているドライヤーのことで、備え付けのものより機能性が高い物も多数ありますよ。今回は海外対応ドライヤーの選び方やおすすめ商品を解説します。海外旅行の予定がある方、自宅でも旅行先でも使用したいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

海外対応ドライヤーの特徴

変圧器が必要ないので余計なコストがかからない

海外旅行にも自分のドライヤーを持っていきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが海外対応ドライヤー。海外の電圧にも対応しているので、変圧器を必要としません。そのため、変圧器にかかるコストを抑えることが可能になりますよ。

持ち手部分の電圧切り替えスイッチが目印

海外対応ドライヤーは通常のドライヤーと同じ形状のため、見た目だけでは区別しづらいと感じませんか。海外対応ドライヤーを選ぶ際の目印として、電圧を切り替えるためのスイッチがありますよ。スイッチを切り替えることで、使用する電圧を変えることが可能になります。どのドライヤーが海外対応なのかわからないという場合は、このスイッチを目印にしてみてくださいね。

海外対応ドライヤーの種類

送風ドライヤー

早く乾くので髪の毛が傷みにくい

送風ドライヤーは、ドライヤーの中でもよくみるL字型をしたドライヤーです。風を送り出すことに特化しており、風量の強いものが多数出ていますよ。くるくるドライヤーと比べて風量が強く、早く乾くため髪の毛が痛みにくいという特徴があります。

ブローする際はロールブラシを使用してドライヤーの風を当てながら行うため、初心者には少し難しく感じますが、慣れればブローも簡単にできるようになりますよ。また、サイズが大きいと感じる方もいるかと思いますが、コンパクトなものも多く、折りたためるので荷物の邪魔になることもないでしょう。

くるくるドライヤー

ブローやセットが簡単にできる

くるくるドライヤーとは、ヘアブラシが付いている棒状のドライヤーです。風量が弱いため髪の毛を素早く乾かしたいという方には向きませんが、髪の毛を乾かしながらブローもしたいという方におすすめ。初心者でもきれいにブローすることができますよ。

スタイリングもできるのがくるくるドライヤーの魅力。ヘアアイロンだと熱を直接髪の毛に伝えるので傷みやすくなってしまいますが、くるくるドライヤーは温風で癖付けするので、髪の毛を傷めずにセットすることが可能です。ただし、長時間使用すると髪の毛が傷みやすくなってしまうため、使用時間に注意してくださいね。

海外対応ドライヤーの選び方

各国の電圧とプラグ形状に合わせて選ぶ

主要国で使用可能な100-240V対応モデルがおすすめ

海外対応ドライヤーと一言で言っても、全てが同じ電圧に対応しているわけではありません。商品によっては110Vまでしか対応していないものもあるため、選ぶ際には注意が必要ですよ。海外の電圧は主に100Vから240Vの間がほとんどなため、100-240V対応の海外対応ドライヤーを選べば、主要国ではほぼ使用可能になります。

旅行先のプラグの形状も確認

海外対応ドライヤーを選ぶ際に重要なのが、コンセントプラグの形。日本と同じように縦長のプラグが2つ並んだ国もあれば、3つの国もあり、その数は全部で9通りあります。旅行先のプラグがどの形状かを前もって確認する必要がありますよ。ドライヤーによっては変換プラグ付きのものもあるので、対応している場合はそういったものを購入するのもおすすめです。

風量を考慮しながらサイズを選ぶ

400g以下のコンパクトタイプなら持ち運びに便利

ドライヤーを持ち運ぶ際に気になるのが、大きさ。サイズが大きかったり重量があると、より邪魔に感じてしまいますよね。そこでおすすめなのが、重量400g以下のコンパクトタイプの海外対応ドライヤー。非常に軽いので、荷物として持ち運ぶ際も重さが気になりませんよ。また、コンパクトにたためるので、場所を取らず邪魔になりません。

小型のものは風量が弱い傾向にあるので注意が必要

持ち運ぶ際に便利なコンパクトタイプですが、速乾性を求める方は注意が必要になります。コンパクトな分、風量が弱くなる傾向にあるためです。そこで、風量の強い海外対応ドライヤーを希望する方は、1.5㎥/分以上のものを選ぶのがおすすめ。ロングヘアーの方や髪の毛の量が多い方でも素早く髪の毛を乾かすことが可能になりますよ。

髪をケアする機能で選ぶ

ダメージを軽減して髪に潤いを与えるマイナスイオン機能付き

ヘアカラーやパーマが当たり前となった現在、少しでも髪の毛を労わりたいという方は多いのではないでしょうか。ドライヤーによるダメージを軽減し、髪の毛に潤いを与えたいという方におすすめなのが、マイナスイオン機能付きの海外対応ドライヤー。マイナスイオンが髪の毛に潤いを与え、静電気や乾燥、紫外線によるダメージをケアしてくれますよ。サラサラでツヤのある髪の毛にしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

スタイル維持やカールが崩れやすい人は冷風モード搭載

せっかくセットしたのに直毛やくせ毛により、すぐにセットが崩れてしまうという方におすすめなのが冷風モードを搭載した海外対応ドライヤー。セットする際には熱を加えますが、その後冷風で熱を冷ましてあげることで、よりそのスタイルを維持することが可能になりますよ。夜までスタイルを維持したいという方は、冷風機能が付いているかもチェックするようにしてください。

海外対応ドライヤーのおすすめブランド・メーカー

パナソニック

ナノイーやマイナスイオンでケアできるドライヤーが人気

生活家電から美容家電まで、さまざまな家電を扱うパナソニック。機能性に優れた商品を多数揃えていますよ。ドライヤーは、ナノイーやマイナスイオンでヘアケアできるタイプが人気。ナノイーシリーズにも海外対応のドライヤーがあり、旅行先でもケアすることが可能です。

テスコム

大風量からコンパクトなものまでドライヤーの種類が豊富

テスコムは小型家電を扱う日本のメーカーです。美容家電からキッチン家電まで、毎日愛用できる製品を取り扱っていますよ。ドライヤーはサロンシェアナンバー1。プロが使用する業務用から家庭で使用しやすいコンパクトタイプまで、多くの種類を取り揃えています。

コイズミ

ドライヤーや美顔器などの美容家電が人気

美容家電から季節家電やオーディオ家電まで幅広く扱うコイズミ。美容家電はヘアケア製品のほか、美顔器なども扱っていますよ。ドライヤーは大風量のものからコンパクトでリーズナブルなものまで揃えており、ニーズに合わせて選ぶことが可能です。

カシムラ

海外で使用できるヘアケア製品の種類が豊富

カシムラは海外旅行用製品や携帯電話関連製品、カー製品など種類豊富に扱う日本の企業です。海外旅行用製品はとても種類が豊富で、変圧器やドライヤーはもちろん、海外対応の電気ポットも扱っていますよ。海外対応ドライヤーは送風ドライヤーからくるくるドライヤーまで種類豊富に揃えています。

おすすめ&人気の海外対応ドライヤーランキング

コンパクトでおすすめの海外対応ドライヤー

パナソニック-ZIGZAGターボドライ1200(3,208円)

重さ350gの超軽量ドライヤー

パナソニックのZIGZAGターボドライ1200は本体重量350gと超軽量。重さが気になるドライヤーですが、とても軽いので荷物に入れても重さが気になることはありませんよ。折りたたむとコンパクトになるので、場所も取りません。

コンパクトタイプは風量が弱い傾向にありますが、こちらは1.1㎥/分。通常のドライヤーが1.3㎥/分なので、風量の弱さはあまり気にならないでしょう。電圧は旅行先を問わない100-240V。使い勝手のいいドライヤーと言えるでしょう。

ヴィダルサスーン-コンパクトドライヤー(4,298円)

手のひらサイズで場所を取らない

ヴィダルサスーンの海外対応ドライヤーは手の平サイズのコンパクトタイプ。左右の手の平に乗るほどのコンパクトさなので、スーツケースの中で邪魔になることがありません。また、370gと軽いので持ち歩くときも重さが気になることはないでしょう。

こちらの海外対応度雷雨やーは吸込口フィルターが着脱式なので、掃除しやすく、清潔を保つことがかのうです。電圧は100/220Vの地域で使用可能。対応していない電圧もあるため、購入時には注意してください。

コイズミ-ヘアドライヤー タイニー(4,335円)

片手に乗る超軽量ドライヤー

コイズミの海外対応ドライヤーは335gととても軽量。持ち歩くときはもちろん、使用時も重さが気にならない超コンパクトタイプのドラヤーです。持ち手を広げたときでも片手の手の平に乗るサイズで、場所も取りませんよ。

電圧は100-240Vで、旅行先を問わず使用可能です。とてもコンパクトですが新型ファンを搭載しており、風量は0.9~1.0㎥/分。髪の毛を乾かすには十分な風量となっていますよ。海外で使用する際はプラグアダプターが必要となるようなので、注意してくださいね。

テスコム-ヘアードライヤー(2,920円)

コンパクトなのにハイパワーなドライヤー

テスコムの海外対応ドライヤーは355gの超軽量タイプ。持ち運ぶ際にも気にならない重量で、海外旅行にも持っていきやすいサイズ感ですよ。電圧は100-240V対応。電圧を切り替えるときはコインを使用して、スイッチを回すタイプです。

こちらの海外対応ドライヤーはコンパクトさにパワーを兼ね備えたタイプ。風量は0.9㎥/分と弱めに感じますが、髪の毛を乾かすには十分のパワーを持っていますよ。また、C2タイプの変換プラグ付きなので、このプラグを使用している国へ行く方は変換プラグを用意する必要がありません。

Areti(アレティ)-モイストケアドライヤー(12,800円)

サロントリートメントをしたようなサラサラヘアになれる

Areti(アレティ)のモイストケアドライヤーは3色LEDと大量のマイナスイオンを放出し、髪の毛をケアしてくれるドライヤーです。美容に用いられる3色のLEDがアンチエイジング効果や水分保持効果をもたらしてくれますよ。また、マイナスイオンがキューティクルを保護してくれるので、熱によるダメージから守ってくれます。

6段階の風量と赤外線LEDやマイナスイオンによる組み合わせで、なんと30通りの風が作られますよ。髪の毛の状態に応じて風の強さや温度を選ぶことが可能です。重さは490gと他のコンパクトなドライヤーと比べると重量があるように感じますが、十分軽量。折りたたんだ時に開かないよう、ベルトも付いていますよ。

大風量でおすすめの海外対応ドライヤー

テスコム-プロテクトイオンヘアドライヤー(10,778円)

プロテクトイオンとマイナスイオンで髪の毛を労わる

テスコムのプロテクトイオンヘアドライヤーは、マイナスイオンとプラスイオンを同時に放出する新方式をさいようしているドライヤーです。ブローしたときの静電気を抑え、髪の毛の広がりや傷みを抑制してくれますよ。乾燥した時期など、静電気が気になるときにおすすめです。

気になる風量はなんと1.9㎥/分。とても風量が強く、大風量タイプの海外対応ドライヤーを求める方にも満足してもらえるでしょう。自宅での使用もおすすめですよ。また、温風と冷風をワンタッチで切り替えることもでき、とても便利です。Cタイプ変換プラグ付きなので、対応している国ではすぐに使用することができますよ。

SIS(エスアイエス)-SILKY TURBO(2,180円)

嬉しいC2プラグアダプター付き

SIS(エスアイエス)の海外対応ドライヤーは1.5㎥/分の大風量タイプ。通常のドライヤーで1.3㎥/分と言われており、風量の強さがわかりますよね。風量が強い分、早く乾かすことが可能。ロングヘアの方やドライヤーの時間を短縮させたいという方におすすめです。

こちらのドライヤーは風量が強いだけでなく、コンパクトなところも魅力です。セット用ノズルを除く本体のみで390gととても軽量。持ち運びもしやすく、旅行には最適と言えるでしょう。電圧は100-240Vなので、旅行先を問わず使用可能です。

パナソニック-ナノケア(16,780円)

ナノイーケアによって地肌も守る

こちらはパナソニックの人気シリーズ、ナノイーの海外対応タイプです。100-240Vに対応しており、自宅で使用するドライヤーをそのまま海外に持っていくことができますよ。自宅と全く同じケアを海外でもすることができるのは、女性なら嬉しい点と言えるのではないでしょうか。

こちらのドライヤーももちろんナノイーでのケアが可能。地肌にも潤いを与えてくれるので、乾燥した地域も安心して旅行できますよ。風量は1.2㎥/分または1.4㎥/分。海外対応ドライヤーの中では強い風量と言えるでしょう。速乾ノズルが付いているので、より早く髪の毛を乾かすことが可能ですよ。速乾ノズルの他に、C2タイププラグも付属しています。

テスコム-プラチナコラーゲンイオンヘアドライヤー(21,868円)

髪と素肌に潤いを与えてくれる

テスコムのプラチナコラーゲンイオンヘアドライヤーは、コラーゲンとプラチナをナノサイズミストにしてドライヤーの風に乗せ、髪の毛と素肌に潤いを与えてくれます。ドライヤー後は髪がパサついてしまいがちですが、こちらのドライヤー後は髪の毛に潤いを感じますよ。スキンケアモードも搭載しているので、肌に当てることも可能です。

風量は1.3㎥/分と、髪の毛を乾かすには十分の風量を持っています。ロングヘアの方でも素早く髪の毛を乾かすことが可能ですよ。電圧は100-240V対応。640gと少し重量がありますが、自宅と同じケアをしたいという方にはとてもおすすめの海外対応ドライヤーです。

コイズミ-Monsterダブルファンドライヤー(8,778円)

パワフルな風で髪の毛を早く乾かす

コイズミのMonsterは、なんと2.0㎥/分の大風量タイプの海外対応ドライヤーです。ファンを2つ搭載しており、とてもパワフルな風を作り出してくれます。このパワフルな風によって髪の毛を早く乾かすことが可能になり、時短にも繋がりますよ。

風量は5段階で調節できるので、必要に応じて変更することが可能。髪の毛を乾燥させることなく、乾かすことができます。また、マイナスイオンが5か所から発生する性能を持ち、髪の毛をケアすることも可能です。ただし、こちらのドライヤーは海外対応ではありますが100-110Vまでの対応となりますので、旅行先によっては注意が必要となります。

くるくるドライヤーでおすすめの海外対応ドライヤー

コイズミ-マイナスイオンカーリングドライヤー(4,298円)

髪の毛がスルんと逃げない玉先ボリュームキャッチブラシ搭載

コイズミのマイナスイオンカーリングドライヤーは、ツインマイナスイオン機能を搭載した海外対応ドライヤーです。髪の毛を乾かしながら髪の毛をケアすることが可能で、髪の毛にも優しいと言えるでしょう。

ブラシには、先玉ボリュームキャッチブラシを搭載しており、髪の毛を逃さずブローすることが可能。直毛で、ブラシをかけたときにするんと抜けてしまうという方におすすめです。また、本体重量は315gととても軽量なので、持ち運びしやすく旅行にピッタリですよ。

テスコム-カールドライヤー(6,431円)

ブラシにツバキオイルを配合し髪の毛がツヤツヤに

テスコムのカールドライヤーは2種類のブラシでブローとセットをすることが可能。ブロー用ブラシはキャッチ植毛で、根元から髪の毛をしっかりキャッチ。根元がぺたんこになりやすい猫っ毛の方も、根元からふんわりとさせることが可能ですよ。ブラシにはツバキオイルを配合しているので、ツヤのある髪の毛に仕上げることができます。

もう1つのスタイリングアイロンブラシはアルミ素材でできており、熱伝導がいいためしっかりとしたカールを作ることができますよ。旅行先で巻き髪にしたいときも、このドライヤーだけでスタイリングすることが可能。ヘアアイロンなど余計な荷物を減らすことができます。冷風機能も付いているので、スタイリングを維持することも可能です。

カシムラ-マルチボルテージ(3,294円)

カールブラシが着脱できコンパクトになる

カシムラのマルチボルテージは、カールブラシの着脱が可能な海外対応ドライヤー。よりコンパクトになるので、旅行時の持ち運びにとても便利ですよ。ブラシ込みでも340gなので、重さも気にならないでしょう。コンパクトなくるくるドライヤーを選びたい方にお勧めです。

風量は2段階で調節が可能。合わせて冷風機能も付いているので、スタイリングを長時間キープすることができますよ。さらにマイナスイオン機能も付いているので、ドライヤーの熱によるダメージを最低限に抑えることが可能になります。

パナソニック-くるくるドライヤーZIGZAG(3,540円)

2種類のブラシでブローとセットが可能

パナソニックの海外対応くるくるドライヤーは2種類のブラシが付属になっています。毛先までしっかりとらえて、テンションをかけられるワイドブローブラシは、初心者でも簡単にブローすることが可能。きれいなストレートヘアになれますよ。

もう1つのフリーロールブラシは25㎜から40㎜までロールの太さを変更することが可能。髪の毛の長さやスタイルに合わせてカールのサイズを変えることができますよ。電圧は100-240Vに対応。また、C2タイプの変換プラグも付いており、非常に使い勝手のいい海外対応くるくるドライヤーと言えそうです。

P-UP(ピーアップ)-クレアカールドライヤー(18,144円)

超微振動で髪の毛をケアしてくれる

P-UPの海外対応くるくるドライヤーは、特殊加工の超微振動によって毛髪の内部に水分を浸透させることが可能。毛髪内部の水分バランスを整ええてくれます。また、表面のキューティクルを引き締めてくれるので、ツヤのあるきれいな髪の毛にケアしてくれる、トリートメント効果を感じるドライヤーと言えるでしょう。

ブラシはテンション植毛になっているので髪の毛をしっかり掴んでくれます。これにより、しっかりとブローすることが可能になりますよ。また、ブラシは取り外して水洗いすることができるので、常に清潔を保つことができます。風量は弱めですが、速乾性よりもヘアケアに重点を置きたい方におすすめです。

まとめ

旅行先を問わない100-240Vのドライヤーがおすすめ

ユーザーによって選ぶポイントはさまざまだと思いますが、どの人にとっても大切なのは旅行先の電圧で使用できること。せっかく海外対応のドライヤーを購入したのに変圧器が必要となると本末転倒。旅行先を問わない100-240Vのドライヤーを選ぶことで、変圧器を購入する必要がなくなりますよ。海外対応ドライヤーを使用して、きれいな髪の毛を維持しましょう。