おしゃれでおすすめのサイクルグローブ人気ランキング!【夏用・冬用】

自転車はバランスを崩すと簡単に倒れる乗り物です。スピードが出るロードバイクや、運動性が高いMTB(マウンテンバイク)は、転倒すると特にケガの危険があります。振動などで手が疲れて倒れそうになった、子供を乗せているのに、手が滑ってヒヤッとした、という経験はないでしょうか。そんなリスクを軽減してくれる、自転車用の装具があります。それがサイクルグローブです。サイクルグローブは最も身近な装具で、誰もが便利に使える特徴を持っています。競技や趣味だけでなく、通勤通学、買い物で乗るときにも、持っておいて損はありません。今回は、そんな頼もしいアクセサリー、サイクルグローブを掘り下げて紹介します。是非とも参考にして、自分のバイクライフに合ったモデルを選んで下さい。

サイクルグローブの必要性

サイクリストを保護し安全性を高める

自転車は季節や天候、道路状況といった、環境と向き合うスポーツの1つです。そのため、サイクルグローブは快適なライドができるように、各メーカーが工夫を凝らして設計しています。日差しや風雨、寒さからサイクリストを保護し、操作への集中力を高め、安全性を守るのが特徴です。また、転倒したとしても強靭な生地や構造が、手や手首をケガから守ります。

操作性を高めてサイクリストをサポートする

サイクルグローブには、自転車の操作性を高めるアイディアが盛り込まれています。手の平にはクッションや滑り止めがあり、素手やただのグローブより、グリップ力と耐衝撃性が強力です。着用するだけで路面からの衝撃を抑え、手や腕の疲れを軽減することができます。

サイクリストのパフォーマンスと安全、自転車の性能を補助するアクセサリーです。衝撃と疲れが減ることによって、サイクリストは長時間、正しい姿勢や操作性を保つことができます。使うのは冬だけでいい。通勤用や趣味用には少し高い。そんな意見もありますが、季節や目的を問わず着用するのがおすすめです。

サイクルグローブの種類

ハーフフィンガー

通気性などの快適さを求めたモデルが多い

指の第二関節付近から上が外に出るサイクルグローブです。主に春、夏、秋の3シーズンで使い、冬用は皆無と言っていいでしょう。春と秋は気温が高い時間や時期に用いるのが通例です。全身運動で汗をかきやすい自転車は、グローブ内が蒸れやすくなります。指が全て隠れるロングフィンガーよりも、透湿性に優れているのがハーフフィンガーの魅力です。

ハーフフィンガーは適した3シーズンに対応できるよう、コンセプトや素材が快適性を重視しています。蒸れを逃がすメッシュのような構造が多く、速乾性に期待できる生地加工になっているのが特徴です。紫外線の多い時期に使いますが、指が出ているため手袋焼けを起こすことがあります。ハーフフィンガーを選ぶ場合は、日焼け止めも用意しておくのがおすすめです。

フルフィンガー

防御力とグリップ力が高くMTB向けも豊富

フルフィンガーは指を全て覆うタイプのサイクルグローブです。秋冬用が主になっていますが、オールシーズンや3シーズン用も選べます。ハーフフィンガーより透湿性はないものの、手首より上を覆うタイプなどが豊富です。そのため、フルフィンガーは全体的にハーフフィンガーより、防御力と保温性に優れていると言えるでしょう。グリップ力に関しては、設計思想や手の平の構造により違います。

ロングフィンガーは操作性を主軸に設計し、冬向けは保温性を高めています。防御力からMTB用も多いですが、それらは特に操作性重視です。手の平の構造に気を配り、戦略的にパッドやクッションを調整したモデルが選べます。また、MTBはファッション性も求めるジャンルです。ロングフィンガーは、おしゃれなサイクルグローブが多いのも魅力でしょう。ロングフィンガーは、普通の自転車に乗る女性などにおすすめで、夏場にUVカットなどもできます。

サイクルグローブの選び方

使われている素材から選ぶ

水に強く耐久性に優れているポリエステル製

ポリエステル製のサイクルグローブは撥水性があり、水を含んでも変化が少ないメリットを持ちます。また、ポリエステル繊維はシワができにくい素材です。型崩れしにくいのはヘビーユーザーにとって嬉しいポイントでしょう。サイクルグローブはナイロンも主素材の1つですが、長期的な耐熱性はポリエステル製が優秀です。手の平の摩擦に耐えて寿命が上がります。どの環境下でも耐久性を発揮できるのが、ポリエステル製サイクルグローブ最大のメリットです。

サイクルウェアは基本的に、ほとんどが洗濯機で洗えます。サイクルグローブは洗濯機を使うとパッドや滑り止めが摩耗しやすく、できれば揉み洗いがいいでしょう。念を入れて、タグも確認しておくのがおすすめです。乾燥機は避けて、陰干しするのと長持ちします。

通気性や肌触りが良く快適に使えるナイロン製

ポリエステルに比べると、吸湿と吸水に優れているのが特徴です。ポリエステル製サイクルグローブにも、この2つを高めたモデルはあります。しかし、元々が勝っているナイロン製も、このモデルは豊富です。そのため、ナイロン製が優位と言えるでしょう。

ナイロン製のサイクルグローブは快適で、長く着け心地を保てるのが特徴です。そのため、夏対応のサイクルグローブは、ナイロン製が多くなっています。ポリエステル製サイクルグローブと同様に、手洗いや洗濯機で洗えるモデルが主流です。洗剤残りや日焼けは劣化を早めるので、しっかり濯いで陰干しするといいでしょう。

高級感がありフィット感と防寒性が高い革製

革製は本革と合成皮革の2つに大別されます。主流は合成皮革で、フィット感や高級感を高めるのが魅力です。合成皮革は本革より水に強い一方で、ポリエステルやナイロンほど耐水性はありません。また、高温多湿な環境にも弱いです。しかし、薄くても防寒性は圧倒的に優位です。冬用に活躍する性能を組み込みやすく、温かいサイクルグローブが選べます。革製も他の素材と同じで、洗濯機は避けて揉み洗いするといいでしょう。乾かし方も同じです。

季節や環境に対応できる性能を選ぶ

夏用は快適性を重視する

暑い時期に使うサイクルグローブは、快適性を重視するのがおすすめです。ロングフィンガーはもちろん、ハーフフィンガーも、通気性や速乾性に長けていると快適に使えます。また、気持ちよく使える機能もおすすめです。タオル生地が親指側にあると、汗を拭くときに重宝するでしょう。サイクルグローブは汗をかくと脱ぎにくくなり、素早く脱げるクイックリリースなども便利な機能です。通気性を中心に考えて選ぶと、暑い時期でも使いやすくなります。

冬用は機能性と防寒性を主軸に

冬用は厚手になり過ぎると、グリップが落ちてフィット感も下がります。また、グローブを外さないと手が使いにくいのは不便です。一方で、防寒性がないと手がかじかんで、操作性が下がります。そのため、防寒性と機能性の両方を主軸にするのがおすすめです。スマホやサイコンを操作できるタッチパネル対応は、冬用に便利な機能と言えます。防寒に優れた構造やネオプレンのような特殊素材も、冬用として魅力でしょう。

2種類持っていると春と秋にも対応できる

サイクルグローブは温暖な季節用と寒い季節用に、大きく区別されるアクセサリーです。また、自転車で走っていると、体感温度は低くなります。春と秋は天候や時間帯によっても、寒暖差が激しくなるでしょう。そのため、春と秋は初めと終わり、時間帯に合わせてサイクルグローブを変えると非常に便利です。特徴が違うサイクルグローブが2種あると、色々な季節や天候、路面状況にも対応できます。

操作性を下げないサイズ感で選ぶ

手囲いの長さを基準にしっかり合わせる

サイクルグローブはフィットしたサイズを選ばないと、操作性が下がります。そのため、選ぶ前に手の大きさを測るのが肝要です。メーカーやショップが目安を定めていない場合は、手の長さ、もしくは手囲い(拳の周り)の長さを測って決めるといいでしょう。メーカー指定の測定法が解る場合は、それに従って下さい。

キッズ用サイクルグローブは、子供の手に合わせて特化しています。3歳から6歳用などの年齢設定があり、サイズの目安も様々です。そのため、ほとんどのキッズ用サイクルグローブは、メーカーやショップが数値を定めています。それに合わせてサイズを決めるといいでしょう。高学年になると手が大きくなり、大人用がいいケースもあります。

握り拳をつくったときに小指の付け根に隙間ができないものを

小指の付け根に隙間ができないサイズにすると、握り拳をつくった際に遊びがなくなります。フィット感が高くなり、ハンドルを楽に握れるでしょう。また、グリップ力も上がります。手を開いたとき、指先に5㎜程度の余裕を持たせるのが理想です。

サイクルグローブのサイズはメンズがS、M、L、レディースはSとMが主流です。ユニセックスには、それ以上の豊富なサイズがあります。一般的な手の長さの目安は、男女ともSが16から17㎝。Mが17から18㎝で、Lは18から19㎝です。手囲いの目安はSが19から20㎝。Mが20から21㎝で、Lは21から22㎝が目安となります。

サイクルグローブのおすすめブランド・メーカー

シマノ

国内で最も知られる自転車パーツ界の重鎮

日本の自転車パーツメーカーと言えばシマノです。自転車の部品一式をコンポーネントと呼びますが、この呼称はシマノ製パーツと共に、国内外で定着したと言えます。また、アウトドアのメーカーとしても世界的と言えるでしょう。高い技術力と豊富な知識を生かした、多様なサイクルグローブが揃っています。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

性別と年齢に合わせて様々なサイクルグローブを選べる

ルイガノはカナダのメーカーです。経営者ルイ・ガノーはトラック競技のカナダ王者で、ロス五輪の代表でもあります。トップレーサーである本人が現役の最後に興したメーカーで、サイクリストのツボを突いた設計やデザインが魅力です。性別や年齢を問わず、自分好みを見つけやすいでしょう。

CASTELLI(カステリ)

サイクルウェアをメインとするイタリアのメーカー

カステリはイタリアのメーカーで、赤いサソリがトレードマークです。ウェアを主軸に、サイクルグローブや帽子と言ったアクセサリーも展開しています。タフな環境で吟味しながら製品を作るため、サイクルグローブは非常に高品質です。デザインが豊かで、日本人の支持を得ているのも特徴でしょう。

kabuto(カブト)

日本人の手に合う高性能なサイクルグローブが魅力

高性能なサイクリングヘルメットで知られるカブトは、良質なサイクルグローブを造ることでも有名です。トップライダーから得るデータを元に細かな設定を行っており、サイクルグローブも非常に高性能と言えるでしょう。日本のメーカーと言うこともあり、日本人の体格を意識したデザインが魅力です。サイズが非常に豊富で、レディースやキッズ用も選べます。

おすすめ&人気のサイクルグローブランキング

夏用でおすすめのサイクルグローブ

シマノ-ESCAPE Glove (3,762円)

豊富な機能とサイズがあり春にも使える

4種のカラーバリエーションがあるハーフフィンガーです。サイズはSからXLまでの4種で、男性にとっては幅広く選べます。女性でも手が大きい場合は、Sサイズが合うでしょう。主素材にポリエステルを採用し、メッシュで通気性が高い構造です。春に使うことも見越し、2シーズン対応になっています。

手の平の衝撃吸収材にはPORON XRDを採用しています。PORON XRDはスキー、スノーボードのプロテクターなどに使われており、衝撃に反応して賢く硬化するマテリアルです。普段は柔らかく手の平にフィットし、衝撃があるとクッションになります。そのため、ホールド感に長けて疲れにくいタイプと言えるでしょう。ロングライドやトレーニングには、頼りになるハーフフィンガーです。

カブト-SPG-6 (2,712円)

ロングライドする女性や子供にも選べるタイプ

万能スポーツモデルのハーフフィンガーで、ロードバイクやMTB以外のスポーツにも使えるモデルです。非常にサイズが豊富で、3XSから2XLまで8種類も揃っています。色にピンクとパープルがあり、女性や子供も安心して選べるでしょう。

拳をつくってから縫製を行っており、手の平の生地には軽量化を施しています。手首の可動を考えたベルクロ(マジックテープ)や、柔らかいパットは秀逸です。操作性とフィット感を主軸に、クイックリリースやスウェットパットで快適性も高めています。価格帯から見て、この総合力は非常に魅力と言えるでしょう。普通の自転車に乗る場合も、機能的に使えておすすめです。

アーチグローバル-サイクリンググローブ (1,107円)

伸縮性の生地を採用しフィット感を追求したグローブ

最新の人間工学に基づいたサイクルグローブです。手の平のグリップとパッドも人間工学に基づいた配置で、理にかなっているのが特徴と言えます。競技などで使う戦略的モデルではなく、普段からも使える汎用性が高いサイクルグローブでしょう。そのため、趣味でのツーリングや通勤通学に選びやすいモデルです。

手の平は全面シリコン製で、手とハンドルにピッタリとフィットします。生地にはポリジックレーヨンを採用。伸縮性と耐熱性を保ちながら、レーヨンの弱点である耐水性を克服しています。汗をかいても快適で、肌に優しい点も嬉しいメリットでしょう。サイズはSからXLの4つで、女性にも使えるユニセックスになっています。

パールイズミ-2019年秋冬モデル レーシンググローブ 24 (3,080円)

UPF値+50で紫外線には特に強い

パールイズミはオリンピック選手にもサイクルウェアを提供している、世界的に有名な日本のメーカーです。通気性や快適性では世界を牽引しており、このサイクルグローブも速乾効果と殺菌効果が魅力になっています。また、涼遮熱機能も魅力で、涼しく保ちたい夏場におすすめと言えるでしょう。紫外線に強くUPF値+50という点は、高い付加価値です。

手の平の生地にクイックリリースがあり、紐は使っていません。DHバーを付けた競技用自転車でも、引っ掛かりがなく使えます。トレーニングや競技、趣味に重宝するでしょう。手の平は中厚のパッドで、舗装道路や屋内での競技に強いメーカーです。そのため、ロードバイクや普通の自転車に最適と言えます。

ジロ-ZERO CS (4,875円)

エントリー用としては非常におすすめの性能と価格

GIROはプロにグローブを提供するアメリカのメーカーです。解りづらいサイズ感は外国製の難点ですが、アジアンフィットモデルがあります。そのため、日本人の手にも非常におすすめです。フィット感を重視した、着け心地がいい構造になっています。洗濯機が使える素材で、使用はメーカーも認めているところです。メンテナンスは簡単と言えるでしょう。

しなやかなクールスキンを採用し、通常のサイクルグローブより手の平に近い構造です。手の甲には4ウェイストレッチという、伸縮性重視の生地を配置しています。手と同じ感覚でハンドルを握れ、グローブ自体の扱いも簡単です。エントリーモデルとしては非常におすすめでしょう。前7種の色があり、SからXLまで4つのサイズがあります。サイズが合う場合は女性にも非常におすすめです。

冬用でおすすめのサイクルグローブ

シマノ-WINDSTOPPERR インサレーテッド グローブ (4,235円)

機能性と快適性を備えた高機能サイクルグローブ

SからLの主要3種と、XLが選べる秋冬用のサイクルグローブです。カラーバリエーションは4つで、リフレクターを採用しています。暗い時間に差し掛かっても目立ち、走行の安全性が向上。トレーニング用や通勤通学用には、非常に嬉しいポイントでしょう。

ポリ系繊維とナイロン(ポリアミド)の複合グローブで、主素材は手の平がポリエステル、手の甲はナイロンで構成されています。それらに加えて立体構造と内装を工夫することで、高い防風性を実現したサイクルグローブです。風を通しにくいベルクロ式で、タッチパネルにも対応。機能性と快適性を備えている、非常に高機能なサイクルグローブと言えます。

カブト-KG-12W ( ウインターグローブ ) (5,102円)

豊富なサイズがある薄手の冬用グローブ

薄手が特徴の冬用サイクルグローブですが、HIPORAを素材に採用しています。HIPORAはオートバイ用グローブにも採用される生地です。雪や雨、湿度に対して特に強く、通気性が高い特徴を持ちます。そのため、薄手でも5度から10度の温度に適応し、防寒性は高いと言えるでしょう。操作性を重視する場合はおすすめです。

3種のカラーバリエーションがあり、ブラック&グレーには特にサイズが豊富です。XSから2XLまでの計6サイズを展開しています。合成皮革を採用した手の平は、フラットで握り心地重視。しかし、グリップ力も保っており安心です。リフレクター付きでタッチパネルにも対応しています。機能性も十分と言えるでしょう。普通の自転車に乗る女性用も使いやすい性能で、安全性の助けになります。

リクライ-サイクルグローブ (1,680円)

4シーズン対応の格安フルフィンガー

ユニセックスタイプのフルフィンガーで、サイズはMとL、XLの3つです。そのため、男性向けとして選びやすいサイズ感になるでしょう。主素材はポリエステル60%で、ポリウレタンとナイロンも配合されています。通気性にも気を遣ったモデルです。

手の平にはシリコンの立体パッドを配置しています。フィット感よりも、防御力と衝撃吸収に長けたサイクルグローブでしょう。完全防水ではないものの、防水加工で雪などに強い生地です。また、タッチパネル対応も便利と言えます。ローコストですが、リクライは健康器具メーカーとして有名です。値段以上の品質があり、普段使いには申し分ありません。

ゴリックス-サイクルグローブ (2,600円)

手が大きな男性におすすめのサイズ感

ゴリックスはECサイトのブランドで、大阪が拠点です。有名とは言えませんが、選びやすい機能と価格帯、品質の良さから、初心者などを中心に人気が高まっています。冬用サイクルグローブを試すなら、エントリー用として非常に魅力的なメーカーです。

サイズはMとL、XLの3つです。メーカー目安が一般的な目安よりも大きく、手が大きい男性におすすめと言えるでしょう。5度から15度対応で防風性があり、ベルクロ式でしっかり保温できます。タッチパネル対応で、スポンジパットや滑り止めにも余念がありません。価格帯も含めて、総合力は非常に高いと言えます。

GOLOV.EJOY-サイクリンググローブ (1,890円)

汎用的に使え-10度まで防寒できる

ウィンタースポーツにも使える、-10度対応の万能サイクルグローブです。Sから2XLまでの5サイズがあります。Sは目安の値を見れば、女性も選べるサイズでしょう。人間工学に基づいたフォルムで、フィット感重視と言えます。

防寒効果がある特殊ポリエステルの二重構造で、雨の日にも着用できます。手の平の滑り止めはフィット感を殺さない、現実的な配置です。ファスナーを採用した脱ぎやすいサイクルグローブで、性能面を総評すると日常的にも便利でしょう。寒い地域にもおすすめです。

おしゃれでおすすめのサイクルグローブ

ルイガノ-Ditch Bike Gloves (4,980円)

操作性重視で造られたMTB向けのサイクルグローブ

ルイガノのMTB用モデル、ディッチシリーズです。SからXLの5サイズがあり、インチ計算で手の平を測定します。1インチは2.54㎝程です。このモデルはメンズですが、ディッチグローブはレディースも選べます。オレンジやレッド、ブルーなどのカラーバリエーションが豊富です。

クロスカントリーやエンデューロ用で、オートバイにも使えるタフさがあります。手の平にパットと縫製がないのはデザイン上の戦略で、操作性を追求した結果です。ホールド感はロングフィンガーでも最高クラスと言えるでしょう。普段使いにも非常に有効です。

ルイガノ-Mondo Sprint Bike Gloves (6,980円)

暑くても快適に使える耐振重視のハーフフィンガー

ルイガノのハーフフィンガーモデルで、SからXLまでの4サイズがあります。やや大きなUSサイズで、Sサイズから男性向けのサイズ感です。特に手の平側が計算されたサイクルグローブで、豊富にレザーを使いながらも、フィット感と通気性を保っています。

レザーや通気口を計算して配置。快適に使えるよう調整しています。また、独自の技術により、手の中の湿気を逃がすのが特徴です。ゲルパットを効率的に配置し、ホールド感を失わず耐衝撃性を高めています。手首がフリーになるベルクロの配置も秀逸です。運動性に長けており、トレーニングやツーリングには非常におすすめでしょう。

カステリ-Diluvio C Glove 2020(4,488円)

ネオプレン素材を使った風雨に強いグローブ

厚さ3㎜のネオプレン素材を使った、珍しいサイクルグローブです。ネオプレンは合成ゴムの一種で、イメージしやすい着衣ではウェットスーツなどに用いられています。非常に伸縮性が高く、丈夫で防風性と防寒性がある素材です。

手の平は滑り止めのみの構成で、素材の特徴を加味するとフィット感重視です。また、操作性の高さにも非常に期待が持てるでしょう。Sから2XLの5サイズがあり、Sはメーカー目安で手囲い16.6㎝から18.4㎝です。ユニセックスタイプではありませんが、サイズが合うなら女性にもおすすめです。

シュービル-サイクルグローブ (1,980円)

3シーズン対応で快適性が高いユニセックスタイプ

シュービルは日本のアウトドアメーカーで、ハシビロコウのマークが目印です。汎用的に使えるスポーツ型サイクルグローブを、海外ブランドと同じ工場で製造しています。そのため、非常にハイクラスな性能を、リーズナブルに提供できるのが特徴です。

通気性が高いメッシュ構造を両面に採用。振動が強い部分にゲルパッドも配置しています。ポリウレタン製のライクラ素材を使用しており、伸縮性と弾力に長けて型崩れもありません。4シーズン対応のロングフィンガーであり、レディースとして使えるユニセックスです。非常にコストパフォーマンスが良く、自転車のみに囚われない使い方をするといいでしょう。

まとめ

自分と環境に合う性能のサイクルグローブがおすすめ

サイクルグローブはフィットするサイズにすることが先決です。その上で環境に合わせるといいでしょう。例えば気温が低い晩秋の夜なら、ロングフィンガーの冬用。気温が高い春の昼にはハーフフィンガー。というように、2つ以上の種類を選ぶのがおすすめです。