おしゃれでおすすめの中華スマートウォッチ人気ランキング!【2021最新】

スマートフォンと連動して健康管理やライフログができるスマートウォッチが人気です。腕時計の感覚で、使いこなせばとても便利なガジェット。最近は中国製で購入しやすい価格のものが沢山販売されています。価格帯や機能も様々で一つ選ぼうとすると迷ってしまうほど。そこで今回は中華スマートウォッチについて、特徴や選び方、人気の商品まで詳しく解説します。コスパが良く使い勝手もいい中華スマートフォンを探している方は是非この記事を参考にして下さいね。

中華スマートウォッチとは?

中国製のおしゃれな腕時計型端末

20年ほど前に時計用OSを搭載したウェアラブル端末のスマートウォッチが製品化され、2010年代になると活動量計機能を搭載したスマートウォッチが登場。2014年に発売されたアップルウォッチにより市場が拡大しました。2015年になって廉価な中国製のスマートウォッチが発売され購入しやすい価格で人気となり、現在では数多くの製品があります。

中華スマートウォッチの特徴

活動量計にはない多数の機能を搭載しながらリーズナブル

腕時計のように手首に付けて、歩数や脈拍、運動量や睡眠の状態を測ることができるのが活動量計です。健康管理に役立ち運動中の負荷の状態を知って健康に役立てられる便利なアイテム。スマートウォッチはBluetooth通信を使ってスマートフォンと連動させ、電話やSNSのメッセージが受信可能。活動量計よりも更に多くの機能を使うことができ、中国製なら価格も購入しやすくなっています。

日本語化されている製品が増えてきている

海外モデルのスマートウォッチの対応言語は英語がスタンダード。かつての廉価な中国製の中には日本語非対応のモデルもあり、購入したもののメールやSNSメッセージを読む時に使い勝手が悪く困ることもありました。しかし、日本で中華スマートウォッチの需要が増えるにつれ、日本語対応の製品が多くなったので購入前にスペックで対応言語を確認するようにしましょう。

中華スマートウォッチでできること

心拍数測定や血圧測定などの健康管理

スマートウォッチは元々スポーツシーンでの利用が目的で、ランニング時の心拍数など体の状態を確認する機能に優れています。屋外での体の状態を知り、スマホアプリにデータを記録して健康管理に役立てられるのはとても便利。スポーツをしない人にも普及した現在では、日常生活の様々なデータを知るのに利用する人が増えています。

電子マネーを使った決済

日常生活での便利な機能として電子マネー決済対応が挙げられます。Apple PayやGoogle Payなどが利用可能で、ランニング中などにコンビニで買い物などができます。スマホにクレジットカードのデータを登録しておけば、端末にスマートウォッチをかざすだけなので、カードや財布も必要ありませんよ。

GPS機能による道案内

GPS機能搭載モデルなら、道案内として利用することが可能。カーナビのように次に曲がる方向やそこまでの距離を表示してくれるので、スマホの地図アプリよりも分かりやすく知らない土地でも安心です。GPSのログを活用すれば、旅先での経路や立ち寄った店などまで記録できて便利ですよ。

着信やメール受信の通知

電話やメールをスマホなしで知ることができる機能も搭載されています。移動中や会議中などでも振動によって知らせてくれますよ。SIMカードを使ったデータ通信対応モデルなら、スマホの通信を利用しなくてもインターネットが利用でき便利。ワイヤレスイヤホンを使って通話できるものや、本体がイヤホンになったスマートウォッチもあります。

ホーム画面でのスケジュール管理

スマホのスケジュール管理アプリは沢山ありますが、予定を入れてもそれに従って実行するのは継続が難しいことも。スマートウォッチなら、画面に予定と時刻が出るだけでなく進行中の予定や進行状況まで表示されます。手元で確認できるので、モチベーションも上がりますよ。

スマホなしでの音楽再生

内蔵スピーカー搭載モデルや、ヘッドフォンなどのBluetoothアクセサリにスマートウォッチを接続していればスマホがなくても音楽を聴けるモデルもあります。Wear OS by Google搭載のスマートウォッチはiPhone/Androidスマートフォンに対応しています。ただし、Google アカウントとPlay Music アプリのインストールが必要になります。

中華スマートウォッチの使い方

スマホのOSに合わせる

スマートウォッチは、PCやスマホと同じようにオペレーティングシステム(OS)が搭載されています。人気のあるモデルの対応OSは「iOS」と「Wear OS by Google」。Android携帯端末やiPhoneとBluetoothでペアリングします。Wear OS by Googleの場合、Wear OS1.0と2.0があり、旧Andoroid Wearも数種類あります。対応OSが合わないとスマートウォッチが使えないのでよく確認しましょう。

Bluetoothのバージョンを合わせる

低価格の中華スマートウォッチの多くはBluetooth接続で通信します。Bluetoothを使えばキャリアの電波やWi-Fiがない環境でもスマホと通信が可能。スペックにはバージョンが記載されているので対応しているかを確認することが必要です。

中華スマートウォッチの選び方

使用環境に合わせて選ぶ

運動時にはGPS機能やライフログ記録機能があるものを

ランニングなどのコースやルート、距離やスピードなどを記録するにはGPS機能搭載モデルが便利。スマホにインストールした専用アプリでデータを確認できます。また、運動時の体への負荷を知ることも大切なので、心拍数などのデータと併せて管理できれば自分に合ったトレーニングができますよ。

防塵・防水性能があれば雨の日も安心

運動や屋外での使用時に気になる天候の急変。傘を持たない運動の時でも防水性があれば安心です。スペックを見てIPと記載されていれば防塵・防水機能があるモデルです。IPの直後の数字は防塵、その後ろが防水機能で数値が大きいほど効果が高くなります。ただし、Xと記載されている場合はその機能はないということです。雨の場合スマートウォッチが安全と言える目安は防塵5、防水6以上です。

デザインで選ぶ

腕時計型ならビジネスにも使える

元々はスポーツ時用に開発されたスマートウォッチも、腕時計代わりとしての使用する人が増えています。一日中付けていることが多いので、ビジネスからプライベートまで様々なシーンに合うようなデザインがおすすめ。高級腕時計のようなデザインならスーツにもぴったりです。シンプルなアナログ時計型や有名ブランドとコラボしたおしゃれなものもありますよ。ウォッチフェイスが簡単に替えられるモデルもあります。

リストバンド型はスポーツや健康管理に便利

求める機能がシンプルでオーバースペックなものは不要という方には、バンド部分と横幅が同程度のディスプレイのスリムなモデルがおすすめ。ディスプレイが軽量なのでアナログ時計型やタッチディスプレイ型と比べ、運動時にも楽です。画面サイズは狭いですが、ライフログ機能にも特化しているので目的に合ったタイプを選ぶとよいでしょう。

中華スマートウォッチのおすすめブランド・メーカー

HUAWEI(ファーウェイ)

シンプルで使いやすいラインナップ

リーズナブルなスマートフォンで馴染みのあるファーウェイ。スマートウォッチはバンドタイプから腕時計タイプまで、スポーツシーンで便利な機能を搭載した製品が揃っています。取り外してヘッドセットになるバンド式や高い防水機能搭載で、スイミングも安心なモデルなど目的に合わせて選びやすいですよ。デザインや色もシンプル、有機ELディスプレイで文字も見やすく様々なシーンに対応します。

COULAX(クーラックス)

初期設定が簡単でコスパもいい

2013年に設立されスマートウォッチを中心に扱っているクーラックス。1.33インチのフルタッチスクリーンのモデルは左右にスライドして画面の切り替え操作が簡単。7種類の運動モードの他、振動で伝える着信通知、スマホのカメラが簡単に操作できるカメラ制御機能など便利な機能を搭載しています。

Mobvoi(モブボイ)

スタイリッシュで機能的なモデルが揃う

北京が拠点のAI企業モブボイのスマートウォッチは腕時計型で高級感があります。健康管理など実用性だけでなく、デザインも普段のファッションによく馴染むよう洗練されています。アクティブなシーンに合わせたモデルは水深50mまで耐えられる防水性。グーグルアシスタントやプレイストアのアプリを使い多彩な機能を簡単な操作で利用できます。

Xiaomi(シャオミ)

コスパの高い多彩なラインナップ

北京の総合家電メーカー、シャオミ。バンドタイプのMi Bandシリーズ、タッチスクリーンのAmazfit Bipなどリーズナブルな価格でとてもよく売れています。バンドタイプは替えバンドのカラーの豊富さも魅力でファッション雑貨のような感覚で付けられます。AmazfitBipはバッテリーの持ちも良くスタイリッシュで薄型、スポーツシーンにも多彩な機能を搭載。

おすすめ&人気の中華スマートウォッチランキング

5,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチ

itDEAL – スマートウォッチ(3,996円)

11ヶ国語対応の小型軽量スマートバンド

健康管理や運動時には1日中付けていることが多いスマートウォッチ。慣れない人は大きくて重さのあるタイプを付け続けるとストレスを感じることもあります。しかし、就寝時でも違和感の少ない幅2cmのバンドでとても軽い素材がフィットします。0.96インチの画面は強い日射しの下でも見やすく、反転するだけで点灯します。

Android4.4/iOS 8.0以上、Bluetooth4.0/以上のスマホに対応。心拍数や睡眠モニター、長座注意や運動時のデータ管理の他にメールや着信通知機能など毎日の生活に役立つ機能を搭載しています。20種類のアラームがありスケジュール管理に役立ちます。

BOZLUN – スマートウォッチ レディース(4,999円)

ファッション時計のようなデザインも魅力

見やすさを考えて大き目の画面のスマートウォッチが欲しいけれど、男性的なものは付けたくない方におすすめ。トレンドの大き目文字盤の腕時計のような綺麗なデザインです。ユニセックスなブラックもあるので男性も付けられます。高精細OLEDカラースクリーンを採用した省エネ軽量タイプ。航空アルミを本体に使用し高級感のある質感です。

バンド部分は長時間付けていても疲れない手首にフィットする快適なシリコン製。アプリ連携で様々な運動時の記録や健康管理も快適です。背面に2ピンの磁気コネクターを接続する充電方法で外さなくてもいいので便利です。

Yamay – スマートウォッチ(3,699円)

多彩な機能とおしゃれなツートンカラー

ウォーキングやランニングからサイクリングまで様々な運動効果をモニターする活動量計の機能に、スマートウォッチの機能を備えたスマートバンド。電話やメールの通知、睡眠モニタリング機能などの他、長座注意や目覚ましとしても使用可能。カメラの遠隔操作ができるスマートショットも便利です。

0.96インチのカラースクリーンに鮮明な文字で日射しが強くても見やすくなっています。専用のアプリ「Veryfit pro」と同期すれば、分析した系統的なデータをスマホで見ることが可能。機能性とコスパのバランスが良く、初めてでも使いやすいです。ブラックとビビッドカラーのコントラストもおしゃれです。

5,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチの比較表

商品画像
ブランドitDEALBOZLUNYamay
商品名スマートウォッチスマートウォッチ レディーススマートウォッチ
価格3,996円4,999円3,699円
特徴11ヶ国語対応の小型軽量スマートバンドファッション時計のようなデザインも魅力多彩な機能とおしゃれなツートンカラー
対応機種iOS8.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.0〜
iOS8.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.0〜
iOS7.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.0〜
使用可能日数5〜7日7日7日

10,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチ

Xiaomi – Mi Band 4 (5,390円)

小型軽量で長時間付けていてもラク

0.95インチとMi Band 3からやや大きくなった有機ELディスプレイで表示領域が増え、見やすく進化しました。重量も22.1gしかなく運動時や睡眠時も快適です。心拍数モニター、消費カロリー計算や長座注意などの健康管理機能の他に、着信通知やスケジュール管理など多数の便利な機能を搭載しています。

通常の使用なら一回の充電で20日間連続使用することが可能でアクティブユーザーにおすすめ。コスパの良さと品質の高さのバランスがいいモデルです。Mi Fitアプリを使用することでデータ管理も楽ですよ。豊富な替えバンドも魅力的で、その日の気分によって変えられます。

Huawei – Band 3 Pro (7,360円)

有機ELタッチスクリーンで35文字まで表示が可能

0.95インチのカラースクリーンで見やすく、25gととても軽量なので睡眠時も快適。心拍計測など基本の機能に加え、水泳対応を強化したモデルです。独立型のGPS内蔵しスマホと連携しなくてもスポーツトラッキングが可能です。消費電力がとても少ないのでGPSは7時間連続使用できます。

HUAWEI Healthアプリと連携してスマホで記録データが確認可能。ハーバード大学の機関に承認された正確な睡眠解析や、音楽が鳴るスマートフォン探索も便利です。5分間の充電で4時間音楽を再生でき、ホワイトベルトにゴールド金具が付いたカラーはバングルのようなおしゃれさがあります。

UMIDIGI – スマートウォッチ Watch2S(7,980円)

1.3インチ大画面&好みのバンドに交換して楽しめる

フルタッチディスプレーで見やすく、上下左右にスワイプすることで操作します。 専用アプリDa Fitで健康管理や様々な運動時のトラッキング、着信通知やSNSなどの機能が使えます。軽く操作もシンプルなので、スマートウォッチが初めての方にもおすすめ。

Android 4.4 / iOS 9.0以降、Bluetooth5.0に対応。リーズナブルですが高級感がありバッテリーの持ちの良さも魅力的。絶妙な自動点灯・自動消灯タイムも快適です。Da Fitをダウンロードして立ち上げ、BluetoothをONにしてから関連付けるだけですぐに使えます。

Helius – スマートウォッチ BT通話機能付き(8,862円)

Bluetooth通話機能付きのスタイリッシュなモデル

1.3インチ高解像度のフルタッチスクリーンで上下左右にスムーズにスライドできます。専用アプリ「smart time」を使って睡眠データや心拍数のデータ管理が可能。健康管理から運動時のトラッキングなど27もの多彩なメニューが搭載されています。

ブラックのボディに赤の針がスタイリッシュでおしゃれ。Andoroid4.4以上/iOS8.4、Bluetooth4.0に対応しています。音楽再生と停止、進む・戻るなどの操作が可能で運動時にも音楽が聴けます。回してアラームを消し、手を上げて画面ロックの解除操作、ウォッチを振ってメインメニューの切り替えが可能。最新Bluetoothに対応、電話番号が表示され、素早く電話に出たりかけたりすることができます。

10,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチの比較表

商品画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: imgrc0084380738.jpg
ブランドXiaomiHuaweiUMIDIGI Helius
商品名Mi Band 4Band 3 ProUwatch2Sスマートウォッチ BT通話機能付き
価格5,390円7,360円7,980円8,862円
特徴小型軽量で長時間付けていてもラク有機ELタッチスクリーンで35文字まで表示が可能1.3インチ大画面&好みのバンドに交換して楽しめるBluetooth通話機能付きのスタイリッシュなモデル
対応機種iOS9.0〜
Android4.4〜
Bluetooth5.0〜
iOS9.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.2〜
iOS9.0〜
Android4.4〜
Bluetooth5.0〜
iOS8.4〜
Android4.4〜
Bluetooth4.0〜
使用可能日数20日10日15日2〜5日

15,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチ

Xiaomi – Amazfit Bip スマートウォッチ(12,012円)

最長45日間の連続使用が可能

4つの運動モードをサポートし様々なデータを見られるだけでなく、センサーで心拍数が高くなった時には警告を出し安全に運動できます。重量も32gと軽く、手によくなじむシリコン製のバンドです。丁度いいサイズの文字盤も使いやすいですよ。世界でスマホの売上トップ5に入る人気モデル。Apple Watchに良く似ていますがとてもリーズナブルです。

Andoroid4.4/iOS8以降、Bluetooth4.0に対応。専用アプリはMi fitで、日本語対応なので安心です。メッセージの通知受け取りと活動量測定のみの使用なら一度充電すればバッテリの持ちも良く、専用アプリでデザイン変更できる画面はメールやSNSメッセージを読む時も快適です。

SEICH – スマートウォッチ(12,988円)

デザイン性と実用性に優れたスマートウォッチ

クォーツムーブメントとスマートムーブメントの文字盤が珍しい、おしゃれなデザインが特徴のスマートウォッチ。0.96インチ画面は見やすく、健康管理からスポーツ時や仕事まで簡単な操作で使いやすくなっています。シンプルなので女性にもおすすめです。

Android4.4/iOS 9.0以上、Bluetooth4.0に対応しています。バッテリーの持ちも良く、腕を傾けると自動で点灯するので便利。スマホと同期することで着信やメール、SNSメッセージを振動で知らせ、ボタンを押しで電話を拒否する事も可能です。

HOKONUI – スマートブレスレット(12,999円)

スマートウォッチとワイヤレスイヤホンを両立したモデル

スマホに電話が来たら、ボタンでイヤホン(文字盤)を外せばイヤホンになり通話ができる便利なスマートウォッチです。スマートウォッチ上のタッチキーを押す操作だけなので簡単。ただし、LINE通話には非対応です。健康管理や運動のトラッキングなど多彩な機能も搭載しています。

Android4.4/iOS9.0、Bluetooth4.0以上に対応しています。アプリを使ってイヤホンで音楽を聴くこともでき便利。ワイヤレス通話の設定は「H Band」を選び設定-デバイスV08sを探してクリックすることにより接続できます。そしてイヤホンを外し、スマートウォッチの’イヤホン’を3秒長押ししてイヤホンを接続モードにします。

HUAWEI- スマートウォッチ WATCH GT(13,600円)

ビジネスからカジュアルシーンまで馴染むデザイン

アナログ腕時計のようなスマートウォッチを探している方におすすめのデザイン。男性的でかっこいい文字盤が揃っています。文字盤は1.39インチ、シリコンバンドなので手首に馴染み付けていても疲れにくいですよ。健康管理から運動時のトラッキング、着信やメール・SNSの通知が簡単な操作でできます。

Android4.4以降/iOS9.0以上に対応しており、世界中で利用可能な3つの衛星測位システムを搭載、フィードバックをリアルタイムに提供しサポートします。手を挙げると自動的にオンになり、手首を振ると画面が次に進みます。たくさんのデザインの中から好きなウォッチフェイスを選択してカスタマイズできます。

15,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチの比較表

商品画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0204-006881.jpg
ブランドXiaomiSEICHHOKONUI HUAWEI
商品名Amazfit Bip スマートウォッチスマートウォッチスマートブレスレットスマートウォッチ WATCH GT
価格12,012円12,988円12,999円13,600円
特徴最長45日間の連続使用が可能デザイン性と実用性に優れたスマートウォッチスマートウォッチとワイヤレスイヤホンを両立したモデルビジネスからカジュアルシーンまで馴染むデザイン
対応機種iOS8.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.0〜
iOS9.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.0〜
iOS9.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.0〜
iOS9.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.2〜
使用可能日数45日7〜8日5〜7日

20,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチ

Mobvoi – TicWatch E2 スマートウォッチ(19,349円)

水深50mまで耐えられる5ATM防水レベル

水泳やマリンスポーツ時にも安心な防水能力とトラッキングに役立つ水泳モニタパターン搭載。強力な内蔵GPSで正確な位置情報が得られるマルチナビゲーションシステムも便利です。ただし、睡眠モニター機能はありません。付け替えできるウォッチフェイスやストラップも豊富でカスタマイズする楽しさもありますよ。モブボイ製のTicPods Free Bluetooth ワイヤレスイヤホン(インイヤータイプ)を使えば、音楽を聴きながら運動することができます。

1.4インチと大き目のサイズですが48.5gと軽く疲れません。スマートウォッチ向けに開発されたオペレーティングシステム Wear OS by Googleに対応。スマホとウォッチを充電したら、スマホのBluetoothをONにしPlayストアでアプリを開きセットアップの手順に従い操作します。ウォッチの名前が出たらタップし、スマホのペア設定をタップすれば接続できます。

Fitbit – Versa Lite スマートウォッチ(18,299円)

フィットネスとスマート機能搭載のおしゃれなスマートウォッチ

中華スマートウォッチに見えないようなデザインやクオリティを探している方におすすめ。モノトーンからビビッドカラーまで好みに合わせたおしゃれなスマートウォッチが選べます。デザインもシンプル、操作もワンボタン式で簡単です。

Android5.0以上/iOS 10.0以上でBluetooth 4.0以上に対応しています。日々の様々なデータや健康管理をサポートし、エクササイズモードは15種類と多彩。スマホへの着信やメール、SNSのメッセージはディスプレイと振動で知らせてくれます。音楽データの保存や再生もでき、ウォッチフェイスを変えたりして楽しむこともできます。

20,000円以下でおすすめの中華スマートウォッチの比較表

商品画像
ブランドMobvoi Fitbit
商品名TicWatch E2 スマートウォッチVersa Lite スマートウォッチ
価格19,349円18,299円
特徴水深50mまで耐えられる5ATM防水レベルフィットネスとスマート機能搭載のおしゃれなスマートウォッチ
対応機種iOS10.0〜
Android4.4〜
Bluetooth4.1〜
iOS10.0〜
Android5.0〜
Bluetooth4.0〜
使用可能日数2日4日以上

まとめ

使用目的に合った機能のスマートウォッチを選ぼう

スマートウォッチを選ぶ上で大切なポイントは、搭載されている機能が自分の目的に合っているかということ。目的に合っていればメニューが多くなくても毎日の健康管理やライフログにとても役立ちます。また、スマホと連動して使うものなのでOSや通信規格を合わせることも重要です。さらに長時間身に付けているので装着感の良さもチェックしたいもの。今回はリーズナブルでコスパのいい中華スマートウォッチについて解説しました。この記事を参考にして是非お気に入りを見つけて下さいね。

中華スマートウォッチに関するQ&A

中華スマートウォッチを選ぶ際のコツは?

中華スマートウォッチを購入する前には、すでに購入した方の評価やレビューを確認しておきましょう。手に装着するので、付け心地に関する評価も調べておくと安心ですね。日本語対応している製品も多くなりましたが、中にはアプリや説明書が英語のみという中華スマートウォッチも。初めてスマートウォッチを購入する場合は特に、日本語に対応しているものを選んだ方がよいでしょう。

中華スマートウォッチの強みは?

中華スマートウォッチは、バッテリーの持続時間が非常に長いという特徴があります。Apple Watchや日本製のスマートウォッチの場合1~2日程度で充電する必要がありますが、中華スマートウォッチの場合1週間から2週間連続使用できるものも。リーズナブルで多機能である点に加えて、充電の手間が省ける点も中華スマートウォッチの強みといえるでしょう。

中華スマートウォッチのセキュリティは大丈夫? 

中華スマートウォッチも基本的なOSは共通なので、特に情報が漏れやすいといったことはありません。ただし中古品として出回っている製品の場合、改造されている可能性もあるようです。不正アクセスによる大切なデータの盗み取りや、乗っ取りといったリスクを避けるためにも、信頼のおける大手メーカーの新品を購入した方が安全です。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。