おしゃれでおすすめのステーキ皿人気ランキング!【IHにも】

レストランやステーキ専門店で見かけるステーキ皿。見た目にもおしゃれで、肉料理がより一層美味しく味わえると人気のステーキ皿を自宅でも使ってみませんか。ステーキ皿を使って肉料理を盛り付けると、自宅にいながら本格的なレストラン気分を味わえます。ステーキ皿には、調理に便利なIH対応商品から、ハンドルが付いて食卓を華やかに演出するおしゃれなものまで種類は豊富です。今回はそんなステーキ皿の種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。自宅で手軽にお店気分を味わいたい人や、特別な日の食事に使いたい方は是非この記事を参考にしてみてくださいね。

ステーキ皿の特徴

皿全体を温めることで美味しく焼けた肉をそのまま食卓に出せる

ステーキ皿は、皿自体を熱源で温め調理することが出来る鉄板のことです。鉄製フライパンと違うのは、各ステーキ皿には専用の木台がついていて木台にそのままのせることが出来ます。木台に熱い鉄板をそのままのせることができるので、食材をプレートに移し替えることなく、温かいプレートのまま食卓に並べることが出来るのです。ステーキ皿があれば、美味しく焼けた肉やハンバーグを熱々のままテーブルに並べられ、肉の焼けたジューシーさや音や香りを楽しむことが出来ます。

深めのステーキ皿なら野菜などの炒め物にも使える

ステーキ皿には、浅型と深型があります。ステーキ専用に使うのなら浅型で充分ですが、野菜の炒め物や麺料理など多用途に使うなら深型が便利です。ハンバーグもソースや付け合わせの野菜のみなら浅型でも見映えよく決まりますが、煮込みハンバーグは深型がおすすめ。多様なメニューや方法で肉料理や他のレシピを楽しみたいなら深型がおすすめです。

ステーキ皿の種類・使い方

浅型

鉄板の上でお肉が切りやすい

ステーキ皿の形や皿の深さは、メーカーや製品によって違います。浅型の鉄板は、ナイフやフォークがどこからでも挿入しやすく、切り分けがしやすいのがメリットです。ただソースや餡に水分が多いと、こぼれ落ち火傷することもあるので注意が必要です。

見た目もフラットで、サイズも大きいのが浅型の特徴。ステーキなどの肉料理はもちろん、付け合わせの野菜やパスタも余裕でのせることも出来ます。また水切りも良いので、洗いやすく乾きやすいのも浅型のメリットといえるでしょう。

深型

こぼれやすい汁物や炒め物に使いやすい

フライパンの代わりにそのまま調理して食卓に出すことの出来る深型も便利。深型は、浅型に比べサイズはコンパクトなものが多いですが保温性が高く1度温まった皿の温度を一定に保ちます。最後まで皿の温度が冷えず、食材を温かいまま食べることが出来るでしょう。

また深皿のメリットは、メニューのバリエーションが豊富なところ。深みがあるので、水分が多い料理もこぼれ落ちることなく収まります。炒め物や、あんかけ焼きそば、煮込みハンバーグやビーフシチューといった具材や水分が多いメニューにも利用できるのは便利。ビーフシチューは皿のまま火にかけ、そのまま食卓に出せば最後まで温かい状態で味わうことが出来ます。

ステーキ皿の選び方

自宅の熱源に合わせて選ぶ

IH対応なら熱源を選ばずに使用できる

ほとんどのステーキ皿はガス対応の製品になっています。しかし電化住宅の普及から、IHクッキングヒーターにも対応したステーキ皿も増えてきています。ご自宅の熱源がガスなら問題ありませんが、IHの場合はステーキ皿がIH対応かどうかを確認してから購入するようにしましょう。また、IHの電圧もチェックするポイント。対応電力が自宅の電圧に対応していないなら、しっかり皿を温めることが出来ず本来の美味しさを引き出せなくなります。

オーブン対応ステーキ皿ならグラタンにも使用可能

オーブンの加熱や魚焼きグリルでの加熱にも対応している素材なら、より料理の幅は広がります。角型のステーキ皿や特殊な形状のステーキ皿は、サイズ的にオーブンやグリルに入らないこともあるので、サイズ確認は重要です。あらゆる熱源対応であれば料理の幅が広がるのはもちろん、調理したメニューをそのまま食卓に並べられます。購入する際には、オーブンの幅や奥行きを確認してから選ぶようにしましょう。

形状で選ぶ

ステーキの形に合わせた一般的な小判型

横に長い小判型は、ステーキ皿の中でも最もポピュラーなタイプです。洋食屋やレストランでも一番多い型になっています。小判型は、大きめの肉やサーロインステーキなどの横に長い肉も、皿からはみ出すことなく焼くことが可能。ステーキをメインとして使いたいなら、断然小判型がおすすめです。お肉だけでなく付け合わせの野菜も置けやすく、少ない量でもボリュームたっぷりに見せることが出来るでしょう。

料理を見映えよく盛りつけしやすい丸型

少量の肉や、小さめのハンバーグなど小食の方向けのステーキ皿は丸型がおすすめです。サイズも直径12cmから16cmほどとコンパクトなので、少ない具材や小さめの食材でも充分見映えよく盛り付けることが出来るでしょう。楕円型や長方形のステーキ皿は、少ない量を盛り付けると、隙間が多く貧相な見た目になったり食材も冷めやすくなってしまいます。少量でも見映えよく盛り付けられる丸型は、SNS映えにも最適ですよ。

デザインで選ぶ

シンプルなデザインだと手入れがしやすい

デザインが凝ったものではなく、シンプルでフラットな形のものは手入れがしやすいのでおすすめです。また購入の際には、重量にも注意して選ぶようにしましょう。凝ったデザインのものは、汚れが溜まりやすく洗った後の水切りがしにくいデメリットも。重量があるものは出し入れが大変になるので、日常使いがしにくくなるでしょう。重量が1Kg以下で、シンプルな形状のものほど使い勝手が良いので日常使い用として活用できます。

取っ手部分が刻印や装飾付きならテーブルでおしゃれに映える

テーブルコーディネートにはおしゃれな食器選びが欠かせません。シンプルで洗いやすいものは地味な印象になりがちなことも。有名ブランドのロゴや、特殊な装飾の施されたステーキ皿はテーブルに置くだけで重厚感が増します。刻印やロゴ部分が凹凸状だと、洗いにくさもありますがテーブルに華を添えるには最適。特別な日のディナーやパーティーでは特別感も感じられるでしょう。

ステーキ皿のおすすめブランド・メーカー

ニトリ

お値段以上に見えるデザイン性の高いステーキ皿

お肉が美味しそうに見える。コスパが最高と口コミでも評判のニトリのステーキ皿は、ハンドル付きの3点セットで1,000円以内とリーズナブルです。木台も明るくナチュラルな印象の白木なので、テーブルの雰囲気を明るくします。別売りが多いハンドルがもともと付いているのもポイント。熱く熱したステーキ皿も火傷の心配なく木台に移動できます。

池永鉄工

ベーシックなものから特殊な形状まで幅広い

シンプルでどんなシーンにも使いやすいベーシックタイプから、食欲をそそる牛型のステーキ皿までデザイン豊富に販売しています。特にマルチステーキ皿は木台にあらかじめ塗りが施されているのもポイント。油はねやソースはねで木台にシミが付きにくい構造なのも嬉しいですね。洗いやすくお手入れしやすい形状になっています。

パール金属

リーズナブルなステーキ皿が多く同時買いがしやすい

ステーキ皿の形や深さ、木台の色合いの違いなど多数の種類を揃えるパール金属のステーキ皿。用途や使い道に応じて、お好みのサイズや形状を選べるのは嬉しいですね。価格も1,000円以下のリーズナブルなものもあり、家族分のステーキ皿を揃えるのにも適しています。木台のカラー次第でテーブルの雰囲気も変わるので、インテリアに合わせて選んでもいいですね。

イシガキ産業

ガスだけでなくあらゆる熱源に対応でマルチで活躍

ガス火専用商品が多い中、IHにも対応しているステーキ皿が豊富。どんな家庭の熱源にも対応しているステーキ皿は、場所やシーンを選ばず活用していただけます。オーブンやコンロにも対応しており、チキンや豚のオーブン料理もステーキ皿にのせたまま調理が可能です。オーブンやコンロから出して、皿に移し替える必要がないので調理の時短にもなります。

おすすめ&人気のステーキ皿ランキング

IH対応でおすすめのステーキ皿

暮らし楽市-ステーキ皿2枚セット(3,465円)

料理を熱々の状態で提供できるハンドル付きのステーキ皿セット

熱伝導が高く、食材を時間が経っても継続して温める鋳物のステーキ皿です。IH対応で熱源を選ばずに使えるうえ、魚焼きグリルにも対応しています。グリルを使わず、鉄プレートにのせたまま調理できるのでグリルを汚すことがありません。

熱々の料理をそのまま食卓に運べるように、ハンドルも付いています。ミトンやフキンでつかまなくて良いので火傷の心配がないのはいいですね。2枚組価格となっているので、1枚2,000円以下と経済的なのも嬉しいポイントです。まとめ買いもしやすいでしょう。

パール金属-鉄板ステーキ皿(2,434円)

リーズナブルに本格洋食気分が味わえるプレートセット

ステーキ皿の横サイズは約24cmと切り分けたステーキの盛り合わせや、サーロインステーキの盛り付けにも適したサイズになっています。横幅と高さがあるので、お肉やハンバーグはもちろん野菜の付け合わせも余裕で置くことが出来ます。

高さは25㎜あるので、ソースやドレッシングをかけてもこぼれ落ちることはありません。2枚セットでのこの価格はとてもリーズナブルなので、初めてステーキ皿を購入する人や、あまり使う機会がない人にも購入しやすい価格になっています。

安吉-16cmスクエアステーキプレート(990円)

レシピのバリエーションがぐっと広がるスクエア型

直径12cmのミニサイズのステーキ皿です。直火はもちろん、オーブンやIHにもお使いいただけます。オーブンに盛り付けて焼けばそのまま食卓に出せるので、家事の時短にもつながります。

取っ手も付いているので、鉄板が熱くなってもつかみやすいのも使いやすいポイント。同ブランドには、メニューごとにピッタリなステーキプレートが種類豊富に販売されています。価格もリーズナブルなので同時購入もしやすいですね。

前田家-スキレット型ステーキ皿(4,626円)

職人の技術が光るどんな鉄板料理にも対応するステーキ皿

直径22cmの丸型のステーキプレートです。丸型のステーキ皿のポイントは、ステーキ皿として使うのはもちろんスパゲッティーや焼きそばなどの麺類など様々な料理にも使いやすい仕様になっています。

この鉄鋳物プレートは、職人の確かな技術をもとに丁寧に製造されている高品質製品。焼きムラがなく、お肉は表面はカリッと中はジューシーに焼きあがります。使用範囲も高いので、様々なシーンで活躍するでしょう。

イシガキ産業-角型ステーキプレート(1,804円)

コスパ優秀で使いやすいシンプルなステーキ皿

ガスだけでなくIHでも使用可能な使いやすさに加え、長方形のビッグなサイズは丸型よりも食材の配置がしやすいと人気の型。食材を余裕をもって盛り付けられるので、まるでお店のような本格的なディナーを味わえるでしょう。

木製の鉄板台も特殊なカーブのデザインで、おしゃれな雰囲気を演出。テーブル中央に置くだけで、存在感があり食卓を華やかに変えてくれるでしょう。28cmと大きめサイズでありながら価格も2,000円以内とリーズナブルなのもポイントです。

plywoodFurniture-蓋つき鉄板ステーキ皿(14,300円)

4.5㎜の厚さが本格鉄板焼き店のような旨味と美味しさを引き出す

鉄板の厚みで熱伝導が均等に広く伝わり、焼きムラがなく食材を均一に焼き上げます。蓄熱性が高いので、1度温度が上がると生の食材をのせても温度が下がりません。食材本来の旨味を最大限に引き出すので、自宅にいながら本格鉄板焼きのような焼き上がりを楽しめるでしょう。

IHでもガス火と同等の旨味を引き出せるので、表面は瞬時に焼き旨味をギュッと中に閉じ込めます。経年変化で味わいが出る天然木のハンドル付きなのもおしゃれで嬉しい。蒸し焼きも出来る蓋つきで、食卓まで蓋をして旨味と温度を閉じ込めることが出来るでしょう。

IH対応でおすすめのステーキ皿の比較表

商品画像





ブランド暮らし
楽市
パール
金属
安吉前田家イシガキ
産業
plywood
Furniture
商品名ステーキ皿2枚セット鉄板ステーキ皿16cmスクエアステーキプレートスキレット型ステーキ皿角型ステーキプレート蓋つき鉄板ステーキ皿
価格3,465円2,434円990円4,626円1,804円14,300円
特徴料理を熱々の状態で提供できるハンドル付きのステーキ皿セットリーズナブルに本格洋食気分が味わえるプレートセットレシピのバリエーションがぐっと広がるスクエア型職人の技術が光るどんな鉄板料理にも対応するステーキ皿コスパ優秀で使いやすいシンプルなステーキ皿4.5㎜の厚さが本格鉄板焼き店のような旨味と美味しさを引き出す
サイズ幅23.5×奥行17cm幅23.8×奥行13.5×高さ2.5cm幅24.5×奥行15.7×高さ4.3cm幅22×奥行22cm幅24.2×奥行13.2×高さ8cm幅42×奥行16×高さ9.5cm
重量996g
※梱包重量
850g1050g950g2400g

手入れがしやすいおすすめのステーキ皿

池永鉄工-マルチステーキ皿(3,828円)

塗りの施されたシミになりにくい木台プレート

受け皿に塗りが施されているので、油ハネがあってもシミになりにくくなっています。シミやソースがプレートに浮く状態で残るので、硬く絞ったタオルで拭くだけで汚れもサッと拭えます。お手入れがより簡単な仕様となっています。

横幅23.4cmと使い勝手の良いサイズ感で、細かな溝や装飾もないシンプル設計。どんなメニューにも使いやすく、お手入れもしやすいコスパ重視のステーキ皿になっています。ガス火のみの対応なので、IH熱源仕様の家庭では使用できません。

トキワ-樹脂製台ステーキ皿(1,824円)

色あせや腐れが起きない樹脂製木台を使用したステーキ皿

天然木に近いナチュラルな風合いでありながら、耐久性が高く使用し続けられると評判の樹脂製の木台を使っています。樹脂製なので、丸洗いしても劣化する心配がありません。お手入れがしやすい仕様になっています。

また樹脂製の木台は、軽くて扱いやすいのも使いやすいポイントです。軽くて丸洗いできる特徴は、いつでも清潔に保つうえで欠かせないでしょう。スタッキング収納も可能なので、片付けもしやすく置き場所にも困りません。

ヒロショウ-手造りの小判皿2枚セット(2,176円)

1Kg以下で扱いやすい小型タイプは酒の肴用にも最適

1人分ずつ盛り付けるのに最適な手ごろなサイズのステーキ皿。1口サイズのステーキや、おつまみを鉄板で出せば夜の晩酌もまるで居酒屋にいるような家呑みが叶います。熱源も選ばないので、料理もしやすく使いやすい万能型です。

重量は850gと超軽量。鉄板の重さが洗い物をするのが億劫だった心配を払しょくさせます。木台もフラットな設計なので、お手入れがしやすいのもポイントです。鉄板表面はシリコン焼き付け塗装仕上げなので、焦げ付きが出来にくくより洗いやすいよう加工されています。

手入れがしやすいおすすめのステーキ皿の比較表

商品画像


ブランド池永鉄工トキワヒロショウ
商品名マルチステーキ皿樹脂製台ステーキ皿手造りの小判皿2枚セット
価格3,828円1,824円2,176円
特徴塗りの施されたシミになりにくい木台プレート色あせや腐れが起きない樹脂製木台を使用したステーキ皿1Kg以下で扱いやすい小型タイプは酒の肴用にも最適
サイズ幅23.4×奥行13.7×高さ2.3cm幅24×奥行14.5×高さ2.5cm幅23.5×奥行14×高さ2.2cm
重量1100g1018g900g

おしゃれでおすすめのステーキ皿

Ody&Mastini-ハート形ステーキ皿2個セット(5,091円)

見ているだけで幸せの気分になれるハート形のステーキ皿

大切な家族や友達とのディナーにぜひ使いたい、ハート形のステーキプレート。楕円型や丸型のステーキプレートが多い中で、ハート形は目を引く存在です。使われている鉄板は業務用にも使われる鋳物。熱伝導が均一で焼き物も均一に火が通ります。

特殊な形のプレートでありながら、お手入れが簡単なのも嬉しいポイント。サッと洗い流して水気を拭き取るだけで、清潔に保つことが出来ます。カップルや夫婦の記念日ディナーや特別な日の演出にも最適。調理した料理をよりムードのある豪華な食卓に演出します。

Murauchi-南部鉄器 ロイヤル小判皿(6,083円)

テーブルに置けば主役級の存在感を放つ高さのあるステーキ皿

多くのステーキ皿がある中で脚付きのステーキ皿は珍しい。布目模様の焼きムラが特徴の焼杉木台がベースなので、深みがあり料亭のような落ち着いた雰囲気を演出します。ご自宅のちょっと豪華な食事の演出にも、お店のステーキ皿としてもご利用いただけます。

皿部分は、温度にムラが出来にくい南部鉄器を使用。南部鉄器は厚みがあるため、たくさんの熱を蓄えることが出来るうえ蓄えた熱を皿全体を温めます。一度ため込んだ熱を冷めにくくする特性も持っているため、食材を長時間温め続けてくれるでしょう。

池永鉄工-牛型ステーキ皿(4,615円)

牛の形が特徴的な本格的なステーキ皿

特に牛肉料理に使いたくなる牛型のステーキ皿です。大胆でインパクトのあるステーキ皿は、招待したお客さんにも喜ばれること間違いないでしょう。普段食べている肉もこのプレートに盛り付ければ、一層美味しく感じられますよ。

IHにも対応しているので、熱源を選ばずに使用できるのもポイント。サイズもスタンダードサイズなので、お肉やハンバーグはもちろん野菜やパスタの盛り付けも可能です。このステーキ皿1つでテーブルコーディネートが見事に完成します。

Staub-ステーキプレート(11,899円)

人気のおしゃれキッチンブランドStaubのステーキ皿

シェフやプロの料理家にも愛用者が多い実力派鋳物製品が揃うStaub。熱伝導に優れたムラのない温まり方と高い保温力で、火を止めた後もじっくりと余熱で食材を温め続けます。Staubから出ているステーキプレートは、ナチュラル感あふれる木枠とのセットがとってもおしゃれ。

全体の長さは約33cmと大きめのサイズなので、長さのあるサーロインステーキや焼きそば、焼き肉プレートとしても活用していただけます。IHにも対応しているので、熱源を選ばずに使用できるのもポイント。パーティーの際のテーブル中央に置くメインプレートとして使うのもいいですね。

前田屋-石焼ステーキセット(15,732円)

富士の溶岩石を使っているステーキ皿

鉄板の代わりに富士山で取れる溶岩石をプレート状に加工したプレートです。富士山の溶岩石は遠赤外線放射が高く、素材の美味しさを生かし豊富なミネラルの力で美味しく焼き上げる特性を持っています。

溶岩石は、保熱性が非常に高く1度温まると弱火でも充分調理が可能。余分な脂を溶岩石の気泡が吸収し、肉や魚の脂を程よく落としたヘルシーな出来あがりになります。自宅でもレストランのような美味しさと、高級感のある雰囲気が味わえるとプロにも愛用者が多いプレートです。

トキワ-深型ステーキ皿(2,258円)

パスタや焼きそばにも使いやすい深型の円形プレート

コンパクトサイズが可愛い、SNS映えもしやすい丸形プレートです。サイズは直径15cmと小さめサイズのプレートは、少ない具材でも皿が埋まるので、何気ないレシピでもより豪華に見える特長があります。少量のシチューハンバーグや、ステーキものせやすいのは便利。

素材には鉄鋳物を使っているため、保温効果が高く1度熱すると冷めにくい特性を持っています。夫婦2人暮らしや1人暮らしの小さめのテーブルにも収まりやすいサイズ感は、他の副菜を一緒に並べても邪魔になりません。

おしゃれでおすすめのステーキ皿の比較表

商品画像





ブランドOdy&MastiniMurauchi池永鉄工Staub前田屋トキワ
商品名ハート形ステーキ皿2個セット南部鉄器 ロイヤル小判皿牛型ステーキ皿ステーキプレート石焼ステーキセット深型ステーキ皿
価格5,091円6,083円4,615円11,899円15,732円2,258円
特徴見ているだけで幸せの気分になれるハート形のステーキ皿テーブルに置けば主役級の存在感を放つ高さのあるステーキ皿牛の形が特徴的な本格的なステーキ皿人気のおしゃれキッチンブランドStaubのステーキ皿富士の溶岩石を使っているステーキ皿パスタや焼きそばにも使いやすい深型の円形プレート
サイズ幅23×奥行17cm幅23×奥行17×高さ0.8cm幅21.5×奥行18.5×高さ2.2cm幅33×奥行23×高さ4cm幅34×奥行18.5×高さ3.5cm幅15×奥行15cm×高さ3cm
重量1054g
※梱包重量
1435g1669g
※梱包重量
2600g800g

まとめ

調理したいメニューに合わせた形状や皿の深さを選ぶことが大切

ステーキ皿を選ぶうえでのポイントは、メニューに合った皿を選ぶこと。ステーキに使いたいなら、肉を切りやすく大きい肉も余裕で収まる小判型の浅型がおすすめです。様々な料理に使えソースや水分が多い煮込み料理にも使いたいなら、丸形の深型が使い勝手が良いでしょう。特に熱伝導が高く保温効果も高い鋳物は食材をより美味しく調理することが出来るのでおすすめです。今回はステーキ皿について、人気のブランドを挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんも、レストラン気分が自宅で味わえるステーキ皿を見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。