2020おすすめのレーザープリンター人気ランキング!【カラー対応も】

家族の写真や資料などのデータを紙でプリントアウトしたい時には、プリンターを使いますよね。どんなプリンターを使えば良いのか悩んでいませんか?インクがなくなるのが速く、印刷コストが高いと感じている方が多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、レーザープリンターです。レーザープリンターはインクジェットプリンターと違い、トナー(色を付ける粉)で紙に出力するので1つのトナーで大量に出力することが出来ます。今回はそんなレーザープリンターの種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。これから購入を考えている方や、買い替えを考えている方など、どのレーザープリンターが良いのか悩んでいる方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

レーザープリンターとは?

感光体についたトナーを押し付けて印刷する仕組みのプリンター

レーザープリンターの印刷する仕組みは、感光体についた粉上のトナーを判の様に押し付けて出力します。対してインクジェットプリンターの場合は、液体のインクを用紙に直接噴きつけて出力します。印刷する仕組みが違うため、印刷スピードはレーザープリンターの方が速いのです。

インクジェットプリンターに比べて文字中心の白黒印刷が得意

インクジェットプリンターは、液体状のインクを使って出力します。ですので、文字の様に細かいデータを出力する場合は滲んだりします。レーザープリンターの場合は、粉上のトナーで出力するため滲む心配がなく、文字中心の白黒印刷が得意なのです。

レーザープリンターのメリット

印刷スピードが速いので1枚あたりに掛かる印刷時間が短い

レーザープリンターは印刷スピードが速いので、当然1枚あたの印刷時間も短くすむメリットがあります。押印するかのように「ぽんっ」と印刷ができる仕組みなので、印刷スピードが速いのです。インクジェットプリンターの場合ですと、印刷する際にプリンターのヘッドが左右に動いて少しずつ印刷される仕組みなので、印刷に時間がかかるのです。

トナーを交換する回数が少なくて済む

レーザープリンターとインクジェットプリンターでは、トナーの印刷可能枚数が大きく異なります。レーザープリンターの場合は、トナーで1本あたりで約5,000枚~20,000枚が一般的です。対してインクジェットプリンターの場合はインク1本あたりで約400枚の印刷が一般的になります。ですので、レーザープリンターの場合は、トナーを交換する回数が少なく済むのです。交換する手間が少なく済むのは魅力的ですね。

レーザープリンターのデメリット

初期費用が高額

レーザープリンターは、ランニングコストは安くすむのですが、本体価格がインクジェットプリンターと比べて高くまってしまいます。インクジェットプリンターの場合は、数千円から購入できますが、レーザープリンターの場合は、安くても数万円はかかります。ランニングコストも含めて総合的な価格だけで判断すると、利用頻度が高い方はレーザープリンターを選択した方が良いですが、利用頻度が低いならインクジェットプリンターを選択した方がよいでしょう。

サイズが大きいので場所を取る

インクジェットプリンターと比べて、レーザープリンターのサイズは大きいので場所をとってしまいます。トナーが大きいため、どうしても本体サイズが大きくなってしまうのです。設置場所のスペースがあまりない方は、インクジェットプリンターを選択肢に入れた方が良いでしょう。

レーザープリンターの種類

単機能タイプ

本体がコンパクトで比較的リーズナブル

単機能タイプの魅力は、何といっても本体サイズがコンパクトなこと。余分な機能がない分サイズがコンパクトなのです。設置場所のスペースで悩んでいる方にはよいですね。プリンター機能しか使わない方には最適です。

複合機タイプと比べると、本体の価格がリーズナブルな点も特徴の一つです。モノクロであれば、インクジェットプリンターの価格と大差ないものもあります。プリンター機能しか必要なく、価格を抑えたい方にはおすすめです。

複合機タイプ

コピーもスキャンもFAX機能も搭載

複合機タイプの魅力は、何といってもプリントだけでなく、コピーやFAXやスキャン機能が搭載されているところです。1台で4役こなすなんて、とても便利なプリンターですよね。プリント機能だけでは物足りない方にはおすすめです。

単機能タイプと違い、複合機タイプは本体に大きな操作パネルがついています。コピーやスキャンやFAXも利用できるので、パネルで操作しやすい様にしている点が特徴です。また、無線LANがプリンター本体に搭載されているので、パソコンだけでなくスマートホンなどモバイル機器からでも、プリントアウトやスキャンなどできる事も魅力の1つです。

レーザープリンターの選び方

印刷する用紙のサイズで選ぶ

家庭用として使うならA4プリンターで十分

家庭用として使うならA4プリンターがおすすめです。サイズもコンパクトなので、スペースを気にする必要もなく家庭で使うのに適しているからです。また、家庭での印刷がA3サイズを超えることはあまりないですよね。大きくてもA4サイズの印刷ができれば問題ないことが一般的です。設置場所のスペースを考えても、利用用途を考えてもA4プリンターを選びましょう。

ポスターなどを印刷するならA3プリンターがおすすめ

ポスターの様な大きいサイズを印刷するならA3プリンターがおすすめです。ポスターとして印刷するのにAサイズでは、あまり目立たないので物足りないですよね。A3サイズはA4サイズの2倍もあるので、ポスターなどを印刷するのには最適です。また、A3プリンターの中には、手差しを利用すれば最長1200mmまで印刷できるプリンターもあるのです。

使い方に応じて性能を選ぶ

文字印刷なら一分間で20枚以上印刷できる速度の速いプリンターがおすすめ

印刷するデーターが文字の場合なら、1分間で20枚以上印刷できる速度のプリンターがおすすめです。レーザープリンターで印刷すると、滲むことがないので文字印刷には最適だからです。文字であればデータ容量も少ないので、1分間に20枚以上印刷できるプリンターが最適です。

年賀状や写真を印刷したいならカラー対応のものを

年賀状や写真を印刷したいなら、カラー対応のプリンターがおすすめです。年賀状のデザインや写真は、モノクロ印刷だと見づらいし物足りないですよね。カラー対応のプリンターであれば、年賀状や写真のデータ通りにカラー出力することができます。色が付くことで見る側も分かりやすいですし、見栄えも良いですよね。

便利な付加機能で選ぶ

自動両面印刷機能付きなら紙をひっくり返す手間が省ける

両面印刷をするなら、自動両面印刷機能付きのプリンターがおすすめです。この機能がないと、手作業で紙をひっくり返す必要があるため少々手間がかかります。自動両面印刷機能付きのプリンターであれば、自動で両面印刷してくれるのでとても作業が楽です。ですので、両面印刷をするなら、自動両面印刷機能付きのプリンターがおすすめです。両面印刷は用紙の節約にもなるので、便利機能ですよね。

Wi-Fiに接続できるものならケーブル無しで簡単に印刷できる

配線をなるべくすっきりさせたい場合は、Wi-Fi機能のついたプリンターが最適です。プリンター自体に、パソコンの様に無線機能がついているプリンターであれば、LANケーブルが必要ないのです。その結果、LANケーブルが必要ないので配線がすっきりしますよね。スマホやタブレットからの操作もできるので、とても便利な機能です。色々なデバイスから出力したい方にもおすすめです。

レーザープリンターのおすすめブランド・メーカー

CANON(キャノン)

種類豊富なプリンター展開

種類豊富なプリンターを展開している誰もが知っているメーカーです。長年培ってきた技術により生み出された、「LIPS LXドライバー」が特徴です。どんなに重いデータも、速いスピードで処理出来るのです。細かい線や文字の出力でも文字を潰すことなくきれいに出力できます。

EPSON(エプソン)

ビジネスモデルが多い

ビジネスモデルを多く展開しているメーカーです。ですので、印刷スピードや耐久性に優れているという特徴があります。利用頻度が多い方には嬉しい特徴になりますね。また、トナー交換や紙詰まり除去など、フロントカバーを開けて行えるので、本体を動かさずにすむ便利さもあります。

brother(ブラザー)

複合機のライアンアップが多い

複合機タイプのプリンターを多く展開しているメーカーです。複合機タイプは、スキャンやFAXやコピーもできるので、利用方法も多彩です。そのため、複雑な設定もスムーズに行える様にカラー液晶タッチパネルを搭載しているのです。

OKI(沖データ)

5年間無償保証が特徴

何といってもOKI(沖データ)の特徴は無償保証期間の長さです。エプソンは半年保証が多く、キャノンでも1年間保証がほとんどですが、OKI(沖データ)は5年間の保証が付いています。また5年間の部品交換サービスも付いているので、安心して使えますね。

おすすめ&人気のレーザープリンターランキング

小型タイプでおすすめのレーザープリンター

CANON(キャノン)-Satera LBP6030(10,310円)

スリムボディーのモノクロプリンター

幅364mmで奥行きが249mm、そして高さが199mmのコンパクトボディーなプリンターです。狭いところにも設置しやすい大きさですね。トナー交換や用紙補給も前面からの操作のみで実施できるのも魅力の1つです。

テキストの印刷が多く設置場所のスペースが少ない方にはおすすめです。モノクロプリンターなので、カラー印刷ができないからです。カラーのトナーが必要ない分、コンパクト設計なのが魅力です。

KYOCERA(京セラ)-ECOSYS(エコシス) P3060dn(106,000円)

印刷スピードが速いモノクロプリンター

1分間に60枚を印刷できるスピードが魅力のモノクロプリンターです。印刷を急いでいる時には特に重宝しますね。また、たくさん印刷する方は特に気にするランニングコストの安さも魅力的です。1枚0.6円という安さです。

A4サイズのテキストをたくさん印刷する方には最適です。印刷スピードが速いので、印刷する枚数が多くても、時間が掛からないからです。また、両面印刷機能が標準でついているのも嬉しいですね。両面印刷は用紙代金の節約にもなります。

FUJI XEROX(富士ゼロックス)-DocuPrint P450 d( 41,759円 )

印刷できる用紙幅の範囲が広い

印刷できる用紙幅の広さが魅力的なA4モノクロプリンターです。用紙幅最小76.2 mmまでの幅の狭い用紙への印刷に対応しているのです。幅の小さな用紙に印刷したい方には魅力的なプリンターですね。

伝票など特殊なサイズの用紙へ印刷することが多い方にはおすすめです。印刷可能な用紙幅が広く、最小60 g/m2の薄い紙から最大216 g/m2までの厚紙へも対応しています。色々なサイズや厚さの用紙へ印刷する方には最適ですね。

CANON(キャノン)-Satera LBP251(28,644円)

実績が魅力的なモノクロプリンター

1年保証が魅力的なキャノンモノクロプリンターです。2016年4月に販売開始のプリンターになります。販売したばかりの新製品よりも、以前から販売しているプリンターは実績があるので安心できますねよ。

購入したばかりの故障が怖い、と感じる方にはおすすめです。1年保証が付いているからです。また、2016年4月から販売しているプリンターなので実績も申し分ありません。1分間に30枚印刷できるので、性能も問題なしですね。

複合機タイプでおすすめのレーザープリンター

brother(ブラザー)-MFC-L2750DW(30,399円)

おしゃれな複合機プリンター

ブラックボディーがおしゃれなA4モノクロ複合機です。黒色はどの部屋に置いても合う色ですし、実際の大きさよりコンパクトにみえる色でもあります。お洒落な部屋にしたい、という観点から考えると設置場所には困りませんね。

部屋のレイアウトを気にしている方にはおすすめです。黒色の電化製品はおしゃれに見えるからです。しかし、魅力的なのはデザインだけではありません。2.7型のカラー液晶タッチパネルも搭載しているので使いやすいプリンターになります。

CANON(キャノン)-MF232W(14,000円)

高級感あふれるデザインの複合機

高級感のあるスタイリッシュなデザインのモノクロA4複合機になります。ただし、FAX機能だけは搭載しておりません。一目見るとかわいくない価格なのではと思いますが、実際はお買い求めしやすいやさしい価格ですね。

価格を重視するが、コピーやスキャンも利用する方には最適な複合機になります。FAX機能以外は搭載され、価格もお買い求めしやすい設定だからです。1分間で28枚印刷もできるので、性能も良いのでおすすめです。

CANON(キャノン)-Satera MF642Cdw(51,806円)

カラー印刷もできる万能複合機

カラー印刷もできる複合機です。白がベースですが、排紙部分は紙が見やすい様に黒色になっています。液晶タッチパネル部分も黒で、おしゃれな設計になっていますよ。A4複合機なので、机の上でも設置可能ですね。

カラー印刷も必要だけど、スキャンもFAXも使うことがある、という方には最適です。この1台でお望みの作業が全て実現出来るのです。5インチのカラータッチパネルも魅力で、操作がしやすい様に作られています。

brother(ブラザー)-JUSTIO MFC-L3770CDW( 48,309円)

両面スキャンを1度でできるカラー複合機

両面印刷が可能なカラー複合機になります。幅は410mmとコンパクトなので、置いておいても圧迫感が少ないです。圧迫感はストレスを生むので、コンパクト設計は嬉しいですよね。耐久性も10万枚なので、故障の心配が少なく利用できます。

両面原稿のスキャンをよく利用する方にはおすすめです。両面を同時にスキャンすることができるので、時間の節約になるからです。通常の両面スキャンの場合は、原稿を読み込むのに裏面と表面を回転させます。しかし、今回のプリンターは回転させずに裏も表も1度に読み込むことができるのです。回転が必要ない分2倍のスピードですね。

カラー対応でおすすめのレーザープリンター

CANON(キャノン)-Satera LBP841CS(58,080円)

長尺印刷ができるカラープリンター

1200mmの長尺印刷もできるA3フルカラープリンターになります。家庭でちょっとしたポスターを作成したい時にはとても便利な機能ですよね。また、トナーとドラムが一体型になったトナーカートリッジなので、消耗品の交換も楽になりました。

重いデータをプリントすることが多い方には最適なプリンターです。「LIPS LX」という独自のプリンタードライバーを採用しており、パソコン側にも処理の負荷を分散しているので、その分処理するスピードが速いからです。重いデータを印刷する時の待ち時間のストレスが解消できますね。

EPSON(エプソン)-LP-S6160(34,833円)

耐久性が高いカラープリンター

60万ページの耐久力があるA3カラープリンターになります。カラーもモノクロも1分間に25枚印刷できるスピードも魅力です。半年間の保証もついているので、購入したては故障を気にせず安心して使えますね。

A3コピー用紙へのカラー印刷が多い方にはおすすめです。耐久性が高いのでたくさん印刷しても故障の心配が少ないからです。ハガキの印刷ももちろんできるので、年賀状の印刷としても使えますのも魅力ですね。

brother(ブラザー)-HL-L3230CDW(24,298円)

スマートホンからも印刷できる

Wi-Fi機能搭載のスマートホンやパソコンなら、ルーターなしで印刷できるA4カラープリンターになります。LANケーブルなしで印刷できるのはとても便利ですよね。スマートホンの写真データーを印刷するのにも便利です。

写真データを印刷したい方にはおすすめです。写真の印刷に向いているコート紙対応だからです。スマートホンで写真を撮る方が多いと思いますが、Wi-FiをONにすれば、そのまま印刷できるので、とても便利です。

CANON(キャノン)-Satera LBP621C( 22,955円 )

トナー交換が簡単

幅が430mmとコンパクトなA4カラープリンターです。プリンター本体の全面からカバーを外してトナー交換もできます。一体型トナーカートリッジなので、交換も楽なのが嬉しいですね。設置する場所も考えずに済みそうです。

パソコンやスマートホンからワイヤレスにカラー印刷したい方にはおすすめです。高画質なカラー印刷ができるので、写真データの印刷に適しているからです。コンパクト設計でLANケーブルも必要ないので、きれいに設置したい方には最適なプリンターです。

OKI(沖データ)-C824dn(43,970円)

A3カラープリンターなのにコンパクト

A3カラープリンターで幅が449mmというコンパクト設計が魅力のプリンターです。また、5年間の無償保証とメンテナンス品の無償提供もとても魅力的です。故障による出費を心配する必要がないのは嬉しいですね。

A3のカラー印刷をよくするけれども、設置場所に悩んでいる方には最適です。幅449mmのA3カラープリンターは、2019年7月現在では世界最小になります。また、両面印刷もできるので、用紙の節約もできますね。

まとめ

用途にあった種類と特徴を持ったレーザープリンターがおすすめ

レーザープリンターを購入する上で一番のポイントは、自分の利用用途にあった種類と特徴かどうかという点です。単機能タイプと複合機タイプの2種類ありますが、それぞれ持っている特徴が違うからです。また、カラー印刷やモノクロ印刷がありますが、印刷したいデータによりどちらが適しているのかが異なります。今回はレーザープリンターについて、人気のブランド名を挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ皆さんもご自分の用途にあったレーザープリンターを見つけて下さいね。