IKEAのLACK(ラック)おすすめ人気ランキング!【テーブルやテレビ台も】

あなたはどんなインテリアが好きですか。インテリアも色々ありますがお部屋はとにかくシンプルな方が好き、ミニマルなインテリアが理想という方も多いと思います。今回はそんなあなたにぴったりのシンプルでリーズナブルな家具シリーズ、北欧家具のお店IKEAから販売されているLACKをご紹介します。LACKの特徴や使い方、素敵なインテリア事例などお伝えしていくのですっきりしたインテリアを目指す方はぜひチェックしてみて下さいね。

LACK(ラック)とは?

IKEAが販売するリビング家具のシリーズ

おしゃれでリーズナブルな北欧風の家具を販売するIKEAは世界に400店舗以上、日本には9店舗を展開する世界最大の家具店です。木製のリビング家具シリーズLACKは、そんなIKEAを代表する家具の一つ。1979年の発売から現在まで、世界中で愛され続けています。

ラインナップは長方形の天板と真っすぐに伸びる四角い脚が美しいデザインのテーブルやテレビ台、スッキリとしたデザインのウォールラックなどです。シンプルでカラーバリーエーションが豊富だから、あなたのお部屋にぴったりの家具が見つかるはず。新生活にはシリーズで一式揃えれば、手軽に統一感のあるインテリアが出来上がりますよ。

LACK(ラック)のこだわり・特徴

木製のおしゃれな家具なのにリーズナブル

例えばセレブなソファの隣に置いても見劣りしないサイドテーブルは999円から。通販サイトやホームセンターで、同じようなデザインのものを探すと2,000円以上はするのでとてもリーズナブルといえます。IKEAの公式サイトではLACKシリーズ全ての商品が10,000円以下で購入できるので、今から一人暮らしを始める方にもおすすめですよ。

軽くてコンパクトだから移動も楽々

LACKは軽いのも大きな特徴の1つで、普段はしまっておく場合や移動が多い場合にも便利。しかも、TV台にできるほど丈夫です。その軽さの秘密は天板などに使われているハニカム構造。ハニカム構造とはパーティクルボードなどの薄い合板の間に、ハチの巣状の断面をもった段ボールを挟んだ構造です。1枚の木を使うのに比べて軽量で、薄い合板の間を空洞にするのに比べて強度がグンと高くなります。

コーディネートも楽しいシンプルデザイン

LACKシリーズはどれもシンプルで、直線の多いシャープなデザインです。色々なテイストのお部屋に合わせやすく、今あるインテリアの中に気軽に取り入れられます。普通に置くだけでもおしゃれですがもっと楽しみたいあなたは、色の違うテーブルを並べたりテレビラックを収納に使ったりとシンプルだからこその技ありコーディネートも楽しめますよ。

LACK(ラック)の種類

サイドテーブル

コンパクトでアレンジも楽しいテーブルは999円から購入可能

正方形の天板は幅55cmと、新聞紙の縦方向と同じくらい。軽量コンパクトでありながら大きめのトレーを載せても余裕があり、A4サイズのファイルを開いたりもできる機能的なテーブルです。価格は999からと、とてもリーズナブル。低価格で飾りのないサイドテーブルを購入してリメイクシートを貼るなど、お部屋のテイストに合わせたアレンジをするのも人気です。

コーヒーテーブル

どんなお部屋にも合わせやすくワンルームならメインのテーブルにも

長方形の天板と真っすぐに伸びる四角い脚が美しいテーブル。カラーバリーエーションも豊富なので、モノトーンや北欧テイスト、ナチュラルテイストなど色々なお部屋に合わせられます。価格はティータイムに嬉しい70×40cmのものが1,999から、ワンルームならメインのテーブルとしても十分な118×78cmサイズが4,999円とリーズナブル。高さが45cmと少し高めなので、ローソファーと合わせて食事から読書まで便利に使えます。

テレビ台

最大荷重は30kgのしっかりした造りでコードの配線もしやすい

1,999円というリーズナブルな価格にも関わらずテレビの耐荷重量は30kg、棚板の耐荷重量は10kgあります。液晶TVなら32インチのものが幅80cm前後で重さが15kg程度、ラックの幅は90cmなので見た目のバランスを考えると32インチ以下がおすすめです。40インチだと幅が100cm前後になるので少しはみ出しますが、重さは20kg程度なので載せることも可能。バランスも実用性重視であれば気になるほどではないでしょう。またバックパネルがないので、配線が自由にできるのもメリット。配線はケーブルクリップなどでまとめておくとスッキリしますよ。

ウォールシェルフ

レイアウトが自由にできて設置が簡単だから賃貸住宅にもおすすめ

シェルフの奥行きは26cm、幅は110cmと30cmの2種類があり、組み合わせることで自由にレイアウトが可能です。取り付け金具が隠れるデザインになっているので取り付けると、すっきりと壁に馴染み作り付けのウォールシェルフのようなクオリティに仕上がります。賃貸のお家ならホームセンターなどで販売されているホッチキスで留められる金具を使って、ウォールシェルフユニットを固定するのもおすすめです。

LACK(ラック)の使い方

かわいい子供用テーブルとして

LACKシリーズは高さが45cmなので、子供用のテーブルやおままごとセットとしてもちょうど良いサイズ。IKEAで人気のおままごとキッチンとも相性ピッタリです。サイドテーブルを並べてお部屋の一部にキッズスペースを作ったり、TVラックには棚も付いているので収納もできます。

手軽に作れるキャットウォークとして

猫ちゃんは高いところに上がるのが大好きなので、キャットウォークをつけてあげたい飼い主さんも多いでしょう。LACKのウォールシェルフならDIYでつけられるので手軽でリーズナブル。猫ちゃんの好きそうな場所を探しながら、飼い主さんが取り付け手上げることができます。

LACK(ラック)を使ったインテリア事例

かわいいボードゲームにリメイク

サイドテーブルはリメイクするのも人気です。こんなにカラフルでキュートなキャラクターは、飾っておくだけでも楽しい気分になりますね。壁にはウッディなウォールシェルフにかわいい人形達を飾って、シェルフと合わせた木のチェアもナチュラルな雰囲気で素敵です。

北欧風のおしゃれなキッチンラック

こちらはLACKのウォールシェルフを使った、おしゃれな北欧風キッチンのインテリア。キッチンにはたくさん収納が欲しいけど、棚を置くとかえって邪魔になることも多いです。そんな時に嬉しいのがキッチンラック、こんな風にモノトーンにまとめてグリーンも入れたらとても爽やかな印象になりますよ。

TV台は収納家具としても優秀

リビングの片隅にこんなディスプレイ兼収納はいかがですか。観葉植物や写真立てがさり気なく引き立ち、隣に見えているグレーのチェアとの組み合わせも素敵。丈夫で軽量なTV台は収納家具としても人気で、パントリーに置いたり靴箱やガーデンラックにしてもおしゃれです。

LACK(ラック)の口コミ・評判

LACK(ラック)の良い口コミ

万能なプチプラ家具


これはIKEAのLACKで
本来はテレビ台として売ってます
サイズは90×26cm。
なんとっ!1.499円とプチプラなんです

テレビ台、収納棚、ベンチなどなど
万能に使える商品かと思いますっ

私は直置きしていたバックやアクセサリー
サングラスやポーチなどの
ファッション小物を収納しています

子供用テーブルにもおすすめ


リビング奥のキッズスペース
コーナーにデスクと椅子置いたら子供達大喜びでずっと座って遊んでくれてました

デッドスペースも活用できる

左側に凹みがありデッドスペースになっていたので IKEAの棚を3つ付けて小物収納棚にしました
棚は下にもうひとつ付けられそうだったのでスペースを開けて、その下にマキタの充電器も壁付けしました

LACK(ラック)の悪い口コミ

もっとコンパクトでもいいかも

#ikealack
#ikea
#3000円のコーヒーテーブル
#とりあえず天板だけ変えたけど
#脚も切りたい
#ikeaリメイク
#ikeaハック
#ikeahack
#衝動買いしたけど
#もっとこじんまりしたテーブルがいい
#めっちゃでかい
#でも安い

ホッチキスの穴を気にしなければ


賃貸でも壁に穴を開けないシリーズ♫笑
楽天で購入のフックが万能です!!

・ホッチキスで止めていくだけで
女性でも簡単
・フックのサイズによって静止荷重の
バリエーションが豊富
↑ちなみに私が使ったのは1枚18キロの
重さに耐えられて×2枚なので36キロまで
の重さに耐えられます

あとこの棚はdiy
不器用すぎて父に作ってもらいました
IKEAのラックが欲しかったんですが
大きいなと思い、コンパクトに3段に
材料はIKEAの板ばかりで、合計3000円
くらいでできました

軽いのは中身が空洞だから

#IKEA のテーブル(LACK)の高さが高すぎるから足切断したら中身空洞なのかよ!

LACK(ラック)と他ブランドや商品との比較

ニトリのアウロスシリーズとの比較

デザインを比べてみた

アウロスシリーズは、日本全国に400店舗以上を展開する大手の家具店ニトリが販売するリビング家具シリーズです。ラインナップはLACK同様テーブルやテレビ台など。デザインはというとLACKシリーズは木製のナチュラルなテイスト、アウロスシリーズは天然木とアイアンを組み合わせたインダストリアルテイストです。

爽やかなコーディネートにはLACKがおすすめ

アウロスシリーズは男前のインテリアにぴったり、黒やグレーなどの落ち着いたカラーやアイアンの小物でまとめたい方におすすめです。それに対してLACKは、北欧テイストやナチュラルテイストなどのインテリアと相性抜群。ホワイトや明るいブラウンをベースにグリーンを入れた爽やかなお部屋や、シンプルを極めたミニマルなお部屋にしたい人におすすめです。

IKEAのBESTAとの比較

使い勝手を比べてみた

BESTAはIKEAから販売されているテレビ台と壁面収納のシリーズ。特にテレビ台はLACKと比較されることも多い商品です。価格はテレビ台が7,999円からとLACKに比べると少し高価ですが、家具やパーツのバリエーションも豊富でTVボードや収納を組み合わせてお部屋にぴったりの収納を設置できるのがメリット。収納力も高く、しっかりとした造りで家具自体の重さもあります。

一人暮らしならLACKがおすすめ

BESTAはLACKに比べると大きい家具が多くて収納力もあり、どちらかというとファミリー向けのシリーズです。組み合わせを変えれば、生活スタイルに合わせて長く使いつづけることもできますよ。対してLACKはコンパクトで軽量なのが特徴、ワンルームのお家では来客時など家具を移動することも多いのでこの軽さは魅力的。オープン収納なので狭いお部屋でも圧迫感がありません。またLACKは非常に低価格なので学生さんや単身赴任の方など、期間限定の一人暮らしには特におすすめです。

LACK(ラック)の組み立て方

壁の材質を調べる

ここではウォールシェルフの組み立て方を見ていきましょう。まず壁の材質によって使うビスやねじが違うので、叩いたり画鋲を挿したりして見分けます。お家の壁で多いのは石膏ボードで、壁を軽くノックしてみるとコンコンと響くような音です。さらに目立たないところに画鋲をさしてみて、針の先端に白い粉がつけば石膏ボード、粉が付かない場合には木材やベニヤと考えられます。また壁を叩いてみた時に中身が詰まった感じのペチペチという音なら、コンクリートの可能性が高いです。その場合はどこを挿しても画鋲が刺さりません。

壁の材質に合ったネジを選ぶ

商品にネジは同梱されていいないので、壁の材質にあった物を購入します。木材なら木ネジ、石膏ボードやベニヤの場合には木材の下地が入っている所を探して木ネジで固定するのがベスト。下地は叩いてみて音の違うところを見つけるか、分かりにくければ下地探し用のセンサーも市販されています。また強度が少し落ちますがアンカープラグを使えば、下地がない所にも固定することができます。

賃貸住宅などでどうしても壁に穴を残したくないという場合には、穴が目立ちにくいビスやホッチキスで固定ができるパーツなども販売されています。耐荷重量を確認しながら使用してくださいね。コンクリートの場合には少し面倒ですが壁にドリルで穴を開け、コンクリート用のアンカープラグを取り付ける必要があります。

取り付け用の金具を壁に止める

ウォールシェルフには専用の取り付け金具が同梱されているので、これを壁に取り付けます。まずは水平器を使って水平になるように位置を確かめながら、ネジ穴の中心に鉛筆で印を付けておきましょう。次に印をつけた所をネジ等で固定します。

ウォールラック本体を付ける

ウォールシェルフ本体には取り付け金具を付けるための穴が空いているので、壁に取り付けた金具にシェルフを挿しこみます。最後にシェルフの下側の穴から、ネジで取り付け金具とシェルフを固定します。

まとめ

LACK(ラック)は賃貸のお家におすすめ

おしゃれで低価格なリビング家具、LACKシリーズの特徴や組み立て方など見てきましたがいかがでしたか。シンプルだからお部屋のインテリアにも合わせやすく、リメイクシートなどを使ったアレンジも楽しいですよ。色々な場面で手軽に使えるLACKですが、特に賃貸のお家におすすめ。軽くて家具の跡も付きにくく、ウォールシェルフなども簡単に固定できます。お近くにIKEAがない場合には、IKEAオンラインや楽天などでも販売しているのでぜひチェックしてみて下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。