2020おすすめの中華DAP人気ランキング!【コスパ最強】

高音質なオーディオプレーヤーが欲しいけど、あまり予算はないという方も多いと思います。そんな時におすすめなのが中華DAP。中華DAPというと品質がイマイチというイメージが強いかも知れませんが、最近では品質も耐久性も高い製品が多くなっています。音質や機能に妥協しなくても、予算内のプレーヤーを購入できますよ。今回は中華DAPのメリットやスペックの見方をはじめ、選び方やそこから厳選したおすすめの中華DAPをご紹介します。リーズナブルなものからハイエンドのものまで、ラインナップも豊富なのでDAPが欲しいと思っている方はぜひチェックしてみて下さいね。

中華DAPとは?

コスパが良い中国製のデジタルオーディオプレーヤー

DAPはDigital Audio Player(デジタルオーディオプレーヤー)の略で、mp3やWAV、AACなどの音楽データを入れて再生するオーディオプレーヤーのことです。そして中華というのはコスパの良い中国製の製品。PCや周辺機器、オーディオプレーヤーでも、ハイスペックかつ低価格な中華の製品は非常に人気が高くなっています。

中華DAPの特徴

高音質なプレーヤーも低価格で購入できる

リーズナブルなプレーヤーはもちろんですが、最近注目を集めているのが高音質な中華DAP。同じ価格ならワンランク上の機種を狙えるのも中華DAPの魅力です。実際少し前までは2~3万程度するハイブランドのエントリーモデルというと、ソニーWALKMANのAシリーズが並んでいました。しかし最近では低価格な中華DAPも売り上げの上位に入ってきていて、5万円以上するミドルエンドの機器でも人気が高くなっています。

スマホのように使えるAndroid搭載機が人気

Android搭載機ならスマホのようにWi-Fiに繋げたり、好きなアプリをダウンロードしたりできます。音楽データをミュージックサイトからダウンロードする時にも便利で、専用のアプリを使って聴き放題のストリーミングサービスを使うこともできますよ。音質の良い音楽再生に特化した、スマホという感じで使い方が分かりやすいのも便利です。

中華DAPの基本スペック・できること

対応ファイル

色々な形式の音楽データが再生できる

DAPで再生できる音楽ファイルの形式は数種類あり、それぞれのファイル形式には高音質だったりファイルサイズが小さいなどのメリットがあります。機種によって対応ファイルは違うので、必要な形式があればチェックしましょう。良く使われるファイル形式は録音した生のデータに近いWAV形式や、CD音源に近い音質でファイルサイズの小さいmp3。iPhoneやmacなどのapple製品に使われるAACとAIFF、Windowsでも使えるWMAも対応していると便利です。ハイレゾ再生に使われるFLACなどのファイルに加え、AMVなどの動画ファイルやJPEGなどの画像ファイルに対応している機種もあります。

容量

MicroSDが入るタイプなら128GBまで拡張できる

カタログに8GBや16GBなど表記されているのは、内蔵メモリーの容量です。4~16GBのDAPが多く、大きい方がたくさんの曲を保存できますが、その分値段も高くなるので必要に応じて選びましょう。mp3ファイルなら1曲当たりが4分として4GBで約860曲、8GBで約1,800曲入るので8GBでも十分な容量です。しかしハイレゾ音源などはデータが大きく、FLACファイルの場合同じく1曲当たりが4分として16GBで約300曲、32GBでも約660曲しか入りません。ただしほとんどのDAPがMicroSDに対応しています。128GBまでメモリーを増やすことができるものが多いので、その場合には内蔵メモリーが少なくても心配要りません。

タッチパネル

大画面だと操作がしやすい

最近ではタッチパネルで操作するDAPが多くなっています。高級感がありボタン式と違って押したときに音がしないので人気。操作用のタッチパネルの他にスクリーンが付いたDAPや、スクリーン自体が全部タッチパネルになるものもあります。スクリーンのサイズは1.8インチが多く、大きい物はスマホ同様の5インチというものまで。スクリーンには曲名やアルバム名、ジャケットの画像なども表示できて、動画の再生や電子ブックが見られる機種も多いので大きいと便利です。またタッチパネルは、バックライトがついたものが暗い場所でも操作しやすいのでおすすめですよ。

Bluetooth接続

aptXなどのコーデックに対応していると高音質

ワイヤレスのイヤホンが使えると、頭を動かしたときにコードが引っかかったりしないので便利です。比較的低価格なDAPでもBluetooth対応のものが増えてきていますが、付属のイヤホンは大抵有線タイプなのでイヤホン代は別途予算を取っておきましょう。またBluetooth接続ではデータを小さく圧縮して転送しますが、その圧縮形式によって音質などが変わってきます。高音質なaptXやハイレゾも転送できるLDACなどに対応していると、ワイヤレスでも良い音を楽しむことができますよ。

連続再生時間

50時間など長時間のタイプなら毎日充電しなくても大丈夫

1回の充電で再生できる時間を示す連続再生時間は、カタログ値で12~100時間など機種によって差が大きいです。もちろん長い方が充電する手間がないので便利ですが、使用環境によってだいぶ違ってきます。通常カタログ値に書いてあるのはmp3を有線のイヤホンで再生した理想的な値。実際にはもっと短い場合も多く、Bluetooth接続やハイレゾで再生する場合にはそれより短くなります。また充電時間も1.5~6時間など幅が大きいので、使い方に合わせて選ぶと良いでしょう。

中華DAPの選び方

高音質対応モデルで選ぶ

バランス接続に対応しているとクロストークの発生を防ぐ

高音質なモデルではイヤホンジャックには一般的な3.5mmの端子の他に、2.5mmや4.4mmが2個ついたバランス接続という端子を搭載する機種が増えています。まずはこのバランス接続について少しご紹介します。イヤホンで音楽を聴く時、音はプレーヤーから出てくるように感じますが、実際にプレーヤーから出ているのは電気信号。聞こえるように音に変えてくれているのはイヤホンです。そのプレーヤーからやってくる電気信号は、プラスとマイナスに加えアースという形できます。

一般的な3.5mmのイヤホンでは右耳用と左耳用の電気信号がきて、それに対応するアースが共通で1本やってきます。アースが共通だとノイズが載りやすい他、右と左の信号が少しですが混ざってしまうクロスストロークという現象がおきます。対してバランス接続では右と左にそれぞれアースが付いているので、クロスストロークが起きづらくなります。バランス接続ではテレオタイプのイヤホンがしっかりと分離して聞こえることで、音が鮮明な感じになり立体感も出てきます。

ハイレゾ音源に対応していると高音質再生が可能

中華DAPは高音質なハイレゾ対応の製品でも、1~2万円台からラインナップされていてとても人気があります。精細で迫力も感じられるハイレゾの音は、解像度が良いと表現されることも多いです。ハイレゾという言葉はよく聴きますが、イマイチよく分からないという方も多いと思います。私たちが普段DAPで聴いている音楽データはデジタルのデータです。そのデータは録音する時に1秒間に何千回という細い間隔で、音量や高さなどを数値として保存していきます。

例えば CD だったら1秒間に44,100回、16bitのデータを保存していて、44.1kHz/16bitと表現されます。現在最もポピュラーな音源であるmp3もCD音質程度です。それに対してハイレゾは保存する回数やデータ量が多く、96kHz/24bitや128kHz/24bitなど。そのため実際に演奏しているリアルな音に近い、繊細な音を聴くことができます。ハイレゾ音源はFLACファイルなどの形式に保存されることが多く、ミュージックサイトなどからも簡単にダウンロードすることができます。高音質な音楽を楽しみたい方におすすめですよ。

使う環境に適した機能性で選ぶ

電車で聴くならノイズキャンセリング機能付きがおすすめ

いくらDAPの音質が良くても周囲から雑音が入ると音楽が聴こえないし、音を大きくすると音漏れも心配です。ノイズキャンセルは周囲の音を取り込んで、雑音を減らし音楽を聴きやすくする機能。音は空気の振動なので、打ち消しあうような振動を入れてあげるとノイズが消えるという性質を利用したものです。通勤や通学で使う方にもおすすめですよ。

部屋で音楽を聴くならスピーカー内蔵モデルも便利

DAPの中で人気が高いのがスピーカー内蔵のタイプです。家でもDAPで音楽を聴くけど、部屋で聴くのにヘッドホンを使いたくないという方におすすめ。ラインナップは少な目ですが、比較的低価格な製品でも内蔵のタイプがあります。外で友達と音楽をシェアしたいという時にも便利ですよ。イヤホンなどに比べると電池の減りは早いので、長く聴きたい方は購入前にカタログをチェックして下さいね。

説明書や保証書などの付属品を確認する

日本語の説明書が付いていると分かりやすい

リーズナブルな中華DAPでは取扱説明書が日本語に対応していないものもあります。特に多機能なものでは使い方がわからないと不便。取説が英語と中国語だけだと、あると便利なのに使いこなせない機能がいっぱいになってしまうかもしれません。購入サイトの付属品の欄をチェックすると、日本語取扱説明書があるかどうかわわかりますよ。また1,000円程度の激安でコンパクトな製品では本体の表示も英語のみというタイプもあり、曲名やアルバム名が日本語で見られないこともあります。

問い合わせなどがしやすいメーカーが安心

中国の音響機器メーカーでも日本語のホームページがあって、本体の仕様が確認できたり取説がダウンロードできるメーカーもあります。また万が一初期不良があった場合や確認したい事があった場合でも、日本語でサポートを受けられるメーカーを選ぶと安心感がありますよ。並行輸入など正規品でない場合は、メーカーからの保証やサポートを受けられない場合もありますのでご注意ください。

中華DAPのおすすめブランド・メーカー

AGPTEK(エージーピーテック)

ネット通販で大人気のリーズナブルな商品を販売

ネット通販サイトの楽天やAmazon、ebayなどを使って世界中にDAPやイヤホンを販売している、大手のオーディオメーカーです。多機能でリーズナブルな商品が人気で国内でも認知度は高め。楽天ではデジタルオーディオプレーヤーA16TBが断トツの人気商品、さらに低価格なA02やG6も売れ筋です。

HOMMIE(ホーミー)

高機能でスタイリッシュなデザインのDAPが人気

webカメラやスマートウォッチ、PC周辺機器などの電気製品を中心に、おしゃれなベビー用品なども扱っているメーカーです。日本国内では特にDAPの人気が高く、機能性はもちろんシンプルで美しいデザインも好評。フルスクリーンの音楽プレーヤーT11Sなどが売れ筋です。

Cayin(カイン)

高音質なDAPを販売するハイブランド

1993年設立と20年以上の歴史があり、日本でもハイエンドオーディオのブランドとして知られています。真空管のヘッドホンアンプなども人気ですが、やはり主力製品はDAPでアクセサリーのラインナップも多いです。売れ筋は高級機N6iiとオーディオマザーボードT01のセット商品。

FiiO(フィーオ)

世界最大級のオーディオメーカー

取扱製品はDAPをはじめ、DAC内蔵のヘッドホンアンプイヤホンなどのポータブルオーディオ。世界60カ国以上に製品を販売しています。DAPは高級感のあるデザインで高音質ですが価格は控えめ。リーズナブルな高級オーディオといったイメージで、低価格なFIO-M6-Bや新製品のFIO-M11-Proなどは日本のネット通販でも大人気です。

RUIZU(ルイズ)

リーズナブルでラインナップも豊富

スポーツ向けのDAPやBluetoothイヤホンを販売する専門メーカーです。DAPはシンプルなデザインで、Bluetooth対応のリーズナブルな製品が多いです。国内では楽天やamazonといったネット通販サイトで人気が高く、機種も豊富にラインナップされています。

おすすめ&人気の中華DAPランキング

コスパでおすすめの中華DAP

AGPTE-デジタルオーディオプレーヤーA16TB (3,280円)

ネット通販で断トツに人気のある中華DAP

内蔵スピーカー、Bluetooth対応、光るタッチパネルなど注目の機能が全て搭載されたDAP。価格もこの機能で3,280円とリーズナブルなので、ネット通販サイト楽天でも断トツの人気商品となっています。

表面は触り心地が良く、タッチパネルの感度も十分と使い勝手は抜群。多言語の取り扱い説明書も同梱されています。2時間の充電で有線なら41時間、 Bluetooth なら10時間の音楽再生が可能なので、通勤や通学のお供にもおすすめですよ。

Victure-デジタルオーディオプレーヤー (3,499円)

スピーカー内蔵でリーズナブルな人気機種

こちらはウォーキングなどに便利なリストバンドも付属して、3,499円というリーズナブルなDAP。ネット通販サイトamazonの大人気商品です。内蔵メモリーは16GBと少し大き目なので、mp3だけならMicroSDを追加しなくても十分使えそうですよ。

多機能なのも魅力でスピーカー機能付きでBluetooth対応、録音機能やFMラジオなども付いています。本体は40gと超軽量、単3電池2個くらいですからスマホと2個持ちでも苦になりません。日本語を含む6か国語で書かれた取説も付いていますよ。

AGPTEK-デジタルオーディオプレーヤー A02 (2,880円)

見た目にも可愛らしいDAPは連続再生時間が長いのも魅力

低価格の製品も多いDAPですが、 1.8インチのスクリーンがついて2,880円はなかなかリーズナブルな価格です。操作はボタン式。タッチパネルのように画面を見なくても操作ができるので、ポケットに入れたまま使えるのが便利と根強いファンも多いですよ。

充電は4時間と少し時間がかかりますが、連続再生時間はなんと70時間。毎日充電する必要はありません。カラーバリーエーションは4色あり、上品でかわいいローズゴールドは女のお子様へのプレゼントとしても人気。再生速度の調整など語学学習機能もついているので、学生さんにもぴったりです。

コスパでおすすめの中華DAPの比較表

商品画像
ブランドAGPTEVictureAGPTEK
商品名デジタルオーディオプレーヤーA16TBデジタルオーディオプレーヤーデジタルオーディオプレーヤー A02
価格3,280円3,499円2,880円
特徴ネット通販で断トツに人気のある中華DAPスピーカー内蔵でリーズナブルな人気機種見た目にも可愛らしいDAPは連続再生時間が長いのも魅力
サイズ幅4×奥行1×高さ9.6cm幅4.1×奥行0.9×高さ9.5cm幅3.9×奥行0.9×高さ8.9cm
内臓容量8 GB16GB8 GB

高機能でおすすめのDAP中華

HOMMIE-音楽プレイヤーT11S (4,800円)

大きめのフルタッチスクリーンで使いやすい

幅5.5cm、高さ8.3cmのコンパクトなボディについた、大きな全画面スクリーンが特徴のDAP。リーズナブルなDAPでは1.8インチくらいのスクリーンが一般的ですが、こちらは2.8インチとスマホの半分くらいあり見やすいです。

OGTケーブルがついているので、PCなしでスマホと繋いで直接音楽データを転送することも可能。今スマホで音楽を聴いている人にはとても便利です。Bluetooth対応で、カレンダーや目覚まし時計などの付加機能も満載。目覚ましなども意外とあると便利な機能ですよ。

DONEST-MP3プレーヤー (3,199円)

録音機能もあり学生さんにもおすすめ

鏡のような光沢があり高級感が漂うボディが素敵です。この価格帯の中では音質も良いと評判で、Bluetooth機能もあります。付属のイヤホンも優秀なので有線で聴きたい人におすすめですよ。

画面は2.4インチと大き目で、電子ブックや動画が見られる機能もあります。特に多機能なプレーヤーは画面が大きいと操作がしやすいですね。ノイズキャンセル録音機能があるので会話や授業を録音する語学学習用にもおすすめです。

RUIZU-デジタルオーディオプレーヤー (4,024円)

シャープなデザインが好みの方におすすめ

角ばったデザインで、表面も光沢があり過ぎず全体にシャープなデザインが特徴です。サイドに物理ボタンがあります。ロックをかけても物理ボタンの操作は有効なので、ポケットに入ったままでも操作が使えますよ。

人気のスピーカー搭載機種でメモリーも16Gと大きめ、友達と音楽をシェアしたり会議で録音をしたりと幅広い用途に使えますよ。Bluetoothは最新のVer.5.0に対応。タッチパネルはバックライトつきなので、暗くなった帰り道でも使いやすいです。

高機能でおすすめのDAP中華の比較表

商品画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 61pW0mWdwVL._AC_SL1200_.jpg
ブランドHOMMIEDONESTRUIZU
商品名音楽プレイヤーT11SMP3プレーヤーデジタルオーディオプレーヤー
価格4,800円3,199円4,024円
特徴大きめのフルタッチスクリーンで使いやすい録音機能もあり学生さんにもおすすめシャープなデザインが好みの方におすすめ
サイズ幅5.5×奥行0.8×高さ8.3cm幅4.7×奥行0.9×高さ10.7cm幅3.7×奥行0.8×高さ9cm
内臓容量16GB32GB8GB

ハイレゾでおすすめのDAP中華

FIIO-デジタルオーディオプレーヤーM6 (21,034円)

2万円台で買える低価格なハイレゾプレーヤー

人気の中国ブランドFiiOから販売されている、リーズナブルなハイレゾ対応プレーヤー。高音質な高級DAPが2万円ちょっとで購入できるとあって人気の商品です。Wi-Fi接続も可能なのでミュージックサイトから簡単に音源をダウンロードできますよ。

ハイレゾは24bit/192kHzまで対応。コスパ最強ともいえるハイレゾプレーヤーですが、コーデックもハイレゾに対応したLDACやHWAに対応しているのでBluetoothでも高音質な音楽を楽しむことができます。

Cayin-ポータブルオーディオプレイヤー N6ii/T01 (137,640円)

オーディオマザーボードを交換できる高級DAP

10万を超える価格で、中華DAPの中でもかなりの高級機。もちろん魅力は音質です。クリアで伸びのある中高音域が美しいので、特にポップスやアニソン、ゲーム音楽などにおすすめですよ。話題のネットワークオーディオとしても使えるので、お家でも便利に使えます。

こちらはハイグレードなDAPのN6iiとオーディオマザーボードT01のセット。N6iiの特徴はマザーボードが交換できることです。マザーボードは機器が動作するための重要なパーツで、音質に大きな影響を与えます。このオーディオマザーボードを交換することで、全く違った音を出すDAPに変身させることもできますよ。

SHANLING-ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤーM6 (63,311円)

価格はミドルレンジで音質はハイエンドとコスパ抜群

ミドルレンジのオーディオとしてはかなりの高音質。クリアな音質でパワーもあり、性能から考えるとコスパも抜群です。Android搭載で使い方に迷うこともなく、MicroSDはなんと2TBまで対応しているのでハイレゾ音源でもたくさん入りますよ。

スタイリッシュなデザインも素敵。まるで鏡のような光沢で高級感があり、画面のサイドがカーブしているところがカッコいいです。SHANLINGというメーカーはあまり聞いたことがないという方が多いかもしれませんが、海外では有名な高級オーディオ機器のメーカーなので信頼性も高いですよ。

ハイレゾでおすすめのDAP中華の比較表

商品画像
ブランドFIIOCayinSHANLING
商品名デジタルオーディオプレーヤーM6ポータブルオーディオプレイヤー N6ii/T01ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤーM6
価格21,034円137,640円63,311円
特徴2万円台で買える低価格なハイレゾプレーヤーオーディオマザーボードを交換できる高級DAP価格はミドルレンジで音質はハイエンドとコスパ抜群
サイズ幅5.3×奥行1.2×高さ9.3cm幅7×奥行12×高さ2.1cm幅7.1×奥行1.8×高さ13.4cm
内臓容量2GB64GB32GB

Bluetooth接続でおすすめの中華DAP

AGPTEK-音楽プレーヤー G6 (2,980円)

ランニング中に音楽を聴きたい方におすすめ

アームバンドも付属したランニングやウォーキングにおすすめの中華DAPです。本体のサイズは幅3.6cm、高さ5.9cm、重さが26gと全体的にスマホの1/4程度。コンパクトなのでスポーツをしていても邪魔になりません。

価格もBluetooth搭載で2,980円と非常にリーズナブル。国産メーカーではありえないこの価格が魅力的です。小さめですが1.5インチのスクリーンと8GBのメモリーが搭載されて、スポーツや通勤、通学にと便利に使えそうな1台です。

Newiy Start-デジタルオーディオプレーヤー (3,599円)

ダイレクト録音ができるリーズナブルな中華DAP

Bluetooth搭載で音楽はもちろん、FMラジオも聴くことができます。大きな特徴はダイレクト録音に対応していること。スマホやCDプレーヤー、以前使っていたDAPとケーブルで繋げば、PCを使わずに音楽などを録音することができます。

充電時間は2時間で有線なら最大60時間、Bluetoothでも26時間の連続再生が可能です。こちらの中華DAPはサポートが充実しているのもおすすめポイント。メールなら24時間以内日本語にて返信、電話での対応もしてくれますよ。

Bluetooth接続でおすすめの中華DAPの比較表

商品画像
ブランドAGPTEKNewiy Start
商品名音楽プレーヤー G6デジタルオーディオプレーヤー
価格2,980円3,599円
特徴ランニング中に音楽を聴きたい方におすすめダイレクト録音ができるリーズナブルな中華DAP
サイズ幅3.6×奥行1.6×高さ5.9cm幅4×奥行0.9×高さ9.5cm
内臓容量8GB8GB

バランス接続でおすすめの中華DAP

FiiO-M11 Pro (84,190円)

Wi-Fiにも接続できるのでホームオーディオとしても

こちらはFiiOの新製品。バランス接続も端子が何種類かあるので、合わないと今のイヤホンが使えなくなるのが心配です。M11 Proでは3.5mmのイヤホンジャックと、2.5mm、4.4mmのバランス出力端子をもっているので安心ですよ。

Wi-Fiも搭載されていて、Bluetoothと干渉しない5GHz帯も使えるので快適です。FLAC形式ハイレゾ音源は384kHz/32bitまでと超高音質で再生が可能。e-onkyo musicで使われているハイレゾのロスレス圧縮方式MQAにも対応しています。最近注目されているDSD方式の音源にも対応していて、こちらもDSD256までの音源が聴けますよ。

iBasso Audio-デジタルオーディオプレーヤー DX160 (40,640円)

Android搭載機でスマホのような使用感

シンプルで上品な光沢がおしゃれです。最近話題のバランス出力ですが、やはり高音質な機種に搭載されることが多いです。こちらのDAPもそんな高級オーディオの1つ。バランス接続のイヤホンからは、ノイズが少なく立体感のあるサウンドが聴けます。

音質はクリアで上品、優しい音楽が聴けるDAPです。少し高めのエントリークラスという価格ですが、ハイエンドクラスの音質ですからハイコスパですよ。また多機能な上に使いやすいところもおすすめです。Andoroid搭載でディスプレイは5インチの大画面と、使用感はまるでスマホですから操作も心配なし。Full HDでジャケットなども美しく表現します。

バランス接続でおすすめの中華DAPの比較表

商品画像
ブランドFiiOiBasso Audio
商品名M11 Proデジタルオーディオプレーヤー DX160
価格84,190円40,640円
特徴Wi-Fiにも接続できるのでホームオーディオとしてもAndroid搭載機でスマホのような使用感
サイズ幅7.1×奥行1.7×高さ13cm幅6.9×奥行1.5×高さ12.3cm
内臓容量64GB32GB

まとめ

サポートがしっかりしている中華DAPがおすすめ

中華DAPの選び方や人気のブランド、おすすめの中華DAPなど見てきましたがいかがでしたか。高機能でリーズナブルなのが嬉しい中華DAPですが、やっぱり品質やサポートもしっかりした商品が理想ですよね。品質はスペックでは分からない部分も大きいので、使用感や品質は口コミが参考になります。また日本法人があったり国内にサポートデスクがあったりする商品は、サポートを受けやすくておすすめですよ。最近はリーズナブルでも品質が良い物が多くなっているので、DAPを探している方はぜひ中華DAPもチェックしてみて下さいね。

中華DAPに関するQ&A

中華DAPを更に高音質にするには?

音質が良くなってきている中華DAPですが、USBトランスポートでデジタルからアナログに変換することで、更に高音質にすることが可能です。必要なものは、AUX/外部出力機能がついているナビ等とケーブル、アナログ出力変換ユニットです。中華DAPの音質が気になる人は、試してみてくださいね。

中華DAPは車と接続できる?

中華DAPのBluetooth機能を使えば、接続が可能です。しかし、中華DAPの中にはBluetooth機能が付いていても、車に対応していないモデルもあります。そのため、車で使用したい人は、購入する前に対応しているか確認しておきましょう。

中華DAPと日本製DAPとの違いは?

中華DAPは、日本製DAPと性能が変わらないほどの商品がたくさんあります。しかし、日本製に比べると、DAPに対応しているフィルムやケースなどを見つけづらいです。そのため、中華DAPが壊れるのが心配で保護したい人は、店頭ではなくネットショッピングで、フィルムやケースを探すと良いでしょう。ネットショッピングなら、色々なお店の商品を見ることができます。品数や種類も豊富なので中華DAPに合うものを見つけやすいですよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。