2020最新おすすめのDAP人気ランキング!【ハイエンドで高コスパ】

外出時に音楽を聴くとき、専用のオーディオプレーヤー以外にスマートフォンを使用する方も多いのではないでしょうか。他の機能と合わせて使用できるので便利ですが、もっといい音質で音楽を聴きたいと思う方もいますよね。そんな方におすすめなのがDAPです。DAPとはデジタルオーディオプレーヤーのことで、CDなど、これまでの音楽媒体と比べてもより音質のいいものが多くありますよ。今回はDAPの選び方やおすすめ商品をご紹介します。音楽が好きな方やDAPの購入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

DAPとは?

デジタルオーディオプレーヤーの略称

DAPとはデジタルオーディオプレーヤーの略称です。CDプレーヤーやカセットプレーヤーとは違い、本体にあるハードディスクやメモリに音楽を取り込み使用します。CDやカセットといったメモリ媒体を持ち歩くことなく、より多くの音楽を聴くことができますよ。

外部メモリにも対応しており多くの音楽を持ち歩ける

DAPは本体に取り込んだ音楽だけでなく、メモリーカードなどの外部メモリに取り込んだ音楽を聴くことも可能です。長時間の移動時や、そのときの気分で聴く音楽を変えたいという方も外部メモリを使用することで、より多くの音楽を聴くことができますよ。状況に合わせて外部メモリも使用できるのは、音楽が好きな方には嬉しい点といえるのではないでしょうか。

DAPの種類

ハイレゾ対応DAP

広い音域を楽しめるハイエンドモデル

ハイレゾとは、CDでは聴くことのできなかった音域を持つ音源のことです。CDは入る情報量に限りがあるため、全ての音域を記録することができません。それに対してハイレゾは音の太さや繊細さ、奥行きなど、より多くの情報を取り入れることが可能。コンサートホールで聞くような音を楽しむことができますよ。

このハイレゾ音源を聴けるのがハイレゾ対応のDAP。よりクオリティの高い音楽を楽しみたいという方におすすめです。ハイレゾ対応DAPはハイエンドモデルになるため価格が高くなりがちですが、音にこだわりたい方も満足できるでしょう。目の前でアーティストが演奏しているような音質をぜひ楽しんでください。

ハイレゾ非対応DAP

手を出しやすい低価格モデル

ハイレゾ音源対応DAPと比べて音質は少し落ちますが、低価格で購入することができるのがハイレゾ非対応DAPです。繊細で表現豊かなハイレゾ音源のような音質ではありませんが、MP3やWAVなどの音楽ファイルを再生することが可能です。ちなみに、音楽ファイルとはコンピューター上に格納する際のファイル形式のことを指します。圧縮の方法によってファイル形式が変わりますよ。ハイレゾ非対応DAPはリーズナブルなものが多く、初めて購入する方でも手にしやすいといえるでしょう。

また、ハイレゾ非対応DAPはシンプルな性能のものが多く、初心者にも使い勝手のいい商品が多数出ていますよ。機械操作が苦手な方や、初めてDAPを購入するという方にもおすすめといえるでしょう。高価格なものは手が出しにくいけど、使いやすいDAPが欲しいという方は、ハイレゾ非対応タイプも検討してみてくださいね。

DAPの選び方

容量で選ぶ

ハイレゾ音源を多く保存したいなら大容量DAPがおすすめ

DAPは商品によってストレージと呼ばれる情報を記録するメモリの容量が違います。容量が大きければ大きいほど、より多くの情報を記録することが可能になりますよ。ハイレゾ音源は情報量が多いため、その分容量を必要とします。DAP本体により多くのハイレゾ音源を保存したいという方には、容量の大きなDAPがおすすめですよ。ちなみに、ハイレゾ音源の1楽曲あたりの容量ですが、ファイル形式にもよりますが200MBから400MBほどあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

外部メモリを持ち歩けるなら低容量でもハイレゾが聞ける

先ほど、ハイレゾ音源を楽しむなら大容量DAPがおすすめとご紹介しましたが、外部メモリを持ち歩ける方なら低容量DAPでもハイレゾ音源を楽しむことが可能です。外部メモリを持ち歩くことで荷物が増えるというデメリットがありますが、小さなメモリーカードなら邪魔になることもないでしょう。大容量になればその分価格も上がりますので、価格を抑えたいという方は外部メモリも検討してみてくださいね。

音質にこだわって選ぶ

ヘッドホンアンプの抵抗値も確認するとよりよい音になる

DAPはイヤホンやヘッドホンでの使用がほとんどですが、ヘッドホンなどを通して、いかに綺麗な音質で聴くかが重要ですよね。DAPにはヘッドホンアンプという部分がありますが、このヘッドホンアンプ部のインピーダンスと呼ばれる電気抵抗値によって、ノイズの軽減が可能になりますよ。Ω(オーム)と呼ばれる単位を用いて表示されますが、DAPには300Ωといったハイインピーダンスのものから150Ωのものまでありますよ。使用するヘッドホンにも同じくインピーダンスが表示されているので、できる限りΩ値の近いものを選ぶのがおすすめです。また、ハイインピーダンスであるほどノイズが軽減されると言われていますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

バランス接続可能なDAPならより繊細な音で音楽を聞ける

よりよい音を楽しむためにはヘッドホンを挿す端子も重要になりますよ。ステレオミニジャックと呼ばれる3.5mmの端子が主流ですが、DAPの中にはバランス接続に対応したものもあります。DAP本体からヘッドホンで音を聞く際には、DAP側からL信号とR信号の2つが流れます。一般的に使用されているアンバランス接続では、ヘッドホン側から戻る信号が混ざって返ってしまう恐れがあり、ノイズがかかることがありますよ。そこで、おすすめなのがバランス接続対応のDAP。ヘッドホン側から戻る信号が混ざらず、DAP側からと同じく2本の信号として戻るのでノイズのないきれいな音を聞くことができますよ。

補助機能で選ぶ

Bluetooth接続が可能ならスピーカーからも聞くことが可能に

家の中でも常に音楽を流していたいという方におすすめなのが、Bluetooth接続が可能なDAPです。外出時にはイヤホンやヘッドホンで音楽を聴きますが、家の中では外していたいですよね。同じくBluetooth接続に対応しているスピーカーと連動させれば、DAPに保存した音楽を聴くことができますよ。外でも家でも音楽を楽しめますね。

本体容量を気にせず使用するならWi-fi接続可能なものがおすすめ

ハイエンドモデルのDAPはWi-Fiに接続できるものがあります。Wi-Fiに接続できることで、音楽配信サイトのストリーミング再生を使用することが可能に。本体に音楽を保存せずに聴くことができるので、容量を気にしなくてよくなりますよ。また、音楽ファイルの購入やダウンロードもWi-Fi通信で可能になるので、ケーブルでパソコンに接続するといった煩わしさも解消されます。

DAPのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

40年の歴史を持つポータブルオーディオプレイヤーが人気

SONYはゲームなどのハードウェア分野や音楽分野、映画など多岐に渡り精通している日本企業です。SONYのポータブルオーディオプレーヤーであるWALKMAN(ウォークマン)は40年の歴史を持ち、手にしたことがある方も多いのではないでしょうか。DAPはハイエンドモデルから手にしやすい価格のものまで多数揃えていますよ。

Astell&Kern(アステルアンドケルン)

韓国発祥のオーディオブランド

Astell&Kernは韓国アリバー社発のオーディオブランドです。当初は低価格から鋳価格帯の製品を多数発売していましたが、現在は本物のオーディオプレーヤーを作るべく、市場調査などを経てハイエンドモデルを多数揃えています。合わせてイヤホンやホームオーディオなど、オーディオ関係を多く取り揃えていますよ。

ONKYO(オンキョー)

社名の通り音にまつわる製品を多数扱う

ONKYOは数少ない日本の音響メーカーです。昭和21年に松下電器から独立し、創業。昭和22年に自社製スピーカーを搭載した高価格ラジオを発売し、大ヒットした過去もある企業です。ONKYOのDAPはハイレゾ音源対応。質のいい音を楽しむことができますよ。

パイオニア

ダイナミックスピーカーに感動し創業した電気機器メーカー

パイオニアは創業者の松本望がアメリカ製のダイナミックスピーカーに憧れ、自らの手で開発したことから始まった電機メーカーです。以前はスピーカーのパイオニアと言われるほど、オーディオファンから親しまれていましたよ。現在パイオニアから出ているDAPは超高解像度再生のできるハイエンドモデルや、片手で操作可能なコンパクトなものまで揃っています。

おすすめ&人気のDAPランキング

コスパでおすすめのDAP

SONY(ソニー)-NW-A105(32,500円)

サイドボタン付きなので画面を見ずに操作可能

SONYのDAPはハイレゾ音源に対応したモデルです。イヤホンやヘッドホンを本体に直接挿した場合はもちろん、Bluetoothでのワイヤレス再生でもハイレゾ音源を楽しむことができますよ。また、人気の音楽アプリや動画アプリにも対応しており、ストリーミングを楽しむことも可能。ストリーミングでもハイレゾ音源並みの高音質で聴くことができます。

こちらのDAPは本体のサイドにあるボタンで操作することが可能。DAP本体を手に持ち操作する必要がなく、ポケットに入れたまま操作することができますよ。いちいち取り出す必要がないので、煩わしさを軽減させることができるのも嬉しい点といえますね。

HiBy(ハイビー)-R3Pro(25,660円)

持ち運びしやすいポケットサイズ

HibyのR3Proはハイレゾ音源やバランス接続にも対応しているDAPです。ハイレゾ音源対応で音質がいいのはもちろん、バランス接続にも対応しているので、より音にこだわることが可能。高価格すぎない価格設定でこだわりの音を聴くことができ、コストパフォーマンスに優れたDAPといえるでしょう。

こちらは1600mAhという大容量バッテリーなのでアンバランス接続時は20時間、バランス接続時でも16時間連続再生が可能です。また、マイクロSDカードに対応しているので、多くの音楽を楽しめますよ。ポケットサイズなので持ち運びしやすく、サイドにコントロールボタンが付いているのでポケットの中で操作することもできます。

Hidizs(ヒディス)-AP80(17,498円)

本体重量70gの超軽量DAP

HidizsのAP80は本体容量は0、マイクロSDカードを使用して音楽を聴くDAPです。DAP本体には音楽を取り込むことができませんが、1TBのマイクロSDカードに対応しているので、多くの音楽を持ち歩くことができますよ。Bluetoothにも対応しているので、ワイヤレスでも音楽を聴くことが可能です。

こちらのDAPの重量は超軽量の70g。他のDAPと比べてもとても軽く、ポケットや鞄に入れていても重さが気になることはありません。音質に関してはハイレゾ音源にも対応しており、中音域を得意としていますが低音もしっかり捉えてくれるので、オールジャンルの音楽を楽しむことができますよ。

SHANLING(シャンリン)-M0(16,254円)

世界最小クラスのハイレゾ対応DAP

SHANLINGのM0は世界最小クラスの超軽量DAPです。本体重量はなんと38g。サイズは40mm×45mmと手のひらに収まる小ささなので、ポケットにしまっていても邪魔になることはありません。内蔵ストレージはありませんが512GBのマイクロSDカードに対応しているので、ハイレゾ音源も安心して保存できますよ。

タッチスクリーンを搭載しており、基本操作は指先で行うタイプなので機械操作が苦手な方でも使用しやすいといえるでしょう。Bluetooth4.1を搭載しているので、ワイヤレスでもハイレゾ級の音質で音楽を聴くことができます。また、とても小さいDAPですが、連続再生時間は15時間と充電を気にせず使用することが可能ですよ。

SONY(ソニー)-NW-S315K(20,700円)

家でもすぐに使用できるスピーカー付き

SONYのNW-S315KはDAP本体とスピーカーがセットになっています。通常はDAP本体のみで、スピーカーで使用したい場合は別途スピーカーを用意する必要がありますが、こちらはその手間をかける必要がありません。外出時にイヤホンやヘッドホンで使用するのはもちろん、家の中でもスピーカーで音楽を聴くことが可能ですよ。

DAP本体は53gととても軽量。コンパクトなボディなので持ち歩くのも苦になりません。また、コンパクトなサイズ感に対して連続再生時間52時間とロングバッテリーなのも嬉しい点といえるでしょう。外出時も充電を気にする必要がありませんよ。周囲の環境に合わせてノイズをコントロールする機能も持ち合わせており、ノイズを気にせずに音楽を楽しむことができます。

ハイエンドでおすすめのDAP

ONKYO(オンキョー)-rubato(45,629円)

最大528GBまで拡張可能な大容量DAP

ONKYOのrubatoは、ハイレゾ音源の他にも多くの種類の音楽ファイルを聴くことができるDAPです。音響メーカーならではの高音質を楽しむことができ、アーティストやエンジニアの思いを感じ取れるような高音質設計になっています。作り手のこだわりまでも感じることのできるDAPになっていますよ。

2.5mm4極端子を搭載しており、バランス接続にも対応しています。ONKYO独自のACG(アクティブコントロールGND)駆動を選択することが可能で、低音域の音に対してより深みのある音を聴くことができますよ。画面は2.4型タッチパネルを採用。親指で操作可能な位置に機能が配置されており、操作性も文句ありません。

Fiio(フィーオ)-M9(37,100円)

ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質を実現

FiioのハイクラスエントリーDAPであるM9。ハイレゾ音源に対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質を維持してくれます。バランス接続にも対応し、2.5mmのバランス出力端子を搭載していますよ。また、旭化成エレクトロニクス製のDACチップを搭載し、ノイズを軽減してくれる点もM9の特徴の1つ。DACチップとはデジタルの音楽形式をアナログの音に変換してくれるものですが、M9に搭載しているDACチップはノイズによる音質劣化を極限まで低減してくれます。そのおかげで高音質を楽しむことができますよ。

M9はAndroid OSを搭載しており、高速動作が可能になっています。ストリーミング用アプリを取り入れることも可能で、ストリーミング再生でも高音質を楽しむことができますよ。また消費電力も低く、10時間の連続再生が可能です。高機能を携えながら高すぎない価格なので、手が出しやすいのも嬉しい点といえそうです。

Astell&Kern(アステルアンドケルン)-A&norma SR15(90,888円)

アーティストとエンジニアがデザインした音を伝える

Astell&KernのSR15は、アメリカのCirrus Logic(シーラス ロジック)社のMasterHIFIチップセットソリューションを導入したDAPです。CS43198という優れたオーディオサウンドを実現するDACチップを搭載しており、より高音質な音楽を聴くことが可能に。アーティストやエンジニアがデザインした楽曲を届けてくれます。

音楽再生に特化した機能やメニューのレイヤーはシンプルにするなど、3つのコンセプトを元にしたインターフェイスデザインを採用。音楽プレーヤーとしての使い勝手を考えられた操作性になっています。また、デザインも特徴的で、四角を組み合わせた形は他と一線を画し、見た目にもこだわりたい方にもおすすめです。

パイオニア-XD-300R(58,000円)

さまざまな音楽フォーマット対応でハイレゾ音源を余すところなく堪能

パイオニアのXD-300Rはハイレゾ音源を最大級に楽しむために、さまざまな音楽フォーマットに対応。ハイレゾ音源の他、クラス最高水準の再生能力を保持しています。多くの種類の音源を高音質で再生することができますよ。さらに回路設計にもこだわりを持ち、デジタルノイズ軽減が可能になっています。

こちらのDAPは接続端子部分に2.5mm4極端子を採用しており、バランス接続にも対応しています。また、高精度グラフィックイコライザーを搭載し、最大16 384 バンド(周波数帯域)の音量調整が可能。音質や音量を好みの状態に調整することもできますよ。楽曲は国内最大級のハイレゾ音源配信サイトから直接取り込むことができ、パソコンを介す必要がなく気軽に高音質の音楽を楽しむことができます。

iBasso Audio(アイバッソオーディオ)-DX220(118,980円)

Bluetooth5.0に初めて対応したDAP

アイバッソオーディオのDX220は、シャープ製のFull HD全面ディスプレイを搭載しています。画面が美しいのはもちろん、静電容量方式タッチパネルやナノ防指紋コーティングにより滑らかな触り心地を実現。さらにOSにはAndroid8.1を採用し、合わせてより快適な操作性となっています。

DAPとして初めてBluetooth5.0を搭載しています。最新のワイヤレス機器と組み合わせて使用することも可能。ワイヤレスでも高音質な音楽を楽しむこともできますよ。また、ストリーミング再生や、Bluetoothのレシーバー機能を使用してスマートフォンの音源を聴くことも可能と、幅広い楽しみ方ができるDAPといえます。

低価格でおすすめのDAP

AGPTEC(エージーピーテック)-A16TB(3,280円)

ラジオや電子ブックなど音楽以外にも楽しめる

AGPTECのDAPは3,000円代ととても低価格。安すぎると性能が悪いのではと心配な方もいるかもしれませんが、こちらは音楽を聴くだけでなく、ラジオや電子ブックの閲覧、目覚ましにもなりますよ。1台で多くの機能を使用したいかたにとてもおすすめです。

とても低価格なDAPですがBluetooth4.0を搭載しており、ワイヤレスで音楽を楽しむことが可能。さらにデジタルノイズ低減チップを採用しているので、ノイズをしっかり抑えてくれます。また、FLACロスレス対応なので低音域から高音域までクリアな音質で音楽を聴くことができますよ。長時間の音楽再生も可能と、使用する人に嬉しい機能が満載です。

HOMMIE-音楽プレーヤー(4,800円)

大画面タッチパネルで操作しやすい

HOMMIEのDAPは2.8インチの大画面を搭載。綺麗で見やすいのはもちろん、スマートフォンのように左右にスワイプしたりホームボタンを長押しするなど操作方法も簡単なので、初心者にも扱いやすいでしょう。ボタン操作を覚える必要がなく、機械操作が苦手な方にもおすすめですよ。

こちらはBluetooth4.1を搭載しており、ワイヤレスでも音楽を楽しむことが可能です。スポーツ時も音楽を聴きながら運動することができますよ。音質もよく、ハイレゾ音源にこだわらない方には低価格で手が出しやすくおすすめです。また、音楽を聴くだけでなく、ボイスレコーダーやラジオなど多機能なのも嬉しい点ですね。

AGPTEC(エージーピーテック)-デジタルオーディオプレーヤー(4,300円)

50時間連続再生可能な低価格DAP

こちらのDAPはリーズナブルな価格帯で、連続再生50時間と使い手にとって嬉しい機能を持っています。充電時間2時間で50時間再生することが可能。外出時も充電を気にせず使用することができますよ。また、2.4インチの大画面で、操作方法もわかりやすくなっています。操作に不安がある方にも使いこなしやすいといえるでしょう。

こちらはBluetooth4.1を搭載しており、ワイヤレスで音楽を聴くことが可能です。オーディオケーブルも付いているので、車載オーディオで聴くこともできますよ。音質もよく、デジタルノイズ低減チップを採用しているので、ノイズを気にせず音楽を楽しめます。音楽再生の他に、ラジオや録音、電子ブックにも使用できますよ。

Victure(ビクチャー)-オーディオプレーヤーM3(5,269円)

クリップで洋服に留めれば歩数計にも

中国メーカーのVictureのDAPは、音楽再生だけでなく歩数計にもなる多機能タイプ。本体容量は8GBですが、外部メモリにも対応しており64GBのマイクロSDカードを使用することができますよ。8GBでは少ないと感じる方も安心して使用できるのではないでしょうか。

本体の後ろにクリップが付いており、洋服に留めて使用することが可能です。歩数計機能が付いているので、音楽を聴きながら歩数計として使用することもできますよ。リーズナブルで必要最低限の機能だけが欲しいという方におすすめのDAPです。

グリーンハウス-ミュージックプレーヤー(5,980円)

1台で3役のマルチプレーヤー

グリーンハウスのミュージックプレーヤーは、1台で3役をこなしてくれるマルチDAPです。音楽再生の他にFMラジオやボイスレコーダーとして使用することも可能。FMラジオを録音することもできますよ。また、ボイスレコーダーは60時間の録音が可能です。

内蔵ストレージは16GBですが、さらに32GBまでのマイクロSDカードにも対応しています。より多くの音楽を持ち歩きたいときはマイクロSDカードを使用することをおすすめします。USB充電で約11時間の連続再生が可能ですよ。イコライザ機能やリピート再生、ランダム再生など、多彩なモードを搭載しています。

まとめ

音にこだわりたいならハイレゾ対応DAPがおすすめ

DAPにもさまざまな種類がありますが、音質にこだわりたい方におすすめなのはハイレゾ音源対応のDAPです。生演奏に近い音を耳元で聴けるのはハイレゾ音源ならではといえますよ。ハイエンドモデルでなくてもハイレゾ音源に対応したものはたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。ぜひDAPで毎日のライフワークに良質な音楽を加えましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。