2020おすすめのスープジャー人気ランキング!【パスタやリゾットも】

ランチの時にスープなどの汁物が欲しい場合インスタントスープも便利だけど、温かい手作りスープをお弁当と一緒に食べることができたら嬉しいですよね。そんな時に便利なアイテムがスープジャーです。スープジャーを使えば家で作ったスープをランチタイムの時まで温かいままキープすることができますよ。スープジャーを快適に長く使い続けるためには、自分に合うサイズや特徴の商品を選ぶ必要があります。今回はそんな便利なスープジャーの選ぶポイントについて紹介します。ぜひ自分に合うスープジャーを見つけてお弁当に手作りスープをプラスしてくださいね。

スープジャーの特徴

スープを温かいまま持ち運ぶことができる

スープジャーは主にスープ料理を持ち運ぶために作られている容器で、その魅力はなんといっても温かさを長時間保つことができるところです。スープジャーは素材に保温性に優れているステンレスを使用しているので、中身のスープが冷めにくいのが魅力です。スープジャーに入れておけば、朝作っておいたスープをお昼に温かいまま食べることができますよ。スープジャーは水筒よりも口が広くなっているので、スープを注ぎやすい上にスプーンでそのまま食べやすい特徴があります。

保温だけではなく保冷もできる

スープジャーは温かさだけではなく、冷たさも保つことができます。スープジャーは水筒と同じように入れた時の冷たさを保つことができるので、冬だけではなく夏にも便利です。ビシソワーズや冷や汁などの冷たいスープはもちろん、冷製パスタなどの冷たい麺料理をお弁当にすることができますよ。また、フルーツポンチなどの冷たい方が美味しいデザートを持ち運ぶ時にスープジャーを使うのもおすすめです。

スープジャーの選び方

保温力で選ぶ

6時間後に60度前後の温度を保てるものがおすすめ

スープジャーは保温性が高い容器ですが、商品によって保温力が異なります。そのため、スープジャーを購入する時はより保温性が高い商品を選ぶのがポイントですよ。保温性の目安は6時間経過した時に60度前後の温度を保っているかどうかです。人が温かいと感じるのは体温よりも25度以上高い温度だと言われています。つまり体温が36度の場合は61度ですね。朝6時に作ったスープが6時間後の12時に60度前後を保つことができれば、お昼でも温かくて美味しく感じることができます。

真空断熱構造のものが保温性が高い

スープジャーの保温性の高さは構造で確認することができますよ。温かいスープを長い時間楽しむためには真空断熱構造のスープジャーを選ぶようしましょう。魔法瓶の構造と同じ真空断熱構造は、熱を逃がさないため保温効力がとても高いです。保温性がとても高いスープジャーは人参やじゃがいもなどの根菜が柔らかくなっていない半調理状態でも、その保温力でお昼には柔らかくすることができます。スープジャーを選ぶ時は真空断熱構造という記載があるかチェックしてくださいね。

容量が大きい方が保温性が高い

スープジャーの保温性は容量によっても変わります。同じシリーズのスープジャーの場合、容量が大きければ大きいほど保温性が高い特徴があります。同じブランドのスープジャーでも、容量が300mlと500mlで6時間経過後の温度が5度以上変わる場合もありますよ。スープジャーのサイズ選びに迷った場合は、より保温性が高い大きい容量のスープジャーを選ぶのも良いですね。

容量で選ぶ

300mlから400ml位が副菜用のスープに使いやすい

容量が大きいスープジャーは保温性が高い特徴がありますが、その分サイズと重量が大きいです。スープジャーを快適に使うためには、自分が使いやすい容量のものを選ぶことも大切です。お弁当やサンドイッチのお供にスープを食べる場合は、300mlから400ml位の容量のスープジャーが使いやすいです。ミネストローネやクラムチャウダーなど、具材が小さめのスープなら大人の副菜用としてちょうどいいサイズですね。

300ml以下の小容量はみそ汁や子供用に使いやすい

300ml以下の小さい容量のスープジャーは子供のお弁当用におすすめです。子供がスープジャーを使う場合はなるべく軽い方が持ちやすいので、容量が小さめのスープジャーを選ぶようにしましょう。また、スープジャーをみそ汁専用に使う場合は容量が小さいスープジャーを選ぶのがおすすめです。みそ汁は一度に飲む量が少ない上に具材も大きくないので、300ml以下の容量でも大人の一人分の量を入れることができます。

500ml位の大容量なら具沢山スープや男性用におすすめ

シチューのように具材が大きいスープを入れる場合は、500ml位の大容量サイズのスープジャーがおすすめです。大容量のスープジャーはリゾットやスープパスタを入れる時も便利ですよ。量を沢山食べる男性はもちろん、ダイエットで食事にスープだけを食べる場合も大容量のスープジャーは使いやすいです。前項でもお話ししましたが、容量が大きいスープジャーは保温性も高いので大きさや重さが気にならないならあえて大容量のものを選ぶのも良いですね。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れが簡単なのは部品の数が少ないもの

せっかくスープジャーを買うなら頻繁に使いたいですよね。スープジャーを日常的に使い続けるためには、お手入れのしやすさも大切です。スープジャーにはしっかり密閉できるために蓋にパッキンなどの部品が付いています。パッキンの部分はカビが生えやすいので、水洗いできるように分解ができる仕組みになっていますよ。毎回部品を分解して洗う必要があるため部品の数が多いと、洗い物も組み立ても大変です。できるだけ部品の数が少ないスープジャーを選んだ方が毎日のお手入れが楽なので、日常的に使いやすいですよね。

スポンジで隅々まで洗えるものが清潔に使える

スープジャーを清潔に保つためにきれいに洗えることはとても大切です。口が広くて手が入るものならスポンジを使ってスープジャーの内部を隅々までしっかり洗うことができるので、ぬめりが残りにくいです。また、内部にセラミックコーティングが施されているスープジャーは、保温性は少し劣りますがニオイが付きにくい特徴があります。そのため、カレーなどの香りが強い料理に使う時はおすすめですよ。

スープジャーのおすすめブランド・メーカー

THERMOS(サーモス)

高度な技術により作られる魔法瓶スープジャー

サーモスは世界120カ国以上で愛されている魔法瓶ブランドです。魔法瓶ブランドだけあってスープジャーの保温性にもとても定評があります。スープジャーのデザインがシンプルで色の種類が多いので、女性でも男性でも使いやすいですよ。部品の数が少なめなのでお手入れも簡単です。

象印

使い方に合わせて選べる豊富な種類が揃う

象印のスープジャーは種類が豊富なのが特徴的です。短時間の加熱でスープにじっくり火を通すことができるものや、直接口をつけてスープを飲みやすいものなど様々なスープジャーがありますよ。サイズの幅も広く、260mlの小さいものから750mlの特大サイズまで揃っています。

タイガー

食べる量に合わせて3つのサイズから選べる

タイガーのスープジャーには250mlと300mlと380mlの3種類のサイズがあります。小さめのサイズなので、副菜のスープやみそ汁用におすすめです。スープジャーの内部にスーパークリーン加工を施しているため、汚れやニオイが付きにくいのが魅力です。

BRUNO(ブルーノ)

気分が上がるおしゃれなデザインが魅力

他の人が持っていないようなデザインのスープジャーが欲しいなら、ブルーノがおすすめです。ナチュラルな色味とロブスターなどのシルエットイラストがシンプルでおしゃれです。スープジャーの底面にゴムが付いていて、滑りにくい作りになっているのが特徴的です。

おすすめ&人気のスープジャーランキング

保温力が高くておすすめのスープジャー

THERMOS(サーモス)-真空断熱スープジャーJBX-500(2,580円)

6時間経っても61度以上をキープ

世界各国で愛されている魔法瓶のパイオニアであるサーモスの魔法瓶です。高度な技術と徹底的な品質管理のもとで作られている魔法瓶のスープジャーは保温性が高いのが特徴です。容量が500mlのスープジャーは6時間経過しても61度以上の温度を保つことができますよ。

サーモスのスープジャーは蓋が厚いタイプと薄いタイプの2種類の形があり、この厚いタイプは外蓋と内蓋の2ピース密閉構造が特徴的です。しっかり密閉することができる上に開けやすいので、開ける時にスープをこぼしてしまうことがありませんよ。本体は使えませんが、蓋は食洗機に対応しているので食洗機がある場合はお手入れがとても楽です。

スタンレー-真空フードジャー(5,500円)

弾丸すら通さない頑丈なスープジャー

保温性の高さと頑丈な作りが魅力のスープジャーです。保温力がとても高く75度以上を6時間保つことができ、60度以上なら12時間保つことができます。スープを入れてから食べるまでの時間が長い人におすすめですね。保温力だけではなく保冷力も高いのが特徴で、10度以下の温度を12時間保つことができますよ。

スタンレーの商品は強固で頑丈なのが魅力で、高度12,000mから落としても壊れないと言われるほどの強さがあります。壊れにくい上に本体表面にサビ止め加工が施されているので、アウトドアでとても使いやすいです。付属されているスプーンフォークを本体の側面に収納できるので、荷物を減らすことができますね。

象印-ステンレスクック&フードジャーSW-JA75(3,524円)

朝の調理時間を短縮できるスープジャー

象印のスープジャーも保温力がかなり高いです。95度の熱湯を入れた場合、6時間経過した後も73度以上の温度を保つことができます。保温力がとても高いので、鍋での煮込み時間が短くてもスープジャーに入れておくことで食材にじっくり火を通すことができます。

通常なら20分以上煮込む必要があるミネストローネもたった3分煮込むだけでスープジャーに入れれば、あとは魔法瓶保温でじっくり調理できます。スープジャーに入れた時は固かった野菜が食べる頃には、ホクホクに柔らかくなっていますよ。容量が750mlでかなり大きいので、自分の分だけではなく他の人のスープも入れたい時に便利です。

ROCCO(ロッコ)-フードコンテナ(2,640円)

キャンプなどのアウトドアで便利に使える

ロッコはおしゃれなアウトドアグッズで人気のブランドです。ロッコのスープジャーはアウトドアでも毎日のランチでも使いやすいです。スープジャーの蓋にグリップが付いていてとても開けやすいので、どんな場所でも簡単に開閉ができます。寒さで手がかじかんでいる時でも蓋を開けやすいですよ。

容量が380mlで副菜スープ用として毎日使いやすいサイズです。本体のサイズが直径7.5cmの高さ14cmでスリムなので、バッグの中で邪魔にならないところも魅力です。デザインの種類が6つあり、どれもシックな色合いなので女性でも男性でも使いやすいです。60度以上の温度を6時間保つことができますよ。

アウトドアプロダクツ-スープポット(2,640円)

アウトドアシーンを彩るおしゃれなデザイン

日本でも人気が高いアメリカのアウトドアブランドであるアウトドアプロダクツのスープジャーです。お出かけが楽しくなるようなポップなデザインが可愛いです。アウトドアブランドのスープジャーだけあって保温性が高く、6時間経過後も60度以上の温度を保つことができますよ。

内側の蓋には凹凸があるので、ネイルをしていて爪が長くても開閉がしやすいです。口の直径が6.3cmあるので、シチューなどの具材が大きいスープの時でも使いやすいですよ。デザインの種類が3つあり同じシリーズの水筒もあるので、揃えて使えばランチタイムがさらに楽しくなりますね。

お手入れがしやすくておすすめのスープジャー

THERMOS(サーモス)-真空断熱スープジャー JBT-400(3,280円)

蓋を分解できるので洗いやすい

サーモスのスープジャーは蓋が薄いタイプと厚いタイプで2種類の形があります。ここで紹介するのは蓋が薄いタイプで、しっかり手で握って開けやすいのが特徴です。外蓋と内蓋がくっついていて、蓋を少し回すと中の圧力が少し逃げて、さらに回すと蓋が開く仕組みになっていますよ。

外蓋と内蓋はくっついていますが、簡単に分解することができるので清潔に洗うことができます。蓋は外蓋と内蓋とゴムパッキン2つの合計4つの部品に分かれます。スープジャーの中では部品の数が少ないので、洗い物も組み立ても楽にできます。保温性が魅力のサーモスなので保温性も高く、400mlのサイズは59度以上の温度を6時間保ちますよ。

タイガー-ステンレスカップB030(2,178円)

スーパークリーン加工で汚れにくい

タイガーのスープジャーはお手入れのしやすさが魅力です。スープジャーの内側に汚れとニオイが付きにくいスーパークリーン加工が施されているので、さっと軽く洗うだけできれいになります。カレーなどの香りが付きやすい料理で使った時も、何度も洗う必要がないのは便利ですよね。

口の直径が7cmで広いので、手を入れてしっかり洗うことができます。口が広いスープジャーはスープの具材を取り出しやすいので、具が大きいスープでも使いやすいですよ。ここで紹介するのは300mlサイズですが、この他に250mlと380mlの合計3種類のサイズがあります。どのサイズもお弁当のお供に使いやすいです。

象印-ステンレスフードジャーSW-GD26(2,037円)

スプーンを使わなくても飲みやすい

スプーンを使わなくても直接口をつけて飲みやすいスープジャーです。口をつける飲み口が金属ではなく樹脂製なので、口当たりが良いのがスプーンを使う必要がありません。口が約8cmと広いので、スプーンで食べる時も具材をすくいやすいです。

部品を細かく分解することができるのが特徴的です。樹脂製の飲み口も取り外すことができ、蓋部分も5つに部品を分解できるので隅々まできれいにすることができますよ。部品を細かく分解できるスープジャーは組み立てが少し大変ですが、より隅々まで洗うことができるので清潔さにこだわる人におすすめです。

フォルテック-ハンディランチポット(1,540円)

持ち運びがしやすい軽いスープジャー

スープジャーが重いとそれだけ荷物が重くなってしまうので、できればスープジャーは軽い方が良いですよね。フォルテックのハンディランチポットはスープジャーの中でも軽量なのが魅力です。300mlサイズは重さが約210gと軽いので、毎日の持ち運びもしやすいです。

フォルテックのスープジャーは内部にセラミックコーティングが施されています。セラミックコーティングが施されていると保温性が少し落ちますが、汚れ落ちが良くニオイも付きにくいのでお手入れが楽ですよ。色も付きにくいので、カレーやボルシチなどの色が付きやすい料理にも使いやすいですね。

パール金属-フードポット(1,202円)

お茶碗のように持ちやすいスープジャー

小さなどんぶりのようにコロンとした可愛いフォルムが特徴のスープジャーです。口が大きく高さが低めの作りなのが特徴的です。本体の直径が10cmで口のサイズがとても大きいので、スープジャーの中の料理がよく見えてランチタイムが楽しくなりますよ。

口が大きく高さが低めの作りなので、洗い物がとてもしやすいです。底の部分にすぐ手が届くので、楽に隅々まで洗うことができます。口が大きく中身がよく見えるので、スープだけではなく保冷を利用してサラダやデザートを入れるのもおすすめです。

おしゃれなデザインでおすすめのスープジャー

BRUNO(ブルーノ)-スープジャー(3,080円)

シンプルなシルエットデザインがおしゃれ

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ロブスターなどの食材のイラストがおしゃれにプリントされているスープジャーです。色味もデザインもシンプルでユニセックスな印象なので、女性も男性も使いやすいです。ロブスター柄の他にチキンとポークの柄のデザインもあります。よく食べるスープの具材に合わせてデザインの柄を選ぶのも楽しいですね。

折りたたみ式の先割れスプーンが付いているので、別にスプーンを用意する必要がありません。スープジャーにスプーンを入れる場所があるので、荷物が少なくて済みますね。蓋に滑り止めが付いていて開けやすく、底にはゴムが付いているので開ける時にスープジャーがぐらついてスープがこぼれてしまうことがありません。

mosh!(モッシュ)-フードポット(2,420円)

ジャムのような形がキュートなスープジャー

スイーツのような可愛いデザインが魅力のスープジャーです。他のスープジャーにはないデザインで、一見ジャムやお菓子が入った瓶のように見えるのが特徴的です。パステルカラーの色味がまるでマカロンのように可愛いですよね。色の種類が6つあるので、お好みの色を選ぶことができます。

可愛いだけではなく、使いやすさにも魅力があります。高さが9.6cmのコンパクトサイズなので、手で持ってスープを食べやすいです。口の直径が9cmでとても広いので、手をしっかり中に入れて洗いやすいです。スープジャーの内側には100mlごとに目盛りが付いているので、軽量にも使えますよ。

パール金属-フードポット(1,760円)

ハンドル付きで持ち運びがしやすい

パール金属のアウトドアブランドであるキャプテンスタッグのスープジャーです。絵本に出てくるミルクポットのようなデザインが可愛いですよね。ハンドルが付いているので手で持ちやすく、リュックに取り付けることもできるのでアウトドアで活躍してくれますよ。

アウトドアブランドのスープジャーだけあって、可愛いだけではなく保温性が高いのも魅力です。65度以上の温度を6時間保つことができます。口が広い作りなので、スープが食べやすく洗い物もしやすいですよ。色の種類が4つあり可愛いサックスやシックなブラックなど、色によって印象が違うので女性も男性も使いやすいです。

SKATER(スケーター)-デリカポット(2,221円)

好きなキャラクターのデザインを選べる

ディズニーなどの人気キャラクターのデザインがとても可愛いスープジャーです。キャラクターの種類がとても豊富でディズニーの他にスヌーピーやムーミンやジブリなどの人気キャラクターのデザインが揃っていますよ。キャラクターデザインのスープジャーですが、デザインが子供っぽくないので大人でも使いやすいです。

蓋の中材に発泡スチロールが使われていて、56度以上を6時間保つ保温効力と10度以下を6時間保つ保冷効力があります。蓋にネジ式のパッキンが付いていてしっかり閉めることができるので、スープが漏れてしまう心配がありません。持ち手が付いているので、子供でも持ち運びがしやすいですね。

NO MARK(ノーマーク)-ステンレスフードコンテナ(2,420円)

木目の蓋が可愛いアクセントのスープジャー

ナチュラルなデザインの雑貨が好きな人におすすめのスープジャーです。蓋が木目調になっているので、ナチュラルで優しい印象があります。可愛いパステルピンクやシックなブラックなど色が4種類あり、女性だけではなく男性でも使いやすいデザインのスープジャーです。

容量が280mlで小さめのサイズなので、みそ汁など少量のスープ用に使いやすいです。サイズは小さいですが、本体の直径が約9cmで口が広いのでうどんやそうめんの麺つゆ入れとして使うこともできます。洗う時はパッキンなどの部品を細かく分解できるので、隅々まできれいに洗えますよ。

スープジャーの効果的な使い方

予熱をして保温効果をさらにアップ

ちょっとした工夫をすることで、スープジャーをより快適に使うことができます。スープジャーの保温効力をよりアップさせるためには、スープを入れる前に予熱をするのがおすすめです。予熱をすることでさらに長い時間、温かい温度を保つことができますよ。方法はスープを入れる前にスープジャーに熱湯を入れて1分以上置きます。熱湯を捨てて中の水分を拭き取れば予熱は完了です。ちょっとしたひと手間で保温効果が上がるのでぜひ試してみてください。

専用ポーチに入れることでより冷めにくくなる

スープジャー本体と一緒に専用のポーチが売られているのをよく見ますよね。スープジャーを頻繁に使うなら、専用ポーチに入れて使うのがおすすめです。専用ポーチを一緒に使えば保温効力をさらに上げることができますよ。スープジャー専用のポーチは断熱構造になっているものが多いので、ポーチに入れることでスープをさらに冷めにくくすることができます。専用のポーチの中にスープジャーを入れておけば、もし液漏れが起こってもバッグの中が汚れてしまう心配もありませんよね。

まとめ

スープジャー選びで重視したいのは保温性の高さ

スープジャーを選ぶ時に最も重視したいのは保温性の高さです。温かいスープが一番嬉しいのは気温が低い寒い季節ですよね。6時間以上経過しても60度以上の温度を保てる保温性の高いスープジャーなら、気温が低い時期でもスープの温かさを守ってくれます。長い時間温かさを保ってくれるスープジャーを使っていれば、忙しくてランチタイムが遅くなってしまった時でも安心ですよ。今回はスープジャーの選び方について、おすすめの人気スープジャーを紹介しながらお話ししました。ぜひお気に入りのスープジャーを手に入れて、温かいスープでランチタイムをさらに楽しくしましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。