おしゃれでおすすめのパン切り包丁人気ランキング!【切れ味が持続】

パンを切るときパン切り包丁を使っていますか?最近では、ホームベーカリーを持っている人が増えました。それにパン屋さんで食パンを買うときも、一斤まとめて買ってお家で切りたいときがありますよね。そんなときに活躍してくれるのがパン切り包丁です。パン切り包丁の刃は、波のようにギザギザになっていて柔らかいパンも綺麗に切れるので、一本持っておけばとても重宝します。この記事ではパン切り包丁の、種類や選び方からおすすめの商品についてまで、幅広く紹介しています。ぜひお気に入りの一本を見つけてみてくださいね。

パン切り包丁の特徴

刃渡りが長いので何度も往復させることなくパンを潰さず切れる

パン切り包丁の刃の長さは、短めのものから長いものまで様々ですが平均で20㎝以上のものが多く、一般の包丁の刃渡りが17㎝から18㎝なのに対して長くなっています。なので、何度も往復させることなくやわらかい食パンも潰さず切ることができます。実際にパンを切るときは、包丁を前後に細かく動かしながら、手早く下まで真っすぐ切りましょう。

食パンの薄切りも綺麗に仕上がる電動式のパン切り包丁も

最近とても人気があるのが電動式のパン切り包丁です。刃はのこぎり状で2枚刃になっており、その刃が前後に細かく動いて、柔らかいパンも綺麗に切ることができます。サンドイッチ用のパンのように細く切ることもできますし、パン以外にケーキやフルーツも切れます。断面もとても綺麗でパンくずもほとんど出ません。価格はやや高価ではありますが、手動のパン切り包丁とそれほど差があるわけではありませんので、良いことずくめです。

パン切り包丁の種類・使い方

波刃タイプ

切れ味が良いので固いパンも楽々切れる

波刃タイプのパン切り包丁は刃がギザギザになっているため、固いパンでも楽々切ることができます。目の粗さはパン切り包丁によって様々です。ギザギザの目が粗いタイプは、フランスパンのように固いパンを切るのに適しています。目が細かいタイプは、食パンのように柔らかいパンを切るのに適しています。どんなタイプのパンでも綺麗に切れるのがメリットです。

波刃タイプのパン切り包丁は、切りたいパンの種類によって目の粗さを選ぶと良いでしょう。固いフランスパンも、柔らかい食パンもどちらも楽しみたい人は、程よい目の粗さのパン切り包丁を選びましょう。もっともポピュラーなパン切り包丁ですので初めて購入する人にもおすすめです。なるべくパンくずが出にくいタイプが良いですね。

平刃タイプ

柔らかいパンなら平刃

平刃タイプのパン切り包丁は刃がフラットになっています。このタイプのパン切り包丁は、食パンなどの柔らかいパンを切るのに適しています。刃の断面がフラットなため、パンくずが出にくく綺麗にカットすることができます。カットするにはコツが必要ですが、慣れると綺麗に切れますので、毎日食べる食パンをきれいにカットしたい人は、両刃タイプのパン切り包丁を選ぶとよいでしょう。

波刃タイプのパン切り包丁のようにパンくずが出にくく、柔らかい食パンの断面も綺麗にカットすることができます。ホームベーカリーを持っていて、使うのはほとんど食パンだけだという人は、このタイプのパン切包丁がおすすめです。焼き立てでふかふかの食パンもおまかせです。ジャムやバターの乗りも良くなり、毎日おいしい食パンを食べることができます。

両刃タイプ

パンの種類によって使い分けできる両刃

両刃タイプとは、ギザギザの波刃とフラットな平刃の両方がついているパン切り包丁です。刃の片方は波刃、もう片方は平刃になっていて、固いフランスパンなどのバゲットタイプのパンも、柔らかい食パンもどちらも切ることができてとても便利です。食パンもフランスパンも両方楽しみたい人は、このタイプのパン切り包丁を選ぶと良いでしょう。

何といっても、固いフランスパンも柔らかい食パンも両方に使えるのは魅力的ですね。両刃タイプ、波刃タイプのパン切り包丁に比べると、少し割高になる場合もあるようですが、色々な種類のパンを楽しみたいパン好きの人にはおすすめです。あとでもう1本買い足す必要もありません。

パン切り包丁の選び方

刃渡りで選ぶ

食パンやフランスパンなら刃渡り20~24㎝

食パンやフランスパンなどのオーソドックスなパンを切ることが中心の人は、刃渡りが20㎝から24㎝の長さのパン切り包丁を選びましょう。このくらいの長さなら、刃を前後に動かしながらパン切るのに充分な長さですし、これ以上長いとやや扱いにくくなります。パン切り包丁の刃渡りの長さとして、最も一般的な長さです。

ケーキや大きめのパンなら25㎝以上

少し大きめのパンを切る機会がある、ホールケーキを切る機会が多い人は、刃渡り25㎝以上のパン切り包丁を選びましょう。これくらいの長さがあれば、大きめのケーキも楽に綺麗に切ることができます。ケーキを焼くのが趣味の人、お料理教室の先生などにもおすすめですが、たいていの家庭では、ホールケーキを切る機会は少なからずあるものですので、一つあると便利なパン切り包丁だど言えますね。

クロワッサンやロールパンなら10~15㎝

クロワッサンやロールパンを焼くのが得意だという方におすすめなのが、刃渡り10㎝~15㎝のパン切り包丁です。このくらいのサイズの小さいパンを切るには、刃渡りが長いと大変扱いにくくなります。ロールパンを可愛く切ってパーティ用に盛り付けたり、手作りのロールパンを切ってラッピングしてプレゼントにというときに、役立ちそうですね。

刀の材質で選ぶ

丈夫で耐久性のあるステンレス製

パン切り包丁として、1番多い材質はステンレス製になります。錆びにくく丈夫でお手入れも簡単です。汚れが落ちやすく、いつも清潔に使うことができますよ。始めてパン切り包丁を使う人にもとてもおすすめの材質です。ステンレス製のパン切り包丁はとても多いので、沢山の商品の中から好きなものを選ぶことができます。

軽くてお手入れも簡単なセラミック製

セラミック製のパン切り包丁の大きなメリットは、何といっても軽いことでしょう。軽いので、何度も使っていても手首を痛めることもありません。また、研ぐ必要もありませんし、汚れもつきにくく落としやすいです。固いものを切ると刃先が欠けやすいというデメリットはありますが、パンを切る分には問題ないでしょう。

柄の材質で選ぶ

おしゃれで手触りの良い木製

柄が木製のものを採用していると、暖かみがあっておしゃれに使うことができます。しかし、木製の柄は基本的に水に弱くて腐食しやすくなります。食洗器に対応していないものが多いため、洗うときは注意しましょう。お手入れには少し手間がかかる木製ですが、握りやすい質感であるため、見た目や手に持ったときのフィット感を重視している方にはおすすめですね。

女性には軽量なプラスチック製がおすすめ

木製やステンレス製に比べて、軽くて扱いやすいので女性におすすめです。水に強いので腐食の心配もなくて安心です。お手入れも簡単ですので、使いやすくおすすめの柄の材質ですね。食洗器に対応しているものと、そうでないものがありますので、食器洗い機を使用している方は事前に確認して選びましょう。

オールステンレスなど刃と柄に同素材が使われていると洗いやすい

パン切り包丁の柄の中でも人気が高いのが、オールステンレスなどの刃と柄が同素材で一体化しているものです。ステンレスはやや重いですが、汚れや水にも強く、何といっても柄と刃の間に汚れがたまることがありませんので、メンテナンスが楽ですよ。また、オールステンレスはデザイン性が高く高級感があるので、キッチンをスタイリッシュにまとめたい方にもおすすめです。

パン切り包丁のおすすめブランド・メーカー

貝印

日本を代表する刃物メーカー

岐阜県関市を拠点にする、日本を代表する刃物メーカーです。とても種類が豊富でコスパの良い商品が多いです。日本製の商品だという点も安心です。特におすすめのBreabySELECTAC0070は、刃渡りも21㎝と丁度よく、とても切れ味が良いです。ホームベーカリーで焼いた、焼き立てのふわふわのパンでもとても綺麗に切れます。長い期間使っても切れ味が衰えず、これだけの高性能で1980円とは、信じられないコスパの良さです。高価なパン切り包丁は必要ないと感じてしまう、重宝する1本です。

サンクラフト

岐阜県を拠点とする調理用品・家庭用刃物メーカー

株式会社サンクラフトは、岐阜県池尻市にある調理用品、家庭用刃物の製造販売を行うメーカーです。自社工場を持ち、企画、製造、販売まですべてを自社で行っています。リーズナブルな商品から、高価で質の高いパン切り包丁まで、幅広く販売しています。サンクラフトのヒット商品である「せせらぎ」は、小さな波刃、大きな波刃、平刃の3種類の刃を持ち、どんな種類のパンも綺麗に切ることができますよ。また、のり巻きからホールケーキまで、色々なものをカットすることができるので、さまざまなレシピに挑戦することができます。お料理好きの家庭にはお役立ち間違えなしのパン切り包丁です。

下村工業

新潟県を拠点するキッチン用品・刃物メーカー

下村工業は新潟県三条市に本社を置き、各種刃物、キッチン用品の製造、販売を行っています。リーズナブルな価格で高品質なパン切り包丁が多く、特におすすめのヴェルダンパンスライサーOVD-17は、継ぎ目のない一体型ハンドルで、洗いやすく衛生的です。切れ味も大変素晴らしく、このパンスライサーを使い始めると他のパン切り包丁はもう使えないほどです。しかも食器洗い機にも対応しています。これだけ高性能でこの価格なのはうれしいですね。

ヘンケルス

日本にも製造拠点を持つドイツの有名メーカー

ヘンケルスは、岐阜県関市を本社に置き、刃物類、食器、台所用品、ビューティツール、などの輸出入、製造および販売を行っています。同社はドイツのゾーリンゲンの有名メーカーです。しかし日本にも製造拠点があるため、日本製の商品も販売しています。おすすめのヘンケルス-HIスタイルパンナイフ16716-401は、とても軽くて持ちやすく、ブレードにヘンケルス独自の素材を用いており、切れ味抜群で耐久性に優れています。また日本製のパン切り包丁ですので、安心です。

おすすめ&人気のパン切り包丁ランキング

切れ味でおすすめのパン切り包丁

ブラックアンドデッカー-電動ブレッド&マルチナイフEK700(3,121円)

手動とは比べ物にならない切れ味

ステンレスの2枚刃が高速で前後に動き、焼き立てのパンの薄切りも簡単。手動のパン切りナイフとは比べものにならない高性能なのに、価格もそれほど変わりません。サンドイッチ用のパンからホールケーキまで、きれいに切れるので、お料理のレパートリーを増やしたい方にもおすすめです。

昨今とても売れ行きの良い商品です。これからは電動式パン切包丁がますます需要が高まると思われます。パンをスライスする速度も速いですし、力もあまりいりませんので手首に負担もかかりません。お弁当用やパーティ用に大量のサンドイッチを作るときにも役立ちそうですね。忙しい主婦、プロのパン職人まですべての人におすすめです。

貝印-Breaby SELECT ブレッドナイフ AC0070(1980円)

パンを中心にカットしたい人におすすめ

ほどよい粗さの波刃で、固いフランスパンも柔らかい食パンも綺麗にきることができます。刃渡り21㎝でとても使いやすいサイズです。日本を代表する刃物メーカーの貝印のパン切り包丁ですので、安心の品質です。刃はモリブデンバナジウムステンレス刃物銅ですので丈夫で欠けにくいです。柄はポリプロレン樹脂で、食器洗い機に対応しています。

1本目のパン切り包丁としておすすめです。刃渡り21㎝で食パンやフランスパンを切るのに適したサイズですが、大きめのホールケーキを切るには少し不便です。パンを切ることがほとんどだという人におすすめです。お手入れが簡単で刃も丈夫ですので、初心者や主婦にも向いているでしょう。

下村工業-ヴェルダンパンスライサー(1,221円)

一体成型でお手入れ簡単

継ぎ目のない一体成型ハンドルなので、柄と刃の間の汚れがたまりません。切れ味ばつぐんで耐久性に優れていて、リーズナブルなお値段です。刃は波刃ですが、少し粗目になっておりますので、バゲットタイプなどの少し固めのパンを切るのに向いています。ホームベーカリーで焼いた熱々のパンにはやや不向きかも知れません。

今まで柄と刃の間の汚れに困っていた人、リーズナブルなパン切り包丁をお求めの人におすすめです。スタイリッシュなデザインもおしゃれです。刃も柄もステンレスですので、サビに強くお手入れも簡単です。食器洗い機も使用することができます。やや重めではありますが、気になるほどではありません。

ヘンケルス-HI スタイルパンナイフ16716-401(2,079円)

バゲットタイプのパンをカットするのにおすすめ

安心のステンレス製で、汚れにくくさびにくいです。お手入れも簡単で切れ味も抜群。固いフランスパンから柔らかい食パン。野菜やチーズやハムも切れます。ドイツのゾーリンゲンのメーカーであるヘンケルのパン切り包丁ではありますが、日本で製造されています。

ブレードに、独自の素材を用いており切れ味、耐久性に優れています。固いパンを切るのが得意なので、バゲットタイプのパンが好きな人におすすめです。刃の材質はステンレスで、柄の材質はポリプロペレンと樹脂です。錆びにくいので、お手入れが簡単で、いつまでも綺麗な状態を保つことができます。食器洗い機も使用できます。価格もお手頃です。

サンクラフト-パン切ナイフせせらぎ(5,500円)

3種類の形状の刃でどんなパンも楽々カット

小さな波刃、大きな波刃、平刃の3種類の形状の刃でどんなパンでも綺麗に切れます。料理王国の名店100選・フランスサフ社製パンコンテスト入賞など数々の評価を受ける石釜パン屋全店で使用されるパン切りナイフ。プロ愛用の貴重な1本。やや高価ですがこれ1本あれば、他のパン切り包丁を買い足す必要もありません。

3種類の形状の刃で、パンだけでなく、ケーキや巻きずし、サンドイッチなども楽々切れます。持ち手は木目でナチュラルで可愛いパン切りナイフ。お料理のレパートリーを増やしたい女性から、プロの料理人にもおすすめです。お弁当作りや親せきの集まるパーティのお料理の準備のときも、このパン切り包丁があれば心強いですね。

食パンにおすすめのパン切りナイフ

サンクラフト-スムーズパン切りナイフHE-2101(2,200円)

サンクラフの定番の人気パン切りナイフ

サンクラフトの定番のパン切りナイフです。刃の材質はステンレス刃物銅、柄の材質はエラストマー樹脂です。刃は目の細かい波刃ですので、柔らかい食パンも、固いフランスパンもスムーズにカットできます。錆びにくく汚れも付きにくいのでとても扱いやすいです。刃渡りは23㎝とやや長めですので、大きめのパンからホールケーキまで対応できます。

同社のパン切りナイフ「せせらぎ」に比べてリーズナブルな価格で安定した人気を得ています。食パンを、綺麗に切りたい人に特におすすめのパン切りナイフです。柄は可愛い黄色で可愛い印象ですので女性にもおすすめです。刃の形がゆるやかなアーチ状になっているのが、使いやすさの秘密です。

ヴェルダン-パンスライサー刃渡り225mmオールステンレス(1,741円)

スタイリッシュで高級感あるパン切りナイフ

オールステンレスで一体成型ですので、柄と刃の間に汚れがたまることもなく、清潔に使用することができます。刃の材質はモリブデンバナジウム銅、柄の材質はステンレスです。食器洗い機にも対応しています。刃は波刃ですので、固いフランスパンも柔らかい食パンもスイスイ切れます。

ホームベーカリーを持っていて、いつも焼き立てのパンを食べたい人におすすめです。オールステンレで一体成型ですので、お手入れに時間をかけたくない人にもぴったりです。デザインはスタイリッシュで高級感があります。とてもリーズナブルな価格のパン切り包丁とは思えません。

アーネスト-つばめのパンナイフ(5,500円)

持ち手が木製で暖かみがある可愛いパン切りナイフ

波刃と平刃の両方がついていますので、固いフランスパンから焼き立ての食パンまで、どんなパンでもスイスイ切れます。刃渡りは、23.5㎝とやや長めですので、ホールケーキを切るのにも適しています。刃の材質はモリブデンバナジウムステンレス銅、柄の材質は天然木(ケヤキ)です。持ち手が天然木ですので暖かみがあり、手にもしっくりときます。

バゲットタイプのパンから、ホールケーキをまで色々な用途で使いたい人、平刃がついているので食パンを綺麗に切りたい人にもおすすめです。刃先と根本に波刃がついていますので、バゲットタイプのパンを切り口をつけるのに便利です。持ち手が木製ですので食器洗い機は使えません。

藤次郎-パンスライサーF-737(1,419円)

ホールケーキや大きめのパンも楽々カット

何といってもお手頃価格が魅力です。切れ味抜群で、バゲットタイプのパンからふわふわの食パンまで綺麗に切れます。このお値段でこの価格なら、高価なパン切り包丁は必要ないと思えます。刃渡り23.5㎝ですので、ホールケーキや大きめのパンもストレスなくスライスできす。

刃の材質はステンレス銅、柄の材質は天然木ですので食器洗い機は使えません。パン切り包丁を買うのが始めての人にも手に取りやすい価格設定です。安心の高品質で切れ味抜群です。いつもはパン切り包丁は100均で買っていたという人のステップアップや、ホームベーカリーを持っていて、食パンを綺麗に切りたい人におすすめです。

高級でおすすめのパン切り包丁

三星刃物-和NAGOMIパン切り包丁(13,860円)

一生もののパン切り包丁

社長の妻が主催するパン教室での生徒さんとの会話から生まれたパン切り包丁です。月に1~2回新聞紙で研ぐだけで、切れ味が劣化しません。万が一切れ味が劣化した場合は、送ると研ぎなおししてもらえます。名入れも可能です。一生もののパン切り包丁です。

刃の材質はモリブデン銅、柄の材質は積層強化木にステンレス象嵌です。特徴ある波刃でパンくずが出にくく、柔らかい食パンも綺麗にカットできます。主婦からプロまで、一生もののパン切り包丁を求めている人、プレゼント用にもおすすめの1本です。

吉田金属工業-22㎝GLOBALパン切り包丁(9,900円)

お手入れ簡単でプレゼントにも最適

オールステンレスで、柄と刃の一体構造の包丁ですので、柄と刃の間に汚れがたまることなく、いつでも清潔に使用できます。世界各国から絶大な支持を受ける、信頼のGLOBALシリーズのパン切り包丁です。名入れをすることができますので、プレゼントにも最適です。

切れ味は素晴らしく、柔らかいパンから野菜などの食材まで綺麗にカットすることができます。スタイリッシュなデザインでおしゃれなパン切り包丁です。オールステンレスでさびにくくお手入れ簡単、食器洗い機にも対応しています。固いフランスパンをざくざく切りたい人、世界中のシェフからも称賛されていますので、プロの料理人にもおすすめです。

包丁工房タダフサ-パン切りNH-1(10,450円)

研ぎ直しや名入れサービスもありでプレゼントに最適

先端部だけが波刃で、他は平刃になっており、パンくずを出さずに食パンを綺麗にカットすることができます。断面がデコボコになったりしないので、焼き立てのふかふかのパンを本当に美味しく食べることができます。先端部の波刃でフランスパンも簡単に切れるようになっています。有料ですが、研ぎなおしサービスもありますので安心です。

刃の材質はステン、SLD銅、柄の材質は抗菌炭化木です。抗菌炭化木使用で、木製にもかかわらず菌が繁殖しません。さすがのクオリティです。とにかく食パンを綺麗に切りたい人、一生もののパン切り包丁を求めている人、箱入り、ギフト包装対応、命名札もありますので、プレゼントにも最適です。

グローバルーISTパン切り20㎝(9,900円)

信頼の海外のブランドで作られた日本人向けパン切りナイフ

信頼のGLOBALから新シリーズISTのパン切り包丁です。日本人が使いやすいことにとことんこだわって発売されました。海外の信頼のブランドから日本人向けのパン切り包丁が発売されたということで、とても楽しみなシリーズですね。オールステンレスで柄と刃の間に隙間がなく、お手入れ簡単です。刃渡り20㎝と、とても使いやすいサイズです。

食パンやフランスパンを切るのに適しているサイズですので、パンを綺麗に切ることが一番の目的の人におすすめです。少し大きめのパンやホールケーキを切るには適していません。日本製の商品に安心感を感じる人、とてもおしゃれなデザインですので、喜ばれるプレゼントをお探しの人にもピッタリです。

まとめ

使う用途に合わせてお手入れのしやすいパン切り包丁を選ぶ

パン切り包丁を選ぶときは、どのような固さや大きさのパンをきりたいのかを考え自分の用途に合わせて、刃渡りの長さや刃の形状を選びます。また、お手入れのしやすさも考え、柄や刃の材質も選びましょう。また、最近は電動式パン切り包丁がとても人気で高性能ですので、おすすめしたいと思います。今回は、パン切り包丁について、特徴や選び方について詳しくまとめ、有名ブランドや人気の商品も紹介しました。是非お気に入りの1本を見つけてみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。