2018年ふるさと納税で貰えるシュレッダーの返礼品と還元率まとめ

個人情報の保護や機密情報の漏洩を防ぐ為、ビジネスシーンには欠かすことのできないシュレッダー。家庭でも宛名の入った郵便物や、書類の処分にとても重宝します。しかし生活必需品というわけでもないので、シュレッダーは欲しいけれど中々購入に踏み切れない、という方も多いのではないでしょうか。そんな方には、ふるさと納税の返礼品としてシュレッダーを手に入れることをおすすめします。そんなものまであるのかと驚く方も多いかと思いますよ。ふるさと納税の返礼品は、その土地の特産高級食材というイメージが強いですが、電化製品から日用雑貨まで多岐に渡ります。その中で今回は、シュレッダーの返礼品をご紹介させていただきます。

ふるさと納税で貰えるシュレッダー返礼品で人気のブランド

アイリスオーヤマ(irisohyama)のシュレッダー返礼品(寄附金額30,000円~)

家庭用と業務用の2種類

家庭用はコンパクトなサイズで、デザインもシンプルなので置き場に困りません。オフィスでもデスクの脇に置いておくと、書類の処理が楽になりますね。業務用は最大300枚の自動給紙など高い機能性が特徴です。

シュレッダーの返礼品が貰えるのはアイリスオーヤマ製だけ

オフィスで使う場合には、ご予算やオフィスの規模に応じて2タイプあるのは嬉しいですね。2018年5月の執筆時点では、ふるさと納税でシュレッダーが貰えるのはアイリスオーヤマ製のみとなっています。

ふるさと納税でシュレッダーの返礼品が貰える自治体

静岡県小山町(寄附金額30,000円~)

311種類もの豊富な返礼品がある静岡県小山町

静岡県の最北東部に位置する小山町は、面積の約65%が森林で富士山頂も有する自然豊かな町です。地の利を活かした農産物をはじめ、2018年5月現在で300を超える豊富な返礼品が用意されています。

サーティワンやDHCなど企業との連携にも積極的

ふるさと納税の返礼品が豊富な理由のひとつに、企業との連携の盛んさが挙げられます。町内に工場がある企業だけでなく、DHCをはじめとして積極的に連携協定を結んでいます。

なぜふるさと納税の返礼品でシュレッダーの返礼品が貰えるのか?

小山町にはアイリスオーヤマの工場があるから

豊かな自然を活かした農産物も魅力的な小山町。だからこそ「なぜシュレッダーがあるの?」という疑問も多いのではないでしょうか。その答えは、アイリスオーヤマの工場が町内にあるからです。

1997年3月より富士小山工場を構えて、20年以上も小山町と共に歩んできたアイリスオーヤマ。誰もが知っている生活用品の総合メーカーです。ふるさと納税の返礼品も電気ケトルや掃除機など実に豊富です。

ふるさと納税でシュレッダーの返礼品分の寄附が全額控除できる年収目安

全額控除できる年収目安は約350万円~

返礼品としてシュレッダーが受け取れる最低寄附金額は30,000円からです。これを基準に全額控除となる年収目安は、独身もしくは配偶者控除の無い共働き夫婦の場合は約350万円からとなります。

また、夫婦(配偶者控除あり)と子(16歳以上19歳未満)の場合でも、年収約450万円を目安に全額控除となります。ふるさと納税で電化製品がもらえる寄附としては、ややハードルは低めではないでしょうか。

ふるさと納税でシュレッダーの返礼品に寄附申込できるサイト

シュレッダーの返礼品ならふるなびがおすすめ

全国にある様々なふるさと納税の返礼品を簡単に検索でき、直接申し込みが出来るとても便利なサイトです。返礼品の特徴やおすすめポイントなどランキング形式で閲覧できるのも、わかりやすく参考になります。

楽天ではシュレッダーの取り扱いなし

ふるさと納税の寄附も通常の買い物と同様にポイントが貯められる楽天ですが、残念ながら2018年5月の執筆時点ではシュレッダーの取り扱いは無いようです。

ふるさと納税で貰える アイリスオーヤマ(irisohyama)のシュレッダーで人気の返礼品

アイリスオーヤマ(irisohyama) 細密シュレッダー(寄附金額30,000円~)

随所に工夫のある使いやすいシュレッダー

裁断サイズが2×12mmと細かく、静音タイプなのでオフィス使いにピッタリです。ゴミの量が見えやすいクリアボックス仕様、紙の挿入がしやすい斜め挿入口など随所に凝らされた工夫も嬉しいシュレッダーです。

サイズもデスクの足元に収まるサイズなので、オフィス用はもちろんのこと、ご家庭に置いても邪魔になりません。CDやDVDなどの処分にも使えます。名前や住所などの個人情報が入った郵便物の処分に役立ちます。

還元率は29%

返礼品全体で見て、還元率29%はまずますの高さ。更に確定申告で所得控除が受けられてお得になります。シュレッダーは何度も買い換える物でもないので、こういう商品こそふるさと納税を利用したいですね。

アイリスオーヤマ(irisohyama) オートフィードシュレッダー(寄附金額1,000,000円~)

最大300枚のA3用紙を自動裁断可能な高性能機種

こちらは大型の高性能機種なので、用途は業務用のニーズが中心です。A3用紙を最大300枚までセットでき、暗証ロックも掛けられるので、大量の書類も楽に処理できます。

こちらも嬉しい機能が満載です。中でも私がおすすめなのはダストボックス周りの工夫です。静電気を低減してくれるイオン発生装置。裁断くずを均してくれるスイングアームなど、オフィスではとても助かります。

還元率は17%

還元率は17%と若干低めな水準です。また、寄付金額も1,000,000円からと高額です。しかし、法人による寄付も節税効果が期待できるので、オフィスへの導入の際には検討してみてください。

シュレッダーの返礼品ならアイリスオーヤマがおすすめ

2018年5月執筆時点では、シュレッダーの返礼品は静岡県小山町のアイリスオーヤマ製のみでした。しかし、充実した機能性やシンプルなデザインは、使う人を選ばずどなたにもおすすめのシュレッダーです。

また、楽天ユーザーには残念ですが、ふるさと納税でシュレッダーを取り扱っているのは「ふるなび」だけでした。「ふるなび」では他の返礼品の取り扱いも充実しているので、合わせてチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。