おすすめの腰袋人気ランキング!【タジマやマーベルも】

腰袋とは、その時必要な最低限の工具を持って移動するためのアイテムです。いちいち工具箱を持ち歩く必要がなく、移動も楽になるため、DIYには欠かせないアイテムと言えるでしょう。そんな腰袋にも色々な種類のものがあり、目的に応じて使わけなければなりません。そこで今回は、腰袋の種類や選び方について詳しく解説していきます。これから腰袋を購入しようとお考えの方は、是非参考にしてみてくださいね。

腰袋の特徴

両手を離して作業が出来る

何かを作ったり修繕したりする時、殆どの場合一度に複数の工具を使い分けますよね。腰袋がない状態だと、必要な道具を持ち替えながら使うか、どこかに置いて使うしかありません。そうなると片手がふさがってしまうこともあるため、手がブレてしまったり、ケガをしてしまったりする可能性があります。腰袋があれば工具類を手で持っておく必要がないので、より安全に作業が行えますよ。

いちいち道具を取りに行く手間が省ける

モノづくりにおいて、道具をいちいち取りに行くというのは思った以上に時間のロスになるものです。立ったり座ったりを繰り返すことで、足腰に負担がかかりやすくなる可能性もありますよね。屋外や高所で作業する際も、腰袋があると作業効率が格段にアップします。特に高所作業時にははしごの上り下りをする回数が減らせるので、安全性の面でも危険を軽減させることが出来ますよ。

腰袋の種類

ウェストバッグタイプ

いくつかのポケットで仕切りがついていて小分けしやすい

ウエストバッグタイプは、いくつかのポケットや工具の差込口がついているのが特徴的です。ベルト状になっているのが一般的で、腰全体で支えられるようになっています。手持ちのベルトに通して使用するもあれば、あらかじめ本体にベルトが付いているものもありますよ。

ウエストバッグタイプは、たくさんの工具を収納できるというメリットがあります。ポケットも多いので、工具類がバラバラになることもなく、整理しながら作業できるのも魅力的ですよね。工具をたくさん入れられる分、重量も増しますので、その点は注意するようにしましょう。

ネイルバッグタイプ

深さがあるので長めの工具を保管するのに最適

ネイルバッグタイプは、釘(ネイル)袋と呼ばれることもあります。本来は釘やネジなど細かいものを収納するためのもので、深さがあるのが特徴的。釘を取り出しやすくするため、取り出し口もやや広めに作られています。また、鋭利な釘を入れても破れないよう、厚くて丈夫な生地で作られていることがほとんどですよ。

ネイルバッグタイプは、釘専用というわけではありません。もちろん工具類の収納にも使えます。深さがあるので、長めの工具の収納に適していますよ。ただし、ウエストバッグタイプほど細かい仕切りは付いていませんので、工具類を入れるのであれば太めのものや、大型のタイプがおすすめです。

専用バッグタイプ

電動工具や特殊工具を収納するのにおすすめ

専用バッグタイプは、それぞれの工具に合わせて作られています。ドライバー専用のものやハンマー専用、チョーク専用など、様々なタイプがありますよ。素材も柔らかいもの、厚みのあるもの、撥水性のあるものなど、それぞれの用途に適したものが使われています。

専用バッグタイプには工具専用だけでなく、用途専用のものもあります。例えば大工工具専用のものだと、ハンマーやメジャーの収納ポケットに墨袋や釘袋などが付属します。また、塗装専用なら刷毛やカッター、ヘラなどが収納できるようになっていますよ。目的別に使い分けたい方におすすめです。

腰袋の付け方

ベルトを自分の使いやすい位置に巻く

まずは腰袋に何をどのように収納するのかを決めましょう。より安定性を高めるためには、長めの工具は自分の腰に近い内側に、短めのものは外側に配置するのがベストです。ケガをしないよう、工具類は下向きにセットしましょう。ベルトの長さを調節し、使いやすい位置に巻きます。何度か立ったり座ったりを繰り返してみて、違和感がなければ大丈夫です。

下がってしまう場合はサスペンダーが便利

ベルトが細めだったり、入れている工具が重たかったりすると、どうしても腰袋の位置が下がってきます。場合によっては思わぬケガや事故に繋がる可能性もあります。そんなときにはサスペンダーが便利ですよ。腰袋専用のサスペンダーなら、フィット感も良く、安定性も抜群です。

腰袋の選び方

必要な工具が入るかどうかで選ぶ

工具のサイズや高さに合うものを選ぶのがポイント

腰袋を選ぶにあたり「大は小を兼ねる」はおすすめしません。無駄に大きなものは体に負担がかかったり邪魔になったりするだけです。まずは腰袋をどのようなシーンで使用するのか、どの工具を使うのかを決めておきましょう。どの位置にどの工具を収納するのか考えるのも大切です。高さが合うか、取り出しやすいかも重要なポイントですよ。

本体重量や工具を入れた状態での重さもチェック

厚手のものや収納ポケットが多いものなどは、本体重量が重くなります。工具類を入れたらどれくらいの重さになるかどうかもしっかり確認しておきましょう。あまり重くなり過ぎると作業中に体がグラつくこともあり危険です。片側だけに重心が集まらないように、2つの腰袋を左右に分けて装着したり、サスペンダーを併用したりするのもおすすめですよ。

安全性の高さで選ぶ

丈夫で破れにくく耐久性に優れているのはナイロンやポリエステルや革

腰袋も長く使い続けていると、工具の先端で傷がついたり重みで破れたりすることがあります。工具に中には非常に高価なものや愛着があるものもあるでしょう。腰袋が破れて大切な工具が壊れてしまうのは辛いですよね。出来るだけ丈夫で耐久性のあるものを選ぶようにしましょう。ナイロン製やポリエステル製は軽くて丈夫ですし、革製なら厚みがあって破れにくいですよ。

先端カバー付きなら鋭利な工具も収納可能

ドライバー類やペンチ類のように先端が鋭利になっている工具は、先端がむき出しの状態だと、しゃがんだ時に衣類や体に刺さってしまう可能性があります。鋭利な工具を収納するなら、先端が飛び出さないように底面までしっかりカバーされているタイプがおすすめです。先端部分が補強されているタイプなら、更に安心して使えますよ。

機能性の高さで選ぶ

細かく仕切りがついているものは使い勝手抜群

たくさんの工具を収納するのであれば、細かい仕切りがついているタイプがおすすめです。作業中に工具類がガチャガチャと動くのも抑えられますよ。また、常に収納場所を決めていれば目は手元に集中しながら工具を取り出すことも出来るようになります。釘やネジなどを収納する部分にファスナーが付いているものなら落下も防げますよ。

防水機能や撥水機能付きなら屋外でも安心

腰袋は、屋内よりも屋外で使用することの方が圧倒的に多いものです。屋外では急に雨が降ってくることもあるでしょう。工具によっては水に弱く、カビやサビの原因になってしまうこともあります。防水機能や撥水機能付きだと、屋外でも安心して使えます。撥水機能付きのものであれば、砂埃や木くずもつきにくく、汚れにも強いというメリットがありますよ。

腰袋のおすすめブランド・メーカー

マキタ

シンプルなものから大容量タイプの腰袋まで揃う

マキタといえば、ブルーグリーンのカラーにブランドロゴが定番の人気メーカーですよね。工具類を始め、腰袋のような工具アクセサリ類も取り扱っています。マキタの腰袋はコンパクトなものから大容量タイプまで幅広く揃っていますよ。

フジ矢株式会社

工具類や腰袋などの収納用品を多く揃えているメーカー

フジ矢は曲げる、掴む、切るに特化した工具類を製造販売していることで有名なメーカーです。もちろん工具の収納袋も揃っており、特に専用タイプの工具袋が豊富です。腰袋用のサスペンダーも取り扱っていますよ。

株式会社マーベル

おしゃれで機能的な腰袋が豊富

株式会社マーベルの商品は鮮やかな色合いのものが多く、オシャレかつ機能的なのが魅力的です。ありとあらゆる工具類を製造販売しており、収納ボックスやサポート用品も取り扱っています。リーズナブルなものから高級感のあるものまで豊富に揃っていますよ。

TAJIMA(タジマ)

丈夫で高性能な専用腰袋を探している方におすすめ

タジマの腰袋は、高機能なのが特徴的です。高級感のあるものや、二重防水構造のもの、着脱式腰袋など様々なタイプが揃っており、更に専用のウエストベルトなども取り扱っています。特に専用タイプの腰袋の種類が豊富ですよ。

おすすめ&人気の腰袋ランキング

ウェストバッグタイプでおすすめの腰袋

マキタ-多目的ポーチ (4,752円)

ハンマーや工具がまとめて入れられるタイプ

こちらの腰袋は収納ポケットが細かく分類されています。バッグの上部にはハンドルも付いていますので、腰に下げるだけでなく、工具を持ち運ぶのにも便利です。それぞれの収納スペースに工夫が施されているので、使いやすさも抜群ですよ。

メジャーフック掛けと、ハンマーホルダーがそれぞれ1つずつ。この部分は金属製ですので、耐久性と安定性に優れています。両サイドには、ニッパーやペンチといった工具が収納できるようになっています。釘袋部分は口が大きく、釘やネジもスムーズに取り出せますよ。

フジ矢-腰袋スタンダード3段 (2,475円)

水や汚れに強い上質素材の腰袋

屋外で作業する場合、どうしても汚れが付きやすいものです。作業中に雨が降ってくることもあれば、清掃時に水を使うこともあるでしょう。その点、こちらの腰袋は撥水性が高いPVC生地を採用しているので、水場でも安心して作業できます。

PVC生地は、泥汚れにも強いというメリットがあります。泥やホコリがついても簡単に拭き取れますよ。もちろん工具を入れるなら堅牢性も気になりますよね。PVC素材は工具の先端が当たっても破れにくい丈夫な素材なのも嬉しいですね。

KYOKUTO-本革腰袋クロコL (8,140円)

クロコ本革素材で高級感と耐久性抜群の腰袋

腰袋のデザインにもこだわりたいという方には、こちらの腰袋がおすすめです。全体にクロコ柄をあしらった本革製の腰袋ですので、非常に高級感のあるおしゃれなデザインになっています。表面には汚れを落としやすい加工が施されているので、汚れにくいのも嬉しいですね。

見た目だけでなく機能性にもこだわっています。細身の工具が両サイドに2本、外側に4本させるようになっています。メインポケットと外側ポケットの間にも収納スペースが付いているので、メモ帳や設計図を入れておくのにも便利ですね。

マキタ-3ポーチベルトセット (9,991円)

ベルト付きで大容量タイプの腰袋

こちらは、商品本体にベルトが付いているタイプの腰袋です。ベルトはワンタッチで簡単に着脱可能で、ベルトの長さも調節できますよ。収納ポーチが3つも付いており、一度にたくさんの工具やパーツを入れて持ち運べます。

収納ポーチは大2個、小1個。大ポーチもそれぞれ全く同じものではなく、片方には金属製のハンマーホルダーが付いています。中央の小さいポーチはメジャーフックがついています。工具差しもいろんなサイズのものが付いているので細かく分類しながら収納できますよ。

ヘリテージレザー-マルチカラー5ポケットツールポーチ (11,880円)

スタイリッシュなデザインでツールを小分け収納できる腰袋

こちらはちょっとした軽作業時に重宝する、コンパクトな腰袋です。カラフルなマルチカラーで、見た目も非常におしゃれですよね。着脱が簡単なメタルフック式のベルトが付いており、もちろん体型に合わせて長さの調節も可能です。

単におしゃれなだけではありません。柔らかい本革スウェードレザーを使用しているので耐久性も抜群。負担がかかりやすい部分には補強が施されているので、丈夫で長く使い続けられます。ポケットも細かく分類されており、ハンマーホルダーも付いていますよ。

ネイルバッグタイプでおすすめの腰袋

フジ矢-薄型電工バッグ (2,090円)

開口部が斜めになっているので釘が取り出しやすい

ネジやビス、釘などを入れている場合、取り出しにくい形状だと作業もスムーズに行なえませんよね。作業中に取り出す回数が多いパーツ類こそ、取り出しやすさが求められます。こちらは開口部全体が斜めにカットされており、手が入れやすいように工夫されています。

ネジや釘は先端が尖っているため、素材によっては破れてしまうこともあります。こちらは底部に型押し樹脂を採用しているため、先端が当たっても破れにくいようになっています。開口部にも補強加工が施されているので、耐久性も文句なしですね。

基陽-バンブルネイルバッグ (3,795円)

フルハーネスを付けた状態でも装着可能

高所作業時などでは、安全のためにフルハーネスを装備しますよね。ただ、フルハーネス装着時にはベルト同士が重なって、腰袋が付けられないというケースも多いものです。こちらは、ハーネスのベルトが通りやすいように作られているので、それぞれのベルトが干渉することなく装着できます。

腰袋としての機能性も優秀です。釘類が取り出しやすいよう、開口部分は斜めにカットされています。背面や太ももに当たる部分にはエアークッションが付けられていますので、作業時の体の負担も軽減させてくれますよ。

ふくろ倶楽部-朱雀 ヌバック六型 (16,720円)

耐切削性や耐摩耗性に優れ経年変化も楽しめる上質腰袋

鮮やかなマスタードとブラックのツートンカラーが印象的なデザインの腰袋です。ヌバック牛本革製で、しっとりとした柔らかい手触りが特徴的です。高級感も抜群。本革ならではの経年変化も楽しめ、長く使えば使うほど手に馴染みやすくなります。

背面部分には、2枚貼りの人工皮革が取り付けられています。そのため強度も高く、型崩れもしません。耐切削性、摩耗性にも優れているので、釘や工具の先端が当たっても破れにくく、体に当たった際も痛みを感じにくくなっています。

KOZUCHI-WT-01BR (3,740円)

安全コードを取り付けるD環やハンマー挿しが付いている腰袋

こちらの腰袋は、ブロンズとシルバーの2色から選べ、スッキリとしたデザインが魅力的。見た目以上にポケットが豊富で、たっぷり収納できるようになっています。サイドポケットにはそれぞれ墨つぼケースとハンマー挿しもついていますよ。

ポケット部分は2段式になっており、前面のポケット内には工具差しもついています。前面部には安全コードを通すためのD環が付いているので、高所作業時にもおすすめですよ。ベルト通しも大きく、幅広の作業ベルトにも通せます。

専用バッグタイプでおすすめの腰袋

タジマ-SFKBN-DK2L (4,218円)

ペンチやニッパーといった電工工具の収納に最適

電工作業時に必要な工具をまとめて入れるのであれば、こちらの腰袋がおすすめです。ポケットも細かく分類されています。ペンチやニッパーなど大きめの工具はもちろん、ドライバーやカッターなど細身の工具もスッキリ収納できますよ。

セフ取り付けに対応しているため、ベルトを外すことなく腰袋だけ取り外すことも可能です。必要に応じて他のサイズのセフ対応工具差しに取り付けることも出来ますよ。防水仕様ですので屋外でも安心して使えるのも魅力的ですね。

ダブルタクト-内装用腰袋 (1,892円)

摩擦に強い表面生地で内装に使用する工具収納におすすめ

比較的薄めの腰袋は耐久性が心配なものですよね。こちらの腰袋は薄手でありながらも表面生地に摩擦に強いバリスティック加工が施された、丈夫な生地を使用しています。そのため型崩れもしにくく、非常に使いやすいモデルとなっていますよ。

工具差し部分は全面に5本、サイドに1本分。メインの大きなポケット部分にはかさばりやすい刷毛や差し金、ローラーなど、部屋の内装に使用する大型工具を収納しておけますよ。

KOZUCHI-刷毛職人 匠 (2,365円)

刷毛やカッターなど塗装工事に必要な道具がまとめて収納可能

こちらは、ペンキの塗装やインテリアのリメイクなどを行う際に重宝する腰袋となっています。塗装時には複数の刷毛を使い分けたり、ヘラやローラーで伸ばすこともあるでしょう。それらの工具も一気に収納できる大容量タイプですよ。

メインの大きなポケット部分はペットボトルも入れられるサイズになっていますので、夏場の水分補給時にも重宝することでしょう。こちらも安全コードのためのD環リングが付いているため、高所作業のハーネス使用時におすすめです。

藤原産業-内装用腰袋 (3,498円)

ヘラやローラーなど内装工具の収納におすすめ

こちらは、それぞれの収納ポケットが少し幅広に設計されているため、大きめの工具もサッと挿し込め、取り出しも楽ちんです。特に大きなローラーが収納できるのは嬉しいですね。ナイロン素材で作られているので軽くて丈夫。負荷が掛かりやすい場所はハトメでしっかり補強されています。

ポケットが細かく分類されているのも魅力的。長さのある工具、短めの工具、幅広の工具など、それぞれきっちり収納可能です。ベルト取付部も幅が広いので、幅60mmまでの作業用のベルトに装着させることも出来ますよ。

まとめ

使用用途にピッタリな腰袋がおすすめ

腰袋は、大きければいいというわけではありません。理想は、必要な工具が作業中にグラつくことなくきちんと収納できるサイズであることです。もちろん使用者が変われば使い勝手も変わってくることでしょう。まずは実際に試してみて、自分が普段することの多い作業に合わせた腰袋を選ぶようにしましょう。今回は腰袋について詳しく解説してきました。是非自分の用途に最適なものを見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*