おすすめの敷布団人気ランキング!腰痛改善にも【西川やニトリなど】

このエントリーをはてなブックマークに追加

敷布団を選ぼうと思ったら、あまりにもたくさんの種類があるので迷ってしまったことはありませんか?素材や機能性、ダニやカビなども気になりますし、洗えるかどうかなど知りたいポイントもたくさんあります。以前は低反発の敷布団が人気を集めていましたが、近年は高反発素材の敷布団で腰痛が軽減したり、不眠が解消したりと話題になっています。ここでは、敷布団の基本的な情報、敷布団の種類や選び方、おすすめの敷布団20選を紹介しています。これからの敷布団選びの参考にしてみてください。



敷布団の役割とは

良質な睡眠に必要不可欠

敷布団には「睡眠時の体をささえる」という大事な役割があり、自分の体にあった敷布団を使用しているかによって睡眠の質もかなり変わってきます。敷布団を選ぶ際は、使用する場所や敷布団の素材、機能性などを考慮して選ぶことが重要です。敷布団には、木綿や羊毛などの天然素材で作られた製品とポリエステルやウレタンなど化学繊維で作られた製品、両方の素材を使用した機能性の高い製品などがあります。

マットレスが不要の敷布団も

マットレスが不要の敷布団もあります。大きく分けて、昔ながらの綿を圧縮して固めた固綿敷布団と体圧分散性型敷布団の2つのタイプです。固綿敷布団は厚みがあり丈夫ですが重くて扱いにくいのが特徴です。一方の体圧分散型敷布団は製品によって構造や素材は違いますが、素材が何層かに重なっているものが主流で優れた体圧分散性が特徴です。

敷布団の種類

日本の気候に適した木綿敷布団

木綿敷布団は、日本の高温多湿な気候に合った吸湿性に優れた布団です。良い点は、天然素材なので身体への刺激が少なく吸湿性がよいこと、打ち直せば繰り返し使えることです。悪い点は、吸湿性がよいのに放湿性が悪いので湿気やダニの温床となりやすくカビが生えやすいこと、重いので上げ下ろしが大変なことです。

寝汗を布団内部に吸い込むことは、布団にとって重要なことで吸湿性が悪いと布団の表面がベタベタして不快な状態になってしまいます。ただし、溜め込んだ水分を乾燥させなければならないので天日干しや布団乾燥機を頻繁ににできる人には向いている敷布団といえます。

吸湿性と放湿性に優れた羊毛敷布団

羊毛敷布団は高い吸湿性と放湿性が特徴の敷布団です。良い点は、木綿布団に比べて軽く吸湿性も放湿性もあること、弾力があり柔らかなことです。悪い点は、羊毛独特の匂いがあること、ダニが好んで住みつくこと、柔らかいため肩や腰のあたる部分がへたれるのが早いことでしょう。

高い放湿性がある羊毛敷布団は、乾燥した場所に置いておくだけで就寝中に吸い込んだ水分を空気中に放出してくれます。そのため時々陰干しをするだけでさらさらな状態を保てるのです。しかし、羊毛100%の敷布団は高価で厚みが出せずクッション性は期待できないので、マットレスと併用することをおすすめします。

睡眠の悩みに合わせて選べる機能性敷布団

主に化学繊維を素材に使用している敷布団で、天然素材と併用した構造のものもあります。体圧分散性に優れた腰痛軽減や安眠効果等を謳った製品もあるので、自分の睡眠の悩みに合わせて選ぶとよいでしょう。よく眠れないという悩みを持つ方は、敷布団が体にあっていないという可能性があります。

そんな方はウレタンフォームを素材とする敷布団を試してみてはいかがでしょうか。機能性ウレタンフォームには高反発と低反発があり、自分に合った硬さを選ぶことができます。一般に体重が軽めの方は柔らかめの低反発、重めの方は硬めの高反発がよいとされていますが、自分の好みの寝心地を確認されることをおすすめします。

敷布団の選び方

使われている素材から選ぶ

木綿やウールなど天然素材

天然素材で作られた敷布団は、皮膚への刺激が少なく安心感があります。オーガニック素材の綿を使ったものは小さいお子さんのいる家庭におすすめです。吸湿性がよいので、肌触りを重視するかたに向いています。天然素材としては木綿、絹で作られた真綿、羊毛がありますが真綿はかなり高価な素材となります。

ウレタンなど化学繊維素材

化学繊維素材には、ポリエステル、ウレタンなどがありますがそれぞれに特徴が違います。ポリエステルは安価で、重さも木綿の1/2程度と軽いので扱いは楽ですが、吸湿性と耐久性が低くなります。ウレタンフォームはスポンジ状の構造になっているため、ダニが発生しにくく呼吸器系の弱い方におすすめです。ただし湿気が逃げにくい特徴があります。

敷布団を使う場所で選ぶ

畳の上で使う

畳の多くは畳表にはい草、芯の部分は藁とほとんどが植物性の素材で作られているため弾力性があり、調湿性にも優れています。初夏から秋まで湿度が高い状態が続く日本の気候に適しているので、天然素材の敷布団とも相性がいいといえます。とはいえ敷きっ放しはダニの温床となる危険性があるので上げ下ろしは必要不可欠です。

フローリングの床で使う

現代の住宅では、フローリング仕様の寝室が多くを占めています。フローリング床は畳床と比べてクッション性や弾力性が低く、断熱性と通気性も劣っています。そのため従来の敷布団はマットレスと併用するのがよいのですが、近年はフローリング床の欠点をカバーできるマットレス兼用の敷布団も販売されています。

敷布団の人気ブランド

モットン

腰痛対策に力を注ぐ日本のメーカー

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

テレビコマーシャルなどをしていない為、知る人ぞ知る敷布団・マットレスメーカーです。ネット通販限定で行っており、年間数万本以上も売る「モットン」が看板のブランド。製品はISO9001認証取得工場で製造するなど安全安心な日本製となっています。

実証試験データを公開

へたれにくさ、見かけ密度、ホルムアルデヒド含有量と3種類の実証検査結果を公開しています。そのため製品がどれくらいの性能なのか他社と比較しやすく、また信頼度が高い敷布団メーカーです。

西川産業

創業450年の老舗メーカー

創業450年と歴史があるため愛用者も多く、信頼度も高いメーカーです。敷布団の素材や種類も多岐にわたっており数多くの製品から選ぶことができます。

寝具メーカーとしての認知度は抜群

「西川グループ」の西川と名の付くメーカーは独立した企業ですが元々は同根の会社でした。現在はそれぞれの企業で製品を展開していますが、どれも安定の品質です。

ニトリ

手軽に買える身近な存在

ニトリは原材料の海外で仕入れ現地生産し、輸入から販売、配送までを一貫してグループ直営で行っています。中間マージンがカットされるため、コストパフォーマンスのいい製品が揃っています。

「お、ねだん以上。ニトリ」がキャッチフレーズ

実店舗が多数あるので、実際に製品を試すことができる安心感があります。また、価格も手ごろなものが多くシーツや毛布なども一緒に選べえて便利です。

イッティ

創業30年の老舗布団工場で製造

徹底した品質管理とウレタンにも特殊製法の日本製にこだわる姿勢が真面目なメーカーです。製造工程も自社のWEBページに詳しく載せており安心感があります。

通販だけでの販売

通販だけの販売のため認知度は低めですが、実証検査を4種類も公開していて製品性能を知る手助けになります。また店頭販売はしていないため実物は見られませんが、購入者レビューの満足度は高いようです。

エアウィーヴ

アスリートの愛用者が多い

エアウィーヴは、アスリートや役者を起用したコマーシャルでも有名です。独自のエアファイバーという素材を使用した寝具を製造販売している日本のメーカーで、実際にアスリートに愛用者が多いようです。

一流ホテルや高級旅館でも採用されている

The Quality Sleepが企業理念で、最高の眠りを提供することを掲げているメーカーです。製品の信頼度は高く一流ホテルや高級旅館でも多く採用されています。

天然素材でおすすめの敷布団

イッティ-雲のやすらぎプレミアム シングル 39,800円

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!
楽天で400日間連続で1位を獲得した伝説の敷布団、雲のやすらぎプレミアム。モニター利用での満足度98%と驚異的な満足度で多くの人に支持されている敷布団です。寝心地は雲の上に寝ていると言われるほど。保温性に優れた羊毛ロレーヌダウンの秋冬用と防ダニ防菌防臭のポリエステル綿を使用した春夏用の二面になっているため、シーズンに合わせてリバーシブルで使用できるのもメリットです。

雲の上のやすらぎプレミアム3

敷布団は厚さ17センチで体圧分散性が高い素材を使用。ペラペラな一般的な敷布団とは対照的に、3層マットと2層のダウンが重なった作りで、ふわふわで包み込まれる寝心地を実現しています。硬さは100N、140N、170Nの3種類から自分の身体に合わせて選ぶことが可能です。朝起きた時に腰や背中が痛い方や腰痛に悩む方に、是非おすすめしたい敷布団です。100日間の返品保障も付いており、一度使ってみて合わない場合は返品も可能です。

一部通気性がよく、逃げた水分が床に結露してカビが発生する懸念がありますが、こまめに空気にあてれば大丈夫です。

西川-ジェミール羊毛敷き布団 シングル 22,000円

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

厳選したフランス産ウールを使用しており、生地は抗菌防臭加工が施してある綿100%の生地で毎日清潔に使用できます。羊毛100%なので吸湿性、放湿性に優れており、2.0㎏と軽いのが特徴です。

羊毛100%の敷布団で柔らかいため、ベッドパッドの上に敷いたり、マットレスとの併用がおすすめです。敷布団1枚では物足りない場合に2枚重ねでの使用も推奨しています。

イワタ-キャメル敷パッド レギュラータイプ シングル 61,560円

製品に使われているキャメルはモンゴルの厳しい環境に生息するフタコブラクダの毛を使用しています。放湿性は羊毛の2倍、発散性にも優れており常に乾いた状態になる性質を持っています。

キャメルの長毛は20㎝以上の丈夫で太くコシの強い繊維です。この繊維を生かした特殊製法により体が沈まない弾力性のある適度な硬さの寝心地を実現しています。

多層式健康パッド-ウール15層敷布団 シングル 24,840円

シート状にしたウールを15層にも積み重ねでシートの間に空気層ができる構造で作られています。保温力が高くなるので冬はとても暖かく、夏はウールの特徴である放湿性の高さからジメジメ感がなく爽やかな寝心地です。

小さくたためて、4.4㎏と軽いので扱いがとても楽です。ピーチフレッシュ加工という特殊加工の生地を使用しているのでニオイを元からストップさせ、快適な寝心地を実現しています。

中綿綿100% 和敷き布団 シングル 10,800円

昔ながらの和綴じ製法で仕上げた日本製綿100%の敷布団です。シードコットンと呼ばれる上質な綿花を使用した中綿で作られており、自然素材のため人肌に近い弱酸性で赤ちゃんにも安心の優しい感触です。

湿度の高い日本の風土に適した、高い吸湿性と優れた保温性が長く愛されてきた綿布団の特徴です。吸湿した水分は日干しにすることで放湿されてまたふっくらとした感触に戻ります。

職人手作り敷布団 シングル 12,500円

職人手作りの敷布団です。インド綿70%ポリエステル30%のミックス綿を中綿にすることで、綿100%よりも吸湿性も高すぎず軽く扱いやすい布団になっています。

体重がかかりへたりやすい中心部の綿を多くし、機械では作ることのできない中高で自然なかまぼこ型の布団になっています。職人の熟練した手作業で作られているからこそのクオリティです。

高機能でおすすめの敷布団

ニトリ-点で支える 体圧分散 敷ふとん シングル 16,574円

ニトリから発売されている、体圧分散型の敷布団です。高硬度のウレタン素材の凸凹で体圧を分散させ、自然な寝姿勢を保つので良質な睡眠を求めている方におすすめです。

三つ折りでコンパクトに収納できるので、収納場所に困らないというメリットがあります。ただし、点で支える体圧分散型の寝具は寝心地に好き嫌いが分かれるため、実際に感触を確かめてみたほうがよいでしょう。

西川-ムアツ布団 ムアツベーシック シングル 36,945円

ムアツふとんは上からの圧力に強いタマゴ型の点で体を支えるのが特徴です。体圧分散性が高いだけでなく点で支えるため体に接する面が少なく血行を妨げにくい構造です。

寝返りの回数も減り、腰痛や肩こりに悩まされる方にもおすすめです。また特殊開発したウレタンフォームを使用しているため、蒸れにくく快適に使用することができます。

エアウィーヴ-四季布団 シングル 89,640円

厚みがあるので一枚敷きで使用でき、独自素材のエアファイバーが優れた体圧分散性と復元性で寝返りをサポートし睡眠の質を向上させます。また中材のエアファイバーは通気性が良く、水洗いも可能です。

またエアウィーヴ素材は90%が空気のため、断熱に優れており冬も温かく眠ることができます。表生地も春夏用と秋冬用のリバーシブルで使用できるようになっているため、気候に合わせて快適に使用できます。

西川-5層クッション敷布団 シングル 30,240円

西川オンラインストアで一番人気なのは5層クッション敷布団です。外側の1層と5層はフランス産ウール100%、固綿を3層にし高機能固綿V-LAP®を中心にポリエステル固綿でサンドした5層構造です。

5層のボリュームが快適な姿勢をサポートし、通気性に優れたウールを使用しているのでオールシーズン快適に過ごせます。また側地には抗菌防臭加工が施されていますので、いつでも清潔に使用できます。

LTスリーピア敷布団 シングル 39,800円

高反発コア材のポリエチレン素材のライトウェーブをふんわりとしたニット生地で包んだ軽い敷布団。ライトウェーブはシャワーなどで洗うこともできます。速乾性に優れているので、1時間程度の陰干しで乾きます。

高反発素材でありながら普通の布団のように三つ折りできるしなやかさを持っており、軽いので持ち運びに便利です。また7年間の使用を想定した耐久テストをクリアしているので耐久性にも信頼がおけます。

高反発でおすすめの敷布団

モットン-高反発マットレス シングル 140N 62,638円

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

日本人向けに開発されたモットンの高反発マットレス。直近の2年間で10万本を売り上げる人気の敷布団です。10cmの厚みのある高反発のマットレスが身体前身を自然に押し上げ支えることで、腰への負担を減らし最高の寝心地を実現しています。また、マットレスの硬さは身体に合わせて3つから選ぶことが可能。体重が45kg以下の方は100N、体重が46kg~80kgの方は140N、体重が81kg以上の方は170Nが基準となります。

体圧分散性にすぐれて自然な寝返りをサポートしてくれるモットンのマットレス。90日間の返品保障が付いているので、一度買ってみて身体に合わない場合は返品も可能です。購入後は、素材がウレタンフォームのため1週間に一度は風通しの良い場所で陰干しして放室するのがおすすめです。

西川-RAKURA敷布団 シングル 21,384円

100Nの硬さの点で支えるタイプの高反発敷布団です。布団干しの必要がなく、たたんでマジックテープで止めてたてかけておくだけなので手入れが非常に楽です。

中芯はウレタンフォームを使用しているので、ホコリの原因となる綿切れもなく通気性にも優れておりダニなども発生しにくいのも特徴です。約10000個の点が体を支える体圧分散で快適な寝姿勢をキープできます。

イッティ-雲のやすらぎプレミアム シングル 39,800円 

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

初めにもご紹介したイッティの雲のやすらぎプレミアム。高反発の敷布団の中でも唯一イッティだけに使われている凹凸アルファマットは、反発弾力に優れ圧倒的なクッション性を持ちます。細かい凹凸が全身を無数の点で支えることで体重負荷を分散。普通の敷布団だと一点にかかる体重を前身に分散させることで腰痛を防ぎます。普通のマットレスや高反発敷布団で満足できない人にぜひ使って頂きたい敷布団です。

マニフレックス-イタリアンフトン2 シングル 27,606円

高反発で有名なイタリアのマニフレックス社が日本用に開発した1枚で使える布団タイプの国内限定品敷布団です。水で発泡させた高反発フォームエリオセルは、優れた復元性と耐久性をもっています。

側生地は取り外してドライクリーニング可能、クッション部分は通気性に優れているので風通しの良い場所にたてかけておくだけでOKです。しかも3年間の中芯のへたりについてのメーカー保証がついています。

アイリスオーヤマ-高反発エアリー敷布団 シングル 17,800円

中材のエアリーマットレスは、弾力性のある繊維空気を編むように絡み合う3次元スプリング構造が特徴となっています。適度な硬さと体圧分散性に優れた高反発マットレスです。

優れた耐久性をもち、側生地は洗濯機で洗うことができますしマットレス部分はシャワーで丸洗いできるので、清潔に使用することができます。またカバーもリバーシブルなので一年通して快適な寝心地です。

洗濯できるおすすめの敷布団

ホロフィル-3層敷き布団 シングル 10,650円

中綿にホロフィルというポリエステル100%の繊維を使用しています。繊維の1本1本には特殊コーティングが施されているため、乾きやすく手軽に丸洗いできます。

保温性、速乾性に優れホコリも出にくいのでダニも発生しにくく、アレルギーが気になる方におすすめです。厚みが11センチあるためふっくらした感触で底つき感をかんじにくい敷布団です。

Kizuki‐テクノエアー 三つ折りタイプ シングル 41,040円

20㎜の柔らかめと30㎜の硬めの立体構造編物テクノエアーを中芯とした三つ折りタイプの敷布団です。頭、腰、脚部で独立した構造のため表裏を自分の好きな寝心地に組み替えることができます。

また、ポリエステル100%のテクノエアーは水切れが良いので不織布の上からシャワーでそのまま水洗いができます。いつでも清潔に使用することができるのが魅力です。

天然仕立て本麻敷きふとん シングル 25,920円

これからの季節にぴったりな洗える麻の敷布団です。天然の本麻にバイオテック加工を施しかさ高をアップさせて布団の片寄りを防いでいるので、ネットに入れて洗濯機で洗えます。

麻は熱伝導率が大きく、独特のシャリ感があり爽やかな涼感が得られる素材です。この敷布団はカバーも中芯もすべて麻100%でできているため、まさに夏向きの敷布団といえます。

京都西川-体をしっかり支える敷き布団 シングル 22,799円

日本睡眠環境機構が発行する資格の保有者である睡眠環境診断士がすすめる敷布団です。ストレートウェーブ構造に成型したポリエステル固わたが体をしっかり支えてくれます。

耐久性に優れており、シャワーでさっと洗えるのでいつも清潔に使用できます。硬めの寝心地で体が沈みにくく寝返りを打ちやすいのも特徴の敷布団です。

リハテック-ブレスエアーエクストラ シングル 64,584円

寝具の老舗フランスベッドと繊維メーカー東洋紡のコラボで作られた高機能敷布団。中材がポリエステル100%のブレスエアーエクストラとウレタンフォームのダブル構造になっており体圧分散性に優れています。

中材のウレタンフォームを外せば、ブレスエアー部分はシャワーなどで丸洗いできます。高反発で自然な寝返りができるので血液循環を促進します。抜群の通気性でほぼ一定の温度を保ち、一年中快適な寝心地です。

まとめ

今では敷布団は単なる寝るための道具ではなく、生活の基本となる睡眠の質を向上させる重要な役割を担っています。体圧分散性に優れた製品や高反発で寝姿勢を快適に保ってくれる高機能の製品、従来の天然素材に最新の加工を施し洗えるようにした製品など様々な敷布団が流通しています。多種多様な敷布団の中から自分のライフスタイルに合わせた敷布団を選んで快適な眠りを手に入れましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加