おすすめのインナーダウン人気ランキング!【ノースフェイスも】

冬の寒い日は、アウターだけで乗り切るのは大変です。おしゃれなアウターを購入したけれど防寒対策が足りない時は、インナーダウンを取り入れてみましょう。アウターに響かない丸襟やV字ネックのものは、ファッション性が高くおすすめです。今回は、おしゃれで機能的なインナーダウンをランキング形式でご紹介していきます。袖なしのベストタイプや、ロング丈タイプも合わせて紹介するのでインナーダウンの購入を検討している方はこの記事を参考にしてみてくださいね。

インナーダウンの特徴

インナー型トップスとして重ね着ファッションが楽しめる

寒い時期に簡単に羽織ることのできるダウンとして近年人気が集まっているインナーダウン。インナーダウンとは、衿が付いていない薄い生地のダウンのことを指します。生地は薄くて軽いですが、中綿にはダウンと同じ羽毛を使っているので暖かさをしっかり感じられるのが特徴。ユニクロのウルトラライトダウンからブームが誕生し、様々なメーカーから販売されています。

コートの下にも着られるロング丈のインナーダウンも人気

インナーダウンには一般的な袖ありタイプから袖のないベストタイプ、ロング丈タイプと様々なデザインがあります。袖なしタイプはスーツの下にも着られるスマートさが魅力。下半身から冷たい風が入ってきやすいロングコートには、ロング丈が人気です。おしりまでしっかり防寒できるので、冷え性対策にも最適。その日のファッションや、気温に合わせて選ぶことができるでしょう。

インナーダウンの種類

袖ありタイプ

ジャケットのようにも着こなせ真冬の防寒に最適

ダウンジャケットのように着こなせる袖ありタイプは、インナーとして使えるのはもちろん、肌寒い日のアウターとしても活用できます。汎用性が高いので、1枚持っておけば、真冬の防寒から春先まで長い期間使うことができるでしょう。

袖ありタイプを選ぶ時は、襟の形状にも注意して選びましょう。V字ネックや丸襟がありますが、コートやアウターの種類に合わせて最適な襟は異なります。V字ネックならアウターにも響きにくく、マフラーをつけても首元がゴワゴワせずスッキリと着こなすことができます。

袖なしタイプ

軽量で着こなしやすく腕周りの窮屈感を感じにくいベスト型

袖なしタイプは、軽くて着ている感覚を忘れるくらい快適に防寒対策が可能です。特に袖ぐりが広く設計されているものは、腕を動かしやすいのでおすすめ。外での作業やスポーツ時にも使いやすいでしょう。内部のウエスト部分や胸元などポケット機能が充実しているなら、貴重品を入れたりカイロを入れたりなど機能性が高くなります。

動きやすい袖なしタイプは、ジャケットよりもかさばらないので、スーツの下に羽織るのにも最適。スマートに着こなしながらも防寒性が高いので、スッキリして見えます。コンパクトに収納しやすいのもポイント。寒くなったら中に羽織れるようにカバンに入れておくのにも最適です。

インナーダウンの選び方

羽毛の量で選ぶ

スーツやジャケットの下に着るならFP600から700のものを

羽毛を使ったダウンには、ダウン内の羽毛の面積を示すフィルパワー(FP)を参考にして選びましょう。フィルパワーは数値が高いほど暖かいとされています。フィルパワーの数値が高いと、羽毛の量が少なくても防寒性に優れるので軽量性と防寒性を兼ね備えた製品になります。軽くてスッキリとしたインナーダウンにしたいなら、FP600からFP700以下のものを選ぶと最適です。

アウトドアで使うならFP700以上の高品質ダウンを

登山を楽しんだり、冬のアウトドアでインナーダウンを取り入れたりする人は、FP700以上のインナーダウンを選びましょう。ボリューム感は少し増しますが、充分な暖かさを感じることができるので屋外での活動に最適です。FPの数値で選ぶほかに、外部の冷気をシャットアウトできるゴムスピンドルが付いているものを選んだりつなぎ目の少ない縫製を選んだりすると、保温性が高くなるのでおすすめです。

衿の形状で選ぶ

インナーとして活用するなら上品でスタイリッシュなVネックを

Vネックのインナーダウンは、見た目のスマートさがポイント。首元が深く開いているので、スッキリとインナーダウンを着こなしたい人におすすめです。スーツの下に羽織ってもネクタイや襟がしっかり見えるのできちんと感は損なわれません。またチェスターコートなどVネックのコートを羽織る時にもおすすめ。アウターのファッション性を損なわず、防寒対策が可能です。

春先にアウターとしても使える優しい印象の丸首タイプもおすすめ

シャツやハイネックとも相性がよい丸首タイプもおすすめです。ファッション性があり、どんなトップスとも合わせやすいうえに優しい印象を与えます。インナーとして使うのはもちろん、春先のダウンコートでは暑い時期でもサッと羽織れるアウターコートとして活用することができるでしょう。組み合わせ次第でファッションコーディネートの幅が広がり、1年の中でも長い期間使いまわすことができます。

機能で選ぶ

ポケット付きならカイロや貴重品を入れられる

荷物を少なくしたい人や暖かさをしっかり感じたい人は、ポケット付きがおすすめ。ポケットにカイロをいれておけば薄着でも充分暖かさを感じられるでしょう。ウエスト部分はもちろん、胸ポケットもあれば様々な用途で使えて便利。ジッパー付きのポケットは、貴重品などを入れても落とさずにすむので安心です。ポケットに貴重品やスマホが入れば、手ぶらで出かけることも可能でしょう。

袋付きなら小さく丸められて持ち運びにも便利

多くのインナーダウンには、持ち運びに便利な袋が付いています。インナーダウンの中綿に使われている羽毛は反発性が高いので形状回復しやすいのがメリット。持ち運び時や、オフシーズンの収納には袋に入れてコンパクトにしておくことができます。再び使う時には、元通りに形状回復して使うことができます。袋が付いていると、カバンにサッと入れることもできるので使い勝手が広がるでしょう。

インナーダウンのおすすめブランド・メーカー

OMNES(オムネス)

ユニセックスで使えるインナーダウンが人気

大人から子供用まで幅広いファッションアイテムを手掛けるOMNES。ナチュラルテイストのデザインが多く、豊かな暮らしをサポートします。OMNESのインナーダウンは、夫婦そろって着られるユニセックスのデザインが豊富。袖あり、袖なしなど種類も豊富で、同色で揃えたりデザインで揃えたりと気に入ったデザインを2人で選べます。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

アウトドアシーンでも使える防寒性の高いアイテムが人気

1966年の発売以降、機能性とデザイン性を兼ね備えた高品質なダウンが豊富です。他のブランドとは一線を画す断熱性と蓄熱性に長けた製品が揃います。暖かさはしっかりキープしながらも、内部のムレを排出する構造もポイント。寒い冬でも快適に1枚でしっかり暖かさを感じられる設計になっています。

DANTON(ダントン)

有名なブランドロゴで他のブランドとは一味違うおしゃれ度を演出

1935年におしゃれに着こなせる都会的なデザインとして多くのファッションアイテムを輩出してきたDANTON。本物志向のミニマリストに愛される逸品が多く揃います。アウトドア感が高いインナーダウンを、つや消し加工を施すことで街で着こなせるものへと確立しました。ブランドのアクセントとなる胸ワッペンが洗練されたおしゃれ感を演出しています。

taion(タイオン)

ダウンの新定番ブランドとして多くのセレクトショップで人気

SHIPSやBEAMSなど、多くのおしゃれブランドやセレクトショップからも評価が高いtaionのインナーダウン。FP650以上の羽毛を使い、保温性が高く動きやすい軽量性が特徴です。抜群の暖かさを感じられるうえ、薄手と細身シルエットを両立し着やせ効果が高いのもポイント。ジャケットの下に着ても着ぶくれしないので、高いファッション性が魅力です。

おすすめ&人気のインナーダウンランキング

袖なしタイプでおすすめのインナーダウン

OMNES-やみつきダウンベスト(6,490円)

細身のナイロンを使ってしなやかな質感にこだわったディテールが特徴

光沢がありながらも華美ではないので上品な印象に仕上がっています。マットな質感でユニセックスで使えるのが嬉しいですね。サイズ展開が豊富なので、夫婦やカップルでお揃いで使えるでしょう。インナーダウンなのでお揃いでも恥ずかしさはちょっぴり軽減できます。

裏面には、ダウンが吹き出すことのないようダウンループ加工を施しているのも魅力。時間が経っても中綿が吹き出さず長く形状維持できます。外側のポケットはもちろん、内側にもポケットが付いており貴重品やカイロを入れる機能性もポイントです。

FAVORI-インナーダウン(3,278円)

サイズ展開が豊富でどんな体型の人でもスッキリ着られる

軽くて保温性に優れたインナーダウンです。ダウンピッチは狭めに設計されているので、着やせ効果もあります。上品な光沢があるので暗めのカラーを選んでも、顔色を明るくみせてくれるでしょう。深めのV字ネックがアウターを選ばず使用できます。

カラー展開は全8色。可愛くてポップなカラーから、上品で落ち着いたカラーまで豊富なので好みの色を見つけやすいでしょう。同色の収納袋もついているので持ち運びにも便利。最大4XLまでのサイズがありオーバーサイズの方も安心して選べます。

TAION-インナーダウンウェア(4,290円)

ジッパータイプでクールに着こなせる

軽くて暖かくファッション性の高いTAIONのインナーダウンです。フィルパワー650と防寒性に優れていながら、タイトに設計されたベストタイプが特徴。ジッパーの縦ラインと四角のステッチがシャープに見せ、着やせ効果があります。シャツやパーカーの上にも気軽に羽織ることができるでしょう。

ジッパーには安心のYKKWジッパーを使用し、耐久性とファッショナブルさを両立させています。ファスナーポケットが両脇にあるので、貴重品の管理もしやすい。インナー用に設計されているため、購入する時はワンランクサイズアップして選ぶようにしましょう。

ロッキーマウンテン-ダウンベスト(36,300円)

究極にシンプルで美しく見た目以上に暖かい

縦にキルティングを作ることによりアコーディオン効果を発揮。スタイルをシャープに見せるうえ、ダウンの膨らみ分伸縮性がアップしているのが特徴です。ファッションに響いてしまいがちなファスナーやボタン、つなぎ目を一切なくして機能的でシンプルな形に仕上げています。

タテキルトは中綿が重力で下がることが心配されますが、このベストなら大丈夫。細かいステッチを入れることで重力に負けずに中綿を維持できます。暖かさと横に伸びる伸縮性を持ち合わせているので、どんな姿勢や動きでも自由自在。着た時に体に負担を掛けません。

DANTON-インナーダウン(16,280円)

ニットの上にも羽織りやすいゆとりのある袖ぐりで身動きしやすい

豊富な8色のカラー展開で、自分好みのカラーが見つかるDANTONのインナーダウン。どのカラーも落ち着いた雰囲気でナチュラルファッションやボーダーシャツにもよく似合います。ダウンピッチは狭く、ウエスト部分がほどよいスリムな形状をしており着やせ効果は抜群。

胸元のロゴもアクセントになっており、一般的なダウンとは一味違うおしゃれ度を格上げしています。ニット等にも羽織りやすいゆったりとした袖ぐりや、ゴムスピンドルも付いているので、シルエットも調整できます。しっかりゴムを閉めれば外からの冷気もしっかりシャットアウトされ、保温力がアップするでしょう。

袖ありタイプでおすすめのインナーダウン

DANTON-クルーネックインナーダウンジャケット(18,480円)

高級感のある胸元のワンポイントのロゴマークが印象的

ツヤ感を抑えたマットな質感と狭めのダウンピッチがおしゃれな印象のデザインです。羽織ってみるとシャープな印象で上品さを際立たせています。カラーも、どんなスタイルにも合わせやすい落ち着いた色合い。ビビットカラーのライムもありますがマットな印象なので安っぽく見えません。

ダークネイビーと、ライム、ピンク、アイロンが今年の新色。胸元のブランドロゴが高級感を演出しています。シーズンごとに安く買うのもいいけれど、1つ買って毎シーズン大切に着こなしたいミニマリストに最適です。

TAION-インナーダウン(5,487円)

四角いステッチが新鮮で一味違うおしゃれ度に見せる

中綿には、軽くて反発力の高い成熟した白鳥の羽毛を使用しています。生地には、超撥水高密度ナイロンを使用し、耐久性と強度が高いのが特徴です。にわか雨の日でも安心して使っていただけますし、アウターとしてスポーツ時での使用にも向いています。

四角いステッチが特徴で、シンプルな中にもカッコよさを意識したデザイン。ちょっとした小物やカイロが入るジッパー付きポケットが付いているのもポイントです。インナー部分に自宅の鍵などの貴重品を入れてジッパーを閉めれば防犯対策にも最適です。

TDB.net-ダウンジャケット(2,570円)

女性の希望を叶えるシャープで女性らしいシルエットが魅力

軽量さと暖かさ、スリムと女性に取って外せないポイントを凝縮したダウンジャケットです。着ぶくれしがちなインナーダウンですが、この製品はすらっとスリムに着こなせるのが魅力。アウターの中に着ても響きませんし、アウターとして羽織るのにも最適です。

見た目は薄手の印象ですが、着てみると暖かい。掛け布団の詰め物にも使われるホワイトダックダウンを使用しています。内部構造は汗や湿気を自然に発散するようになっているので、蒸れることがありません。大人女性に最適な全8色のカラー展開になっています。

OMNES-ユニセックスインナーダウン(7,590円)

男女どちらもカッコよく着こなせるおしゃれ賢者のインナーダウン

1枚で充分な防寒性があり、スッキリとした着こなしが叶うインナーダウンです。程よい薄さとコンパクトな設計は、秋から春にかけて長いシーズンで着こなしていただけます。高密度ナイロン100%を表地に使用し、耐久性と撥水性を両立。軽くて丈夫なダウンに仕上がっています。

メンズは2サイズ、レディースは3サイズから選択が可能。色以外で揃えるのも、同色お揃いで揃えるのもいいですね。大人っぽくも優しい印象のベージュやスタいいリッシュなネイビーが人気。ブランドロゴが入ったボタンやサイズ調整をしやすいゴムスピンドルなどおしゃれで機能的なポイントが詰まっています。

ZOOTIE-Sunny Heat(3,990円)

蓄熱保温している優秀フェイクダウンを使用

ダウンのように空気を含ませながら成型した中綿に遠赤外線効果をプラスしたので、軽い着心地と保温性に優れたダウンジャケットです。胸元のあいたV字型のデザインは、マフラーやストールを巻いた時にも響きにくいのが特徴。胸元をスッキリ見せて重ね着が叶います。

丈が短く、スッキリとした印象なので野暮ったい印象にならないのも魅力。フロントには切り替えのデザインも入っており、よりスッキリとしたデザインになっています。ツヤを抑えたマットな質感の生地を使用し、大人っぽく落ち着いた印象。

ノースフェイス-ノーカラージャケット(29,700円)

マルチな機能性に長けたカーディガンのようにサラリと羽織れるダウン

アウトドアブランドとして多くのダウンに取り入れてきた機能を、デイリーユースしやすいデザインに取り入れて使えます。山登りやアウトドアをしないにしても、暖かさは重視したいという人におすすめ。アウターに響きにくい軽めの設計でストレッチ性が高いのが特徴。

中綿には、蒸れやすさを軽減するため背中部分を特殊な構造なのもポイント。ストレッチ性とスリット構造を取り入れ、衣服内のムレを排出し快適な状態に保ちます。裏地にも目立ちにくいベンチレーションホールを設け、通気性を高めているのもポイントです。

ロングタイプでおすすめのインナーダウン

GENSEN FASHION-ロング丈ダウンジャケット(3,990円)

腰回りまでしっかり暖めるのに軽くて動きやすい

軽さと暖かさを両立して、温かく動きやすいインナーダウンコートになっています。表面には上品な光沢があり、高級感とエレガントさを演出しているのも特徴です。暗めの色を選択しても、生地の光沢が顔色を明るく見せてくれるでしょう。

着丈は91cmから95cmとおしりまでしっかりカバー。暖かいだけでなく体型カバーも叶います。体型カバーにも特化しているので、パンツスタイルにすればすらっとした印象に。スカートと合わせても女性らしいシルエットが叶います。

ZOOTIE-インナーコート(4,990円)

スッキリとした肩幅でアウターを着てもモコモコ感がない

インナーダウンを選ぶうえで気になるポイントは、肩部分のゴワゴワ感。このインナーコートはアウターを重ねてもスッキリ見えるようにごわつきをなくしたスタイリッシュなデザインが魅力です。軽やかで動きやすく、サラリと着こなせる設計がポイント。

胸元のゆるやかなV字ネックは、タートルネックやマフラーとのコンビネーションにも最適。インナーとしてもスッキリ着こなせるのはもちろん、アウターとしてサラリと羽織るのにも最適。主役にも脇役にもどちらでもカッコよく決まるおしゃれなインナーダウンです。

TAION-インナーダウンウェア(7,920円)

シンプルで機能的なデザインと豊富な色展開が魅力

羽毛には軽くて反発力の高いものを使用しているので、シーズンオフに畳んでしまっておいても現状維持がしやすいのが魅力です。表地には超撥水高密度加工を施したナイロンを使用し、撥水だけでなく汚れも付きにくくなっています。

首元はスッキリとしたV字ネックになっているので、アウターの中に着ても着ぶくれせずスッキリ着こなすことができるでしょう。大きめの四角いステッチでシャープで女性らしい印象もポイント。ダークカラーを選んでも重たい印象になりません。

ノースフェイス-ゼファーシェルコート(29,700円)

防風性と透湿性に優れた着ぶくれしないダウンコート

人体から発生する体温を吸収し、遠赤外線で効果的に体を暖めます。通常のダウンよりも保温力が高いので、屋外でのキャンプや登山にも最適です。格別の暖かさを体感できるダウンを使用したこのインナーダウンの暖かさは、折り紙付きです。

インナー内部の中綿には、撥水性の高い化学繊維綿もブレンド。濡れた状態でも暖かさは持続するので、多少の悪天候でも暖かさが持続します。外の寒気はしっかりシャットアウトしながら衣服内のムレは排出するので、快適な着用が叶います。

まとめ

着やせ効果の高い袖なしタイプがおすすめ

インナーダウンを選ぶうえで重視したいポイントは、しっかり防寒性を発揮しながらも着ぶくれしないスッキリとしたデザインです。Vネックの袖なしタイプはアウターに響きにくく、重ね着してもスッキリ見せてくれます。ポケット付きのものを選べば、寒さが気になるときもカイロを入れて体を暖めることができるでしょう。今回はインナーダウンについて人気のブランド商品を含めてランキングでご紹介しました。ぜひ気に入ったインナーダウンをファッションに取り入れてみて下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*