おしゃれでおすすめのスチーム式加湿器ランキング!【大型から小型まで】

このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥の季節に必須の家電といえば「加湿器」ですよね。加湿器は喉の痛みのみならず、風邪の予防や快眠にも一役買ってくれる家電です。巷では様々な加湿器が売り出されていますが、なかでも今回紹介したいのが「スチーム加湿器」です。他の加湿器とはどう違うのか、どういうメリットや種類があって、何を基準に選べばよいのか、おすすめの商品と合わせて、細かくご説明できればと思います。「乾燥がひどくて、寝て起きたら喉がイガイガしている…」「加湿器の購入を検討しているけれど、何を買えば分からない…」という方は、ぜひチェックしてみてください。



スチーム加湿器とは?

ヒーターで水を沸騰させ蒸気で加湿

「気化式」「超音波式」「ハイブリッド式(温風気化式)」「ハイブリッド式(加熱超音波式)」など、加湿器には様々なタイプが存在しますが、スチーム加湿器は部屋で電気ポットを沸かすようなイメージ。ヒーターで水を沸騰させることで、その蒸気で部屋を加湿させるのが特徴です。

いち早く部屋を加湿したい方に

加湿スピードが早く、水を沸騰させることから衛生的なのがスチーム加湿器のメリットです。またスチーム式にはシンプルなデザインが多く、掃除のラクさはピカイチ。「部屋に帰ってすぐ加湿したい」「めんどくさがりで掃除に時間を割きたくない」という方には、スチーム加湿器はうってつけでしょう。

スチーム加湿器の種類

ポット型

名前のとおり、電気ポットに似た形状、内部構造をしたタイプ。加熱能力が高く、蒸気の噴出力も強力です。お手入れも水をさっと捨てて中身を拭きあげるだけ。非常にシンプルかつ簡単なのがうれしいところです。

蒸発皿型

巷でよく見かける加湿器と同様に、本体と水タンクが分離しているタイプのもの。蒸発皿に少量の水を注ぎ入れ、それらを気化させることで加湿する仕組みです。ポット型に比べて電気代が安価で、やけどをする可能性が少なく、安全性に優れているのが特徴です。一方で、掃除はポット型より少し大変になります。

スチーム加湿器の選び方

部屋の大きさ、形式で選ぶ

部屋の大きさに合わせたサイズ選びを!

まず重要なのが、お部屋に合わせたサイズの加湿器を購入すること。部屋のサイズに見合わない加湿器を選んでしまうと、加湿効果が十二分に得られないだけでなく、水を何度も変えたりと、手間がかかってしまいます。加湿器ごとに表示がありますので、ご自身の部屋のサイズを把握したうえで購入するのがポイントです。

部屋のつくりにも注意

また、見落としがちなのが部屋のつくりです。一般的に和室、木造建築は水分を吸収しやすく、コンクリート製造の建物に比べて加湿効率も悪いとされています。「適用畳数」「加湿量」「タンク容量」といった様式で各メーカーの基準が記載されていますので、参考にしてください。

オプションで選ぶ

リラックスシーンにはアロマ機能

付加機能、オプションで選ぶのも一つの手です。リビングや寝室などのリラックスシーンには、アロマ機能のついたスチーム加湿器がおすすめです。また寝室でのご利用であれば、タイマー機能や自動運転機能のある加湿器が便利であると思います。

小さいお子様がいる家庭には

加湿効率がいい反面、加湿口が高温になりやすいスチーム加湿器。最近の加湿器には「チャイルドロック」という、誤って加湿口を触ると自動停止する機能があり、小さなお子様がいる家庭でも安心です。タンクにペットボトルを利用するモデルもありますので、ぜひ検討してみてください。

スチーム加湿器の人気ブランド

山善(YAMAZEN)

信頼と安心の国産ブランド

1947年に道具工具商として発足し、現在では家庭器具のみならず、住宅材など様々な分野で活躍しているブランドです。スチーム加湿器についても、そのクオリティは折り紙付きです。

豊富なラインナップは一見の価値あり

こちらのスチーム加湿器は、冬でも気温を下げにくい構造であることがその特徴。スチーム式のみらず大型のものや、他のタイプのシリーズを取り揃えていますので、加湿器全般をチェックしたい方にもおすすめです。

三菱重工

言わずと知れた日本の有名家電ブランド

誰もが一度は聞いたことがあるであろう三菱重工も、スチーム加湿器の選択肢としておすすめです。その技術力はさながら、環境に配慮した製品設計も魅力的です。

最先端技術を加湿器にも応用

近年ではロケットや飛行機技術にも力を入れている三菱重工。ワープ運転機能やエリア空調機能といった最先端テクノロジーを応用しており、通称「ビーバーエアコン」と称されています。

象印

「日常生活発想」の国内ブランド

魔法瓶でおなじみのこちらのブランド。「暮らしをつくる」「日常生活発想」というコンセプトのもと、ユーザーに喜ばれる使いやすい商品を作り続けています。

ユーザーの視点を徹底的に考えたスチーム加湿器

その企業精神はスチーム加湿器にも表れています。フィルター不要の口内設計、チャイルドロックをはじめとする安心設計など「あると嬉しい」機能が、ひとつの製品に盛りだくさんです。

TWINNBIRD

「お客様とつくる」家電ブランド

新潟県燕三条に本社を構える家電メーカー。コンパクトな組織のなかで徹底的にユーザーの声を聞き、製品を入念にテストし、低価格ながら充実の商品を作り続けています。

保温と癒し、ダブル効果のスチーム加湿器

保湿口にアロマトレーを設置しており、加湿しながらくつろげる空間を提供してくれる加湿器が魅力的です。コンパクトな設計で、価格もリーズナブルです。

アイリスオーヤマ

日本のニーズに応える日本企業

家電のみならず、日常生活全般の商品を展開している日本のブランド。「エコ・安心・安全な社会」を目指し、文化活動や環境活動にも力を入れています。

どんな場所にもなじむデザイン

山善と同様、スチーム加湿器を含む豊富なラインナップを展開しています。どの加湿器もコンパクトかつスタイリッシュで、場所を選ばないデザインが魅力的です。

シンプルでおすすめのスチーム加湿器

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)-加熱式加湿器 ブルー SHM-120D-A (2,480円)

カラーは4色展開。どれもシンプルな出で立ちで、あらゆるシーンに対応できるスチーム加湿器です。アロマトレー付きで香りも一緒に楽しむことができます。

コンパクトなサイズ展開ですから、書斎や子供部屋など、比較的小規模なお部屋におすすめ。また価格もリーズナブルですので、試しに一台という方にもお求めやすい商品です。

"ヴィックス -スチーム加湿器&リフレッシュ液 ( 17,820円)"

4Lの大容量サイズ。リフレッシュ液も付属しており機能としてもシンプルですので、初めての方でも簡単に操作が可能です。

4L というサイズからも、仕事場やリビングといった大規模なお部屋におすすめ。またギフトラッピングも可能ですから、知り合いのお店の創業祝いとしても喜ばれる加湿器です。

TWINBIRD-加湿器 SK-4974W (1980円)

10年以上前に販売したものの、その優れた機能性により今だロングセラーを続けているモデルです。シンプルな飽きの来ないデザインで、水を入れてスイッチを押すだけのかんたん操作が可能です。

現在Amazonにて2000円弱で販売されており、値段と機能はともに良し。使用しない際はコードをコンパクトに収納できますので、冬にしか使わない方にもおすすめです。

オムロン-パーソナル保湿機 (99,90円)

黒、ピンク2色のクールなデザイン。独自の上下2段の吹き出し構造により水平方向にスチームを噴射、顔回りの集中的な保湿が可能です。 保湿が必要なタイミングを教えてくれる「保湿ナビ」も搭載しています。

部屋全体だけでなく、顔回りを集中的に保湿するのがこの製品の特長です。コンパクトサイズですのでデスク回りに設置して、美容にも気を遣いたい方におすすめです。

TEKNOS-EL-S051 ブルー (3,208円)

丸型の形状が独特な商品。ボタンが入/切のみとその操作は非常にシンプル。タンク容量も3.7リットルと、初めての加湿器としては申し分ない大きさです。

価格はリーズナブル、最低限の機能は付属していますので、試しに1台購入してみたい方にぜひ。丸形のデザインも他ではみない形状ですので、加湿とともに、あなたのお部屋にオリジナリティあふれる空間をもたらしてくれますよ。

高機能でおすすめのスチーム加湿器

三菱重工-スチーム式加湿器 roomist(ルーミスト) SHE60PD-W (25,200円)

ピュアホワイトの色合いで、あなたのお部屋をハイセンスに引き立てます。温度と湿度を表示するWセンサー、スケールの付着を防止するイオンフィルターなど、デザイン、機能ともに一級品です。

イオンフィルターが強力で、機器のぬめりや雑菌をうまく除去してくれます。アレルギー持ちの方や風邪の予防に気を払いたい方には、ぜひおすすめしたい逸品です。

象印-EE-RM50-WA (19,000円)

水タンク一体型、フッ素加工を施した広口のデザインのため、お手入れが楽チン。湿度も高め」「標準」「ひかえめ」と、その時々に応じた設定が可能です。

容器内に「水位線」があり、エコかつ水道代を無駄にせず加湿ができます。加湿器を使ったことの方はとりわけ、この商品のあまりの手入れの簡単さに驚かれることでしょう。

ナカトミ(NAKATOMI)-業務用スチーム式加湿器SFH-12 (24,038円)

さすが業務用とだけあって、その性能は強力です。木造和室は20畳 、プレハブ洋室は33畳、まで対応可能です。スペックに対するコストパフォーマンスの良さも魅力的です。

自宅用ですと広いリビング、あるいは学校や介護施設など、公共の場所での設置を考えている方におすすめです。強力なだけあって加湿口は高温になるので、設置場所には注意が必要です。

三菱重工-roomist スチームファン蒸発式加湿器 (11,100円)

シンプルな見た目とは裏腹に、その中身は非常にバラエティにトン富んでいます。Wセンサーやチャイルドロック機能のみならず、エコ運転機能やお掃除の時期を知らせる「お掃除サイン」など、価格以上の価値ありです。

環境にも配慮された製品で、電気代など気にしたい方におすすめ。また「お掃除サイン」の機能は、加湿器の掃除する時期が分からない、掃除は最小限に行いたいかたにピッタリです。

±0-加湿器Ver.3 ホワイト XQK-Q030(W) (24,800円)

一見すると加湿器とは思えない曲線美をもったデザインで使っているときも使っていないときもきれいな加湿器です。長時間モードで18時間というバッテリーの持ちの良さも魅力的です。

会社の応接室など、雰囲気を大事にしたい空間に難なく溶け込んでくれるデザインです。うっとりとする曲線をしたそのデザインで、嗅覚だけでなく視覚からも、リラックスしていただければと思います。

一人暮らしでおすすめのスチーム加湿器

山善(YAMAZEN)-4.0L スチーム式加湿器 (5,811円)

シンプルな白色で場所を選ばないデザイン。空焚き防止機能もついていますので、急いでいて電源を消し忘れても安心です。コンクリート製のお部屋で9畳まで加湿可能です。

コンパクトでデスク回りにも設置できるので、部屋のスペースを気にする必要がないのが嬉しいところ。最大22時間稼働できるので、忙しい一人暮らしの方にはピッタリです。

±0 プラスマイナスゼロ-スチーム式加湿器 (12,960円)

植木鉢のようなデザイン。ボタン一つのシンプル操作ながらも、空焚き防止サーモスタット 、水切れオートストップ機能 など様々な機能が付随しています。

高機能のものが欲しいけれど、面倒な操作をしたくない方にうってつけの商品です。デザインや機能もシンプルですので、お部屋作りのうえでも、空間を引き立てるインテリアとなってくれるでしょう。

ZOJIRUSHI-スチーム式加湿器 EE-SA30-WE (19,000円)

同社のポット式加湿器の特徴である広口、タンク一体型構造をスタイリッシュに落とし込んだ逸品。お手入れの簡単さや安全機能など、充実のラインナップです。

最大27時間と、忙しい社会人の方にはありがたい稼働時間を誇ります。キルティングなデザインですので、特に女性で一人暮らしの方におすすめの商品です。

±0プラスマイナスゼロ-加湿器 XQK-T110 (29,400円)

その優れたデザインで、グッドデザイン賞も受賞している商品です。加湿器としてはあまりないポップなカラー展開で、インテリアとしてもよく映えます。

サイズとして非常に小さいので、デスク回りや枕元での使用がおすすめです。アロマ機能もついていますので、睡眠の質をより高めたい方にはうってつけの商品です。

Stadler Form-Fredスチーム加湿器 4.0 ブラック 2687 (17,671円)

一風変わったデザインながら、その機能は充実。水がなくなると自動的にOFFになるため、安全にご使用いただけます。カルキ除去のためのボールも付属しています。

設定湿度に達すると自動的にファンがとまる「ハイグロスタッド機能」付き。加湿器を購入したいけれど電気代が気になる方にはおすすめです。またそのデザインは、お部屋のアクセントとして最適です。

まとめ

様々なタイプの加湿器がある中で、今回はスチーム式加湿器について、紹介させていただきました。スチーム式加湿器は掃除がカンタン、衛生面に優れており、加湿能力も高いのがその特徴です。最近では優れたデザインのものも多く、インテリアとしてもよく部屋になじみますから、機能面のみならず、デザイン面にもぜひこだわってみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加