頭痛防止枕のおすすめ人気比較ランキング!【低反発も】

一日の三分の一を占める睡眠時間、寝る姿勢が悪いと首や肩に負担がかかり、疲れが取れないどころか放置しておくと頭痛や手足のしびれが起きてしまうことも。また、体に負荷のかかる姿勢を続けていると血行が悪くなり、脳への血液不足は頭痛のもと。今回は日常生活の支障を予防しつつ、快眠できる枕をご紹介いたします。しかし、枕は形状から素材から非常に多種多様な寝具です。そこで性別や寝相、洗濯のしやすさなど様々なニーズに応じた紹介をしてみようと思います。沢山ありすぎてわからないという方は是非参考にしてみてくださいね。

頭痛防止枕の特徴

スマホ首と呼ばれるストレートネックを改善する

最近話題になっているスマホ首ことストレートネック。皆さんもついつい前のめりになってパソコンやスマホの画面を見てしまうことありませんか?スマホ首は首に負担がかかってしまうとても悪い姿勢で、放置しておくと頭痛や手足のしびれが起きてしまうことも。そんな骨格の歪みを矯正すべく登場したのがストレートネック対策された頭痛防止枕です。寝る姿勢をとったときに首筋が自然なS字カーブを描くように設計されており、体の負担を減らします。

睡眠中の頭部を適切な高さに調整する

選びにおいて重要なことがもう一つ。健康に暮らすための頭痛防止枕はストレートネック対策がされたものが殆どですが実は枕の高さも重要です。何故かというと、枕の高さが体格にあっていないと睡眠中の血行が悪くなり、これもまた頭痛や手足のしびれの原因となってしまうからです。健康に配慮された枕はオーダーメイドでなくても、枕の高さが体格に合うように高さ調整ができるようになっています。しかし、枕と一口にいっても使う人は体の大きさがまったく違う男性から女性子供と様々ですよね。そこで今回は素材や形状の選び方を解説しながらストレートネック対策と高さ調整の2点から頭痛防止枕をご紹介していきます。

頭痛防止枕の選び方

枕の素材で選ぶ

寝返りをしやすい人は安定感のあるそば殻を

そば殻枕は吸湿、通気性に優れ夏場でも熱がこもりにくいのが特徴です。カール状のそば殻が枕の内部に隙間を生み出すことで、空気をたっぷり取り込み、通気によって放熱する構造になっているからです。また、素材が硬いので枕に頭が沈み込まず、安定感があって寝返りがうちやすいという特徴があります。さらに、そば殻を中から出し入れすることで体格に合った枕の高さ調整が可能な利点も。湿気が気になる人、硬い枕が好きな人や寝返りをうちやすい人にオススメの根強い人気の枕素材です。欠点はそば殻が砕けて徐々に枕から粉が出てくるのでこまめな補充が必要なこと、湿気の多い場所で保管すると虫が湧いてしまうので天日で乾燥させるなどこまめな手入れが必要なことでしょうか。それでもしっかり扱ってあげればずっと快適に使えますよ。

ダニや菌が気になる人は天然素材よりもパイプや高反発ファイバー素材を

まるごと水洗いできるパイプや高反発ファイバー素材の枕はとても衛生的です。パイプは耐久性が高く他の枕に比べて長持ち、硬い素材ですので寝返りもうちやすいのが特徴です。反面、パイプが流動するのでフィット感に欠ける事も。他と比べ、ストレートネック対策された枕は少ないですが高さ調整ができるのは魅力ですね。中のパイプを調整することで大人子ども問わず幅広い年齢層の人が使える扱いやすい枕ですよ。高反発ファイバーはそば殻と同様に通気性抜群、素材が硬いので寝返りがうちやすい枕です。反面、低反発ウレタンのようなフィット感があまりないので馴れないうちは寝にくいことも。どちらも虫がわかず水洗いができるので衛生面に優れています。長く快適に使っていきたい人にオススメの枕素材ですね。

寝心地を追求したい人は低反発ウレタンを

近年人気の枕素材ウレタンを使用した枕です。低反発ウレタンは頭の形や重さに合わせてフィットするため、他にはない優しく包み込まれるような寝心地が大きな特徴です。それだけではなく頭、首、肩を面で支えることにより、負荷を均一に分散させ首や肩コリの改善ができるという魅力もあります。形状が固定化しやすい素材だからかストレートネック対策された頭痛防止枕は低反発枕で多く登場しているんですよね。反面、そば殻枕や高反発枕に比べて、頭が枕に沈み込むため寝返りがうちにくいという欠点も。しかし、同じウレタン素材でフィット感はやや薄れるものの高反発ウレタン枕は固く安定感はあって寝返りのうちやすいもので好みで使い分けが可能です。また、ウレタン素材の枕は洗濯ができず手入れが難しい枕です。しかし、天然素材ではないので虫が湧きにくいという長所でもあるんですよね。総じて、新感覚の寝心地を楽しみたい、睡眠中の負担を軽減したい人にオススメの枕素材です。

枕の形で選ぶ

ストレートネックに悩む人はウェーブ型を

ストレートネック対策をしたい方にオススメの枕です。ベットで横になった状態でも首のラインが自然なS字カーブを描けるように、首の部分が高くなるウェーブ型の構造が特徴です。素材の柔軟性によっては寝返りがうちにくかったり、枕の高さによっては首に負担がかかりやすいといった事もあります。もっとも近年では寝返りのうちやすいよう設計されたウェーブ型が登場していますし、高さ調節機能があれば首の苦しさが解決できないという事もありません。ストレートネック対策において非常に効果的な頭痛防止枕といえますね。

肩こりや首こりに悩む人はハート型を

肩こり首こりを治したい方にオススメの枕です。首や肩に優しくフィットする構造が特徴で、ウェーブ型とは対照的に首の位置が低くなっており、首の圧迫感が抑えられております。近年ではストレートネック対策も考え、首の高さが普通かやや高めになっているハート型枕も。ウェーブ型が苦しくて肌に合わないという人や、寝姿勢やスマホ首は気にならないが肩コリなどが気になるという人はこちらのタイプがおすすめですね。

枕の高さで選ぶ

女性や子供は体格に合わせてやや低めの枕を

体格に合った枕で眠ることは大切なこと。女性は女性用の枕を、子供は子供用の枕をしっかり使いましょう。枕が高すぎるとベッドで横になったとき背骨のカーブが急なものになり、頸椎が圧迫されます。頚椎が圧迫されると脳への血流が悪くなり、脳の血液不足は頭痛のもとです。また、高すぎる枕で眠ることで睡眠時の首や肩への負担が大きくなり、肩コリや寝違えのもとになってしまうことも。理想的な枕の高さは十人十色ですが、姿勢のポイントとしては仰向けで寝たとき、ベッドとうなじの隙間が埋まる高さが理想といわれています。

自分に合った枕が分からない人は高さ調整可能な枕を

欲しい枕を見つけても、女性用子供用のバリエーションがない場合もありますよね。そういうときは高さ調整できる枕を探してみるといいですよ。枕の底に重ねられたシートが備わっていて、シートを抜き差しすることで高さ調整できる枕が近年登場しています。また、パイプやそば殻素材の枕は中の素材を抜き取ることで最初から高さ調整が可能です。ウレタン素材の枕に興味があるという方も大丈夫。ウレタン素材の枕でも部分的にパイプを入れる区画を設けるなどして高さ調整できる枕もあります。ちなみに枕が低すぎても背骨のカーブは急なものになるので要注意です。高すぎず低すぎず、自分に合った枕で健康的に過ごしていきましょう。

頭痛防止枕のおすすめブランド・メーカー

fuwawa

楽天ランキング1位獲得の睡眠サポート器具メーカー

素材、型を問わず豊富な種類の枕を作り続けているfuwawa。ストレートネック対策枕や高さ調整枕はもちろんのこと、パイプ素材メッシュ素材ビーズ素材の枕や抗菌防臭枕など幅広いニーズに応えた枕シリーズが特徴です。あらゆる枕が揃っているので本格的な枕選びは初めてという方におすすめです。

GOKUMIN

1年間品質保証あり楽天平均評価4.4以上の高品質枕ブランド

睡眠をワンランク上の贅沢な時間にを掲げるGOKUMIN。独自開発によるオジリナル素材で枕だけでなくマットレスでも高評価を得ている高品質ブランドです。高級感溢れるデザインと確かな実用性のもと、調湿性、消臭性、通気性を兼ね備えたプレミアム低反発枕が代表的ですね。高品質な低反発枕を体感してみたい方におすすめです。

ブルーブラッド

ハイブリッド素材による全く新しい質感を実現した寝具ブランド

ジェルとスーパーソフトウレタンを融合することで生まれたハイブリッド新素材ブルーブラッド。その評価は高く、各界著名人から絶賛の声があり、日本一予約が取りにくい宿といわれる箱根吟遊でも採用されています。快眠したい方、睡眠時の姿勢改善をしたい方におすすめです。

テンピュール

マットレスブランド唯一のNASA公認

NASA公認マットレス・ピローブランド、テンピュール。ブランドが誇るテンピュール素材はNASAが開発した体圧吸収素材形を起源とし、独自に研究開発を進めてきた唯一無二のものです。形、硬さ、寝姿勢に合わせて選べる多彩なピローが特徴です。快眠したい方、睡眠時の姿勢改善をしたい方におすすめです。

おすすめ&人気の頭痛防止枕ランキング

低反発ウレタンでおすすめの頭痛防止枕

ブルーブラッド-マットレスピローミトラ (8,770円)

ハイブリッド素材を使用した注文殺到の大人気マットレスピロー

従来の低反発ウレタンとは異なり、頭が枕に沈み込みすぎることなく、使用者に合わせて最適な高さでサポートする枕を実現しています。枕が背中部分と一体化することで頭と枕のズレを防ぐという構造が他の枕と違い革新的なところでしょう。自然と胸を開くような姿勢に調整することでストレートネックだけでなく、巻き肩や猫背の改善にも役立つのがうれしいですね。

仰向け横向けどちらでも眠りやすいように工夫されていて、とにかく快眠したいといった人にもありがたいですね。胸を開くようにして姿勢を改善する構造は、寝るときの姿勢を改善したい方だけでなく、普段の立ち姿勢が気になる方にもおすすめです。

GOKUMIN-プレミアム低反発枕 (3,298円)

ストレートネック対策と高さ調整を兼ね備えた日本品質のプレミアム枕

スマホ首を改善するためのウェーブ型であることは勿論の事、ウレタン素材の穴あけ加工と竹炭配合による通気性と調湿性と抗菌性を兼ね備え、枕の高さを4段階調整できる機能もあり、非常に隙のないあらゆる機能を備えた枕といえます。実用性だけでなく高級感溢れる美しい生地も魅力ですね。

枕の高さを4段階調整できるため体格に関係なく使えて、買ったあとも使用者に失敗させないように作られていますね。枕も底に滑り止めがあって、寝違えたりベッドから転げ落ちるという心配もない。低反発ウレタン枕を使ってみたいという方には老若男女問わずおすすめできる枕ですね。

ショップジャパン-トゥルースリーパー セブンスピロー (16,280円)

商品の特徴を一言で

一般的な枕は頭の後ろだけを支えるのに対して、頭から背中までの7つの部位をしっかり支えることで、頭と首に集中していた負担を分散させて軽減させるという他にはないビッグな枕ですね。そのため枕自体が横にも縦にも大きく、どんな寝相でも気持ちよくフィットし、寝返りも気にせず打てるという快適さがあります。

ベッドと同じくらいワイドサイズの枕なので、とにかくどんな寝相でも良い、寝返りも打ち放題という自由度が欲しい方におすすめです。本当に大きいので一人用としても二人用としても使えるのが夫婦やカップルの方々にもありがたいですよね。

rakuna-RAKUNA整体枕 (6,990円)

整体師が自分のために作った整体枕

頭と首の筋肉の負荷分散を重点において作られた枕です。ストレートネック対策に加え、2段階の高さ調整機能を完備が可能しています。また、ウレタン素材の枕とは違い、ファイバーに似た独自素材で水洗いが可能な点が衛生的に優れていますね。

仰向け用と横向け用で寝たときの負担を考慮した枕は多いですが、うつ伏せで寝るときも胸部に負担のないように設計されています。うつ伏せで寝ることが多い人や時々でもうつ伏せで寝たい人におすすめですね。

テンピュール-ミレニアムネックピロー (17,600円)

独自素材テンピュールによる安心の高耐久を実現

体にぴったり沿う感覚は他の低反発素材よりも秀でており、テンピュールならでは。劣化しやすいウレタン素材と異なり、3年保証という高耐久に自信のある枕です。最も他と異なるのはバリエーションの豊富さで硬さ別、寝姿勢別、サイズ別に適した枕が用意されており、自分に適した枕を見つけやすいことでしょう。

高品質高耐久で本格的な枕をしっかり選びたい人におすすめです。同じブランドでも種類が豊富ですので、この形状がベストだけどもっと大きな枕にしたい、もう少し硬い枕がいいといった使っていく上で増えていく要求にも細かく調整できるのがうれしいですよね。

パイプでおすすめの頭痛防止枕

fuwawa-簡単調整4ポケットパイプ枕 (2,996円)

取り出しやすい4ポケット構造の枕で自分好みにオーダーメイド

後頭部部分に3つのポケット、首部分に1つのポケットを備える本格的な高さ調整枕。高さ調整機能だけでなく首を支える部分が筒状になっており、ストレートネック対策も完備しています。パイプ素材で高耐久かつ水洗い可能、メンテナンス性も高いですね。

4つのポケット穴から自由に枕の大きさ高さを調整可能という自分にあった枕を自分で作れる特徴があります。自分の体格に合った枕を買ってみたけど段々と馴染めなくなってきた、オーダーメイド枕のズレが気になってきたという方におすすめですね。

眠り製作所-抱かれ枕アーチピローFUN (8,800円)

頭と肩だけでなく腕まで包んでリラックスできる枕

両側に腕で抱き抱えるアームを持った抱き枕とも異なる新種の枕。頭から背中まで負荷分散するための大きな枕はありましたが、抱かれ枕は腕そのものを抱きかかえる形で負荷分散するこれまでにない枕ですね。首部分だけパイプ素材になっていて、パイプを出し入れすることで高さ調整も可能です。

浮き輪で浮かぶような姿勢ですのでとても斬新な感覚で眠れるでしょうね。肩全体を包み込むことで肩を安定させる構造になっているので横になったとき肩の不安定さが気になる方や肩こりが気になる方はおすすめですね。

ニトリ-高さが10ヵ所調整できるまくら (4,990円)

自分で作るオーダーメイド枕

4ポケットあるパイプ部分と細分化されたウレタンシートで10箇所も調整ができる高さ調整枕です。頭や首に接する部分はパイプ部だけですので実質的にはパイプ枕ですね。抗菌防臭加工がされており、ウレタンシートを抜けば気軽に水洗いができるので衛生面でも優れています。

枕のポケットが細かく、首に接する部分だけ高めに調整するなど、ちょっとした工夫でストレートネック対策にもなりそうですね。オーダーメイドでなくても、自分で細かく調整できるリーズナブルな枕が欲しいという方におすすめですね。

cocochi factory –YOKONEGU (7,880円)

横向き寝専用の快眠枕

横向きでしか眠れないという人々のための横向き寝専用枕です。実は仰向きと横向きでは適切な枕の高さは違い、ここがフォローされている枕は少ないんですね。YOKONEGUは横向きで寝たときの肩の高さが適正な位置になるよう肩ポケットという機能で睡眠をサポートします。高さ調整機能で就寝時の体のラインを一直線にできる頭痛防止枕でもあります。

横向き寝枕の中でもYOKONEGUは肩ポケットによる安定感ともちもちの感触で窮屈さがなく寝返りもしやすい構造です。横寝る向きでしか眠れない、これまでの横向き寝枕が合わなかったという方におすすめです。

ふとん直販-ネックセラピーパイプ枕 (2,980円)

選べる2種の枕素材が特徴の快眠枕

整体院の先生お勧めする、ソフトパイプとウレタンチップの2種類を選べる快眠枕です。リーズナブルな価格でありながら、仰向け横向けで眠った際のストレートネック対策がされております。枕素材のソフトパイプは出し入れすることで高さ調整が可能です。

ストレートネック対策がされた枕で同じ形状で硬めのパイプ素材の枕と柔らかいウレタンチップの枕があるのが特徴ですね。ウレタンチップは一般のウレタン素材よりも荷重分散がしやすいので、手軽な値段でサポート機能の高いウレタン素材の枕といえます。どちらもタイプもリーズナブルな価格で健康的に就寝したいという方におすすめです。

高反発ファイバーでおすすめの頭痛防止枕

chocho-beauty – 健康安眠枕 (2,580円)

綿のようなマイクロファイバー素材による高級ホテルのような寝心地

柔らかい綿のようなファイバー素材を詰め込んだ枕です。ファイバー素材なので水洗いができ、吸湿性通気性に優れ雑菌の繁殖がしにくい声質を持っています。それでいて一般に硬いファイバー素材とは反対に羽毛のような柔らかさの綿ですので、高い弾力と柔らかさを兼ね備えているのが特徴ですね。ファスナーから中材を取り出すことで高さ調節も可能です。

ファイバー素材は雑菌の繁殖や小さな虫の発生がない素材であり、洗濯機で丸洗いが可能な清潔な枕です。だからこそ、ファイバー素材の枕が欲しいという人も多いと思いますが同時にファイバー素材の硬さが気になるという人もいるでしょう。ファイバー素材を用いながら綿のような柔らかさを実現している枕なのでファイバー素材の硬さが理由で購入を悩む方におすすめです。

エアネスト-エアネストピローER (4,780円)

エアネストファイバーでオールシーズン快適

マットレスなど使用されている優れた体圧分散機能を持つエアネストを利用したファイバー素材の枕です。マットレスで使用されている素材ということで硬そうですがちゃんと枕用に柔らかくなっているようで、負担を分散しつつ優しく頭を支えてくれます。

ファイバー素材に多く見られる硬い枕ですが、きちんと首のカーブがS字になるように計算されたストレートネック対策枕です。洗濯機で丸洗いができて手入れも簡単なので、ダニや雑菌が気になる方や一人暮らしの方におすすめです。

めむりっち-3D Airpool Pillow (3,580円)

特殊スプリング構造で優しく頭を支えるファイバー素材の枕

ファイバー素材を使用した特殊スプリング構造のストレートネック対策枕で優しく頚椎をサポートしてくれます。枕の前後を入れ替えることで首の高さの調整ができるようになっており、体格や寝姿勢で使い分けが便利ですね。

キシキシというファイバー素材特有の軋む音がないので、枕元の音を気にならないのが快適ですね。また、前後を入れ替えて首の高さ調整ができるので、その日の気分で変えたり、仰向けや横向けに姿勢を変えたいときの首の調整ができます。ベッドでゴロゴロしたい方におすすめですね。

RISE-スリープオアシス (8,789円)

寝返りがうちやすいワイドサイズの高さ調節枕

青山学院大学や病院などで採用されているワイドサイズの枕。両サイドが高めになっていることで寝返りをうっても頭が枕の真ん中に戻りやすいように設計されています。寝返りがうちやすいタイプの他にも肩をサポートするハート型のようなタイプもあり好みで選べるのが嬉しいですね。

形状がいくつか選べる上に高さ調整用のシートもあり便利ですね。寝返りしやすい枕が欲しいという方だけでなく、ハート型の枕は首と肩を安定させて寝られるので、首コリ肩コリが気になる方にもおすすめできます。

CooLZON-Five Starピロー (6,420円

オールシーズン使用できる体積の95%が空気の快眠枕

その体積は実に95%が空気のファイバー素材の枕の中でも抜群の通気性です。枕の表がソフトな夏用と通気性の良い冬用で別れているため表裏をひっくり返すことで、オールシーズン対応可能といつでも使える優れものです。

硬さを3段階選べるのも大きな特徴ですね。一番柔らかい枕はクッション性があるので、高耐久でメンテしやすいファイバー素材の枕を使ってみたいけど硬さが苦手、という方も試して見る価値ありです。もちろん、硬い枕が好きな方にもおすすめですよ。

頭痛防止枕の手入れ方法

洗濯ができないそば殻は天日干しを

そば殻枕はその名の通り、蕎麦の実が原料ですので中身ごと洗うことができません。とはいえ、湿気の多いところに保管しているとそば殻枕が傷んでしまい最悪虫が発生してしまうことも。天気の良い日は天日干しする、天日干しできない場合は陰干しをして、こまめに蕎麦殻を乾燥させておくことが重要です。また、そば殻は徐々に砕けて粉になってしまいますので、枕が低くなったかなと感じたらそば殻のみのパックが発売されていますので補充していきましょう。基本的に日干しをしっかりやっていけば長く快適に使えますよ。

パイプはネットに入れて洗濯機で洗える

パイプは高耐久ですので手洗いも洗濯機洗いもできます。手洗いの場合はバケツに中材のパイプだけを入れて、手でよくかき混ぜて洗いましょう。汚れが多い場合は少量の洗剤を足しても大丈夫です。洗濯機で洗う場合は枕をそのまま洗濯ネットに入れて弱い水流で洗いましょう。パイプが洗濯機の中に飛び散らないようファスナーが閉じているか枕に穴がないか事前のチェックが大切です。

まとめ

頭痛防止に効果的な「ウェーブ型枕」がおすすめ

頭痛防止目的で枕を購入するのであれば、ウェーブ型の枕がおすすめです。首の位置を高くすることができるので、背筋のS字カーブが保たれストレートネック対策になります。これまでの枕をまとめると素材面ではどの枕も一長一短ですので、自分に合った素材の枕を選ぶのが一番良いでしょう。今回は枕素材ごとに商品を紹介しました。共通して重要なことは寝姿勢がサポートされているか、その枕が体格に合っているかです。柔らかいフィット感が欲しい人はウレタン素材、硬い枕が良い人はファイバーやそば殻、手入れがしやすい枕が良い人はパイプやファイバー、といった風に目的に応じて試してみましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*