おすすめのフラワースタンド人気比較ランキング!【アイアン製も】

花や植物を美しくレイアウトして飾れる

フラワースタンドは、複数ある鉢植えを綺麗に配置し美しく飾ることができます。そのまま地べたに置いておくより立体的になり、鑑賞しやすくなりますよ。省スペースや広い場所で見せ方や飾り方が異なり、サイズも豊富にあります。

屋外や室内に置けて素材や形状で雰囲気が異なる

フラワースタンドは屋内外で活用できます。部屋やお庭、ベランダなど場所により雰囲気が異なるので、置く場所と調和する素材や形状を選んでいきましょう。デザインやカラーだけでも受ける印象がかなり違ってきますよ。

フラワースタンドの種類

木製

柔らかく優しい雰囲気と高いインテリア性

木製は優しい質感とぬくもりが魅力で、高いインテリア性があります。室内のフラワースタンドに取り入れると調和しやすいですよ。在宅ワークなどで、仕事部屋に花や植物などを置くと、安らぎの空間を演出できホッと和めるでしょう。

最近ではベランディングと言って、ベランダやテラスをおしゃれにDIYするのが流行っていますよね。木製のフラワースタンドはそんなくつろぎのスペースにぴったり。安らげる温かい雰囲気の中に花を飾りたい方は、是非木製にしてみてくださいね。

アイアン製

おしゃれなアンティーク調の雰囲気と高い耐久性

アイアン製はモダンな雰囲気もあればアンティーク調もあり、おしゃれな空間をつくりたい方におすすめです。またフレームで形作られているフォルムはスタイリッシュで、伸縮機能付きなど扱いやすいものが多い傾向があります。デザインで雰囲気が異なるので置き場所に合うものを選びましょう。

アイアン製は、木製やプラスチック製と比べて耐久性が高いのが利点です。木製やプラスチックのように劣化しづらく、綺麗な状態で長く使用できます。雨風などにさらされる屋外には、特に向いている素材といえるでしょう。

プラスチック製

軽量でカジュアルな雰囲気と安さが魅力

プラスチック製は木製やアイアン製より軽量です。移動がしやすいので、部屋の模様替えやお庭を清掃するときに便利ですよ。プラスチックは組み立てがしやすく、木製やアイアン製よりも気軽に利用できるのが魅力のひとつです。

なんといっても嬉しいポイントは、リーズナブルな価格です。初めてスタンドを購入する方など、ガーデニング初心者におすすめ。形状も豊富なので選びやすく、手軽に入手して楽しめますよ。部屋の中であれば劣化しづらく、長く利用できます。

フラワースタンドの選び方

形状で選ぶ

コンパクトに飾りたいならコの字型のシンプルなベンチタイプ

それほど鉢植えの数は多くなく大きさも小ぶりであれば、シンプルなコの字型のベンチタイプがおすすめ。一列に綺麗に並べてのせるだけで、目線も高くなり美しく見えますよ。シンプルな見た目はどこに置いても馴染み、植物の美しさを引き立ててくれるでしょう。植物が増えてきたらコの字型で高さ違いのセットを活用すると、段差がついて上手くまとまりますよ。

ボリュームを出して飾りたいなら鉢がたくさん置ける階段タイプ

たくさんの花や植物を綺麗に飾りたい場合は、階段タイプがおすすめです。ひとつひとつの表情がよく見え華やかでボリュームがでます。階段タイプは棚の高さが固定したタイプが多いので、飾る植物はあまりサイズの差がないものがおすすめです。サイズにばらつきがある場合は、個々に日が良く当たるレイアウトにしてくださいね。

屋内の省スペースを有効活用したいならスタンドタイプ

部屋にデッドスペースがあって活用したい、花を飾りたいけどスペースが狭いといった方には、スタンドタイプがおすすめです。スタンドタイプは縦に長いタワー型なので、省スペースでも花を縦に配置でき美しく飾れます。木製のハイチェアタイプもおしゃれで、部屋のアクセントになりますよ。お気に入りの花を天面に置いておくだけで、花が美しく映えます。

耐久性で選ぶ

屋外に置きたい場合はカビや湿気に耐えられる素材

外に置くフラワースタンドは、雨風や湿気などに対する耐久性が高いアイアン製がおすすめです。木製のようにカビを発生させず、湿度に左右されません。プラスチックのように夏場の直射日光で、ゆがんだり劣化することも少ないですよ。雨に濡れると錆びることがありますが、木製より水分を拭き取りやすくお手入れがしやすいのがメリットといえます。

大型の鉢植えを飾りたい場合は耐荷重が約20kg前後あると安心

大型または重さのある鉢植えを置きたい場合は、約20kg程度の耐荷重があれば安心でしょう。大型の11号鉢が重い物で5kgから8kg程度あり、土が約10L入るので土も5kgほどで総重量は10kgから13kgとなります。従って、10kg前後にプラス植物の重さが耐荷重としてあれば良いですが、鉢の素材や植物によって重さは大きく異なるので、だいたい20kg程度を目安にしておけば安心といえます。

置きたい植物とのバランスで選ぶ

背丈のある植物を置きたい場合は台が低いもの

植物や花には上に長く葉やツルが伸びるものがあり、背丈が高いものがありますよね。背の高い植物は縦にボリュームが出てきてバランスがとりづらくなる場合があるので、なるべく低い台に乗せるようにしましょう。あまり高い台に乗せてしまうと、葉や花の手入れや害虫駆除などがしづらいことがあります。ツルが下に伸びる植物の場合は、高い台に乗せると育てやすいですよ。

大きさが違うものを一緒に置きたいなら日が当たりやすい仕様

花の大きさや背丈が異なるものを一緒に飾りたい場合は、ただ並べるタイプより互い違いに配置できるようなタワー型のスタンドがおすすめです。極端に背丈やサイズが違うと、小さいサイズの植物は大きなものに埋もれて日に当たらない時間が長くなることがあります。互い違いにレイアウトすると、個々の表情がよく見えて日に当たりやすくなりますよ。大きなものは下に小さなものは上にするなど、上手にレイアウトしてみましょう。

フラワースタンドのおすすめブランド・メーカー

山善

ありそうでない便利仕様で高い使い勝手が魅力

思わず欲しくなる便利な商品を豊富に展開する山善のフラワースタンドは、高い使い勝手が魅力。幅を大きく調整でき、植物の数によってスタンドの大きさが変えられます。スリムで省スペースにもフィットするのが魅力です。ベランダの植物整理をしたい方におすすめですよ。

IKEA(イケア)

白をベースにした個性的で爽やかなデザイン

北欧デザインで人気のあるIKEAには、個性的なフラワースタンドが豊富にあります。階段状であっても一般的な仕様ではなく、ユーモアのあるおしゃれなデザインでハイクオリティなディスプレイが可能です。お気に入りの花をより魅力的に見せたい方におすすめですよ。

WOODPRO(ウッドプロ)

しっかりとした厚みの国産杉材を使用

プランターやウッドデッキなど、木製の魅力ある商品を豊富に展開するメーカーです。フラワースタンドは室外機をカバーして使えるものや、レイアウトしやすい構造のものなどガーデニングを楽しくするアイデアが詰まっています。板の厚みが27mmある国産杉材で、頑丈でおしゃれなものをお探しの方におすすめですよ。

ironet(イロネット)

部屋のインテリアにもなるおしゃれなデザイン

一般的なフラワースタンドと異なるおしゃれなテイストで評価の高いブランドです。室内利用が可能で、インテリアとして雑貨収納にもなるのが特徴。花を育てたり収納としても快適に使えるサイズ感が嬉しいポイントです。マンションなどで、室内で花を育てながら収納にも活用したい方におすすめですよ。

おすすめ&人気のフラワースタンドランキング

木製でおすすめのフラワースタンド

富田木工所-フラワースタンド(2,980円)

ファンシーなテイストで高品質の国産ひのき素材

Gardeningという文字と可愛らしい芽のロゴがアクセントの、木製フラワースタンドです。シンプルでお店のディスプレイのように飾れるおしゃれ感が魅力。優しい色合いのグリーンやピンクがあり、POPでキュートに飾りたい方におすすめですよ。

贅沢な国産ひのき素材で、耐久性と強度があるのが特徴。見た目はファンシーですが、しっかりとした品質で水や湿度、虫にも強い材質です。天然木のナチュラルな風合いでおしゃれに飾りながら、長く使える高品質のスタンドですよ。

WOODPRO-プランター台(3,410円)

頑丈でシンプルなコの字型で組み立て簡単

2.7cmのしっかりとした厚みがある、国産杉製のコの字型スタンドです。非常に頑丈な作りで、安定感がありますよ。落ち着いた雰囲気で無駄がないデザインが魅力です。どんな植物を置いても調和し、おしゃれに飾れますよ。

脚部の底には厚み1cmのゴム脚があり、接地面に直接木が触れず高い耐久性があります。屋外使用を前提としたカラーリングはナチュラルで馴染みやすい6カラー展開。防腐剤入りの塗料で、傷みづらく刺激臭がないので再塗装も快適にできますよ。

小田木材流通サービス-welcome wood フラワースタンド(6,980円)

組み立て不要で高さ違いのセットが個別に移動できる高い自由度が魅力

組み立て不要のシンプルなコの字型スタンドです。3つの高さに分かれたスタンドは、それぞれ個別に移動できるのでレイアウトがしやすいのがメリット。好みのレイアウトにでき、どんな場所にもフィットする高い使い勝手が魅力です。

グリーンやブルーは、はっきりとした色合いで他のスタンドにないシャープなおしゃれさがあり素敵ですよね。ガーデニングのアクセントとして取り入れるのも良いでしょう。1個使いをしたり、まとめて飾りたいものがあったりといろいろな組み合わせを楽しみたい方におすすめです。

白山家具-ナチュラルウッドの花台 ハイタイプ(9,350円)

季節の花などを美しくおしゃれに演出

季節に合わせてお気に入りの花を飾りたい方におすすめの、おしゃれなハイチェアタイプのスタンドです。上段の天面にメインの花を、下の段にも小柄な花を飾れます。お気に入りのオブジェや雑貨などを置いても素敵ですよ。

プリザーブドフラワーなど、インテリア性のある花を飾りたい方にもおすすめ。オブジェ的な存在感でハイセンスな雰囲気を演出してくれます。天然木のぬくもりある質感とシンプルなデザインは、どんな部屋でも馴染みますよ。

IKEA-SATSUMAS プラントスタンド(9,898円)

階段状のシェルフでおしゃれなレイアウト

丸い白いプレートと竹製の脚が爽やかなコンビネーションのプラントスタンドです。段差がある構造なので、置く花や植物の種類とサイズ、高さなどを考えて楽しめますね。置くものによって違う雰囲気を出してくれる形のスタンドですよ。

脚部は竹素材で温かみのある雰囲気なので、室内使用がおすすめです。部屋のインテリアと調和し、白い壁の部屋に特にマッチするでしょう。高さがあるので脚部の下にも鉢を置けますよ。愛情深く植物や花を育てている方におすすめの爽やかスタンドです。

アイアン製でおすすめのフラワースタンド

刀川平和 -アイアンシェルフ(2,999円)

組み立てがいらない折りたたみ式が便利

曲線のおしゃれな形が特徴のアイアンシェルフです。両脇を広げて棚をのせるだけの簡単組み立てで、1分もかからずに完成しすぐ使えますよ。デザインは甘すぎない適度なクラッシックさ。黒のスチールがおしゃれ度をアップさせていますね。

おしゃれなデザインなので、多肉植物を並べるのにもおすすめ。コレクションしている方は並べてみると、自慢の多肉植物がより美しく見えて嬉しくなりますよ。使用しない場合は、折りたたんでコンパクトに収納可能なのも嬉しい特徴です。

山善-ガーデンマスター プランターラック(6,699円)

広い幅調整ができ使い勝手が良いスリムタイプ

薄型のアイアンラックで置きやすく、コンパクトなフラワースタンドです。幅が広く調整可能なことが大きなメリット。幅94cmから170cmまでまで伸縮するので、置きたい花が多くなった時やスタンドの場所を変える時などに便利ですよ。

棚の高さは約4cm毎に3段階調整ができるので、花や植物の高さに合わせられます。ベランダや庭にあった花を、すっきりと美しくまとめてくれますよ。これから花を増やしたい方や、数ある鉢植えをコンパクトに綺麗にまとめたい方におすすめです。

刀川平和-ビニール温室 NEW楽ラック(4,805円)

ビニール温室になり植物を寒さから守る

植物を寒さから守る、ビニール付きのフラワースタンドです。暖かい季節になり始めたらビニールを外して利用可能。厚み0.15mmのビニールシートはしっかりと寒さをガードし、冬も安心して植物を育てられますよ。

組み立てに必要な道具や部品は全てセットされているので、ドライバーがなくても大丈夫です。女性一人でも楽に組み立てられますよ。大小各2枚ずつ棚があり、小さな鉢と大きめの鉢をたっぷり飾ることができます。棚の位置は植物のサイズに沿って調節可能です。

ironet-プランター(5,980円)

おしゃれなデザインで部屋のインテリアにもなる

シンプルでおしゃれな外観が魅力のスタンドです。高さが50cmで、腰をかがめずに水やりなどができますよ。植え替えなどのメンテナンスも楽にできノンストレスです。底板は水切りのないタイプで水漏れせず、室内に置いても汚れず安心です。

嬉しいポイントは、フラワースタンドだけでなくインテリアとしても使用可能なこと。雑貨収納や本立てなどになり、下にはごみ箱や鞄などを置くスペースとして利用できますよ。収納も欲しいし花も育ててみたいといった方におすすめです。

プラスチック製でおすすめのフラワースタンド

ピノキオショップ-DXフラワースタンド(4,124円)

スチール製の補強パイプで耐久性UP

たっぷり飾れる階段状のフラワースタンドです。ボリュームのある外観ですが、プラスチック製なので軽量で移動しやすいですよ。ブラウンカラーは木の色合いに類似していて、花や植物によく馴染みます。

棚板と脚部には補強パイプがあり、耐久性が低い傾向があるプラスチックの弱点がきちんとサポートされています。補強パイプは頑丈なスチール製なので、劣化の心配がありません。コレクションした花や植物をまとめて飾りたい方におすすめですよ。

外山産業-フラワースタンド(1,510円)

組み立て簡単でおしゃれなマロンカラーが魅力

品のあるマロンカラーがおしゃれな、階段状のフラワースタンドです。軽くて組み立てが簡単なので、開梱後すぐに飾って楽しめますよ。たくさんの植物や花を整理したいと思っていた方におすすめのスタンドです。

ワンカラーではなく、ツートンカラーで品のある配色がおしゃれですよね。スタンドだけでも見栄えが良く、花を飾ればさらに魅力が増しますよ。プラスチック製にありがちな、組み立ての際の部品破損などがなく国内製で良かったという口コミもあり、品質の高さを感じます。

キラキラハイム-ボタニカルフラワーインテリアスタンド(1,980円)

コンパクトでシンプルな省スペースタイプ

ダークなブラウンカラーがシックな印象の、コンパクトなフラワースタンドです。鉢植えのカラーをホワイトなど明るいカラーにすると、華やかな印象になりますよ。ちょっとした省スペースに、花を飾りたいと思っていた方におすすめのスタンドです。

コンパクトなので場所は問わず、玄関、ベランダにも置きやすいですよ。室内に置けば、雑貨や小物などを置くインテリアとして活用することもできます。ハーブなどを育てたり、一人暮らしの菜園アイテムにもおすすめです。

山善-プランタースタンド フラワせたg(4,084円)

省スペースでたくさん飾れるタワー型

狭いスペースでもたくさんの鉢を飾れるタワー型スタンドです。8つの台が上に伸びるようにレイアウトされているので、重いものや大きいものを下に配置するとバランスが良いでしょう。ホワイトカラーでどこに置いても調和するデザインです。

タワー型は横に並べるタイプとまた異なる華やかさで目を引くので、玄関先などにおすすめ。ゲストを良く呼ぶお宅におすすめの形です。ベランダに置いて、室内から眺めるのも素敵ですよ。日本製なので品質の心配が低いのも嬉しいポイントです。

まとめ

置く場所の雰囲気と植物のサイズに合ったフラワースタンドがおすすめ

フラワースタンドは、置き場所の雰囲気と植物のサイズを考慮して選ぶようにしましょう。デザインや色の好みだけで選んでしまうと、植物が収まりきらなかったり、部屋や玄関先の雰囲気とマッチしない可能性があるので注意してくださいね。アンティーク調やモダンな雰囲気がだせるアイアン製は、おしゃれでハイセンスになりますよ。今回はおすすめのフラワースタンドをランキング形式でご紹介しました。飾りたい花や植物をフラワースタンドに美しくレイアウトして、より魅力的に演出してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*