おしゃれでおすすめのアコーディオンカーテン人気ランキング!【間仕切りに】

このエントリーをはてなブックマークに追加

押し入れのふすまが和風でインテリアに合わない。浴室前の脱衣所に目隠しが欲しい。リビングに合うおしゃれな間仕切りが欲しい。そんな悩みは全てアコーディオンカーテンで解決できます。アコーディオンカーテンというと、ひと昔前の玄関の目隠しみたいなイメージを持っている方が多いかも知れません。しかし今は機能的に優れたものやデザインがおしゃれなものがたくさん出ていますよ。サイズや色をオーダーできるタイプなら自在に選べますし、手軽な既成サイズもあります。この記事ではアコーディオンカーテンの種類や選び方、人気商品を詳しく解説します。ぜひ参考にしてくださいね。



アコーディオンカーテンの特徴

楽器のアコーディオンのように蛇腹式になった間仕切り

アコーディオンカーテンとは、形状が蛇腹式になっていて、閉じたり広げたりできる構造をもつ間仕切りです。素材は樹脂や布製のものが多く、樹脂製で取っ手がついたものはアコーディオンドアとも呼ばれます。たたんだ時の幅は20~30%になるので、部屋を広く使えるメリットがあります。また、縦長のパネルを組んだものはパネルドアと呼ばれることが多いようです。

大がかりな工事が不要で簡単に取り付けできる

一般的なドアは業者に工事を頼む必要がありますが、アコーディオンカーテンなら簡単に取付ができ、コストを抑えられます。つっぱり式のものなら部屋を傷つけることもありません。レール式のものもドライバーが1本あれば取り付け可能。アコーディオンカーテンは手軽なリフォームを楽しみたい方におすすめです。

アコーディオンカーテンの種類

つっぱり式アコーディオンカーテン(ビス穴無しで取り付け可能)

つっぱり式のアコーディオンカーテンはビス穴をあける必要がないので、賃貸でも気軽に取り付けができます。素材は軽い布製のものが多く、力の弱い女性でも取り付け可能。ハサミで長さを調節できるものや縦にカットして暖簾として使えるものもあります。丸洗いできるものが多いのも特徴です。

つっぱり式のアコーディオンカーテンは色柄が豊富に取り揃えられています。レール式の相場は1万円以上ですが、つっぱり式は2千円前後からとお手ごろ。これなら布地が傷んだり日に焼けてきたら買い替えも気軽にできますね。お部屋の模様がえをしたらインテリアに合わせて買い替えると気分も一新。お部屋のイメージを時々変えて、気分転換を楽しみたい方におすすめです。

レール式アコーディオンカーテン(重い家具調カーテンも安心)

レール式のアコーディオンカーテンは、ずっしりとした家具調。レールを天井や鴨居に取り付けるため、重くても落ちてくる心配はありません。開閉がコンパクトなので引き戸を設置できない場所でも取り付けることが可能。素材は塩化ビニル樹脂製が多く、汚れてもサッと拭き取れます。サイズはオーダー製のものも多くなっています。

レール式のアコーディオンカーテンは部屋を簡単に仕切ることができます。子供部屋を2つに仕切って兄弟の専用スペースを作ったり、広いリビングを仕切って冷暖房の省エネにもおすすめ。また、階段前に設置すると暖房の熱が2階に逃げるのを防げます。ドアに比べて密閉性は劣りますが、床との間を埋めるパーツも販売されているので、さらに省エネ効果を上げたい方におすすめです。

ついたて式アコーディオンカーテン(移動が簡単)

ついたて式のアコーディオンカーテンは天井や壁に取り付けるのではなく、自立したタイプのアコーディオンカーテンです。幅が調節できたり、マグネットで連結可能なものやキャスター付きもあります。素材はポリエステルやビニールレザー。フレームはアルミなどの軽いものを使用したものが多くなっています。

たたむと幅が10cm程度になるので、省スペース。重さも4~5キロが主流で、女性でも楽に移動できます。ついたて式のアコーディオンカーテンは、診察室や介護現場での目隠しや、オフィスでの来客時の仕切りなどに使われています。いつも使わないけれど、必要な時にサッと取り出して使うのにおすすめのアイテムです。

アコーディオンカーテンの選び方

用途によって素材を選ぶ

寝室には遮光タイプ

寝室にパソコンスペースを設けている場合や、リビングを仕切って寝室にする場合は、遮光タイプのアコーディオンカーテンがおすすめです。アコーディオンカーテンなら、就寝時は閉じておくとゆっくり眠れ、昼間は開けておくと部屋を広く使えますね。カーテンの裾からの光漏れが気になる場合は、裾から床までのすきまをテープでガードするオプションも販売されています。

中の様子がわかる透明タイプ

仕切りは必要だけれど、完全に遮断はしたくないといった場合は、透明タイプがおすすめです。例えば外の光を通しながらも部屋の中が丸見えなのは困るという時は、半透明のものだと優しい光が差し込みます。冷暖房効果を高めるためにリビングを仕切る場合も、透明タイプだと圧迫感が少なくて済みます。

使う場所によって仕様を選ぶ

幅の広い場所には両開き

片開きだと最大3m程度の幅ですが、両開きだと6mもの幅のアコーディオンカーテンが注文可能になります。一般家庭でそこまで大きなものを使う機会はまずありませんが、オフィスや会議室などの仕切りに良いでしょう。両開きの方が開けた時に開放感があるので、幅が2.5m以上になると両開きをおすすめします。

コーナーにはカーブ仕様が便利

カーブ仕様のアコーディオンカーテンなら、お部屋のコーナーを物置きにして目隠ししたり、浴室前の小さなスペースに脱衣所を作るなど便利に使えます。不要な時はサッと開ければスペースを開放できるのもアコーディオンカーテンならではのメリットですね。

アコーディオンカーテンのおすすめブランド・メーカー

タチカワブラインド

窓まわりと間仕切りのインテリア総合メーカー

東京都港区に本社を置き、家庭、業務用のブラインドやファブリック製品を製造するメーカー。ブラインドでは日本最大手で、非常に多くのアイテムを開発しています。アコーディオンカーテンにおいても高品質な商品をバリエーション豊かに展開しており、カーテンレールや固定具などのオプションの豊富さでも群を抜いています。

Fullness(フルネス)

自然や環境を意識し心と体の快適な暮らしを提案する

埼玉県に拠点を置くフルネスは、カーテンレール、ブラインド、間仕切りなどを製造販売するメーカー。機能性のあるインテリア商品の開発とともに、高齢化社会に向けて扱いやすい商品の開発にも取り組んでいます。アコーディオンカーテンではレザータイプやパネルタイプのスタイリッシュなものが高い人気となっています。

Nichibei(ニチベイ)

窓まわりと間仕切りの新しい価値を届ける

ニチベイは、東京都中央区に本社を置くブラインドメーカーです。取り扱い商品は窓まわりから間仕切りに至るまでの豊富なラインナップ。新築、リフォームのコーディネートも行っています。アコーディオンカーテンでは、店舗用のパイプカーテンや、半透明のシャレードなど新しい素材にも取り組んでいます。

toso(トーソー)

窓辺の演出を通じて人と光の出会いをプロデュース

トーソーは、東京都中央区に本社を置き、ブラインド、カーテンレールなどのインテリア製品を扱うメーカー。ブラインドメーカーとしてはタチカワ、ニチベイ、トーソーの3社で国内シェアの9割を占めます。アコーディオンカーテンは家庭用から業務用までスタイリッシュな製品を数多く扱っています。

おすすめ&人気のアコーディオンカーテンランキング

レール式でおすすめのアコーディオンカーテン

TOSO(トーソー)-アコーディオンドア アクシエ (7,236円)

付属の金ノコでレールの長さを調節できる

単式蛇腹タイプのシングルアコーディオンカーテン。樹脂製なのでいたずら書きや食べ物の汚れも中性洗剤で綺麗に落とせます。取っ手は抗菌加工されており衛生的。構造は中心に丈夫なダンボールを使用したシングル構造。十分な強度があるので安心して使えます。

表面のカラーは涼しげなテンソウと温かみあるケイソウの2色から壁や家具の色に合わせて選べます。実物の色味や質感が知りたい場合は無料でサンプルを送ってもらえるので安心ですよ。レールの長さは付属の金ノコでカットできるので、使用したい場所にぴったり合わせて使いたい方におすすめです。

konpo(コンポ)-木目調アコーディオンドア (10,710円)

落着いた木目レザーが魅力

落着いた木目レザーはナチュラルな木目チークと深みのある木目ダークの2色から選べます。レールは151~200cmまで伸縮可能。取っ手を大きくすることで、握りやすく、使いやすくしています。丈はハサミで簡単に最大4.5cm分までカット可能。ドア本体は塩化ビニル製なので、汚れも綺麗に拭き取れます。

美しい木目が和室の間仕切りや押し入れのふすまの代わりにピッタリな色合いです。押し入れの幅は160~180cm、高さは180cm程度が一般的です。このアコーディオンカーテンは幅200cm、高さ174cmなので丁度いいですね。押し入れのふすまを取り払って模様がえしたいという方におすすめです。

Fullness(フルネス)-アコーディオンドア SJ-1 (3,780円)

レザータイプの簡易的アコーデオンドア

どんなお部屋にも溶け込む壁紙タイプのアコーディオンカーテンです。カラーは明るみのあるセレス、落着いたベージュ色のメルフィ、少し暗めのキャッスルから選べます。取っ手は大型で握りやすく、本体に合わせた色目。レールは金ノコでカットすることができます。

とてもシンプルなのでどんなお部屋にもすっきりとマッチ。取りつけはドライバー1本で簡単にできます。しっかりとした商品ですが、3,780円は規格品だからこそできる、信じられないほどのお買い得価格。各部屋の入り口にお揃いのものをと思っている方におすすめのアコーディオンカーテンです。

Nichibei(ニチベイ)-スケルトンシリーズ 「やまなみマーク2」 (29,160円)

空間をわけるアコーディオンカーテンからさらに空間を創るアコーディオンカーテンへ

空間の広さと解放感を感じさせるスケルトンタイプのアコーディオンカーテン。やまなみマーク2の魅力はスムーズな操作性と耐久力です。大型リビングの間仕切りや
キッチン、サニタリーなど様々な場所で使用できます。サイズは幅54~400cm、丈61~280cmまで幅広く対応しており、注文時に選択可能です。

カラーは開放感のある透明、爽やかなブルー、明るいグリーン、温かさを感じるオレンジの4色です。透明タイプは広さと解放感を持たせたいガーデンルームと屋内の間仕切りにぴったり。また、オレンジは光に集まる虫を減らす機能を持たせているので、夜間に虫の入りやすい部屋におすすめですよ。カラーの色見本は無料で送ってもらえます。

タチカワブラインド-タチカワブラインドアコーディオンカーテン (16,826円)

しなやかな間仕切りで空間を自在に演出

サイズは1cm単位でオーダーでき、生地タイプと色柄は全45種類から選べます。仕様は両開きも選択可能なので、幅は600cmまでのものが製作可能。取り付けもドライバー1本で簡単に行えます。また、色見本は無料で送ってもらいます。メーカー保証は3年となっています。

オーダータイプなので、大きさ、生地柄ともにお部屋のインテリアに合わせて自在に選ぶことができます。子供部屋向き、おしゃれな北欧シリーズ、落ち着いたシックシリーズなどから、必ずあなたのお部屋にマッチするものが見つかりますよ。さらに幅600cmまで可能で、業務用にもおすすめのアコーディオンカーテンです。

パネルドアタイプでおすすめのアコーディオンカーテン

T-colors-木目調パネルドア デコドア (5,680円)

目隠ししながら節電効果

木目のシックな風合いがお部屋に落着いた空間を演出してくれるパネルドア デコドア。間仕切りや物置のドアとして活躍します。カラーはシックで重厚感あふれるダークブラウンと明るい雰囲気のナチュラルカラーの2色展開。お部屋のインテリアの色目に合わせるとしっくり馴染んでくれますよ。

レールはのこぎりでカットできるのでお部屋の幅に合わせられます。取り付けはドライバー1本あればOK。 丁寧な説明書付きで女性でも簡単です。このパネルドアは窓無しなので中が見えません。物置のドアや脱衣所の目隠し、押し入れのふすま代わりにもおすすめ。縮めると厚み19cmと邪魔にならないのもうれしいですね。

Fullness(フルネス)-パネルドアシアーズ (6,048円)

明るい空間を保ちながらしっかり目隠し

大型の曇りガラス調パネルドアです。取っ手も同系色の美しいホワイト。ホワイトと曇りガラス調の窓を組み合わせることで、明るくて圧迫感が少なく、しかも向こう側が透けることのないパネルドアを作りました。パネルの厚みは6mm。縮めた時も19cmと省スペースです。

レールは金ノコで簡単に切断できるので、お部屋にぴったり合わせることができます。明るくすっきりとしたホワイトはお部屋を北欧風のインテリアで揃えている方にぴったり。同シリーズで色違いのダークブラウンもあります。ダークブラウンは大人っぽいシックなインテリアや和室に合いますね。

Fullness(フルネス)-パネルドア クレア オーダーサイズ (18,900円)

がっしりと高級感のあるパネルドア

レール部に大型コロランナーを採用。滑らかな開閉を可能にしました。パネルは厚み1cm で強度も安心。デザインはスタイリッシュで光を取りこむ窓付きと、プライバシーを守る窓無しの2種類。カラーは落ち着いたダークブラウン、明るいライトブラウン、自然な風合いのナチュラル、おしゃれなホワイトの4種類です。

オーダーサイズなので幅は86~211cmから、高さは168~240cmから、お部屋に合わせて選べます。一般的な部屋の入り口は高さが180~200cm、幅は寝室で70~80cm程度ですから、これだけあれば十分ですね。お部屋のサイズにぴったりでおしゃれなパネルドアをお探しの方におすすめです。

アイネット-窓付パネルドアルミエ (7,980円)

シンプルでスマートなデザインの大型窓を採用

従来の商品よりも少し大型の窓を使い、採光しやすくなったことでより明るい室内を演出。自然で大らかな木目柄がくつろぎの空間を作り出します。パネルを閉じた時の厚みは18cmとコンパクトなので、解放感があります。カラーは北欧風イメージのアンティークホワイト、柔らかな色合いのナチュラルなどの5種類から選べます。

サイズは既製品では少し短いという声を反映して、長めに設定。176cm、196cm、210cmの3種類です。幅はいずれも101cmになります。日本の住宅の建具は高さ180cmが基本でしたが、最近は200cm以上の住宅も増えたようです。これまでのサイズでは短いという方におすすめです。

toso(トーソー)-パネルドア ニュールイーネ 窓ありタイプ (15,174円)

窓からの採光でお部屋を明るく開放的に

窓から光を取り入れるので、リビングとダイニングの間仕切りに使っても圧迫感が少なく、明るいイメージに。パネルは水や汚れに強い樹脂製なので、洗面所やキッチンに最適です。幅94cmで閉じた時のパネルの厚みが17cm、幅115cmなら18.5cmととてもコンパクトなので通路の幅をムダにしません。

木目調シートの使用で、従来の樹脂への木目印刷に比べて高級感がアップ。リビングのインテリアとしてもしっくり馴染みます。また、幅は94~180cmまで。高さは168~240cm まで指定可能。幅、高さともに十分なゆとりがあります。リビングのインテリアに馴染む、少し大きめのパネルドアをお探しの方にもおすすめです。

つっぱり式でおすすめのアコーディオンカーテン

サンスマイル-間仕切りサッとパタパタカーテン (3,218円)

パタパタたためるレースのカーテン

市販のつっぱりポールに通すだけで場所を選ばず使えます。工事不要で取り付け簡単なアコーディオンカーテンです。閉じる時はアコーディオンのようにパタパタたたむので、邪魔になりません。10cm感覚でお好みの長さにハサミでカットできます。縦にカットすれば暖簾としても使用可能。

生地は厚手なので透けにくく、玄関などの目隠しとして使えます。カラーは、グリーン、ホワイト、ベージュ、ブラウンの4色。春夏にはグリーンとホワイト、秋冬にはベージュとブラウン。という風に使い分けてインテリアに季節を取り込むのもいいですね。手軽にインテリアを楽しみたいおしゃれさんにぴったりなアイテムです。

T-colors-つっぱりアコーディオンドア イージー (6,480円)

穴を開けずに取り付け可能なアコーディングドア

ねじを使わないつっぱりタイプのアコーディオンドアです。幅にレールを合わせてしっかりロックすると固定されるので、女性でも簡単に取り付け可能。お部屋の入り口や階段前を間仕切りすることで、夏冬のエアコン効果を逃がさず省エネ効果抜群ですよ。

アコーディオンドアはほとんどがカーテンレールを使うので、つっぱりタイプは貴重かも知れません。取りつけはかなり強力につっぱります。取りつけ面の下地がしっかりとしていることが条件ですね。柱が通っている所などが理想です。賃貸などで部屋に傷をつけたくない方にはおすすめの商品です。

エムズ-間仕切用アコーディオンカーテン (1,780円)

11種類から選べる形状記憶アコーディオンカーテン

目隠しに、間仕切りに、使いたい時すぐに使える手軽なアコーディオンカーテンです。取りつけはフックでカーテンレールに取り付けでき、フックとリングライナーでポールでも使用できます。柄は12種類。折り目の部分は編みが薄くなっているためスムーズに折りたためます。

目隠しには普通のカーテンもよく使われますが、開けた時に幅を取るので邪魔ですね。アコーディオンカーテンは折りたためるが一番のメリットでしょう。しかもこの商品は非常にリーズナブル。送料を考えると何枚か余分に買っておくのも良いかも?いろんな場所に手軽にアコーディオンカーテンを使いたい方におすすめです。

窓美人-間仕切りカーテンパタリコ (2,999円)

パタパタ折りたためる間仕切りカーテン

ハサミで10cm単位でカットして長さ調節OK。ほつれる事もありません。カラーは8色と豊富なので壁や家具の色に合わせて使えますよ。パタリコは省エネ効果が高く、断熱性試験では普通のカーテン使用時と比べて6度も温度差がありました。日中も夜間も透けにくい遮像機能付き。しかもUVカットも約85%です。

パタリコはカーテンレール、つっぱり棒のどちらでも使用可能。つっぱり棒の場合はリングライナーを使うときれいに折りたためます。お手入れは洗濯ネットに入れて丸洗いOK。その際、脱水は控えめにすると記事が傷みにくくなります。パタリコは、手軽に使えて多機能なアコーディオンカーテンを探している方にぴったりです。

konpo(コンポ)-パタパタカーテン チェッカー (3,258円)

たたんだ厚みはわずか4cm 出入りの邪魔になりません

パタパタカーテンチェッカーはお好みのカット線でハサミで切ると、簡単に長さを調節できます。同シリーズのプレミアムと比べて多少の透けがありますが、カーテンの向こうの様子がわかるというメリットにもなっています。たたんだ場合の厚みはわずか1cm 開けている時も邪魔になりません。

布製のアコーディオンカーテンはどうしても折り目が丸くなりがちですが、パタパタカーテンチェッカーはとてもきっちりとした印象を受けます。ベージュとブラウンのカラーも非常に落ち着いていて、これならインテリア性も申し分ないでしょう。インテリアにこだわりのある方にもおすすめしたいアコーディオンカーテンです。

まとめ

アコーディオンカーテンでは「タチカワブラインドアコーディオンカーテン」がおすすめ

タチカワのアコーディオンカーテンは、単に間仕切りとしてだけでなくあらゆる面で多機能。種類も豊富でサイズのオーダーもきめ細かに設定可能。どの角度から見ても完璧だと感じます。今回は様々なタイプのアコーディオンカーテンを見てきました。こんなにも種類があるのかと驚かれたのではないでしょうか。ぜひあなたのお部屋にぴったりなアコーディオンカーテンを見つけてくださいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加