おしゃれでおすすめのシューズラック人気ランキング!【木製タイプやスリム型も】

このエントリーをはてなブックマークに追加

靴が多くて備え付けの靴箱に収まりきらない…なんていう悩みはありませんか?玄関土間に並ぶ靴たちをすっきりとキレイに収納したいなら、シューズラックを利用するのがおすすめです。シンプルなデザインで機能性を備えたものが多く、狭い玄関周りにプラスしておいても圧迫感を感じさせない工夫が施されています。今回は、シューズラックの種類や、選ぶ際のポイントのほか、用途や種類に合わせたおすすめのシューズラックを15選ご紹介します。



シューズラックの特徴

すっきりと靴を収納できるおしゃれさん必須アイテム

ファッション好きさんや家族住まいの人ならではの悩みの一つが、靴の多さ。重ねての保管もできないし、長さやサイズもバラバラの靴たちの収納場所がなくて困ってはいませんか?そんな時に便利なのがシューズラック。シューズラックがあれば、靴も邪魔にならずにすっきりと、そして取り出しやすく収納できるようになります。

省スペースで靴をキレイにしまえる

シューズラックにもさまざまなタイプがありますが、重宝するのはやはりスリムサイズで置く場所をとらず、圧迫感のないシンプルなデザインのもの。タワー型に積み上げ可能なものであれば、横幅はとらずに持っている靴の数に応じて購入できるので、無駄なく重宝できます。

シューズラックの種類

ベンチ一体型(シューズラックの上部がベンチになっている)

お年寄りや小さな子どもがいる住まいなら、ベンチ一体型のシューズラックがおすすめ。下部が靴の収納スペース、上部がベンチ仕様になっています。玄関の土間スペースに置いて使うことで、収納としてだけでなく、靴を履くための腰掛けとしての機能も備えています。

おすすめは、腰を掛けたときに安定感のある木製のもの。無垢材なら木の香りが漂う癒しの玄関になります。ただし、玄関土間は濡れやすく湿気がたまりやすい場所でもありますので、定期的にカビが生えないように天日干しするなどケアをしてあげましょう。

扉付きタイプ(扉が付いていてすっきりと目隠しができる)

扉付きのシューズラックは、目隠しができるので玄関周りが雑多になりにくいのが特徴です。来客は多く、玄関周辺はいつもすっきりと保ちたいという人におすすめ。また、家族で靴のサイズがバラバラでキレイに並べられないという人や、靴と一緒に折りたたみ傘などのアイテムもしまっておきたいという人にもおすすめです。

扉が付いていることによるデメリットも忘れてはいけません。扉付きのシューズラックは、湿気や靴の臭いなどがこもりがちに。オフシーズンの靴をしまう時は、必ずキレイな状態にし臭いや湿気の元を落としてから収納するようにしましょう。

タワー型(上に積み上げることで数を変えられる)

タワー型のシューズラックは、1〜5組ほどまでのシューズラックを購入し、数に応じて積み上げていくスタイル。一人暮らしなど比較的靴の数が少ない人におすすめです。高く積み上げて省スペース化を図るのもよし、低く横に並べて高さの圧迫感を軽減させるのもよし。

スペースに応じた可変式のため、使い勝手がよいのが魅力です。靴の数に応じてラックを追加購入することも。利便性は抜群ですが、軽さや積み上げやすさを考慮しプラスチック製のものが多く、おしゃれなデザインのものがあまりないのが唯一のデメリットと言えるでしょう。

シューズラックの選び方

高さか可変式がどうか

長靴やブーツを収納するなら可変式を

シューズラックを買ったものの、高さが足りずにブーツや長靴を収納できなかった…なんてことにならないよう、高さを可変できるものを選ぶのが大切。ロングブーツやショートブーツなど、さまざまな長さの靴を持っている人におすすめです。靴に合わせて自在に高さを変えられるので、無駄なくすっきりと収納ができます。

安定感を求めるなら最初から高さのあるものを

高さが可変式のシューズラックはプラスチック製のものが多く、安定感があるかどうかが心配という人には、最初から高さのあるシューズラックがおすすめ。靴の長さに応じて高さを変えることはできませんが、木製やスチール製のものが多く、安定感は抜群。スノーブーツなど重たい靴でも安心して収納できます。

靴のサイズと奥行きを考慮する

自分の靴のサイズ+2cmの奥行きを確保

女性の23cmの靴と、男性の27cmの靴では、収納時に必要となるシューズラックの奥行きが変わってきます。特に扉付きは、かかと部分が飛び出て扉が閉まらないなんてことにもなりかねません。自分の靴のサイズ+2cmの奥行きがあるシューズラックを選ぶようにしましょう。

家族で使うなら一番大きなサイズに合わせる

シューズラックに家族全員分の靴を収納するなら、一番大きなサイズに合わせた奥行きを確保するのが基本です。大きなシューズラックで子どもの靴がかからない…という場合を考え、引っ掛けて収納するものではなく、ラックの底がしっかりとあるタイプを選ぶといいでしょう。

シューズラックのおすすめブランド・メーカー

IKEA

機能性に富んだシンプルアイテムをラインナップ

北欧生まれの家具メーカーであるIKEAのシューズラックは、シンプルなデザインながら機能性にも富んだアイテムが多く揃っています。人気のシューズキャビネットは、斜めに靴をしまえるため薄型でスペースをとらないのが魅力です。

ニトリ

オーダーメードで玄関に合わせたシューズラックを作成

安価で高性能かつシンプルな家具が揃うと人気のニトリからは、1cm間隔でサイズを変えられるオーダーメードのシューズラックが登場。玄関に合わせたシューズラックを購入したいという人におすすめです。

無印良品

スチール製のスリムシューズラック

とにかくシンプルなデザインが好き!という人におすすめなのが、無印良品のシューズラックです。スチール性で圧迫感はありませんが、安定感はしっかり確保。奥行きは30cmあるため、男性の大きな靴でも楽々収納できます。

平和工業

人気のタワー型シューズラック

積み上げ可能なタワー型のシューズラックをお探しなら、平和工業のシューズラックがおすすめです。ほどよい傾斜と30.5cmの奥行きで使いやすさにも考慮。5段のシューズラックはそれぞれ1段ごとに分割可能です。2足並べられるワイドサイズも取り扱っています。

おすすめ&人気のシューズラックランキング

スリムタイプでおすすめのシューズラック

平和工業-シューズラック スリム10段(2,180 円)

積み上げ可能なタワー型の定番

積み上げ、分解可能と空間に合わせてフレキシブルに組み替えられる平和工業のシューズラック。10足分で2,180円という値段の安さも魅力の一つで、とにかく安くたくさんの靴を整理したい!という人におすすめ。

奥行きは30.5cmで、男性の靴でも余裕を持って置けるサイズです。ラック部分は緩やかな傾斜になっているなど、低価格ながら使いやすさもしっかり考慮。ポリプロピレン製で軽く、壊れても処分しやすい作りになっています。

山善-シューズラック 幅50 棚板付き (5,990円)

どんな空間にも合う無駄のないデザイン設計

スチール製のこちらのシューズラックは、どんなインテリアの住まいにも似合うシンプルなデザイン設計がポイント。最大10足までの靴を収納できる、少人数住まいにおすすめのシューズラックです。奥行きは24cmで、狭い玄関に置いても圧迫感を感じさせない設計に。

幅50cm、奥行き24cmの天板付きで、玄関周りに散らばりがちな鍵類や小物を置いて飾ることも可能。天板横には傘掛け用のフックも用意されているなど、随所まで徹底した使いやすさを実現しています。

山善-シューズラック SR-308R (3,990円)

縦収納で狭いスペースを有効活用

幅は30.5cm、奥行きは26cmというスマートタイプのシューズラック。最大8足までの靴を収納できながら、とにかくスリムさにこだわった設計で、アパートやマンションの狭い玄関周りに置いても邪魔にならないのがうれしいですね。

靴を置くラック部分はワイヤーのような細くシンプルなスチール製のため、183cmの高さがありつつも圧迫感を感じません。4本のワイヤーが、大きな男性の靴も小さな子どもの靴もしっかり支え、置く靴のサイズを選びません。

Air Rhizome Interior-シューズベーススタンド 6段タイプ(9,103円)

省スペースを叶えるおしゃれシューズラック

シンプルなデザインで、スリムで、そしておしゃれで…そんな欲張りさんにおすすめしたいのが、こちらのシューズラック。一枚の板をくり抜いたような目を引くデザインが魅力的です。スチール製のため、安定感があるのもうれしいですね。

靴のかかとを壁側に向けて置くスタイルなので、シューズラック自体の奥行きは20cmとコンパクト。男女問わずどんなサイズの靴でも置くことができます。4段、6段、8段から選べ、一人暮らしや同棲中のカップルなど、少人数の住まいにおすすめです。

NORRMADE-ノルメイド STEPS/シュー・ラック(39,960)

とにかくデザインにこだわりたい人におすすめ

シューズラックまでしっかりとデザイン性にこだわりたい。そんな人におすすめしたいのが、デンマーク人デザイナーのクラウス・イェンセン氏とヘンリック・ホルベック氏が手がけたこちら。木製のフレームに黒のスチールを合わせた無駄のないデザインで、靴を美しく飾るように収納できます。

奥行きは29cmで、女性の靴なら問題なく収納できるサイズです。一見シューズラックのように見えないシンプルなデザインのため、玄関周りの生活感を抑え、おしゃれな空間に仕上げてくれます。見せる収納として重宝すること間違いなし。

木製でおすすめのシューズラック

石崎家具 -木製シューズラック(2段)(2,990円)

温かみのあるシンプルな木製シューズラック

ベビーベッドを中心に製作を行う工場が作り上げた木製のシューズラック。ヨーロッパ産のブナ材を使用しており、温かみのあるナチュラルテイストに仕上がっています。奥行きは22cmで、最大9足まで収納可能。

天然無垢材を使うなど、使用する素材にもしっかりこだわっています。接着剤などは「ホルムアルデヒド放散等級」で国内最高基準であるF☆☆☆☆を獲得したものを使用。金具を使わずに仕上げているので、小さな子どもがいる住まいでも安心して置くことができます。

アイリスオーヤマ-ウッディラック斜めシェルフ WOR-80N(4,780円)

どこに置いても使える斜めラック

シューズラックとしてはもちろん、マガジンラックや小物を置く収納ラックとしても活用できるこちらのアイテム。靴が少ない時はマガジンラックとして、靴が増えてきたらシューズラックとして。多用途で使えるシューズラックをお探しの人におすすめです。

棚板は3.2cm間隔で調整ができるので、ショートブーツなど少し背の高い靴でも収納可能。サイドには小物をかけられるフックが付いているので、折りたたみ傘や靴べらなど玄関周りの小物をすっきりと収納できます。

Air Rhizome Interior-シューズラックLANZA(8,490円)

取り外し可能な棚でロングブーツも収納できる

ロングブーツや長靴など、高さのある靴をどうしてもすっきりとシューズラックに片付けたい…という女性におすすめ。全5段の棚のうち3つが取り外しが可能なため、ブーツキーパーを入れたまま形を崩さずにロングブーツを置くことができます。

無垢材は使用しておりませんが、ナチュラルまたはウォールナット調の木目デザインが施されており、温もりのあるデザインに。無垢材を使用していない分、価格が抑えられているのもポイントです。濡れたり汚れたりした靴を置いても簡単にお手入れができるよう、棚板にはメラミン素材を使用しています。

Kerria-インダストリアル オープンラック 4段(12,800円)

インダストリアルデザインの木製ラック

ヴィンテージスタイルの住まいにぴったりなこちらのラックは、シューズラックとしても使用できる優れもの。棚板には天然のパイン材を使用し、枠組などには男らしい角ばったスチールを採用。男性の一人暮らしなどにもぴったりの仕上がりです。

最下部の棚板はスチールパイプを使用しているため、濡れたり汚れたりした靴を置く場所として便利。濡れた折りたたみ傘を置いて乾かすスペースとしても活用できます。奥行きは34cmで、男性の靴でも余裕を持って収納可能です。

Eau-GRAPHIA(20,304 円)

柔らかな曲線が幻想的なデザイナーズ家具

日本人デザイナーである高橋通仁氏が手がけたシューズラック。フィンランドバーチプライウッドという素材を使用しており、柔らかな曲線が美しいデザインに仕上がっています。玄関に置いておけば、来客の目を引く存在になること間違いなし。

奥行きは30cm、幅は63cmで、ゆとりを持って2足ほど置くことができます。同商品は重ねて使うこともできますので、ブラックとナチュラルの色違いを購入しスタッキングすれば、よりおしゃれな空間を演出できます。

扉付きでおすすめのシューズラック

fiscu-パタパタラックスリム(11,999 円)

カントリー調の扉付きシューズラック

シャビーシックな仕上がりが印象的なこちらのシューズラック。パタパタと開閉できる扉がとっても可愛らしく、カントリー調の住まいにぴったりのデザイン。棚の奥行きは31.5cmと、ゆとりのあるスペースを確保。

全4足の靴が収納でき、少人数の住まいにおすすめです。国産の無垢の杉材を使用しているので、木本来の温かみを感じられます。組み立て不要の完成品ですので、届いてからすぐに使用できるのもうれしいですね。

WORLD IMPORT MARKET- ミラー付きルーバー扉シューズボックス(13,800 円)

身だしなみチェックができるミラー付き

最大40足まで収納できる、大容量タイプのシューズラックです。一番のポイントは、扉がミラーになっていること。高さ160cmの大きなシューズボックスで、玄関周りに置いておけば、家を出る直前に身だしなみチェックができます。

たっぷり大容量のため、家族住まいの人におすすめ。中の棚は可動式のため、高さのある靴から小さな子ども靴まで、高さに合わせてキレイに収納できます。組み立て式で扉がスムーズに取り外しできるので、手軽にシューズラックの中を掃除することも。

Interior Cafe-本格ルーバーシューズボックス 幅60cm(7,800円)

湿気がこもらないルーバー扉を採用

扉付きのシューズラックのデメリットは、湿気や臭いがこもってしまうこと。そんな悩みを解消してくれるのが、こちらのルーバー扉を採用したシューズラックです。ルーバー扉が風通しをよくし、靴を傷めることなく保管できます。

幅60cmのコンパクトサイズのものなら、最大15足まで収納可能。一人暮らしさんにもおすすめです。デザインもシンプルで、どんなインテリアとも相性抜群。棚は3段階の可動式で、取り外しも可能。高さのある靴でもすっきり収納できますよ。

小物専科-折りたたみクリアシューズケース20個セット(12,980円)

一目でどの靴か分かる組み立て式クリアケース

シーズンオフの靴は玄関周りではなくクローゼットやベッド下に収納したい!そんな要望を叶えてくれる、靴を一つ一つ収納できるボックスタイプです。クリアケースのため、それぞれどの靴かが一目で分かる仕様に。

積み重ねられるので、シーズンに合わせて必要な靴を箱ごと玄関周りに並べ、そのままシューズラックとしても使用できます。ボックスには通気口が付いており、シーズンオフの靴も傷めることなく保管可能。

AQUA TOPIA-腰かけ付きシューズラック(8,800 円~)

腰掛け機能の付いたシューズラック

上部にクッションが敷かれた、ベンチとしても使えるシューズラックです。お年寄りや小さな子どものいる住まいにおすすめ。ベンチの横にある取っ手を引くと、シューズラックに。Lサイズなら最大12足までを収納できます。

ラックの棚は取り外し可能なため、2段にして高さのある靴を収納することも。上品なブラウンカラーが、落ち着きのある印象を与えてくれます。完成品のため、組み立て不要。到着してすぐに使えるので、お年寄りの方でも安心して購入できます。

まとめ

シューズラックでは「シューズラック スリム10段」がおすすめ

デザインを重視したもの、機能性に特化したものなど、一口にシューズラックと言ってもさまざまなアイテムがあります。ポイントは、靴の数やサイズ、高さなどを考慮した上でシューズラックを購入すること。今回ご紹介した中では省スペースで無駄がなく、靴が増えても対応できる平和工業の「シューズラック スリム10段」が一番のおすすめです。



このエントリーをはてなブックマークに追加