おすすめのキャンプ用鍋人気比較ランキング!【ファミリー用も】

キャンプでの食事は大きな楽しみのひとつですよね。その時に便利なのがキャンプ用鍋です。キャンプで使う調理道具は様々ありますが、鍋はお湯を沸かすのにも具材を炒めるのにも、ご飯を炊くのにも使えます。今回は、人気のキャンプ用鍋をランキング形式でご紹介。ソロキャンプ向け、ファミリーキャンプ向け、それぞれの特徴とおすすめのポイントを合わせて説明します。キャンプ用鍋の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプ用鍋の特徴

キャンプ用鍋があれば自然の中で出来たての料理が食べられる

キャンプでの食事は簡単に済ますこともできますが、やはり出来たての料理を食べられると嬉しいですよね。キャンプ用鍋は煮込む、炒める、ご飯を炊くなどなんでもできます。そうして出来た料理を自然の中で食べるという経験は格別です。ぜひキャンプ用鍋を活用してキャンプをいっそう楽しいものにしてください。

家庭用と違ってコンパクトで軽くて持ち運びがしやすい

キャンプ用鍋と家庭用の鍋との大きな違いは、大きさと重さ、それから形状です。キャンプ用鍋には持ち運びしやすいよう、様々な工夫がなされています。たとえば、いくつかの鍋を重ねることができたり鍋の中に他の道具を入れられたり。普段もコンパクトにしまえて場所を取りません。

キャンプ用鍋の種類

深型

中にバーナーなどが入るので持ち運びに便利

深型のキャンプ用鍋は、中にバーナーなど調理に必要なアイテムをしまえるのがメリットです。荷物をなるべくコンパクトにしたいキャンプで、アイテムがひとまとめにできるのは嬉しいですよね。普段収納する時も、中に物を入れれば場所を取りません。

また、円柱型をしているので、リュックなどに収まりやすくなっています。深型のキャンプ用鍋は、ご飯を炊いたりお湯を沸かしたりするのにも便利。熱伝導率のいい素材でできた鍋を選べば、深さがあってもしっかり全体に加熱できますよ。

浅型

熱が伝わりやすく炒め物などが得意

浅型のキャンプ用鍋は、底面が広いので中の具材に火が通りやすくなっています。炒め物や煮物を時短で作るのに最適です。フライパンよりは深さがあるため、具材が飛び出しません。調理後、具材を取り出しやすいのもメリットです。

熱が伝わりやすいため、インスタントラーメンなど手早く作れます。四角い形をした浅型鍋なら、麺を割らなくても大丈夫。そのまま入れて調理可能です。浅型のキャンプ用鍋には、大人数用のものも多いのでファミリーキャンプに向いています。

キャンプ用鍋の選び方

素材で選ぶ

手早く調理がしたいなら熱伝導率のいいアルミ製がおすすめ

アルミ製のキャンプ用鍋の特性は、熱伝導率の高さにあります。具材にムラなく火を通すことができ、炒め物や煮物を調理するが得意です。また、アルミ製のキャンプ用鍋は、軽くて持ち運びも楽々。登山を伴うキャンプの場合なども快適ですよ。調理の際も、軽い鍋は扱いやすいですよね。アルミ製は価格も安いので、コスパのいいキャンプ用鍋を探している人におすすめです。

蓄熱性の高い鉄製なら料理が冷めにくい

ダッチオーブンなどの鉄製の鍋のメリットは、蓄熱性の高さです。料理が冷めにくいので、じっくり煮込む料理を作るのに適しています。冬場のキャンプにもってこいですね。鉄製の鍋は強くて丈夫なので、手入れをすれば一生使えます。また、黒く重厚な鉄製の鍋は写真映えするので、おしゃれなキャンプをしたい人におすすめですよ。

長く使いたいなら錆びにくいステンレス製がおすすめ

錆びにくいステンレス製のキャンプ用鍋は、天候に左右される野外で使うのに最適です。雨や夜露にも強いので、外に出しっぱなしでも大丈夫。タフに長年使えます。また、耐火性も強いためたき火を使った直火料理におすすめです。ステンレス製のキャンプ用鍋には、一度熱すると冷めにくいという特性も。冬場の煮込み料理などが得意ですよ。油も冷めにくいため、揚げ物にも向いています。

チタン製は軽くて直接口を付けても熱くない

チタン製のキャンプ用鍋は、軽くて丈夫なのが特徴です。耐食性が強くて錆びにくく、衝撃にも強いので野外でも気にせず使えますね。熱伝導率が高くない分、飲み口が熱くなりすぎないというのがメリット。小型のキャンプ用鍋でスープなどを作ってそのまま飲むことができます。チタンは金属アレルギーが起こりにくい素材だと言われているので、その点も安心ですね。

サイズで選ぶ

ソロキャンプにはソロクッカーセットがおすすめ

ソロクッカーは多くの場合、片手鍋とミニポットやフライパンがセットになっていて、重ねることが可能です。温かい飲み物と食事を同時に用意したり、パスタを茹でながらソースを温めたりできますね。荷物をコンパクトにしつつ、キャンプ飯もちゃんと楽しめると満足度が違います。バイクで移動する人や登山とキャンプを兼ねているソロキャンパーに特におすすめです。

ファミリーキャンプでカレーを作りたいなら直径20cm以上のキャンプ用鍋を用意

家庭でカレーを作る時、直径20cm深さ10cm程度の鍋で8皿分できると言われています。全員がおかわりをするとしても、8皿できれば4人分が作れる計算ですね。直径20cm以上でそれなりに深さのあるキャンプ用鍋がおすすめ。つる状の取っ手が付いた鍋なら、たき火の上に吊り下げて調理ができます。キャンプらしい雰囲気を味わえ、写真も映えますね。

機能性で選ぶ

保温機能付きのキャンプ用鍋は冬でも料理を温かく食べられる

冬場のキャンプではどうしても料理が冷めやすくなりますよね。保温機能の付いたキャンプ用鍋なら、温かさをキープ可能です。サイズ違いのクッカーを重ねて空気の層を作り保温するタイプや、保温カバーのついたタイプがありますよ。冬以外でも、保温機能を活用して保温調理をするのがおすすめです。燃料の節約になるので、結果的に荷物を減らすことができますね。

焦げつき防止加工済みならお手入れが楽

鍋の素材の中には、焦げ付きやすいものもあります。しかし、焦げ付きしにくい加工が施されているものもたくさんあり、お手入れが簡単になっています。さっと洗って拭くだけで大丈夫。調理中も鍋に具材がこびりつかず、美味しく調理できますよ。テフロン加工、セラミック加工など、いろいろあるので選ぶ際にチェックしましょう。

セットで選ぶ

複数の形状の鍋がセットになっていると様々な料理を楽しめる

キャンプ用鍋には、いろいろなサイズの鍋がセットになったものがたくさんあります。浅型や深型、それぞれの鍋によって得意な調理法が違うので、ぜひ特性を活用しましょう。鍋が複数あれば、異なる料理を同時に作ることも可能です。中には、フライパンや調理器具、それに食器までセットになっているものもあります。デザインがそろっていると見た目にも綺麗ですし、これからキャンプの準備を始める人にもってこいですよね。

スタッキングができると持ち運ぶ際にコンパクトになり便利

鍋などを重ねることをスタッキングと言います。すっきりと収納でき、持ち運ぶ時にかさばりません。小さな鍋をスタッキングするソロクッカーもあれば、大型鍋から小型鍋、またカトラリーなどもまとめて重ねられる大人数用のセットもあります。さらに、ストーブとガス缶まですっぽりスタッキングできるタイプも。なるべく荷物を小さくしたい人におすすめです。

キャンプ用鍋のおすすめブランド・メーカー

Snow Peak(スノーピーク)

素材もサイズも様々なキャンプ用鍋がありデザインがおしゃれ

多くのアウトドア用品を販売しているSnow Peakは調理用具にもこだわりを持っています。キャンプ用鍋も様々なサイズ、様々な素材のものが用意されていて、選択肢が豊富。カップヌードルやチキンラーメンとコラボして作られたものもあり、全体的におしゃれなデザインが目を引きます。

ユニフレーム

もの作りの町で信頼できる高品質なキャンプ用鍋を製造

ユニフレームの製品は、もの作りの町として有名な新潟県の燕三条で作られています。キャンプ用鍋も、信頼できる製品ばかり。ケトルやメッシュバスケットまでスタッキングできるセットもこだわって作られています。また、ダッチオーブンも各サイズ取りそろえており、用途に合わせて選ぶことが可能です。

SOTO(ソト)

ステンレス製のダッチオーブンや収納性の高いキャンプ用鍋がそろう

愛知県の新富士バーナーを製造する会社です。アウトドアに関する様々な製品を取り扱っています。キャンプ用鍋の種類も豊富で、中にはステンレス製のダッチオーブンもあります。鉄製と違って、使用前に慣らし作業が不要。コンパクトストーブがついているセットは、燃料ボンベまでスタッキングできて便利ですよ。

PRIMUS(プリムス)

熱伝導率が高く燃費のいいキャンプ用鍋を取り扱う

PRIMUSは、スウェーデンの燃焼器具ブランドです。熱伝導率のいいアルミ製のキャンプ用鍋を多く取り扱っています。燃料の消費を抑える仕組みになっているのが嬉しいですね。持ち運びの際コンパクトになるキャンプ用鍋も多いですよ。

おすすめ&人気のキャンプ用鍋ランキング

ソロキャンプ向けでおすすめのキャンプ用鍋

SOTO-アルミクッカーセットM (2,750円)

総重量わずか203gのコンパクトなソロクッカーセット

500mlと1,000mlの大小ふたつの鍋がセットになっています。インスタントラーメンを作るのに必要なお湯は、一般的に500ml。この大小ふたつの鍋があれば十分キャンプ飯を楽しめるでしょう。

コンパクトに収納できる点がメリット。大小ふたつの鍋を重ねて筒状にすることができ、その中にコンパクトストーブやボンベを収めることができます。取っ手もたためて、コンパクトに持ち運びが可能。アルミ製のため、ケースを含めても総重量はたった203gとなっています。とにかく荷物を小さくしたい人におすすめです。

PRIMUS-ライテックトレックケトル&パン (3,564円)

軽くて耐久性もありさらにお手入れが簡単で優秀

収納サイズが直径13cm、高さ14.5cmというとてもコンパクトなソロクッカーセットです。1リットルの鍋と、内径11cmのフライパンがセットになっていて、さらに収納袋付き。フライパンが蓋の役目をしていて、中に小型バーナーなどを収納可能です。

アルミ製で、ハードアノダイズド加工済み。ハードアノダイズド加工とは、強度や耐久性を高める加工です。表面に汚れが付着しにくいというメリットもあります。さらに内側には、粘着物を付着しにくくするノンスティック加工済みでお手入れが簡単。軽量で使いやすいソロキャンプ用の鍋を探している人におすすめします。

Snow Peak-ソロクッカー (2,750円)

傷に強く長持ちするコンパクトなソロクッカーセット

蓋がフライパンになるタイプのソロクッカーセットです。ポットは直径が120mmで高さは107mm。フライパンは直径127mm、高さが39mmとなっています。それだけコンパクトでありながら、鍋では二人分のパスタを茹でることが可能です。

ポットの内側には、アルマイト加工がされています。傷や摩擦に強くなっていて長く使えるのがメリット。また、同じSnow Peak製のクッカーとのスタッキングができます。ソロキャンプではソロクッカーのみ、人数の多いファミリーキャンプではいろいろスタッキングして持って行くなど幅広い使い方ができますよ。スタイルを変えてキャンプを楽しみたい人に向いています。

CAPTAINSTAG-アルミソロクッカーセット (2,400円)

目盛り付きで使いやすいキャンプ用鍋セットは強くて軽くて高コスパ

直径107mm、高さ85mmの片手鍋と直径102mmで高さが47mmのミニポットがセットになっています。ミニポットは蓋になっており、深さもあるので炒め物をした時に具材が飛び出しにくいです。片手鍋の方には、内側と外側に目盛りがついています。調理の際便利ですね。

アルミ製で軽く、熱伝導率が高いです。そして、アルミ製なのでとても軽く、総重量は約220gとなっています。内側はアルマイト加工済み。傷などがつきにくく、長く使えますね。価格もお安いので、コスパのいいソロクッカーを求めている人に最適です。

COHO-キャンピング クックウェアセット (5,930円)

ソロキャンプでも充実したキャンプ飯を楽しみたい人にぴったり

フライパンと片手鍋の他に、ケトルとディッシュクロスまでついているソロクッカーです。スタッキングできるのでコンパクトになり、持ち運びに便利。重さも710gで、充実の内容の割に軽量となっています。

片手鍋は2.2リットル入るので、たっぷりとお湯を沸かすことが可能です。麺類もしっかり茹でられますし、カレーなどを作るのにも向いていますよ。ソロキャンプでもキャンプ飯にこだわりたい人におすすめです。

ファミリーキャンプ向けでおすすめのキャンプ用鍋

ユニフレーム-fan5 DX (15,500円)

丈夫で長持ちして5人家族までまかなえるキャンプ用鍋セット

4人分から5人分の料理をまかなえるファミリーキャンプに最適のセットです。吊り鍋に便利な取っ手付きの大鍋と、片手鍋がそろっています。それと、火加減を蓋の音で教えてくれるライスクッカーやフッ素加工されたフライパン、メッシュバスケットの組み合わせです。

ふたつの鍋の素材はステンレスで、錆びにくく頑丈。大鍋の方はたき火に載せることができ、フチに汚れがたまりにくい作りでお手入れが楽ですよ。すべてスタッキングすればコンパクトに持ち運び可能で、メッシュの収納ケースもついています。キャンプ用鍋セットで家族などの大人数用を長く使いたい人におすすめです。

SOLA-キャンピング鍋4点セット (1,650円)

保温性の高いステンレス製で高コスパなので初めてのキャンプ用鍋セットに最適

大小ふたつのキャンプ用鍋を含む4点セットです。鍋の他には、フライパンとお皿として使える蓋がついています。大きい方の鍋は約1リットル、小さい方の鍋が0.7リットル入る仕様です。フライパンは少し深さがあり、混ぜる時などに具材が飛び出しません。

素材はすべてステンレスです。耐久性があり、料理が冷めにくくなっています。野外で使うのに適していますよね。収納サイズは縦270mmで横が280mm。持ち運びが楽で便利です。価格もお安いので、気軽にキャンプを始めたい人にもおすすめできます。

DUG-焚火缶 S/Mセット (2,227円)

使えば使うほど味が出る昔ながらのデザインが魅力

約1.9リットル入るMサイズの鍋と、約0.6リットル入る鍋がついたセットです。蓋はお皿としても、フライパンとしても使用できる取っ手付きになっています。まとめて小さくすることができ、総重量は約416gと軽量型。

焚火缶と名前がついているように、たき火の際に活躍します。たき火で直火料理ができ、キャンプの雰囲気を存分に楽しめるのは嬉しいですよね。また、シンプルなデザインのこの鍋は、使うほどに味が出てきます。昔ながらのキャンプがしたい人に最適です。

CAMELWILL-角型 キャンピング鍋 6点セット (1,730円)

便利でコスパのいい角形のキャンプ用鍋セット

角形のキャンプ用鍋を含む6点セットです。角形鍋なら、インスタントラーメンを割らずに投入できます。カレーなどの、レトルトの袋を温める時にも便利ですよ。また、角から注ぐことでスープなどがこぼれにくくなるというメリットもあります。

鍋に加えて蓋兼用のフライパンとマグカップと小皿の組み合わせです。マグカップと小皿はそれぞれふたつずつついています。重ねてコンパクトに収納できて、総重量は約535gと軽量。価格も手頃なので、持ち運びしやすい角形のキャンプ用鍋セットを使ってみたい人におすすめします。

20cm以上のサイズでおすすめのキャンプ用鍋

LOGOS-ステンレス吊り鍋セット (8,800円)

三層構造で熱伝導率を高めたIHにも対応しているキャンプ用鍋

約4リットル入る中鍋と、2.4リットルの小鍋がセットになっています。中鍋は直径22.5cmあり、4人分のカレーを作るのに十分なサイズです。取っ手付きなので、トライポッドやたき火ハンガーに吊して使うことができますよ。

素材はステンレスですが、鍋底にアルミを挟んだ三層構造になっています。それによって、熱伝導率がアップしているのが特徴。お湯は早く沸き、料理にも火が通りやすいですよ。IHにも対応しているので、自宅でも野外でも使いたい人に最適です。

SOTO-GORA OVEN ST-950D (19,800円)

カレーなどをたくさん作ることができる大きめの頑丈なステンレス鍋

幅340mmで奥行は272mm、高さが139mmのキャンプ用鍋です。約5リットル入るので、カレーやシチューをたっぷり作ることができますね。持ち運びの際には、中に調理用具などを収めるのがおすすめです。

3mm厚のステンレス製で、しっかりしています。保温性が高く、料理の熱を逃がしません。蓋も頑丈なので、フライパンとして使用したり、上に炭を載せたりできます。大きめの長く使えるキャンプ用鍋を探している人にもってこいです。

CAPTAIN STAG-アルミつる付寸胴鍋 (3,300円)

軽くて持ち運びしやすい寸胴型のキャンプ用鍋

直径20cmのキャンプ用鍋です。寸胴型になっていて、容量は4.8リットルあるので、ファミリーキャンプでも十分使えますね。それでも重量は520gと軽量設計です。持ち運びしやすい大きめのキャンプ用鍋を探している人におすすめします。

素材はアルミで、熱伝導率の高さが魅力。具材にムラなく火が通ります。硬質アルマイト加工済みです。耐食性が高くなっていて長く使えますよ。また、つるが付いているため吊り鍋として使えますし、つるは立てた状態で固定可能です。

Snow Peak-フィールドクッカー PRO.1 (16,280円)

直径20cm以上の鍋がふたつ入ったオールインワンのクッカー

直径23cmのキャンプ用鍋を含むセットです。直径20cmと18cmの鍋と、黒皮鉄板のフライパン、メッシュバスケットなどがついています。大人数のキャンプにも対応可能な内容ですよね。それでいて、スタッキングすればコンパクトにまとまります。

フライパンと片手鍋のハンドルが併用だったり、ハンドルケースが鍋つかみになったり、随所に工夫が凝らしてあります。鍋の蓋に穴が空いていないのもこだわりの1つ。穴から水蒸気などが逃げないようになっていて、食材の旨みを逃がしません。オールインワンのクッカーでキャンプ飯を存分に楽しみたい人に最適です。

まとめ

作りたい料理に適したキャンプ用鍋がおすすめ

キャンプ用鍋は、素材や形状によって得意な調理法が違います。美味しいご飯を食べるためには、それぞれの特徴を知っておくことが大事です。どんな料理を作りたいかに合わせて最適な鍋を選びましょう。セットになったタイプなら、あらゆる料理が作れて便利ですよ。好みのキャンプ用鍋を見つけて、ぜひ大自然の中で美味しい料理を満喫してください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*